<   2013年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


線維筋痛症診療ガイドライン2013に書かれた診断基準は世界標準の診断基準とは異なる



 線維筋痛症の2011年の基準[1]には注意が必要です。2010年の基準[2]は予備的基準ではありますがアメリカリウマチ学会が承認した診断基準です。2011年の基準は2010年の基準の改訂版ですがアメリカリウマチ学会はそれを承認していません。2011年の基準は疫学研究や臨床研究用と記載されています。基本的には臨床の場で線維筋痛症の診断を行う場合での使用は想定されていません。私の質問に対してWolfe医師は「2011年の診断基準は個人の診断に使用してはならない。」と明言しています[3]。
 2011年の基準においてFM symptom scale(widespread pain indexとsymptom seveirity scoreの合計)が13以上の場合FMと診断できるかのごとき記述が2011年の診断基準が記載された論文にあります。そのため、私はletter to the editorでFM symptom scoreが13以上は線維筋痛症と診断してよいのかとの質問をしました[4]。それに対してWolfe医師は診断基準は「Widespread pain index7以上かつSymptom severity score5以上」または「Widespread pain index3-6かつSymptom severity score9以上」であって、「FM symptom scoreが13以上」は診断基準ではないと明言しています[4]。
 線維筋痛症診療ガイドライン2013の診断基準ではこれと異なる記述がされているため注意が必要です。2011年の基準を個人の診断に使用してもよいと読者に感じさせてしまう記述がされています。また、2011年の基準においてFM symptom scale(widespread pain indexとsymptom severity scoreの合計)が13以上の場合FMと診断できるかのごとき記述がされています。それらの記述が2011年の診断基準が書かれた論文に存在するかのような表現になっています。これでは世界標準の線維筋痛症とは異なる日本式の線維筋痛症ができてしまいます。

1) Wolfe F, Clauw DJ, Fitzcharles MA, Goldenberg DL, Hauser W, Katz RS, Mease P, Russell AS, Russell IJ, Winfield JB: Fibromyalgia Criteria and Severity Scales for Clinical and Epidemiological Studies: A Modification of the ACR Preliminary Diagnostic Criteria for Fibromyalgia. J Rheumatol. 38: 1113-1122, 2011.
2) Wolfe F, Clauw DJ, Fitzcharles MA, Goldenberg DL, Katz RS, Mease P, Russell AS, Russell IJ, Winfield JB, Yunus MB: The American College of Rheumatology preliminary diagnostic criteria for fibromyalgia and measurement of symptom severity. Arthritis Care Res (Hoboken). 62: 600-610, 2010.
3) Toda K: What is the purpose of the 2011 criteria for fibromyalgia? Ann Med. 43: 660; author reply 661, 2011.
4) Toda K: The modification of the american college of rheumatology preliminary diagnostic criteria for fibromyalgia should be supplemented and revised. J Rheumatol. 38: 2075; author reply 2076, 2011.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-29 17:16 | FMの診断

妊娠中の抗うつ薬は自閉症スペクトラム障害を引き起こしやすい


人口を基にしたnested case-control study。Stockholm County, Sweden, 2001-07。参加者:自閉症スペクトラム障害の4429人 (1828人には知能障害があり、2601人には知能障害なし) および年齢性別をマッチさせた43 277人 (自閉症スペクトラム障害の1679人 および16 845人の対照のデータは0-17歳の若年者のコホート(n=589 114)からのネスト化された母親の抗うつ薬使用から得た。主要な結果の測定:知能障害のあるあるいはない自閉症スペクトラム障害の診断。結果:母親の抑うつの既往は子供の自閉症スペクトラム障害の危険性を高める(adjusted odds ratio 1.49, 95% confidence interval 1.08 to 2.08) が親の抑うつの既往はそうではない。この関連は母親の妊娠中の抗うつ薬使用で強くなる(3.34, 1.50 to 7.47, P=0.003),これはSSRIsあるいは非選択的monoamine reuptake inhibitorsにはかかわりがない。すべての関連は知能障害のない自閉症で高く, 知能障害のある自閉症の増加には根拠がない。unconfoundedと仮定すれば, causal association, 妊娠中の抗うつ薬使用は自閉症スペクトラム障害の0.6%を説明する。まとめ: SSRIs および非選択的monoamine reuptake inhibitors (tricyclic antidepressants) への子宮内での暴露は自閉症スペクトラム障害特に知能障害のない自閉症スペクトラム障害の危険性を高める。
BMJ. 2013 Apr 19;346:f2059. doi: 10.1136/bmj.f2059.
Parental depression, maternal antidepressant use during pregnancy, and risk of autism spectrum disorders: population based case-control study.
Rai D, Lee BK, Dalman C, Golding J, Lewis G, Magnusson C.
Centre for Mental Health, Addiction and Suicide Research, School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol BS8 2BN, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-28 00:18 | 抗うつ薬

ハンセン病患者にはむずむず脚症候群が多い


デザイン:各leprosy患者には年齢、性別をマッチさせた2人の健常者を割り当てる。Sorokdoに住む236人の leprosy患者とNamwonに住む472人の健常者。RLSの診断と強度の評価はthe International Restless Legs Syndrome Study Groupの基準により行う。結果:leprosy 患者におけるRLSの有病率(60/236; 25.4%)は健常者(42/472; 8.8%)より有意に高い. Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI) global scoreはleprosy患者の方が健常者より高い。leprosy患者と健常者においてはRLSの強さには有意差がない。RLSを合併したLeprosy患者はRLSを合併しないLeprosy患者よりも睡眠の質が悪いが(PSQI global scoreが高い), the Geriatric Depression ScaleにはRLSを合併したLeprosy患者とRLSを合併しないLeprosy患者で差がない。
Lepr Rev. 2012 Dec;83(4):363-9.
Restless legs syndrome in people affected by leprosy.
Choi SM, Kim BC, Kweon SS, Shin MH, Park JH, Song HS, O DC, Kwon H, Lee MH, Yong-Jun L, Jung PK, Park HC.
Department of Neurology, Chonnam National University Hwasun Hospital, Hwasun, South Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-28 00:14 | むずむず脚症候群

Stevens-Johnson syndromeおよび中毒性表皮壊死症


系統的総説。1995年から2011年までPubMed, MEDLINE, EMBASE およびUK PUBMED Central electronic databasesによりインドでStevens-Johnson syndrome (SJS) および中毒性表皮壊死症(toxic epidermal necrolysis:TEN)を調べた。原因となる主要な薬は抗菌薬(37.27%), 抗痙攣薬 (35.73%) およびNSAID (15.93%). Carbamazepine (18.25%), phenytoin (13.37%), fluoroquinolones (8.48%) およびparacetamol (6.17%) が最も関連する薬。TENはSJSに比べて死亡率が高い (odd ratio-7.19; 95% confidence interval (CI) 1.62-31.92; p = 0.0023).
Indian J Dermatol Venereol Leprol. 2013 May-Jun;79(3):389-98. doi: 10.4103/0378-6323.110749.
A systematic review of the drug-induced Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis in Indian population.
Patel TK, Barvaliya MJ, Sharma D, Tripathi C.
Department of Pharmacology, GMERS Medical College, Gotri, Vadodara, Gujarat, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-28 00:12 | アセトアミノフェン、NSAID

骨軟骨病変が合併した複合性局所疼痛症候群


type 1 CRPSと診断された57歳女性とthromboangiitis obliterans (TAO, Buerger's disease)と診断された58歳男性が下肢に接触と冷却を訴える。神経的腰部交感神経節ブロックと神経障害性疼痛の薬の増量の後, 杖なしでの歩行が可能になる。しかし両者とも定常的な痛みが歩行中に左足関節に生じる。局所的な圧痛があり; その後の画像検査で女性の距骨と男性の遠位部のけい骨に骨軟骨病変が見つかる。経皮的な骨形成術直後患者は足関節痛なしで歩行可能になる。
Korean J Pain. 2013 Apr;26(2):164-8. doi: 10.3344/kjp.2013.26.2.164. Epub 2013 Apr 3.
Searching for hidden, painful osteochondral lesions of the ankle in patients with chronic lower limb pain - two case reports -
Ri HS, Lee DH, Kim KH.
Department of Anesthesiology and Pain Medicine, School of Medicine, Pusan National University, Yangsan, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-28 00:09 | 複合性局所疼痛症候群

線維筋痛症と慢性疲労症候群の区別:ミトコンドリアンの機能不全


CFSおよびFM患者におけるミトコンドリア発生と酸化ストレスの相関を調べた. 23人のCFS患者, 20人のFM患者および15人の健常者。末梢血の単核球(Peripheral blood mononuclear cells:PBMC)ではCFS 患者(p<0.001)および FM患者 (p<0.001対照との比較)のCoQ10レベルが低下し、CFS 患者(p<0.001対照との比較)およびFM患者(p<0.001対照との比較)のATPレベルが低下. 一方, CFS/FM患者では脂質過酸化反応のレベルが有意に増加し, (p<0.001 各々CFS患者および FM患者は対照群に対し)酸化ストレスが誘発した障害を示す。ミトコンドリアのクエン酸シンターゼ活性はFM患者では有意に低い (p<0.001), しかしCFSでは対照群と同レベル。ミトコンドリアのDNA 内容 (mtDNA/gDNA ratio)はCFSでは正常であるが、FM患者では健常者に比べて低下。 (p<0.001). PGC-1α and TFAM by 免疫ブロット法によるPGC-1αおよびTFAMの表現レベルは FM 患者では健常者より有意に低く(p<0.001) CFS患者では健常者と同程度。これらのデータによると、ミトコンドリアの機能不全の従属事象はCFSとFMを鑑別する標識になるかも、そしてミトコンドリアは治療の新しいターゲットになる可能性があるという仮説を導き出す
Antioxid Redox Signal. 2013 Apr 22. [Epub ahead of print]
Could mitochondrial dysfunction be a differentiating marker between Chronic Fatigue Syndrome and Fibromyalgia?1請求
Castro-Marrero J, Cordero MD, Saez-Francas N, Jimenez-Gutiérrez C, Aguilar-Montilla FJ, Aliste L, Alegre-Martin J.
Vall de Hebron Univ Hospital Research Institute, CFS Unit, BARCELONA, Barcelona, Spain ;
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-28 00:03 | FMの雑感

抗うつ薬は交通事故を引き起こしやすい


方法:714人のトラックドライバー (244人 は直接面談, 470 人は自己報告)に that included 社会人口学的データ, 個人の習慣, 以前の事故, Epworth Sleepiness Scale (ESSおよび the Berlin questionnaire (BQ)を含むアンケートをとる。結果:20%のドライバーに過剰な日中の眠気(excessive daytime sleepiness:EDS)があり、29 % には閉塞性無呼吸症候群(obstructive sleep apnea syndrome:OSAS)の危険性が高い。261人のドライバー (36.6 %)はニアミスの事故を報告し(42.5 %は睡眠に関連)、264人 (37.0 %)は交通事故 (16.3 %が睡眠と関連)を報告. ESS点数 ≥11はニアミスの事故(odds ratio (OR)=3.84, p<0.01) および事故 (OR=2.25, p<0.01)の危険因子. 抗うつ薬は事故と関連する (OR=3.30, p=0.03). Mallampati 点数が高いことと(III-IV) ニアミス (OR=1.89, p=0.04)に関連を認める.
Sleep Breath. 2013 Apr 18. [Epub ahead of print]
Sleepiness and sleep-disordered breathing in truck drivers : Risk analysis of road accidents.
Catarino R, Spratley J, Catarino I, Lunet N, Pais-Clemente M.
Department of Sensory Organs-Otorhinolaryngology, University of Porto Medical School, Porto, Portugal, rosapintocatarino@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-20 17:23 | 抗うつ薬

血液検査による線維筋痛症の診断


IRB の承認下に, FM (n = 14), RA (n = 15), 又はOA (n = 12)患者の血液を集めた。中赤外顕微分光法(mid-infrared microspectroscopy:(IRMS) によるとFM およびRA or OA患者の誤判別はなかった。各クラス間の差15.4 (FM vs. RA), 14.7 (FM vs. OA)および 2.5 (RA vs. OA) によると、IRMSはFMの鑑別の可能性を示す。メタボロミクス解析によるとRA およびOA群は代謝的に同様であるが、FM群は他の2群と比べて代謝的に異なる。IRMS およびメタボロミクス解析はFM とRA or OAを区別するtryptophanの異化経路の変化を同定する。
Analyst. 2013 Apr 17. [Epub ahead of print]
A bloodspot-based diagnostic test for fibromyalgia syndrome and related disorders.
Hackshaw KV, Rodriguez-Saona L, Plans M, Bell LN, Buffington CA.
Departments of Internal Medicine, Division of Rheumatology, The Ohio State University, Columbus, OH 43210, USA.

 追試でもこの検査が有効であれば画期的な検査になります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-20 17:20 | FMの診断

むずむず生殖器症候群



むずむず生殖器症候群(Restless Genital Syndrome:RGS) 症例:58歳女性クリトリスと小陰唇の持続性の望まない生殖器の興奮。興奮症状はむずむず脚の症状を伴う。オルガスム前の感覚はあるが、オルガスムは達成しない。性的活動はその症状を解決しない。RGSの症状の発症の2ヶ月前、前仙骨部位の膿瘍のドレナージをおこなった。まとめ:今日までの経験によると、精神療法的なカウンセリングと組み合わせたLidocaine, oxazepam, clonazepam, tramadol およびTENSがRGSには最も適切。
Ned Tijdschr Geneeskd. 2013;157(16):A5805.
[A woman with restless genital syndrome: a difficult-to-treat condition].
[Article in Dutch]
Spoelstra SK, Waldinger MD, Nijhuis ER, Weijmar Schultz WC.
Universitair Medisch Centrum Groningen, afd. Obstetrie en Gynaecologie, Groningen.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-20 17:17 | むずむず脚症候群

慢性疲労症候群患者における尿中のマイコトキシン(真菌の産生する毒素)の存在



CFSと以前診断された患者(n = 112)がカビへの接触、や尿中のマイコトキシン(真菌の産生する毒素)の存在を評価。尿中のaflatoxins (AT), ochratoxin A (OTA) およびmacrocyclic trichothecenes (MT) をEnzyme Linked Immunosorbent Assays (ELISA)で検査。112 人の患者中104人の患者 (93%) には少なくとも1つのmycotoxin (one in the equivocal range)が存在。ほぼ30%の患者は二つ以上の mycotoxinが存在. OTA が最も多いmycotoxin (83%) であり、MTが次に多い(44%)。接触した既往によると、現在and/or過去の水で傷んだ建物(water-damaged buildings:WDB)への接触は90%以上。これらの患者でWDBにおいて環境のテストを行った。テストによると、mycotoxinが作るカビの種とWDBの環境におけるmycotoxinsの存在を示した。WDBやカビの多い環境に接触した既往のない健常群environment (n = 55)で以前行った同じテストでは、陽性例はなかった。
Toxins (Basel). 2013 Apr 11;5(4):605-17. doi: 10.3390/toxins5040605.
Detection of mycotoxins in patients with chronic fatigue syndrome.
Brewer JH, Thrasher JD, Straus DC, Madison RA, Hooper D.
Plaza Infectious Disease and St. Luke's Hospital, 4320 Wornall Road, Suite 440, Kansas City, MO 64111, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-04-20 17:16 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line