カテゴリ:FMの非薬物治療( 62 )


線維筋痛症に対する補完代替医療の系統的総説

FMに対する補完代替医療(complementaryand alternative medicineCAM)の系統的総説.結果:含める基準に合致した15の総説を同定。鍼は無治療又は標準的な治療に比べると疼痛を軽減するという質の低いエビデンスがあるが、偽鍼と比較すると優れてはいないという良好なエビデンスがある。ホメオパチー、脊椎マニピュレーションとherbalmedicineのエビデンスは限定されている。まとめ:FMにおいて脊椎マニピュレーションおよびホメオパティーの効果には確固たる結論が出せない。局所カプサイシンには限定されたエビデンスがあり、さらなる研究が必要。鍼の効果を支持するいくらかのエビデンスがあるがさらなる質の高い研究でその効果と副作用、作用機序を無治療又は標準治療と比較して調べる必要がある。{Perry, 2017#7191}

Syst Rev. 2017 May15;6(1):97. doi: 10.1186/s13643-017-0487-6.

An overview of systematic reviews ofcomplementary and alternative therapies for fibromyalgiausing both AMSTAR and ROBIS as quality assessment tools.

Perry R1, Leach V2, Davies P2, Penfold C2, Ness A2, ChurchillR3.

1

Universityof Bristol, Bristol, England. Rachel.Perry@bristol.ac.uk.

2

Universityof Bristol, Bristol, England.

3

Universityof York, York, England.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-05-22 18:07 | FMの非薬物治療

ポリフェノールの多い食品が線維筋痛症にはよい

方法:38人のFM女性患者と35人の女性対照者 (平均年齢は各々= 48.6 ± 8.1 および47.6 ± 10.0)評価. 圧痛点の数、疼痛閾値、生活の質、身体活動、社会経済的状態、栄養状態、抗酸化微小栄養素と高い全抗酸化力の食物の摂取, および全唾液グルタチオンを評価。結果:圧痛点の数、疼痛閾値、および生活の質はFM群では悪化。野菜ジュースの消費はFM女性の方が多く、赤ワインとビールの消費は健常女性の方が多かった。補正を行った抗酸化ビタミンとセレンの平均摂取量は対照群の方が多かった (p ≤ 0.01). グルタチオンの唾液レベルには群間で差がなく、FM女性の間では抗酸化微小栄養素の摂取と、疼痛又は生活の質との間には関連がなかった。しかし、FM群において、ポリフェノールの豊富な食物の摂取と圧痛点の数の少なさ(コーヒー, r = - 0.346; 西洋梨, r = - 0.331)および 良好な生活の質 (red fruits, r = -0.342; dark chocolate, r = - 0.404) には関連があった。FM女性では、グルタチオンレベルと食物摂取、疼痛、生活の質には関連がなかった。まとめ:果物や野菜に含まれる生物活性化合物からの抗酸化保護物はFM治療に補助的役割があるかもしれないことを本研究は示した。

Int J Vitam Nutr Res. 2016 Nov 21:1-10. [Epub aheadof print]

Polyphenol-Rich Foods Alleviate Pain and Ameliorate Qualityof Life in Fibromyalgic Women.

Costa de MirandaR1, Paivca ES2, Suter CorreiaCadena SM3, Brandt AP3, Vilela RM1.

  • 11 Department of Nutrition,Federal University of Paraná, Curitiba, Brazil.

  • 22 Department of Rheumatology ofthe Hospital de Clínicas, Federal University of Paraná, Curitiba, Brazil.

  • 33 Department of Biochemistryand Molecular Biology, Federal University of Paraná, Curitiba, Brazil.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:15 | FMの非薬物治療

線維筋痛症に対する非侵襲的脳刺激の効果:メタ解析

FM治療における反復経頭蓋磁気刺激(repetitivetranscranial magnetic stimulationrTMS)および経頭蓋直接電流刺激(transcranial directcurrent stimulationTDCS)を含む非侵襲的脳刺激(non-invasive brainstimulationNBS)の効果は一定していない。NBSを追加治療としてFMの治療に用いたエビデンスを調べた。メタ解析。結果:16の含んだ研究の統合した効果の大きさの平均によると非侵襲的脳刺激(non-invasivebrain stimulationNBS)には有意な有益な効果あり。痛み、抑うつ、疲労、睡眠障害、および圧痛点の減少と全般的な健康/機能の改善の重みづけをした 平均の効果の大きさは各々0.667 (95%CI 0.446, 0.889), 0.322 (95% CI 0.140, 0.504), 0.511 (95% CI 0.247, 0.774),0.682 (95% CI 0.350, 1.014), 0.867 (95% CI 0.310, 1.425) および0.473 (95% CI 0.285, 0.661). rTMS刺激はTDCSよりも大きな効果の大きさを生む (効果の大きさは各々0.698 and 0.568; P < 0.0001). 一次運動皮質(primary motor cortexM1)刺激は背外側前頭前皮質の刺激よりも痛みの軽減の子かの大きさがわずかに大きい(効果の大きさは各々0.709 and 0.693; P < 0.0001).効果の大きさと治療計画と量の間には直線的な関連はなかった。報告された副作用の大部分は軽度。まとめ:FM治療において、rTMSおよび TDCSは実行可能で安全な方法かもしれない。FM患者における rTMS およびTDCSの全般的な効果は両立. M1刺激は痛みの軽減に優れているかもしれず、背外側前頭前皮質刺激は抑うつの改善に優れているかもしれず。

Rheumatology (Oxford). 2016 May 5.pii: kew205. [Epub ahead of print]

The effects of add-on non-invasive brainstimulation in fibromyalgia:a meta-analysis and meta-regression of randomized controlled trials.

Hou WH1, Wang TY2, Kang JH3.

  • 1Master Program in Long-Term Care School of Gerontology Health Management, College of Nursing Department of Physical Medicine & Rehabilitation Center of Evidence-based Medicine.
  • 2Graduate Institute of Nursing, College of Nursing.
  • 3Department of Physical Medicine & Rehabilitation Department of Physical Medicine and Rehabilitation, School of Medicine, College of Medicine Sleep Center, Taipei Medical University Hospital, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan jhk@tmu.edu.tw.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-09 19:53 | FMの非薬物治療

慢性広範痛症に対する森林浴

CWP患者の2日間の森林浴治療プログラムの効果を調べた。本研究ではソウル大都市圏の61人の建設や施設保全を行っている公共団体職員を対象。参加者を森林浴治療プログラムに参加する実験群 (n =33)又は対照群 (n = 28) に非無作為に振り分けた.両群での治療前後での、心拍変動(heart rate variabilityHRV), Natural Killer cell (NK cell)活性,自己報告のVAS,the Beck Depression Inventory (BDI)を用いた抑うつレベル, the EuroQol Visual Analog Scale (EQ-VAS)を用いた健康に関連した生活の質、を集めた。結果によると、対照群に比べると、森林浴治療群の参加者は、HRVのいくつかの計測の有意な増加およびNK cell活性で示される免疫能力の増加で示される生理的な改善を示した。森林浴治療群は痛みと抑うつが有意に低下し、健康に関連した生活の質が有に改善。

Int JEnviron Res Public Health. 2016 Feb 24;13(3). pii: E255.

The Effects of Forest Therapy on Coping withChronic Widespread Pain: Physiological and Psychological Differences between Participantsin a Forest Therapy Program and a Control Group.

Han JW1, Choi H2, Jeon YH3, Yoon CH4, Woo JM5,6, Kim W7,8.

  • 1Stress Research Institute, Inje University, Seoul 100-032, Korea. hanjw.stress@gmail.com.
  • 2Stress Research Institute, Inje University, Seoul 100-032, Korea. hanchoi.stress@gmail.com.
  • 3Stress Research Institute, Inje University, Seoul 100-032, Korea. creativitylex@gmail.com.
  • 4Department of Rheumatology, Uijeongbu St. Mary's Hospital, Catholic University, Uijeongbu 480-717, Korea. chyoon@catholic.ac.kr.
  • 5Stress Research Institute, Inje University, Seoul 100-032, Korea. jongmin.woo@gmail.com.
  • 6Department of Psychiatry, Seoul Paik Hospital, Inje University School of Medicine, Seoul 100-032, Korea. jongmin.woo@gmail.com.
  • 7Stress Research Institute, Inje University, Seoul 100-032, Korea. phrenie@naver.com.
  • 8Department of Psychiatry, Seoul Paik Hospital, Inje University School of Medicine, Seoul 100-032, Korea. phrenie@naver.com.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-03-07 19:44 | FMの非薬物治療

線維筋痛症に対する認知行動療法の効果の男女差

FMの男性と女性に対する不眠に対する認知行動療法(cognitive-behavioral therapy for insomniaCBT-I)の効果を評価し、両性の睡眠的および臨床的特徴を比較。方法:15人の女性と13人の男性が9週間のCBT-Iに参加し、治療前、治療後、経過観察時の自己報告のアンケートを完了。theRheumatology Service and Pain Unit of Hospital およびFM協会から患者を集めた。the Faculty ofPsychologyの臨床ユニットで集団精神療法を行った。結果:両群とも、睡眠の質およびFMに関連した主要な症状 (つまり、痛みの強さ、疲労、不安、pain catastrophizing, および痛みに関連した不安)は臨床的および統計的に有意に改善. 性別間の治療反応性の差があった。男性群は、睡眠障害と痛みに関連した不安とcatastrophizingが治療後に有意に変化した。女性群は、睡眠潜時、全般的な疲労、抑うつが治療後に改善し、経過観察までそれが持続。まとめ:いくつかの睡眠および痛みに関連した変数で男女の間で治療に対する反応に差があった。この結果によるとFMの男女で異なる治療が必要。

PainPract. 2016 Feb;16(2):E23-E34. doi: 10.1111/papr.12411.

Gender Differences in Patients withFibromyalgia Undergoing Cognitive-Behavioral Therapy for Insomnia: PreliminaryData.

Lami MJ1, MartínezMP2, SánchezAI2, Miró E2, Diener FN1, Prados G3, Guzmán MA3.

  • 1Department of Personality, Assessment, and Psychological Treatment, Faculty of Psychology, University of Granada, Granada, Spain.
  • 2Mind, Brain and Behavior Research Center (CIMCYC), University of Granada, Granada, Spain.
  • 3Internal Medicine Service, Virgen de las Nieves University Hospital, and Rheumatology Service, Virgen de las Nieves University Hospital, Granada, Spain.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-09 20:35 | FMの非薬物治療

線維院痛症に対する補完代替医療の系統的総説


FMSに対する補完代替医療(complementary and alternative medicine:CAM)の系統的総説のエビデンスや方法論的な質をまとめるための系統的総説。2013年9月までのFMSに対するCAMの系統的総説とメタ解析。総説の方法論的な質はthe AMSTAR instrumentを用いて評価.結果:25の系統的総説を見つけた; それらはCAM全般のエビデンスを調べた, 訓練に基づいたCAM治療, 手技療法, Mind/Body therapies, 鍼, 水治療, 植物療法(ハーブを利用したヨーロッパ系の病気予防・保護・手当法および美容術),およびホメオパシー。方法論的な質は最も低い物から最も高い物まである。一貫した陽性の結果は、太極拳、ヨガ、瞑想およびmindfulness-based interventions, 催眠術又は誘導イメージ療法, 筋電図(electromyogram:EMG) バイオフィードバック, および温泉治療/水治療. 一貫していない結果は、気功、鍼、カイロプラクティック、脳波図(electroencephalogram:EEG) バイオフィードバック, および栄養補給剤.結論の出ない結果はホメオパチーと植物療法. 主な方法論的な欠陥はデータ抽出過程の詳細欠如,研究に含めたり除外したり, 研究の詳細,質の評価に基づく結論の適用を含む. まとめ. FMSの対処のためのCAM治療の科学的なエビデンスは増えているが、系統的総説によるとその効果と安全性に関しては方法論的な欠陥があり確定的な結論を制限している。
Evid Based Complement Alternat Med. 2015;2015:610615. doi: 10.1155/2015/610615. Epub 2015 Jul 13.
A Systematic Overview of Reviews for Complementary and Alternative Therapies in the Treatment of the Fibromyalgia Syndrome.
Lauche R1, Cramer H1, Häuser W2, Dobos G1, Langhorst J1.
•1Department of Internal and Integrative Medicine, Kliniken Essen-Mitte, Faculty of Medicine, University of Duisburg-Essen, 45276 Essen, Germany.
•2Department of Internal Medicine 1, Klinikum Saarbrücken, 66119 Saarbrücken, Germany ; Department of Psychosomatic Medicine and Psychotherapy, Munich University of Technology (TUM), 81865 München, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-12 19:24 | FMの非薬物治療

筋骨格痛に対するマッサージ(系統的総説)


無作為臨床研究の系統的総説。筋骨格障害の人。単独治療としてのマッサージ治療(軟部組織の徒手治療)。一次的な結果は痛みと機能。結果:26の条件に合った無作為振り分け研究が2565人の参加者を含んだ。1研究あたりの平均の参加者は95人(16-579人の範囲); 10の研究は偏りの危険性が低いとみなされた。全体的には軽度―中等度のレベルのエビデンスでマッサージは無治療に比べると短期間肩痛や膝のOA患者の痛みを短期間軽減したが、腰痛や頸部痛ではそうではなかった。さらに、軽度から中等度のレベルのエビデンスでマッサージは無治療に比べると腰痛、膝の関節炎又は肩痛の患者の機能を短期間改善した。一つの研究の軽度から大変軽度のエビデンスによりFM、腰痛や全般的な筋骨格痛患者において、マッサージは鍼、関節モビライゼーション、徒手治療やリラクゼーションよりも明確な効果はなかった。まとめ:単独治療としてのマッサージ治療はいくつかの筋骨格疾患において無治療に比べると痛みを軽減し機能を改善した。マッサージをその他の治療と比較すると明確な優越性はなかった。
J Physiother. 2015 Jun 17. pii: S1836-9553(15)00058-2. doi: 10.1016/j.jphys.2015.05.018. [Epub ahead of print]
Massage therapy has short-term benefits for people with common musculoskeletal disorders compared to no treatment: a systematic review.
Bervoets DC1, Luijsterburg PA1, Alessie JJ2, Buijs MJ2, Verhagen AP1.
•1Department of General Practice, Erasmus MC, University Medical Center, Rotterdam.
•2Avans University of Applied Science, Breda, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-23 21:33 | FMの非薬物治療

線維筋痛症における泥パックと温水治療


一重盲検法。70人のFM女性を無作為に泥パックと熱いプール治療を伴う温泉療法群(35) 又は対照群(35) に振り分けた. 無作為振り分け後、異なる理由により温泉治療群から5人が脱落し, 対照治療群から5人が脱落した。全患者が6時間のFMの教育プログラムを受け自宅での訓練プログラムを受けた。温泉治療群の患者は38 °Cに加温されたプール治療を1日20分受け, その後背部に45 °Cの泥パック治療を受けた。温泉治療は2週間ウィークデーに受けた。全患者が薬物治療を受けた。治療をブラインドにされた評価者がすべての患者を治療前後、1か月後と3か月後、に評価した。結果の評価はFIQ, BDI および患者と医師の全般的な評価。温泉治療群は対照群よりも治療後、経過観察1か月後の、患者の全般評価、医師の全般評価、全FIQ点数, および痛みの強さ、疲労、爽快にならない目覚め、こわばり、FIQの不安と抑うつのサブスケールが優れていた。BDI点数は両群に有意差なし。まとめとして、2週間の温泉治療と組み合わせた患者教育は、患者教育のみよりもFM患者により効果をもたらした。
Int J Biometeorol. 2015 Apr 28. [Epub ahead of print]
Does addition of 'mud-pack and hot pool treatment' to patient education make a difference in fibromyalgia patients? A randomized controlled single blind study.
Bağdatlı AO1, Donmez A, Eröksüz R, Bahadır G, Turan M, Erdoğan N.
•1Optimed Medical Center, Department of Physical Therapy and Rehabilitation, Salih Omurtak Caddesi No. 58, Çorlu, Tekirdağ, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-05-03 17:15 | FMの非薬物治療

線維筋痛症に対するバランス訓練

ACR基準によりFMSと診断された33人の女性を無作為対照研究に集め、有酸素運動(aerobic exercise :AE)又はバランス訓練(balance exercise:BE)群に振り分けた. 訓練は週3回、6週間トレッドミル又はa Tetrax interactive balance system (TIBS)で行った. 結果の計測はmyalgic score, VAS, FIQ, exercise testing, Timed Up-Go (TUG) およびTIBS measurementsで行った. 治療前と6週時での比較をWilcoxon testにより行った. Mann-Whitney U testにより群間の差を比較した。効果の大きさも計算した。痛み、myalgic score およびFIQは両群とも改善した(p < 0.05)。群間を比較すると、myalgic score は有意にAEの方が高かった(p = 0.02, d = -1.77). 訓練の長さ、Borg scale, 休息血圧(resting blood pressures:RBP)および最大心拍数はAEで有意であった. BEでは, Borg scale, 訓練の長さが有意であった(p < 0.05). 群間を比較すると,拡張期RBP (p = 0.04, d = -0.92),訓練の長さは (p = 0.00, d = -1.64) AEで有意に高かった. TUGは群内で有意に変化した (p < 0.05, d ≥ -1.22). Stability scores, eyes open while standing on elastic pads (p = 0.00, d = -0.98) and head back (p = 0.03, d = -0.74)はBEの方が有意に高かった。本研究によると、BEはFMSに少し改善をもたらすが, AEの方が改善が大きかった。BE訓練は包括的なプログラムに含めるべき。
Rheumatol Int. 2015 May;35(5):845-54. doi: 10.1007/s00296-014-3159-z. Epub 2014 Oct 22.
Is balance exercise training as effective as aerobic exercise training in fibromyalgia syndrome?
Duruturk N1, Tuzun EH, Culhaoglu B.
•1Department of Physical Therapy and Rehabilitation, Faculty of Health Sciences, Baskent University, Ankara, Turkey,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 14:56 | FMの非薬物治療

線維筋痛症に対する星状神経節近傍へのキセノン照射


対象者:2013年7月から8月までの間に修正2010ACR基準によりFMと診断された5人の男性と22人の女性 (年齢, 56.4 ± 16.3 years [range, 25-84 years])。[方法] 仰臥位の患者に両側の星状神経節付近にキセノン光照射 (0.38-1.1 μm) をPTが仰臥位でxenon phototherapy deviceを用いて行う. VASを用いて照射前後に痛みを評価。[結果] VASの変化とFMの期間には関連を認めず。しかしthe Cochran-Armitage test for trendを用いると、VASの変化とJ-FIQの点数の間には関連を認めた。[まとめ]星状神経節へのキセノン光照射はFIQの点数が高いFM患者のVAS点数を有意に減らし、これは症状の強いFM患者において強い効果が得られることを示す。
J Phys Ther Sci. 2015 Jan;27(1):209-12. doi: 10.1589/jpts.27.209. Epub 2015 Jan 9.
Effects of xenon irradiation of the stellate ganglion region on fibromyalgia.
Nakajima F1, Komoda A2, Aratani S3, Fujita H3, Kawate M4, Nakatani K5, Akiyama M6, Makita K7, Nakajima T8.
•1Daiichi Rehabilitation Hospital, Japan ; Department of Anesthesiology, Graduate School of Medical and Dental Science, Tokyo Medical and Dental University, Japan ; Department of Locomotor Science, Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Nishiogi Pain Clinic, Japan.
•2Daiichi Rehabilitation Hospital, Japan.
•3Department of Locomotor Science, Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Future Medical Science Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Integrated Genome Editing Section (iGES) Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan.
•4Nishiogi Pain Clinic, Japan.
•5Bayside Misato Medical Center, Japan.
•6University Research Administration Office, Tokyo Medical and Dental University, Japan.
•7Department of Anesthesiology, Graduate School of Medical and Dental Science, Tokyo Medical and Dental University, Japan.
•8Daiichi Rehabilitation Hospital, Japan ; Department of Locomotor Science, Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Bayside Misato Medical Center, Japan ; Future Medical Science Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Integrated Genome Editing Section (iGES) Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-08 22:24 | FMの非薬物治療
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line