カテゴリ:その他( 39 )


アメリカでの医療機関の監査(抜き打ちが当たり前)

 アメリカで医療機関の監査をしている人と話をしました。アメリカでは通告することはなく、抜き打ちだそうです。日本で抜き打ちの監査はほとんどありません。日本で抜き打ちの医療監査をすると大変なことになります。
 私は線維筋痛症を専門にしているため、アメリカの線維筋痛症の事情を尋ねました。アメリカでは法律が異なるため、コカコーラやトヨタ車のコマーシャルの後に病院のコマーシャルがあり、「@@@の症状、###の症状、それは線維筋痛症です。我が病院においでください。」というコマーシャルがあります。さらにその方の話では製薬会社が「痛みのある人は我が社の@@@をお使いください。(患者から)医師に依頼してください。」というコマーシャルが流れているそうです。
 また、監査をした際には、たとえば線維筋痛症の患者さんがいれば適切な治療が行われているかどうかも監査するそうです。

 日本とアメリカの法律やルールの最大の違いは性善説を採用するか、性悪説を採用するかであると私は考えています。日本における医療費の請求は各病院や各医師のモラルに任されています。私はアメリカで臨床医をしていないため医療機関の規則は知りませんが、メリーランド州の日常生活における規則、法律は知っています。人間のモラルを一切信用していません。たとえば、優先駐車場に駐車するためには、外から見える許可証が必要です。それなしで駐車するとかなりの頻度で通報され罰金を科せられます。日本では優先駐車場への駐車は人間のモラルに依存しています。そのため、優先駐車場へ駐車する人はそれに値する人か恥知らずな人となります。

 ところで誤解なきように。会話は日本語で行いました。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-10 20:50 | その他

入れ墨(刺青)、タトゥーはやめましょう

 
 入れ墨を入れることはやめましょう。ここでは暴力団の方は対象としていません。
 タトゥーは入れ墨と違うという主張もありますが、日本の社会ではそれは認められません。同じです。
 入れ墨を入れるとプール、公衆浴場、温泉に入ることが困難になります。不可能かどうかは断言できませんが、かなり制限されます。龍や虎の入れ墨が入った人はプール、公衆浴場、温泉に入ることは非常に困難です。ファッションとしてのタトゥーはそれらと違うという意見は通用しません。線引きが困難だからです。プール、公衆浴場、温泉に入ることのできる入れ墨とそれができない入れ墨の線引きはほとんど不可能です。蝶であろうが、名前であろうが、龍であろうがアニメであろうが、少しでも入れ墨があったら立ち入り禁止にせざるをえない場合があります。
 私は医師をしています。職業上入れ墨を見ることがあります。多くは現役あるいは元暴力団の構成員や準構成員です。一部にファッション感覚で蝶や名前を入れた人がいました。全員ではありませんがその人たちは社会人として失格です。約束を守らない、病院の規則を守らない、あまりにも非常識な行動をとる人の頻度が明らかに多いのです。病院にはいろいろな規則があります。明文化していなくても守らないといけない規則があります。大部屋では他人から見えるところにパンツを干してはいけない、廊下で痰を吐いてはいけない、大部屋では消灯後は静かにしなければならない、外出して当日病院に戻る際には飲酒してはならない、などです。入れ墨を入れている人はそうでない人と比べると、明らかにこれらの規則を守らない人が多いのです。入れ墨のない人でもそのような人もいます。しかし、入れ墨を入れた人ではそのような割合が多すぎるのです。入れ墨を入れた人は周囲からその様に見られる可能性が高いのです。そもそも、日本において入れ墨を入れることが何を意味するのかを論理的に考えれば、入れ墨を入れると、自分の人生にどれほど不利益をもたらすかわかるはずです。
 社会には、いろいろな業界があります。芸能界、スポーツ界、暴力団の業界など入れ墨が許容される業界もあります。しかし、それが許されない業界があります。私が所属する医師の業界ではそれは許されません。もし入れ墨を入れた医師がいれば、医師の業界からは軽蔑されます。転職することが絶対にないのであれば問題はありませんが、入れ墨を軽蔑する業界に入ると大変つらい状況になります。
 小学生、中学生の親の業界ではほぼ間違いなく入れ墨は許容されません。学校行事で同級生の親と付き合うことがありますが、入れ墨が入っている人がいれば、ほとんどの人はその親と積極的に付き合いたいとは思わないと私は考えています。入れ墨を入れた人に子供ができた場合に必ず直面する問題です。入れ墨を入れていることが子供の同級生に知れると我が子が学校でどのように言われるかを考えましょう。「入れ墨を入れた親の子供をいじめることは差別である。」その通りです。しかし、子供の業界(世界)は大人の業界(世界)とは違います、子供の業界は残酷です。子供の業界では「入れ墨を入れた親の子供をいじめることは差別である。」という正論は何の意味もありません。
 ウンコにはハエがたかります。花には蝶や蜂が寄ってきます。服装、化粧、入れ墨により近寄ってくる人が変わってきます。服装や化粧はすぐに変更が可能ですが、入れ墨は変更ができません。
 私の子供が結婚相手を連れてきた際、入れ墨を入れていれば、蝶であろが、ドラエモンであろうが、龍であろうが、拒絶します。どうしても結婚するなら勘当です。結婚相手の親兄弟が入れ墨を入れている場合には相当マイナス要素になります。入れ墨を入れている人とは親戚にはなりたくありません。それが私の価値観です。
 外国では入れ墨はファッションという意見があります。それがどの程度正しいのか間違っているのか私にはわかりません。スポーツ選手や歌手の中には入れ墨をしている人がいます。しかし、私が知る限り王族や国務大臣では入れ墨は見えません。半そでになっても入れ墨は見えません。各国の王族や国務大臣全員が入れ墨をしていないと主張はしませんが、少なくともその地位にある人は衆人に見られる場面では入れ墨を見せないようです。当然ですが、外国で許されるから日本での批判はおかしいという意見があります。その意見は間違っています。礼儀、習慣は国により異なります。目上の人と話をする際、腕組みをしても構わない国があるかも知れません。しかし、日本ではそれは許されません。他の国で許されるから、日本でも許されるはずだという意見は間違っています。
 私は3年間アメリカに住んでいたことがありました。アメリカ人は日本人より多くの人が入れ墨を入れています。しかし、入れ墨を入れている人と入れていない人を観察すると、社会階層で入れ墨を入れている確率に違いがあることが何となくわかりました。社会階層が高い人では入れ墨を入れている確率は低いのですが、社会階層が低い人は入れ墨を入れている確率が高いのです。芸能人、スポーツ選手の社会階層が高いのか低いのかに関しては、ここでは述べません。私の英語力に問題があるためアメリカ人に入れ墨に対する考えを聞くことは断念しました。
 医師としての忠告。入れ墨を入れる際、少なくない人がC型肝炎になります。入れ墨師にはC型肝炎予防の概念はありません。
 日本の社会は入れ墨に厳しい社会です。それでも問題がないと考えて入れ墨を入れる人がいます。日本の社会では非常識と見なされます。非常識とは間違っている事を意味しません。少数派の考えを持つ人が非常識なのです。「入れ墨を入れても問題はない。」と考えている人が100人中5人しかおらず、100人中95人は「入れ墨を入れている人とは付き合いたくない。」と考えていれば、100人中5人の考えは非常識なのです。どちらが正しいのかどちらが間違っているのかではありません。少数派の考えが非常識なのです。
 食事の際左利きが絶対に許されない国々があります。イスラム圏の国々です。左手で食事をすることは不作法を通り越して、嫌悪感を抱かれるそうです。外国人の場合にはどう評価されるのかはわかりませんが、イスラム教徒にとっては左手で食事をすることは絶対に許されないとのことです。発展途上国で医師として働いた日本人医師の体験談を読んだことがあります。その人は左利きだったのです。医師であっても左利きでは、現地の人は診察を受けないため、やむを得ず右利きに直したそうです。それほど、イスラム圏においては左利きは厳禁なのです。日本でも以前は左利きは右利きに矯正(強制)されていましたが、現在ではその頻度は減っています。左利きでの食事が厳禁であることがわからない人は犬食いを思い起こしてください。私は左利きの人と食事をすることには嫌悪感を抱きませんが、犬食いの人と食事をすることは絶対に嫌です。犬食いとは口を食事の方に動かして食事をする方法です。犬食いを見てしまったことがありますが、気味が悪いというか、それを見ただけで食欲がなくなりました。犬食いの人と食事をすることは絶対に嫌です。犬食いをする人と一緒に食事をすることはあまりにも恥ずかしいのです。私は、犬食いの人とは食事をすることを中止するのみならず、ほぼ間違いなく犬食いの人とはその他のつきあいも可能な限り中止します。それは犬食いの人に対する差別であるという意見に耳を貸すつもりは一切ありません。私の価値観を変えるつもりは全くありません。
 欧米では左利きは許容されているのだから、左利きに偏見を持つイスラム圏の習慣がおかしい。だから我が子が左利きであっても食事の際にも左手で食事をさせる、を実行したらその子供はイスラム圏では嫌悪感の対象になってしまいます。まともな職業に就くことはやまともな結婚をすることは極めて困難になります。
 犬食いが正式の食事の作法である国があったとしても、それを理由に犬食いを許さない日本の習慣がおかしいという批判は間違っています。他の国の習慣などどうでもよいのです。日本では犬食いは許されないのです。それが全てなのです。あるいは目上の人と話をする際、ガムを噛んだり腕組みをしてください。無礼者と激怒されたら、「・・・・の国では問題がありません。」と答えてください。外科系の医師が清潔の術衣を着ている時には、腕組みをして先輩と話をすることは許されていますが、それは例外です。
 犬食いや左利きを入れ墨に置き換えてください。日本で入れ墨を入れることは、日本で犬食いをすることやイスラム圏の国々において左手で食事をすることと同じと私は考えています。日本で犬食いをする人に対する差別やイスラム圏の国々において左手で食事をする人に対する差別こそがおかしいのであるから、その差別をなくすべきであると言えるのでしょうか。入れ墨を入れようと思う人は、まずは犬食いを1か月間実行してください。犬食いに対する差別がおかしいのであるから、犬食いを認めるように日本の社会に訴えて下さい。私は犬食いと入れ墨には同程度に嫌悪感を抱きます。犬食いは修正可能ですが、入れ墨は基本的には修正不可能です。犬食いを1か月間実行する根性がなければ、入れ墨をすべきではありません。
 入れ墨をすることを友人、知人あるいはインターネット上の掲示板で相談する人がいます。入れ墨を入れることには問題がないと答える人がいます。それはあまりにも無責任な答えです。入れ墨を入れた人がつらい状況になっても、無責任な答えをした人は困らないのです。
 日本では嫌悪感の対象になる入れ墨をあえて入れる理由が私にはわかりません。「欧米では」という欧米かぶれした意見を持つ人がいますが、日本は日本です。日本では問題がない習慣でも他の国では禁忌の習慣があります。逆に他の国では問題がない習慣でも日本では禁忌の習慣があります。「郷に入れば郷に従え」という諺があります。
 入れ墨を入れる理由の1つは有名人が入れている入れ墨への憧れあるいは有名人そのものへの憧れです。有名人と一般人は大きく異なります。有名人の真似をしてもよいことと悪いことがあります。有名人の多くは収入が多いのです。生涯収入が20億円を超える人と生涯収入が2億円以下の人では入れ墨が意味するものが違います。入れ墨を入れていても高収入を得られる職業についている人にとっては入れ墨はあまり害悪をもたらしません。しかし、そのような職業につけない人には入れ墨は大きな害悪をもたらします。就職、結婚、子育ての際、大きな害悪をもたらします。

 「@@人に嫌悪感、不快感を持つから@@人を雇っている企業へはお客として行かない。」という人がいると思います。個人レベルではそれは許容されます。しかし、企業として「@@人に嫌悪感、不快感を持つ人が多いから@@人を雇わない。」と公言するとそれは差別に当たります。「@@人」として生まれたことは本人の責任でないからです。「@@人」に「入れ墨を入れた者」を入れてください。日本人にはそのような価値観を持つ人が圧倒的に多いのです。生まれながらに入れ墨を入れた人はいません。恐らく全員が自分の意思で入れています。それは差別ではないと私は考えています。
 私に子供が生まれて出生届けを出す際、対応した職員に入れ墨が見えたら、上司を呼んで入れ墨のない職員に変更してもらいます。製薬会社の職員が病院を訪問した際、入れ墨が見えれば、会社に連絡して入れ墨のない職員に変更してもらいます。それが私の価値観です。

 未婚の人は特に注意が必要です。入れ墨を入れている人とは結婚したくない人が少なからずいます。本人が気にしないと言っても、その親が大反対する場合もあります。その結果結婚相手は入れ墨を入れている人になることもあります。

 顔に入れ墨を入れている人をどのように思いますが。日本では就職、結婚に大きな支障が出ます。顔以外に入れ墨を入れている人でも顔に入れ墨を入れている人とは付き合いたくない、一緒に食事をしたくない、一緒に働きたくないと思う人は皆無ではないと思います。入れ墨を入れていない人にとっては顔以外でも入れ墨を入れている人に同様の感情を抱く人が少なからずいるのです。

 あなたはそれでも入れ墨を入れますか。

 大阪市が入れ墨に対して厳しい処置をしました。広島市に入れ墨に関する質問をしました。「入れ墨を入れていること自体は禁止していないし、それによる処分もしない。しかし、見えるところに入れていればその際には個々に検討する。」という趣旨の回答でした。公務員の多くは事務職であるため、職場で着替える必要はありません。見えないところであれば見つかる確率が少なくなります。入れ墨を入れた人で職がない人は公務員、特に広島市の職員を目指しましょう。

Wikipediaより引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E3%82%8C%E5%A2%A8
入れ墨をした者の入場が禁止されている公衆浴場などに入れ墨をした者が入ると建造物侵入罪(刑法130条前段)の構成要件に該当し、入れ墨をした者が退場を求められても従わなかった場合は不退去罪(刑法130条後段)の構成要件に該当する。2010年1月には、「入れ墨お断り」の看板を無視して入浴施設に入ったとして建造物侵入罪に問われた裁判で、被告に懲役7月(求刑・懲役1年)の実刑判決が言い渡された[20]。
 生命保険会社は暴力団関係者の加入を断っているため、申込者に入れ墨があることが明白な場合、その加入を断るケースがある。
[20]「入れ墨お断り」無視し入浴…建造物侵入で実刑 読売新聞 2010年1月12日


http://www.huma-c.co.jp/topic/enquete_tattoo.htmlより引用
 入れ墨を入れた男性の46.7%が、女性の35.7%が、入れ墨を入れたことを後悔している。

 入れ墨を入れたことを後悔している理由
子供ができ、「ママこれ何?」と聞かれた時に(28歳女性)
ノースリーブが着られないので(37歳女性)
銭湯に行けないので(43歳男性)
年を取るとかっこいいと思わなくなった(37歳女性)

 恐ろしい現実があります。中学生で入れ墨を入れている者がいます。私の目で確認したので間違いはありません。中学生同士で入れ墨を入れ合うのです。中学校で性教育をするのと同様に、入れ墨を入れてはいけないという教育をすべきです。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-03-27 19:45 | その他

義援金はパンダではなく人間に使うべき

近藤真彦氏が募金で集めたお金で仙台にパンダを呼ぶようです。問題はそのお金が今回の地震で集めた義援金である点です。中国政府に多額のお金を支払い、飼育費に多額の費用がかかります。1億円や2億円ではありません。私はそれには寄付をしていませんが、寄付をした人はだまされたと思ったのではないでしょうか。私は大反対です。近藤真彦氏の個人資産やジャニーズ事務所のお金であれば問題はありませんが、義援金はパンダではなく人間に使うべきです。
問題点は二つです。一つは黒柳徹子女史がかかわっている点です。彼女は日本パンダ保護協会の名誉会長です。その縁で近藤真彦氏の行動にかかわったのかもしれません。今回の彼女の行動は晩節を汚すと危惧しています。
最大の問題点はマスメディアの静観です。強大なジャニーズ事務所に楯突くことは許されないのでしょうか。おかしなことはおかしいというべきと思います。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-11 21:33 | その他

中学での柔道必修化反対

http://judojiko.net/

 本年の春から中学校で柔道が必修化されます。私はそれに反対します。すべての中学校で柔道が行われ、特に素人が指導する柔道が危険だからです。死亡者が多数でています。死亡者が多数出ているということは脊髄損傷者も相当数出ていることを意味します。柔道経験者の指導の下に柔道を行っても死亡が起こります。現在の中学校教員の指導下に柔道が行われれば現在以上に死亡者が出てしまいます。
 私は中学3年生と高校1年生の時に2年間柔道を保健体育で習いました。その時の指導者は柔道に詳しい先生でした。中高一貫で教員が多いから柔道に詳しい人がいたのです。それでも鎖骨骨折が出ました。小規模校では柔道に詳しい人が指導することは不可能です。現在の状況での中学校での柔道必修化には反対します。中学生の生命が重要です。死亡しないまでも脊髄損傷になれば大問題です。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-09 00:41 | その他

アメリカには黒人は少ない

 アメリカからの医学論文の中で人種による差を述べている論文が少なくありません。しかし、実はアメリカには黒人はあまり多くはありません。黒人に関する論文を読む際には注意が必要です。奴隷として連れて来られた黒人の子孫には黒人は少ないのです。多くは白人との混血です。その理由はここでは述べません。つまり、論文上では黒人となっていますが、その多くは黒人と白人の混血です。もちろんアメリカにいる黒人のうち、奴隷として連れて来られたのではない黒人やその子孫がいます。その人たちは混血ではない黒人です。学問的に黒人と白人の比較をするのであれば混血していない黒人を対象にすべきです。それこそが人種差と思います。
 実は多くの論文ではAfrican Americanと記載されています。現在、アメリカでは公の場ではblackという言葉はあまり使われていません。African Americanという言葉が使われています。アメリカ国内の医療を語る際にはCaucasian(白人)とAfrican Americanを分けることには意味があるのかもしれません。しかしその結果は必ずしも、白人と黒人の差ではありません。
 ところでAfrican AmericanであればCaucasianではなくEuropean Americanと呼ぶことが正しいのではないかと私は考えています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-07 14:37 | その他

未成年者へのタバコの販売には厳罰を与える法律制定を

 喫煙者を減らすことは簡単です。未成年者にタバコを売らなければよいのです。日本の問題点は未成年者には喫煙を認めていないにもかかわらず、未成年へのタバコの販売を黙認している点です。JT、セブンイレブンなどのコンビニ(セブンイレブンは未成年者へのタバコの販売を黙認しています。他のコンビにではどうでしょうか)、国の責任は重大です。特に、国の責任は重大です。
 私がアメリカにいた際、私が知る限りアルコールは未成年(私の住んでいたメリーランド州では20歳未満なのか18歳未満なのかは不明ですが)には販売されません。フーターズでビールを注文した際年齢確認を受けました。私が40歳を過ぎていた時でした。「こんなおっさんには年齢確認は不要だろう。」と抵抗しましたが、「年齢確認をしないとビールは出せない。」と言われました。いくら黄色人種が若く見えても、行き過ぎの様に思いました。アメリカ人は法律を守る精神に富んでいるのではありません。万が一未成年者にアルコールを売ったら厳罰が待っているのです。アメリカは人間のモラルを一切信用しないようです。アメリカでは未成年者にアルコールを売って利益を得るより、万が一未成年者にアルコールを売った場合の厳罰(罰金や営業停止)の不利益の方がはるかに高いのです。
 日本ではモラルに頼る面があります。日本では未成年者にタバコやアルコールを売った場合の罰が甘すぎます。日本もアメリカと同様に未成年者にアルコールやタバコを売ろうとは思わないほどの罰を与える法律を作るべきです。問題は国会議員に喫煙者が少なくないことです。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-03 21:26 | その他

子供用のテレビ番組から喫煙を追放しよう

 子供にはテレビの影響は絶大です。すべてのテレビ番組とはいいません、せめて子供用の番組からは喫煙を追放していただきたいと思います。ちびまる子ちゃんにも喫煙場面があります。サザエさんではどうなのでしょうか。
 問題は放送業界、漫画の業界の喫煙率の高さです。放送業界の人の喫煙率は驚くほど高いのです。某テレビ番組(バラエティー番組)に出演し、打ち上げに参加したのですが、そこで20歳代の女性のほとんどが喫煙者であり、しかも私の前で堂々と喫煙していました。非常に驚きました。私が酒を飲む女性は病院関係者、特に看護師が多いのです。女性看護師の喫煙率は全女性の平均よりは多いのですが、少なくとも喫煙女性は私の目の前では喫煙しませんでした。某テレビ番組に出演した際、テレビ局に行ったのですが、禁煙エリアでの喫煙が行われていました。
 漫画家とは付き合いがありませんが、テレビの取材などを見ると喫煙率は全国民の平均よりは高いように感じています。
 子供の喫煙率を上げるであろう漫画、アニメを子供に見せないようにしていただきたいと私は考えています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-27 19:07 | その他

日本の裁判の問題点、裁判官の転勤

 日本の裁判の問題点の一つは時間がかかり過ぎることです。そのためこっけいなことが起こります。当初裁判所で発言をしてそれを裁判官に聞いてもらっても、判決が出るまでに何年もかかります。そうするとその間に裁判官が転勤するのです。後任の裁判官は、一から膨大な資料を読むことになります。証拠をきちんと読んでいる裁判官もいますがいい加減な裁判官も少なくありません。そのため民事ではやたらと和解(裁判官の仕事量が減ります)にもっていきたがる裁判官もいます。
 医事裁判が日本国中でおきています。一つの裁判は1人(あるいは1チーム)の裁判官で行ったいただきたいと思います。
 最高裁の判決は法律の施行細則の面があります。しかし、下級審ではそれとは全く別のとんでもない判決が出ることがあります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-26 20:57 | その他

多忙な診療科の勤務医に税制上の控除を

 小児科、麻酔科、産科など、殺人的に多忙な診療科の勤務医不足が問題になっています。そのため、それらの勤務医の給料を上げることにより勤務医の数を増やそうという考えがあります。給料が増えると、本当に小児科、麻酔科、産科などの勤務医が増えるかどうかという問題はここでは述べません。どのようにすれば小児科、麻酔科、産科などの勤務医の給料が増えるかに関してのみここでは述べます。
 小児科、麻酔科、産科の診療報酬を増やす事では効果がないとはいいませんが、効果は少ないのです。
1:公務員の場合、小児科、麻酔科、産科の診療報酬を増やしても、児科、麻酔科、産科の勤務医の給料はほとんど上がりません。他の診療科の勤務医の給料とのバランスの問題があります。
2:勤務医の給料はかなり高いため、税率が高いのです。少しくらい給料が上がっても手取りはあまり増えません。開業医と勤務医の実質的給料の差は名目給料以上に大きいのです。開業医には必要経費が認められているからです。
 ではどのようにすればよいか。簡単です。小児科、麻酔科、産科の勤務医に特別控除を適用するのです。必要度の高い診療科の勤務医ほど控除額を高くすればよいのです。本気で小児科、麻酔科、産科の勤務医を増やしたいのであれば、税収が減ることを問題にしてはいけないと思います。
 まさか、国や地方は医師の給料は上がっても税金で取り返そうと思ってはいないでしょうね。
 
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-23 14:08 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line