<   2013年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧


抗不安薬の長期使用は睡眠の質を悪化させる


ベルギーの10の老人ホームの責任能力のある入所者を選択し長期間のBZD使用者と非使用者をまとめた。人口統計学データ, 機能、投薬の特徴、Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)で評価した睡眠の野質を調べる。線形回帰を用いて指標と睡眠の関連を調べた。結果: 300人の入所者のうち, 178人 (59%) は長期のBZD使用者であり 122人は非使用者. 2群には人口統計学データや機能には差がない (平均年齢85.5歳; 範囲57-100歳; 75%は女性). 使用者は非使用者に比べて、入眠の有意な困難さが強く, 深夜の覚醒の頻度が多く, 起床時の気持ちの良さが少なく、自分が感じている睡眠の質が悪い。睡眠時間や入眠までの時間には差がない。自分が感じている睡眠の質は主に睡眠開始の困難さによって決定される。人口統計学データ、投薬、機能で補正しても、BZD使用者は睡眠の質が悪いことと強く関連し (r=0.173; P=.003),研究センター効果 (老人ホーム間の差) が見られた (r=0.229; P<.001).
Sleep Med. 2013 May 18. pii: S1389-9457(13)00127-5. doi: 10.1016/j.sleep.2013.03.012. [Epub ahead of print]
Sleep quality of benzodiazepine users in nursing homes: A comparative study with nonusers.
Bourgeois J, Elseviers MM, Bortel LV, Petrovic M, Vander Stichele RH.
Heymans Institute of Pharmacology, Ghent University, Ghent, Belgium. Electronic address: jolyce.bourgeois@ugent.be
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:58 | 抗不安薬の常用量依存

アスピリンは頭頚部癌を減らす


the United States National Cancer Institute Prostate, Lung, Colorectal およびOvarian Cancer Screening Trialのデータを使用して、aspirin やibuprofenh使用と頭頚部癌の関連を調べた。結果: 定期的なaspirin使用は頭頚部癌の危険性を有意に22% 減少させる。定期的なibuprofen使用と頭頚部癌には関連なし。
Br J Cancer. 2013 Mar 19;108(5):1178-81. doi: 10.1038/bjc.2013.73. Epub 2013 Feb 28.
Non-steroidal anti-inflammatory drug and aspirin use and the risk of head and neck cancer.
Wilson JC, Murray LJ, Hughes CM, Black A, Anderson LA.
School of Medicine Dentistry and Biomedical Sciences, Institute of Clinical Sciences, Queen's University Belfast, Belfast, UK. wilsonj@uhbs.ch
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:53 | アセトアミノフェン、NSAID

複合性局所疼痛症候群への抗TNF-αの効果


13人のCRPS患者が無作為にinfliximab 5 mg/kg またはplaceboに振り分けられ, 両方とも0, 2, および6週で投薬。結果の計測: infliximab投与後の局所炎症の臨床症状の軽減を確かめる (total impairment level sumscore: ISSによる). 誘発された水疱の液体のメディエーターのレベルを生活の質の正常化や改善と関連して調べた。結果:6人患者がinfliximabを7,人がplacebo。2群間で全ISS点数には有意な変化はない。同様に両群にはサイトカインレベルの変化には有意な差はない。しかし、プラセボに比べて薬ではTNF-αの減少が大きい傾向。プラセボに比べて薬では、EuroQol (ie EuroQol VAS)のサブスケールでは 健康状態が有意に減少。まとめ:当初からTNF-α濃度が高い場合にはinfliximabには効果がある傾向。
Pain Pract. 2013 May 22. doi: 10.1111/papr.12078. [Epub ahead of print]
Report of a Preliminary Discontinued Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Trial of the Anti-TNF-α Chimeric Monoclonal Antibody Infliximab in Complex Regional Pain Syndrome.
Dirckx M, Groeneweg G, Wesseldijk F, Stronks DL, Huygen FJ.
Erasmus MC, Center for Pain Medicine, Rotterdam, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:42 | 複合性局所疼痛症候群

線維筋痛症の耳鼻科症状


FMには耳閉感、耳鳴りなどの耳に関連した症状が生じる。耳に関連した症状を訴え心身治療を受けている20人の外来FM患者がアンケートに答え、純音聴力検査やEustachian tube function testingを含む神経耳鼻科的検査を受けた。耳に関連した症状はFM発症後有意に悪化したが、耳閉感の有無と神経耳鼻科的検査の所見には関連がなかった。耳閉感の発症は中耳や内耳の機能テストの異常には関連がないが、他の原因中枢性の脱過敏に関連するのかも。
Clin Rheumatol. 2013 May 23. [Epub ahead of print]
Why do patients with fibromyalgia complain of ear-related symptoms? Ear-related symptoms and otological findings in patients with fibromyalgia.
Iikuni F, Nomura Y, Goto F, Murakami M, Shigihara S, Ikeda M.
Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Nihon University School of Medicine, 30-1, Oyaguchi-kamicho, Itabashi-ku, Tokyo, 173-8610, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:35 | FMの症状

慢性疲労症候群への高圧酸素療法


Fukuda基準でCFSと診断された16人の患者。患者は3週間で15回の高圧酸素(hyperbaric oxygen:HBO2)治療を受けた (1週間5日)。治療前と15回の治療後にvisual analog fatigue scale (VAFS)、Fatigue Severity Scale (FSS) およびFatigue Quality of Life Score (FQLS)を評価。結果: HBO2治療には耐用性があり合併症はない。治療後, VAFS, FSS およびFQLSは改善 (すべてp<0.005).
Undersea Hyperb Med. 2013 Mar-Apr;40(2):197-200.
The efficacy of hyperbaric oxygen therapy in the management of chronic fatigue syndrome.Akarsu S, Tekin L, Ay H, Carli AB, Tok F, Simşek K, Kiralp MZ.
Gülhane Military Medical Academy Haydarpasa Training Hospital, Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Istanbul, Turkey. selimakarsu@yahoo.com.tr
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:30 | 慢性疲労症候群

むずむず脚症候群の治療(総説)


生活スタイルの変更, 栄養補助食品、非薬物治療のは不十分なエビデンス。第一選択はpramipexole, ropinirole, rotigotine transdermal patch およびlevodopaを含むdopaminergic medication. しかしdopaminergic治療によって症状が悪化してしまう RLS augmentationの症状はRLS,治療の主要な問題点であり、augmentationの予防はRLS治療の主要な目標のひとつ。患者の夜間睡眠または日常の活動に有意な影響を与えた場合にのみRLSの治療が必要。dopamine agonistsの量は許容できる症状の改善内で最小量を維持すべき。Augmentationが起これば治療中止または治療変更が必要かも。別の薬物治療あるいは追加的な薬物治療にはエビデンスの質は低いopioids (codeine, tramadol, およびoxycodone) および抗痙攣薬 (gabapentin, gabapentin enacarbil, およびpregabalin). 治療の選択はRLSの症状の程度およびRLS治療の短期間または長期間の治療効果によるべき。鉄欠乏は診断時に同定すべきであり、その治療はRLS症状を軽減するかも知れないしaugmentationの危険性を減らす。二次的 RLSの治療には明確なエビデンスはないが,一次性RLS 出使用する薬を試すべき。
Curr Treat Options Neurol. 2013 May 24. [Epub ahead of print]
Treatment of Restless Legs Syndrome.
Rios Romenets S, Postuma RB.
Department of Neurology, McGill University, Montreal General Hospital, L7-312, 1650 Cedar Ave., Montreal, Quebec, Canada, H3G 1A4.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-28 21:20 | むずむず脚症候群

うつ病の電気痙攣療法の効果には抗不安薬は影響しない


後ろ向き研究。方法:両側頭骨の電気痙攣療法を受けた90人の大うつ病患者(Electroconvulsive therapy:ECT). 臨床的,人口動態的およびECT のデータはカルテから得た。開始前と最後ECT治療後にHamilton Depression Rating Scale (HDRS-21) を用いて訓練された精神科医が気分の改善を評価。benzodiazepine使用量とECTによる気分の結果の関連を 回帰分析で調べ、ECT に影響する要因も調べた。結果: 階層多重回帰解析によると現在のエピソードの期間のみが (t=-4.77, p<0.001) HDRSの変化を有意に予測する。Benzodiazepineは HDRの変化には関連がない (p>0.05, R2=0.39).
J Affect Disord. 2013 May 10. pii: S0165-0327(13)00253-X. doi: 10.1016/j.jad.2013.03.028. [Epub ahead of print]
Do benzodiazepines moderate the effectiveness of bitemporal electroconvulsive therapy in major depression?
Gálvez V, Loo CK, Alonzo A, Cerrillo E, Menchón JM, Crespo JM, Urretavizcaya M.
Neuroscience Group, Bellvitge Biomedical Research Institute (IDIBELL), Barcelona, Spain; Mood Disorders Clinical and Research Unit & ECT Unit, Psychiatry Department, Bellvitge University Hospital, L'Hospitalet de Llobregat, Barcelona, Spain; University of Barcelona (UB), Barcelona, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-18 16:42 | 抗不安薬の常用量依存

顔面痛においてトリプタノール単独よりピンドロール併用の方が鎮痛効果が強い



chronic tension-type facial pain患者。方法:62人の患者を無作為に3群に分ける (a) amitriptyline 1日10mg (b) amitriptyline 1日10mg と1日2回のpindolol 5mg および(c) 第二世代抗ヒスタミン薬のロラタジン(loratadine)1日 10mg。顔面痛日記を用いて毎日の痛み点数を8週間記録。結果:8 週の時点で, with amitriptyline およびamitriptyline プラスpindololでは偽薬に比べて、痛みの頻度と程度は有意に減少。amitriptyline プラスpindolol を内服した患者はamitriptylin単独に比べて臨床的な結果が有意に改善し、鎮痛薬の内服量が有意に減少。
Rhinology. 2013 Jun;51(2):143-53. doi: 10.4193/Rhin.
A Randomized Controlled Trial comparing the efficacy of low-dose amitriptyline, amitriptyline with pindolol and surrogate placebo in the treatment of chronic tension-type facial pain.
Agius AM, Jones NS, Muscat R.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-18 16:39 | 口腔顔面痛、舌痛症

様々な程度の腎疾患におけるむずむず脚症候群の有病率


方法:500人の患者をNEPHROLOGY CLINICSから集めてEGFRで分類: eGFR ≥ 60 mL/min/1.73m2 (n = 127), CKD (eGFR < 60, 非透析, n = 242), および末期腎疾患(ESRD )(透析, n = 131). すべての患者は睡眠と医療歴のアンケート, RLSのアンケート, the Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI), およびthe Epworth Sleepiness Scale (ESS)に答えた。結果: RLSの有病率は3群で差がない(18.9% [eGFR ≥ 60], 26% (CKD), および26% (ESRD) p = 0.27)。しかし, 睡眠途絶の多くの症状はRLS患者ではありふれており, the full cohort (OR = 2.63, CI = 1.60-4.00, p < 0.001) およびCKD群 (OR = 2.39, CI = 1.20-4.79, p = 0.014)において、RLSは独立してPSQI点数と関連する。まとめ:RLSは非透析CKD患者ではありふれており、睡眠途絶の重要な原因。
J Clin Sleep Med. 2013 May 15;9(5):455-459.
The Prevalence of Restless Legs Syndrome across the Full Spectrum of Kidney Disease.
Lee J, Nicholl DD, Ahmed SB, Loewen AH, Hemmelgarn BR, Beecroft JM, Turin TC, Hanly PJ.
Department of Medicine, Faculty of Medicine, University of Calgary; Calgary, AB, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-18 16:36 | むずむず脚症候群

NSAID潰瘍、特に小腸病変にはPPIよりガスロンの方が有効

32人の健常なvolunteersを were assigned to an irsogladine群(Group I; n = 16) diclofenac sodium 75 mg およびirsogladine(イルソグラジン:ガスロン) 4 mgを毎日 14 日間内服, 又はomeprazole 群(Group O; n = 16) diclofenac sodium 75 mg およびomeprazole 10 mgを毎日 14日間. 治療前後で食道炎および胃潰瘍は食道胃十二指腸内視鏡検査で評価し、小腸の障害はカプセル内視鏡、便のcalprotectin, および便潜血で評価。結果: Group I 群とGroup O 群には、治療前後の食道、胃、十二指腸の病変点数の変化の点では、有意な差はない。Group Oではカプセル内視鏡による評価では、NSAID治療は有意に小腸粘膜の破綻の数を増やし、治療前は一人当たり0.1 +/- 0.3であり治療後は 1.9 +/- 2.0 個の病変 (p = 0.0002)。一方、Group I では治療前後の小腸粘膜の破綻の数には有意差はない (0.3 +/- 0.8 to 0.5 +/- 0.7, p = 0.62), そして群間の差は有意 (p = 0.0040). 便のcalprotectin濃度, 治療前の濃度を1と定義すると, Group O群 (from 1.0 +/- 0.0 to 18.1 +/- 37.1, p = 0.0002) およびGroup I 群(from 1.0 +/- 0.0 to 6.0 +/- 11.1, p = 0.0280)でも有意に増加する; Group O群の増加はGroup I群の増加よりも有意に高い (p<0.05). さらに便潜血レベルはGroup O群では有意に増加するが (p = 0.0018), Group I 群では変化せず(p = 1.0), そして群間の差は有意 (p = 0.0031).
BMC Gastroenterol. 2013 May 14;13(1):85. [Epub ahead of print]
Preventive effect of irsogladine or omeprazole on non-steroidal anti-inflammatory drug-induced esophagitis, peptic ulcers, and small intestinal lesions in humans, a prospective randomized controlled study.
Kuramoto T, Umegaki E, Nouda S, Narabayashi K, Kojima Y, Yoda Y, Ishida K, Kawakami K, Abe Y, Takeuchi T, Inoue T, Murano M, Tokioka S, Higuchi K.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-18 16:34 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line