<   2013年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧


線維筋痛症の1990年基準と2010年基準


方法:100人のwidespread pain患者。ACR 1990 基準とACR 2010 の2つの基準を研究開始時、3ヵ月後12ヵ月後に調べた。 感度と特異度を調べた。Fibromyalgia Impact Questionnaire と2つの基準の構成要素の関連をピアソン相関で調べた。一致率をカッパ係数で評価。結果: 最初の受診時 (baseline), 両方の基準の一致率は48.5% (n=49) (κ=0.43[95%CI.0.22,0.58])。しかし、研究終了時では一致は25人(25%) (κ=0.29[95%CI:0.12,0.36]). 1年間の経過観察時は、ACR 2010基準の感度は ACR 1990のそれより高い (各々0.88; 0.56) (p< 0.05)。まとめ: 最初に訪れた時と1年間の経過観察時にACR 2010基準は ACR 1990基準より感度が高い。そのため; 過小診断をされたFM患者に診断と治療の機会を与えるかも。
J Back Musculoskelet Rehabil. 2013 Apr 29. [Epub ahead of print]
Do new diagnostic criteria for fibromyalgia provide treatment opportunity to those previously untreated?
Oncu J, Iliser R, Kuran B.
Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Istanbul Sisli Etfal Education and Research Hospital, Istanbul, Turkey.

診断基準を満たさない患者でも線維筋痛症の治療を行えば、診断基準は臨床的には無意味です。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-26 01:25 | FMの診断

むずむず性器症候群


持続性性器興奮障害(genital arousal disorder)およびむずむず性器症候群(restless genital syndrome), 外陰部痛(vulvodynia )や男性性器皮膚痛(genital skin pain)は原因不明 (陰茎陰嚢痛penoscrotodynia). persistent genital arousal disorder やrestless genital syndromeの最も顕著な症状は自発性, 不愉快な, わずらわしい苦悩に満ちた外陰部の感覚。vulvodynia, penoscrotodynia, persistent genital arousal disorder およびrestless genital syndrome患者には臨床症状に共通性がある。persistent genital arousal disorder およびrestless genital syndromeや vulvodyniaの原因は、 神経―血管機能不全, 生殖末梢神経症(genital peripheral neuropathy) and/or微小血管動静脈シャントの機能不全(dysfunctional micro-vascular arterio-venous shunting)の観点でよりよく説明される。肢端[先端]紅痛症(Erythromelalgia)はrestless leg syndromeを合併したrestless genital syndromeの症例を説明し, red scrotum syndromeをも説明する。出版された論文によるとrestless genital syndromeは性機能不全というより外陰部痛のサブタイプとして分類されることを支持する。
Int J STD AIDS. 2013 Aug 1. [Epub ahead of print]
Persistent genital arousal and restless genitalia: sexual dysfunction or subtype of vulvodynia?
Markos A, Dinsmore W.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-26 01:19 | むずむず脚症候群

複合性局所疼痛症候群における交感神経ブロックの効果(コクラン)


CRPSに対する局所麻酔薬によるブロック(local anaesthetic blockade:LASB)の系統的総説であるThe Cochrane Library, 2005, Issue 4で報告されたoriginal Cochrane reviewの最新版。結果:新たに10の研究 (combined n = 363). すべてで12の研究 (combined n = 386)。すべての研究の評価ではバイアスの高い危険性か不明瞭な危険性がある。3つの小さい研究ではLASBと placebo/shamを比較. この研究の二つから結果を統合可能 (intervention n = 23). 結果の統合ではLASBには短期間の有意な効果は見つからず (痛み点数が50%減少する可能性の点では)。リハビリ治療にLASBを追加した二つの研究のうち, 痛みの結果を報告した研究ではLASBには追加的な効果がない。8つの小さい無作為振り分け研究では交感神経ブロックを他の治療方法と比較。大部分の研究では交感神経ブロックと他の治療には痛みの結果に差がない。5つの研究は副作用を報告しており、すべて軽微。著者のまとめ:新たな系統的総説では従来の系統的総説と同じ結果。CRPSに対する局所麻酔薬による交感神経ブロックの使用を支持するエビデンスは欠如。
Cochrane Database Syst Rev. 2013 Aug 19;8:CD004598. [Epub ahead of print]
Local anaesthetic sympathetic blockade for complex regional pain syndrome.
Stanton TR, Wand BM, Carr DB, Birklein F, Wasner GL, O'Connell NE.
Neuroscience Research Australia, Randwick, Australia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-26 01:03 | 複合性局所疼痛症候群

高用量のベンゾジアゼピンにより反応時間遅延


方法: Netherlands Study of Depression and AnxietyにおいてBZD 非使用者の反応時間(RT)(n= 2404) を低用量(n= 288), 中等量 (n=74), 高用量のBZD使用者(n= 57)の反応時間と比較. Implicit Association Testにより反応時間を調べた.人口動態的特徴, 健康の指標, 精神病理学の程度、抗うつ薬使用で補正して解析。結果: NESDA参加者のうち, 419人(14.8%)はBZDs使用。高用量のBZDs使用はRTs 延長と関連(p=0.01)。異なる用量を比較すると, 高用量群は非使用群と比較して有意に反応時間が延長するが、低用量や中等度使用者ではそうではない。
Br J Clin Pharmacol. 2013 Aug 20. doi: 10.1111/bcp.12224. [Epub ahead of print]
High-dose benzodiazepines prolong reaction times in chronic users who have major depressive and/or anxiety disorders.
Manthey L, van Loenen-Frösch F, Giltay EJ, van Veen T, Glashouwer K, Penninx BW, Zitman FG.
Department of Psychiatry, Leiden University Medical Centre, Leiden, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-26 00:53 | 抗不安薬の常用量依存

ガバペンの過活動膀胱への効果


通常の抗コリン薬では反応しない過活動膀胱(overactive bladder:OAB)の子供へのgabapentinの追加治療の効果。方法:難治性のOABの子供を前向きで2009年3月から2010年2月まで治療.通常の抗コリン薬を6か月使用しても症状が持続する者を含めた。Gabapentinを追加治療. 患者を膀胱日記と共に4週間経過観察を行い3か月の時点で尿流動態研究を繰り返して行う。結果: 31人の子供, 26人は神経原性のOAB、そして5人は非神経原性の原因。平均± SD年齢は8.5 ± 5.3歳. 30人の患者でデータを解析したが、1人は副作用のため中止。16人 (53.3%) では排尿の調節が改善. 排尿量は175 ± 90から320 ± 110 mlに改善 (p<0.03)。OAB症状の客観的な評価は著しく改善 (p<0.05).最大cystometric 膀胱容量の平均は210 ± 94から360 ± 110 ml に改善(p<0.02)。最大排尿筋収縮は75 ± 35 から25 ± 15 cmH(2)Oに減少 (p<0.02). 14人の患者 (46.7%)ではgabapentin治療に反応せず。これらの患者では治療前の最大These patients had baseline maximum cystometric 膀胱容量は年齢の<60%であり、最大排尿筋収縮は>50 cm of water (p<0.03).
J Pediatr Urol. 2013 Feb;9(1):17-22. doi: 10.1016/j.jpurol.2011.10.022. Epub 2011 Nov 30.
Gabapentin: a novel drug as add-on therapy in cases of refractory overactive bladder in children.
Ansari MS, Bharti A, Kumar R, Ranjan P, Srivastava A, Kapoor R.
Department of Urology and Renal Transplantation, Sanjay Gandhi Postgraduate Institute of Medical Sciences, Raebareli Road, Lucknow 226014, U.P., India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-26 00:41 | 抗痙攣薬

ガバペンの過活動膀胱への効果


通常の抗コリン薬では反応しない過活動膀胱(overactive bladder:OAB)の子供へのgabapentinの追加治療の効果。方法:難治性のOABの子供を前向きで2009年3月から2010年2月まで治療.通常の抗コリン薬を6か月使用しても症状が持続する者を含めた。Gabapentinを追加治療. 患者を膀胱日記と共に4週間経過観察を行い3か月の時点で尿流動態研究を繰り返して行う。結果: 31人の子供, 26人は神経原性のOAB、そして5人は非神経原性の原因。平均± SD年齢は8.5 ± 5.3歳. 30人の患者でデータを解析したが、1人は副作用のため中止。16人 (53.3%) では排尿の調節が改善. 排尿量は175 ± 90から320 ± 110 mlに改善 (p<0.03)。OAB症状の客観的な評価は著しく改善 (p<0.05).最大cystometric 膀胱容量の平均は210 ± 94から360 ± 110 ml に改善(p<0.02)。最大排尿筋収縮は75 ± 35 から25 ± 15 cmH(2)Oに減少 (p<0.02). 14人の患者 (46.7%)ではgabapentin治療に反応せず。これらの患者では治療前の最大cystometric 膀胱容量は年齢の<60%であり、最大排尿筋収縮は>50 cm of water (p<0.03).
J Pediatr Urol. 2013 Feb;9(1):17-22. doi: 10.1016/j.jpurol.2011.10.022. Epub 2011 Nov 30.
Gabapentin: a novel drug as add-on therapy in cases of refractory overactive bladder in children.
Ansari MS, Bharti A, Kumar R, Ranjan P, Srivastava A, Kapoor R.
Department of Urology and Renal Transplantation, Sanjay Gandhi Postgraduate Institute of Medical Sciences, Raebareli Road, Lucknow 226014, U.P., India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-26 00:41 | 抗痙攣薬

複合性局所疼痛症候群での非罹患部の感覚異常


定量的な感覚検査を腕のCRPS患者48人(31人はジストニア合併)の非患側の肢や頬で行い, その結果を健常人のデータと比較。最も顕著な異常は圧迫疼痛閾値であり、非罹患の反対側の腕、非罹患の下肢、や頬で一貫して感度が高く、effect sizes(分散?)が最も大きい。CRPS患者の頬では熱感覚鈍麻と熱感覚過敏があり振動の判別の喪失もあった。ジストニアのあるCRPS患者の反対側の下肢の振動閾値が低いことを除けば,ジストニアのあるCRPS患者とジストニアのないCRPS患者の間には感覚には差がない。この結果はCRPS患者における中枢性の痛み処理には全体的な障害があり, それは内因性の痛み制御に影響するかもしれないことを示す。CRPS患者の罹患した部位や罹患していない部位の圧迫疼痛が最も大きな感覚の異常であるため、このテストが将来の研究における結果の重要な指標になるかもしれず、疾患の経過のモニターとして使用できるかもしれない。
Pain. 2013 Aug 10. pii: S0304-3959(13)00440-5. doi: 10.1016/j.pain.2013.08.004. [Epub ahead of print]
Muscle hyperalgesia is widespread in patients with Complex Regional Pain Syndrome.
van Rooijen DE, Marinus J, van Hilten JJ.
Department of Neurology, Leiden University Medical Center, Leiden, the Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-17 13:57 | 複合性局所疼痛症候群

末梢性神経障害性疼痛に対するトリプタノールとノリトレンの比較


peripheral neuropathy (PN)による神経障害性疼痛治療におけるamitriptylineおよび nortriptylineの副作用、耐用性、効果の比較。方法:前向き、非盲検、可変量でPNに関連した神経障害性疼痛患者におけるamitriptyline又は nortriptylineの単独投与又は追加投与を比較。一次的な結果は定量的な副作用と中止の割合である。二次的な結果は痛みの程度, 生活の質, 障害, 睡眠の効果, 気分と不安の変化と,全般的な改善。治療後3か月と6か月で評価を行った。nortriptylineはamitriptylineよりも耐用性が優れていると仮説を立てた。結果:228人の PN患者はほぼ同数が単独治療と補助的治療である。副作用と中止の率はamitriptylineと nortriptylineの間で同程度。体重増加はamitriptylineの方が高頻度, nortriptylineではドライマウスの頻度が高い。二次的な結果は両群で同様であり、これは治療前からの改善が同程度であることを示す。まとめ:Amitriptylineと nortriptylineは副作用と中止率が同程度。PNによる神経障害性疼痛においては両方のTCAは同程度とみなされる。単独治療あるいは助的治療の1つとして使用すると, 副作用に耐えられればどちらのTCAもVASは23-26%軽減することが期待される。PNに関連した神経障害性疼痛においては、効果不十分または副作用による中止はどちらのTCAでも26-37%。
Acta Neurol Scand. 2013 Aug 13. doi: 10.1111/ane.12169. [Epub ahead of print]
Equivalency of tricyclic antidepressants in open-label neuropathic pain study.
Liu WQ, Kanungo A, Toth C.
Department of Clinical Neurosciences, the Hotchkiss Brain Institute, and the University of Calgary, Calgary, AB, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-17 13:38 | 抗うつ薬

線維筋痛症の圧痛点のエコー像


Algometry(痛覚測定)テストではFM群と健常群で有意差が示唆された (p < 0.001). 両群において上部僧帽筋のエコー画像で、楕円形のエコー信号の低い領域が観察された。エコー信号の低い領域の数には両群で有意差はなかった(p = 0.167, t = 1.008); 血流にも両群で有意差はなかった。FM群では広範なエコー信号の低い領域が存在 (p = 0.139, t = 1.317). Sono-myoelastography(音響筋弾性率計測法)では筋の他の部位に比べてその範囲に強い強張りを描出できず. これらの結果により、筋筋膜性のトリガーポイントの診断に用いられるsono-myoelastography(音響筋弾性率計測法)およびsono-myography(筋運動記録法)は圧痛点の鑑別をできないかもしれないことになる。
Ultrasound Med Biol. 2013 Aug 8. pii: S0301-5629(13)00752-7. doi: 10.1016/j.ultrasmedbio.2013.05.001. [Epub ahead of print]
Sono-myography and Sono-myoelastography of the Tender Points of Women with Fibromyalgia.
Muro-Culebras A, Cuesta-Vargas AI.
Department of Physiotherapy, University of Málaga, Málaga, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-17 13:24 | FMの検査

むずむず脚症候群に対するレキップの有効性


イギリス。方法: 治療前の IRLS 総点数が24以上の成人患者を対象にした無作為振り分け、二重盲検、偽薬対照、parallel-group, 26週間のropinirole 0.25から4mgまで (n = 197) またはplacebo (n = 207) 、その後は40週間のopen-label研究で269人が ropinirole内服。一次的な効果判定はIRLS総点数の治療前から12週までの変化。耐用性の測定には副作用, augmentation, および早朝のリバウンドの発生率を含む。結果: 両群の人口動態的特徴は同程度(平均[SD]年齢: placebo, 56.1 [11.38]歳; ropinirole, 56.5 [11.92] 歳; 両群とも女性は63%). ropinirole群の全患者は白人; placebo群の99%は白人. placebo群に比べるとRopinirole群では治療前からのIRLS全点数の変化は短期治療と長期治療の両方で有意である, 治療の差の平均は12週と26週で各々-2.1 (P = 0.039) および-2.5 (P = 0.023).augmentationおよび早朝リバウンドの発生率はopinirole群では4%以下。ropinirole群での副作用は以前の臨床研究での報告と一致。
Clin Ther. 2013 Aug 9. pii: S0149-2918(13)00344-5. doi: 10.1016/j.clinthera.2013.06.016. [Epub ahead of print]
Ropinirole in Patients With Restless Legs Syndrome and Baseline IRLS Total Scores ≥24: Efficacy and Tolerability in a 26-Week, Double-Blind, Parallel-Group, Placebo-Controlled Study Followed by a 40-Week Open-Label Extension.
Giorgi L, Asgharian A, Hunter B.
Eisai, Hatfield, Hertfordshire, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-17 12:53 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line