<   2012年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧


頭痛と筋骨格痛は互いの危険因子

Chronic daily headache (CDH) とchronic musculoskeletal complaints (CMSCs) 。方法:the Nord-Trøndelag Health Study (HUNT 2 and 3) は1995-1997 年と2006-2008年の2回で人口に基づいたコホート研究。当初20歳以上の51 383人のうち、11年後に41 766人を観察可能。そのうち26 197人 (63%)はHUNT 3で頭痛とCMSCsのアンケートに答えた。結果:頭痛とCMSCsには双方向性の関連。知られた交絡因子で補正した多変量解析によると当初CMSCsであった人は2倍近くCDHになりやすい(OR 1.8; 95% CI 1.5-2.3)。 逆に当初CDHであった人はCMSCsになりやすく (OR 1.8; 95% CI 1.2-2.6), chronic widespread MSCsにはさらになりやすい (OR 2.7; 95% CI 1.6-4.7)。

Eur J Neurol. 2012 Apr 23. doi: 10.1111/j.1468-1331.2012.03725.x. [Epub ahead of print]
The bidirectional relationship between headache and chronic musculoskeletal complaints: an 11-year follow-up in the Nord-Trøndelag Health Study (HUNT).
Hagen K, Linde M, Steiner TJ, Zwart JA, Stovner LJ.
Department of Neuroscience, Norwegian University of Science and Technology, Trondheim;, Norway; Norwegian National Headache Centre, St. Olavs University Hospital, Trondheim;, Norway;
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-28 20:58 | 頭痛

片頭痛にはトピナ又はノリトレンよりはその併用が有用

topiramate (TPM) (100 mg/day) 又はnortriptyline (NTP) (30 mg/day)の一方を8週間使用して頭痛の頻度が50%以下にはならなかった一過性片頭痛が対象。無作為に偽薬追加又は他方の薬の追加(併用療法)を受ける。一次的な評価は両群間の、研究開始前に対する6週時点での頭痛頻度の減少。二次的な評価は研究開始前に対する6週時点で頭痛頻度が50%以下になった患者の割合。38人が併用療法に振り分けられ、30人が単一治療(偽薬)に振り分けられた(併用療法の6人は脱落、単一療法の1人は脱落)。一次的な評価では、併用療法の頭痛頻度の減少の平均(SD) は4.6 (1.9) であり、単一治療では3.5 (2.3)であり、有意差あり(p < 0.05)。同様に、 併用療法の78.3%の患者が頭痛頻度が50%以下になり、単一治療では37% (p < 0.04). 結論:TPMと NTPの併用療法は、それらの単一治療で鎮痛効果が不十分な患者には、有効である。

J Headache Pain. 2012 Jan;13(1):53-9. Epub 2011 Oct 19.
Topiramate plus nortriptyline in the preventive treatment of migraine: a controlled study for nonresponders.Krymchantowski AV, da Cunha Jevoux C, Bigal ME.
Headache Center of Rio, Rua Siqueira Campos 43/1002 Copacabana, Rio de Janeiro, 22031-070, Brazil. abouchkrym@uol.com.br
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-28 16:08 | 頭痛

高齢者では抗うつ薬は有用性より有害性が大きい?

抗うつ薬は神経細胞を障害し、成熟した神経細胞を未成熟に戻し、これらは神経細胞に細胞自然死(計画的な死)をもたらす原因を説明するかも。高齢者に抗うつ薬は遅発性の問題を引き起こす、性生活や恋愛生活に副作用をもたらし低ナトリウム血症、出血、脳卒中、死をもたらす。我々の総説では抗うつ薬はserotoninで調整された数多くの適応過程の破綻により有用性より有害性の方が多いという結論を支持。しかし、これはたとえば癌や脳卒中からの回復など特殊な状況でのみ言えることかも。

Front Psychol. 2012;3:117. Epub 2012 Apr 24.
Primum non nocere: an evolutionary analysis of whether antidepressants do more harm than good.
Andrews PW, Thomson JA Jr, Amstadter A, Neale MC.
Department of Psychology, Neuroscience and Behaviour, McMaster University Hamilton, ON, Canada.

 うつ病の薬としての抗うつ薬に関して言及しています。しかし、高齢のうつ病患者全員抗うつ薬を使用すべきではないとまではこの論文では主張していません。そのような主張をするのであれば代案が必要です。一つの意見として理解すればよいと思います。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-28 14:49 | 抗うつ薬

抗うつ薬は月経異常を引き起こす

三つのセンターと4つの病院で患者を集める。1432人の女性。対象は二群に分かれる: 抗うつ薬群(n=793) と対照群(n=639)。月経異常は関連する産婦人科的な記載ら判断した。結果:月経異常の有病率は抗うつ薬群 (24.6%)の方が対照群(12.2%)より有意に高い。抗うつ薬が誘発した月経異常の発病率は14.5%。月経異常最も関連する抗うつ薬はparoxetine(パキシル), venlafaxine, sertraline(ジェイゾロフト)およびそれらとmirtazapine(レメロン、リフレックス)との併用。SSRIとSNRI内服中の女性における発生率は同様。
Gen Hosp Psychiatry. 2012 Apr 23. [Epub ahead of print]
Antidepressants and menstruation disorders in women: a cross-sectional study in three centers.
Uguz F, Sahingoz M, Kose SA, Ozbebit O, Sengul C, Selvi Y, Sengul CB, Ayhan MG, Dagistanli A, Askin R.
Department of Psychiatry, Meram Faculty of Medicine, Konya University, Konya, Turkey.

 断面研究であるため、抗うつ薬を使用する患者(恐らくうつ病)には月経異常が多いのかもしれません。ただし、抗うつ薬が誘発した月経異常の発病率が本当に14.5%であれば、抗うつ薬は月経異常を引き起こすと言えます。抄録を読んだだけではよくわかりません。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-28 14:10 | 抗うつ薬

慢性疲労症候群とMyalgic Encephalomyelitisを区別すべき

Myalgic Encephalomyelitis (ME), Chronic Fatigue Syndrome (CFS) およびchronic fatigue (CF)の診断、分類には議論あり。労作後倦怠感(Post-exertional malaise: PEM) が主要な症状として強調される。この研究はPEM のあるなしの、CF およびCFS, が独立した疾患であるかどうかを調べた。CFS144人の診断はFukuda's 基準で行った。0と6の間でPEMを評価。CFS患者は24時間以上続くPEM (labeled: ME) とPEMのないもの (labeled: CFS)に分けた。12項目のFibromyalgia and Chronic Fatigue Syndrome (FF) Rating Scaleで疾患の強度を評価。血漿interleukin-1 (IL-1), tumor necrosis factor (TNF)α, およびlysozyme, および血清neopterinを外部の有効な基準として使用。疲労、主観的な感染の感覚やPEMから判断するとME, CFS, およびCFは独立したカテゴリー。CFS患者に比べるとME患者は有意に集中力障害の点数が高く主観的な感染の経験が多く、IL-1, TNFα, およびneopterinレベルが高い。 これらのバイオマーカー(生態指標)はCF患者よりME患者や CFS患者で有意に高い。Fukuda's基準はME/CFSと CFを区別するために適切, しかしME/CFS 患者は(PEMを伴った)ME と(PEMを伴わない) CFSに細分化すべき。

Psychiatry Res. 2012 Apr 20. [Epub ahead of print]
Myalgic Encephalomyelitis (ME), Chronic Fatigue Syndrome (CFS), and Chronic Fatigue (CF) are distinguished accurately: Results of supervised learning techniques applied on clinical and inflammatory data.
Maes M, Twisk FN, Johnson C.
Maes Clinics @ TRIA, Piyavate Hospital, 998 Rimklongsamsen Road, Bangkok 10310, Thailand.

 抄録を読んだだけではMyalgic Encephalomyelitis (ME)の診断基準がよくわからないのですが、慢性疲労症候群とMEは同一ではないとこの著者は主張しています。その説が正しいかどうかは別として、私は Chronic Fatigue Syndrome (CFS)をMyalgic Encephalomyelitis (ME)と改名する動きには反対です。Myalgic Encephalomyelitis とは病名の最後にitisが入っているため、炎症を意味します。慢性疲労症候群患者全員に炎症があるという具体的な確固たるデータはありません。Chronic Fatigue Syndromeを改名するのであればitisの入らない病名、たとえばMyalgic Encephalomyelopathyにすべきです。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-28 11:42 | 慢性疲労症候群

線維筋痛症では薬物治療より非薬物治療が有効で副作用が少ない

2010年11月から to April 2011年4月までの研究。アンケートにより11-point Likert scale (0=no, 10=very high benefit or harm)を用いて薬物治療と非薬物治療の有用性と有害性を評価。異なるケアレベルの11の施設。結果: 合計で1,661のアンケート (95%が女性, 平均年齢54歳)を解析。自分のできる治療 (気晴らし、安静、有酸素運動), 理学療法 (温熱療法とプール内治療), 精神的治療 (教育と心理療法), および入院での組み合わせ治療はすべてのタイプの薬物治療より有効で有害性が少ない。

Schmerz. 2012 Apr;26(2):150-9.
[German fibromyalgia consumer reports : Benefits and harms of fibromyalgia syndrome therapies].
[Article in German]
Häuser W, Jung E, Erbslöh-Möller B, Gesmann M, Kühn-Becker H, Petermann F, Langhorst J, Weiss T, Thoma R, Winkelmann A.
Klinik für Innere Medizin 1, Klinikum Saarbrücken GmbH, Winterberg 1, 66119, Saarbrücken, Deutschland, whaeuser@klinikum-saarbruecken.de
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-26 20:22 | FMの非薬物治療

経皮的電気刺激は線維筋痛症に無効


外来受診した66人のFM女性を無作為に2群に分ける。両群の患者は管理された組み合わせ訓練を12週受け、一群は最初の3週間でtranscutaneous electrical nerve stimulation (TENS)を追加で受けた。全員、治療前、治療後3週、12週で評価を受けた。圧痛点の数(tender point count: TPC), myalgic pain score (MPS), FIQおよび Short Form-36 (SF-36) Health Surveyで評価した。60人が研究終了。両群とも3週、12週の時点でTPC, MPS, FIQ, およびSF-36の肉体点数、精神点数、総点数は改善。MPSの改善は3週の時点ではTENS追加群の方が高かったが (p = 0.01)、12週の時点では両群のMPSの改善には差がなかった (p = 0.87)。他の評価の改善には2群間で有意差なし。管理された組み合わせ訓練は筋肉痛、機能、生活の質を改善する。TENSを組み合わせた組み合わせ訓練は筋肉痛を早期に改善するため有用かもしれない。

Rheumatol Int. 2012 Apr 11. [Epub ahead of print]
Efficacy of supervised exercise combined with transcutaneous electrical nerve stimulation in women with fibromyalgia: a prospective controlled study.
Mutlu B, Paker N, Bugdayci D, Tekdos D, Kesiktas N.
Istanbul Physical Medicine and Rehabilitation Training Hospital, Bahçelievler, Istanbul, Turkey, drburcumutlu@hutmail.com

 通常、このような結果になった場合、無効と判断されます。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-26 20:01 | FMの非薬物治療

経皮的電気刺激は線維筋痛症には無効

外来受診した66人のFM女性を無作為に2群に分ける。両群の患者は管理された組み合わせ訓練を12週受け、一群は最初の3週間でtranscutaneous electrical nerve stimulation (TENS)を追加で受けた。全員、治療前、治療後3週、12週で評価を受けた。圧痛点の数(tender point count: TPC), myalgic pain score (MPS), FIQおよび Short Form-36 (SF-36) Health Surveyで評価した。60人が研究終了。両群とも3週、12週の時点でTPC, MPS, FIQ, およびSF-36の肉体点数、精神点数、総点数は改善。MPSの改善は3週の時点ではTENS追加群の方が高かったが (p = 0.01)、12週の時点では両群のMPSの改善には差がなかった (p = 0.87)。他の評価の改善には2群間で有意差なし。管理された組み合わせ訓練は筋肉痛、機能、生活の質を改善する。TENSを組み合わせた組み合わせ訓練は筋肉痛を早期に改善するため有用かもしれない。

Rheumatol Int. 2012 Apr 11. [Epub ahead of print]
Efficacy of supervised exercise combined with transcutaneous electrical nerve stimulation in women with fibromyalgia: a prospective controlled study.
Mutlu B, Paker N, Bugdayci D, Tekdos D, Kesiktas N.
Istanbul Physical Medicine and Rehabilitation Training Hospital, Bahçelievler, Istanbul, Turkey

 3週では有意差はあっても12週では有意差なし。通常このような結果になった場合には無効と判断します。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-26 19:59 | FMの非薬物治療

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は冠動脈疾患を減らす

病院を基にした864人の冠動脈疾患(CAD)患者と1,008人の対照者による症例対照研究で中国人での非BZD睡眠薬とCADの関連を調べた。結果:非BDZs睡眠薬使用はCADの危険性を低下させる (adjusted odds ratio, OR=0.73; 95% CI=0.54-0.98)。 0-5年の非BDZs睡眠薬使用における修正ORs は0.91 (95% CI=0.63-1.32), 5-10年の非BDZs睡眠薬使用における修正ORs は0.64 (95% CI=0.38-0.97),そして10年を超える非BDZs睡眠薬使用における修正ORs は0.42 (95% CI=0.18-0.85)。非BDZs睡眠薬使用が長くなるに従いCADの危険性は減少する傾向(p<0.001 for trend).

Intern Med. 2012;51(8):829-32. Epub 2012 Apr 15.
Use of Non-benzodiazepine Hypnotics Is Associated with Decreased Risk of Coronary Artery Disease.Zhou X, Zhang Y, Chen J, Xu W.
Department of Cardiology, The Second Affiliated Hospital of Soochow University, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-21 15:46 | その他の疼痛

むずむず脚症候群の発生率、エストロゲンと閉塞性肺疾患が危険因子

前向き多施設研究であるthe Tucson Cohort of the Sleep Heart Health Studyのfrom the Tucson Cohortからデータを得た。このコホートは2002年と2006年の睡眠調査でRLSに関するアンケートに答えた 40歳以上の535人。この研究ではRLSはInternational RLS Study Group criteriaの4つの症状すべてが存在し, 1か月に5日以上症状があり少なくとも中等度の苦悩があると定義した。結果:2002年の調査時における患者数が多い白人 (90.8%)での平均年齢は 59.8 ± 9.7歳、52.2%は女性。RLSの有病率は2002年の調査では4.1%であり2006年の調査では7.7%。RLSの年間の発生率は1.7% (4年間で6.6%)。多変量解析ではestrogen 使用(OR = 2.5, 95% CI: 1.17-5.10) および自己報告の閉塞性肺疾患 (OR = 2.8, 95% CI: 1.37-5.83)はRLS発生の独立した予測因子。RLSの発生は 不眠の有病率が高いこと (26.5% vs. 7.6%, p = 0.001), 眠気が強いこと (38.2% vs. 22%, p = 0.036); and higher sleeping pill use in 2006年に睡眠薬を使用する頻度が高いこと (23.5% vs. 9.7%, p = 0.019)と関連する。

J Clin Sleep Med. 2012 Apr 15;8(2):119-24.
Incidence of restless legs syndrome and its correlates.
Budhiraja P, Budhiraja R, Goodwin JL, Allen RP, Newman AB, Koo BB, Quan SF.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-21 14:19 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line