<   2012年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


幻肢痛ー患者へのアンケート

ドイツの国家レベルの調査の一部分として, 537 人の切断者が治療や鎮痛に関する11のアンケートを受けた。さらに医療の質に関する意見を尋ねた。結果:1088の切断者のうち537人(49.4%)からアンケートが返送。400人 (74.5%)が幻肢痛(PLP)罹患。患者は介護者のPLPに関する知識は彼ら自身の知識より低いと見なしている。PLP患者の多く(41.6%)はPLPの発生の可能性や機序に関する説明を受けていなかった。PLP患者の大部分は治療を受けていなかった。治療を受けていた患者の中で30%を超える患者は有効な治療を受けるために3人を超える医師を受診。PLP患者の中で12.7% のみが50%を越える鎮痛が実現。成功した治療の大部分はopioids (67.4%) と抗痙攣(51.7%).全PLP患者の46.4% が鎮痛のために手術を受けており、29.7%は臨床的に神経腫を疑われた。 術後, 50%は痛み悪化あるいは不変、41.6%が改善, そして7.4%が無痛。

Pain Med. 2012 Sep 26. doi: 10.1111/j.1526-4637.2012.01494.x. [Epub ahead of print]
Phantom Limb Pain in Daily Practice-Still a Lot of Work to Do!
Kern U, Busch V, Müller R, Kohl M, Birklein F.
Center for Pain Management and Palliative Care, Wiesbaden Department of Neurology, University of Regensburg, Regensburg Department of Psychology, University of Giessen-Marburg, Giessen Professor's Chair of Stochastics, University of Bayreuth, Bayreuth Department of Neurology, University Medical Center, Mainz, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-29 21:03 | その他の疼痛

妊娠希望のCRPS患者への脊髄電気刺激

妊娠するために投薬を中止したい右下肢のCRPS女性が脊髄電気刺激器(spinal cord stimulation system:SCS)の植え込みを受けた。Th(10-11)の硬膜外腔に電極リード線を挿入し、傍正中法でL(2-3)に達する, そしてパルス発生器を左臀部に植える。彼女は 24時間のSCSを受ける。何回かの化学的流産を受けた後、人工授精により妊娠。脊椎麻酔下に帝王切開を受け平穏な出産を行った。妊娠を希望するCRPS患者で SCS systemを植え込む場合には、将来の帝王切開時の腰椎麻酔あるいは硬膜外麻酔に備えて電極リードを下位胸椎の硬膜外腔から上位腰椎レベルまで入れる。妊娠中の腹部の拡大によるSCS systemの障害に備えてパルス発生器は臀部に植える。 我々は電磁場や骨盤内臓器の血流の変化による副作用を心配するが, 患者はうまく出産した。 出産を希望するCRPS患者にはSCSは優れた選択肢。

J Anesth. 2012 Aug 15. [Epub ahead of print]
Spinal cord stimulation for a woman with complex regional pain syndrome who wished to get pregnant.
Ito S, Sugiura T, Azami T, Sasano H, Sobue K.
Department of Anesthesiology and Medical Crisis Management, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences, 1 Kawasumi, Mizuho-cho, Mizuho-ku, Nagoya, Aichi, 467-8602, Japan,

名古屋市立大学麻酔科からの報告
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-29 20:08 | 複合性局所疼痛症候群

慢性疲労症候群患者の希望

北イングランドでインタビュー。患者と介助者はCFS/MEを正当な状態として認識する重要性を強調し、医療従事者に信頼してもらえる必要性を強調する。GPs(開業医)やpractice nursesは常にその疾患を診断したり地労する知識や技術を持っているわけではないと述べている。彼らはオンラインのトレーニングを好む。患者にとっては専門家との面談で得た情報と介助者の役割は重要と考えていた。患者は診断時に情報を過剰に与えられる事を好まず、情報を徐々に出す事を示唆する。

BMC Fam Pract. 2012 Sep 21;13(1):93. [Epub ahead of print]
Developing resources to support the diagnosis and management of Chronic Fatigue Syndrome/Myalgic Encephalitis (CFS/ME) in primary care. A qualitative study.論文あり
Hannon KL, Peters S, Fisher L, Riste L, Wearden A, Lovell K, Turner P, Leech Y, Chew-Graham C.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-29 17:26 | 慢性疲労症候群

線維筋痛症患者の性格的特徴

Medline およびPsychINFOで 1967年から 2012年までFMと性格の関連を調べた。 結果:多くの研究がFM患者は精神的苦悩を経験していることを示唆。FMにおいて不安や抑うつなどの苦悩やそれに関連する精神的な領域を評価する様々な指標がある。性格と精神的苦悩への原因と結果があいまいなFM患者の性格的な特徴を調べるために、多くの場合、同じ指標が使われていた。さらに、FMの症状は発症前の性格的な特徴を変えるかもしれない。この問題がFMに影響を与える特異的な性格的な特徴を同定する事を困難にする。論文を総説する際に用いた方法論の本質的な問題にもかかわらず、あるいはそのために、FMには明確な性格のプロフィールを見出せなかった。しかし、FM患者の多くは破滅性あるいは対処が悪いというような、ストレスのある状況に対する精神的な反応を促進する性格的な特徴を示しており, それらはFMの機序に関連しているようだ。

Open Rheumatol J. 2012;6:273-85. Epub 2012 Sep 7.
Personality and fibromyalgia syndrome.
Malin K, Littlejohn GO.
Department of Medicine, Monash University, Melbourne, Australia.

 線維筋痛症になった人の性格を調べてもそれは線維筋痛症の原因か結果かはわからないという問題
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-29 14:01 | FMの雑感

2010年基準による症状の評価

the Widespread Pain Index (WPI)で測定した痛みの分布と (疲労、元気の出ない睡眠、認知症状、身体の症状を測定する)the Symptom Severity scale (SS)で点数(0-31)が出る。方法:フランス語版The Fibromyalgia Survey Diagnostic Criteria and Severity Scale (FSDC)を73人の FM患者に2回行う,そしてそれを他の症状測定と比べる: Fibromyalgia Impact Questionnaire (FIQ), Health Assessment Questionnaire (HAQ), McGill Pain Questionnaire (MPQ),および全般的評価のVASと痛みのVAS. Test-retestの信頼性, 内部整合性,および構成概念の有用性を評価。結果:Test-retest の信頼性はFSDCの25の単一項目では0.600 と 0.888の間,全FSDCでは0.912, すべて有意な相関 (p < 0.0001). Cronbach's alpha (0.846 for FSDC assessment 1, および0.867 for FSDC assessment 2)で測定した内部整合性は良好. 構成概念の有用性はFSDC およびFIQ 0.670, HAQ 0.413, MPQ 0.562, 全般性VAS 0.591, および痛みVAS 0.663には有意な相関を示す (すべてp<0.001).

BMC Musculoskelet Disord. 2012 Sep 20;13(1):179. [Epub ahead of print]
The 2010 American college of rheumatology fibromyalgia survey diagnostic criteria and symptom severity scale is a valid and reliable tool in a French speaking fibromyalgia cohort.
Fitzcharles MA, Ste-Marie PA, Panopalis P, Ménard HA, Shir Y, Wolfe F.

日本でも同様の試みがされています。一歩先を越されました。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-23 18:32 | FMの検査

向精神薬の胎児への影響(系統的総説)

系統的総説。抗うつ薬は自然流産、死産、早期産、呼吸困難、内分泌障害と代謝障害と関連する。discontinuation syndromeと心臓の欠陥の証拠がある。抗精神病薬は妊娠体重の増加、糖尿病の増加、早期産の増加と関連する。抗精神病薬の出生体重への影響は結論が出ていない。リチウムは羊水過多、前子癇、呼吸困難症候群、低血圧、早産などの出産合併症の危険性が高まる。リチウムは以前は、Ebstein's奇形の危険性を著しく上げると報告されていた。 しかし、最近の再評価では以前の評価は怪しい。リチウムは心臓の中隔の欠損と関連がある証拠がある。

Pharmacol Ther. 2012 Jul;135(1):71-7. Epub 2012 Mar 28.
Psychotropics in pregnancy: safety and other considerations.
Oyebode F, Rastogi A, Berrisford G, Coccia F.
National Centre for Mental Health, 25 Vincent Drive, Edgbaston, Birmingham B15 2FG, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-23 12:57 | 抗うつ薬

サインバルタの糖尿病性神経障害性疼痛への効果(総説)


糖尿病性神経障害性疼痛(diabetic peripheral neuropathic pain:DPNP)患者におけるduloxetine 1日1回40と 60 mgを調べた、4つの二重盲検、偽薬対照の12週間の研究と1つの open-label, 非対照の34週の効果維持(maintenance-of-effect:MOE) 研究からの効果と安全性をまとめる。すべての偽薬対照研究において、duloxetine は偽薬に比べて有意に(P ≤ .01) 痛みの強さを軽減した(一次的な結果の測定である24時間の痛みの強さの平均の1週間の平均). すべての偽薬対照研究において, duloxetineは有意に(P ≤ .05) 痛みの生活への障害を改善する. Duloxetine群は対照群より患者の全般的改善の印象は偽薬より優れている(P ≤ .01). 反応率(痛みの軽減が30%)はduloxetine群では57%から 68%であり、偽薬群では35%から 47% であり、4つの研究のうち3つでは有意差あり(P ≤ .01). open-label 研究ではDPNPにおけるduloxetineの効果は維持された. Duloxetine群では, 4.3%から 14.9%の患者は副作用のために脱落 (偽薬群では2.6%から7.4%).治療群における最も一般的に報告されている副作用は吐き気、眠気および頭痛。1日1回のDuloxetine 40と 60 mgはDPNP治療において有効で耐えられる.

Pain Res Treat. 2012;2012:898347. Epub 2012 Aug 29.
Review of Efficacy and Safety of Duloxetine 40 to 60 mg Once Daily in Patients with Diabetic Peripheral Neuropathic Pain.
Skljarevski V, Frakes EP, Sagman D, Lipsius S, Heinloth AN, Dueñas Tentori HJ.
Department of Neuroscience, Eli Lilly and Company, Indianapolis, IN 46285, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-22 20:45 | 有痛性糖尿病性末梢神経症

抗うつ薬による交通事故増加

3つのフランスの国家のデータベース: つまりthe national health care insurance database, 警察の報告, および国家警察の外傷性の衝突のデータベースからデータを得た。症例対照解析で34,896人の有責の運転手と37,789人の無責の運転手を比べた。事例交叉解析で薬物暴露の急性の効果を調べた。結果: フランスで2005年7月から2008年5月まで外傷性の衝突に巻き込まれたnational health care number で同定された72,685人の運転手. 2,936人の運転手 (4.0%)は事故当日少なくとも一つの抗うつ薬に暴露。事故に責任があることと抗うつ薬処方には有意な関連がある(odds ratio [OR] = 1.34; 95% CI, 1.22-1.47). 事例交叉解析によると治療の処方には関連がないが、交通事故の危険性は抗うつ薬開始後に増加し(OR = 1.49; 95% CI, 1.24-1.79)、抗うつ薬変更後に増加した (OR = 1.32; 95% CI, 1.09-1.60).

Clin Psychiatry. 2012 Aug;73(8):1088-1094.
Risk of injurious road traffic crash after prescription of antidepressants.
Orriols L, Queinec R, Philip P, Gadegbeku B, Delorme B, Moore N, Suissa S, Lagarde E; for the CESIR Research Group.
Equipe Prévention et Prise en Charge des Traumatismes, Centre de Recherche INSERM U897 "Epidémiologie et Biostatistiques" Université Bordeaux Segalen, Case 11, 146 rue Léo Saignat, 33076 Bordeaux Cedex, France ludivine.orriols@isped.u-bordeaux2.fr
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-20 22:43 | 抗うつ薬

ビタミンCのCRPS予防効果(メタ解析)


1日500 mg以上の vitamin Cの効果を評価した比較研究を調べた。包括基準や除外基準でスクリーニングした後、4つの研究を本研究に含めた。4つの研究のうち1つのみが足や足関節の手術に関する研究; 残りは上肢。4つすべての研究は最小の不均質の治療に賛成である(Tau(2) = 0.00). 少なくとも1日500 mgのvitamin C を肢の手術や外傷後すぐに開始し、45-50日間継続した場合の定量的合成では相対危険度は0.22 (95% confidence interval = 0.12, 0.39)。一律の毎日のvitamin C投与は足や足関節手術や外傷時にCRPSを防ぐことに有効かも。さらなる足や足関節の特異的で用量反応的な研究が必要。
J Foot Ankle Surg. 2012 Sep 15. pii: S1067-2516(12)00392-4. doi:
10.1053/j.jfas.2012.08.003. [Epub ahead of print]
Efficacy and Safety of High-dose Vitamin C on Complex Regional Pain Syndrome in Extremity Trauma and Surgery-Systematic Review and Meta-Analysis.1請求
Shibuya N, Humphers JM, Agarwal MR, Jupiter DC.
Associate Professor of Surgery, Texas A&M Health and Science Center, College of Medicine; Acting Chief, Section of Podiatry, Department of Surgery, Central Texas VA Health Care System; Staff, Scott and White Memorial Hospital and Clinics, Temple, TX.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-20 00:22 | 複合性局所疼痛症候群

むずむず脚症候群は冠動脈性心疾患の危険因子


2002年の研究開始時には冠動脈性心疾患(CHD)も脳卒中もない70, 694人の女性(平均年齢67歳) を2008年まで前向きに経過観察。医師が診断したRLSをアンケートから集めた. CHD とは非致死性の心筋梗塞または致死性のCHDと定義。研究開始時にRLSであった女性はRLSではなかった女性に比べて、CHDになる危険性が高い(多変量で補正したhazard ratio (HR), 1.46; 95% confidence interval (CI), 0.97-2.18)。その危険性は症状の持続期間に依存し、3年未満のRLS女性では0.98 (95% CI, 0.44-2.19) 3年以上のRLS女性では1.72 (95% CI, 1.09-2.73) (P trend=0.03)。RLS ではない女性に比べると3年以上RLSである女性の多変量で補正した非致死性の心筋梗塞のHRsは 1.80 (95%CI, 1.07-3.01)、致死性のCHDでは1.49 (95%CI, 0.55-4.04)。

Circulation. 2012 Sep 11. [Epub ahead of print]
Prospective Study of Restless Legs Syndrome and Coronary Heart Disease Among Women.
Li Y, Walters AS, Chiuve SE, Rimm EB, Winkelman JW, Gao X.
1 Brigham and Women's Hospital & Harvard Medical School, Boston, MA;
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-19 22:24 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line