カテゴリ:FMの薬物治療総論( 53 )


線維筋痛症における偽薬効果のメタ解析

FMにおける偽薬効果と決定因子の無作為振り分け対照研究(randomised controlled trialsRCTs)のメタ解析。文献検索から3912の研究を同定。精査の後、229の研究が含まれる基準を満たした。無作為振り分け対照研究(randomisedcontrolled trialsRCTs)により偽薬を受けた参加者は無治療の患者(観察のみまたは待機リスト)よりも疼痛、疲労、睡眠の質、身体機能、およびその他の主要な結果が有意に改善した。鎮痛における偽薬の効果の大きさ(effect sizeES)は臨床的に中等度(0.53, 95%CI 0.48 to 0.57).活性治療の強さが増えるに従い、患者の年齢とベースラインの疼痛強度が増える従い、ESが増加したが、女性が多いRCTSFMの罹病期間が長くなるとESは低下した。さらに、FMにおいてRCTsにおける偽薬治療は有効。要因(期待された治療の強さ、年齢、性別、疾患の期間)の数はFMにおける偽薬効果の強さに影響するようである。{Chen, 2017 #7077}

Clin Rheumatol. 2017 Mar 15. doi:10.1007/s10067-017-3595-8. [Epub ahead of print]

The placebo effect and its determinants in fibromyalgia: meta-analysis of randomised controlledtrials.

Chen X1, Zou K1, AbdullahN1, WhitesideN1, SarmanovaA1, Doherty M1, Zhang W2.

1

ArthritisResearch UK Pain Centre, Academic Rheumatology,Division of Rheumatology, Orthopaedics and Dermatology, University of Nottingham,Nottingham, UK.

2

ArthritisResearch UK Pain Centre, Academic Rheumatology,Division of Rheumatology, Orthopaedics and Dermatology, University ofNottingham, Nottingham, UK. weiya.zhang@nottingham.ac.uk.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-19 19:35 | FMの薬物治療総論

線維筋痛症に対する繰り返し経頭蓋磁気刺激の効果:メタ解析

繰り返し経頭蓋磁気刺激(repetitivetranscranial magnetic stimulationrTMS)FMに対する効果のメタ解析。成人FM患者における無作為対照研究を含んだ。結果は疼痛の程度の変化。the Cochrane Collaboration Back ReviewGroup内のtheGuidelines for Systematic Reviewsで報告された尺度を用いて方法論の質を評価した. A random-effectsmeta-analysis was carried out with a test for heterogeneity using the I and pooledestimate as a nonstandardized mean of difference in change in pain severity measures by a numeric rating scale.調査により791の記録,8つの関連のあるおよび7つのメタ解析を同定。7つの研究では、偏りの危険性は低かった。刺激前から最後の刺激後で疼痛の程度は010numericrating scale-1.2点低下 (95%信頼区間:-1.7 to -0.8). 刺激前から、最後の刺激後1週から1か月前に、疼痛の程度は-0.7 点低下(95%信頼区間: -1.0 to -0.3). 両方の統合した結果は最小限の臨床的に重要な差の1.5点を下回っていた。FM患者の疼痛の程度を軽減することにおいて、 rTMSは偽刺激よりも有効ではないという中等度のエビデンスがあり、この治療方法をFMの治療にルーチンに使用することには疑問が生じる。

Int JRehabil Res. 2016 Dec 13. [Epub ahead of print]

Effectiveness of repetitive transcranialmagnetic stimulation in patients with fibromyalgia:a meta-analysis.

SaltychevM1, Laimi K.

  • 1Department of Physical and Rehabilitation Medicine, Turku University Hospital, University of Turku, Turku, Finland.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-20 21:01 | FMの薬物治療総論

線維筋痛症におけるトリプタノール、サインバルタ、ガバペン、リリカ内服者の医療施設利用パターン


方法: US商業保険請求データ (2007年から2009年まで)を用いて, FM患者においてamitriptyline, duloxetine, gabapentin, およびpregabalinの医療施設利用への影響を比較するコホート研究を行う。カバーした割合(proportion of days covered:PDC)を用いて投薬順守を評価し、傾向点数(propensity score:PS)をマッチさせたコホートにおいて外来受診, 処方, 入院, および救急外来(emergency department:ED) 受診の多変量のrate ratios (RR)を評価した。結果:8,269人の amitriptyline, 9,941人の duloxetine aおよび18,613人の gabapentinでの開始者をPSでマッチさせた pregabalin開始者と比較。当初の180日間で, 患者は平均で7―9回医師を受診し(6-8回の専門医受診を含む)、8つの処方薬をもらう。180日までの平均PDC は38.6%から67.7%. 外来受診の回数, 処方と入院は研究薬の一つを開始した後は少し減るが, ED受診の回数は治療開始後増加する。pregabalin と比較してDuloxetineは外来受診(RR 0.94, 95% confidence interval (CI) 0.88 to 1.00), 処方(RR 0.94, 95% CI 0.90 to 0.98), 入院(RR 0.75, 95% CI 0.68 to 0.83), およびED 受診(RR 0.85, 95% CI 0.79 to 0.91)の減少と関連。amitriptylineおよび gabapentin開始者ではpregabalinと比較して医療施設利用にはほとんど差がない。
Arthritis Res Ther. 2015 Jan 28;17(1):18. [Epub ahead of print]
Patterns of health care utilization related to initiation of amitriptyline, duloxetine, gabapentin or pregabalin in fibromyalgia.
Kim SC, Landon JE, Lee YC.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-01 15:34 | FMの薬物治療総論

系統的総説によると線維筋痛症にはリリカ150㎎は偽薬と差がない


方法:pregabalinのFMへの効果を調べるため,系統的総説で痛みが50%以上軽減した割合を調べた。治療の費用を調べるため、直接の医療費のみを調べた。結果; 4012の研究のうち、4つの研究のみを含め、その4つはすべて偽薬を使用した無作為振り分け対照研究。先発品および後発品のpregabalin 450 mg/dayおよび 600 mg/dayの計算されたcost-effectiveness ratio (ICER) は各々44-1170 US dollars (USD) と48-814 USDの間,これらは全例で費用対効果が高いとみなされる。得られたデータによるとPregabalin 150 mg/day では偽薬と比較しても有意な効果はない。pregabalin 300 mg/dayでは現時点のデータでは明確な結論が出せない。まとめ:我々のデータによると後発品のpregabalin 450 mg/day anおよび 600 mg/dayは費用対効果が高い。
Arch Med Sci. 2013 Dec 30;9(6):961-967. Epub 2013 Dec 26.
A systematic cost-effectiveness analysis of pregabalin in the management of fibromyalgia: an Iranian experience.
Keshavarz K1, Hashemi-Meshkini A1, Gharibnaseri Z1, Nikfar S2, Kebriaeezadeh A3, Abdollahi M3.
•1Department of Pharmacoeconomics and Pharmaceutical Administration, Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Policy Research Center, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
•2Department of Pharmacoeconomics and Pharmaceutical Administration, Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Policy Research Center, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran ; Food and Drug Laboratory Research Center, Food and Drug Organization, Ministry of Health and Medical Education, Tehran, Iran.
•3Department of Pharmacoeconomics and Pharmaceutical Administration, Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Policy Research Center, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran ; Department of Toxicology and Pharmacology, Faculty of Pharmacy, and Pharmaceutical Sciences Research Center, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.

個人レベルでは150㎎でも効果があるかもしれませんが、全体としては無効です。リリカを150㎎投与して鎮痛効果がなく中止したりそのまま投与することは間違っています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-02-02 19:47 | FMの薬物治療総論

線維筋痛症の薬物治療の優先順位


論文上の効果や副作用、私自身が経験した効果や副作用、費用、自動車運転の可否、適用症を総合的に考慮した私の個人的な優先順位は〔ノイロトロピン〕、アミトリプチリン(トリプタノール)、デキストロメトルファン(メジコン)、ノリトレン(ノリトレン)、メコバラミン(メチコバール)と葉酸(フォリアミン)の併用、イコサペント酸エチル(エパデール)、ラフチジン(プロテカジン)、ミルナシプラン(トレドミン)、ガバペンチン(ガバペン)、デュロキセチン(サインバルタ)、プレガバリン(リリカ)である。これには科学的根拠はないが、薬物治療が単純になる。不都合があれば各医師が優先順位を変更すればよい。あるいは別の薬を追加してもよい。

 薬は必ず一つずつ使用してください。そして、各薬が有効か無効かを必ず判定してください。個々の薬は、副作用で使用不能にならない限り必ず上限量まで使用してください。

ノイロトロピンは4錠を最低4週間使用、
メチコバール3錠とフォリアミン3錠を最低4週間使用
プロテカジン2錠を最低4週間使用
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-16 20:27 | FMの薬物治療総論

線維筋痛症におけるSNRIの効果(総説)


2012年12月まで。独立した二人がまとめる。主要な結果:10の研究、合計6038人。5つの研究はduloxetineの偽薬への効果を調べ、5つの研究は milnacipranの偽薬への効果を調べた。3611 人はduloxetine又は milnacipran群であり、2427人は偽薬群。研究は全般的に偏りの危険性は低い。Duloxetineおよびmilnacipranの偽薬に対する鎮痛の増加効果は少ない (standardized mean difference (SMD) -0.23; 95% confidence interval (CI) -0.29 to -0.18; 6.1% 相対的な改善). 偽薬1000人あたり192人は痛みが少なくとも50%軽減しSNRIsでは1000人あたり280人 (Risk ratio (RR) 1.49, 95% CI 1.35 to 1.64; number needed to treat to benefit (NNTB) 11, 95% CI 9 to 15). Duloxetineおよび milnacipranは偽薬に比べ、疲労を 大幅には軽減しない (SMD -0.14; 95% CI -0.19 to -0.08; 2.5% relative improvement; NNTB 17, 95% CI 12 to 29), そして生活の質を大幅には改善しない(SMD -0.20; 95% CI -0.25 to -0.14; 4.6% relative improvement; NNTB 12, 95% CI 9 to 17). duloxetine又はmilnacipranと偽薬には睡眠障害を軽減する有意差はない(SMD -0.07; 95% CI -0.16 to 0.03; 2.5% relative improvement)。偽薬では1000人あたり107人が副作用のため脱落するが、SNRIsでは1000人あたり196人。duloxetineおよび milnacipranの副作用による脱落率は偽薬のそれより有意に高い (RR 1.83, 95% CI 1.53 to 2.18; number needed to treat to harm (NNTH) 11, 95% CI 9 to 13)。深刻な副作用に関して、duloxetine又は milnacipranと偽薬の間には有意差なし(RR 0.78, 95% CI 0.55 to 1.12).
Cochrane Database Syst Rev. 2013 Jan 31;1:CD010292. doi: 10.1002/14651858.CD010292.
Serotonin and noradrenaline reuptake inhibitors (SNRIs) for fibromyalgia syndrome.
Häuser W, Urrútia G, Tort S, Uçeyler N, Walitt B.
Psychosomatic Medicine and Psychotherapy, Technische Universität München, Langerstr. 3, München, Germany, D-81675.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-04 01:28 | FMの薬物治療総論

線維筋痛症における偽薬効果とノセボ(偽薬による副作用)効果


系統的総説、メタ解析。2012年6月30日までFMS患者において、duloxetine, milnacipran, pregabalin およびsodium oxybateの無作為振り分け、二重盲検、、偽薬対照、パラレルデザインの研究。偽薬効果の大きさは痛みが50%減少する統合した見積もりで評価。Nocebo反応の大きさは偽薬群において副作用により脱落する統合した見積もりにより決定。結果: 18研究 3546人の患者が偽薬投与。痛みが偽薬により50%減少する統合した見積もりは18.6% (95% CI 17.4 to 19.9%). 偽薬群において副作用のために脱落する統合した見積もりは10.9% (95% CI 9.9 to 11.9%).
Clin Exp Rheumatol. 2012 Nov-Dec;30(6 Suppl 74):78-87. Epub 2012 Dec 14.
Placebo and nocebo responses in randomised controlled trials of drugs applying for approval for fibromyalgia syndrome treatment: systematic review and meta-analysis.
Häuser W, Sarzi-Puttini P, Tölle TR, Wolfe F.
Department of Internal Medicine I, Klinikum Saarbrücken, Saarbrücken, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-04 01:23 | FMの薬物治療総論

線維筋痛症の薬物治療としては抗けいれん薬と抗うつ薬の併用が有効

前向き、多施設、3か月の研究。benzodiazepines, 睡眠薬、抗けいれん薬、抗うつ薬の処方を主に調べた。ICAF (Combined index of affection in patients with fibromyalgia)のアンケートにより臨床評価。最も頻繁に行われている治療とその効果の大きさを調べた。結果: 15のリウマチセンターの232人。抗けいれん薬と抗うつ薬が最も多く各々17.7%と 14.7%。 両方の治療は有意に臨床症状を改善する。最も有効な治療方法(効果の大きさはほぼ1) は両方の薬の併用(患者の6.5%), which increased the antidepressants effect size in 50% and 100% for anticonvulsants.処方している薬の数を変更しない治療方法が最も多いが(患者の35.8%) 、臨床的には有意な改善はなかった。その他の治療方法はまれであり、この研究では解析せず。まとめ:抗けいれん薬と抗うつ薬は単独でも併用でも臨床的に有意な改善をもたらす。最も有効な方法は両方の薬を同時に投与すること。最も有効性が少ない治療方法は処方する薬の数を変更しないこと。
Reumatol Clin. 2012 May 17. [Epub ahead of print]
Drug prescription strategies in the treatment of patients with fibromyalgia.
[Article in English, Spanish]
Rivera J, Vallejo MA, Esteve-Vives J; Grupo ICAF.
Unidad de Reumatología, Instituto Provincial de Rehabilitación, Hospital Universitario Gregorio Marañón, Madrid, España.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-26 07:12 | FMの薬物治療総論

線維筋痛症における抗鬱薬の効果,メタ解析

2010年12月30日までの論文。SNRIs を使用した1481/3528 (42.0%) と偽薬を使用した737/2304 (32.0%) は痛みが30% 減少し (NNT 10.0; 95% CI 8.00-13.4; I2=4%)。副作用による脱落のRR は1.83 (95% CI 1.53-2.18; I2=33%)。痛み、睡眠、健康に関連した生活の質におけるSSRIs のStandardized mean differences (SMD)は有意。Cohen's categoriesに基づくと, 痛み、睡眠、健康に関連した生活の質における効果の大きさは小さく睡眠のそれは相当なものである。SSRIs を使用した72/198 (36.4%) と偽薬を使用した40/194 (20.6%) は痛みが30% 減少した (NNT 6.3; 95% CI 4.1-14.1)。副作用による脱落のRR は1.60 (95% CI 0.84-3.04; I2=0%)。痛み、睡眠、疲労、健康に関連した生活の質に関するTCAsのSMDs は有意。Cohen's categoriesに基づくと、痛みと睡眠の効果の大きさは中等度であり、疲労と健康に関連した生活の質のそれは小さい。TCAsを使用した140/290 (48.3%) と偽薬を使用した 70/252 (27.8%)は痛みが30%軽減した(NNT 4.9; 95% CI 3.5- 8.0)。副作用による脱落のRR は0.84 (95% CI 0.46, 1.52; I2=0%). まとめTCAであるamitriptylineとSNRIsであるduloxetineとmilnacipranはFMS治療の第一選択。少数の患者は副作用がないかわずかでありかなり症状が改善する。しかし、かなりの数の患者は耐えられない副作用あるいは副作用にまさるほどではないわずかの有効性のために脱落する。

CNS Drugs. 2012 Apr 1;26(4):297-307. doi: 10.2165/11598970-000000000-00000.
The role of antidepressants in the management of fibromyalgia syndrome: a systematic review and meta-analysis.
Häuser W, Wolfe F, Tölle T, Uçeyler N, Sommer C.
Department of Internal Medicine I, Clinical Center Saarbrcken, Saarbrcken, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-03-29 20:57 | FMの薬物治療総論

漸増速度を決める要素

 リリカを使う場合には、それまでにある程度の薬を試していますのでその患者さんが眠気などの副作用にどの程度強いか弱いかある程度分かります。薬を増やす速さと初回投与量は現時点での副作用の程度、副作用に対する患者さんの耐久性(それまで使用した薬に対する反応で判断)、痛みの程度の組み合わせで判断します。高齢者、体重が軽い、現時点で副作用が強い、副作用に対する耐久性が弱い、痛みが軽い場合には薬を増量する速度を遅くしたり初回投与量を減らします。逆に、若者、体重が重い、現時点で副作用が弱い、副作用に対する耐久性が強い、痛みが強い場合には薬を増量する速度を速くしたり、初回投与量を多くします。リリカの場合には、漸増の速度をどのようにするかの決定(匙加減)が医師の腕の見せ所です。この匙加減は医師の経験に基づくとしか記載できません。私は通常、初回投与量を25mgにしています。1週間ごとに50mg、75mgと増やします。そこからは前述の要素により増量の速度を変化させます。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-03-25 14:21 | FMの薬物治療総論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line