カテゴリ:アセトアミノフェン、NSAID( 143 )


自閉症の危険因子

総説。自閉症{じへいしょう}スペクトラム障害(Autism spectrum disorderASD)すべての子供の約1%が罹患。総説。妊娠中の母親の疾患の中で、ASDと関連する物は糖尿病 (PGDM and/or GDM), anti-β2GP1 IgG抗体を持つ抗リン脂質抗体症候群(antiphospholipidsyndromeAPLS)およびanti-thyroid peroxidase (TPO)抗体を持つ甲状腺疾患のようないくつかの母親の自己免疫疾患, 子癇前症および胎児の脳の発達に影響するかもしれないIgG抗体を持つその他のいくつかの自己免疫性疾患。その他の関連する要因は母親の感染 (胎児の脳障害を伴う風疹およびCMVおよびもしかすると発熱を伴うインフルエンザ), 延長した発熱と母親の炎症,胎盤を通過し胎児の脳に影響する様々な炎症サイトカインと抗体の変化と特に関連。薬の中では、バルプロ酸、サリドマイド、misoprostol,そしてSSRIsの可能性.β2-adrenergic 受容体作動薬とparacetamolASDの最近の増加率と関連するが、データが予備的すぎ結論が出ない.エタノール、コカイン、そしてもしかすると重金属、重度の喫煙、および葉酸欠乏も関連する。最近の研究によると、妊娠中の農薬や大気汚染、特に直径< 2.5および 10 μm の粒子状物質(PM2.5 およびPM10)への重篤な暴露もASDと関連. 最後に、この総説で述べられた関連の多くは部分的に証明されたのみであり、すべてではないが異なる交絡因子では"問題なし"になることに留意すべき。

Front Neurosci. 2016 Jul6;10:316. doi: 10.3389/fnins.2016.00316. eCollection 2016.

Genetic Syndromes, Maternal Diseases andAntenatal Factors Associated with Autism Spectrum Disorders (ASD).

Ornoy A1, Weinstein-FudimL1, Ergaz Z2.

  • 1Laboratory of Teratology, Department of Medical Neurobiology, Hadassah Medical School, Hebrew University Jerusalem, Israel.
  • 2Laboratory of Teratology, Department of Medical Neurobiology, Hadassah Medical School, Hebrew UniversityJerusalem, Israel; Department of Neonatology, Hadassah-Hebrew University Medical CenterJerusalem, Israel.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-03 21:21 | アセトアミノフェン、NSAID

胃十二指腸潰瘍の危険因子

緊急の胃十二指腸潰瘍の病因と危険因子を評価。方法:theUniversity Clinic for Digestive Surgery およびtheUniversity Clinic for Gastroenterohepatologyで治療を受けた胃十二指腸潰瘍の緊急で生命を脅かすすべての合併症の、無作為に選択した67人の患者の前向き研究。血清中のHelicobacter pyloriに対するIgG抗体の力価およびNSAIDおよびaspirinの使用を調べた.ニコチンとアルコールの使用を調べた。これらの要因以外に性別と年齢を考慮した。結果:Helicobacter pyloriの血清学的な検査では 89.6%が陽性. 31.3% NSAID16.4% aspirinを使用.65.7%が喫煙者であり、25.4%が飲酒. 性別の点では,83.6%が男性であり16.4%が女性。最も多い年齢帯は4160 歳であり40.3%、そして6180歳で 35.8%。まとめ:緊急胃十二指腸潰瘍におけるHelicobacter pyloriの存在は異常に高く、89.6%. NSAIDおよび aspirinは本疾患の病因に影響する。喫煙は有意な危険因子。飲酒は少ないが、依然として重要な要因。

Pril(Makedon Akad Nauk Umet Odd Med Nauki). 2015 Dec1;36(2):203-210. doi: 10.1515/prilozi-2015-0068.

Etiological Factors in Urgent GastroduodenalUlcer.

Begovic G, Selmani R.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-24 18:38 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェンとNSAIDは肝癌の危険因子か

the United Kingdom's Clinical Practice ResearchDatalink内で症例対照研究(1195人の一次性肝癌の症例と4640人のマッチした対照)を行い、処方したNSAIDs paracetamolの使用と肝癌の関連を調べた。条件付きロジスティック回帰を用いて、多変量で補正したオッズ比(aORs) および95%信頼区間(CIs)を推定した。全体では、 NSAIDsのかつての使用は、使用が最近かどうかや使用頻度にかかわらず、肝癌の危険性と関連せず (aOR=1.05,95% CI=0.88-1.24). paracetamolの使用はわずかに肝癌の危険性増加と関連し (aOR=1.18, 95% CI=1.00-1.39),特に BMI<25kg/m2 の人では(aOR=1.56, 95% CI=1.17-2.09). 我々の結果によると、NSAID使用はこの対象者の間では肝癌の危険性とは関連せず. paracetamolの過去の使用は肝癌の危険性をわずかに増加させるかもしれないが、方法論的な制限のためにその結果の解釈には注意が必要。

CancerEpidemiol. 2016 Jul 12;43:105-111. doi:10.1016/j.canep.2016.06.009. [Epub ahead of print]

Associations of NSAID and paracetamoluse with risk of primary liver cancer in the Clinical Practice ResearchDatalink.

Yang B1, PetrickJL2, Chen J2, HagbergKW3, SahasrabuddheVV4, GraubardBI2, Jick S3, McGlynnKA2.

  • 1Division of Cancer Epidemiology and Genetics, National Cancer Institute, Bethesda, MD, 20892-9774, USA. Electronic address: baiyu.yang@nih.gov.
  • 2Division of Cancer Epidemiology and Genetics, National Cancer Institute, Bethesda, MD, 20892-9774, USA.
  • 3Boston Collaborative Drug Surveillance Program and Boston University School of Public Health, Lexington, MA, 02421, USA.
  • 4Division of Cancer Epidemiology and Genetics, National Cancer Institute, Bethesda, MD, 20892-9774, USA; Division of Cancer Prevention, National Cancer Institute, Bethesda, MD, 20892-9783, USA.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-18 18:41 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェンは胃腸合併症を増加させる

Meta-analysisによると上部胃腸出血のオッズ比は2000 mg以下1.2(95%CI: 1.0-1.4)2000-3999 mg1.2(95%CI: 0.8-1.7)4000 mg以上1.0(95%CI: 0.5-1.9)[24]

24) Lewis SC, Langman MJ, Laporte JR,Matthews JN, Rawlins MD, Wiholm BE: Dose-response relationships betweenindividual nonaspirin nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NANSAIDs) andserious upper gastrointestinal bleeding: a meta-analysis based on individualpatient data. Br J Clin Pharmacol. 54: 320-326, 2002.


しかし、このメタ解析の後に以下の論文が出ました。

Nested case control studyではparacetamol使用は上部消化管の合併症の危険性がわずかに高くなる (relative risk (RR), 1.3; 95% confidence interval (CI), 1.1-1.5). 12gを超えると相対危険度は3.6 (95%CI, 2.6-5.1) であるがそれより少ないと危険性は増加しない。そして、系統的総説とメタ解析では1.3 (95% CI, 1.2-1.5)[61]

96万人を対象にした研究を用いたnested case-control study2105人の患者と11500人の対照)によると上部胃腸合併症の危険性の相対危険度はアセトアミノエン2g/日未満であれば0.995%CI: 0.8-1.1)であるが2g/日以上であれば3.7(95%CI: 2.6-5.1)である[62]。非アスピリンNSAIDと2g/日未満のアセトアミノフェンの併用による上部胃腸合併症の危険性の相対危険度は4.1(95%CI:3.0-5.7)であり、非アスピリンNSAIDと2g/日以上のアセトアミノフェンの併用による上部胃腸合併症の危険性の相対危険度は16.6(95%CI: 11.0-24.9) [62]

カナダのケベックで、地域を対象にした後ろ向きコホート研究。65歳以上でacetaminophen 又は通常のNSAID(tNSAID)を飲んだ者が対象。644,183人の老人が対象。1,778,541件のtNSAIDs処方 (315,222 17.7%PPI併用), 158,711件はtNSAID acetaminophenの併用(40,797 25.7% PPI併用), 1,597,725件は acetaminophen(> 3 g/) (504,939, 31.6% PPI併用), そして3,641,140件は acetaminophen (3 g/日以下) (1,031,939, 28.3% PPI併用). PPIsを内服していない患者の中で, 胃腸症状での入院(上部または下部胃腸路の潰瘍、穿孔、出血)の危険性はacetaminophen (3g/日以下)と比較するとacetaminophen(> 3 g/)ではhazardratio [HR]1.20 (95% CI 1.03-1.40), tNSAIDs では1.63 (1.44-1.85), そしてtNSAID acetaminophenの併用では 2.55(1.98-3.28)PPIsを内服していないacetaminophen (3 g/日以下)と比較するとPPIsを内服しているacetaminophen(3 g/日以下)では0.95(0.81-1.11)PPIsを内服していないacetaminophen (3 g/日以下)と比較すると、PPIsを内服するacetaminophen (> 3 g/)では1.16 (0.94-1.43),PPIsを内服するtNSAIDs では1.07 (0.82-1.39), そしてPPIsを内服するtNSAID acetaminophenの併用では 2.15(1.35-3.40)。アセトアミノフェン(> 3 g/)は痛みが強い者に大量の処方をしただけかもしれない。NSAIDのクラス、併用、投与量、継続投与と間欠投与の差は考慮せず。PPIsを内服していないacetaminophen (3 g/日以下)と比較するとPPIを併用するacetaminophen(> 3 g/)の上部消化管での胃腸症状での入院は0.98 (0.76-1.26)であり下部消化管での胃腸症状での入院は1.77(1.22-2.58)であり、上部胃腸は守っても下部消化管は守らないように思える。PPIを飲んでいない者に比べるとPPIを飲んでいる者の下部消化管症状での入院の危険性は各薬物で61-71%高い(危険性の高い人にPPIを処方しているのかも)[63]

65歳以上の人を対象にした後ろ向きコホート研究。消化管事象 (入院、潰瘍、消化不良、胃腸の予防?prophylaxis) NSAIDコホートは26,978 人、acetaminophenコホートは 21,207人。NSAIDs と比較したacetaminophen利用の決定因子(odds ratio [95% confidenceinterval])は最近の入院 (8.6 [7.7-9.5]), 抗凝固治療の併用 (3.2 [2.7-3.8]), 85歳を超える (2.3[2.1-2.4]), 以前消化管事象があった、特に入院が必要であった(14.6 [11.7-18.7])。胃腸症状による入院、潰瘍、消化不良の修正していない率はNSAIDコホートよりもacetaminophenコホートの方がむしろ高かった。(胃腸症状による入院、潰瘍、消化不良などの)傾向点数で補正すると高用量のacetaminophenを使用する患者 (2,601–3,250 or >3,250 mg/day) は低用量のacetaminophenを使用する患者と比べると消化管事象を経験しやすい (2,600 mg/day) (RR 1.27 [95% CI 1.13–1.43] および1.34 [95% CI 1.15–1.54])。高用量のacetaminophen使用者は高用量のNSAIDs使用者と同程度の割合の消化管事象を経験する(RR 0.98 [95% CI 0.85–1.13])。高用量NSAIDに対するAcetaminophenによる消化管事象の発生率の割合は≦650 mg/dayRR 0.59, 95%CI 0.51–0.69)、651–1,300 mg/dayRR 0.73, 95%CI 0.66–0.81)、1,301–1,950 mg/day RR 0.78, 95%CI 0.71–0.86)、1,951–2,600 mg/dayRR0.73, 95%CI 0.67–0.80)、2,601–3,250 mg/day RR0.93, 95%CI 0.82–1.05)、>3,250 mg/dayRR0.98, 95%CI 0.85–1.13)、NSAIDAcetaminophenの併用は(RR1.13, 95%CI 1.01–1.27[64]

61) Gonzalez-Perez A, Rodriguez LA: Uppergastrointestinal complications among users of paracetamol. Basic Clin PharmacolToxicol. 98: 297-303, 2006.

62) Garcia Rodriguez LA, Hernandez-Diaz S:The risk of upper gastrointestinal complications associated with nonsteroidalanti-inflammatory drugs, glucocorticoids, acetaminophen, and combinations ofthese agents. Arthritis Res. 3: 98-101, 2001.

63) Rahme E, Barkun A, Nedjar H, Gaugris S,Watson D: Hospitalizations for upper and lower GI events associated withtraditional NSAIDs and acetaminophen among the elderly in Quebec, Canada. Am JGastroenterol. 103: 872-882, 2008.

64) Rahme E, Pettitt D, LeLorier J:Determinants and sequelae associated with utilization of acetaminophen versustraditional nonsteroidal antiinflammatory drugs in an elderly population.Arthritis Rheum. 46: 3046-3054, 2002.


アメリカリウマチ学会はアセトアミノフェンを
4000mg
まで使用することを推奨していますが、私は6164の論文を引用し、アセトアミノフェンの使用は本当に安全かと公開質問状(letter to the editor)を出しました。しかしそれに対する回答はありません。科学の業界では、公開質問状(letter to the editor)に回答しないことは敗北を意味します。学会のガイドラインに対する公開質問状(letter to the editor)に回答しないことは異例中の異例です。私の論文は全文ダウンロード可能です。http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/acr.21843/epdf

ArthritisCare Res (Hoboken). 2013 Feb;65(2):325-6. doi: 10.1002/acr.21843.

Is acetaminophen at daily doses of 2,000mg and higher safe? Comment on the article by Hochberg et al.

Toda K.

Comment on


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-17 09:51 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェンは胎児の自閉症の危険性を高める

方法:このスペインで出生したコホート研究は、妊娠中に集めた2644の母親と子供のペアを含んだ。1歳時と5歳時に生存した参加者を評価した割合は各々、88.8% 79.9%. acetaminophenの使用は2つの構造的インタビューを用いて前向きに行った。かつての使用/非使用および使用の頻度(非使用、散発的、持続的)を計測した。ChildhoodAutism Spectrum Test (CAST), Conner's Kiddie Continuous Performance Test(K-CPT) およびADHD-DSM-IVform listを用いて主要な神経発達的な結果を評価した. 社会的決定因子と併存症により回帰モデルを補正。結果:40%以上の母親はacetaminophen使用を報告.過去において暴露された子孫は過活動/衝動性症状の危険性が高く[incidence rate ratio(IRR) = 1.41, 95%信頼区間 (CI)1.01-1.98), K-CPT commission errors (IRR = 1.10, 1.03-1.17),検出点数が低い危険性が高い (coefficientβ = -0.75, -0.13--0.02). CAST 点数は過去において暴露された男性で増加 (β = 0.63,0.09-1.18). すべての子供において、使用頻度による危険性の大きさの増加が過活動/衝動性症状で見られ(IRR = 2.01, 0.95-4.24) , K-CPTcommission errors (IRR = 1.32, 1.05-1.66) および検出能(β = -0.18, -0.36-0.00)は女性で見られ, CAST点数は男性で見られた(β = 1.91, 0.44-3.38)。出生前ののacetaminophen暴露は男性における自閉症スペクトラム症状の数の増加と関連し、両性の注意に関連した結果に負の影響を与える。この関連は暴露の頻度とは独立しているようだ。

Int J Epidemiol. 2016 Jun28. pii: dyw115. [Epub ahead of print]

Acetaminophen use inpregnancy and neurodevelopment: attention function and autism spectrumsymptoms.

Avella-GarciaCB1, Julvez J2, Fortuny J3, RebordosaC3, García-EstebanR4, Galán IR5, Tardón A6, Rodríguez-BernalCL7, Iñiguez C7, AndiarenaA8, Santa-MarinaL9, Sunyer J10.

  • 1Center for Research in Environmental Epidemiology (CREAL) Unitat Docent de Medicina Preventiva i Salut Publica H. Mar-UPF-ASPB IMIM (Hospital del Mar Medical Research Institute) Universitat Pompeu Fabra (UPF) Universitat Autònoma de Barcelona, Barcelona, Spain.
  • 2Center for Research in Environmental Epidemiology (CREAL) IMIM (Hospital del Mar Medical Research Institute) CIBER Epidemiología y Salud Pública (CIBERESP), Spain jjulvez@creal.cat.
  • 3RTI Health Solutions, Barcelona, Spain.
  • 4Center for Research in Environmental Epidemiology (CREAL) IMIM (Hospital del Mar Medical Research Institute) CIBER Epidemiología y Salud Pública (CIBERESP), Spain.
  • 5Servicio de Pediatria, Hospital San Agustin, Aviles Asturias, Spain.
  • 6CIBER Epidemiología y Salud Pública (CIBERESP), Spain Public Health Department, University of Oviedo, Oviedo, Spain.
  • 7Environment and Health Area, CSISP-FISABIO-REDISSEC, Valencia, Spain.
  • 8Basic Psychological Processes and Development Department, Faculty of Psychology, University of the Basque Country, Gipuzkoa Health Research Institute, Biodonostia, San Sebastián, Spain.
  • 9CIBER Epidemiología y Salud Pública (CIBERESP), Spain Health Research Institute, Biodonostia, San Sebastián, Spain Public Health Division of Gipuzkoa, Gipuzkoa, Basque Government, Spain.
  • 10Center for Research in Environmental Epidemiology (CREAL) IMIM (Hospital del Mar Medical Research Institute) Universitat Pompeu Fabra (UPF) Universitat Autònoma de Barcelona, Barcelona, Spain.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-04 20:14 | アセトアミノフェン、NSAID

腰痛症にはカロナールは有効かどうか不明(コクラン)

コクラン。非特異的な腰痛症(LBP)に対するparacetamol (acetaminophen)の効果と安全性の系統的総説とメタ解析。主要な結果: 4449の記録を見つけて 、そのうち3つの研究を総説に含め(n = 1825人の参加者),2つの研究をメタ解析に含めた。急性LBPでは, 高い質のエビデンスによると、paracetamol (14 g) と偽薬の間には1(即時),2, 4,および12 (短期間)では一次的な結果に有意差なし. 質の高いエビデンスによると、paracetamolには生活の質、機能、全般的な回復の印象、および睡眠の質に関して全期間で効果がない。paracetamol と偽薬には、副作用、患者の遵守、救急薬の使用に関しては有意差がない。慢性LBPに関しては,非常に質の低いエビデンスによると(撤回され1つの研究に基づく) paracetamol (1 g1回静注投薬)には即時の痛み軽減の効果はない.最後に,亜急性LBP患者を評価した研究はない。著者の結論:paracetamol急性LBP患者には偽薬よりも良好な結果を出さず,慢性LBPに効果があるかどうかは不明。

Cochrane Database SystRev. 2016 Jun 7;6:CD012230. [Epub ahead of prit]

Paracetamol for lowback pain.

SaragiottoBT1, MachadoGC,FerreiraML,PinheiroMB,AbdelShaheed C, Maher CG.

  • 1Musculoskeletal Division, The George Institute for Global Health, Sydney Medical School, The University of Sydney, Sydney, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-13 20:35 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDは認知機能の低下の危険性を減らすかも(系統的総説とメタ解析)

NSAIDが認知機能を低下させるかどうかという201512月までの系統的総説と、メタ解析。結果:データベースを調べて2171の論文の中で、11の前向きコホート研究を含む10の論文が該当。 全体では、NSAID使用は認知機能の低下の危険性を13%低下させる(pooled RR 0.87; 95 % CI 0.81-0.94). サブグループ解析では、統合したRRsは経過観察5年以上では0.89(95 % CI 0.81-0.98), 経過観察5年未満では0.85 (95 % CI 0.75-0.96), そして北米の研究では0.85 (95 % CI 0.78-0.93). 感度解析では強固。沈歳研究の影響のエビデンスは見いだせず。まとめ:この前向きコホート研究のメタ解析によると、NSAID使用は認知機能の低下の危険性を減らすかもしれない。

DrugsAging. 2016 May 27. [Epub ahead of print]

Association Between Non-Steroidal Anti-InflammatoryDrug Use and Cognitive Decline: A Systematic Review and Meta-Analysis ofProspective Cohort Studies.

Wang W1, Sun Y2, Zhang D3.

  • 1Department of Epidemiology and Health Statistics, The Medical College of Qingdao University, 38 Dengzhou Road, Qingdao, 266021, Shandong, People's Republic of China.
  • 2Department of Neurology, The Affiliated Hospital of Qingdao University, Qingdao, Shandong, People's Republic of China.
  • 3Department of Epidemiology and Health Statistics, The Medical College of Qingdao University, 38 Dengzhou Road, Qingdao, 266021, Shandong, People's Republic of China. zhangdf1961@126.com.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-07 21:25 | アセトアミノフェン、NSAID

急性肢外傷に対する静注アセトアミノフェンの鎮痛効果

方法:無作為振り分け二重盲検臨床研究で、救急外来の急性の肢外傷で痛みが3/10を超える全患者(18歳以上)を集めた; 1 g IV paracetamol 又は0.1 mg/kg IV morphine sulfate 15分かけて点滴.一次的な結果は点滴後01530分時のnumerical rating scaleで計測した痛み点数。救急鎮痛薬の必要性と副作用の頻度を計測。結果:60人の患者を無作為にIV paracetamol (n = 30) 又はIV morphine (n = 30)に振り分け.分時のnumericalrating scale痛み強度点数の低下の平均はparacetamol 3.86 (±1.61)morphine2.16 (± 1.39).しかし, 鎮痛はparacetamol群の方がmorphine 群より有意に高かった(P <0.001). paracetamol群の4人の患者とmorphine群の15人の患者は救急鎮痛薬が必要であり有意差あり (P = 0.05).

TraumaMon. 2016 Feb 6;21(1):e19649. doi: 10.5812/traumamon.19649.eCollection 2016.

Efficacy of Intravenous Paracetamol VersusIntravenous Morphine in Acute Limb Trauma.

Jalili M1, MozaffarpourNoori A2, SedaghatM3, Safaie A1.

  • 1Department of Emergency Medicine, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, IR Iran.
  • 2Department of Emergency Medicine, Zahedan University of Medical Sciences, Zahedan, IR Iran.
  • 3Department of Community Medicine, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, IR Iran.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-30 12:35 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDにより2回目の股関節骨折が増加する

方法:これは、傾向点数をマッチさせた(propensity-scorematchingPSM) tocontrol for confoundingを用いた、TaiwanNational Health Insurance Research Databaseに基づいた研究.登録者は、1996-2004年の間に股関節骨折を受傷し200912月まで縦断的に経過観察した患者から選択した.合併症とbisphosphonate治療によるPSMの後、2回目の骨折をした94患者を症例群に割り当て、2回目の骨折のない461人を対照群に割り当てた。目標とする薬はNSAIDs; paracetamol およびdexamethasoneを比較として用いた。結果:NSAIDsの平均一日用量(meandaily-doseMDD) 比率と現在の統計検査の確率値の関連は強い負の関連であり (Pearson's r = -0.920,P = 0.003),それは高いMDD比率は, 2回目の股関節骨折の危険性が高いことを示すKaplan-Meier 生存解析によると、NSAIDsを摂取する患者では、2回目の股関節骨折の危険性には時間依存性の傾向がある(P < 0.001).さらに, NSAIDsdiclofenac (P = 0.016) およびcelecoxib(P = 0.003) およびcorticosteroiddexamethasone (P = 0.018)内服者では、60歳以上の患者は60歳未満の患者よりも二回目の股関節骨折の危険性が高いが,鎮痛薬のparacetamol ではそうではない(P = 0.074)

BMC Musculoskelet Disord. 2016 May4;17(1):201. doi: 10.1186/s12891-016-1047-2.

Non-steroidal anti-inflammatorydrugs and the risk of a second hip fracture: a propensity-score matching study.

Chuang PY1,2, Shen SH1,2, Yang TY1,2, Huang TW1,2, Huang KC3,4.

  • 1Department of Orthopaedic Surgery, Chang Gung Memorial Hospital, Chiayi, Taiwan.
  • 2College of Medicine, Chang Gung University, Taoyuan, Taiwan.
  • 3Department of Orthopaedic Surgery, Chang Gung Memorial Hospital, Chiayi, Taiwan. kc2672@gmail.com.
  • 4College of Medicine, Chang Gung University, Taoyuan, Taiwan. kc2672@gmail.com.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-09 19:49 | アセトアミノフェン、NSAID

アスピリンとNSAIDは炎症性腸疾患患者の大腸癌を予防する効果はない

方法:系統的総説とメタ解析. aspirin又は非アスピリン(NA-NSAID使用と関連した炎症性腸疾患(inflammatory boweldiseaseIBD)患者の大腸癌(結腸直腸がん)(colorectal cancerCRC)の危険性を報告した論文を調べた. 統合したオッズ比(OR) および95%CIs random-effectsモデルを用いて計算した。出版の偏りはFunnel plots およびEgger'stestを用いて評価. 異質性はCochran's Q およびtheI (2) statisticを用いて評価。結果: 14917人の患者を含む8つの研究(NA-NSAIDs)、および1282人の患者を含む3つの研究(アスピリン)がIBD患者におけるCRCの危険性のデータを提供。IBD患者のNA-NSAIDs暴露後のCRCになる統合したOR0.80 (95%CI: 0.39-1.21)であり、アスピリンでは0.66 (95%CI:0.06-1.39). 研究間に有意な異質性あり(I (2) >50%). サブグループ解析、補正、マッチングを行っても結果には変化がない。まとめ:この臨床的に重要なトピックには高い質のエビデンスはない。NA-NSAID又はaspirin使用の利用できるエビデンスによると、IBD患者のCRCを予防する効果はないようだ。

World J Gastroenterol. 2016 Apr7;22(13):3679-86. doi: 10.3748/wjg.v22.i13.3679.

Does aspirin or non-aspirin non-steroidalanti-inflammatorydrug use prevent colorectal cancer in inflammatory bowel disease?

Burr NE1, Hull MA1, SubramanianV1.

  • 1Nick E Burr, Mark A Hull, Venkataraman Subramanian, Leeds Institute for Biomedical and Clinical Sciences, St James's University Hospital, University of Leeds, LS9 7TF Leeds, United Kingdom.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-13 18:25 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line