<   2014年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


抗不安薬と睡眠薬による死亡率の増加


後ろ向きコホート研究。273のUK プライマリケア診療がthe General Practice Research Databaseを作る。16歳以上で抗不安薬又は睡眠薬あるいはその両方を1998年から2001年までに処方された34 727 人とそのような薬を処方されていない年齢、性別、practice をマッチさせた69 418人(対照)。患者は平均で7.6 年(範囲0.1-13.4年)経過観察。全ての原因の死亡を医療記録から確認。結果:身体的および精神的合併症および研究対象ではない薬の処方は研究対象の薬を処方された者のほうが対照群よりも有意に多い。研究参加後最初の1年間でいずれかの薬を使用した者の、年齢で補正した全経過観察中の死亡のハザード比は3.46 (95% confidence interval 3.34 to 3.59)であり、その他の交絡因子で補正すると3.32 (3.19 to 3.45). 用量依存の関連が以下の3つの薬全てで見られた (benzodiazepines, Z drugs (zaleplon, zolpidem, and zopiclone), およびその他の薬). 最初の1年間の死亡を除外すると, 最初の処方の平均7.6年後には100人当たり約4人が薬の使用と関連して余分に死亡する。
BMJ. 2014 Mar 19;348:g1996. doi: 10.1136/bmj.g1996.
Effect of anxiolytic and hypnotic drug prescriptions on mortality hazards: retrospective cohort study.
Weich S1, Pearce HL, Croft P, Singh S, Crome I, Bashford J, Frisher M.
1Division of Mental Health and Wellbeing, Warwick Medical School, University of Warwick, Coventry, West Midlands CV4 7AL, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-23 17:43 | 抗不安薬の常用量依存

むずむず脚症候群におけるロチゴチンパッチの有効性


総説。結果:前臨床研究は受容体作動薬としてのrotigotine活性を確立し, 薬物動態的データによると、経皮的吸収により24時間以上安定した血清レベルを維持する。the International RLS Study Group rating scalの点数, the RLS-6 scale, およびthe Clinical Global Impression-Severity subscalに基づき、無作為振り分け、偽薬対照研究でRotigotineには中等度から強度のRLS症状を改善する効果がある。非盲検の延長研究の結果によると効果は5年間継続する。polysomnographicの研究によるとrotigotine はperiodic limb movement indexを改善し, 主観的な評価は睡眠障害改善の点では有効。rotigotine治療の早期中断は6週間から12か月の研究で8%から38%の範囲; 5年間の研究では57%の患者は早期に中止。各研究では, 副作用はdopaminergic刺激と経皮パッチの使用で典型的。最も多い副作用は貼る部位の反応であり、報告された有病率は17% (1か月の睡眠研究)から 58% (5年間の非盲検延長研究). 臨床的に有意なaugmentatio(症状悪化)は5年間の研究でrotigotine を使用している295 人中39人(13%)で認められ, 15人 (5%)はthe US Food and Drug Administration-が認可した範囲である1―3 mg/24 hの範囲の使用量.
Clin Ther. 2014 Mar 1;36(3):436-455. doi: 10.1016/j.clinthera.2014.01.021.
From Bench to Bedside: An Overview of Rotigotine for the Treatment of Restless Legs Syndrome.
Bogan RK.
SleepMed Inc, Columbia, South Carolina.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-23 17:39 | むずむず脚症候群

不眠は線維筋痛症の危険因子


不眠が精神疾患や身体疾患を予測するかどうかを調べる。就労している24 715人からなる二つのNord-Trøndelag Health Studies (1995-97年のHUNT2 および2006-08年のHUNT3)からの前向きの人口を基にした前向きのデータを用いて不眠が身体疾患や精神疾患発生の危険因子かどうかを調べた。不眠はDSM-IVにより定義。HUNT2における不眠は11年後のHUNT3における身体疾患と精神疾患発生の有意な危険因子。交絡因子で補正すると、大部分の影響はわずかに緩和されるのみであり, 補正を行っても不眠は依然として以下の疾患の有意な危険因子: 抑うつ[odds ratio (OR): 2.38, 95% confidence interval (CI): 1.91-2.98], 不安(OR: 2.08, 95% CI: 1.63-2.64), FM(OR: 2.05, 95% CI: 1.51-2.79), 関節リウマチ (OR: 1.87, 95% CI: 1.29-2.52), whiplash (OR: 1.71, 95% CI: 1.21-2.41), 関節炎(OR: 1.68, 95% CI: 1.43-1.98), 骨粗しょう症(OR: 1.52, 95% CI: 1.14-2.01, 頭痛(OR: 1.50, 95% CI: 1.16-1.95, 喘息(OR: 1.47, 95% CI: 1.16-1.86 および心筋梗塞 (OR: 1.46, 95% CI: 1.06-2.00). 補正をしないと不眠は狭心症、高血圧、肥満、脳卒中発生と有意に関連するが、交絡因子で補正すると有意ではなくなる。
J Sleep Res. 2013 Oct 30. doi: 10.1111/jsr.12102. [Epub ahead of print]
Insomnia as a risk factor for ill health: results from the large population-based prospective HUNT Study in Norway.
Sivertsen B1, Lallukka T, Salo P, Pallesen S, Hysing M, Krokstad S, Overland S.
1Division of Mental Health, Norwegian Institute of Public Health, Bergen, Norway; Uni Health, Uni Research, Bergen, Norway; Department of Psychiatry, Helse Fonna HF, Haugesund, Norway.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-23 17:35 | FMの疫学

リリカによる男性での性機能障害


方法:男性102人を3群に分ける。Group 1 患者(n = 31) は事前にhad a pre-existing diagnosis of NPの診断を受けており300 mg/dayの pregabalinを少なくとも3か月内服. Group 2 患者(n = 34)は少なくとも3か月 NPの診断を受けているが;研究中 pregabalinを内服しておらず、理学療法も受けていない. 年齢をマッチさせた健常者がgroup 3 (n = 37).全員がthe International Index for Erectile Function (IIEF) のアンケートに答える。結果:平均年齢と平均BMIは3群で有意差はない。NPの原因とNPと診断されてからの平均罹病期間はgroups 1 と2で有意差はない。しかし, group 1は group 2に比べて、勃起機能, オーガズムの機能, 全般的な満足と全得点の点でIIEF 点数は有意に低い。しかしgroups 1と 2は、性交の満足と性欲点数には有意差はない. 平均勃起機能点数を除いて、group 3のIIEF点数は group 2よりも有意に高い。
J Sex Med. 2014 Feb 25. doi: 10.1111/jsm.12458. [Epub ahead of print]
Association Between Neuropathic Pain, Pregabalin Treatment, and Erectile Dysfunction.
Bozkurt M1, Gocmez C, Soylemez H, Daggulli M, Em S, Yildiz M, Atar M, Bozkurt Y, Ozbey I.
•1Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Faculty of Medicine, Dicle University, Diyarbakir, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:44 | 抗痙攣薬

むずむず脚症候群の脳の異常


方法: diffusion tensor imaging (DTI) の測定を22人の RLS患者と 22人の年齢を一致させた対照群で行う。voxelに基づき解析すると, fractional anisotropy (FA)および axial and radial diffusivities (AD and RD)で RLSと健常者を比較しtwo-sample t-testおよび相関分析を行う。 結果: RLS患者は対照群と比較すると下前頭回に隣接した脳梁の膝と前頭野の脳の白質(brain white matter:WM)のFA が低下。FAの低下した部位では, AD とRD は患者の方が対照者よりも高い。考察: 我々の所見によると軸索密度とミエリンの喪失は、RLSの以前の研究で見られた WMの変化を説明するかも。
Neurol Res. 2014 Feb 11:1743132814Y0000000336. [Epub ahead of print]
Altered white matter integrity in primary restless legs syndrome patients: diffusion tensor imaging study.
Chang Y, Paik JS, Lee HJ, Chang HW, Moon HJ, Allen RP, Earley CJ, Cho YW.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:41 | むずむず脚症候群

変形性関節症に対するサインバルタ、NSAID、オピオイドの効果


acetaminophen が有効ではないOAに対して、Duloxetine、経口NSAIDとオピオイドを12週以上使用した無作為振り分け対照研究。1985年から2013年3月までの系統的総説とメタ解析。 結果:32の出版、34の研究 (2つの出版は各々2つの研究を報告)が基準に合致。解析によるとoxycodone (frequentist) および hydromorphone (frequentist and Bayesian)以外のすべての治療は偽薬よりも有効。duloxetineに対する間接的な比較では大部分の成分では有意差はない。いくつかの解析では、duloxetineのetoricoxibに対する差 (better), tramadolのoxycodoneに対する差 (worse)があったが, 解析の間には統一された結果はない. Forest plotsによると治療前の状態が改善の効果に関連する傾向。治療前の状態で補正すると、duloxetineが他の治療より優れている確率は15%と 100%の間。この研究の問題点は解析した研究の数の少なさ、英語論文の実を含めたこと、経済的に誤った推論をした可能性。まとめ:この解析によるとduloxetineと他の第一選択のOAの治療薬の間には12週後のthe Western Ontario and McMaster Universities Index (WOMAC)点数には差がない3つの成分の有意な結果は (1 better and 2 worse) 解析では一貫していなかった。
BMC Musculoskelet Disord. 2014 Mar 11;15(1):76. [Epub ahead of print]
The efficacy of duloxetine, non-steroidal anti-inflammatory drugs, and opioids in osteoarthritis: a systematic literature review and meta-analysis.
Myers J, Wielage RC, Han B, Price K, Gahn J, Paget MA, Happich M.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:38 | アセトアミノフェン、NSAID

変形性関節症へのサインバルタ、NSAID,


acetaminophen が有効ではないOAに対して、Duloxetine、経口NSAIDとオピオイドを12週以上使用した無作為振り分け対照研究。1985年から2013年3月までの系統的総説とメタ解析。 結果:32の出版、34の研究 (2つの出版は各々2つの研究を報告)が基準に合致。解析によるとoxycodone (frequentist) および hydromorphone (frequentist and Bayesian)以外のすべての治療は偽薬よりも有効。duloxetineに対する間接的な比較では大部分の成分では有意差はない。いくつかの解析では、duloxetineのetoricoxibに対する差 (better), tramadolのoxycodoneに対する差 (worse)があったが, 解析の間には統一された結果はない. Forest plotsによると治療前の状態が改善の効果に関連する傾向。治療前の状態で補正すると、duloxetineが他の治療より優れている確率は15%と 100%の間。この研究の問題点は解析した研究の数の少なさ、英語論文の実を含めたこと、経済的に誤った推論をした可能性。まとめ:この解析によるとduloxetineと他の第一選択のOAの治療薬の間には12週後のthe Western Ontario and McMaster Universities Index (WOMAC)点数には差がない3つの成分の有意な結果は (1 better and 2 worse) 解析では一貫していなかった。
BMC Musculoskelet Disord. 2014 Mar 11;15(1):76. [Epub ahead of print]
The efficacy of duloxetine, non-steroidal anti-inflammatory drugs, and opioids in osteoarthritis: a systematic literature review and meta-analysis.
Myers J, Wielage RC, Han B, Price K, Gahn J, Paget MA, Happich M.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:37 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症と外陰部痛


婦人科的な検査を受け入れた39人のFMS患者と36人の健常女性(C)で症例対照研究。全員が痛みの強さ、痛みの範囲、精神的な機能に関する標準的なアンケートに答えた。婦人科的な検査とは外陰部の痛み圧迫反応性 (Q-tip), 骨盤のトーンの評価(Kegel manoeuver), および骨盤症状と性機能に関する詳細な情報を集まるための半構造的インタビュー。結果: FMS+誘発される外陰部痛(provoked vulvodynia:PVD)患者はPVD のないFMS患者よりも症状の数が多い。FMS+PVD患者は FMSのみの患者よりも、そして両群は対照群よりも外陰部の興奮性が有意に高い. FMS+PVD患者の半数はKegel手技が陽性であり、widespread painの程度の点数, STAI-Y2, およびCESDレベルがlevels than Kegel 陰性患者よりも点数が高い。まとめ. この研究においてはFMS患者においては外陰部痛の興奮性は性交痛とは独立して起こる。peripheral and central sensitization 機序の共同により、性交痛はFMS 症状の強い患者で起こることをこの結果は示す。
Pain Res Treat. 2014;2014:457618. doi: 10.1155/2014/457618. Epub 2014 Jan 29.
Pain Symptoms in Fibromyalgia Patients with and without Provoked Vulvodynia.
Ghizzani A1, Di Sabatino V2, Suman AL3, Biasi G1, Santarcangelo EL4, Carli G3.
•1Department of Molecular Medicine and Development, Siena University Hospital, 53100 Siena, Italy.
•2Rheumatology Clinic, Siena University Hospital, 53100 Siena, Italy.
•3Department of Medicine, Surgery and Neuroscience, University of Siena, Via A. Moro 4, 53100 Siena, Italy.
•4Department of Translational Research and New Technologies in Medicine and Surgery, Pisa University, 56100 Pisa, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:33 | FMの症状

片側CRPSでも健側も過敏になっている


方法:20人の一側上肢のCRPS患者と20人の年齢、性別、BMIをマッチさせた対照群。局所のcapsaicin 5%を両手の手背に30分間塗り, 痛みの強さをVASで評価。レーザーDoppler perfusion imager scannerで capsaicin-誘発性の皮膚血流と発赤部位を評価。感覚テスト、定量的発汗軸索反射テスト、および血管収縮反応により自律神経機能と小線維機能を評価。結果: capsaicin (P ≤ 0.02), 皮膚のひだ(P = 0.001), 関節のの圧迫(P < 0.0001), 寒冷(P ≤ 0.01), および熱による痛み(P ≤ 0.04)に対する対照群に比較しての患者の両側の過敏性 およびCRPS患者の患側の手の非罹患側の手に比べての熱痛覚過敏や機械的刺激に対する痛覚過敏(P ≤ 0.001)を見つけた。患者は正常のcapsaicin-誘発性の発赤部位、熱感知閾値、定量的発汗発汗軸索反射テストおよび血管収縮反応を示した。まとめ:主要な所見は対照群に比べて患者ではcapsaicin-誘発性の疼痛が両側で増加すること。capsaicinに対する発赤反応は正常であり, それは痛み反応の増加は神経原性の炎症ではないことを示す。末梢神経又は神経根の神経支配の部位に限定できない有痛性の化学的、熱的、機械的刺激に対する両側の過敏性は局所の変化では説明できず、central sensitization によって部分的に説明できるかも。
Anesthesiology. 2014 Mar 11. [Epub ahead of print]
Bilateral Hypersensitivity to Capsaicin, Thermal, and Mechanical Stimuli in Unilateral Complex Regional Pain Syndrome.
Terkelsen AJ1, Gierthmühlen J, Finnerup NB, Højlund AP, Jensen TS.
•1From the Danish Pain Research Center and Department of Neurology, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark (A.J.T., T.S.J.); Department of Neurology, Division of Neurological Pain Research and Therapy, University Hospital of Schleswig-Holstein, Kiel, Germany (J.G.); Danish Pain Research Center, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark (N.B.F.); and Department of Orthopedic Surgery, Odense University Hospital, Odense, Denmark (A.P.H.).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:28 | 複合性局所疼痛症候群

慢性疲労症候群患者は骨折しやすい


方法: the National Health Insurance Research Database (NHIRD)を用いて前向きコホート研究を行い, i3744人のCFS患者(International Classification of Diseases, Ninth Revision, Clinical Modification [ICD-9-CM] code 780.71)とCFS ではない14 976人の患者を2010年末まで経過観察。結果:骨折の発生率はCFSコホートの方が非-CFSコホートよりも高い(各々17.44 vs 14.53 per 1000 人―年), 補正hazard ratio (HR)は 1.14 (95% confidence interval [CI] = 1.00-1.30). CFSおよび非-CFSの間の骨折の危険性は合併症のある患者特に骨粗しょう症で高くなる。骨粗しょう症のないCFSコホートでは非―CFSコホートと比較して1.16-倍骨折の危険性が高い。
QJM. 2014 Mar 11. [Epub ahead of print]
Chronic Fatigue Syndrome Is Associated With the Risk of Fracture: A Nationwide Cohort Study.
Chen CS1, Lin WM, Yang TY, Chen HJ, Kuo CN, Kao CH.
•1Division of Chinese Trauma, China Medical University Hospital, China Medical University, Taichung, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:24 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line