カテゴリ:オピオイド( 4 )


弱オピオイドによる乱用

方法:無作為振り分け、二重盲検、完全クロスオーバー研究が、ニューデリーのNationalDrug Dependence Treatment Centre で行われた。全員で10人であり、120回の観察 (各人ベースライン, 5, 45, および240分で評価). detoxificationとインフォームドコンセントの後に、物質乱用の既往のある者を含んだ。modified single doseopiate questionnaire, morphine benzedrine group (MBG), pentobarbitalchlorpromazine alcohol group (PCAG), およびtwobipolar visual analogue scales (VAS)を用いて、三つの薬-Tramadol(100 mg), Buprenorphine (0.6 mg), およびPlacebo(生食)5日間隔での筋注後に評価を行った。結果:群内の解析で、 Tramadolおよび Buprenorphine投薬後にベースラインから3時点すべてまでで、4つすべての尺度の点数が有意に増加. 群間での解析で、MBG尺度は545、および240分の時点でBuprenorphineTramadolと比較して有意に点数が高かった;快適な効果のVASat45分と240分でBuprenorphineの方が有意に高かったが、ベースラインと5分ではそうではななかった。PCAG scale およ鎮静/覚醒効果のVASにおいて、Tramadol Buprenorphine間にはどの時点でも有意差はなかった. Placeboの場合には点数は非有意であった. Buprenorphineを好む患者が最も多く、それにTramadolが続き、そしてPlaceboが続く.まとめ:Tramadol (たとえ治療量であっても)Placeboよりも乱用の可能性が高いが、Buprenorphineよりは少ないか同程度。

J Opioid Manag. 2016Nov/Dec;12(6):421-430. doi: 10.5055/jom.2016.0361.

Assessment of abuse liability of Tramadolamong experienced drug users: Double-blind crossover randomized controlledtrial.

Das M1, Jain R2, Dhawan A3, Kaur A4.

  • 1Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences (AIIMS), New Delhi, India; now with Department of Psychiatry, Government Medical College, Uttarakhand, India.
  • 2CChem FRSC (UK), Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences (AIIMS), New Delhi, India.
  • 3Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences (AIIMS), New Delhi, India.
  • 4Assistant Professor, Department of Community Medicine, Government Medical College, Uttarakhand, India.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-09 15:21 | オピオイド

ブプロピオンパッチの安全性:系統的総説とメタ解析

方法:16の偽薬対照および活性偽薬対照および非対照研究 (N=6566)のこの後ろ向き解析は、ブプレノルフィン経皮システム(buprenorphinetransdermal system (BTDS; Butrans®) iに暴露された患者における安全性と耐用性を評価し、≥ 65 歳の高齢者(6598)および < 65歳の若年者(1864)におけるBTDS治療に関連する安全性を比較した. 安全性の解析には副作用(adverse eventsAEs),検査結果、および心電図を含んだ。結果:全般的には、AEsの発生率は ≥ 65歳のコホート(N = 1715) および< 65歳のコホート (N = 4843) で類似(各々63.8%and 61.0%)。高齢患者のコホートは、便秘、末梢の浮腫、および尿路感染症が多かったが貼付部位のAEs (つまり、紅斑、過敏、瘙痒、発疹)および頭痛が少なかった。転倒、関節痛、および局所と貼付部位ではない場所に関連した発疹は年齢に有意に関連しており, BTDSで治療を受けた高齢者における年齢又は治療のみでは説明のできないこれらの出来事の危険性の増加の差を示す. BTDSおよび活性対照 (oxycodone/acetaminophen [OXY/APAP]and hydrocodone/acetaminophen[HCD/APAP])の両方で治療した患者において、自己や外傷および転倒には同様の傾向が見られ, それはオピオイドの種類の効果を示す。しかし、活性対照群の患者数が少ないため、活性対照群では治療と年齢の関連は見られなかった。重篤なAEsの発生、AST, ALT のような肝臓の酵素やビリルビンの臨床的に有意な増加は年齢にかかわらず小さかった。

Postgrad Med. 2016 Dec 8. [Epubahead of print]

Safety of Buprenorphine Transdermal System inthe Management of Pain in Older Adults.

PergolizziJV1,2, Raffa RB3,4, Marcum Z5, Colucci S6, Ripa SR6.

  • 1a Naples Anesthesia and Pain Associates , Naples , FL.
  • 2b NEMA Research Inc. Naples , FL.
  • 3c Emeritus Professor, Department of Pharmaceutical Sciences , Temple University School of Pharmacy , Philadelphia , PA.
  • 4d Adjunct Professor, Department of Pharmacology and Toxicology , University of Arizona College of Pharmacy , Tucson , AZ.
  • 5e School of Pharmacy , University of Washington , Seattle , WA.
  • 6f Purdue Pharma, L.P ., Stamford , CT.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:32 | オピオイド

トラマドールの乱用

方法:本研究は、エジプトのZagazigUniversity Hospital から集めた100人のトラマドール乱用患者と100人の対照者(年齢、性別、教育をマッチさせる)。患者は2群に分けられた: tramadol のみを用いた患者(tramadol-alone group) およびtramadolとその他の物質を使用する患者 (polysubstance group). 参加者はMontreal Cognitive Assessment 検査を用いたインタビューを受け、薬物スクリーニングの尿検査を受けた。結果:症例の24%tramadolのみを用い, 残りはtramadolおよびその他の物質、主にcannabis(66%)BZD (27%)を使用。Tramadol-乱用患者は対照群よりも約3倍認知機能障害になりやすい(81% vs 28%). Tramadol-のみの患者は対処群よりも2倍以上認知機能障害になりやすい (67% vs 28%)。認知機能障害は多種類物質乱用に有意に関連する。認知機能障害と社会人口統計学的要因又は臨床的要因には関連がなかった。まとめ:認知機能障害は、トラマドール乱用患者によく起こる。記憶障害が最も犯されやすい認知の領域。認知機能障害と多種類物質乱用には有意な関連あり。See commentin PubMed Commons below

J Clin Psychopharmacol. 2016 Dec 1.[Epub ahead of print]

Cognitive Impairment and TramadolDependence.

BassionyMM1, YoussefUM,Hassan MS, SalahEl-Deen GM, El-GohariH,AbdelghaniM,Abdalla A, IbrahimDH.

  • 1From the Psychiatry Department, Faculty of Medicine, Zagazig University, Zagazig, Egypt.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:27 | オピオイド

オピオイドは認知症を発症させるか

前向きコホート研究。当初Group Health登録を少なくとも10年している65歳以上の地域に基づいた人(N = 3,434; 年齢の中央値74).計測:The Cognitive Abilities Screening Instrument (CASI) を2年後ごとに行った. 点数が低くなれば詳細な評価を行い,学際的な委員会が認知症の診断を行った。コンピューター化された薬のデータから, 累積opioid 暴露は10 年間で調剤された全標準量(total standardized doses:TSDs) で定義された(前駆症状の可能性のために最も最近の年は除外)。比較のために, NSAIDsの使用, 特徴の類似性を調べた。結果:平均7.3年の経過観察で797人の参加者 (23%) が認知症になった; 637 人(19%) はAlzheimer's病の可能性又はそうかも.累積のopioid使用では, 認知症のハザード比(hazard ratios:HRs) は0―10のTSDsに対して、11―30 TSDs 1.06 (95% confidence interval (CI) = 0.88-1.26), 31―90 TSDsでは 0.88 (95% CI = 0.70-1.09), そして91以上のTSDs では1.29 (95% CI = 1.02-1.62). 同様のパターンがNSAID使用にも見られる. Opioidの重度使用はより急速は認知機能の低下には関連せず。まとめ:opioid またはNSAIDの最も重度の使用はほとんど使用していない又はまったく使用していない人に比べると少し認知症の危険性が高い。これらの結果は慢性痛の認知又は残留交絡への影響を示すのかも. opioidsにはその他の危険性もあるが, オピオイドの長期間使用の認知への特異的な有害性のエビデンスはほとんどない.
J Am Geriatr Soc. 2015 Aug;63(8):1519-26. doi: 10.1111/jgs.13562.
Prescription Opioids and Risk of Dementia or Cognitive Decline: A Prospective Cohort Study.
Dublin S1,2, Walker RL1, Gray SL3, Hubbard RA4, Anderson ML1, Yu O1, Crane PK5, Larson EB1,5.
•1Group Health Research Institute, Seattle, Washington.
•2Department of Epidemiology, University of Washington, Seattle, Washington.
•3School of Pharmacy, University of Washington, Seattle, Washington.
•4Center for Clinical Epidemiology and Biostatistics, Department of Biostatistics and Epidemiology, Perelman School of Medicine, University of Pennsylvania, Philadelphia, Pennsylvania.
•5Division of General Internal Medicine, Department of Medicine, University of Washington, Seattle, Washington.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-23 11:29 | オピオイド
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line