カテゴリ:アセトアミノフェン、NSAID( 141 )


妊娠中のAcetaminophen使用は子供の喘息の危険性を少し高めるが、それはコーヒーで変化せず


方法:the Danish National Birth Cohortの中で登録され63 652人の生誕したsingletons。登録時のアンケートと3つのコンピューターアシストの電話インタビューにより、妊娠中の母親のacetaminophen使用とコーヒー摂取を後ろ向きに評価。A the Danish National Patient Register およびthe Danish National Prescription Registryを用いて喘息例を同定.コックス比例ハザード回帰モデルを用いて、出生前のacetaminophenとコーヒーへの暴露による喘息のハザード比(HRs)を推定。結果:可能性のある交絡因子で補正すると, 妊娠中のacetaminophen使用は子供の喘息の危険性を高くする(HR = 1.16, 95% confidence interval (CI): 1.11-1.22). 妊娠中のコーヒー摂取はわずかにその危険性を減らす (HR = 0.94, 95%CI: 0.90-0.99). しかし、acetaminophen使用による子供の喘息をコーヒー摂取が変えることに関しては強いエビデンスはない。まとめ:妊娠中のAcetaminophen使用は子供の喘息の危険性を少し高めるが、それはコーヒーを飲むことにより変化しない。
Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2015 Dec 16. doi: 10.1002/pds.3940. [Epub ahead of print]
Association of prenatal exposure to acetaminophen and coffee with childhood asthma.
Liu X1, Liew Z2, Olsen J1,2, Pedersen LH3, Bech BH1, Agerbo E4,5, Yuan W6, Li J7.
•1Section for Epidemiology, Department of Public Health, Aarhus University, Aarhus, Denmark.
•2Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles, CA, USA.
•3Department of Obstetrics and Gynecology, Institute of Clinical Medicine, Aarhus University, Aarhus, Denmark.
•4National Centre for Register-based Research, Aarhus University, Aarhus, Denmark.
•5CIRRAU-Centre for Integrated Register-based Research, Aarhus University, Aarhus, Denmark.
•6Department of Epidemiology and Social Science on Reproductive Health, Shanghai Institute of Planned Parenthood Research, WHO Collaborating Center for Research in Human Reproduction, National Population and Family Planning Key Laboratory of Contraceptive Drugs and Devices, Shanghai, China.
•7Department of Clinical Epidemiology, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-21 23:56 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDは結腸直腸癌を減らす


方法:パキスタンのカラチで、2011年10月から2015年7月まで、年齢と性別をマッチさせた症例対照研究を行った. 症例はpublic sector tertiary care hospitalの癌手術部門からであり, その2ペアのマッチさせた対照者を一般人口から集めた。人口統計的特徴、家族歴、食事のパターン、依存性の行動と腸の習慣に関連した質問を含む、構造化されたアンケートを用いた。結果:癌の家族歴は結腸直腸癌(colorectal cancer:CRC)の危険性が2.2倍高い. 減量は危険性を7.6倍減らす。高脂肪食を控えることと、より野菜を消費することはCRCの予防効果がある. CRCの危険性は、喫煙者でアジアの特異的依存性の製品を消費する人はこれらの依存薬を避ける人と比べて2倍以上(ORsmoking: 2.12, 95% CI: 1.08 - 4.17, ORpan: 2.92, 95% CI: 1.6 - 5.33, ORgutka: 2.13, 95% CI: 1.14 - 3.97). NSAIDの使用はCRCの危険性を 86%減らす (OR: 0.14, 95% CI: 0.07 - 0.31).
Asian Pac J Cancer Prev. 2015;16(17):7967-73.
Dietary Practices, Addictive Behavior and Bowel Habits and Risk of Early Onset Colorectal Cancer: a Case Control Study.
Khan NA1, Hussain M, Rahman AU, Farooqui WA, Rasheed A, Memon AS.
•1Department of Surgical Oncology, Civil Hospital and Dow University of Health Sciences, Karachi, Pakistan E-mail : mehvish.hussain28@gmail.com.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-08 18:37 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDによる肝障害


方法:The U.S. Drug Induced Liver Injury Network は特異的な薬の肝毒性の前向き登録。全患者を標準的な方法で評価し少なくとも6か月経過観察した。結果:宣告された1,221人のNSAIDsによる薬物誘発性肝障害(drug induced liver injury from NSAIDS:DILIN)症例のうち, 30例が8つの異なるNSAIDsが原因. 平均年齢は52歳, 24人(80%) が女、そして21人 (70%)が白人. 潜時の平均は67日. 診察時の多い他覚所見や自覚症状は吐気 (73%), 黄疸 (67%), および暗色尿(67%).血清AST, ALT, total bilirubin, およびALPのピークは各々898 U/L, 1060 U/L, 12.2 mg/dL, および326 U/L. 最も一般的な障害のパターンは肝細胞型(70%)であり自己抗体は症例の 33%で見られた. Diclofenacは最も頻繁に関与したNSAID (16/30 cases)であり, 肝細胞障害で特徴づけられる. 17症例は入院又は入院が延長し1人はdiclofenacによるStevens-Johnson症候群の合併症により死亡した。まとめ:肝細胞障害がNSAID 肝毒性で見られる最も多いパターンでありdiclofenacが最も頻繁に関与した薬.
Liver Int. 2015 Nov 25. doi: 10.1111/liv.13032. [Epub ahead of print]
Liver Injury from Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs in the United States.
Schmeltzer PA1, Kosinski AS2, Kleiner DE3, Hoofnagle JH3, Stolz A4, Fontana RJ5, Russo MW1; Drug-Induced Liver Injury Network (DILIN)..
•1Division of Hepatology, Carolinas Medical Center, Charlotte, NC.
•2Duke Clinical Research Institute, Duke University, Durham, NC.
•3National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases, National Institutes of Health, Bethesda, MD.
•4Division of Gastrointestinal and Liver Diseases, University of Southern California, Los Angeles, CA.
•5Department of Medicine, University of Michigan School of Medicine, Ann Arbor, MI.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-01 20:24 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェンの心血管、脳血管疾患への危険性はない


Nested case-control研究。Health Search IMS Health Longitudinal Patient Database。2002年1月から2012年6月までに、OAと診断されNSAIDsの処方が起こった(初回)36,754人の成人を同定; この患者のうち, 症例は経過観察期間(index date はACCEと診断された日付; 2182症例)に急性脳血管および心血管の出来事(acute cerebrovascular and cardiovascular events:ACCEs)と診断された人と定義. 各症例ごとに, 年齢、性別、コホートに入った月と年、および経過観察の期間をマッチさせた5人の対照を無作為に選択した。計測と主要な結果:各症例およびマッチさせた対照に対して、経過観察中のacetaminophen-を含んだ薬のすべての処方を同定。acetaminophen and/or acetaminophen-codeineの組み合わせの最近の使用の観点で、ACCEsの危険性を調べた。患者を、現在 (index date の0-90日前), 最近(91-180 日), 又は過去(181-365日)の acetaminophen使用者, 又は非使用者(365 日を超える)に分類. 条件付きロジスティック回帰によりオッズ比(ORs)および 95%信頼区間(CIs)を計算した. OAと診断され新たにNSAIDsを処方された36,754人の患者のうち, ACCEsの発生率は10,000人―年あたり117.6. 現在 (OR 1.22, 95% CI 0.96-1.55), 最近(OR 1.12, 95% CI 0.80-1.55), 又は過去の使用者(OR 1.13, 95% CI 0.86-1.48)においては、acetaminophen-を含んだ薬への暴露とACCEsの間には有意な関連はなかった。acetaminophen単独治療又はacetaminophen-codeine 併用治療への暴露を二次解析すると、現在の使用者では同様の結果。
Pharmacotherapy. 2015 Oct;35(10):899-909. doi: 10.1002/phar.1646.
Risk of Acute Cerebrovascular and Cardiovascular Events Among Users of Acetaminophen or an Acetaminophen-Codeine Combination in a Cohort of Patients with Osteoarthritis: A Nested Case-Control Study.
Roberto G1, Simonetti M2, Piccinni C3, Lora Aprile P4, Cricelli I2, Fanelli A5, Cricelli C2, Lapi F2.
•1Epidemiology Unit, Regional Agency for Healthcare Services of Tuscany, Florence, Italy.
•2Health Search, Italian College of General Practitioners and Primary Care, Florence, Italy.
•3Department of Medical and Surgical Sciences - Pharmacology Unit, University of Bologna, Bologna, Italy.
•4Italian College of General Practitioners and Primary Care, Florence, Italy.
•5Department of Anesthesia and Postoperative Intensive Care Unit, "Istituti ortopedici Rizzoli", Bologna, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-01 10:37 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDの腸内[腸管]微生物叢への影響


過去30日以内の薬の使用を155人の成人で確定し、便標本を解析。Area under the receiver operating characteristic curve (AUC) をロジットモデルで計算しto distinguish relative abundance of operational taxonomic units (OTUs) by medication class. 薬の種類は、薬の数よりも腸内[腸管]微生物叢に与える影響が大きかった。NSAIDsは特に独特な微生物個体群と関連した。4つのOTUs (Prevotella spp., Bacteroides spp, family Ruminococaceae, Barnesiella spp.) はアスピリン使用者を非使用者と区別した(AUC=0.96; 95% CI 0.84, 1.00). The microbiome profile of celecoxib使用者の微生物叢はibuprofen使用者のそれと類似しており, 両方ともAcidaminococcaceae およびEnterobacteriaceaeが豊富であった. ibuprofen内服者は対照者や naproxen内服者と比べて、families Propionibacteriaceae, Pseudomonadaceae, Puniceicoccaceae, およびRikenellaceaeの細菌がより豊富. Bacteroides spp. and Erysipelotrichaceae spp. はNSAIDsとPPI併用者と NSAIDs 単独使用者を区別した(AUC=0.96; 95% CI: 0.87, 1.00). Bacteroides spp. and a bacterium of family RuminococcaceaeはNSAIDsと抗うつ薬や便秘薬併用者とNSAIDs 単独使用者を区別した(AUC=0.98; 95% CI: 0.93, 1.00). まとめとして, 消化管の細菌は内服している薬の組み合わせに影響される。腸内細菌の構成は内服している NSAIDのタイプにより変化する。
Clin Microbiol Infect. 2015 Oct 16. pii: S1198-743X(15)00902-7. doi: 10.1016/j.cmi.2015.10.003. [Epub ahead of print]
The Influence of Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drugs on the Gut Microbiome.
Rogers MA1, Aronoff DM2.
•1Department of Internal Medicine, University of Michigan, Ann Arbor, Michigan, USA, 48109. Electronic address: maryroge@umich.edu.
•2Department of Medicine and Department of Pathology, Microbiology, & Immunology, Vanderbilt University School of Medicine, Nashville, Tennessee, USA 37232.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-25 12:40 | アセトアミノフェン、NSAID

慢性非特異的腰痛症ではセレコックスの方がカロナールより優れている


方法:慢性非特異的腰痛症(nonspecific low back pain:NSLBP)の50人の患者を盲検法で無作為にcelecoxib (200 mg bid) 又はacetaminophen (500 mg bid)の治療の2群に振り分けた. 結果の計測には全腰痛(total back pain:TBP), 夜間腰痛(nocturnal back pain:NBP), およびOswestry Disability Index (ODI)点数, 身体状態と精神状態を評価するためのSF-36, および患者の全般的評価(patient global assessment ;PGA)を含んだ. Bath ankylosing spondylitis disease activity, functional and metrology indices (BASDAI, BASFI およびBASMI)も治療前後に評価した. The Spondyloarthritis Research Consortium of Canada (SPARCC) 点数法を用いて脊椎のMRIの変化を評価した。結果: Celecoxibはacetaminophenと比較して TBP, ODI, BASDAI, NBP およびPGAに優れた効果があった (p <0.05). 腰痛点数の変化が有意であった患者の数はcelecoxib の方が有意に多かった(ODI=34.8% vs. 4.5%; NBP=41.7% vs. 9.1%; TBP=33.3% vs. 9.1; BASDAI=30.4% vs. 9.1%, 全てp<0.01). Guyatt Responsiveness Index によって計算されたcelecoxib への反応性はODI で1.62, TBP で1.28, BASDAI で1.27、そしてNBPで 0.58. The MRI-SIJ および-脊椎点数によると、治療前の値と比較するとどちらの治療でも有意な変化はなかった(p >0.05)。まとめ:celecoxibは acetaminophenよりも慢性NSLBPにおいて効果が優れていた. SIJsと脊椎の炎症病変 はNSLBPには普通に見られるが, この病変はcelecoxib又は acetaminophen治療でも変化せず,各薬に臨床的な反応とは関連せず。
Arthritis Care Res (Hoboken). 2015 Oct 16. doi: 10.1002/acr.22753. [Epub ahead of print]
Celecoxib demonstrates clinical efficacy superior to acetaminophen in chronic nonspecific low back pain: Results of a randomized controlled trial.
Bedaiwi MK1,2, Sari I1,3, Wallis D1,4, O'Shea FD1,5, Salonen D6, Haroon N1, Omar A1, Inman RD1.
•1University of Toronto, Toronto Western Hospital, Division of Rheumatology, Toronto, Canada.
•2Department of Medicine, Division of Rheumatology, King Saud University, King Khalid University Hospital, Riyadh, Saudi Arabia.
•3Department of Rheumatology, Dokuz Eylul University, School of Medicine, Izmir, Turkey.
•4Department of Rheumatology, University Hospital Southampton NHS Foundation Trust, Southampton, United Kingdom.
•5Department of Rheumatology, St James's Hospital, Dublin, Ireland.
•6Department of Radiology, University of Toronto, Toronto Western Hospital, Toronto, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-18 10:24 | アセトアミノフェン、NSAID

COX-2選択性と胃腸障害


coxibs (celecoxib, etoricoxib, parecoxib, and lumiracoxib), 比較的選択的なCOX-2 阻害薬(nabumetone, meloxicam, and etodolac), および非選択的なNSAIDsを比較した4週間以上の無作為振り分け対照研究を含む. Bayesian ネットワークメタ解析を用いて比較した効果と安全性のデータを統合. 一時的な結果は潰瘍の合併症と症状のある潰瘍。まとめた効果の大きさをrisk ratio (RR)で計算し, 95% confidence interval (CI)も計算。本研究は12,351人の参加者からなる36の研究を含む. ネットワークメタ解析によると、潰瘍合併症(RR, 1.38; 95% CI, 0.47-3.27), 症状のある潰瘍(RR, 1.02; 95% CI, 0.09-3.92), および内視鏡的潰瘍 (RR, 1.18; 95% CI, 0.37-2.96)に関しては、比較的選択的なCOX-2阻害薬とcoxibsの間には有意差はない。可能性のある影響のある要因(年齢、性別、以前の潰瘍性疾患、および経過観察の期間)で補正したネットワークメタ解析, および感度解析では主要な結果には大きな変化はなかった. ネットワークメタ解析によると、比較的選択的な COX-2阻害薬とcoxibは全副作用(adverse events:AEs) (RR, 1.09; 95% CI, 0.93-1.31), 胃腸のAEs (RR, 1.04; 95% CI, 0.87-1.25), 全脱落 (RR, 1.00; 95% CI, 0.74-1.33), および胃腸のAEsに関連した脱落 (RR, 1.02; 95% CI, 0.57-1.74)が相当な発生率。比較的選択的なCOX-2阻害薬は、coxibs と同程度の胃保護作用と耐用性があるようだ. 比較が間接的であるため、研究の結論を確かめるためにはさらなる研究が必要。
Medicine (Baltimore). 2015 Oct;94(40):e1592.
Network Meta-Analysis Comparing Relatively Selective COX-2 Inhibitors Versus Coxibs for the Prevention of NSAID-Induced Gastrointestinal Injury.
Yang M1, Wang HT, Zhao M, Meng WB, Ou JQ, He JH, Zou B, Lei PG.
•1From the Department of Gastroenterology, Songgang People's Hospital, Shenzhen, Guangdong, China (MY, J-QO, MZ, J-HH, P-GL); Department of Gastroenterology, Peking University Shenzhen Hospital, Shenzhen, Guangdong, China (MY, BZ); Department of Burns and Cutaneous Surgery, Xijing Hospital, Fourth Military Medical University, Xi'an, China (H-TW); and Special Minimally Invasive Surgery, The First Hospital of Lanzhou University, Hepatopancreatobiliary Surgery Institute of Gansu, Cancer Center of Clinical Medical College, Lanzhou University, Lanzhou, Gansu Province, China (W-BM).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-12 23:08 | アセトアミノフェン、NSAID

股関節鏡後のNSAID投与は異所性骨化を予防する(メタ解析)


股関節関節鏡後の異所性骨化(heterotopic ossification:HO)を予防するNSAIDの効果の系統的総説。結果:この系統的総説は、股関節の関節鏡のNSAID による予防を調べた1,662人の患者からなる5つの研究を含む。HOは経過観察時の術後の股関節レントゲンの使用で診断し、the Brooker分類を用いて95%の症例を分類. HOの発生率はNSAIDの予防がなければ13.4%であり、NSAIDの予防があれば 3.3%。前向き研究の統合したオッズ比は0.07 (95% confidence interval [CI], 0.02 to 0.28; P = .0002; I2 = 0%)であり, NSAID予防はHOの発生率を有意に減らすことを示す. 後ろ向きデータは同様の統合オッズ比0.03 (95% CI, 0.00 to 1.43); P = .08; I2 = 84%)を示すが, それは有意ではない. 両群でHOを経験した患者の大部分は症状を訴えない。副作用およびコンプライアンスは一貫していない。まとめ:利用できる整形外科の文献によると、股関節関節鏡でNSAID 予防を使用すると、術後のHOは減るかもしれない。しかし、NSAIDの薬の選択、薬のコンプライアンスおよび副作用に関するエビデンスは不明瞭。エビデンスのレベル:Level III, systematic review of Level I, Level II, and Level III studies.
Arthroscopy. 2015 Sep 29. pii: S0749-8063(15)00661-1. doi: 10.1016/j.arthro.2015.08.007. [Epub ahead of print]
Efficacy of Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drug Prophylaxis for Heterotrophic Ossification in Hip Arthroscopy: A Systematic Review.
Yeung M1, Jamshidi S1, Horner N1, Simunovic N2, Karlsson J3, Ayeni OR4.
•1Division of Orthopedic Surgery, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada.
•2Department of Clinical Epidemiology and Biostatistics, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada.
•3Department of Orthopaedics, Institute of Clinical Sciences, Sahlgrenska Academy, Gothenburg University, Sahlgrenska, University Hospital/Mölndal, Mölndal, Sweden.
•4Division of Orthopedic Surgery, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada. Electronic address: ayenif@mcmaster.ca.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-06 22:41 | アセトアミノフェン、NSAID

低用量アスピリンによる上部消化管合併症の疫学


総説。低用量aspirin, 通常1日75-325と定義、は心血管(cardiovascular:CV)予防のために広く使用. それはCVイベントの危険性と冠疾患や心血管疾患患者の死亡を減らし、費用が安いことと長期間の抗血小板作用の長所がある。しかし、低用量アスピリンは上部胃腸(gastrointestinal:GI)の副作用と関連があり、その範囲はdyspepsia (時点有病率: 31%), 胃十二指腸糜爛(時点有病率: 60%), 内視鏡的消化性潰瘍(3か月の発生率: 7%) から症候性又は complicated(複雑?)潰瘍(上部 GI出血の年間の発生率: 0.6%;上部 GI出血の相対危険度: 2.6)まで様々. 低用量アスピリンに関連した潰瘍合併症の危険性を増加させる重要な要因は出血性消化性潰瘍の既往, 以前の消化性潰瘍, 年齢が70歳を超える, H pylori感染, およびNSAIDsとの併用, その他の抗血小板薬(例えばclopidogrel) 又は抗凝固薬との併用. 腸溶性製剤又は緩衝化製剤の使用は上部GI合併症の危険性を減らさない. 患者のGIの危険性の評価は抗血小板薬の合併症を防ぐための重大な段階. GIの危険性の高い患者では、抗分泌薬、特にPPIの併用により、消化性潰瘍又は潰瘍合併症を防ぐべきである。以前消化性潰瘍又はGI出血の既往のある長期間の低用量アスピリンが必要な患者ではH pyloriの除菌が推奨される。
Curr Pharm Des. 2015 Sep 14. [Epub ahead of print]
Epidemiology of upper gastrointestinal damage associated with low-dose aspirin.
Hsu PI, Hsu JT, Tsai TJ1.
•1Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Kaohsiung Veterans General Hospital, 386 Ta Chung 1st Road, Kaohsiung 813, Taiwan. tjtsai@vghks.gov.tw.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:18 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDは勃起機能不全の原因ではないようだ


方法:当初勃起機能不全(ED)のないthe Prostate Cancer Prevention Trial (PCPT)の偽薬群の4,726 人の男性からのデータ。EDの発生は軽度/中等度(正常機能の低下)および強度(機能の消失)と定義. 比例ハザードモデルを用いてNSAID-関連の医学状態および時間依存性のNSAID使用とEDの危険性の関連で補正した共変量を概算.結果:関節炎(HR: 1.56), 慢性筋骨格痛 (HR: 1.35), 全体的な筋骨格の訴え(HR:1.36), 頭痛(HR:1.44), 坐骨神経痛(HR:1.50), およびアテローム性動脈硬化疾患(HR:1.60) はすべて軽度/中等度の EDの危険性の増加と有意に関連するが,全体的な筋骨格の訴え (HR:1.22), 頭痛(HR:1.47) およびアテローム性動脈硬化疾患(HR:1.60) のみが強度のEDの危険性の増加と関連する. 非アスピリンNSAID 使用は軽度/中等度の EDの危険性の増加と関連し (HR: 1.16, p=0.02)、 Aspirin使用は強度の EDの危険性の増加と関連 (HR:各々 1.16, p=0.03). NSAID使用とEDの危険性の関連はNSAID使用の補正を行うと減弱した。まとめ:このコホートにおけるNSAID使用とEDの危険性の中等度の関連はNSAID使用の適用によるものらしかった. NSAID使用はEDと関連しなかった。
BJU Int. 2015 Aug 25. doi: 10.1111/bju.13264. [Epub ahead of print]
Non-steroidal Anti-inflammatory Drug use Not Associated with Erectile Dysfunction Risk: Results from the Prostate Cancer Prevention Trial.
Patel DP1, Schenk JM2, Darke A3, Myers JB1, Brant WO1, Hotaling JM1.
•1Division of Urology, University of Utah, Salt Lake City, UT, USA.
•2The Cancer Prevention Program, Fred Hutchinson Cancer Research Center, Seattle, WA, USA.
•3SWOG Statistical Center, Fred Hutchinson Cancer Research Center, Seattle, WA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:09 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line