カテゴリ:口腔顔面痛、舌痛症( 37 )


テレビドラマを見ると症状が悪化する舌痛症の一例


テレビドラマを見ると症状が悪化したBMSの一例
Burning Mouth Syndrome due to Television Moans, an Enigma for Oral Physician: Treatment with Counseling.ダウンロード可能
Gupta D, Sheikh S, Pallagatti S, Kasariya K, Buttan A, Gupta M.
J Dent Res Dent Clin Dent Prospects. 2014 Spring;8(2):118-22. doi: 10.5681/joddd.2014.022. Epub 2014 Jun 11.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-10 11:32 | 口腔顔面痛、舌痛症

口腔顔面痛に対するレーザー治療の効果


方法: 無作為振り分け対照二重盲検法でGaAs laser (peak power 10 W; pulse frequency 3000 Hz; average power 0.012 W; wavelength 980 nm; irradiation duration 300 sec; and dose 12.73 J/cm2)の一般的な口腔顔面痛への効果を調べた。レーザー群(n=30) はGaAs laserを10回受けた。対照群 (n=30) はsham laserで治療を受けた。すべての研究は適切な薬物治療を受けた。VASで治療前、最終治療後2か月後と 4か月後で評価。結果:両群とも時間と共に痛みは有意に軽減 (p<0.05). 両群に有意差はない (p>0.05). レーザー治療には有意な治療効果はなかったが、照射のパラメーター(波長、量)を軽く見てはならない。
Photomed Laser Surg. 2013 Oct;31(10):474-479.
The Adjunct Therapeutic Effect of Lasers with Medication in the Management of Orofacial Pain: Double Blind Randomized Controlled Trial.
Amanat D, Ebrahimi H, Lavaee F, Alipour A.
1 Oral & Maxillofacial Department, School of Dentistry, Shiraz University of Medical Sciences , Shiraz, Iran .
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-10-12 13:33 | 口腔顔面痛、舌痛症

舌痛症患者の無機物および微量金属


研究デザイン: 断面前向き、対照研究でprospective controlled clinical study of 58人 の患者(28人は BMS であり30人は対照)を調べる。刺激していない唾液内の無機物および微量金属を両群で解析in unstimulated whole saliva was analyzed in BMS patients and in control subjects by means of ICP-OESにより両群で解析. 解析したparametersは以下の通り: 口腔内の健康に関連した生活の質(oral health-related quality of life :OHIP-14) およびthe Hospital Anxiety Depression (HAD) scale。VASにより灼熱感(痛み)の程度を測定。結果:BMS患者の痛みの平均は was 7.8 ± 2.4. BMS患者のOHIP-14 は障害されており: total BMS OHIP-14 (16.98 ± 12.29) vs. 対照(8.53 ± 10.5)であり有意差あり (P = 0.015). 異なる元素の濃度はBMSの方がやや高いが 有意差はない (Na, K, Ca, Mg, Fe, Cu, Mn, Zn, B, P, S, Al, Pb, Cd, Cr, Ni, As, Be, Bi, Co, Li, Mo, Sb, Se, Sr, Ti, Tl, V).
J Oral Pathol Med. 2013 Jul 19. doi: 10.1111/jop.12105. [Epub ahead of print]
Mineral and trace element analysis of saliva from patients with BMS: a cross-sectional prospective controlled clinical study.
López-Jornet P, Juan H, Alvaro PF.
Hospital Morales Meseguer, Clínica Odontologica Universitaria, Oral Medicine, Ageing Research Institute, Faculty of Medicine and Dentistry, University of Murcia, Murcia, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 21:00 | 口腔顔面痛、舌痛症

zetutuushou


研究デザイン: 断面前向き、対照研究でprospective controlled clinical study of 58人 の患者(28人は BMS であり30人は対照)を調べる。刺激していない唾液内の無機物および微量金属を両群で解析in unstimulated whole saliva was analyzed in BMS patients and in control subjects by means of ICP-OESにより両群で解析. 解析したparametersは以下の通り: 口腔内の健康に関連した生活の質(oral health-related quality of life :OHIP-14) およびthe Hospital Anxiety Depression (HAD) scale。VASにより灼熱感(痛み)の程度を測定。結果:BMS患者の痛みの平均は was 7.8 ± 2.4. BMS患者のOHIP-14 は障害されており: total BMS OHIP-14 (16.98 ± 12.29) vs. 対照(8.53 ± 10.5)であり有意差あり (P = 0.015). 異なる元素の濃度はBMSの方がやや高いが 有意差はない (Na, K, Ca, Mg, Fe, Cu, Mn, Zn, B, P, S, Al, Pb, Cd, Cr, Ni, As, Be, Bi, Co, Li, Mo, Sb, Se, Sr, Ti, Tl, V).
J Oral Pathol Med. 2013 Jul 19. doi: 10.1111/jop.12105. [Epub ahead of print]
Mineral and trace element analysis of saliva from patients with BMS: a cross-sectional prospective controlled clinical study.
López-Jornet P, Juan H, Alvaro PF.
Hospital Morales Meseguer, Clínica Odontologica Universitaria, Oral Medicine, Ageing Research Institute, Faculty of Medicine and Dentistry, University of Murcia, Murcia, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 21:00 | 口腔顔面痛、舌痛症

舌痛症の血液検査所見


方法: 血液のHb, 鉄, vitamin B12, 葉酸, およびホモシステイン濃度および血清抗胃壁[パリエタル]細胞抗体(gastric parietal cell antibody:GPCA)レベルを level were measured in 399人の BMS患者と年齢性別をマッチさせた399人の健常対照群と比較。結果: 89人 (22.3%), 81人 (20.3%), 10 人(2.5%), および6人(1.5%)の BMS患者はHb (男: <13 g/dL,女: <12 g/dL), 鉄(<60 μg/dL), vitamin B12 (<200 pg/mL), および葉酸 (<4 ng/mL)の欠乏がある。さらに, 89人 (22.3%)の BMS患者は以上に高い血液homocysteineレベルであり 53人 (13.3%)は血清GPCAが陽性。健常対照者に比べてBMS患者は有意にHb, 鉄, およびvitamin B12欠乏の頻度が高く;血液homocysteineレベルが有意に高い; あるいは血清 GPCA 陽性の頻度が多い (すべてp<0.001 、vitamin B12欠乏のみはp=0.004). しかし、両群の葉酸欠乏には有意差がない (p=0.129).
Significant association of hematinic deficiencies and high blood homocysteine levels with burning mouth syndrome.
Lin HP, Wang YP, Chen HM, Kuo YS, Lang MJ, Sun A.
Graduate Institute of Clinical Dentistry, National Taiwan University, Taipei, Taiwan; School of Dentistry, National Taiwan University, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-01 20:15 | 口腔顔面痛、舌痛症

顔面痛においてトリプタノール単独よりピンドロール併用の方が鎮痛効果が強い



chronic tension-type facial pain患者。方法:62人の患者を無作為に3群に分ける (a) amitriptyline 1日10mg (b) amitriptyline 1日10mg と1日2回のpindolol 5mg および(c) 第二世代抗ヒスタミン薬のロラタジン(loratadine)1日 10mg。顔面痛日記を用いて毎日の痛み点数を8週間記録。結果:8 週の時点で, with amitriptyline およびamitriptyline プラスpindololでは偽薬に比べて、痛みの頻度と程度は有意に減少。amitriptyline プラスpindolol を内服した患者はamitriptylin単独に比べて臨床的な結果が有意に改善し、鎮痛薬の内服量が有意に減少。
Rhinology. 2013 Jun;51(2):143-53. doi: 10.4193/Rhin.
A Randomized Controlled Trial comparing the efficacy of low-dose amitriptyline, amitriptyline with pindolol and surrogate placebo in the treatment of chronic tension-type facial pain.
Agius AM, Jones NS, Muscat R.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-18 16:39 | 口腔顔面痛、舌痛症

舌痛症に対する集団認知行動療法の効果


24人の女性BMS患者(年齢69.7 ± 5.9歳)および同数の健常女性 (年齢69.2 ± 5.5歳) を比較。治療前、患者群の方が結いに不安点数が高い (P < 0.05)。短い集団認知行動療法を少数の集団に行う。6か月間隔で2回のセッションを計画。NRSで痛みの強さを評価。不安はstate and trait anxiety inventoriesで評価。現在の痛みの強さは1回目と2回目のセッション後に軽減。セッションの効果は有意だが (P = 0.02), 繰り返し効果はない (P = 0.19). The state anxiety inventory 点数も2回目のセッション後に減少。セッションの効果は有意であり (P < 0.01), 繰り返し効果あり(P < 0.01). The trait anxiety inventory 点数は2回目のセッションごに減少し, セッションの効果は有意であるが (P = 0.013), 繰り返し効果はない(P = 0.93)。この結果は、短い集団認知行動療法はBMS患者の痛みと不安を軽減することを示唆する。
J Oral Sci. 2013;55(1):17-22.
Group cognitive-behavioral intervention for patients with burning mouth syndrome.
Komiyama O, Nishimura H, Makiyama Y, Iida T, Obara R, Shinoda M, Kobayashi M, Noma N, Abe O, De Laat A, Kawara M.
Orofacial and Head Pain Clinic, Nihon University School of Dentistry at Matsudo.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-16 14:52 | 口腔顔面痛、舌痛症

外傷後末梢神経障害による顔面痛へのpregablinの効果


症例報告。他の薬物が無効な外傷後末梢神経障害による顔面痛へのpregablinの効果。Pregabalinは耐性が高い。最も多い副作用はめまいと疲労感。
Natl J Maxillofac Surg. 2012 Jan;3(1):91-5. doi: 10.4103/0975-5950.102175.
Pregabalin in post traumatic neuropathic pain: Case studies.論文あり
Singh RK, Sinha VP, Pal US, Yadav SC, Singh MK.
Department of Oral and Maxillofacial Surgery, CSM Medical University, Lucknow, Uttar Pradesh, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-06 00:21 | 口腔顔面痛、舌痛症

顔面の慢性神経障害性疼痛への運動野電気刺激の総説


顔面の慢性神経障害性疼痛(Facial chronic neuropathic pain:FCNP)に対する1990年から2012年までの運動野電気刺激の総説。結果:118人のFCNP患者がMCSを試し, 100人 (84.7%) はそのシステムの永久的な植え込みを求め, そのうち84%は研究終了時に良好な痛み制御。男性: 女性の比はおおよそ1:2であり、平均年齢は58歳(範囲, 28-83歳), 痛みの平均期間は7年 (範囲, 0.6-25年). 4つの無作為振り分け対照研究が報告されており、すべてがFCNPに対するMCSに焦点を当てている。最も一般的な合併症は傷の感染に引き続く発作。術前の評価、手術手技、および最終成績は研究により異なる。まとめ:FNCPに対するMCS は、もし以前の治療が失敗すれば、安全で有効な治療方法である。しかし、MCSをFNCPの通常の治療に勧める強い証拠 (多数の患者による無作為振り分け多施設研究) はまだない。
Surg Neurol Int. 2012;3(Suppl 4):S290-311. doi: 10.4103/2152-7806.103023. Epub 2012 Oct 31.
Motor cortex stimulation for facial chronic neuropathic pain: A review of the literature.Monsalve GA.
Departamento de Neurocirugía, Clínica Nueva, Bogotá D.C., Bogotá D.C., Colombia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-24 13:17 | 口腔顔面痛、舌痛症

舌痛症と三叉神経痛の比較


BMS患者とTN患者の痛みの強さと心理社会的な特徴を比べた。282人のBMS患者と83人のTN患者を解析。疾患の期間が6か月以下は急性疾患とみなし、6か月を超える期間を慢性疾患とみなした。現在の痛みの強さと過去6か月最悪の痛みを0-10のNRSで評価.さらに, 抑うつと身体化の点数をアンケートで評価。Patients with chronic 慢性のBMS患者は急性のBMS患者より有意に痛みの程度が強く、心理社会的特徴が悪い。TN患者はBMS 患者より痛みの程度が強いが、急性疾患と慢性疾患の間には痛みの強さと心理社会的な特徴には有意差なし。BMS患者とTN患者のロジスティック回帰分析によると、TN患者よりもBMS患者の方が最悪の痛みのオッズ比が有意に低く、BMS患者のsomatization scoreのオッズ比はTN患者の3.8倍。BMS患者は中枢神経系や心理社会的な特徴に的を絞った痛み制御が必要かもということを、これらの所見は示唆。(J Oral Sci 54, 321-327, 2012).
J Oral Sci. 2012;54(4):321-7.
Pain intensity and psychosocial characteristics of patients with burning mouth syndrome and trigeminal neuralgia.
Komiyama O, Obara R, Uchida T, Nishimura H, Iida T, Okubo M, Shimosaka M, Narita N, Niwa H, Shinoda M, Kobayashi M, Noma N, Abe O, Makiyama Y, Hirayama T, Kawara M.
Orofacial and Head Pain Clinic, Nihon University School of Dentistry at Matsudo.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-16 01:07 | 口腔顔面痛、舌痛症
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line