<   2012年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧


ガバペンの術後痛への効果


無作為振り分け、二重盲検、偽薬使用研究で61人の患者を無作為に2群に分ける(30人は実薬群 31人は対照群). 全員が腹式子宮摘出術。実薬群は, 100 mg gabapentinを夜間そして300 mg gabapentin を経口(1カプセル)で手術2時間前に投薬. 偽薬群は複合ビタミン剤を1カプセル飲む。全員同じ麻酔プロトコールを受け腹式子宮全摘出を受けた。術後24時間で, 患者は痛み、吐き気、嘔吐、めまい、収縮期血圧(systolic blood pressure :SBP), 拡張期血圧(diastolic blood pressure :DBP), 脈拍(pulse rate:PR) およびmorphine 使用を1, 6, 12および 24時間で測定。結果:実薬群と偽薬群の患者の平均年齢は45.86 +/- 4.06と48.16 +/- 4.48,そして実薬群と偽薬群の患者の平均体重は64.56 +/- 13.29と68.8 +/- 12.88。術後1時間を除いて(p = 0.02), morphine使用には両群には有意差がなかった。術後合併症と血流力学の指標(PR, SBPおよび DBP)には有意差なし。
West Indian Med J. 2012 Mar;61(2):128-33.
Effect of gabapentin on postoperative pain and operation complications: a randomized placebo controlled trial.
Behdad S, Ayatollahi V, Bafghi AT, Tezerjani MD, Abrishamkar M.
Department of Anaesthesiology, Shahid Sadoughi University of Medical Sciences, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-25 11:54 | 抗痙攣薬

男性でも片頭痛患者はむずむず脚症候群になりやすい


男性での片頭痛(偏頭痛)とRLSの関係を調べた。the Physicians' Health Studyの22,926人の横断研究. Migraine とRLSの情報は自己報告。4つの小さい診断基準によりRLSを分類。年齢および多変量ロジスティック解析。結果:対象者22,926人 (平均年齢67.8)中, 2816 人が(12.3%) migraine であり、1717人が (7.5%) RLS. 多変量解析を行うとMigraine患者はRLSに罹患しやすい(OR) (95% confidence interval (CI)) of 1.20 (1.04-1.38)。この関連はRLSに類似の症状を持っている男性を除外しても安定しており、年齢で補正しても変わらず。まとめ:男性においてもmigraine とRLSには関連あり。その関係は女性と同程度。
Cephalalgia. 2012 Nov 15. [Epub ahead of print]
Migraine and restless legs syndrome in men.
Winter AC, Schürks M, Berger K, Buring JE, Gaziano JM, Kurth T.
Division of Preventive Medicine, Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-25 11:52 | むずむず脚症候群

線維筋痛症に対するセラピー犬の効果


待合室をを対象にしたOpen label研究。 三次医療、大学を基にした外来患者の痛み治療クリニック。FM患者は広告で募集した。参加者は待合室で資格のあるセラピー犬と過ごすことができる。セラーピー犬が利用できない場合には待合室で過ごす。結果の計測:セラピードッグ前後あるいは待合室前後で11点のnumeric rating scalesを用いて自己報告の痛み、疲労、および精神的苦痛を記録。結果: 106人がセラピー犬であり49人が待合室であり対照群, 両群には人口統計学データには有意差なし。セラピー犬は平均12分であり待合室は平均17分。セラピー犬後には痛み、気分、およびその他の苦悩の指標は有意に改善したが、待合室群ではそうではなった。臨床的に意味のある痛みの軽減(痛みの強さの軽減が2点以上)はセラピー犬後では34%であり待合室後では4%.結果は不安や抑うつの合併症の存在では影響を受けなかった。まとめ:犬による短期間の治療はFMの外来患者の価値のある保補完医療になるかも。
Pain Med. 2012 Nov 21. doi: 10.1111/j.1526-4637.2012.01522.x. [Epub ahead of print]
Impact of Animal-Assisted Therapy for Outpatients with Fibromyalgia.
Marcus DA, Bernstein CD, Constantin JM, Kunkel FA, Breuer P, Hanlon RB.
Department of Anesthesiology and Critical Care Medicine, School of Medicine, University of Pittsburgh, Pittsburgh, Pennsylvania, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-25 11:46 | FMの非薬物治療

CRPSの危険因子


Harden/Bruehl基準. 前向き多施設コホート研究で3つのオランダの病院の救急室から集めた手関節、手、足、足関節の単一の骨折の596人の患者 (18歳以上)。596人の患者のうちで 42人 (7.0%) はHarden/Bruehlの(完全な)診断基準で診断したCRPS1であり, 289人 (48.5%)は IASP基準を満たし, 127人 (21.3%)はVeldman基準を満たす。医学的および人口動態的データによる解析を行うと、後にCRPS1になった患者は関節内骨折, RA, 筋骨格合併症や骨折脱臼の頻度が有意に多い。足関節骨折, 脱臼および関節内骨折は有意にCRPS1の発生を予測する. CRPS1患者は全員12か月後 (T3)に症状がない。受傷時、CRPS1患者はCRPS1でない患者より有意に痛みが強い (p < .001)。単一骨折後のCRPS1 の発生率は診断基準により大きく異なる。骨折後 CRPS1が発生した7%の患者は全員1年後に症状なし。
Ned Tijdschr Geneeskd. 2012;156(46):A5180.
[Demographic and medical parameters in the development of complex regional pain syndrome type 1 (CRPS1): prospective study on 596 patients with a fracture].
[Article in Dutch]
Beerthuizen A, Huygen FJ, Van 't Spijker A.
*Dit onderzoek werd eerder gepubliceerd in Pain (2012;153:1187-92) met als titel 'Demographic and medical parameters in the development of complex regional pain syndrome type 1 (CRPS1): prospective study on 596 patients with a fracture'. Afgedrukt met toestemming.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-25 11:42 | 複合性局所疼痛症候群

三環系抗うつ薬により骨折の危険性が高くなる


2012年6月まで。2人の調査者が独立して調べる。メタ解析。12の研究が含有基準に合致。TCA(三環系抗うつ薬)の使用は骨折の危険性を有意に高める (relative risk [RR], 1.45; 95% confidence interval [CI], 1.31-1.60; P<.001). TCA使用と骨折の危険性の増加は骨密度で補正しても認められた (RR, 1.54 [95% CI, 1.24-1.90]; P<.001)あるいは抑うつで補正しても認められた (RR, 1.49 [95% CI, 1.28-1.67]; P<.001). 6週間以上TCAを内服した場合の骨折の危険性は (RR, 1.13 [95% CI, 1.00-1.28])6週間より少なく TCA を内服した骨折の危険性よりもかなり少ない (RR, 2.40 [95% CI, 1.41-4.08]). 以前のTCA使用は骨折の危険性を高めない (RR, 1.04 [95% CI, 0.86-1.26]; P=.70). 出版の偏りを考慮すると, TCA使用と骨折の危険性の関連は少し弱くなる (RR, 1.36 [95% CI, 1.24-1.50])しかし有意なままである(P<.001).

J Bone Miner Res. 2012 Nov 19. doi: 10.1002/jbmr.1813. [Epub ahead of print]
Tricyclic antidepressant use and risk of fractures: A meta-analysis of cohort and case-control studies.Wu Q, Qu W, Crowell MD, Hentz JG, Frey KA.
Division of Health Sciences Research, Mayo Clinic, Scottsdale, Arizona. wu.qing@mayo.edu
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-25 11:36 | 抗うつ薬

統合失調症に対するベンゾジアゼピンの効果はあまりない。コクラン


BZD単独治療と偽薬と比較した研究は8つ。臨床的に重要な反応を示さない者の割合はbenzodiazepines群も偽薬群も有意には違わない (N = 382, 6 RCTs, RR 0.67 CI 0.44 to 1.02).全身状態や精神状態を評価する指標の結果は不一致。14の研究はbenzodiazepine単独治療を抗精神病薬単独治療と比較。臨床的に重要な治療反応の評価では研究による有意差はない (30分: N = 44, 1 RCT, RR 0.91 CI 0.58 to 1.43; 60分: N = 44,1 RCT, RR 0.61 CI 0.20 to 1.86; 12時間: N = 66, 1 RCT, RR 0.75 CI 0.44 to 1.30; 短期間の研究の統合: N = 112, 2 RCTs, RR 1.48 CI 0.64 to 3.46). 20分と40分の時点では、望まれる鎮静は抗精神病薬群よりもbenzodiazepine群の方が有意に頻繁に起こる.全身状態、精神状態や副作用の発生率には両群間に有意差なし。20の研究では、BZDと抗精神病薬との併用療法と抗精神病薬単独治療の比較。臨床的に重要な反応に関して, 最初の30分でのみ併用群が有意な改善を示した (30分: 1 RCT, N = 45, RR 0.38 CI 0.18 to 0.80; 60分: N = 45,1 RCT, RR 0.07 CI 0.00 to 1.13; 12時間: N = 67,1 RCT, RR 0.85 CI 0.51 to 1.41; 短期間の研究の統合: N = 511, 6 RCTs, RR 0.87 CI 0.49 to 1.54)。30分と60分で望ましい鎮静を除いて全身状態や精神状態には両群には有意差なし (30分: N = 45, 1 RCT, RR 2.25 CI 1.18 to 4.30; 60分: N = 45, 1 RCT, RR 1.39 CI 1.06 to 1.83).結論:現時点では、統合失調症や統合失調症様の精神病の薬物治療におけるBZD単独治療あるいはBZDと抗精神病薬との併用療法の差を確認も反論もする明確なエビデンスはない。質の低いエビデンスによりbenzodiazepinesは非常に短期間の鎮静に有効であり統合失調症で急速に興奮している者を落ち着かせられるかも。全般的な脱落率で計算するとbenzodiazepine治療の受容性は適切な様である。副作用は一般的にあまり報告されていない。統合失調症におけるBZD治療、とくに長期間の併用療法に関するエビデンスを明らかにするために、多くの患者を用いた質の高い将来の研究が必要である。
Cochrane Database Syst Rev. 2012 Nov 14;11:CD006391. doi: 10.1002/14651858.CD006391.pub2.
Benzodiazepines for schizophrenia.
Dold M, Li C, Tardy M, Khorsand V, Gillies D, Leucht S.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-17 17:32 | 抗不安薬の常用量依存

子供時代の知能が低いことは慢性広範痛症の危険因子


子供時代の知能と成人時のCWPの危険性の関連をthe National Child Development Survey (1958 British Birth Cohort)の6902人の男女で調べた。参加者は11歳時に全般的な認知機能テストを受け、45歳時にACRの基準によりCWPを診断した。性別や可能性のある交絡因子や介在因子で補正してRisk ratios (RRs) および95% confidence intervals (CIs)を算出。ACR基準によるCWPになる危険性は知能が低下するにつれ段階的に高くなる, (P for linear trend <0.0001)。性別で補正した解析によると, CWPのRR は1.26 (95% CI 1.17-1.35)である。 multivariate backwards stepwise regressionによると,子供時代の知能が低いことは、社会階層、教育歴、BMI、喫煙状態、および精神的苦悩とともに、CWPの独立した予測因子のままである (RR 1.10; 95% CI 1.01-1.19)。子供時代の知能が低いことが中年でのCWPの危険性に与える影響の一部はBMIが高いことや社会経済的に不利な位置にいることが介在している。男女とも子供時代の知能が高いことは成人でのCWPの可能性が低くなる。
Pain. 2012 Dec;153(12):2339-44. doi: 10.1016/j.pain.2012.07.027.
Intelligence in childhood and chronic widespread pain in middle age: The National Child Development Survey.
Gale CR, Deary IJ, Cooper C, Batty GD.
MRC Lifecourse Epidemiology Unit, University of Southampton, Southampton, UK; Centre for Cognitive Ageing and Cognitive Epidemiology, Department of Psychology, University of Edinburgh, Edinburgh, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-17 17:27 | その他の疼痛

慢性疲労症候群の有病率と発生率


目的:1994年の基準を用いてMinnesotaのOlmsted CountyにおけるCFSの有病率と発生率を評価し、合併症を調べる。方法:人口に基づいたデータベースであるthe Rochester Epidemiology Projectを用いてCFSの可能性のある患者の医療記録を、1998年1月1日から2002年12月31日まで,後ろ向きに調べた。医療記録により6か月以上疲労があり、CFSを定義する8つの症状のうち少なくとも4つが陽性であり、症状が日常の労働や活動を阻害する場合にCFSと分類した。診断基準を満たさない場合には不完全/特発性疲労(insufficient/idiopathic fatigue)と分類した。結果:慢性疲労のある可能背のある686人中2人は医療記録を調べることを拒否。残りの684人中, 151人 (22%) はCFS又はinsufficient/idiopathic fatigueの基準を満たした。CFSおよび insufficient/idiopathic fatigueの有病率と発生率は 100,000人中71.34人と100,000人―年中13.16人vs 100,000人中73.70人と100,000人―年中13.58人。可能性のある患者には除外疾患を合併した482人(70%) が含まれ, どちらかの診断基準を患者のほぼ半数は少なくとも一つの非除外合併症を持つ。まとめ:CFSおよび insufficient/idiopathic fatigueの有病率と発生率はOlmsted Countyでは比較的低い。

Mayo Clin Proc. 2012 Nov 7. pii: S0025-6196(12)00923-8. doi: 10.1016/j.mayocp.2012.08.015. [Epub ahead of print]
Prevalence, Incidence, and Classification of Chronic Fatigue Syndrome in Olmsted County, Minnesota, as Estimated Using the Rochester Epidemiology Project.
Vincent A, Brimmer DJ, Whipple MO, Jones JF, Boneva R, Lahr BD, Maloney E, St Sauver JL, Reeves WC.
Fibromyalgia and Chronic Fatigue Clinic, Mayo Clinic, Rochester, MN; Division of General Internal Medicine, Mayo Clinic, Rochester, MN. Electronic address: RSTFCFC@mayo.edu

この有病率は今までの報告と比べるとかなり低い。通常はCFSの有病率は0.5%前後。ところでアメリカには線維筋痛症と慢性疲労症候群を専門に診療する部門があることが著者の所属からわかります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-17 17:23 | 慢性疲労症候群

線維筋痛症における偽薬効果とノセボ効果(偽薬による副作用)の割合


MEDLINEおよびclinicaltrials.govの開始から2012年6月30日までのFMS患者におけるduloxetine, milnacipran, pregabalin およびsodium oxybateの無作為振り分け二重盲験、偽薬使用パラレル研究を調べた。placeboで50%痛みが軽減する統合された評価により偽薬効果の強さを評価。.偽薬群において副作用で脱落した統合された評価によりnocebo効果を評価した。結果:18の研究3546人の患者にplacebo使用。偽薬により50%痛みが減少する統合評価は18.6% (95% CI 17.4 to 19.9%). 偽薬群において副作用により脱落する割合は10.9% (95% CI 9.9 to 11.9%).
Clin Exp Rheumatol. 2012 Nov 8. [Epub ahead of print]
Placebo and nocebo responses in randomised controlled trials of drugs applying for approval for fibromyalgia syndrome treatment: systematic review and meta-analysis.1請求
Häuser W, Sarzi-Puttini P, Tölle TR, Wolfe F.
Department of Internal Medicine I, Klinikum Saarbrücken, Saarbrücken, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-15 00:00 | FMの雑感

妊娠中におけるSSRI内服の危険性


総説。妊娠中のSSRI内服は流産、出生時欠損、早産、新生児行動症状、新生児遷延性肺高血圧症および長期間の神経行動作用の危険際が高くなる。抗うつ薬内服により妊娠が改善する根拠はない。運動療法と同様に認知行動療法を含む心理療法にはエビデンスがあり一般人口において有意に抑うつ症状を軽減させる。不妊女性の抑うつ症状の治療においてカウンセリングは有効。
Hum Reprod. 2012 Oct 31. [Epub ahead of print]
The risks of selective serotonin reuptake inhibitor use in infertile women: a review of the impact on fertility, pregnancy, neonatal health and beyond.
Domar AD, Moragianni VA, Ryley DA, Urato AC.
Boston IVF, Department of Obstetrics and Gynecology, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, 130 Second Avenue, Waltham, MA 02451, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-12 20:23 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line