<   2013年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧


非ステロイド性抗炎症薬による発癌性


NSAID使用と non-Hodgkin lymphoma (NHL)の発生率の関連をincidence among 149,570人のthe Cancer Prevention Study-II Nutrition cohort参加者で調べた. Aspirinおよび non-aspirin NSAID使用を1992年で登録し2007年までに, 1,709人のNHLs が発生。結果:;不使用の人と比較すると, 現在60+ NSAID錠/月を越える人(aspirin およびnon-aspirin NSAIDs混合)は少しNHL発生率が高い (HR=1.26, 95% CI: 1.04-1.53), しかNSAID使用が約2年間なければ発生率には関連なし (HR=1.08, 95% CI: 0.88-1.32). 長期間の定期的使用 (5年を超え、現在月に30錠を超える)はNHLの発生には関連なし (HR=1.09, 95% CI: 0.91-1.33). サブタイプ解析では, 現在の60+ NSAID錠/月は濾胞性リンパ腫の発生に関連する (HR=1.87, 95% CI: 1.08-3.24). NSAID使用が延期されれば、この関連は継続し(HR=1.76, 95% CI: 1.04-2.98) 、aspirinでも non-aspirin NSAIDsでも同様.
Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2013 Jan 17. [Epub ahead of print]
Aspirin and Other Non-steroidal Anti-Inflammatory Drugs and Risk of Non-Hodgkin Lymphoma.
Teras LR, Gapstur SM, Patel AV, Thun M, Diver WR, Zhai Y, Jacobs EJ.
1Epidemiology Research Program, American Cancer Society.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-27 14:03 | その他の疼痛

Z-drug(アモバン、マイスリー)に対する医師の評価


多くの国でゾピクロンやゾルピデムがベンゾジアゼピン系睡眠薬の代わりに処方されているが、これはエビデンスにより支持されない。2012年5月から6月まで1,350人のドイツの一般開業医に無作為にアンケートが送られた。一般開業医は12項目を5点のLikert scaleにてbenzodiazepines およびZ-drugsに関して認識を尋ねられた。群間の比較にはWilcoxon signed rank test for paired observations を用いる。p値≤0.01のみを有意差ありとみなす。結果: 458のアンケートが返送 (回答率33.9%). 参加者の平均年齢は53.3歳 (59.4%が男性). 一般開業医においては、benzodiazepines に比べてZ-drugsは夜間の覚醒時間を減らす,覚醒時に休んでいると感じるおよび日中の機能の改善の点で有意に有効と認識(すべての比較においてp <0.0001), しかし入眠までの時間を減らしたり総睡眠時間を増やす点では有効とは認識せず。Z-drugsを内服している患者の方が副作用が少ないと信じていた (すべての比較p <0.0001 for all comparisons)。回答者の73.4% および80.4%がbenzodiazepinesの耐性と離脱症状はしばしばまたは大変しばしば/常時であると回答し, Z-drugsではそれらはわずかに30.6% および28.7%と認識していた。まとめ:ドイツの一般開業医は、Z-drugsはbenzodiazepinesよりもさらに効果がありさらに安全と認識していたが, これは現在のエビデンスでは支持されない。この結果は7年前にイギリスで行われた研究と類似。

Swiss Med Wkly. 2013 Jan 17;143:0. doi: 10.4414/smw.2013.13745.
Perceptions of German GPs on benefits and risks of benzodiazepines and Z-drugs.
Hoffmann F.
University of Bremen, Centre for Social Policy Research, Division Health Economics, Health Policy and Outcomes Research, Bremen, Germany; hoffmann@zes.uni-bremen.de
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-27 13:59 | 抗不安薬の常用量依存

むずむず脚症候群の一因は脊髄にあり


頸髄虚血によりrestless legs が急速に悪化した60歳男性。この症例報告により脊髄路の途絶はRLSの一因であるという仮説を支持。
BMJ Case Rep. 2013 Jan 22;2013. pii: bcr2012007930. doi: 10.1136/bcr-2012-007930.
Acute exacerbation of restless legs due to cervical spinal cord ischaemia.
Zwartbol RT, Jellema K, Boiten J, Rijsman R.
Department of Neurology, MC Haaglanden, The Hague, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-27 13:51 | むずむず脚症候群

複合性局所疼痛症候群における赤外線サーモグラフィーの信頼性


赤外線サーモグラフィー(Infrared thermography:IRT)。関心のある部位(regions of interest:ROIs)。方法:CRPSと診断された28人の赤外線サーモグラフィーを独立した3人の検者が調べた。患者の既往や症状に基づいて各検者の意見によりROIsの形、大きさ、詳細な部位を決定。各患者においてROIの最大皮膚温を得た後、検者3人での一致率を調べた。結果:3人の独立した検者間のThe intraclass correlation coefficient は0.865 (95% confidence interval, 0.748-0.933)であり, これは信頼性が高いことを示す (P<0.001).
Skin Res Technol. 2013 Jan 20. doi: 10.1111/srt.12032. [Epub ahead of print]
Interexaminer reliability of infrared thermography for the diagnosis of complex regional pain syndrome.
Choi E, Lee PB, Nahm FS.
Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Seoul National University Bundang Hospital, Seongnam, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-27 13:35 | 複合性局所疼痛症候群

線維筋痛症女性において継続的な就労を促進する要因


27人の有給の仕事をしているFM女性に集団インタビュー。年齢の中央値は52歳, 33歳から62歳まで。インタビューを記録。結果:持続した仕事を促進する要因には4つのカテゴリーがある: 仕事の意義と個人のstrategiesは個人的な促進因子であり、快適な仕事環境と仕事外の社会的な支援が環境的な促進因子。仕事の意義には個人的な意義と社会的な意義が含まれる。個人的なstrategiesには症状への対処、就労日、長期間の就労人生が含まれる。 快適な就労環境には身体的および精神的労働環境が含まれる。仕事外の社会的な支援には社会的あるいは個人的な支援が含まれる。
Disabil Rehabil. 2013 Jan 22. [Epub ahead of print]
Factors promoting sustainable work in women with fibromyalgia.
Palstam A, Gard G, Mannerkorpi K.
Department of Rheumatology and Inflammation Research, Institute of Medicine, University of Gothenburg , Gothenburg , Sweden
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-27 10:20 | FMの雑感

多発性硬化症による痛み(系統的総説、メタ解析)


系統的総説、メタ解析。多発性硬化症における痛みや痛み症候群を記載した28の論文 (7101 人の患者) が基準を満たす。統合した痛みの有病率 (17 の研究, 5319人の患者) は63% (95% confidence interval [CI] 55-70%).この研究では、頭痛(43%; 95% CI 33-52%), 神経障害性の肢痛 (26%; 95% CI 7-53%), back pain (20%; 95% CI 13-28%), 有痛性の痙攣 (15%; 95% CI 8.5-23%), Lhermitte sign (16%; 95% CI 10-25%), および三叉神経痛 (3.8%; 95% CI 2-6%)。
Pain. 2012 Dec 14. pii: S0304-3959(12)00647-1. doi: 10.1016/j.pain.2012.12.002. [Epub ahead of print]
Prevalence and natural history of pain in adults with multiple sclerosis: Systematic review and meta-analysis.1請求
Foley PL, Vesterinen HM, Laird BJ, Sena ES, Colvin LA, Chandran S, Macleod MR, Fallon MT.
Division of Clinical Neurosciences, University of Edinburgh, Edinburgh, UK; Department of Palliative Medicine, Edinburgh Cancer Research Centre, University of Edinburgh, Edinburgh, UK. Electronic address: peterfoley@nhs.net
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-19 16:41 | その他の疼痛

民族によるむずむず脚症候群の差


San Diego County Californiaで人口に基づいた無作為に電話をしたアンケート。Hispanics of Mexican descent (HMD)で1,754人、 and non-Hispanic whites (NHWで) 1,913人の18歳以上で英語またはスペイン語で電話インタビュー。the International Restless Legs Study Groupの4つの基準が存在した場合RLSと定義。眠気は the Epworth Sleepiness Scaleで評価。the Short Acculturation Scale for Hispanicsにより文化への順応を評価。RLSの危険因子は自己報告。対象者の言語により調査を行った。RLSの有病率はHMDの方がNHWより有意に低い (14.4% vs.18.3%, p = 0.002).順応の高い HMD群は低い順応群よりもRLSの有病率が有意に高い(17.4% vs. 12.8%, p = 0.008)。RLSの予測因子はHMD およびNHWの間で異なる。女性(OR 1.40, 95% CI 1.04, 1.90, p = 0.027),喫煙(OR 1.82, 95% CI 1.27, 2.61, p = 0.001),および文化への順応(OR 1.47, 95% CI 1.10, 1.97, p = 0.009) はHMD においてRLSの独立した予測因子だが、NHWでは高齢 (OR 1.01, 95% CI 1.0, 1.02) のみがRLSの独立した予測因子.
J Clin Sleep Med. 2013 Jan 15;9(1):47-53. doi: 10.5664/jcsm.2338.
Ethnic Differences in the Prevalence and Predictors of Restless Legs Syndrome between Hispanics of Mexican Descent and Non-Hispanic Whites in San Diego County: A Population-Based Study.
Sawanyawisuth K, Palinkas LA, Ancoli-Israel S, Dimsdale JE, Loredo JS.
Khon Kaen University, Khon Kaen, Thailand.

Parkinsons Dis. 2012;2012:205471. doi: 10.1155/2012/205471. Epub 2012 Dec 30.
Parkinson's disease and sleep/wake disturbances.
Swick TJ.
University of Texas School of Medicine, Houston, TX, USA ; Apnix Sleep Disorders Centers, Houston, TX, USA ; The Sleep Center at North Cypress Medical Center, Cypress, TX, USA ; Neurology and Sleep Medicine Consultants, 7500 San Felipe, Suite 525, Houston, TX 77063, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-19 16:38 | むずむず脚症候群

労働災害としての線維筋痛症


FMに関連した150人の判決をpredetermined protocolで調べた。新規発生のFMが123人,すでに存在したFMの悪化が15人。結果:すべての外傷は軟部組織損傷であり、身体所見では持続する症状を説明できない。FM症状の悪化では67%を、新規発生の59%を裁判は認めた。外傷からFMの診断までは 4.3 ± 4.1 年, 6.3 ± 2.8人の医師が 各労働者をcited, そして過去の健康状態は26%で報告されず。外傷は68%で1回の出来事, 腰部が44%,そして肩/上肢が 40%. FMの診断は74%でリウマチ医の報告に基づく。
J Rheumatol. 2013 Jan 15. [Epub ahead of print]
A Medicolegal Analysis of Worker Appeals for Fibromyalgia as a Compensable Condition Following Workplace Soft-tissue Injury.
Fitzcharles MA, Ste-Marie PA, Shir Y.
From the Division of Rheumatology, McGill University Health Centre; Alan Edwards Pain Management Unit, McGill University Health Centre; and the Faculty of Law, Université de Montréal, Montreal, Quebec, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-19 16:36 | FMの雑感

複合性局所疼痛症候群


長期持続で治療抵抗性のCRPS type-1のために、2000年5月から2008年10月まで, 22人が機能しない肢の切断を我々の部門で受けた。平均年齢は46歳 (四分位範囲 [interquartile range:IQR], 37歳から51歳), CRPSの中央値は(IQR, 2-10年), そして切断から研究までの期間の中央値は5年 (IQR, 3-7年)。半構造的インタビューを行い残存した肢の機能を調べ、患者は2つのアンケートに答えた。結果:20人の患者 (95%)は生活が改善した。19人 (90%) は痛みが軽減, 17人 (81%) は可動性が改善、14人 (67%)は睡眠が改善。21人中18人は同じ状況であれば再び切断を選択するであろうと述べた。下肢切断の15人中10人および上肢切断6人中1人は常時義足(義手)使用。3人(14%)で残存した肢にCRPST type-I が再発し、2人(10%)で他の肢に再発。まとめ:CRPST type-Iの再発は24%。
J Bone Joint Surg Am. 2012 Dec 19;94(24):2263-8. doi: 10.2106/JBJS.L.00532.
Amputation for long-standing, therapy-resistant type-I complex regional pain syndrome.1請求
Krans-Schreuder HK, Bodde MI, Schrier E, Dijkstra PU, van den Dungen JA, den Dunnen WF, Geertzen JH.
Departments of Rehabilitation Medicine (H.K.K.-S., M.I.B., E.S., P.U.D., and J.H.G.), Oral and Maxillofacial (P.U.D), Surgery (J.A.v.d.D.), and Pathology and Medical Biology (W.F.d.D.), University Medical Center Groningen, University of Groningen, P.O. Box 30001, 9700 RB Groningen, the Netherlands. E-mail address for H.K. Krans-Schreuder: krans.h@bethesda.nl

切断手術の成績はよくないという報告が別にあるため注意。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-19 16:34 | 複合性局所疼痛症候群

オピオイドによる低ゴナドトロピン性性機能低下症


非癌性慢性痛に対してオピオイド使用したことによる低ゴナドトロピン性性機能低下症の副作用の症例報告。
Case Report Med. 2012;2012:740603. doi: 10.1155/2012/740603. Epub 2012 Dec 25.
A case of hypogonadotropic hypogonadism caused by opioid treatment for nonmalignant chronic pain.
Tabuchi Y, Yasuda T, Kaneto H, Kitamura T, Kozawa J, Otsuki M, Imagawa A, Nakae A, Matsuda Y, Uematsu H, Mashimo T, Shibata M, Shimomura I.
Department of Metabolic Medicine, Graduate School of Medicine, Osaka University, Suita 565-0871, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-19 16:31 | その他の疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line