<   2012年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧


反復経頭蓋磁気刺激と経頭蓋直流刺激は高額

反復経頭蓋磁気刺激(repetitive transcranial magnetic stimulation: rTMS)。経頭蓋直流刺激(transcranial direct current stimulation: tDCS)。23人中9人は一次運動野(M1)又は背外側前頭前皮質 (DLPFC)で構成される脳の刺激部位を含む。5つの研究はrTMS (high-frequency-M1: 2, low-frequency-DLPFC: 2, high-frequency-DLPFC: 1)を用い, 4つの研究はtDCS (anodal-M1: 1, anodal-M1/DLPFC: 3)を用いる。8つは二重盲検法、無作為振り分け研究。痛みを測定した大部分 (80%) のrTMS 研究では有意に低下したが, 痛みを測定した全ての(100%) tDCS研究は有意に低下。有意な痛みの軽減の長時間の持続がs M1 rTMS/tDCSの刺激で認められた。結論:M1でのrTMS/tDCS刺激により同様な痛みの軽減とFDAがFMSに認可した薬物治療よりもかなり軽い副作用。最も多い副作用は軽度であり、一過性の頭痛と刺激部位での頭皮の不快感。1年間のrTMS/tDCS の治療を受けることは高額 ($11,740 to 14,507/年);しかし, その費用に見合うだけのFMS患者にとっての臨床的な利益と生活の質の利益はない。それゆえ、rTMS/tDCSは他の治療で適切な症状の緩和が得られないFMS患者に治療すべきである
Pain Pract. 2012 May 28. doi: 10.1111/j.1533-2500.2012.00562.x. [Epub ahead of print]
Efficacy of Transcranial Direct Current Stimulation and Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation for Treating Fibromyalgia Syndrome: A Systematic Review.
Marlow NM, Bonilha HS, Short EB.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-30 21:36 | FMの非薬物治療

SSRIは早産の危険因子

最近大うつ病と診断されたかあるいはSRIを使用したかの2793人の妊娠女性による前向き研究,。二元ロジスティック回帰早産(<37週妊娠)を調べた.早期(<34週妊娠) 又は晩期(34-36週妊娠) 早産。結果:SRIを使用していれば, 大うつ病の合併(odds ratio = 2.1 [95% confidence interval = 1.0-4.6])大うつ病の非合併 (1.6 [1.0-2.5]), は早産と関連する。SRIを使用していない大うつ病 (1.2 [0.68-2.1]) は早産への明確な影響なし。SRIも大うつ病も早期早産には関連なし。妊娠中のSRIs使用は自然早産と関連するが医学的な適用の早産とは関連なし。
Epidemiology. 2012 May 23. [Epub ahead of print]
Depression and Serotonin Reuptake Inhibitor Treatment as Risk Factors for Preterm Birth.
Yonkers KA, Norwitz ER, Smith MV, Lockwood CJ, Gotman N, Luchansky E, Lin H, Belanger K.
From the Departments of aPsychiatry, bObstetrics, Gynecology and Reproductive Sciences, and cEpidemiology and Public Health, Yale University School of Medicine, New Haven, CT; dDepartment of Obstetrics and Gynecology, Tufts University School of Medicine, Boston, MA; eDepartment of Child Study, Yale University School of Medicine, New Haven, CT; fDepartment of Obstetrics and Gynecology, Ohio State University College of Medicine, Columbus, OH; and gDepartment of Obstetrics and Gynecology, Bridgeport Hospital, Bridgeport, CT.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-27 00:15 | 抗うつ薬

線維筋痛症の薬物治療としては抗けいれん薬と抗うつ薬の併用が有効

前向き、多施設、3か月の研究。benzodiazepines, 睡眠薬、抗けいれん薬、抗うつ薬の処方を主に調べた。ICAF (Combined index of affection in patients with fibromyalgia)のアンケートにより臨床評価。最も頻繁に行われている治療とその効果の大きさを調べた。結果: 15のリウマチセンターの232人。抗けいれん薬と抗うつ薬が最も多く各々17.7%と 14.7%。 両方の治療は有意に臨床症状を改善する。最も有効な治療方法(効果の大きさはほぼ1) は両方の薬の併用(患者の6.5%), which increased the antidepressants effect size in 50% and 100% for anticonvulsants.処方している薬の数を変更しない治療方法が最も多いが(患者の35.8%) 、臨床的には有意な改善はなかった。その他の治療方法はまれであり、この研究では解析せず。まとめ:抗けいれん薬と抗うつ薬は単独でも併用でも臨床的に有意な改善をもたらす。最も有効な方法は両方の薬を同時に投与すること。最も有効性が少ない治療方法は処方する薬の数を変更しないこと。
Reumatol Clin. 2012 May 17. [Epub ahead of print]
Drug prescription strategies in the treatment of patients with fibromyalgia.
[Article in English, Spanish]
Rivera J, Vallejo MA, Esteve-Vives J; Grupo ICAF.
Unidad de Reumatología, Instituto Provincial de Rehabilitación, Hospital Universitario Gregorio Marañón, Madrid, España.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-26 07:12 | FMの薬物治療総論

抗けいれん薬は男性尿失禁を引き起こす

地域の30-79歳の男女5503人にインタビュー。尿失禁は前年に1週間に1回以上の尿漏れと定義。尿失禁の有病率は女性で9.0%、男性で4.6%。多変量解析を行うと抗けいれん薬は境界領域の関連(OR 1.75; 95% CI 1.00, 3.07)。最終な補正を行うと男性でのみ抗けいれん薬は尿失禁と関連(OR 2.50; 95% CI 1.24, 5.03)。

J Urol. 2012 May 15. [Epub ahead of print]
Associations of Commonly Used Medications with Urinary Incontinence in a Community Based Sample.
Hall SA, Yang M, Gates MA, Steers WD, Tennstedt SL, McKinlay JB.
New England Research Institutes, Watertown, Massachusetts.

横断研究なので抗けいれん薬は男尿失禁を引き起こすとは断言できませんが、そのように考えてもよいと思います。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-20 18:38 | 抗痙攣薬

抗うつ薬による院外心停止の危険性

デンマークにおける院外心停止(out-of-hospital cardiac arrest: OHCA)の全患者 were identified (2001-2007). Association between treatment with 特異的な抗うつ薬とOHCA の関連をcase-time-control modelの条件付ロジスティック回帰により調べた。19,110人の OHCA; 2,913人 (15.2%) がOHCAの際抗うつ薬内服中, citalopramが最も多い (50.8%)。三環系抗うつ薬TCA (TCAs; odds ratio (OR) = 1.69, confidence interval (CI): 1.14-2.50) とSSRI (SSRIs; OR = 1.21, CI: 1.00-1.47)がOHCAの危険性を高めるが、SNRIs/NaSSAsには関連なし (SNRIs/NaSSAs; OR = 1.06, CI: 0.81-1.39). citalopram(セレクサ:日本で使用不能のSSRI) (OR = 1.29, CI: 1.02-1.63) およびnortriptyline(ノリトレン) (OR = 5.14, CI: 2.17-12.2).

Clin Pharmacol Ther. 2012 May 16. doi: 10.1038/clpt.2011.368. [Epub ahead of print]
Antidepressant Use and Risk of Out-of-Hospital Cardiac Arrest: A Nationwide Case-Time-Control Study.
Weeke P, Jensen A, Folke F, Gislason GH, Olesen JB, Andersson C, Fosbøl EL, Larsen JK, Lippert FK, Nielsen SL, Gerds T, Andersen PK, Kanters JK, Poulsen HE, Pehrson S, Køber L, Torp-Pedersen C.
1] Department of Cardiology, Copenhagen University Hospital, Gentofte, Denmark [2] Department of Clinical Pharmacology, Vanderbilt University Medical Center, Nashville, Tennessee, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-20 14:12 | 抗うつ薬

抗不安薬による発癌性

人口に基づいた後ろ向きコホート研究、1996年から 2000年までのthe Taiwanese National Health Insurance systemによりbenzodiazepine 使用と癌の危険性の関連を調べた。暴露されたコホート(平均年齢47.9歳, standard deviation [SD] = 17.3歳)で は59,647人が benzodiazepine使用。暴露されたコホートの各患者は無作為に年齢、性別を一致させた人をコホートから選ぶ(対照群; 平均年齢= 46.4歳, SD = 17.8歳). 対象者は癌と診断されるまで (ICD-9-CMによる) 、又は経過観察不能や死亡で打ち切りになるまで、又は保険の打ち切り、あるいは2009年末になるまで経過観察。コックス比例ハザード回帰解析によりbenzodiazepineh使用の癌発生の危険性への評価を行った。結果:benzodiazepine非使用者に比べると、benzodiazepine使用群では, 眼発生率が19% 高く, その差は有意 (hazard ratio [HR] = 1.19; 99.6% CI, 1.08-1.32). 癌のタイプ別には, 肝癌(HR = 1.45; 99.6% CI, 1.10-1.90), 前立腺がん(HR = 1.72; 99.6% CI, 1.10-2.70), 膀胱癌と腎癌(HR = 1.76; 99.6% CI, 1.16-2.67)は有意にbenzodiazepineh使用者で高かった。

J Clin Psychiatry. 2012 Apr;73(4):e555-60.
Benzodiazepine use possibly increases cancer risk: a population-based retrospective cohort study in Taiwan.
Kao CH, Sun LM, Su KP, Chang SN, Sung FC, Muo CH, Liang JA.
Department of Nuclear Medicine and PET Center, China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-20 09:55 | 抗不安薬の常用量依存

CRPS患者の心拍出量へのケタミンの効果

健常人と慢性痛患者において薬物導体的-薬力学的方法によりS(+)-ketamineによる心拍出量への効果を調べた。方法:10人の慢性痛患者 (CRPS1と診断された患者、平均年齢43.2 ± 13歳, 平均罹病期間8.4年, 1.1-21.7年) および12人の健常ボランティア (21.3 ± 1.6歳), 7人では S(+)-ketamineの静注量の増加(1.5 mgで開始し1.5-mg増加)は20分間隔で5分間 で投与。心拍出量(Cardiac output: CO)は橈骨動脈内の動脈カテーテルから得た動脈圧カーブから計算した。Ketamineおよび norketamineの血漿濃度を測定。 新しい薬物導体的-薬力学的方法によりketamineの心拍出量への直接の促進およびその後の適応/抑制効果の定量化を行った。結果:CRPS1患者に比べて健常人ではS(+)-ketamine S(+)-norketamine濃度 は15%と40%大きく薬物導体的評価では有意差あり。S(+)-ketamineは用量依存的に心拍出量への刺激効果がある。点滴後、心拍出量への刺激効果が認められた。薬力学的にはCRPS1 患者と健常人で差がなかった。心拍出量を1 L/min増加させるS(+)-ketamine濃度は 243 ± 54 ng/mLであり、onset/offset の半減期は1.3 ± 0.21分。 抑制の要素は遅い (time constant of 67.2 ± 17.0分)。

Anesth Analg. 2012 May 10. [Epub ahead of print]
The Dose-Dependent Effect of S(+)-Ketamine on Cardiac Output in Healthy Volunteers and Complex Regional Pain Syndrome Type 1 Chronic Pain Patients.
Olofsen E, Sigtermans M, Noppers I, Niesters M, Mooren R, Bauer M, Aarts L, Sarton E, Dahan A.
From the Department of Anesthesiology, Leiden University Medical Center, Leiden, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-19 21:58 | 複合性局所疼痛症候群

Cochrane: 鉄剤はむずむず脚症候群に有効かどうかは不十分な証拠しかない。

Cochrane。6つの研究(192人の対象者). 研究の質は様々. 主要な評価はむずむず(restlessness) 又は不快な下肢の感覚, これらは4つの研究ではthe IRLS severity scaleを用いており5つ目の研究は別のRLS symptom scaleを用いていた。the IRLS severity scaleを用いた4つの研究の混合データでは, 鉄治療には明確な恩恵がない(IRLS severity scoresの差の平均 of -3.79, 95% CI: -7.68 to 0.10, p = 0.06). しかし、5つ目の研究では鉄治療には恩恵がない (鉄治療群では3点で低下した中央値、そして偽薬群ではRLS症状の10点で変化がない, p = 0.01)。いくつかの研究では偽薬に比べると鉄治療群では生活の質は改善したが、他の研究ではそうではなかった。周期性肢運動の変化には群間の差はなかった(二つの研究)。客観的な睡眠の質、主観的な睡眠の質、日中の機能には治療群による差はなかった。腎疾患末期の患者による一つの研究では治療効果はなかった。大部分の研究では鉄欠乏の合併のある患者を必要としておらずいくつかの研究では強度の貧血を除外していた。一つの研究は鉄欠乏患者に限定していたが、鉄の補給はRLS症状には明確な恩恵がなかった。経口または静注の鉄には明確な長所はなかった。鉄治療は偽薬に比べると副作用有意には多くはなかった(RR 1.39, 95% CI 0.85 to 2.27)。結論:鉄治療はRLS治療において有用かどうかは不十分な証拠しかない。
Cochrane Database Syst Rev. 2012 May 16;5:CD007834.
Iron for restless legs syndrome.
Trotti LM, Bhadriraju S, Becker LA.
Department of Neurology, Emory University School of Medicine, 1841 Clifton Rd NE, Atlanta, USA, 30329.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-19 19:57 | むずむず脚症候群

口腔顔面痛においてトレドミンの血漿濃度は痛みの軽減と関連するが、抗うつ効果とは関連しない

44人の慢性口腔顔面痛患者が12週間 milnacipran内服。患者は痛みと抑うつ症状を各々VASと Hamilton Depression Rating Scaleで評価。血漿milnacipranレベルを12週の時点で評価。結果:40人が治療完了。この患者では12週でのVAS は治療前より有意に改善 (t = 5.15, p < 0.0001)。milnacipranの量は有意に血漿レベルと正の相関 (Y = 44.86 + 0.33X, r = 0.54, R(2)  = 0.29, p = 0.0004)。VAS低下の割合と血漿milnacipranレベルの間には有意な関連 (Y = 27.39 + 0.76X - 0.008X(2) , p = 0.048, r = 0.40, R(2)  = 0.16)。一方 。Hamilton Depression Rating Scale scoreの低下の割合と血漿 milnacipranレベルの間には有意な関連はなかった。まとめ: milnacipranの鎮痛効果はmilnacipranの血漿レベルが治療量を超えると生じるが 、その抗うつ効果は血漿レベルに影響されない。
Hum Psychopharmacol. 2012 May;27(3):322-8. doi: 10.1002/hup.2230.
Plasma levels of milnacipran and its effectiveness for the treatment of chronic pain in the orofacial region.1請求
Kimura H, Yoshida K, Ito M, Tokura T, Nagashima W, Kurita K, Ozaki N.
Department of Psychiatry, Nagoya University Graduate School of Medicine, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-19 17:32 | 抗うつ薬

アレビアチン、ランドセン・リボトリールには線維筋痛症に有効な根拠はない

Cochrane。Phenytoin(アレビアチン)が慢性neuropathic painまたは fibromyalgiaに有効という根拠はない。
Cochrane Database Syst Rev. 2012 May 16;5:CD009485.
Phenytoin for neuropathic pain and fibromyalgia in adults.
Birse F, Derry S, Moore RA.
Pain Research and Nuffield Department of Clinical Neurosciences (Nuffield Division of Anaesthetics), University of Oxford, Churchill Hospital, Oxford, Oxfordshire, UK, OX3 7LJ.

Cochrane。Clonazepam(ランドセン、リボトリール)が慢性neuropathic painまたは fibromyalgiaに有効という根拠はない。
Cochrane Database Syst Rev. 2012 May 16;5:CD009486.
Clonazepam for neuropathic pain and fibromyalgia in adults.
Corrigan R, Derry S, Wiffen PJ, Moore RA.
Pain Research and Nuffield Department of Clinical Neurosciences (Nuffield Division of Anaesthetics), University of Oxford, Churchill Hospital, Oxford, Oxfordshire, UK, OX3 7LJ.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-19 08:43 | FMの薬物治療各論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line