<   2012年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧


交通事故後の線維筋痛症の判決(4050万円)

 交通事故後に発症した線維筋痛症の判決は山口地裁岩国支部の判決が日本で最初と思っていましたがさらに古い判決がありました。(確定済み)
 
平成17年10月13日東京地方裁判所判決(自動車保険ジャーナル・第1620号)
http://www.trkm.co.jp/koutu/09102701.htm

自動車保険ジャーナル・第1620号を読む範囲では、C鑑定では線維筋痛症と診断され、B鑑定ではそれが否定されています。裁判官は線維筋痛症とは判定していないようです。
 私の推測ではこの患者さんは「軽度外傷性脳損傷」の可能性が高いと思います。「軽度」とは受傷直後の症状の程度が軽度であることのみを意味し、その後の症状が軽度であることを意味しません。線維筋痛症を合併している可能性はありますが、 自動車保険ジャーナルを読んだ範囲ではよくわかりません。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-31 22:50 | FMの雑感

リリカ、サインバルタの優先順位

 私はリリカ、サインバルタの優先順位を下げています。最大の理由は薬価が高い事です。しかし、リリカ、サインバルタに到達するまでに治療を中止する患者さんが少なくありません。痛みが強い場合にはリリカ、サインバルタの優先順位を上げています。これは難しい問題です。患者さんの症状に合わせて優先順位を決めればよいのでしょうが、それでは経験のない医師は治療が出来ません。
 私は医師免許さえあれば誰でもほぼ同じ治療ができるような治療方法を目指しています。文字に書くことができる治療方法を目指しています。その際、エビデンスがないものはエビデンスがないと宣言する必要があります。エビデンスがないものを、あたかもエビデンスがあるかのごとく記載すると、信用を失ってしまいます。繰り返しになりますが。私が個人的に決めた処方の優先順位にはエビデンスはありません。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-30 22:36 | FMの薬物治療総論

線維筋痛症治療の突然の中止

 線維筋痛症やそのグレーゾーンの治療を行っても症状がよくならず、途中で通院を中止する患者さんが少なくありません。来院時にその由を聞けば、無効な薬、副作用で中止になった薬を紹介状を書きます。その情報が重要です。しかし、いつの間にか通院を中止したり、体調が悪いので後日受診する由の連絡があった後に通院が中止になる場合には紹介状を書くことができません。通院を中止すると連絡があった場合には、紹介状を書く事を伝えても紹介状を希望しない人もいます。
 無効な薬、副作用で中止になった薬の情報がないと最初から治療をやり直すことになります。自分自身の利益のために、無効な薬、副作用で中止になった薬の情報を持った上で通院を中止した方がよいと思います。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-30 22:24 | FMの治療総論

ドイツ人における慢性痛の有病率と合併症

無作為に選択した3011人 (≥15歳),はドイツを代表しており、電話インタビュー。 慢性痛は3か月以上と定義。DSM-IV-TRで精神疾患を評価。ICD-10で器質的疾患を評価。全体で, 26.8% (95% confidence interval: 25.2-28.4%)が痛みを報告; 1.9%が急性痛 (つまり3か月未満), 慢性痛は24.9%. さらに詳しく, 18.4%は非神経障害性疼痛 (non-NeP) で6.5% はNePの特徴. NePには non-NePとは異なるいくつかの特徴あり: non-NePと比較しての個々のNePの特徴は痛みの程度が強く日常活動への障害が大きい。大うつ病障害はnon-NePに3倍罹患しやすく、NeP の特徴に6倍なりやすい。肥満、糖尿病、高血圧、脳血管疾患、神経系の疾患、血液疾患と造血器疾患はNePを持つ危険性が高いがnon-NePではそうではない. non-NeP とNePの特徴間の有病率と合併症の差はこれらの痛みを分けることの重要さを示している。NeP患者はnon-NeP患者より日常生活における障害が大きい。

J Psychiatr Res. 2012 Jan 20. [Epub ahead of print]
Prevalence and comorbidity of chronic pain in the German general population.
Ohayon MM, Stingl JC.
Stanford Sleep Epidemiology Research Center, Stanford University School of Medicine, 3430 W. Bayshore Road, Stanford, Palo Alto, 94303 CA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-29 00:27 | 神経障害性疼痛

持続的携帯型腹膜透析と透析におけるむずむず脚症候群

持続的携帯型腹膜透析continuous ambulatory peritoneal dialysis (CAPD)。透析hemodialysis (HD)。終末期腎疾患end-stage renal disease (ESRD)。58人の HDと 28人の CAPD患者。睡眠医学に熟練の神経科医が直接面談でRLS の診断を行った。HD 患者の方がCAPD患者よりも (19 vs. 10.7%)RLSの有病率は少し高い。HD患者では腎臓症状の発生の後にRLSが発生するようである; これに対して, CAPD患者ではRLSは腎疾患よりも先行する。5人のHD患者ではRLS症状は透析中ずっと継続する. HD患者においてRLS症状のない人に比べて RLS症状のある者は1週間あたりの HDの平均回数が多く、HDの時間が長い。CAPD患者においては RLS症状のない人に比べて RLS症状のある者は女性の割合が有意に多い。HD とCAPD の両方に罹患した者ではRLSを頻繁に罹患。両群でRLS は睡眠を障害するが、dopaminergic作動薬の使用は我々の症例では一般的ではない。HD患者では透析スケジュールはRLSと関連するが, CAPD患者の中では女性という性はRLSに関連する。

Neurol Sci. 2012 Jan 22. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in dialysis patients: a comparison between hemodialysis and continuous ambulatory peritoneal dialysis.
Merlino G, Lorenzut S, Romano G, Sommaro M, Fontana A, Montanaro D, Valente M, Gigli GL.
Department of Neurosciences, Santa Maria della Misericordia University Hospital, Udine, Italy,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-28 21:54 | むずむず脚症候群

舌痛症患者の精神疾患

30人のBMS患者と31人の対照群。患者は現在の大うつ病障害、過去の大うつ病障害、全般性不安障害、心気症、癌恐怖症の頻度が高かった(p<0.05). BMS患者では, 全般性不安障害は有意に現在の大うつと社会恐怖と有意に関連 (p<0.05). 予測通り、癌恐怖症は有意に心気症と関連する (p<0.05). BMS患者は Hamilton Rating Scale for Depression (HRSD), Beck Depression Inventory (BDI), State-Trait Anxiety Inventory (STAI) およびDutch Fatigue Scale (DUFS)が有意に高い (p<0.05).

Psychiatric disorders in burning mouth syndrome.
de Souza FT, Teixeira AL, Amaral TM, Santos TP, Abreu MH, Silva TA, Kummer A.
J Psychosom Res. 2012 Feb;72(2):142-6. Epub 2011 Dec 6.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-28 21:37 | 口腔顔面痛、舌痛症

線維筋痛症におけるアーユルベーダ治療

ノルウェーにあるthe Maharishi Ayurveda Health Centre でのMaharishi Vedic Medicine (MVM). MVM はMaharishi Mahesh Yogiによる意識に基づいたrevival、インドの古代Ayurvedic 医学の伝統の超越的瞑想Transcendental Meditation (TM)プログラムの創設者。FMと診断された31人の女性が個々の人に合わせたプログラム women with a (1) 生理学的浄化治療 (Maharishi Panchakarma)と (2)日常の繰り返しや食物過敏症に対する新たな対処法を含む食事療法に関するAyurvedicの推薦。24ヶ月経過を観察し治療前との比較。24ヵ月後FIQRの7項目のうち6項目で有意に軽減 (26%―44%): 就労能力の障害, 痛み, 疲労感, 朝の疲労感,こわばりと不安. 7つ目は, 抑うつであり, 32%減少 (有意かどうかの境界). 24ヶ月の時点で, 4人はTMを行っており, ほとんど症状がなく有意にFIQが減少していた (-92% to 97%)。

Treatment of fibromyalgia at the Maharishi Ayurveda Health Centre in Norway II-a 24-month follow-up pilot study.
Rasmussen LB, Mikkelsen K, Haugen M, Pripp AH, Fields JZ, Førre OT.
Clin Rheumatol. 2012 Jan 27. [Epub ahead of print]

 論文の質が高いとは言えない論文です。最も驚くべきは、この論文が採用されたことです。アーユルベーダがどのような治療なのかはわかりません。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-28 19:29 | FMの非薬物治療

線維筋痛症のマグネシウムレベルとマグネシウム治療

ACR 基準で診断された60人の閉経前FMと年齢、体重を一致させた閉経前女性20人。痛みの強さ、痛みの閾値, 圧痛点の数, the tender point index, FIQ, the Beck depression and Beck anxiety scoresおよび患者の症状を全員で調べた。血清と赤血球のマグネシウムレベルを測定。患者を3群に分ける。クエン酸マグネシウム (300 mg/day)を第一群に (n = 20), amitriptyline (10 mg/day) を第二群に(n = 20), そしてクエン酸マグネシウム (300 mg/day) + amitriptyline (10 mg/day) を第三群に投与 (n = 20)。すべての指標を8週の治療後に再評価。対照群よりFM群で血清と赤血球のマグネシウムレベルは有意に低い。マグネシウムレベルと線維筋痛症の症状には負の相関。圧痛点の数、tender point index, FIQ およびBeck depression scoresはクエン酸マグネシウム治療により有意に低下。amitriptyline + クエン酸マグネシウムの併用治療はしびれを除くすべての指標で効果がある。赤血球のマグネシウム下低いことは線維筋痛症の症状の病因的因子[要素]かもしれない。クエン酸マグネシウム治療のみが圧痛点や線維筋痛症の程度に有効。しかし、amitriptylineとの併用療法ではすべての指標に有効。

Rheumatol Int. 2012 Jan 22. [Epub ahead of print]
Is magnesium citrate treatment effective on pain, clinical parameters and functional status in patients with fibromyalgia?1請求
Bagis S, Karabiber M, As I, Tamer L, Erdogan C, Atalay A.
Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Acıbadem University Medical School, Istanbul, Turkey, seldabagis@hotmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-26 23:06 | FMの薬物治療各論

疾患によるリリカの副作用の頻度の差

プレガバリン(PGB)を用いた38の二重盲検無作為振り分け法(RCTs)で20の副作用。疾患により副作用が異なるかどうかを調べた。方法: PGBを用いた38のRCTsの中で, PGB 600 mg/日のみを選び、4群に分けた: (1) 薬物抵抗性の部分てんかん, (2) 精神疾患, (3) 線維筋痛症, および(4) 神経障害性疼痛。risk differences (RDs) という概念を用いた。結果: 22のRCTs。耐えられない副作用によりPGBを中止する患者の割合や PGBによる副作用の発生率 (運動失調を除く) には4つの疾患の間で差がない。線維筋痛症に比べて薬物抵抗性の部分てんかんでは運動失調が多い。他の3つの疾患に比べると薬物抵抗性の部分てんかんでは、大部分の前庭小脳性の副作用 (運動失調, 複視, およびかすみ目) が多い。複視とかすみ目は神経障害性疼痛よりてんかんで多い。運動失調は不安障害や線維筋痛症よりてんかんで発生率が高い。他の中枢神経系の副作用の中で, 眠気は神経障害性疼痛よりてんかんで多く、神経障害性疼痛や線維筋痛症より不安障害のみのほうで多い。神経障害性疼痛や線維筋痛症よりてんかんで無力症は多い。

Eur J Clin Pharmacol. 2012 Jan 21. [Epub ahead of print]
The adverse event profile of pregabalin across different disorders: a meta-analysis.
Zaccara G, Perucca P, Gangemi PF.
U.O. Neurologia, Azienda Sanitaria di Firenze, Firenze, Italy, gaetano.zaccara@asf.toscana.it
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-26 22:35 | 抗痙攣薬

初診時にトリプタノール、ノリトレン以外の三環系抗うつ薬が有効な場合の対処法

 トリプタノール、ノリトレン以外の三環系抗うつ薬が初診時に使用されており、しかもそれがある程度有効であった場合には注意が必要です。
 慢性痛の知識がある医師であれば、三環系抗うつ薬の中では真っ先にトリプタノール又はノリトレンを使用します。それらを最初に使用し、上限量まで使用して無効であった場合や副作用で使用不能の場合には問題がありません。初診時に使用されている三環系抗うつ薬をそのまま使用します。通常漸増して最適量を決めます。
 しかし、慢性痛の知識があまりない医師はトリプタノール、ノリトレンを使用せず別の三環系抗うつ薬を使用します。問題はトリプタノール、ノリトレンを使用せず、別の三環系抗うつ薬が使用されており、その薬がある程度有効であった場合です。
 二つの方法があります。そのままその三環系抗うつ薬を使用(通常漸増して最適量を決めます)する場合と、トリプタノール又はノリトレンに変更する場合があります。どちらにするのかは医師の勘としか言いようがありません。そのままその三環系抗うつ薬を使用したのではトリプタノール、ノリトレンを使用できません。多くの場合トリプタノール又はノリトレンに変更した方が鎮痛効果が強くなります。しかし、トリプタノール又はノリトレンに変更しても全く鎮痛効果がない場合もあります。私は通常、トリプタノール又はノリトレンに変更しています。通常はそれで問題はありませんが、トリプタノール又はノリトレンに変更しても全く鎮痛効果がない場合もまれにあります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-01-23 20:54 | FMの薬物治療総論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line