<   2013年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


抗うつ薬と非定型抗精神病薬の心血管イベントと死亡率の関連


後ろ向き, 横断的研究。退役軍人病院のPrimary care clinic。2009年6月から2010年12月まで1136人の患者が抑うつと診断され 抗うつ薬単独治療(664人の患者)または抗うつ薬を用いない治療 (472人の患者[対照])を受けた。方法:患者の人口統計学データ, 疾患の診断, 検査データ, および薬物治療のデータを医療記録から集めた。1136人の患者のうち, 患者の平均年齢は61歳, 90%は男性, そして77%は喫煙者. 平均BMIは30.4kg/m2 , 血圧は126/73mm Hg, hemoglobin A1cは 6%, low-density lipoprotein cholesterol は106.7 mg/dl, そしてFramingham scoreは 17.抗うつ薬単独治療を受けた患者は抗うつ薬の種類により分類; SSRIsが最も多い。非定型抗精神病薬の併用はSNRI(venlafaxine), SSRI, およびserotonin receptor antagonist (trazodone) との併用が多い (p=0.0067).人口統計学データ, 併用薬, および合併症で補正するとSSRI使用は有意に全原因の死亡率が低いことと関連する(odds ratio [OR] 0.37, 95% confidence interval [CI] 0.19-0.71, p=0.0028).注目すべきは, noradrenergic and specific serotonergic antidepressant (mirtazapine)使用は有意に心不全の有病率が高いことと関連する (OR 3.26, 95% CI 1.029-10.38, p=0.0445). 非定型抗精神病薬の使用は有意に心血管イベントの有病率が高いこと(OR 2.23, 95% CI 1.29-3.83, p=0.0036) および全原因の死亡率が高いこと (OR 2.05, 95% CI 1.03-4.1, p=0.04)と関連する.
Pharmacotherapy. 2013 Jun 17. doi: 10.1002/phar.1311. [Epub ahead of print]
Association of Antidepressant and Atypical Antipsychotic Use with Cardiovascular Events and Mortality in a Veteran Population.
Acharya T, Acharya S, Tringali S, Huang J.
Primary Care Service, Veterans Administration Central California Health Care System, Fresno, California; Department of Medicine, University of California, San Francisco, Fresno Medical Education Program, Fresno, California.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-22 15:28 | 抗うつ薬

トラムセット依存症の症例


この報告では、特発性側湾症と先行する脊椎instrumentation手術後の偽関節を矯正ための手術を受けた難治性の慢性腰痛に引き続く臨床的な抑うつのある18歳女性を報告。患者が制御する鎮痛薬であるhydromorphone, および外来でのtramadol, naproxen, methadone, およびgabapentinの組み合わせは彼女の長期持続する腰痛.に有効であった。しかし、この患者は手術後の不快感の痛み管理チームに訴え続け、後発品のtramadolよりはUltracet™ (acetaminophen-tramadol)を処方することを主張した。この患者は時々退薬時の強い不快感を示した。
J Opioid Manag. 2013 May-Jun;9(3):225-30. doi: 10.5055/jom.2013.0163.
Undetected Ultracet™ dependence in an adolescent with nonmalignant back pain.
Khan NA, Sullivan MA, Vitale MG, Tresgallo ME, Saroyan JM.
Division of Substance Abuse, New York State Psychiatric Institute, New York, New York.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-22 15:21 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症に温泉治療は有効(系統的総説)


2000年から2012年までの系統的総説。65の研究から7つの研究を選択。142人が温泉 治療を受け129人が対照。 まとめ:温泉治療は痛み、抑うつやその他の小さい症状を含むFMの症状を改善する。
Ann Ist Super Sanita. 2013;49(2):219-29.DOI: 10.4415/ANN_13_02_13.
Clinical researches on the efficacy of spa therapy in fibromyalgia. A systematic review.
Fraioli A, Grassi M, Mennuni G, Geraci A, Petraccia L, Fontana M, Conte S, Serio A.
Dipartimento di Medicina Interna e Specialità Mediche, UOC Medicina Interna E, Terapia Medica e Medicina Termale, Sapienza Università di Roma, Azienda Policlinico Umberto I, Rome, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-22 15:12 | FMの非薬物治療

多発性硬化症にはむずむず脚症候群が多い


方法:多発性硬化症(multiple sclerosis:MS)患者と年齢性別を一致させた健常人による横断研究。全員にRLS症状を尋ねる。RLSの診断後, 患者を2群に分ける:つまりRLSと非RLS。両群で, 以下の指標を評価: 年齢、性別、他の合併疾患、MSの罹病期間, MSの経過, RLSの家族歴, 貧血の既往, および内服薬。RLSと診断された患者の症状の程度も評価。結果: MS患者126人と健常者 126人であり、年齢と性別には有意差なし。IMS群では82 人(65.1%)、対照群では 16 人(12.7%)がRLS. MS患者におけるRLSの有病率は 対照群よりも有意に大きい。MS患者の中, 60人の男性 (73.2%) および22人の女性 (26.8%)が RLS. RLSを合併したMS患者の平均年齢は、RLSを合併しないMS患者の平均年齢 より有意に高い。MS患者および EDSS点数の高い患者は RLS症状が強い。まとめ:MS患者の神経学的な検査をする場合にはRLSを念頭に置くべき。
Int J Prev Med. 2013 May;4(Suppl 2):S189-93.
Restless legs syndrome in Iranian multiple sclerosis patients: a case-control study.
Shaygannejad V, Ardestani PE, Ghasemi M, Meamar R.
Department of Neurology, Isfahan University of Medical Sciences, Isfahan, Iran ; Department of Neurology, Isfahan Neurosciences Research Center, Isfahan University of Medical Sciences, Isfahan, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-22 15:02 | むずむず脚症候群

線維筋痛症の治療成績


方法: 1,700人のFM患者の治療前、治療後1, 3, 6, and 12か月後のデータ。Repeated measures and Poisson regression modelsにより、pregabalin (214, 12.6%), duloxetine (264, 15.5%), milnacipran (134, 7.9%), またはtricyclic antidepressants (66, 3.9%)で開始した患者の人口動態的データ, 臨床症状や健康状態 (Brief Pain Inventory severity and interference, Sheehan Disability Scale, Fibromyalgia Impact Questionnaire), 満足度, および経済的な要因を評価。propensity-matched cohortsを用いて感度解析を行った。結果: FMの薬一つで開始した患者145人中, 75%以上は各評価時でFMの薬二つ以上を内服。全般的には, 患者は4つの健康評価で改善しており, 薬による差はほとんどない。治療前, 患者は年間で平均20.3回外来受診, 27.7日労働損失, そして32.6日無料の介護者の世話を受けていた。duloxetine and milnacipran (vs pregabalin or tricyclic antidepressant) コホートは12か月の研究中外来受診が少なかった。患者は全般的な治療やFMの投薬に各々46.0% and 42.8%の人が満足していた。
Pain Med. 2013 Jun 11. doi: 10.1111/pme.12168. [Epub ahead of print]
Longitudinal Observation of Treatment Patterns and Outcomes for Patients with Fibromyalgia: 12-Month Findings from the REFLECTIONS Study.
Robinson RL, Kroenke K, Williams DA, Mease P, Chen Y, Faries D, Peng X, Hann D, Wohlreich M, McCarberg B.
Eli Lilly and Company, Indianapolis, Indiana.

イーライリリー(duloxetineを販売している製薬会社)の論文である点には注意が必要。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-16 08:36 | FMの治療総論

慢性疲労症候群患者に鍼治療を行い敗血症になった症例


CFSに対して鍼を行いStaphylococcus aureusによる敗血症になったまれな症例。鍼の後の感染の大部分はS. aureus. CFSに対する鍼地労の効果は証明されていない。
Scand J Infect Dis. 2013 Jun 9. [Epub ahead of print]
An uncommon cause of Staphylococcus aureus sepsis.
Maas ML, Wever PC, Plat AW, Hoogeveen EK.
From the Department of Internal Medicine.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-16 08:31 | 慢性疲労症候群

カロナールはアトピー性湿疹を起こしやすい


本研究では,歳から14歳のスペイン人青年における孤立性のアトピー性湿疹(Atopic Eczema:AE), 喘息と関連したAE および鼻炎と関連したAE の有病率およびacetaminophenの使用とそれらの疾患の関連を報告。ISAACでの第3相の断面研究からのスペインのデータを解析。A total of 28,717人の青年がacetaminophen使用、喘息、鼻炎および AE症状に関する Phase 3のアンケートに 答えた。前の月にacetaminophenを使用した青年の間では、acetaminophen使用とAEの間に関連があった。さらに、アレルギー症状の数が増えるに従いその有病率は増加し: AEの修正有病率の比(adjusted Prevalence Ratio:aPR)は1.81であり鼻炎と関連したAEや喘息と関連したAEのaPRsは各々2.20と3.03。子供でのacetaminophen使用はAEやその他のアレルギー疾患の発症や維持に関連した重要な要因かもしれないと結論。
Iran J Allergy Asthma Immunol. 2013 May 15;12(2):115-23.
Is acetaminophen use associated with atopic eczema and other allergic diseases in adolescents?
Suárez-Varela MM, García-Marcos L, Fernández-Espinar JF, Bercedo-Sanz A, Aguinaga-Ontoso I, González-Díaz C, Carvajal-Urueña I, Busquet-Monge RM, Arnedo-Pena A, García de Andoin N, Batlles-Garrido J, Blanco-Quirós A, López-Silvarrey Varela A, García-Hernández G, Gimeno-Clemente N, Rubio-López N, Llopis-González A.
Public and Environmental Health Unit, Department of Preventive Medicine, University of Valencia. CIBER Epidemiology and Public Health (CIBERESP), and Center for Public Health Research (CSISP), Valencia, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-16 08:23 | アセトアミノフェン、NSAID

リリカとメチコバールの併用は神経障害性疼痛に有効


方法: 14日間の多施設、前向き、非盲検, 単一群, 観察研究。neuropathic pain患者は75 または150 mgの徐放性のpregabalin と1500 mcg の即効性のmethylcobalamin(ビタミンB12)を内服し, それは臨床的な必要性によった。痛みの軽減と 感覚過敏, paresthesia, しびれ/うずき, 灼熱感, 筋力低下, 睡眠障害, および運動障害を含むneuropathyと関連するその他の陽性と陰性の症状のデータを集めた。痛みの強さは10点のVAS(0は無痛を示し10は過去最悪の痛み)で測定した。薬の安全性は研究期間全体で評価した。データは適切な統計方法で解析した。結果: 14日間での平均のVAS点数の減少は72.3%.平均VAS点数の減少は最初の週に有意。peripheral neuropathyの陽性症状と陰性症状は50%を超える患者で2週間以内に有意に改善。めまい(4.7%), ついで鎮静状態 (3.6%), dizziness (2.9%), 眠気(2.3%), および吐き気(2.3%) は最も多い副作用。95%を超える観察者や患者は効果と耐用性はgoodから excellentと評価。
Int J Gen Med. 2013 May 29;6:413-7. doi: 10.2147/IJGM.S45271. Print 2013.
Sustained-release pregabalin with methylcobalamin in neuropathic pain: an Indian real-life experience.
Dongre YU, Swami OC.
Unichem Laboratories Ltd, Unichem Bhavan, Mumbai, India.

 リリカだけでも有効であったのか、メチコバール併用に意味があるのかどうかは不明。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-16 08:20 | 神経障害性疼痛

むずむず脚症候群男性の死亡率(前向き研究)


方法:医療従事者経過観察研究(Health Professionals Follow-up Study:HPFS)で糖尿病、関節炎、腎不全のないアメリカ人男性18,425人の前向きコホート研究。2002年に, 標準的な質問でRLSを評価。州の生命統計記録, the National Death Index, 家族の報告および郵便制度により死亡を確認。結果経過観察の8年間で(2002-2010), 2,765人の死亡あり。年齢で補正するとRLSでは死亡率が39%増加する(hazard ratio [HR] = 1.39; 95% confidence interval [CI] 1.19-1.62; p < 0.0001). BMI,生活スタイル、慢性疾患、睡眠時間、その他の睡眠関連疾患で補正するとRLSと死亡率の関連は少し弱くなる(adjusted HR = 1.30; 95% CI 1.11-1.52; p = 0.003).重大な慢性疾患 (例えば癌, 高血圧, 心血管疾患、およびその他の合併症),でさらに補正すると修正HR は1.92 (95% CI 1.03-3.56; p = 0.04)。RLSと全死亡率に関連するその他の危険因子との関連 (高齢, 過体重、睡眠時間が短いこと, 喫煙, 身体活動が低いこと, および不健康な食事) は有意ではなかった(すべての関連はp >0.2).まとめ: RLS患者における死亡率の増加は呼吸器疾患内分泌疾患, 栄養/代謝疾患, および免疫疾患とさらに頻繁に関連する.
Neurology. 2013 Jun 12. [Epub ahead of print]
Prospective study of restless legs syndrome and mortality among men.
Li Y, Wang W, Winkelman JW, Malhotra A, Ma J, Gao X.
From The Channing Laboratory (Y.L., J.M., X.G.) and the Division of Sleep Medicine (J.W.W., A.M.), Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, Boston, MA; Department of Otolaryngology (W.W.), Tianjin First Central Hospital, Tianjin, China; and Department of Nutrition (W.W., X.G.), Harvard School of Public Health, Boston, MA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-16 08:13 | むずむず脚症候群

筋筋膜性疼痛へのdry needlingの効果(系統席総説、メタ解析)


系統的総説とメタ解析。方法:以下の条件を満たす論文を含めた: 人間, randomized controlled trials (RCTs), dry needling 群、そして身体の上1/4のMPS. 我々の基準に合うRCTを評価しthe MacDermid Quality Checklistにより内部妥当性を点数化. 4つの別々のメタ解析を行った: (1) dry needlingと sham またはcontroの比較, 即時効果; (2) dry needlingと sham またはcontrolの比較, 4週間; (3) dry needling と他の治療の比較, 即時効果; (4) dry needling と他の治療の比較, 4週間.結果: 246 の論文をまずは選択. 12のRCTsを最終的に選択。方法論の質の点数は23から 40点, 平均34点 (0-48点の範囲, 48が最善)。 dry needlingとshamまたは placebo治療を比較した3つの研究の所見によるとdry needlingは、上部1/4のMPS患者においてすぐに痛みを軽減し, dry needlingの方全般的に効果が強い。dry needling とsham またはplacebo治療を比較した2つの研究の所見によると、信頼区間がが広いためにその効果は限定されるが、dry needlingは上部1/4のMPS患者において4週間後に痛みを軽減する, dry needling とその他の治療を比較した研究は異質性がとても強い。二つの研究により、リドカイン注射は4週間の時点でdry needlingよりも痛みを軽減する効果が強いかもしれない。まとめ:現在利用できるエビデンスに基づくと, 上部1/4のMPS患者において shamまたはplaceboと比べるとdry needlingは痛みを軽減する (治療直後または治療4週間後) (Grade A).
J Orthop Sports Phys Ther. 2013 Jun 11. [Epub ahead of print]
Effectiveness of Dry Needling for Upper Quarter Myofascial Pain: A Systematic Review and Meta-analysis.
Kietrys DM, Palombaro KM, Azzaretto E, Hubler R, Schaller B, Schlussel JM, Tucker M.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-16 08:04 | 筋筋膜性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line