カテゴリ:アセトアミノフェン、NSAID( 143 )


妊娠中のカロナール摂取は5歳時の注意機能と遂行機能障害を引き起こしやすい

母親の妊娠中のparacetamo使用が子供の5歳時の注意機能と遂行機能に影響するかどうか調べた。方法;theDanish National Birth Cohort (DNBC; 1996-2002)に登録した1491人の母親と子供を研究した. 3回の電話インタビューで出生前のparacetamol 使用を前向きに記録した。訓練を受けた心理学者(精神分析医)がthe Test ofEveryday Attention for Children at Five (TEACh-5)を用いて子供の注意機能を評価した. 両親と幼稚園の教師が遂行機能を評価するためにBehaviour Rating Inventory of ExecutiveFunction (BRIEF)を完了。複合平均結果点数、および母親のIQ, 母親の健康状態, paracetamol使用の適用およびその他の交絡因子で補正した正常以下の注意機能又は遂行機能 (平均より1SD低いと定義)のオッズ比(OR)の差を概算した。結果:第1三分期でのparacetamolの使用は子供時代の注意点数が悪いことと関連 [全般的な注意で葉平均の差-0.34, 95% 信頼区間(CI) -0.63,-0.05, そして選択的な注意-0.25, 95%CI -0.50, 0.01]. 子供の出生前のparacetamolへの暴露は were also at a higher risk for 正常以下の全般的な注意 (OR = 1.5, 95% CI 1.0,2.5), 選択的な注意の困難(OR = 1.5,95% CI 1.0, 2.4), および親が評価した正常以下の遂行機能(metacognition index, OR = 1.5, 95% CI 0.9, 2.3). 正常以下の全般的な注意又は遂行機能の危険性は妊娠中のparacetamol使用の期間が長い方が高くなった。まとめ:妊娠中の母親のparacetamol使用は、子供が5歳時の注意と遂行機能の悪化と関連。{Liew, 2016 #7408}

Int J Epidemiol. 2016 Dec28. pii: dyw296. doi: 10.1093/ije/dyw296. [Epub ahead of print]

Paracetamol use duringpregnancy and attention and executive function in offspring at age 5 years.

Liew Z1, Bach CC2, AsarnowRF3, Ritz B4,5, Olsen J4,6,7.

  • 1Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles (UCLA), CA, USA zeyanliew@ucla.edu.
  • 2Perinatal Epidemiology Research Unit, Aarhus University Hospital, Skejby, Denmark.
  • 3Departments of Psychiatry and Psychology.
  • 4Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles (UCLA), CA, USA.
  • 5Department of Neurology, Geffen School of Medicine, UCLA, Los Angeles, CA, USA.
  • 6Department of Clinical Epidemiology, Aarhus University Hospital, Skejby, Denmark.
  • 7Department of Public Health, Section for Epidemiology, University of Aarhus, Denmark.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-02 14:35 | アセトアミノフェン、NSAID

消化性潰瘍の危険因子

方法:上部胃腸(gastrointestinalGI)路の内視鏡、血清抗-Helicobacter pylori IgG検査を含む健康診断を受け、その症状に関する自己報告のアンケートた人を調べた。 結果:本研究に含めた12,852人中,124 (1.0%)は症状のある消化性潰瘍疾患(Peptic ulcer diseasePUD)であり、309 (2.4%)は症状のないPUD.高齢, 現在の喫煙、およびH. pylori 感染は無症候性のPUDの独立した危険因子. NSAIDsの使用は、症状のあるPUDのみの独立した危険因子 (p=0.040). 無症候性のPUDに比べて,症状のあるPUDは、活動期の潰瘍であることが多く (p=0.002) 飲酒量がより多い(p=0.005)。まとめ:NSAIDsの使用は症状のあるPUDの危険因子であるが, 無症候性のPUDの危険因子ではない. PUD患者において、過剰なアルコール摂取および活動期の潰瘍は胃十二指腸症状の存在と関連。

ClinEndosc. 2016 Dec 23. doi: 10.5946/ce.2016.129. [Epub ahead ofprint]

Risk Factors for the Presence of Symptoms inPeptic Ulcer Disease.

Lee SP, Sung IK, Kim JH, Lee SY, Park HS, Shim CS.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 12:43 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェン、NSAIDの長期使用は難聴を引き起こしやすい

the Nurses' Health Study55,850人の女性における鎮痛薬使用の期間と自己報告の難聴の関連を調べた。可能性のある交絡因子で補正して、コックス比例ハザード回帰を用いた。 873,376人ー年の経過観察中 (1990-2012), 長期間のNSAID 使用(1年未満の使用に比べて6年を超える使用, 多変量で補正した相対危険度= 1.10, 95%信頼区間: 1.06, 1.15; P for trend < 0.001)およびacetaminophen使用 (1年未満の使用に比べて6年を超える使用, 多変量で補正した相対危険度= 1.09, 95%信頼区間: 1.04, 1.14; P for trend < 0.001)は難聴の危険性の増加と関連. アスピリン使用の期間は難聴とは関連しなかった(1年未満の使用に比べて6年を超える使用,多変量で補正した相対危険度= 1.01, 95%信頼区間: 0.97, 1.05; P for trend = 0.35). 女性におけるこのコホートでは、NSAID およびacetaminophenの長期間の使用は難聴の危険性を少し増加させるが, アスピリン使用の期間は関連せず。

Am J Epidemiol. 2016 Dec14. [Epub ahead of print]

Duration of Analgesic Use and Risk of HearingLoss in Women.

Lin BM, Curhan SG, Wang M, Eavey R, StankovicKM,Curhan GC.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-20 20:56 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDによる胃腸障害の予防方法

NSAIDによる胃腸合併症の予防方法。方法:横断的、観察的、薬剤に基づいた研究を一次的および二次的健康管理部門の両方を持つ大きなアジアの施設で行った. この研究は定期的なNSAIDsの処方のふるい分けを含み, 含める基準の患者を集めてアンケートによりインタビューした。結果:集めた409 人の参加者のうち、83.1%は少なくとも1つの胃腸(gastrointestinalGI)危険因子を持っており, そのうち70.3%は適切な胃保護薬を使用せず.最も多いGI危険因子は高用量のNSAIDs (69.2%), 次いで65歳以上の参加者(22%)および低用量のアスピリン併用 (11.7%). 適切な胃保護方法は、中等度の危険性の群では、COX-2 阻害薬単独の使用又は非選択的NSAIDプラスPPIの使用であり、高い危険性の群ではCOX-2阻害薬プラスPPIの使用である.胃保護策は危険性のある患者の67.1%では十分活用されておらず、危険因子のない者の59.4%で過剰使用されている. 推奨量よりも少ないhistamine-2 receptor antagonistの併用は、不適切な胃保護薬の59%を占めた. ロジスティック回帰解析によると、65歳以上の患者(oddsratio, 1.89; 95% CI =1.15-3.09)は医師による胃保護薬の処方の予測因子。まとめ:危険性のあるNSAID使用者の約70%(主に高用量のNSAIDs使用)は適切な胃腸保護薬を処方されていない。定期NSAIDsの安全な処方を改善するためにさらなる研究が必要.

Ther Clin Risk Manag. 2016 Nov10;12:1649-1657. eCollection 2016.

Utilization of gastroprotective strategies fornonsteroidal anti-inflammatorydrug-induced gastrointestinal events in a major teaching hospital.

Lee HL1, Chua SS1, MahadevaS2.

  • 1Department of Pharmacy.
  • 2Department of Medicine, Faculty of Medicine, University of Malaya, Kuala Lumpur, Malaysia.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:21 | アセトアミノフェン、NSAID

妊娠中のNSAIDやアセトアミノフェン摂取は子供の肛門性器間距離を短くする


妊娠中の軽度の鎮痛薬
(paracetamoland NSAID)を含む投薬を募集時(在胎年齢gestationalage (GA) 10-27) およびGA 28週で妊婦に尋ねた. AGDおよび陰茎の幅を 出生日と推定された日から3か月後に訓練を受けた人が計測した。1027人の女性がアンケートに答えその子供が計測された。出生前の軽度の鎮痛薬への暴露とAGDおよび陰茎の幅の関連を、年齢と年齢に対する体重SD点数で補正して、多変量直線回帰により推定した。結果:女性の40%paracetamol and/orNSAIDs (4.4%)を妊娠の最初の28日間に使用したと報告。妊娠中の鎮痛薬への暴露は男児のAGDを減らすが、NSAIDsでのみ有意であった. paracetamolおよびNSAIDsの両方に暴露された20人の男児ではその関連は有意であった (AGD -4.1mm; CI 95%: -6.4; -1.7). 母親の鎮痛薬摂取は女児ではAGDに明確な関連はなかった. 陰茎の幅への影響はなかった。研究の制限:27人の男児と18人の女児のみがNSAIDsに暴露され、その大部分がparacetamolにも暴露. NSAIDsのみの暴露と混合効果を区別することは不可能. さらに、軽度の鎮痛薬の使用は自己報告で摂取から2か月経過しており、それは暴露の誤判断を引き起こすかもしれない。

Hum Reprod. 2016 Nov16. [Epub ahead of print]

Maternal use of mild analgesics duringpregnancy associated with reduced anogenital distance in sons: a cohort studyof 1027 mother-child pairs.

Lind DV1, Main KM2, Kyhl HB3,4, KristensenDM5, Toppari J6, AndersenHR1, AndersenMS7, SkakkebækNE2, Jensen TK8,3.

  • 1Department of Environmental Medicine, Institute of Public Health, University of Southern Denmark, Odense, Denmark.
  • 2Department of Growth and Reproduction, Rigshospitalet, University of Copenhagen, Blegdamsvej 9, 2100 Copenhagen, Denmark.
  • 3Odense University Hospital, Hans Christian Andersen Children's Hospital, Sdr. Boulevard 29, 5000 Odense C, Denmark.
  • 4Odense Patient data Exploratory Network (OPEN), Sdr. Boulevard 29, 5000 Odense C, Denmark.
  • 5Laboratory of Genomic and Molecular Biomedicine, Department of Biology, University of Copenhagen, Universitetsparken 13, DK-2100 Copenhagen, Denmark.
  • 6Department of Physiology, Institute of Biomedicine, University of Turku, and Department of Pediatrics, Turku University Hospital, Kiinamyllynkatu 10, FI-20520 Turku, Finland.
  • 7Odense University Hospital, Endocrinological Department, 5000 Odense C, Denmark.
  • 8Department of Environmental Medicine, Institute of Public Health, University of Southern Denmark, Odense, Denmark tkjensen@health.sdu.dk.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-20 23:22 | アセトアミノフェン、NSAID

薬物誘発性肝障害

方法:タイでの薬物誘発性肝障害(drug-inducedliver injuryDILI)により入院した患者の研究人口に基づいた研究. 中毒性肝疾患のICD-10 コード(K71)および付加的なコード(T36-T65)を用いてthe Nationwide Hospital Admission Dataからデータを得た. log-rank test、単変量および多変量コックス回帰解析を用いて関連する要因を解析。結果:2009-2013年の間に, 159,061 (1年間当たり平均21,165)の入院が肝疾患に関連. 6,516の入院(年間1,303) が中毒性肝疾患が原因. 中毒性肝疾患で最も多いタイプは急性肝炎(33.5 %). 入院中および90日間の死亡率は3.4 % 17.2 %. 肝硬変を伴ったDILIは入院中および90日間の死亡率が最も高い(15.8 % および47.4 %).Acetaminophen,肝硬変、および60歳以上は死亡患者の各々0.5 %, 8.3 % および50.1 % であり、生存者の各々5 %, 2.3 % および32.4 %.死亡率と関連する要因は肝硬変(HR 2.72, 95 % CI:2.33-3.19), 60歳以上(HR 2.16, 95% CI: 1.96-2.38), HIV感染(HR 2.11, 95% CI: 1.88-2.36), 慢性腎疾患(HR 1.59, 95% CI: 1.33-1.90),慢性閉塞性肺疾患および気管支拡張症(HR 1.55, 95 % CI:1.17-2.04), 栄養不良(HR 1.43, 95% CI: 1.10-1.86) および男性(HR 1.31, 95% CI: 1.21-1.43). AcetaminophenDILIは死亡の危険性が低い (HR 0.24,95 % CI: 0.13-0.42). DILIの最も多い原因はacetaminophen(35.0 %) および抗結核薬(34.7 %).

BMC Gastroenterol. 2016 Oct 28;16(1):135.

The incidence, presentation, outcomes, risk ofmortality and economic data of drug-induced liver injury from a nationaldatabase in Thailand: a population-base study.

SobhonslidsukA1, PoovorawanK2, SoonthornworasiriN3, Pan-NgumW3, PhaosawasdiK4.

  • 1Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Medicine, Faculty of Medicine, Ramathibodi Hospital, Mahidol University, 270 Rama 6 road, Rajathevee, Bangkok, 10400, Thailand. abhasnee.sob@mahidol.ac.th.
  • 2Department of Clinical Tropical Medicine, Faculty of Tropical Medicine, Mahidol University, Rajathevee, Bangkok, 10400, Thailand.
  • 3Department of Tropical Hygiene, Faculty of Tropical Medicine, Mahidol University, Rajathevee, Bangkok, 10400, Thailand.
  • 4Vichaiyut Hospital and Medical Center, Rajathevee, Bangkok, 10400, Thailand.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-06 19:46 | アセトアミノフェン、NSAID

子供の先天異常に関連する薬

スペインのバレンシア地域で妊娠女性の在住者でプライマリケアで使用した薬と先天異常(congenitalanomaliesCA)の危険性を同定。方法:人口に基づいた登録から得たバレンシア地域の在住しCAと診断された2009-2010年で生存した1歳未満の生誕児を症例と考えた症例対照研究. 対照はthe Metabolic Disease Registryから選ばれ、薬はthe Integral Management ofPharmaceutical Servicesから処方された. 補正されないオッズ比(odds ratioOR)95%信頼区間が計算され、補正されたORがロジスティク回帰を用いて計算された。結果:1,913人の症例と 3,826人の対照を同定。最も頻繁に使用された薬の群は筋骨格、神経および呼吸器系、血液や造血器に作用する薬や抗感染薬。最も頻繁に使用される薬はibuprofen,dexketoprofen, paracetamol,amoxicillin, ferrous sulphate, および葉酸の併用。筋骨格系に作用する薬にはCAの危険性が有意に増加(補正OR1.14 [95%信頼区間1.02-1.28]).血液や造血器に作用する薬では危険性が有意に低下 (補正したOR 0.87 [95% 信頼区間0.78-0.98]).

An Pediatr (Barc). 2016 Oct13. pii: S1695-4033(16)30249-1. doi: 10.1016/j.anpedi.2016.08.003. [Epub aheadof print]

[Drugs use in pregnancy in the Valencia Regionand the risk of congenital anomalies].

[Article in Spanish]

Cavero-CarbonellC1, Gimeno-MartosS2, Páramo-RodríguezL1, Rabanaque-HernándezMJ3, Martos-JiménezC4, ZurriagaÓ5.

  • 1Unidad Mixta de Investigación en Enfermedades Raras, Fundación para el Fomento de la Investigación Sanitaria y Biomédica de la Comunitat Valenciana. Universitat de València Estudi General, Valencia, España.
  • 2Unidad Mixta de Investigación en Enfermedades Raras, Fundación para el Fomento de la Investigación Sanitaria y Biomédica de la Comunitat Valenciana. Universitat de València Estudi General, Valencia, España; Centro de Investigación Biomédica en Red de Epidemiología y Salud Pública (CIBERESP), Madrid, España. Electronic address: gimeno_silmar@gva.es.
  • 3Departamento de Microbiología, Medicina Preventiva y Salud Pública, Universidad de Zaragoza, Zaragoza, España.
  • 4Unidad Mixta de Investigación en Enfermedades Raras, Fundación para el Fomento de la Investigación Sanitaria y Biomédica de la Comunitat Valenciana. Universitat de València Estudi General, Valencia, España; Centro de Investigación Biomédica en Red de Epidemiología y Salud Pública (CIBERESP), Madrid, España.
  • 5Unidad Mixta de Investigación en Enfermedades Raras, Fundación para el Fomento de la Investigación Sanitaria y Biomédica de la Comunitat Valenciana. Universitat de València Estudi General, Valencia, España; Centro de Investigación Biomédica en Red de Epidemiología y Salud Pública (CIBERESP), Madrid, España; Conselleria de Sanitat Universal i Salut Pública, Valencia, España.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-30 11:43 | アセトアミノフェン、NSAID

坐骨神経痛に対するNSAIDの効果のコクラン総説

坐骨神経痛に対するNSAIDのコクラン総説。著者の結論:坐骨神経痛患者において、NSAIDs versus偽薬又はその他の薬の効果を評価した10の研究を含む、このアップデートした系統的総説は、GRADE基準を用いると低い又は大変低いレベルのエビデンスを報告。鎮痛におけるNSAIDsの効果は有意ではない。NSAIDsは偽薬に比べると全般的な改善が良好。研究における少ない患者数, 一貫しない結果, 不正解, 含まれる研究の偏りの高い危険性のためにGRADE分類に基づくと鎮痛のエビデンスのレベルは大変低く全般的な改善では低いため、この所見の解釈には注意が必要. この解析に含まれる研究には可能性のあるまれな副作用を見つけ出す力はないが、短期間のNSAIDs使用における副作用の危険性は増加.

Cochrane Database SystRev. 2016 Oct 15;10:CD012382. [Epub ahead of print]

Non-steroidal anti-inflammatorydrugs for sciatica.

Rasmussen-BarrE1, Held U, GrootenWJ,RoelofsPD,Koes BW, vanTulder MW, Wertli MM.

  • 1Institute of Environmental Medicine, Karolinska Institutet, Box 210, SE-17177, Stockholm, Sweden.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-24 20:52 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDにより心不全が原因の入院が増える


Nested case-control study。オランダ、イタリア、ドイツ、英国の4つの欧州の国の医療データベースを用いた5つの人口。2000-10の間にNSAIDを開始した成人 (18歳以上). 全体で92 163例の心不全による入院を同定し8 246 403例の対照 (年齢、性別、コホートに入った年に基づく危険性をマッチさせた)をマッチさせた。結果の計測:心不全による入院の危険性と23の従来のNSAIDsおよび4つの選択的COX 2阻害薬を含む27の個々のNSAIDsの使用の関連。多変量条件付きロジスティック回帰モデルを用いて関連を評価. NSAID使用と心不全の危険性の用量反応性の関連を評価。結果:全てのNSAIDsの過去の使用 (183日を超えた過去の使用)と比較して、全てのNSAIDの現在の使用 (14日前の使用)は心不全による入院の危険性を19%増加させた (補正オッズ比1.19; 95%信頼区間 1.17 to 1.22)。心不全による入院の危険性は7つの従来のNSAIDs (diclofenac, ibuprofen, indomethacin, ketorolac, naproxen, nimesulide, and piroxicam)および2つのCOX 2阻害薬 (etoricoxib and rofecoxib)で増加。オッズ比はnaproxen の1.16 (95% 信頼区間1.07 to 1.27)からketorolacの1.83 (1.66 to 2.02)まで. いくつかの薬の信頼区間は広かったが、diclofenac, etoricoxib, indomethacin, piroxicam,および rofecoxibの大変多い使用量 (1日服用量当量の2倍以上)では心不全の危険性は2倍になった. indomethacin およびetoricoxibの中用量 (1日服用量当量の0.9-1.2倍)でさえ危険性は増加。celecoxibには通常使用された量で心不全のために入院する危険性が増えるというエビデンスはない。
BMJ. 2016 Sep 28;354:i4857. doi: 10.1136/bmj.i4857.
Non-steroidal anti-inflammatory drugs and risk of heart failure in four European countries: nested case-control study.
Arfè A1, Scotti L1, Varas-Lorenzo C2, Nicotra F1, Zambon A1, Kollhorst B3, Schink T3, Garbe E3, Herings R4, Straatman H4, Schade R5, Villa M6, Lucchi S6, Valkhoff V5, Romio S5, Thiessard F7, Schuemie M5, Pariente A7, Sturkenboom M5, Corrao G8; Safety of Non-steroidal Anti-inflammatory Drugs (SOS) Project Consortium.
•1Unit of Biostatistics, Epidemiology, and Public Health, Department of Statistics and Quantitative Methods, University of Milano-Bicocca, 20126 Milan, Italy.
•2RTI Health Solutions, Barcelona, Spain.
•3Leibniz Institute of Prevention Research and Epidemiology, Bremen, Germany.
•4PHARMO Institute, Utrecht, Netherlands.
•5Department of Medical Informatics, Erasmus University Medical Centre, Rotterdam, Netherlands.
•6Local Health Authority ASL Cremona, Cremona, Italy.
•7University of Bordeaux Segalen, Bordeaux, France.
•8Unit of Biostatistics, Epidemiology, and Public Health, Department of Statistics and Quantitative Methods, University of Milano-Bicocca, 20126 Milan, Italy giovanni.corrao@unimib.it.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-02 16:44 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDは食後内服が優れている

これは、様々な原因の痛みに対してNSAIDsのみを摂取した160人の患者の無作為振り分け、対照、試験的研究。患者を無作為にGroup I (対照群) -NSAID食後(After FoodAF), Group II-NSAID食前(Before FoodBF), GroupIII-NSAIDBF2日間行いその後クロスオーバーで次の2日間 AF (CO-1) 、およびGroup IV-NSAIDAF 2日間行いその後クロスオーバーで次の2日間 BF (C0-2 group)に振り分けた. Group III およびGroup IV は最初の2日間の後にwashout期間を48時間あけた。全員次の薬を飲まない2日間経過観察。研究を通してgastritis(胃部不快感, 心窩部痛, 吐気, 胃の膨満感, 繰り返しの逆流) の発生を調べた。消化器症状はgroup I およびIIで各々6.45%(2 /31) 36.11% (13/36) であった。gastritisの発生に関してはAF群には有意差はなかった。しかし、BF群とNSAIDAF摂取[CO-1 (AF), CO-2 (A.F), AF (対照群)]の間には統計的に有意差があった(P<0.05. まとめ:食事の開始時にNSAIDsを摂取することは gastritisの発生が低いことにより耐用性があると示された。

Rev Recent Clin Trials. 2016 Aug 1.[Epub ahead of print]

Dilemma of Timing of Administration of Non-SteroidalAnti-inflammatory Agents in Relation to Food in the Prevention ofGastritis: Debusting the Myth.

UdaykumarP1, UdaykumarK,ScandashreeK,Anurag K.

  • 1Department of Pharmacology, Fr Muller Medical College, Kankanady, Mangalore 575002, India. padmajaudaykumar@gmail.com.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-07 12:39 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line