カテゴリ:アセトアミノフェン、NSAID( 143 )


NSAIDは膀胱癌を誘発しない


メタ解析。方法: 2012年11まで系統的に論文を調べた。3種類の鎮痛: acetaminophen, aspirin 又は非アスピリンNSAIDs. 結果:17の研究 (8つのコホートおよび9つの症例対照研究), 10,618人の膀胱癌症例を含む。acetaminophen (relative risk [RR] 1.01, 95% confidence interval [CI] 0.88-1.17) およびaspirin (RR 1.02, 95% CI 0.91-1.14) には膀胱癌とは関連がない。症例対照研究では非アスピリンNSAIDsは有意に膀胱癌の危険性を減らすが (コホート研究ではそうではない), 全体の危険性は有意ではない (RR 0.87, 95% CI 0.73-1.05). Furthermore, we also found that非アスピリンNSAIDsは非喫煙者において膀胱癌の危険性を有意に43%減らすが (RR 0.57, 95% CI 0.43-0.76), 喫煙者の間ではそうではない。
PLoS One. 2013 Jul 19;8(7):e70008. doi: 10.1371/journal.pone.0070008. Print 2013 Jul 22.
Use of nonsteroidal anti-inflammatory drugs and bladder cancer risk: a meta-analysis of epidemiologic studies.
Zhang H, Jiang D, Li X.
Department of Urology Surgery, The Second Clinical College, Harbin Medical University, Harbin, Heilongjiang Province, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-04 09:30 | アセトアミノフェン、NSAID

小児へのアセトアミノフェン投与は喘息を引き起こしやすい


ポルトガルのCoimbraにある小学校の1063人の子供による横断研究。子供の呼吸器の健康とparacetamolおよび抗生物質の投薬に関する情報を得るためにISAACに基づいた環境とcore喘息と鼻炎のアンケートを行った。生後12か月までのparacetamol使用は有意にいずれかの時期の喘息(人生における少なくとも1つのエピソード) (OR = 2.9; 95 %CI:1.8-4.5), 現在の喘息 (OR = 2.4; 95 %CI:1.5-3.6), いずれかの時期の喘鳴 (OR = 2.5; 95 %CI:1.8-3.4), いずれかの時期の鼻炎 (OR = 2.4; 95 %CI:1.7-3.3), および現在の鼻炎 (OR = 2.8; 95 %CI:2.0-3.9)の危険性を増加させる. 抗生剤への暴露は、現在の喘息 (OR = 1.6; 95 %CI:1.0-2.5), いずれかの時期の喘息 (OR = 2.0; 95 %CI:1.3-3.1), いずれかの時期の喘鳴 (OR = 2.3; 95 %CI:1.7-3.2), および鼻炎症状 (いずれかの時期の鼻炎OR = 1.8; 95 %CI:1.3-2.6, 現在の鼻炎OR = 1.8; 95 %CI:1.3-2.6, tearing OR = 1.9; 95 %CI:1.2-3.)の危険性に対し同様の効果. 生後12か月以内のparacetamol 使用の頻度が増えると、アレルギー症状の発現を増やす事を見つけ、これは用量依存の関連を示唆した。まとめ:この研究では生後12か月以内のparacetamol および抗生物質の投与と5-9歳での喘息と鼻炎の有病率と症状の程度には強い関連があることが判明した。
Adv Exp Med Biol. 2013;788:393-400. doi: 10.1007/978-94-007-6627-3_53.
Exposure to paracetamol and antibiotics in early life and elevated risk of asthma in childhood. 昭和薬品化工請求,論文あり
Muc M, Padez C, Pinto AM.
Department of Life Sciences, University of Coimbra, Apartado 3046, 3001-401, Coimbra, Portugal,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 21:08 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェンの感冒への効果


感冒に対するアセトアミノフェンの効果。主要な結果:4つのRCTs、758人. デザイン、結果や評価時期の差が大きいため、統合した結果を得ることはできず。数時間を越える際には効果に関してはわずかの情報のみであり、4つの研究のうち3つは4-6時間の短時間の研究。acetaminophenを使用した4つのうち2つは鼻閉塞を有意に改善。一つの研究ではacetaminophenは偽薬よりも鼻漏の程度を軽減するがくしゃみや咳には効果がない。4つの研究中2つではAcetaminophenは咽頭痛や咽頭の不快感を改善しない。いくつかの症状では結果は一致しない。二つの研究では頭痛と痛みはacetaminophen群の方が偽薬群よりも改善するが, 一つの研究では両群に差がない。それらの研究では感冒症状の期間が記載されていない。4つの研究中2つで軽微な副作用 (胃腸の副作用、めまい、口の乾燥, 眠気および発汗増加を含む)が acetaminophen群で記載されている。一つの研究では偽エフェドリンとacetaminophenの併用.
Cochrane Database Syst Rev. 2013 Jul 1;7:CD008800. [Epub ahead of print]
Acetaminophen (paracetamol) for the common cold in adults.
Li S, Yue J, Dong BR, Yang M, Lin X, Wu T.
Department of Geriatrics, West China Hospital, Sichuan University, No. 37, Guo Xue Xiang, Chengdu, Sichuan, China, 610041.

感冒の治癒を促進する効果は報告されていません
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-07 22:57 | アセトアミノフェン、NSAID

イブプロフェンとアセトアミノフェンの併用は術後痛を軽減する(コクラン)


コクラン。選択基準:成人において急性術後痛において、無作為振り分け、二重盲検臨床研究で経口ibuprofen plus paracetamol とプラセボあるいは同量のibuprofenのみを比較する 主要な結果: 3つの研究で1647人の参加者. いくつかの投与量の組み合わせ。ibuprofen 200 mg + paracetamol 500 mgと偽薬の比較が508人, ibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mgと偽薬の比較が543人, そしてibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg とibuprofen 400 mg単独の比較が359人。6時間で少なくとも最大の痛みが50%以上軽減した割合はibuprofen 200 mg + paracetamol 500 mgでは69%, ibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mgでは73%, そして偽薬では7%, そして偽薬に対するNNTsは少量投与で1.6 (1.5 to 1.8) 大量投与で1.5 (1.4 to 1.7). ibuprofen 400 mg単独では 52%であり, ibuprofen 単独に対するibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg のNNTは 5.4 (3.5 to 12)。Ibuprofen + paracetamol の200/500 mg および400/1000 mgは偽薬よりも再投薬までの期間が長くなる。rescue medicationを使用するまでの時間の中央値は 7.6時間(ibuprofen 200 mg + paracetamol 500 mg), 8.3時間(ibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg), そして1.7時間(偽薬)。rescue medicationが必要な参加者は ibuprofen + paracetamolの併用の方が偽薬やibuprofen単独よりも少ない。その割合は34% (偽薬),偽薬と比較した場合のrescue medicationを使用しないNNTsは各々2.2 (1.8 to 2.9) および1.8 (1.6 to 2.2)。ibuprofen 400 mgでのrescue medication使用の割合は48%であり, ibuprofen 単独に対するibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg のrescue medication不使用のNNTは4.3 (3.0 to 7.7)。1つ以上の副作用を経験する割合は30%(ibuprofen 200 mg + paracetamol 500 mg), 29%(ibuprofen 400 mg + paracetamol 1000 mg), そして48%(偽薬)であり, 併用治療の低用量と高用量のgiving NNT は各々5.4 (3.6 to 10.5) と5.1 (3.5 to 9.5). この研究では深刻な副作用は報告されず。効果不十分意外で脱落した割合は5%未満であり、治療方法によらず同程度。
Cochrane Database Syst Rev. 2013 Jun 24;6:CD010210. [Epub ahead of print]
Single dose oral ibuprofen plus paracetamol (acetaminophen) for acute postoperative pain.
Derry CJ, Derry S, Moore RA.
Pain Research and Nuffield Department of Clinical Neurosciences, University of Oxford, Pain Research Unit, Churchill Hospital, Oxford, Oxfordshire, UK, OX3 7LJ.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-01 20:13 | アセトアミノフェン、NSAID

トラムセット依存症の症例


この報告では、特発性側湾症と先行する脊椎instrumentation手術後の偽関節を矯正ための手術を受けた難治性の慢性腰痛に引き続く臨床的な抑うつのある18歳女性を報告。患者が制御する鎮痛薬であるhydromorphone, および外来でのtramadol, naproxen, methadone, およびgabapentinの組み合わせは彼女の長期持続する腰痛.に有効であった。しかし、この患者は手術後の不快感の痛み管理チームに訴え続け、後発品のtramadolよりはUltracet™ (acetaminophen-tramadol)を処方することを主張した。この患者は時々退薬時の強い不快感を示した。
J Opioid Manag. 2013 May-Jun;9(3):225-30. doi: 10.5055/jom.2013.0163.
Undetected Ultracet™ dependence in an adolescent with nonmalignant back pain.
Khan NA, Sullivan MA, Vitale MG, Tresgallo ME, Saroyan JM.
Division of Substance Abuse, New York State Psychiatric Institute, New York, New York.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-22 15:21 | アセトアミノフェン、NSAID

カロナールはアトピー性湿疹を起こしやすい


本研究では,歳から14歳のスペイン人青年における孤立性のアトピー性湿疹(Atopic Eczema:AE), 喘息と関連したAE および鼻炎と関連したAE の有病率およびacetaminophenの使用とそれらの疾患の関連を報告。ISAACでの第3相の断面研究からのスペインのデータを解析。A total of 28,717人の青年がacetaminophen使用、喘息、鼻炎および AE症状に関する Phase 3のアンケートに 答えた。前の月にacetaminophenを使用した青年の間では、acetaminophen使用とAEの間に関連があった。さらに、アレルギー症状の数が増えるに従いその有病率は増加し: AEの修正有病率の比(adjusted Prevalence Ratio:aPR)は1.81であり鼻炎と関連したAEや喘息と関連したAEのaPRsは各々2.20と3.03。子供でのacetaminophen使用はAEやその他のアレルギー疾患の発症や維持に関連した重要な要因かもしれないと結論。
Iran J Allergy Asthma Immunol. 2013 May 15;12(2):115-23.
Is acetaminophen use associated with atopic eczema and other allergic diseases in adolescents?
Suárez-Varela MM, García-Marcos L, Fernández-Espinar JF, Bercedo-Sanz A, Aguinaga-Ontoso I, González-Díaz C, Carvajal-Urueña I, Busquet-Monge RM, Arnedo-Pena A, García de Andoin N, Batlles-Garrido J, Blanco-Quirós A, López-Silvarrey Varela A, García-Hernández G, Gimeno-Clemente N, Rubio-López N, Llopis-González A.
Public and Environmental Health Unit, Department of Preventive Medicine, University of Valencia. CIBER Epidemiology and Public Health (CIBERESP), and Center for Public Health Research (CSISP), Valencia, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-16 08:23 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDの血管合併症、上部胃腸合併症(メタ解析)


方法:NSAIDs versus placeboの280の研究のメタ解析 (124 513人の参加者, 68 342人-年) および1つのNSAID versus 別のNSAIDの474の研究 (229 296人の参加者, 165 456 人-年). 主要な結果は主要な血管疾患(非致死性の心筋梗塞, 非致死性の脳卒中, または血管死); 主要な冠動脈疾患(非致死性の心筋梗塞または冠動脈死; 脳卒中;死亡率; 心不全; および上部胃腸合併症 (穿孔, 閉塞、出血)。所見:主要な血管疾患はselective COX-2 inhibitors (coxibs)により増加する(rate ratio [RR] 1•37, 95% CI 1•14-1•66; p=0•0009) またはdiclofenacにより増加する (1•41, 1•12-1•78; p=0•0036), 主に主要冠動脈疾患の増加による(coxibs 1•76, 1•31-2•37; p=0•0001; diclofenac 1•70, 1•19-2•41; p=0•0032). Ibuprofen でも主要冠動脈疾患は増加するが(2•22, 1•10-4•48; p=0•0253), 大血管疾患は増加しない(1•44, 0•89-2•33)。 placeboと比較すると, coxib またはdiclofenac を内服すると1年間1000人の患者中, 3人以上は主要な血管疾患に罹患し, そのうち1人は致死的。 Naproxenでは有意には主要な血管疾患は増加しない(0•93, 0•69-1•27). 血管死はcoxibs (1•58, 99% CI 1•00-2•49; p=0•0103) およびdiclofenac (1•65, 0•95-2•85, p=0•0187では有意に増加するが), ibuprofenでは有意ではなく (1•90, 0•56-6•41; p=0•17), naproxen では増加しない(1•08, 0•48-2•47, p=0•80).主要な血管疾患へ影響する要因は血管の危険性を含む研究開始時の特徴とは独立している. 心不全の危険性はすべてのNSAIDsにより約2倍。すべてのNSAIDにより上部消化管合併症は増加する (coxibs 1•81, 1•17-2•81, p=0•0070; diclofenac 1•89, 1•16-3•09, p=0•0106; ibuprofen 3•97, 2•22-7•10, p<0•0001; and naproxen 4•22, 2•71-6•56, p<0•0001)。解釈: 高用量のdiclofenac、そしてたぶん
ibuprofenの血管危険性はcoxibsに相当, 一方高用量のnaproxenは他のNSAIDsよりも少ない血管危険性に関連。NSAIDsは血管危険性と胃腸危険性を高めるが、その危険性の大きさは予測可能であり, これは臨床的な決定を行う際のガイドラインを手助けする。
Lancet. 2013 May 29. pii: S0140-6736(13)60900-9. doi: 10.1016/S0140-6736(13)60900-9. [Epub ahead of print]
Vascular and upper gastrointestinal effects of non-steroidal anti-inflammatory drugs: meta-analyses of individual participant data from randomised trials.
Coxib and traditional NSAID Trialists' (CNT) Collaboration.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-09 16:44 | アセトアミノフェン、NSAID

変形性関節症の治療


手、膝、股関節のOAの薬物治療。一般的には局所薬またはparacetamolが第一選択。もしそれらが無効なら経口non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs)または COX-2-selctive inhibitors を使用すべき。NSAIDsで不十分であればTramadolが選択肢。.Glucosamine およびchondroitine sulphateは膝や股関節のOAには勧められないが, chondroitineは手のOAには効果があるかも。副作用のため、経口NSAIDsは注意して処方すべき。効果よりも深刻な副作用のほうが勝るためオピオイドは勧められない
Wien Med Wochenschr. 2013 May 29. [Epub ahead of print]
Pharmacologic treatment of hand-, knee- and hip-osteoarthritis.
Bobacz K.
Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine III, Medical University of Vienna, Waehringer Guertel 18-20, 1090, Vienna, Austria,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-03 21:37 | アセトアミノフェン、NSAID

アスピリンは頭頚部癌を減らす


the United States National Cancer Institute Prostate, Lung, Colorectal およびOvarian Cancer Screening Trialのデータを使用して、aspirin やibuprofenh使用と頭頚部癌の関連を調べた。結果: 定期的なaspirin使用は頭頚部癌の危険性を有意に22% 減少させる。定期的なibuprofen使用と頭頚部癌には関連なし。
Br J Cancer. 2013 Mar 19;108(5):1178-81. doi: 10.1038/bjc.2013.73. Epub 2013 Feb 28.
Non-steroidal anti-inflammatory drug and aspirin use and the risk of head and neck cancer.
Wilson JC, Murray LJ, Hughes CM, Black A, Anderson LA.
School of Medicine Dentistry and Biomedical Sciences, Institute of Clinical Sciences, Queen's University Belfast, Belfast, UK. wilsonj@uhbs.ch
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:53 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAID潰瘍、特に小腸病変にはPPIよりガスロンの方が有効

32人の健常なvolunteersを were assigned to an irsogladine群(Group I; n = 16) diclofenac sodium 75 mg およびirsogladine(イルソグラジン:ガスロン) 4 mgを毎日 14 日間内服, 又はomeprazole 群(Group O; n = 16) diclofenac sodium 75 mg およびomeprazole 10 mgを毎日 14日間. 治療前後で食道炎および胃潰瘍は食道胃十二指腸内視鏡検査で評価し、小腸の障害はカプセル内視鏡、便のcalprotectin, および便潜血で評価。結果: Group I 群とGroup O 群には、治療前後の食道、胃、十二指腸の病変点数の変化の点では、有意な差はない。Group Oではカプセル内視鏡による評価では、NSAID治療は有意に小腸粘膜の破綻の数を増やし、治療前は一人当たり0.1 +/- 0.3であり治療後は 1.9 +/- 2.0 個の病変 (p = 0.0002)。一方、Group I では治療前後の小腸粘膜の破綻の数には有意差はない (0.3 +/- 0.8 to 0.5 +/- 0.7, p = 0.62), そして群間の差は有意 (p = 0.0040). 便のcalprotectin濃度, 治療前の濃度を1と定義すると, Group O群 (from 1.0 +/- 0.0 to 18.1 +/- 37.1, p = 0.0002) およびGroup I 群(from 1.0 +/- 0.0 to 6.0 +/- 11.1, p = 0.0280)でも有意に増加する; Group O群の増加はGroup I群の増加よりも有意に高い (p<0.05). さらに便潜血レベルはGroup O群では有意に増加するが (p = 0.0018), Group I 群では変化せず(p = 1.0), そして群間の差は有意 (p = 0.0031).
BMC Gastroenterol. 2013 May 14;13(1):85. [Epub ahead of print]
Preventive effect of irsogladine or omeprazole on non-steroidal anti-inflammatory drug-induced esophagitis, peptic ulcers, and small intestinal lesions in humans, a prospective randomized controlled study.
Kuramoto T, Umegaki E, Nouda S, Narabayashi K, Kojima Y, Yoda Y, Ishida K, Kawakami K, Abe Y, Takeuchi T, Inoue T, Murano M, Tokioka S, Higuchi K.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-18 16:34 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line