カテゴリ:FMの診断( 36 )


Hiroshima Body Map


Hiroshima Body Map
d0223062_21070776.jpg
d0223062_21084577.jpg
d0223062_21105115.jpg

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 21:12 | FMの診断

線維筋痛症の2016年の診断基準

 この中で「戸田が誤解した」という主旨の記載あり。私自身の名誉のために今後letter to the editorを出し、彼こそが誤解していることを指摘する予定。



Semin Arthritis Rheum. 2016 Aug30. pii: S0049-0172(16)30208-6. doi: 10.1016/j.semarthrit.2016.08.012. [Epubahead of print]


2016 Revisions to the 2010/2011 fibromyalgia diagnostic criteria.


Wolfe F1, Clauw DJ2, FitzcharlesMA3, GoldenbergDL4, Häuser W5, Katz RL6, Mease PJ7, RussellAS8, RussellIJ9, Walitt B10.


  • 1National Data Bank for Rheumatic Diseases, 1035 N Emporia, Ste 288, Wichita, KS 67214; University of Kansas School of Medicine, Wichita, KS. Electronic address: fwolfe@arthritis-research.org.
  • 2Chronic Pain and Fatigue Research Center, University of Michigan Medical School, Ann Arbor, MI.
  • 3Division of Rheumatology, McGill University Health Center, Montreal, Quebec, Canada.
  • 4Oregon Health Science University, Portland, OR; Tufts University School of Medicine, Boston, MA.
  • 5Department Internal Medicine 1, Saarbrücken, Germany; Department Psychosomatic Medicine and Psychotherapy, Technische Universität München, München, Germany.
  • 6Rheumatology, Rush Medical College, Chicago, IL.
  • 7Swedish Medical Center, Seattle, WA; University of Washington, Seattle, WA.
  • 8Department of Medicine, University of Alberta, Edmonton, Alberta, Canada.
  • 9Fibromyalgia Research and Consulting, San Antonio, TX.
  • 10National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD.




[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:24 | FMの診断

線維筋痛症をめぐるWolfe医師と私の論争

2015 Aug;42(8):1494-501. doi: 10.3899/jrheum.141519. Epub 2015 Jun 15.

The Use of Polysymptomatic Distress Categories in the Evaluation of Fibromyalgia (FM) and FM Severity.

Abstract

OBJECTIVE:

The polysymptomatic distress (PSD) scale is derived from variables used in the 2010 American College of Rheumatology (ACR) fibromyalgia (FM) criteria modified for survey and clinical research. The scale is useful in measuring the effect of PSD over the full range of pain-related clinical symptoms, not just in those who are FM criteria-positive. However, no PSD scale categories have been defined to distinguish severity of illness in FM or in those who do not satisfy the FM criteria. We analyzed the scale and multiple covariates to develop clinical categories and to further validate the scale.

METHODS:

FM was diagnosed according to the research criteria modification of the 2010 ACR FM criteria. We investigated categories in a large database of patients with pain (2732 with rheumatoid arthritis) and developed categories by using germane clinic variables that had been previously studied for severity groupings. By definition, FM cannot be diagnosed unless PSD is at least 12.

RESULTS:

Based on population categories, regression analysis, and inspections of curvilinear relationships, we established PSD severity categories of none (0-3), mild (4-7), moderate (8-11), severe (12-19), and very severe (20-31). Categories were statistically distinct, and a generally linear relationship between PSD categories and covariate severity was noted.

CONCLUSION:


PSD categories are clinically relevant and demonstrate FM type symptoms over the full range of clinical illness. Although FM criteria can be clinically useful, there is no clear-cut symptom distinction between FM (+) and FM (-), and PSD categories can aid in more effectively classifying patients.

この論文はダウンロード可能。これに対して私が公開質問状を出しました。私の公開質問状も、Wolfe医師の回答もダウンロード可能。PDFファイルには引用文献も記載されています。

2016 Feb;43(2):453. doi: 10.3899/jrheum.150861.

What Is the Significance of Change of Cutpoint from 13 to 12 If Polysymptomatic Distress Is Not a Diagnostic Criterion?

Comment in

Comment on

  • The Use of Polysymptomatic Distress Categories in the Evaluation of Fibromyalgia (FM) and FM Severity. [J Rheumatol. 2015]


    What Is the Significance of Change of Cutpoint from 13 to 12 IfPolysymptomatic Distress Is Not a Diagnostic Criterion?

    To the Editor:

    Dr. Wolfe, et al reported a new idea aboutpolysymptomatic distress (PSD)1. I am afraid that some persons misunderstand that 12 onthe PSD scale is a diagnostic criterion for fibromyalgia (FM). He stated thatPSD was not a diagnostic criterion2. The diagnostic criteria of the 2010 criteria and themodified 2010 criteria for FM are the Widespread Pain Index (WPI) 7 and theSymptom Severity Scale (SSS) 5 or WPI 3–6 and SSS 93​,4. I understand that the PSD scale is useful to evaluateFM severity. If PSD is a diagnostic criterion, change of cutpoint from 13 to 12has significance. However, PSD is not a diagnostic criterion of FM. Thediagnostic criteria are WPI 7 and SSS 5 or WPI 3–6 and SSS 9. What is thesignificance of the change of cutpoint from 13 to 12 when PSD is not adiagnostic criterion?

    The treatment of chronic widespread pain (CWP) andchronic regional pain, incomplete forms of FM, is usually identical with thatof FM. This is true for CWP, especially, around the world5. Therefore, diagnostic criteria of FM are not clinicallyuseful. If the treatment of 2 or more diseases (or disorders) is the same, itis not clinically useful in distinguishing between diseases (or disorders). Ibelieve that the purpose of the diagnostic criteria is to maintain similarpatients in conferences and/or articles. FM, CWP, chronic regional pain, andlow back pain are continuum disorders. All diagnostic criteria make incompleteforms of FM. If we consider patients at 5 on the PSD scale (or the number ofthe tender points is 0) as having FM, presentations and articles will causegreat confusion. What is the significance of the diagnostic criteria of FM?

    Dr. Wolfe, et al stated that FM criteria can beclinically useful1. However, in another article, he stated as follows:“Underlying these challenges to FM is the conviction that the FM idea isharmful”6. He showed problems caused by FM (increasing disability,corrupting scientific research, changing psychosomatic illness into compensabledisease, etc.)6. I often provide an opinion brief for patients with FMafter traffic accidents in court. In all likelihood, the insurance companiesconsisted that the presence of FM is extremely questionable based on hisopinion6. Sometimes patients with FM after traffic accidents losea suit in Japan. A few physicians accept the idea of FM in Japan. Somephysicians including pain clinicians do not accept the idea of FM in Japan;Wolfe’s opinion is one of the reasons. He is a first author of articles thatinclude the diagnostic criteria of FM3,4​,7

    . I am very confused. Could Dr. Wolfe explain thediscrepancy?



    Dr. Wolfe replies

    To the Editor:

    This is the fifth letter to me from Dr. Toda in the form of a letter to the editor since the publication of the 2010 criteria. Here is another answer. By either the American College of Rheumatology 2010 or the modified criteria of 2011, the only way to satisfy fibromyalgia (FM) criteria is by meeting 1 of the following conditions: widespread pain (WPI) ≥ 7 and symptom severity scale (SSS) ≥ 5 or WPI 3–6 and SSS ≥ 91​,2. If one adds together the WPI and SSS, the result is the polysymptomatic distress (PSD) score or, as the scale has also been called, the FM symptom (FS) scale or score. Dr. Toda is correct that the PSD is “useful to evaluate FM severity.” Because the probability of meeting the FM criteria increases with increasing PSD score, the PSD can serve as an approximate measure of FM diagnosis. In my review of the literature, the FS scale misclassifies 4% to 8% of cases when compared [(WPI ≥ 7 and SSS ≥ 5) or (WPI 3–6 and SSS ≥ 9)], so that it is probably not a good idea to use cutpoints for diagnosis in the individual patient.

    I believe that Dr. Toda is confused when he speaks of a “change of cutpoint from 13 to 12.” We did not change cutpoints. The PSD cutpoint is the cutpoint that leads to the least misclassification of cases and non-cases when many patients are studied, and it can vary from study to study. So, in some studies that might be 12 and in others 13, and still others yet a different number. The cutpoint is not a number that I or some criteria determine. It is determined by the distribution of scores and cases in the study sample. For example, suppose there are 200 cases: 100 non-cases with PSD scores between 0 and 11, and 100 cases with PSD scores between 12 and 31. In that case, the cutpoint will be 12 and there will be no misclassification. However, in another sample there are 100 non-cases with PSD scores between 0 and 11, and 50 non-cases with PSD scores between 12 and 15, and 50 cases with PSD scores between 16 and 31. It is clear that a cutpoint of 12 would misclassify 50 cases, but a cutpoint of 16 would misclassify no cases.

    As to what is the clinical value of a difference in the PSD score of 1 unit, I refer Dr. Toda to an article in The Journal that gives insight into differences in PSD scores (and also Figure 1 of that article, a good example of standard criteria vs PSD cutpoint as criteria)3. Ultimately, the importance of differences is a decision for clinicians.

    There is not enough space to reply to your question about the meaning of FM. But we have done this elsewhere and we recommend that article to you4.



    Wolfe医師の回答によると私の勘違いとのこと。
    PSD 13を12に変更し、それがあたかも診断基準と誤解される記載をWolfe医師がしたためそれを指摘しました。
    後半の質問はWolfe医師が以前線維筋痛症という概念が医学に混乱を引き起こしたという記載と、線維筋痛症は重要な疾患という記載が矛盾しているのでそれを説明せよという質問。彼は質問に対する答えをしていない。Wolfe医師は線維筋痛症の診断基準が記載された3つの論文の筆頭著者。にもかかわらず以前線維筋痛症という概念が医学に混乱を引き起こしたと記載した



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-30 21:59 | FMの診断

線維筋痛症の新旧診断基準併用による診断基準


579人(550人は女性) のFM患者と294人 (240人は女性)の対照者が研究に参加。FM患者は以前リウマチ医に診断される。全員the 1990 ACR 基準 (1990c) とthe modified 2010 ACR 基準(m-2010c)で評価。結果:圧痛点の数との相関はwidespread pain index (WPI)は0.69, symptoms severity (SS) は0.65、polysymptomatic distress (PSD) scalesは0.71 (すべてP < 0.001). WPI, SS およびPSDは 圧痛点の数よりもFMの健康に関連した生活の質の強さ, 全般的な疲労と抑うつとより強く相関。1990cの感度は84.1特異度は 97.6であり、m-2010cの感度は88.3特異度は 91.8. 両方の基準とも正確性は同じであり0.89。もし 1990c およびm-2010cを併用して二つのうち1つを満たすとFMと診断すると、感度、正確度、正確度は各々96.7, 89.8 および0.94. オリジナルのカットオフポイント(WPI ≥ 7, SS ≥ 5 and PSD ≥ 12)は本研究で最も良い検査の特徴.
Rheumatology (Oxford). 2014 May 14. pii: keu169. [Epub ahead of print]
Validation of the modified 2010 American College of Rheumatology diagnostic criteria for fibromyalgia in a Spanish population.1請求
Segura-Jiménez V1, Aparicio VA2, Alvarez-Gallardo IC3, Soriano-Maldonado A3, Estévez-López F3, Delgado-Fernández M3, Carbonell-Baeza A3.
•1Department of Physical Activity and Sport, Faculty of Sport Sciences, University of Granada, Department of Physiology, Faculty of Pharmacy, University of Granada, Granada and Department of Physical Education, Faculty of Sciences Education, University of Cádiz, Cádiz, Spain. vsegura@ugr.es
•2Department of Physical Activity and Sport, Faculty of Sport Sciences, University of Granada, Department of Physiology, Faculty of Pharmacy, University of Granada, Granada and Department of Physical Education, Faculty of Sciences Education, University of Cádiz, Cádiz, Spain.Department of Physical Activity and Sport, Faculty of Sport Sciences, University of Granada, Department of Physiology, Faculty of Pharmacy, University of Granada, Granada and Department of Physical Education, Faculty of Sciences Education, University of Cádiz, Cádiz, Spain.
•3Department of Physical Activity and Sport, Faculty of Sport Sciences, University of Granada, Department of Physiology, Faculty of Pharmacy, University of Granada, Granada and Department of Physical Education, Faculty of Sciences Education, University of Cádiz, Cádiz, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-05-18 17:31 | FMの診断

線維筋痛症の病歴書

 線維筋痛症あるいはその不完全型の患者さんの初診時には問診はほとんど行っていません。時間がかかりすぎるからです。問診に代わり病歴書を診察時に提出していただいています。以下を見本にして患者さんに病歴書を書いてもらっています。この病歴書は実際に使用している病歴書とほぼ同じ物です。病歴書を書いていないと聞き取りに時間をとられてしまいます。診察時間の延長につながります。
 書類を出さずに話をしても時間は同じという考えは正しくありません。医師は、患者さんの病歴をその場で聞くとともに、記録に残す必要があります。紙カルテでも電子カルテでもその時間が膨大になるのです。病歴書の提出は必要です。不十分な病歴書を書いて口頭で付け足す方がいらっしゃいますが忙しい時には私はそれをさえぎり聞いていません。医師に聞いてほしいことは書類に書いていただきたいのです。冷たいようですが、限られた時間で多数の患者さんを診察することが優先です。


病歴書

 いつ、どこの病院(実名)の何科を受診し、何の検査を受けその結果はどうであったか、診断は何であったか、どのくらいの期間治療を受けたか(あるいはどの程度の頻度で治療を受けたか)、どの様な治療を受けその結果はどうであったかをお書き下さい。可能であれば薬の名前をお書き下さい。また、どの様な方法で当院を見つけたかもお書き下さい。

20年くらい前から腰痛が生じる。
平成16 年7月頃から肩こりが加わる。
平成16年8月コングレッショナル市民病院整形外科受診。首と腰のレントゲン、首のMRIをとるが、異常は見つからず。変形性脊椎症と診断されロキソニンを処方されるが症状は改善せず。週1回、1か月通院。
平成16年10月ロリンズ総合病院内科受診。血液検査・首のレントゲンとMRIの検査を受けるが異常なし。診断はつかないと言われる。1回受診したのみ。
平成16年11月頃右首から右肩へ痛みが広がる。
平成16年11月フェデラル医院受診。血液検査・首のレントゲンを受けるが異常なし。首の牽引を受け、睡眠薬を処方されるが効果なし。週2,3回で約3か月通院するが効果なし。
平成17年1月ロックビル心療内科受診。身体表現性障害と診断される。カウンセリングを受けうつ病の薬(トリプタノール)を処方されるが効果なし。2週間に1回3か月通院するが効果なし。
平成17年4月ベセスダ大学病院整形外科受診。筋電図・血液検査・首のMRIを受けるが異常なし。慢性疲労症候群と診断される。初診のみで治療は受けなかった。
平成17年5月痛みが強くなり休職となり現在も休職中である。
平成17年6月ハルパイン病院整形外科受診。血液検査・首のレントゲンMRIを受けるが異常なし。診断は分からないが治療をすることになり、ノイロトロピンの処方を受け痛みが3割くらい楽になる。遠かったため、2回受診したのみ。
平成17年8月モントローズ整形外科受診。「気のせい」と言われる。初診のみ。
平成17年9月ホワイトフリント内科受診。首のレントゲン・心電図を受けるが異常なし。「分からない」と言われる。初診のみ。
友人から線維筋痛症かもしれないと指摘される。インターネットで調べて廿日市記念病院を見つけた。

                
現在の症状
 頭、頸の後ろ、背中、腰、右上肢が痛い。痛みの部位が移動する。雨が降る雨や生理前に痛みが強くなる。風が吹いたのみで痛みが生じる。夜10時に消灯するが寝付きが悪く、一晩で2、3回目が覚める。疲れやすい。過去1か月で4日仕事を休んだ。物が二重に見える。耳鳴り、めまいがする。光や大きな音が苦手。記憶力の低下(出前を頼んだことを忘れて再度出前を頼み、2人分の料理が届いた)。朝起きた時体がこわばる。下痢と便秘を繰り返す。不安のためバスに乗ることができない。気分が落ち込むことが多い。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-10-23 00:21 | FMの診断

線維筋痛症の1990年基準と2010年基準


方法:100人のwidespread pain患者。ACR 1990 基準とACR 2010 の2つの基準を研究開始時、3ヵ月後12ヵ月後に調べた。 感度と特異度を調べた。Fibromyalgia Impact Questionnaire と2つの基準の構成要素の関連をピアソン相関で調べた。一致率をカッパ係数で評価。結果: 最初の受診時 (baseline), 両方の基準の一致率は48.5% (n=49) (κ=0.43[95%CI.0.22,0.58])。しかし、研究終了時では一致は25人(25%) (κ=0.29[95%CI:0.12,0.36]). 1年間の経過観察時は、ACR 2010基準の感度は ACR 1990のそれより高い (各々0.88; 0.56) (p< 0.05)。まとめ: 最初に訪れた時と1年間の経過観察時にACR 2010基準は ACR 1990基準より感度が高い。そのため; 過小診断をされたFM患者に診断と治療の機会を与えるかも。
J Back Musculoskelet Rehabil. 2013 Apr 29. [Epub ahead of print]
Do new diagnostic criteria for fibromyalgia provide treatment opportunity to those previously untreated?
Oncu J, Iliser R, Kuran B.
Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Istanbul Sisli Etfal Education and Research Hospital, Istanbul, Turkey.

診断基準を満たさない患者でも線維筋痛症の治療を行えば、診断基準は臨床的には無意味です。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-26 01:25 | FMの診断

イランにおける線維筋痛症2010年基準の有用性


多施設前向き研究で168人のFM患者と110人の対照者。 全員がdolorimetryの検査を受け、ACR 2010 予備基準とACR 1990基準に含まれるアンケートに答える。専門家によるACR 2010基準 とACR 1990 基準を比較. widespread pain index (WPI) およびsymptom severity (SS) scaleを含むACR 2010基準の2つのsubcomponentの異なる2つのカットオフの特徴を評価. gold standardとしての専門家による診断を考えると, the ACR 2010基準の特異度はACR 1990と同程度であるが (92.8 vs. 88.3 %, P = 0.073), 感度が低く (58.9 vs. 71.4 %, P = 0.003)精度が低い傾向 (72.4 vs. 78.4 %, P = 0.105). ACR 1990基準を gold standardと考えると、全般的な正確性が増す傾向(72.4 vs. 79.1 %, P = 0.064)。最適なテストの特徴はWPI ≥6およびSS scale score ≥4 であり、専門家と比べるとACR 2010基準の改善された感度と特異度は各々76.1と81.7。イランの患者では予備的ACR 2010 基準は感度が悪くなる。WPI ≥6 およびSS scale score ≥4ノカットオフポイントは診断的な価値を改善する。
Rheumatol Int. 2013 Jul 25. [Epub ahead of print]
Validation of the 2010 American College of Rheumatology preliminary diagnostic criteria for fibromyalgia in an Iranian population.
Bidari A, Hassanzadeh M, Ghavidel Parsa B, Kianmehr N, Kabir A, Pirhadi S, Sayfi M, Toutounchi M, Fattahi F, Zandi Karimi F.
Department of Rheumatology, Iran University of Medical Sciences, Tehran, Iran,

 日本では未だに線維筋痛症なんていう疾患は認めないという医師が多くいます。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 19:55 | FMの診断

線維筋痛症診療ガイドライン2013に書かれた診断基準は世界標準の診断基準とは異なる



 線維筋痛症の2011年の基準[1]には注意が必要です。2010年の基準[2]は予備的基準ではありますがアメリカリウマチ学会が承認した診断基準です。2011年の基準は2010年の基準の改訂版ですがアメリカリウマチ学会はそれを承認していません。2011年の基準は疫学研究や臨床研究用と記載されています。基本的には臨床の場で線維筋痛症の診断を行う場合での使用は想定されていません。私の質問に対してWolfe医師は「2011年の診断基準は個人の診断に使用してはならない。」と明言しています[3]。
 2011年の基準においてFM symptom scale(widespread pain indexとsymptom seveirity scoreの合計)が13以上の場合FMと診断できるかのごとき記述が2011年の診断基準が記載された論文にあります。そのため、私はletter to the editorでFM symptom scoreが13以上は線維筋痛症と診断してよいのかとの質問をしました[4]。それに対してWolfe医師は診断基準は「Widespread pain index7以上かつSymptom severity score5以上」または「Widespread pain index3-6かつSymptom severity score9以上」であって、「FM symptom scoreが13以上」は診断基準ではないと明言しています[4]。
 線維筋痛症診療ガイドライン2013の診断基準ではこれと異なる記述がされているため注意が必要です。2011年の基準を個人の診断に使用してもよいと読者に感じさせてしまう記述がされています。また、2011年の基準においてFM symptom scale(widespread pain indexとsymptom severity scoreの合計)が13以上の場合FMと診断できるかのごとき記述がされています。それらの記述が2011年の診断基準が書かれた論文に存在するかのような表現になっています。これでは世界標準の線維筋痛症とは異なる日本式の線維筋痛症ができてしまいます。

1) Wolfe F, Clauw DJ, Fitzcharles MA, Goldenberg DL, Hauser W, Katz RS, Mease P, Russell AS, Russell IJ, Winfield JB: Fibromyalgia Criteria and Severity Scales for Clinical and Epidemiological Studies: A Modification of the ACR Preliminary Diagnostic Criteria for Fibromyalgia. J Rheumatol. 38: 1113-1122, 2011.
2) Wolfe F, Clauw DJ, Fitzcharles MA, Goldenberg DL, Katz RS, Mease P, Russell AS, Russell IJ, Winfield JB, Yunus MB: The American College of Rheumatology preliminary diagnostic criteria for fibromyalgia and measurement of symptom severity. Arthritis Care Res (Hoboken). 62: 600-610, 2010.
3) Toda K: What is the purpose of the 2011 criteria for fibromyalgia? Ann Med. 43: 660; author reply 661, 2011.
4) Toda K: The modification of the american college of rheumatology preliminary diagnostic criteria for fibromyalgia should be supplemented and revised. J Rheumatol. 38: 2075; author reply 2076, 2011.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-29 17:16 | FMの診断

血液検査による線維筋痛症の診断


IRB の承認下に, FM (n = 14), RA (n = 15), 又はOA (n = 12)患者の血液を集めた。中赤外顕微分光法(mid-infrared microspectroscopy:(IRMS) によるとFM およびRA or OA患者の誤判別はなかった。各クラス間の差15.4 (FM vs. RA), 14.7 (FM vs. OA)および 2.5 (RA vs. OA) によると、IRMSはFMの鑑別の可能性を示す。メタボロミクス解析によるとRA およびOA群は代謝的に同様であるが、FM群は他の2群と比べて代謝的に異なる。IRMS およびメタボロミクス解析はFM とRA or OAを区別するtryptophanの異化経路の変化を同定する。
Analyst. 2013 Apr 17. [Epub ahead of print]
A bloodspot-based diagnostic test for fibromyalgia syndrome and related disorders.
Hackshaw KV, Rodriguez-Saona L, Plans M, Bell LN, Buffington CA.
Departments of Internal Medicine, Division of Rheumatology, The Ohio State University, Columbus, OH 43210, USA.

 追試でもこの検査が有効であれば画期的な検査になります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-20 17:20 | FMの診断

慢性広範痛症は症状名であるとともに疾患名である

 病名は様々な観点で命名されている。大きく分けて原因の観点で命名された病名と、症状の観点から命名された病名がある。医学が進歩するにつれ、症状の観点からつけられた病名のままであるが、診断は原因の観点で行われる疾患がある。たとえば糖尿病は症状の観点から命名された病名(尿が甘いことから命名された)であるが、今日では血糖値という原因の観点で診断されている。しかし、今日でも症状の観点から命名され、しかも症状により診断されている疾患が残っている。肩こり、腰痛症、三叉神経痛、坐骨神経痛などである。これらは症状名であると同時に疾患名でもある。肩こりや腰痛症には明確な診断基準はないが、肩こりの場合には、「肩に自覚的なこりがある状態」、腰痛の場合には「腰部に自覚的な痛みがある状態」が診断基準になることが多い。圧痛が存在することがあるが、圧痛はなくても肩こりや腰痛症と診断される。三叉神経痛の診断基準は以下の通りである。
·A. 三叉神経分枝の支配領域の1つまたはそれ以上の部位の発作性の痛みが数分の1秒~2分間持続し、かつBおよびCを満たす
·B. 痛みは以下の特徴のうち少なくとも1項目を有する
·1. 激痛、鋭い痛み、表在痛または刺痛
·2. トリガー域から発生するか、またはトリガー因子により発生する
·C. 発作は個々の患者で定型化する
·D. 臨床的に明白な神経障害は存在しない
·E. その他の疾患によらない
三叉神経の圧迫は診断基準には含まれていない。三叉神経の圧迫がなくても前述の診断基準を満たせば三叉神経痛と診断されるのである。画像上三叉神経痛の圧迫が存在しても無症状の人がたくさんいるのである。というより三叉神経が画像上圧迫されている人の中で三叉神経痛が起こるのはむしろ少数なのである。坐骨神経痛の診断基準は「坐骨神経領域の痛み」である。つまり原因は何でもよいので、坐骨神経領域の痛みがおこれば、それは坐骨神経痛と診断される。
 前述したように、今日でも、症状名がそのまま疾患名として使用される病名があるのである。Chronic widespread pain(CWP:慢性広範痛症)はまさにそういう症状名、かつ疾患名である。CWPの正式の日本語訳はないため、私は個人的に慢性広範痛症と命名している。症状名としては慢性広範痛である。CWPには様々な診断基準があるが、アメリカリウマチ学会が線維筋痛症の分類基準として1990年に発表した基準に記載されている症状である「身体5か所(右半身・左半身・腰を含まない上半身・腰を含む下半身・体幹部)に3か月以上痛みが持続している状態」が診断基準として用いられることが多い。線維筋痛症の場合には、分類基準を満たせば多にいかなる疾患があろうとも自動的に線維筋痛症と診断される。CWPの場合には明確な規定はないが、他の疾患で症状を説明できる場合には通常CWPとは診断されない。論文によってはCWPの診断基準は「身体5か所(右半身・左半身・腰を含まない上半身・腰を含む下半身・体幹部)に3か月以上痛みが持続している状態」の場合がある。この場合にはCWPは線維筋痛症を含んでいる。しかし、線維筋痛症とCWPを区別している論文もある。この場合にはCWPの診断基準は「身体5か所(右半身・左半身・腰を含まない上半身・腰を含む下半身・体幹部)に3か月以上痛みが持続している状態、かつ圧痛点の数が10以下」になる。つまりCWPには線維筋痛症を含んだ広義のCWPと、線維筋痛症を含まない狭義のCWPがある。
 日本ではCWPは線維筋痛症以上に知られていないが、世界標準の医学ではFMはCWPの中で症状の強い状態、あるいはCWPとFMは一続きの疾患として認識されている。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-14 20:50 | FMの診断
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line