カテゴリ:アセトアミノフェン、NSAID( 135 )


アスピリンは頭頚部癌を減らす


the United States National Cancer Institute Prostate, Lung, Colorectal およびOvarian Cancer Screening Trialのデータを使用して、aspirin やibuprofenh使用と頭頚部癌の関連を調べた。結果: 定期的なaspirin使用は頭頚部癌の危険性を有意に22% 減少させる。定期的なibuprofen使用と頭頚部癌には関連なし。
Br J Cancer. 2013 Mar 19;108(5):1178-81. doi: 10.1038/bjc.2013.73. Epub 2013 Feb 28.
Non-steroidal anti-inflammatory drug and aspirin use and the risk of head and neck cancer.
Wilson JC, Murray LJ, Hughes CM, Black A, Anderson LA.
School of Medicine Dentistry and Biomedical Sciences, Institute of Clinical Sciences, Queen's University Belfast, Belfast, UK. wilsonj@uhbs.ch
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:53 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAID潰瘍、特に小腸病変にはPPIよりガスロンの方が有効

32人の健常なvolunteersを were assigned to an irsogladine群(Group I; n = 16) diclofenac sodium 75 mg およびirsogladine(イルソグラジン:ガスロン) 4 mgを毎日 14 日間内服, 又はomeprazole 群(Group O; n = 16) diclofenac sodium 75 mg およびomeprazole 10 mgを毎日 14日間. 治療前後で食道炎および胃潰瘍は食道胃十二指腸内視鏡検査で評価し、小腸の障害はカプセル内視鏡、便のcalprotectin, および便潜血で評価。結果: Group I 群とGroup O 群には、治療前後の食道、胃、十二指腸の病変点数の変化の点では、有意な差はない。Group Oではカプセル内視鏡による評価では、NSAID治療は有意に小腸粘膜の破綻の数を増やし、治療前は一人当たり0.1 +/- 0.3であり治療後は 1.9 +/- 2.0 個の病変 (p = 0.0002)。一方、Group I では治療前後の小腸粘膜の破綻の数には有意差はない (0.3 +/- 0.8 to 0.5 +/- 0.7, p = 0.62), そして群間の差は有意 (p = 0.0040). 便のcalprotectin濃度, 治療前の濃度を1と定義すると, Group O群 (from 1.0 +/- 0.0 to 18.1 +/- 37.1, p = 0.0002) およびGroup I 群(from 1.0 +/- 0.0 to 6.0 +/- 11.1, p = 0.0280)でも有意に増加する; Group O群の増加はGroup I群の増加よりも有意に高い (p<0.05). さらに便潜血レベルはGroup O群では有意に増加するが (p = 0.0018), Group I 群では変化せず(p = 1.0), そして群間の差は有意 (p = 0.0031).
BMC Gastroenterol. 2013 May 14;13(1):85. [Epub ahead of print]
Preventive effect of irsogladine or omeprazole on non-steroidal anti-inflammatory drug-induced esophagitis, peptic ulcers, and small intestinal lesions in humans, a prospective randomized controlled study.
Kuramoto T, Umegaki E, Nouda S, Narabayashi K, Kojima Y, Yoda Y, Ishida K, Kawakami K, Abe Y, Takeuchi T, Inoue T, Murano M, Tokioka S, Higuchi K.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-18 16:34 | アセトアミノフェン、NSAID

母体や新生児へのアセトアミノフェン(カロナール)投与は自閉症の危険因子


方法:出生前のparacetamol(acetaminophen) 暴露と ASD(自閉症スペクトラム障害)の関連を調べるために、人口で重み付けをした自閉症の平均有病率とparacetamolの使用率を比較した。早期新生児のparacetamol暴露とautism/ASDの関連を調べるために, 人口で重み付けをした利用可能な全ての国とアメリカの州の男性の自閉症の平均有病率を男性の割礼立と比較した--1990年代半ばからは割礼中にはparacetamolが広く用いられるようになった.アメリカのCenters for Disease Control and Prevention のAutism/ASD有病率研究のまとめのデータベースから有病率を抽出。母親のMaternal paracetamol 使用率と割礼率はPub Medにより調べた。結果:1984年から2005年までの国レベルのデータ(n = 8)を用いると, 出生前のparacetamol使用は 自閉症/自閉症スペクトラム障害(autism/ASD)の有病率に関連する (r = 0.80)。国レベルの (n = 9)男性の autism/ASDの有病率と国の割礼の割合には強い関連がある (r = 0.98)。同様の強いパターンがアメリカの州の間やアメリカの3つの主な人種/民族群を比較した際にも見られる。男性におけるautism/ASDの有病率とparacetamolの国レベルの関連は割礼中に薬が広く用いられるようになった 1995年以前はかなり弱くなる。Environ Health. 2013 May 9;12(1):41. [Epub ahead of print]
Prenatal and perinatal analgesic exposure and autism: an ecological link.
Bauer AZ, Kriebel D.

 この報告は大問題です。今まで妊婦や新生児に安全と考えられていたアセトアミノフェン(カロナール)が自閉症の危険因子という報告です。代替薬はありません。危険を承知で飲むしかありません。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-11 22:19 | アセトアミノフェン、NSAID

Stevens-Johnson syndromeおよび中毒性表皮壊死症


系統的総説。1995年から2011年までPubMed, MEDLINE, EMBASE およびUK PUBMED Central electronic databasesによりインドでStevens-Johnson syndrome (SJS) および中毒性表皮壊死症(toxic epidermal necrolysis:TEN)を調べた。原因となる主要な薬は抗菌薬(37.27%), 抗痙攣薬 (35.73%) およびNSAID (15.93%). Carbamazepine (18.25%), phenytoin (13.37%), fluoroquinolones (8.48%) およびparacetamol (6.17%) が最も関連する薬。TENはSJSに比べて死亡率が高い (odd ratio-7.19; 95% confidence interval (CI) 1.62-31.92; p = 0.0023).
Indian J Dermatol Venereol Leprol. 2013 May-Jun;79(3):389-98. doi: 10.4103/0378-6323.110749.
A systematic review of the drug-induced Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis in Indian population.
Patel TK, Barvaliya MJ, Sharma D, Tripathi C.
Department of Pharmacology, GMERS Medical College, Gotri, Vadodara, Gujarat, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-28 00:12 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェンは血圧を上げない


方法: the UK General Practice Research Databaseから acetaminophenを処方された65歳以上であり治療前と治療中に測定したBPがある全高血圧患者のデータを出した。患者を研究中に高血圧治療継続とそうでない群に分けた。acetaminophen 使用中の収縮期血圧(SBP)と拡張期血圧(DBP)の変化 を測定し、傾向をマッチさせたアセトアミノフェンを内服していない患者の血圧の変化と比較した。結果: acetaminophe内服患者は2754 人。acetaminophen治療中には血圧は軽度上昇しその間、高血圧治療は不変[SBPの変化は 1.6 [95% confidence interval (CI) 0.7-2.5]mmHg そしてDBPの変化は 0.5 (95% CI 0.1-1.0)mmHg]]。新たな降圧剤を使用すると血圧は下がる。この血圧の変化にはマッチさせたアセトアミノフェン非内服者と比べて差がなかった [高血圧治療間の群間の差は0.6 (95% CI -0.6 to 1.9) mmHg でありSBPおよび DBPの変化は各々0.5 (-0.1 to 1.1)].まとめ:高血圧治療を受けている大規模の人口におけるacetaminophen治療によっては血圧が上がる事には根拠がない。
J Hypertens. 2013 Apr 12. [Epub ahead of print]
Acetaminophen use and change in blood pressure in a hypertensive population.
Dawson J, Fulton R, McInnes GT, Morton R, Morrison D, Padmanabhan S, Hewitt J, Meredith P, Muir S, Dominiczak AF, Walters MR.
aInstitute of Cardiovascular and Medical Sciences bSchool of Medicine cWest of Scotland Cancer Surveillance Unit, College of Medical, Veterinary & Life Sciences, University of Glasgow, Glasgow, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-20 17:12 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line