<   2013年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧


ガバペンチンは熱傷には無効


2010年2月から 2011年9月まで体表面積の5%以上に熱傷を受傷し熱傷センターに入院し、48時間以上入院すると予測される患者を無作為に前向きの二重盲検法に振り分けた。プロトコールにより投与量を増加させ減量した。Numeric Rating Scaleを用いて痛みを評価。神経障害性疼痛と不安を少なくとも2週間に1回計測。経過観察時に精神社会的な適応を評価。Opioid投薬は morphine当量に変換。両群において痛みのレベルとopioid消費量の差を解析。この研究は50人の患者で2群間でopioid 使用の22%Tの差を検知できるようにデザイン。P < .5を有意とみなす。 53人が研究に参加し投薬。4人が脱落。intention-to-treatおよび急性治療の解析を53人全員で行った。偽薬群も実薬群も人口統計学的データ、熱傷の範囲、手術の必要性をマッチさせた。平均入院期間は11 ± 6.8 日であり両群間で差がない。実薬群は10.8 ± 0.67日間薬を内服し, 8人の患者は300 mgを1日3回(thrice daily:TID), 24人は 600 mg TID, 14人は800 mg TID, そして7人は1200 mg TID.神経障害性疼痛の発生率は実薬群では39%であり、偽薬群では 38%。痛み点数(安静時とprocedural)もopioid消費量も両群で差がない。43人(81.1%)は外来受診時に評価。両群間で精神社会的な機能には差がない。
J Burn Care Res. 2013 Mar 18. [Epub ahead of print]
Gabapentin is Ineffective as an Analgesic Adjunct in the Immediate Postburn Period.
Wibbenmeyer L, Eid A, Liao J, Heard J, Horsfield A, Kral L, Kealey P, Rosenquist R.
From the Departments of *Surgery and †Anesthesiology, University of Iowa Hospitals and Clinics; and ‡Department of Pain Management, Cleveland Clinic, Ohio.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-23 15:50 | 抗痙攣薬

非ステロイド性抗炎症薬には静脈血栓塞栓症の危険性はない


2003年から2009年までスウェーデンで行われた国家レベルの症例対照研究 (Thrombo Embolism Hormone Study), 症例として、初めて静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism :VTE)になった18-64歳の1433人の女性。対照は年齢を一致させた無作為に選択した1402人の女性。電話により情報を集め、血液をDNA解析。不動の程度、慢性疾患、喫煙、BMI、ホルモン避妊薬、ホルモン治療、およびその他のNSAIDs.で補正して、修正オッズ比 (ORs)と95% CIsを計算した。結果: NSAIDsの使用は VTEの危険性増加と関連しない (OR = 0.98, 95% CI 0.80-1.19). プロピオン酸誘導体のOR は0.88 (95% CI 0.72-1.10), 酢酸誘導体では1.18 (95% CI 0.82-1.70) およびcoxibs では1.76 (95% CI 0.73-4.27).酢酸誘導体とcoxibsの使用者では, 用量依存的にORsが増加する。プロトロンビン遺伝子の突然変異のCarriership またはfactor V Leiden はこの結果に少し影響を与える。
Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2013 Mar 19. doi: 10.1002/pds.3436. [Epub ahead of print]
Non-steroidal anti-inflammatory drugs and venous thromboembolism in women.
Bergendal A, Adami J, Bahmanyar S, Hedenmalm K, Lärfars G, Persson I, Sundström A, Kieler H.
Centre for Pharmacoepidemiology, Department of Medicine, Solna, Karolinska Institutet, Sweden; Department of Medical Sciences, Clinical Pharmacology, Uppsala University, Uppsala, Sweden.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-23 15:47 | その他の疼痛

慢性疲労症候群患者で精神的ストレスは体温を上昇させる症例報告


CFSの26歳看護師が入院。仕事でストレスがあると腋下温が上がるとの訴え。60分間のストレスのあるインタビューを行い、以下の指標の変化を記録: 腋下温,指先の温度, 収縮期血圧, 拡張期血圧, 心拍数, 血漿カテコラミンレベル, interleukin (IL)-1βおよびIL-6 (pyretic cytokines), tumor necrosis factor-αおよびIL-10 (antipyretic cytokines)の血清レベル。ストレスのあるインタビューとはストレスのある出来事を思い出し語ってもらうこと。彼女の腋下温は当初は37.2°Cであったがインタビューの終わりでは38.2°Cにまで上昇。これに対し、彼女の指先の温度はインタビューの間低下した。彼女の心拍数, 収縮期血圧, 拡張期血圧およびノルアドレナリンとアドレナリンの血漿レベルはインタビューの間増加; インタビューの間あるいはインタビューの後発熱サイトカインや解熱サイトカインには有意な変化はない。
Biopsychosoc Med. 2013 Mar 8;7(1):7. doi: 10.1186/1751-0759-7-7.
Psychological stress contributed to the development of low-grade fever in a patient with chronic fatigue syndrome: a case report.1請求
Oka T, Kanemitsu Y, Sudo N, Hayashi H, Oka K.
Department of Psychosomatic Medicine, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka 812-8582, Japan
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-23 15:41 | 慢性疲労症候群

鉄欠乏性貧血におけるむずむず脚症候群の有病率


この研究には、鉄欠乏性貧血(iron-deficient anemic :IDA)であるがRLSの治療を受けていなければ、2011年3月から-2012年までの1年間に貧血で新たに地域に基づいた血液学診療所へ紹介された全患者を含む。RLSかどうかのアンケート, 血液検査, および睡眠活力のアンケート(sleep-vitality questionnaire:SVQ)を行う。RLS患者はRLSではない患者とSVQ, 血液検査, 当初の特徴, 及び睡眠の質を比較。343人を評価し251人 (89.2%が女性,平均年齢45.6歳)を本研究に含める。臨床的に有意なRLS (RLS sufferers)の有病率は 23.9%, これは一般人口の9倍. IDA-RLSの両方を罹患している患者はRLSではないIDA患者と比較して、睡眠の質が低く、睡眠時間が短く、疲労が強く、日中の活力が減少している。血液検査はRLSの診断とは関係なくRLSは白人よりAfrican-Americanの方が少ない。RLSではないIDA患者と比較してIDA-RLSの両方を罹患している患者では臨床的に意義のあるRLS が起こりやすく、睡眠が途絶しやすく睡眠時間が短い。
Am J Hematol. 2013 Jan 23. doi: 10.1002/ajh.23397. [Epub ahead of print]
The prevalence and impact of restless legs syndrome on patients with iron deficiency anemia.
Allen RP, Auerbach S, Bahrain H, Auerbach M, Earley CJ.
Department of Neurology, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, Maryland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-23 15:34 | むずむず脚症候群

抗不安薬の長期使用でも投薬量は増加しない


家庭医療のDutch National Information Networkから, 長期benzodiazepine使用者群を選ぶ。 この群をincident(偶発的な?) 長期benzodiazepine使用者群 (N = 113) とprevalent(広く行き渡った?) 長期benzodiazepine 使用者群(N = 992)に分ける。benzodiazepinesの長期使用は少なくとも6か月の使用と定義。主要な結果は、開始から24ヵ月後までの開始からの処方量の変化. 線形回帰分析で処方量の変化を評価。結果: incident 長期benzodiazepine使用者もprevalent 長期benzodiazepine使用者も経過観察中は処方量は増加しない。
Fam Pract. 2013 Mar 20. [Epub ahead of print]
Tolerance to benzodiazepines among long-term users in primary care.
Willems IA, Gorgels WJ, Oude Voshaar RC, Mulder J, Lucassen PL.
Department of Primary and Community Care, Radboud University Nijmegen Medical Centre, Nijmegen.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-23 15:31 | 抗不安薬の常用量依存

線維筋痛症では軽度の飲酒者の方が非飲酒者より症状が軽い


方法:946人のFM患者の自己報告のアルコール消費のデータを解析。対象はアルコール消費レベルによりグループ分けした(1週間あたりの飲酒の回数): none, 軽度(3回以下), 中等度 (>3 to 7), および重度(>7)。単変量解析 were used to find potential confounders, and analysis of covariance was used to adjust for these confounders. Tukey HSD pairwise comparisons were used to determine differences between alcohol groups.結果:546人 (58%) はアルコール消費なし.軽度の、中等度の、および重度のアルコール消費は各々338人 (36%), 31人 (3%), および31人 (3%)。就労状況 (P <0.001), 教育レベル (P = 0.009),BMI(P = 0.002) およびopioid使用 (P = 0.002)はグループ間で有意に異なり、非飲酒者に比べて飲酒者の方が有意に教育レベルが高く、BMIが低く失業状態の頻度が低く、オピオイド使用の頻度が低い。これらの差を補正すると,圧痛点の数 (P = 0.01), FIQ 全点数(P = 0.01), 身体機能 (P <0.001), 欠勤(P = 0.005), 就労能力 (P = 0.03), および痛み(P = 0.001)はグループ間で異なり, SF-36 subscalesの身体機能 (P <0.001), 痛み (P = 0.002), 全般的な健康の認識(P = 0.02), 社会的な機能(P = 0.02), およびphysical component summary (P <0.001)も同様。4群間の一対比較によると非飲酒者よりも中等度又は軽度のアルコール消費の方がFM症状の程度が低く、身体的な生活の質が優れている。その理由は不明。最近の研究によると、gamma-Aminobutyric Acid (GABA)レベルはFM患者では低く, アルコールはGABA拮抗薬として知られている。
Arthritis Res Ther. 2013 Mar 15;15(2):R42. [Epub ahead of print]
Association between alcohol consumption and symptom severity and quality of life in patients with fibromyalgia.
Kim CH, Vincent A, Clauw DJ, Luedtke CA, Thompson JM, Schneekloth TD, Oh TH.

 症状が軽いから飲酒量可能なのかもしれません。また内服薬によっては飲酒してはならない薬もあります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-23 15:25 | FMの症状

一般人口における神経障害性疼痛


5 つのUKの地域の10のgeneral practitioner practicesから無作為に選んだ1万人の成人に自己記入式のアンケートを送った。アンケートには慢性痛の同定および程度の関する質問, 痛みの原因, SF-12, EQ-5D, S-LANSS (Self-administered Leeds Assessment of Neuropathic Signs and Symptoms), PSEQ (Pain Self-Efficacy Questionnaire), neuropathic pain への投薬, および医療施設の利用を含む。international expertsのDelphi surveyによって同定された定義に基づく「難治性」の神経障害性疼痛の存在と特徴を調べた。完了したアンケートが4451人から返送され (反応率47%); 399人が"神経障害性疼痛の特徴を持った慢性痛" (S-LANSS陽性, 研究対象の8.9%); 215人 (53.9%)は 関連した既往あり("Possible neuropathic pain"); そして98人 (全慢性痛の4.5%)は少なくとも1つの神経障害性疼痛の薬 を内服("Treated possible neuropathic pain")。大部分の難治性の症例は著しく悪い身体的健康や精神的健康、痛みの自己効力感が低いこと、痛みの強さが強いこと、痛みに関連した障害、医療施設の使用頻度が高いことと関連する。
Pain. 2013 Jan 23. pii: S0304-3959(13)00004-3. doi: 10.1016/j.pain.2012.12.022. [Epub ahead of print]
Neuropathic pain in the community: More under-treated than refractory?
Torrance N, Ferguson JA, Afolabi E, Bennett MI, Serpell MG, Dunn KM, Smith BH.
Medical Research Institute, University of Dundee, Dundee, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-16 20:16 | 神経障害性疼痛

NSAIDは透析患者の発癌性を減らす


以前の報告ではNSAID使用は一般人口において発癌性の危険性を減らすかも。透析患者は発癌性の危険性が高くなるが、透析患者でのNSAID使用と発癌性の研究はない。NSAID使用と透析の末期腎疾患患者の発癌性の関連を調べるために, Taiwan's National Health Insurance databaseを用いて国家レベルの人口を基にしたコホート研究を行う。Cox proportional hazards modelsにより群間のすべての癌を比較. NSAIDs非使用者に比べると, 非選択的COX-2阻害薬 (hazard ratio 0.81, 95% confidence interval 0.67-0.97)又は選択的COX-2阻害薬 (0.78, 0.62-0.98)は発癌の危険性を減少させる. NSAID使用は呼吸器癌 (0.39, 0.19-0.79), 乳がん(0.41, 0.19-0.89), 腎癌 (0.58, 0.38-0.88), 消化管癌 (0.64, 0.49-0.85), および膀胱癌 (0.73, 0.55-0.96)の危険性を減らす。しかしNSAID 使用は上部胃腸出血の危険性を増加させるが (odds ratio, 1.15, 1.07-1.23)、心合併症や脳血管合併症を増加させない. NSAID使用は慢性透析患者の発癌性を減らすが胃腸出血の副作用のために注意して使用すべき。
Kidney Int. 2013 Mar 13. doi: 10.1038/ki.2013.79. [Epub ahead of print]
Nonsteroidal anti-inflammatory drug use is associated with cancer risk reduction in chronic dialysis patients.
Ou SM, Chen YT, Chao PW, Lee YJ, Liu CJ, Yeh CM, Chen TJ, Chen TW, Yang WC, Li SY.
Division of Nephrology, Department of Medicine, Taipei Veterans General Hospital, Taipei,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-16 20:00 | その他の疼痛

地域における難治性神経障害性疼痛



5 つのUKの地域の10のgeneral practitioner practicesから無作為に選んだ1万人の成人に自己記入式のアンケートを送った。アンケートには慢性痛の同定および程度の関する質問, 痛みの原因, SF-12, EQ-5D, S-LANSS (Self-administered Leeds Assessment of Neuropathic Signs and Symptoms), PSEQ (Pain Self-Efficacy Questionnaire), neuropathic pain への投薬, および医療施設の利用を含む。international expertsのDelphi surveyによって同定された定義に基づく「難治性」の神経障害性疼痛の存在と特徴を調べた。完了したアンケートが4451人から返送され (反応率47%); 399人が"神経障害性疼痛の特徴を持った慢性痛" (S-LANSS陽性, 研究対象の8.9%); 215人 (53.9%)は 関連した既往あり("Possible neuropathic pain"); そして98人 (全慢性痛の4.5%)は少なくとも1つの神経障害性疼痛の薬 を内服("Treated possible neuropathic pain")。大部分の難治性の症例は著しく悪い身体的健康や精神的健康、痛みの自己効力感が低いこと、痛みの強さが強いこと、痛みに関連した障害、医療施設の使用頻度が高いことと関連する。
Pain. 2013 Jan 23. pii: S0304-3959(13)00004-3. doi: 10.1016/j.pain.2012.12.022. [Epub ahead of print]
Neuropathic pain in the community: More under-treated than refractory?
Torrance N, Ferguson JA, Afolabi E, Bennett MI, Serpell MG, Dunn KM, Smith BH.
Medical Research Institute, University of Dundee, Dundee, UK. Electronic address:
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-16 16:56 | 神経障害性疼痛

舌痛症に対する集団認知行動療法の効果


24人の女性BMS患者(年齢69.7 ± 5.9歳)および同数の健常女性 (年齢69.2 ± 5.5歳) を比較。治療前、患者群の方が結いに不安点数が高い (P < 0.05)。短い集団認知行動療法を少数の集団に行う。6か月間隔で2回のセッションを計画。NRSで痛みの強さを評価。不安はstate and trait anxiety inventoriesで評価。現在の痛みの強さは1回目と2回目のセッション後に軽減。セッションの効果は有意だが (P = 0.02), 繰り返し効果はない (P = 0.19). The state anxiety inventory 点数も2回目のセッション後に減少。セッションの効果は有意であり (P < 0.01), 繰り返し効果あり(P < 0.01). The trait anxiety inventory 点数は2回目のセッションごに減少し, セッションの効果は有意であるが (P = 0.013), 繰り返し効果はない(P = 0.93)。この結果は、短い集団認知行動療法はBMS患者の痛みと不安を軽減することを示唆する。
J Oral Sci. 2013;55(1):17-22.
Group cognitive-behavioral intervention for patients with burning mouth syndrome.
Komiyama O, Nishimura H, Makiyama Y, Iida T, Obara R, Shinoda M, Kobayashi M, Noma N, Abe O, De Laat A, Kawara M.
Orofacial and Head Pain Clinic, Nihon University School of Dentistry at Matsudo.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-16 14:52 | 口腔顔面痛、舌痛症
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line