<   2012年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧


脊椎手術後の複合性局所疼痛症候群

35人のCRPS患者の症状と所見, CRPSのタイプ (I or II),発端と程度, CRPS発症前の手術のタイプ, 疾患の経過, CRPSと診断した後の治療を調べた。結果: 6人では, CRPSは術後の経過中に発症 (腰椎の手術, n = 5; 頚椎の手術, n = 1). そのうち4人はCRPS II罹患。 6人の疾患の経過は他の発端のCRPS患者の経過と異なっていない. CRPSの最初の症状は術後1-14日で見られた。まとめ: CRPSは脊椎の手術後まれな合併症, しかし、症例のほぼ1/3において脊椎手術は下肢のCRPSの発症に先行する。The first typical symptoms of CRPSの最初の典型的な症状は脊椎手術から2週間以内に生じる。
Eur Neurol. 2012 Jun 22;68(1):52-58. [Epub ahead of print]
Complex Regional Pain Syndrome following Spine Surgery: Clinical and Prognostic Implications.
Wolter T, Knöller SM, Rommel O.
Interdisciplinary Pain Center, University Hospital Freiburg, Freiburg, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-30 22:47 | 複合性局所疼痛症候群

慢性閉塞性肺疾患におけるむずむず脚症候群


RLSの診断 (International RLS Study Group, IRLSSG)とその強度and severity was (IRLS rating scale)を104人の慢性閉塞性肺疾患COPD患者 (年齢69.1±8歳)で調べた。その他の評価は呼吸困難の程度(Modified Medical Research Council, MMRC), 睡眠の質(Pittsburgh Sleep Quality Index, PSQI), 日中の眠気 (Epworth Sleepiness Scale, ESS), 抑うつ症状(Beck Depression Inventory, BDI-II), および疲労(Fatigue Severity Scale, FSS). ヘモグロビン、フェリチン、クレアチニン、フィブリノーゲンも測定。結果:32人の患者 (30.8%)がRLS (65.6%が女性)と診断され, 中等度/強度(IRLS >11)が26人 (81.3%). RLS 症状は大部分の患者で40歳以降に発症 (93.3%). RLS患者は睡眠の質が悪く(PSQI >5=59.6%; p=0.002), 疲労が強く (FSS >27=51%; p=0.005), 抑うつ症状が強い (BDI-II >10=14.4%; p=0.005). RLSのある患者は呼吸困難が強く (p=0.009)クレアチニンレベルが低い(p=0.005). 全体として, 疲労の程度は高齢と相関する (p=0.001); 呼吸困難のレベルはPSQI およびFSSと正の相関 (p<0.005) フェリチン (p=0.03)やクレアチニン(p=0.005)と負の相関, そしてPSQI scoresはFSSと正の相関 (p<0.005) 、フェリチン (p=0.005)やクレアチニン(p=0.02)と負の相関. 睡眠の質は独立して呼吸困難の強さやクレアチニン、疲労、抑うつを予測する。
Sleep Med. 2012 Jun 21. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome, sleep impairment, and fatigue in chronic obstructive pulmonary disease.
Cavalcante AG, de Bruin PF, de Bruin VM, Pereira ED, Cavalcante MM, Nunes DM, Viana CS.
Faculdade de Medicina, Universidade Federal do Ceará, Brazil.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-30 20:49 | むずむず脚症候群

特発性顔面痛患者の79%で骨シンチに異常あり

特発性顔面痛(idiopathic facial pain:IFP)患者117人 (88%が女性; 平均年齢= 46.7歳)と32人の年齢を一致させた対照群が99mTc-MDPを受ける. ピアソンχ(2) 解析。結果: 63%には痛みがあり(平均期間: 5.4年); 79%は99mTc-MDP scansが陽性,つまり, "hot spots," が無痛者の13%とは有意に異なる(P < .0001). 対照群の5%にhot spotsあり; 対照群と患者群では有意差あり(P < .0001). 痛みのない患者と対照群には有意差なし (P = .0688).まとめ: 99mTc-MDP scan陽性はIFPの痛みの部位と有意に関連する, そしてIFP患者は対照群より優位にhot spotsが多く,これはIFP患者の幾人かでは海綿骨疾患と関連するあるいはそれにより痛みが引き起こされることを示唆。
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2012 Jul;114(1):83-92.
Technetium-99mTc MDP imaging of 293 quadrants of idiopathic facial pain: 79% show increased radioisotope uptake.
Bouquot JE, Spolnik K, Adams W, Deardorf K.
Professor and Chair, Department of Diagnostic & Biomedical Sciences, School of Dentistry, University of Texas, Health Sciences Center, Houston, Texas.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-30 20:04 | 口腔顔面痛、舌痛症

慢性疲労症候群患者の食事制限

強度のCFSと診断された28人の患者の横断研究.食習慣のアンケートと3日間の食事記録 で食事の習慣を評価。結果: 最も頻繁の制限は乳製品とグルテンを含んだ穀物であり、各々22人と15人が制限。患者は異なる消化器症状を報告し,除外した食べ物を使用したのでは症状は改善しない。13人の患者は異なるところから一定の食物の摂取に反対する情報を仕入れていた。穀物制限の6例と乳製品制限の11例はカウンセリングにより制限になった。

Nutr Hosp. 2012 Apr;27(2):659-62.
Patterns of food avoidance in chronic fatigue syndrome: is there a case for dietary recommendations?
Trabal J, Leyes P, Fernández-Solá J, Forga M, Fernández-Huerta J.
Servei d´Endocrinología i Nutrició, Hospital Clínic, Barcelona, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-30 18:08 | 慢性疲労症候群

線維筋痛症の薬物治療、非薬物治療

102の研究、14;982人の患者、8つの治療方法(TCA, SSRI、SNRIs、the gamma-amino butyric acid analogueであるpregabalin, 有酸素運動, 温泉治療, CBT, 組み合わせ治療)を含む。大部分の研究は小規模であり研究の質が悪く、不均質であり不一致である。一群が100人以上の研究に限定すると、不均質の程度は低く偽薬と比較するとSNRIs とpregabalinは統計的に有意に有効であるが、 それは小さく臨床的には関連がない。非薬物治療においてはひとつの大規模なCBTの研究のみが有効である。一群あたり50人以上の中規模の研究においては、対照群に比べて組み合わせ治療が小さいが中等度の有効性があり、ついで有酸素運動とCBT.まとめ:FMSにおいては薬物治療の有効性は疑問であり、非薬物治療の有効性は限られている。薬物治療としてはpregabalinまたはSNRIs、非薬物治療としては組み合わせ治療、有酸素運動、CBTの併用がFMSの治療としては最も有効のようである。

Comparative efficacy of pharmacological and non-pharmacological interventions in fibromyalgia syndrome: network meta-analysis.Nüesch E, Häuser W, Bernardy K, Barth J, Jüni P.
Ann Rheum Dis. 2012 Jun 27. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-30 15:47 | FMの治療総論

線維筋痛症患者は血圧測定誘発アロジニアを呈しやすい

150人の多施設、横断観察研究. ACR 1990年のFM基準に該当するかどうかを医師が判断。血圧測定が誘発したallodyniaの存在は各腕3回座った状態でカフを膨らました状態で評価。標準的な方法で血圧測定を行い、痛みを引き起こしたカフ圧を記録。もし180 mmHgで痛みが誘発されなければ, 加圧を中止して、無痛と表記してカフ圧180 mmHgを記録する。6回のカフ圧の平均を解析に用いる。ロジスティック回帰により血圧測定が引き起こしたallodyniaとFMの関係を解析した。結果:一人は腕が太すぎ血圧測定ができず、もう一人はACR基準の評価を医師から受けなかったため、148人を評価。半数以上の者はFMのACR基準を満たしていた。そのうち71人 (91%)は女性であ、平均年齢は54歳。FMと診断されなかった70人のうち, 42人 (60%)は女性であり、平均年齢は54歳。FMとは診断されなかった25人(36%)、FM患者のうちの61人(78%)は血圧測定誘発のallodyniaを報告。FM患者はFMではない者に比べて低いカフ圧で痛みを報告 (132 mmHg vs. 166 mmHg, p < .01)。ロジスティック回帰により血圧測定が誘発したallodynia はACR基準のFMの診断を予測する(χ = 19.4, p < .01).
Nurs Res. 2012 Jun 21. [Epub ahead of print]
Sphygmomanometry-Evoked Allodynia in Chronic Pain Patients With and Without Fibromyalgia.
Chandran AB, Coon CD, Martin SA, McLeod LD, Coles TM, Arnold LM.
Arthi B. Chandran, MS, MPH, is Associate Director, Global Health Economics and Outcomes Research, Pfizer, Inc., New York, New York. Cheryl D. Coon, PhD, is Director of Psychometrics; Susan A. Martin, MSPH, is Senior Director of Patient Reported Outcomes; Lori D. McLeod, PhD, is Head of Psychometrics; and Theresa M. Coles, MS, is Senior Health Outcomes Analyst, Patient Reported Outcomes, RTI Health Solutions, Durham, North Carolina. Lesley M. Arnold, MD, is Professor of Psychiatry and Behavioral Neuroscience and Director of Women's Health Research Program, College of Medicine, University of Cincinnati, Ohio.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-28 22:57 | FMの検査

リリカ線維筋痛症への適用により状況悪化

 ファイザー、「リリカ カプセル」の線維筋痛症に伴う疼痛の新効能承認を取得。
 実におめでたい話なのですが、実質的には状況は悪化してしまいました。今までリリカは末梢性神経障害性疼痛(上限量600mg/日)に適用がありました。今回線維筋痛症に適用が通りました。ただし、上限量が450mg/日なのです。今までは病名を末梢性神経障害性疼痛とすれば600mg/日まで使用できていたのです。しかし、今回、線維筋痛症への適用が承認されたため上限量が450mg/日に減ってしまいました。そのため、今まで450mgを越える投与量が許されていた人は450mg/日に投与量が減らされてしまいます。
 私の病院では主病名「線維筋痛症」、副病名「末梢性神経障害性疼痛」で保険請求を行ってきました。これにより最高600mgまでの使用が可能でした。今後は主病名「線維筋痛症」、副病名「末梢性神経障害性疼痛」では上限量が450mg/日までしか認められない可能性があります。その場合、対処方法は二通りです。①450mgを超える投与はあきらめる。②「線維筋痛症」という病名を付けず、「末梢性神経障害性疼痛」という病名のみを付けて450mgを超える投与を行う。
 「あなたは線維筋痛症なので1日450mgまでしか投与できなくなりました。残念ですが投与量を減らします。」という対応をとる医療機関が出ると思います。1日450mg以下の投与量であれば問題はないのですが1日450mgを超える場合には大問題になります。
 今回の件は線維筋痛症にとって1歩前進、2歩後退です。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-25 20:51 | FMの薬物治療各論

抗不安薬の長期使用は認知機能を低下させる

フランスの人口に基づいた三つの都市からの結果。開始時全員が65歳以上であり、7年間の経過観察。benzodiazepines使用と認知機能を開始時、2年後、4年後、7年後に調べた。Mini Mental Status Examination, Isaacs Set test, Benton Visual Retention Test, およびTrail Making Test (A and B)で認知機能を調べた。解析は年齢、治療センター、性別、教育、社会職業的な状況、抑うつ、不眠、高血圧、高コレステロール血症、アルコール、喫煙、肉体的活動で補正。2年、4年、7年連続でbenzodiazepinesを使用していると報告した969人をbenzodiazepinesを使用していない4226人と比較。benzodiazepineの慢性使用は有意に認知機能のレベルが低いことと関連する (β=-1.79 SE=0.25 p=<0.001), しかし慢性使用と認知機能低下の加速には関連がない, 潜在的な認知の過程とも関連がなく(β×time=0.010 SE=0.04 p=0.81),特殊な神経心理学的なテストとも関連しない。我々の結果はbenzodiazepineの慢性使用は認知機能が悪い事と関連するが年齢による認知機能の低下には関連しないことを示唆する。

Eur Neuropsychopharmacol. 2012 Jun 15. [Epub ahead of print]
Chronic use of benzodiazepines and latent cognitive decline in the elderly: Results from the Three-city study.
Mura T, Proust-Lima C, Akbaraly T, Amieva H, Tzourio C, Chevassus H, Picot MC, Jacqumin-Gadda H, Berr C.
INSERM U1061, Neuropsychiatrie: Recherche Epidémiologique et Clinique, Université Montpellier I, 34093 Montpellier, Cedex 5, France; University Hospital of Montpellier, Medical Information Department, Clinical Investigation Center, 34093 Montpellier, France; INSERM, CIC 1001, Montpellier, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-23 14:40 | 抗不安薬の常用量依存

抗不安薬依存と関連する要因


縦断、コホート研究。the Netherlands Study of Depression and Anxiety (NESDA) の2981人中401人(13.5%)のBZD使用者。依存の強さはthe Benzodiazepine Self-Report Questionnaireの3つのsubscales(Problematic Use, Preoccupation, およびLack of compliance)で評価。所見:多変量解析によると, Problematic Useは過去6か月の GP受診 (β= 0.170, p=0.001) および不眠の強さ(β= 0.145, p=0.004)に相関する. 没頭(Preoccupation)は不安の強さ was related with anxiety severity (β= 0.194, p=0.001), 抗うつ薬の使用(β= 0.197, p<0.001), アルコール依存 (β= 0.185, p<0.001), および1日のBZD使用量の多さ (β= 0.160, p=0.001)に相関する。服薬順守の欠如は高齢 (β= 0.122, p=0.03), 失業状態 (β= 0.105, p=0.04), 不眠(β= 0.129, p=0.01), 抗鬱薬の使用 (β= 0.148, p=0.002), およびアルコール依存 (β= 0.108, p=0.02)に相関する。

Addiction. 2012 Jun 15. doi: 10.1111/j.1360-0443.2012.03975.x. [Epub ahead of print]
Correlates of benzodiazepine dependence in the Netherlands Study of Depression and Anxiety.
Manthey L, Lohbeck M, Giltay EJ, van Veen T, Zitman FG, Penninx BW.
Department of Psychiatry, Leiden University Medical Center, Leiden, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-23 13:21 | 抗不安薬の常用量依存

アトピー性皮膚炎にはむずむず脚症候群が多い

253人(アトピー性皮膚炎AD患者120人, 乾癬50人および健常人83人). International RLS Study Group (IRLSSG)の基準でRLSを診断し, IRLSSG severity scale でその程度を評価した。結果: RLSは乾癬 (18.0%) や健常人 (10.8%)よりAD (40.8%)で多かった(各々P<0.01 及びP<0.001). RLSの有病率は不活動性のAD (55.3% vs. 23.6%)や健常人よりも活動性のADの方が高い。活動性ADと非活動性AD間、活動性ADと健常者間、および非活動性ADと健常者間にはRLSの有病率に有意差あり(各々P<0.001, P<0.001, P<0.04). 活動性ADと乾癬患者間、乾癬患者と健常者間にはRLSの有病率に有意差はなかった(P>0.05)。RLS患者の中で56.9%にはアトピーの家族歴があり、40.3%にはRLSの家族歴があり, RLSの存在とアトピー又はRLSの家族歴には有意な相関あり(両方ともP<0.001).

Clin Exp Dermatol. 2012 Jul;37(5):469-476. doi: 10.1111/j.1365-2230.2012.04356.x.
Increased frequency of restless legs syndrome in atopic dermatitis.
Cicek D, Halisdemir N, Dertioglu SB, Berilgen MS, Ozel S, Colak C.
Departments of Dermatology, Faculty of Medicine, Firat University Elazig, Turkey Department of Statistics, Faculty of Arts and Sciences, Firat University, Elazig, Turkey Departments of Dermatology, Faculty of Medicine, Harran University Sanliurfa, Turkey Departments of Neurology, Faculty of Medicine, Firat University Elazig, Turkey Departments of Neurology, Besni State Hospital, Adiyaman, Turkey Department of Statistics, Faculty of Arts and Sciences, Inonu University, Malatya, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-22 17:59 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line