<   2013年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧


脊髄損傷後神経障害性疼痛への薬物治療(系統的総説)

 
脊髄損傷に関連した神経障害性疼痛に関する系統的総説。効果の結果は11-pointのNRSまたは100 mm VASで痛みが軽減および≥30% 又は≥50%の痛みの軽減を達成した患者の割合。結果:9つの研究は1つのpregabalin研究(n = 136)を除き100人未満の研究。NRSの結果のStandard errorsはしばしば報告されない。 偽薬に対する11-point NRSによる疼痛軽減の概算はpregabalin で-1.72, amitriptyline で-1.65、duloxetine で-1.0, levetiracetamで -1 (中央値)、gabapentin で-0.27, lamotrigine で1 (中央値), そしてdronabinol で2。偽薬に対して30%痛みが軽減するRisk ratiosはlevetiracetam で0.71、 pregabalin で2.56, そして50%の改善ではlevetiracetam で0.94、pregabalin で2.91. メタ解析の比較では偽薬に比べてpregabalinおよび tramadolは有意に副作用が多いが, 偽薬と比べても治療中断には有意差はない。
J Pain Res. 2013 Jul 11;6:539-47. doi: 10.2147/JPR.S45966. Print 2013.
Systematic review and comparison of pharmacologic therapies for neuropathic pain associated with spinal cord injury.
Snedecor SJ, Sudharshan L, Cappelleri JC, Sadosky A, Desai P, Jalundhwala YJ, Botteman M.
Pharmerit International, Bethesda, MD, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 21:10 | 神経障害性疼痛

小児へのアセトアミノフェン投与は喘息を引き起こしやすい


ポルトガルのCoimbraにある小学校の1063人の子供による横断研究。子供の呼吸器の健康とparacetamolおよび抗生物質の投薬に関する情報を得るためにISAACに基づいた環境とcore喘息と鼻炎のアンケートを行った。生後12か月までのparacetamol使用は有意にいずれかの時期の喘息(人生における少なくとも1つのエピソード) (OR = 2.9; 95 %CI:1.8-4.5), 現在の喘息 (OR = 2.4; 95 %CI:1.5-3.6), いずれかの時期の喘鳴 (OR = 2.5; 95 %CI:1.8-3.4), いずれかの時期の鼻炎 (OR = 2.4; 95 %CI:1.7-3.3), および現在の鼻炎 (OR = 2.8; 95 %CI:2.0-3.9)の危険性を増加させる. 抗生剤への暴露は、現在の喘息 (OR = 1.6; 95 %CI:1.0-2.5), いずれかの時期の喘息 (OR = 2.0; 95 %CI:1.3-3.1), いずれかの時期の喘鳴 (OR = 2.3; 95 %CI:1.7-3.2), および鼻炎症状 (いずれかの時期の鼻炎OR = 1.8; 95 %CI:1.3-2.6, 現在の鼻炎OR = 1.8; 95 %CI:1.3-2.6, tearing OR = 1.9; 95 %CI:1.2-3.)の危険性に対し同様の効果. 生後12か月以内のparacetamol 使用の頻度が増えると、アレルギー症状の発現を増やす事を見つけ、これは用量依存の関連を示唆した。まとめ:この研究では生後12か月以内のparacetamol および抗生物質の投与と5-9歳での喘息と鼻炎の有病率と症状の程度には強い関連があることが判明した。
Adv Exp Med Biol. 2013;788:393-400. doi: 10.1007/978-94-007-6627-3_53.
Exposure to paracetamol and antibiotics in early life and elevated risk of asthma in childhood. 昭和薬品化工請求,論文あり
Muc M, Padez C, Pinto AM.
Department of Life Sciences, University of Coimbra, Apartado 3046, 3001-401, Coimbra, Portugal,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 21:08 | アセトアミノフェン、NSAID

腰椎椎弓切除術後のリリカ、トラマールの鎮痛効果の比較


本研究では、待機的な徐圧の腰椎椎弓切除を受けた患者への術前のpregabalinとtramadolの鎮痛効果と抗不安効果を比べた。American Society of Anesthesiology-1 (ASA) およびASA-2の20-60歳の75人の患者. 患者は25人ずつ、3群に無作為に振り分ける。麻酔開始前1時間で、偽薬群は偽薬カプセルを内服, tramadol 群は100 mgカプセルを内服, pregabalin群は150 mgカプセルを内服。Pregabalin群は偽薬と比べると有意に鎮痛効果があるが、その効果はtramadolに比べると弱い。The need for rescue救急鎮痛薬の必要性はtramadol群が最も少なく次いで pregabalin群 そして偽薬群が最大。Pregabalin群は偽薬群に比べると有意な抗不安効果を示し, tramadol群に比べると鎮静状態が弱い. Pregabalinはtramadolに比べると吐き気、嘔吐、眠気の術後合併症が少ない。
Pregabalin versus tramadol for postoperative pain management in patients undergoing lumbar laminectomy: a randomized, double-blinded, placebo-controlled study.
Kumar KP, Kulkarni DK, Gurajala I, Gopinath R.
Department of Anesthesiology, Balaji Institute of Surgery Research and Rehabilitation for Disabled, Tirupati, AP, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 21:04 | 抗痙攣薬

舌痛症患者の無機物および微量金属


研究デザイン: 断面前向き、対照研究でprospective controlled clinical study of 58人 の患者(28人は BMS であり30人は対照)を調べる。刺激していない唾液内の無機物および微量金属を両群で解析in unstimulated whole saliva was analyzed in BMS patients and in control subjects by means of ICP-OESにより両群で解析. 解析したparametersは以下の通り: 口腔内の健康に関連した生活の質(oral health-related quality of life :OHIP-14) およびthe Hospital Anxiety Depression (HAD) scale。VASにより灼熱感(痛み)の程度を測定。結果:BMS患者の痛みの平均は was 7.8 ± 2.4. BMS患者のOHIP-14 は障害されており: total BMS OHIP-14 (16.98 ± 12.29) vs. 対照(8.53 ± 10.5)であり有意差あり (P = 0.015). 異なる元素の濃度はBMSの方がやや高いが 有意差はない (Na, K, Ca, Mg, Fe, Cu, Mn, Zn, B, P, S, Al, Pb, Cd, Cr, Ni, As, Be, Bi, Co, Li, Mo, Sb, Se, Sr, Ti, Tl, V).
J Oral Pathol Med. 2013 Jul 19. doi: 10.1111/jop.12105. [Epub ahead of print]
Mineral and trace element analysis of saliva from patients with BMS: a cross-sectional prospective controlled clinical study.
López-Jornet P, Juan H, Alvaro PF.
Hospital Morales Meseguer, Clínica Odontologica Universitaria, Oral Medicine, Ageing Research Institute, Faculty of Medicine and Dentistry, University of Murcia, Murcia, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 21:00 | 口腔顔面痛、舌痛症

zetutuushou


研究デザイン: 断面前向き、対照研究でprospective controlled clinical study of 58人 の患者(28人は BMS であり30人は対照)を調べる。刺激していない唾液内の無機物および微量金属を両群で解析in unstimulated whole saliva was analyzed in BMS patients and in control subjects by means of ICP-OESにより両群で解析. 解析したparametersは以下の通り: 口腔内の健康に関連した生活の質(oral health-related quality of life :OHIP-14) およびthe Hospital Anxiety Depression (HAD) scale。VASにより灼熱感(痛み)の程度を測定。結果:BMS患者の痛みの平均は was 7.8 ± 2.4. BMS患者のOHIP-14 は障害されており: total BMS OHIP-14 (16.98 ± 12.29) vs. 対照(8.53 ± 10.5)であり有意差あり (P = 0.015). 異なる元素の濃度はBMSの方がやや高いが 有意差はない (Na, K, Ca, Mg, Fe, Cu, Mn, Zn, B, P, S, Al, Pb, Cd, Cr, Ni, As, Be, Bi, Co, Li, Mo, Sb, Se, Sr, Ti, Tl, V).
J Oral Pathol Med. 2013 Jul 19. doi: 10.1111/jop.12105. [Epub ahead of print]
Mineral and trace element analysis of saliva from patients with BMS: a cross-sectional prospective controlled clinical study.
López-Jornet P, Juan H, Alvaro PF.
Hospital Morales Meseguer, Clínica Odontologica Universitaria, Oral Medicine, Ageing Research Institute, Faculty of Medicine and Dentistry, University of Murcia, Murcia, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 21:00 | 口腔顔面痛、舌痛症

腰部交感神経破壊術の合併症


30歳の患者がアキレス腱断裂の手術後1年半後に右足のCRPSの他覚所見と自覚症状がすべてそろい痛み部門に紹介された。現在の治療では痛みの改善が不十分であったため入院治療が必要であり、右下腿内側遠位部に強いアロジニアと右足に加重をかけにくい状態。CTガイドの右L3腰部交感神経ブロック (Bupivacaine 0.5%, 4 mL)を行うと皮膚温はブロック前の21° C からブロック後約5時間で> 34° Cになる。患者は著しい痛みの軽減を経験し, それはsympathetically maintained painであることを示唆する。そのため, 5日後に同じレベルでCTガイドの腰部交感神経破壊術を行うと, 右足の皮膚温は著しく増加し彼の痛みは8時間後には術前NRS 7から術後 NRS 4にわずかに減少 (NRS, 0 = no pain, 10 = strongest pain imaginable)。かなりの痛みの再発が起こり右足への荷重が減ったために、8か月後には再度入院が必要になる。L4レベルのCTガイドの腰部交感神経破壊術を右側で繰り返すと有意な皮膚温の上昇を含んで成功した。手術8時間後に陰部大腿神経の一時的な過敏にもかかわらず, 遅発性外側大腿皮神経の過敏が起こった。低用量96%エタノールによるCTガイド下の化学的交感神経破壊術後の長期間持続する外側大腿皮神経の障害-今日まで文献では記載されていない合併症である。これは恐らく、正しい針の位置と造影剤の広がりにもかかわらず腰筋に沿って神経破壊薬が広く広がったことによると思われる。この神経の障害の進行は少量のエタノール(2 mL)を注射した後でも遅延したかも。
Pain Physician. 2013 Jul-Aug;16(4):391-7.
Permanent lesion of the lateral femoral cutaneous nerve after low-volume ethanol 96%application on the lumbar sympathetic chain.
Pennekamp W, Krumova EK, Feigl GP, Frombach E, Nicolas V, Schwarzer A, Maier C.
Department for Diagnostic and Interventional Radiology and Nuclear Medicine, Berufsgenossenschaftliches Universitatsklinikum Bergmannsheil GmbH, Ruhr-University Bochum, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 20:50 | 複合性局所疼痛症候群

むずむず脚症候群は衝動的なパーキンソン病に多い


方法: 特発性パーキンソン病(Parkinson's disease:PD)患者(N = 143) が睡眠効率、過剰な日中の眠気、RLS,いびき、夢/悪夢、および夜間頻尿を評価するthe Minnesota Impulse Disorder Interview および睡眠のアンケートに答えた。患者はUnified Parkinson's Disease Rating Scaleという運動機能の検査と認知機能の検査を受けた。結果: 衝動的なPD患者は衝動的ではないPD患者と比べると睡眠の訴えが多い。群間の差は衝動的なPD患者において、睡眠効率が悪いことや(e.g., greater nocturnal awakenings), p < .01,日中の眠気が強い, p < .01,ことに起因する。興味深いことに, RLSは衝動的なPD患者に多い, p < .05。この結果は投薬や疾患の程度では説明できない。まとめ: 睡眠効率が悪いこと、RLS、日中の眠気が増加することは衝動的なPDと関連する。睡眠障害がPDの衝動性に先行するのかどうかを確かめるために縦断研究が必要。
Parkinsonism Relat Disord. 2013 Jul 20. pii: S1353-8020(13)00236-8. doi: 10.1016/j.parkreldis.2013.06.018. [Epub ahead of print]
Sleep and impulsivity in Parkinson's disease.1請求
Scullin MK, Sollinger AB, Land J, Wood-Siverio C, Zanders L, Lee R, Freeman A, Goldstein FC, Bliwise DL, Factor SA.
Department of Neurology, Emory University School of Medicine, 1841 Clifton Road NE, Atlanta, GA 30329, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 20:02 | むずむず脚症候群

イランにおける線維筋痛症2010年基準の有用性


多施設前向き研究で168人のFM患者と110人の対照者。 全員がdolorimetryの検査を受け、ACR 2010 予備基準とACR 1990基準に含まれるアンケートに答える。専門家によるACR 2010基準 とACR 1990 基準を比較. widespread pain index (WPI) およびsymptom severity (SS) scaleを含むACR 2010基準の2つのsubcomponentの異なる2つのカットオフの特徴を評価. gold standardとしての専門家による診断を考えると, the ACR 2010基準の特異度はACR 1990と同程度であるが (92.8 vs. 88.3 %, P = 0.073), 感度が低く (58.9 vs. 71.4 %, P = 0.003)精度が低い傾向 (72.4 vs. 78.4 %, P = 0.105). ACR 1990基準を gold standardと考えると、全般的な正確性が増す傾向(72.4 vs. 79.1 %, P = 0.064)。最適なテストの特徴はWPI ≥6およびSS scale score ≥4 であり、専門家と比べるとACR 2010基準の改善された感度と特異度は各々76.1と81.7。イランの患者では予備的ACR 2010 基準は感度が悪くなる。WPI ≥6 およびSS scale score ≥4ノカットオフポイントは診断的な価値を改善する。
Rheumatol Int. 2013 Jul 25. [Epub ahead of print]
Validation of the 2010 American College of Rheumatology preliminary diagnostic criteria for fibromyalgia in an Iranian population.
Bidari A, Hassanzadeh M, Ghavidel Parsa B, Kianmehr N, Kabir A, Pirhadi S, Sayfi M, Toutounchi M, Fattahi F, Zandi Karimi F.
Department of Rheumatology, Iran University of Medical Sciences, Tehran, Iran,

 日本では未だに線維筋痛症なんていう疾患は認めないという医師が多くいます。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 19:55 | FMの診断

the International Restless Legs Syndrome Study Group によるむずむず脚症候群の治療ガイドライン


the International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG)によるrestless legs syndrome/Willis-Ekbom disease (RLS/WED)治療のガイドライン。PregabalinはRLS/WED治療において1年間までは有効 (Level A evidence). Pramipexole, ropinirole, およびrotigotineはRLS/WED治療において6ヶ月までは有効 (Level A). 以下の薬は1-5年の間では恐らく有効(Level B): gabapentin enacarbil, pramipexole,および ropinirole (1year); levodopa (2years); そしてrotigotine (5years). 安全性の問題で, もし有効性が危険性を明らかに上回らなければpergolideおよび cabergolineはRLS/WEDの治療には使用すべきではない。その他の薬物治療にはRLS/WEDの長期治療には不十分はエビデンスあるのみ. The IRLSSG Task Forceはコンセンサスに基づいた合併症の予防や対処方法の方針を作成 (例えばaugmentation, 効果の喪失, 過剰な日中の眠気, および衝動調節障害)しそれはRLS/WEDの長期の薬物治療を可能にするかもしれない。dopamine受容体作動薬又はα2δ calcium-channel ligandを大部分のRLS/WED患者の第一選択として推薦する。患者のRLS/WED症状の程度、認知機能の程度、既往、合併症で薬を選択する。
Sleep Med. 2013 Jul;14(7):675-84. doi: 10.1016/j.sleep.2013.05.016.
The long-term treatment of restless legs syndrome/Willis-Ekbom disease: evidence-based guidelines and clinical consensus best practice guidance: a report from the International Restless Legs Syndrome Study Group.1請求
Garcia-Borreguero D, Kohnen R, Silber MH, Winkelman JW, Earley CJ, Högl B, Manconi M, Montplaisir J, Inoue Y, Allen RP.
Sleep Research Institute, Madrid, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-20 15:34 | むずむず脚症候群

腰椎椎弓切除におけるリリカ、トラマドールの鎮痛効果


本研究では、待機的な徐圧の腰椎椎弓切除を受けた患者への術前のpregabalinとtramadolの鎮痛効果と抗不安効果を比べた。American Society of Anesthesiology-1 (ASA) およびASA-2の20-60歳の75人の患者. 患者は25人ずつ、3群に無作為に振り分ける。麻酔開始前1時間で、偽薬群は偽薬カプセルを内服, tramadol 群は100 mgカプセルを内服, pregabalin群は150 mgカプセルを内服。Pregabalin群は偽薬と比べると有意に鎮痛効果があるが、その効果はtramadolに比べると弱い。The need for rescue救急鎮痛薬の必要性はtramadol群が最も少なく次いで pregabalin群 そして偽薬群が最大。Pregabalin群は偽薬群に比べると有意な抗不安効果を示し, tramadol群に比べると鎮静状態が弱い. Pregabalinはtramadolに比べると吐き気、嘔吐、眠気の術後合併症が少ない。
Pregabalin versus tramadol for postoperative pain management in patients undergoing lumbar laminectomy: a randomized, double-blinded, placebo-controlled study.
Kumar KP, Kulkarni DK, Gurajala I, Gopinath R.
Department of Anesthesiology, Balaji Institute of Surgery Research and Rehabilitation for Disabled, Tirupati, AP, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-07-20 15:30 | 抗痙攣薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line