<   2013年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧


イブプロフェンと小児喘息の関連性


ドイツ、イタリア、オランダ、イギリスの0-18歳の子供。結果: 7.7百万人に合計で 29.6 百万人―年観察. そのうち, 1.3百万人の子供は少なくとも 45の NSAIDsのうち1つを観察期間に投与される。この解析では, ibuprofenは (最も頻繁に使用されるNSAID)喘息の悪化と関連する (relative risk of 2) 。
BMC Pediatr. 2013 Nov 19;13(1):192. [Epub ahead of print]
Population-based analysis of non-steroidal anti-inflammatory drug use among children in four European countries in the SOS project: what size of data platforms and which study designs do we need to assess safety issues?
Valkhoff VE, Schade R, T Jong GW, Romio S, Schuemie MJ, Arfe A, Garbe E, Herings R, Lucchi S, Picelli G, Schink T, Straatman H, Villa M, Kuipers EJ, Sturkenboom MC.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-24 22:42 | アセトアミノフェン、NSAID

複合性局所等痛症候群の脳の変化


この研究では, structural magnetic resonance imaging (sMRI)を用いて右上肢のCRPSとマッチさせた対照群 の灰白質の容積の差を調べた。全脳のvoxel-based morphometry (VBM)を用いて解析。CRPS群では、背側の島、左眼窩前頭皮質および帯状皮質のいくつかの面を含むいくつかの痛みに関連した部位の灰白質の容積が減少。CRPS患者の灰白質の容積の増大は両側の背側の被殻と右の視床で見られた。自己報告の痛みとの関連解析はCRPS群で行われた。痛みの期間は左背外側前頭前皮質の灰白質の容積の減少と関連する。痛みの強さは左後海馬と左へんとう(体)の容積と正の相関であり,両側の背外側前頭前皮質の容積と負の相関。
J Pain. 2013 Nov 7. pii: S1526-5900(13)01352-7. doi: 10.1016/j.jpain.2013.10.011. [Epub ahead of print]
Complex Regional Pain Syndrome is associated with structural abnormalities in pain-related regions of the human brain.
Barad MJ, Ueno T, Younger J, Chatterjee N, Mackey S.
Clinical Assistant Professor Anesthesia (Pain Management) and Neurology & Neurological Sciences. Stanford University School of Medicine, Stanford University, Palo Alto, CA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-24 22:30 | 複合性局所疼痛症候群

抗うつ薬を妊婦に投薬しても自閉症は増えない


方法:Denmarkで 1996-2006に生まれた子供と (n=668,468) その親をthe Danish Civil Registration Systemで見つけた. Danish National Prescription Registryで母親の妊娠中の処方情報を得た。 子供の自閉症スペクトラム障の情報と親の精神疾患の診断はthe Danish Psychiatric Central Registeで得た. コホート解析。結果: 出生前に抗うつ薬に暴露された子供の暴露されていない子供に対する自閉症スペクトラム障害修正ハザード比は1.5 (95% confidence interval [CI] 1.2-1.9).情動障害の診断を受けた子供に限定して解析すると, 修正ハザード比は1.2 (95% CI 0.7-2.1), そして暴露された子供を暴露されていない兄弟と比較すると、その危険性は減少する(adjusted hazard ratio 1.1; 95% CI 0.5-2.3).まとめ:重要な交絡因子で補正すると出生前の抗うつ薬への暴露と自閉症スペクトラム障害には有意な関連はない。
Clin Epidemiol. 2013 Nov 15;5:449-459.
Antidepressant exposure in pregnancy and risk of autism spectrum disorders.
Sørensen MJ, Grønborg TK, Christensen J, Parner ET, Vestergaard M, Schendel D, Pedersen LH.
Regional Centre of Child and Adolescent Psychiatry, Aarhus University Hospital, Risskov, Denmark.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-24 22:20 | 抗うつ薬

慢性疲労症候群に有効な治療方法


方法: 2000年1月から2005年12月まで, the Aviano National Cancer InstituteのCFS Unit入院患者全員の治療を評価。Fukuda基準に合致しない患者は除外。結果: 250人の男性および491人の女性 (中央値は各々35.5歳と39.3歳) のCFS患者の治療。予期したとおり, 全患者CFSは過去の感染疾患の結果。女性の方が男性よりも症状が重い。栄養剤のみ, corticosteroids, 抗うつ薬/鎮静薬, および抗ウイルス薬/免疫グロブリンで治療。抗ウイルス薬/免疫グロブリンの反応が最良 (15.3%が陽性反応 vs. 8.3%が陰性反応; OR 0.44, CI 0.26-0.74, p = 0.002)。4つ以上の治療の実施に予防効果(OR 0.46, CI 0.28-0.77, p = 0.003).薬のタイプ (OR 0.49, CI 0.28-0.84, p = 0.009) や実施した治療の数 (OR 0.51, CI 0.30-0.86, p = 0.01)で補正した多変量解析でこの所見を確かめた; この二つの変数は独立している.まとめ: 抗ウイルス薬/免疫グロブリンは他の治療に比べて長期間の疾患のない効果がある。
Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2013 Nov;17(21):2847-2852.
Treatment of 741 italian patients with chronic fatigue syndrome.
Tirelli U, Lleshi A, Berretta M, Spina M, Talamini R, Giacalone A.
Department of Medical Oncology, Division of Medical Oncology A, National Cancer Institute of Aviano, Pordenone, Italy
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-24 22:15 | 慢性疲労症候群

線維筋痛症における水中訓練の好中球への影響


10人のFM女性において, 水中訓練プログラム(8か月, 2 sessions/week, 60 min/session)の 好中球機能 (食作用過程)への影響と,炎症とストレス介在物としての IL-8および NAへの影響を調べた。不活動の10人のFM患者を対照群とした。訓練プログラムの4か月後, 好中球機能 (走化性, 食作用, 又は殺菌力) あるいはIL-8 やNAには有意な変化はない。しかし, 訓練プログラムの終わりでは(8か月), a 神経―免疫―内分泌の適応があり、好中球の走化性, IL-8, およびNAの治療前の状態よりも有意に低い状態であった。運動をしていないFM患者群では同じ期間で有意な季節的な変化は見られなかった。8か月の運動プログラム後には, FM患者は、同じ期間の非運動のFM 女性の対照群と比較して、IL-8 およびNの濃度は低下しており好中球の走化性は低下していた。FM患者では"抗炎症" および"反ストレス" 適応は定常的な水中訓練での症状軽減に関与しているのかも。
Brain Behav Immun. 2013 Nov 17. pii: S0889-1591(13)00540-0. doi: 10.1016/j.bbi.2013.11.009. [Epub ahead of print]
An exploratory study of the effect of regular aquatic exercise on the function of neutrophils from women with fibromyalgia: Role of IL-8 and noradrenaline.
Bote ME, García JJ, Hinchado MD, Ortega E.
Immunophysiology Research Group, Department of Physiology, Science Faculty, University of Extremadura, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-24 22:09 | FMの非薬物治療

透析患者におけるむずむず脚症候群


方法:慢性透析時に全血漿homocysteine 、creatinine, 尿素, 葉酸, 副甲状腺ホルモン, ヘモグロビン, 鉄, フェリチン, 燐酸, カルシウム, マグネシウム, およびアルブミンレベルを26人の RLS-罹患者 (RLSpos) と26人の非罹患者(RLSneg)の患者で比較。the Pittsburgh-Sleep-Quality-Index を用いてRLSpos とRLSneg患者の間で主観的な睡眠の質を比較し検査データと睡眠の質の関連を調べた。結果:個人のアルブミン濃度を考慮すると,全血漿homocysteineと RLS の発生には有意な関連がある (r= 0.246; p=0.045). RLSposはRLSnegに比べると睡眠の質は有意に低下してRLSの程度は睡眠の質と正の相関がある。全患者の悪い睡眠の質は副甲状腺ホルモン濃度の高さと関連する。
Kidney Blood Press Res. 2013 Oct 25;37(4-5):458-463. [Epub ahead of print]
Uremic Restless Legs Syndrome (RLS) and Sleep Quality in Patients With End-Stage Renal Disease on Hemodialysis: Potential Role of Homocysteine and Parathyroid Hormone.
Gade K, Blaschke S, Rodenbeck A, Becker A, Anderson-Schmidt H, Cohrs S.
Department of Psychiatry and Psychotherapy, Georg-August-University Göttingen, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-24 22:01 | むずむず脚症候群

変形性関節症における神経障害性疼痛


保存的治療に反応しない全身のOA患者を集めてリウマチ部門又は鎮痛部門で静注lignocaine治療を計画。効果判定は痛みの感覚、精神、および社会的な観点を含むアンケートで行った。対象は17人の女性 (60.7 %) と11人の男性 (39.3 %) で治療時の平均年齢は59 ± 11 歳. NRS scoresによる鎮痛の平均は30.2 ± 21.4 %であり鎮痛の平均期間は10 ± 6週. 痛みの強さ (p < 0.001), 鎮痛 (p < 0.003) および運動性 (p < 0.003)はlignocaine点滴治療後には有意に改善. OA患者の一群では静注lignocaine後に痛みは有意に軽減.
Rheumatol Int. 2013 Nov 10. [Epub ahead of print]
Osteoarthritis pain has a significant neuropathic component: an exploratory in vivo patient model.
Duarte RV, Raphael JH, Dimitroulas T, Sparkes E, Southall JL, Ashford RL, Kitas GD.
Faculty of Health, Centre for Health and Social Care Research, Birmingham City University, Room 220, Ravensbury House, Westbourne Road, Birmingham, B15 3TN, UK,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-17 15:05 | 神経障害性疼痛

動脈管開存に対するアセトアミノフェンの有効性


方法: 心エコーで動脈管開存(症)(patent ductus arteriosus:PDAと確認した160人の新生児(妊娠期間≤34週)に無作為に経口paracetamol (n = 80) 又はibuprofen (n = 80)を投与. 最初の治療の後、2回目の治療の必要性を心エコーで評価。重要な結果は動脈管閉鎖の率であり、二次的な結果は副作用と合併症。結果:paracetamol 群では動脈管閉鎖は65人 (81.2%) であり、ibuprofen群では63人 (78.8%)。群間の差のThe 95% confidence interval は[-0.080,0.128]であり、paracetamol治療の有効性は ibuprofenに劣らない。実は, paracetamol群の 高ビリルビン血(症)又は胃腸出血の発生率は有意にibuprofen 群より少ない。その他の臨床的な副作用や合併症には有意差はない。
PLoS One. 2013 Nov 4;8(11):e77888. doi: 10.1371/journal.pone.0077888.
Comparison of Oral Paracetamol versus Ibuprofen in Premature Infants with Patent Ductus Arteriosus: A Randomized Controlled Trial.
Dang D, Wang D, Zhang C, Zhou W, Zhou Q, Wu H.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-17 14:59 | アセトアミノフェン、NSAID

複合性局所疼痛症候群の脳の異常


この研究では, structural magnetic resonance imaging (sMRI)を用いて右上肢のCRPSとマッチさせた対照群 の灰白質の容積の差を調べた。全脳のvoxel-based morphometry (VBM)を用いて解析。CRPS群では、背側の島、左眼窩前頭皮質および帯状皮質のいくつかの面を含むいくつかの痛みに関連した部位の灰白質の容積が減少。CRPS患者の灰白質の容積の増大は両側の背側の被殻と右の視床で見られた。自己報告の痛みとの関連解析はCRPS群で行われた。痛みの期間は左背外側前頭前皮質の灰白質の容積の減少と関連する。痛みの強さは左後海馬と左へんとう(体)の容積と正の相関であり,両側の背外側前頭前皮質の容積と負の相関。
J Pain. 2013 Nov 7. pii: S1526-5900(13)01352-7. doi: 10.1016/j.jpain.2013.10.011. [Epub ahead of print]
Complex Regional Pain Syndrome is associated with structural abnormalities in pain-related regions of the human brain.
Barad MJ, Ueno T, Younger J, Chatterjee N, Mackey S.
Clinical Assistant Professor Anesthesia (Pain Management) and Neurology & Neurological Sciences. Stanford University School of Medicine, Stanford University, Palo Alto, CA. Electronic address: mbarad@stanford.edu
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-17 14:54 | 複合性局所疼痛症候群

糖尿病性末梢神経障害におけるむずむず脚症候群の有病率


韓国。方法: 199人の糖尿病性末梢神経障害(diabetic peripheral neuropathy:DPN)患者と220人のlegのOA患者の前向き症例対照International RLS Study Groupの診断基準によりRLSの診断をした後, 18-項目のHopkins Diagnostic Questionnaire(RLS類似病態を除外する)を用いて直接インタビューを行い二人の神経科医が独立して検査を行う。結果: DPN患者199人中, 44人(22%) は4-項目のRLS診断質問に対する答えからRLSであるようでありOA患者220人中8人(3.6%)がそうである。しかし, 臨床インタビューに適しているHopkins Telephone Diagnostic Interview (HTDI)を用いた診断では、DPN群におけるRLSの有病率は16人 (8%)にまで低下しOA群では 8人 (3.6%)。HTDIで決めたDPN 群のRLSの有病率はOA群のそれよりも依然として有意に高く (P=.042)、一般韓国人口の約2倍(8% vs 3.9%)。DPN患者の中では, RLS患者は高齢であり(68.06±8.43years vs 62.46±11.05years; P=.049)痛み点数が高い(visual analog scale [VAS], 4.69±2.52 vs 2.72±2.12; P=.002)。生活の質(MOS [Medical Outcomes Study] sleep scale) および健康に関連した生活の質(QoL) (total score on the 36-Item Short-Form Health Survey [SF-36])には両群で有意差なし。
Sleep Med. 2013 Oct 16. pii: S1389-9457(13)01153-2. doi: 10.1016/j.sleep.2013.09.013. [Epub ahead of print]
Prevalence and clinical characteristics of restless legs syndrome in diabetic peripheral neuropathy: comparison with chronic osteoarthritis.Cho YW, Na GY, Lim JG, Kim SH, Kim HS, Earley CJ, Allen RP.
Department of Neurology, Dongsan Medical Center, Keimyung University School of Medicine, Daegu, South Korea. Electronic address: neurocho@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-17 14:44 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line