<   2014年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧


肥満、高コレステロール血症、高血圧はむずむず脚症候群の危険因子か


肥満、高コレステロール血症、高血圧がRLSの危険性を高めるかどうかの前向き研究。我々の研究研究開始時に RLSではなく(男性では2002年、女性では2005年), 経過観察中は糖尿病や関節炎ではない(男性では2002-2008年、女性では2005-2009年) the Nurses' Health Study II からの42,728 人の女性とthe Health Professionals Follow-up Studyからの12,812人の男性からなる。RLS症状はthe International RLS Study Group'sの標準化されたアンケートで評価された。症状が月に5回以上起こりInternational RLS Study Groupの基準を満たす場合にはRLSの症状を"case"と見なした。肥満は男女ともRLSの危険性を高める (P difference for sex >0.5).BMIが30 kg/m2を超える者の23未満の者に対する蓄積した多変量で補正したRLSのオッズ比(OR)は 1.57 (95% confidence interval [CI]: 1.33-1.85; P trend <0.0001)であり、年齢、民族、喫煙、身体活動、抗うつ薬の使用、その他の共変量で補正して二つの極端な胴回りの五分位値に対しては1.56 (95% CI: 1.29-1.89; P trend = 0.0001)。同様の有意な関連は高コレステロール血症でも見られる;血清コレステロール >240の <159 mg/dLに対する血清コレステロールの修正ORは1.33 (95% CI: 1.11-1.60; P trend = 0.002). 高血圧とRLSには有意な関連はない (adjusted OR: 0.90; 95% CI: 0.79-1.02).この大規模な前向き研究では,肥満と高コレステロール血症はRLS発生の危険性増加と有意に関連するが高血圧ではRLSと関連はない。
Mov Disord. 2014 Apr 21. doi: 10.1002/mds.25860. [Epub ahead of print]
Prospective study of obesity, hypertension, high cholesterol, and risk of restless legs syndrome.
De Vito K1, Li Y, Batool-Anwar S, Ning Y, Han J, Gao X.
•1Department of Epidemiology, Harvard School of Public Health, Boston, Massachusetts, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-27 14:45 | むずむず脚症候群

線維筋痛症患者ではCOMT遺伝子のMet/Metが多い


379人のFMS患者と290人の対照者。PCRを用いてゲノムDNAを分離し遺伝子型を決め制限断片長多型(restriction fragment length polymorphism:RFLP) 解析を行う. Val158Met多型性の遺伝子頻度にはFMSと健常対照者には小さい差がある (p = 0.047), しかし, Met/Met遺伝子はFMS患者の方が健常対照者より有意に高い (p = 0.016). 両群には対立遺伝子頻度に差はない. この疾患の臨床的な特徴で層化解析を行うとreveals that体重、FIQの点数、algometryおよびレイノー現象はVal158Met 多型性と有意に関連がある(各々p = 0.037, p = 0.042, p = 0.039 and p = 0.033). algometryで測定した痛み感度は, Val/Val やVal/Met遺伝子型の患者に比べてMet/Met遺伝子型の患者で有意に高い(p = 0.017). catechol-O-methyltransferase (COMT)遺伝子のVal158Met 多型性はFMSと正の相関を示しこの疾患の臨床症状で関連のある役割を演じる.
Xenobiotica. 2014 Apr 24. [Epub ahead of print]
Clinical symptoms in fibromyalgia are associated to catechol-O-methyltransferase (COMT) gene Val158Met polymorphism.
Inanir A1, Karakus N, Ates O, Sezer S, Bozkurt N, Inanir S, Yigit S.
•1Department of Physical Therapy and Rehabilitation, Faculty of Medicine .
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-27 14:39 | FMの検査

アレルギーは複合性局所疼痛症候群の危険因子


交感神経ブロックにより痛みが軽減した整形外科のCRPS I 患者(n=115) を本研究に含める; 対照群(n=115)をCRPS I 群と年齢、性別、外傷部位をマッチさせる。患者の平均年齢は42歳. CRPS I群では, 全患者が白人で大部分(80.8%)は女性. CRPS I 患者の皮膚は色白の(きれいな)(57.7%), まだらの(しみだらけの) (57.7%), または敏感な (80.8%)と表現されている. CRPS I患者の中で, 78人(67.8%) にはアレルギーの棋王がありそれは対照群の患者39人 (33.9%)より有意に多い (P<.0001). 1回の交感神経ブロックの後少なくとも1か月完全に痛みがなくなったCRPS I 患者はアンケートを尋ねられ(n=35), 皮膚穿刺試験を用いた即時型アレルギーテストを26人が受けた.皮膚科過敏テストは83.3%の陽性予測値であり76.9%の正確性. この結果に基づくと, アレルギー/過敏正反応の既往は整形外科の患者においてCRPS I の要因。
Orthopedics. 2014 Mar 1;37(3):e286-91. doi: 10.3928/01477447-20140225-62.
Allergy/Hypersensitivity reactions as a predisposing factor to complex regional pain syndrome I in orthopedic patients.
Li X, Kenter K, Newman A, O'Brien S.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-27 14:33 | 複合性局所疼痛症候群

アレルギーは複合性局所疼痛症候群の危険因子


交感神経ブロックにより痛みが軽減した整形外科のCRPS I 患者(n=115) を本研究に含める; 対照群(n=115)をCRPS I 群と年齢、性別、外傷部位をマッチさせる。患者の平均年齢は42歳. CRPS I群では, 全患者が白人で大部分(80.8%)は女性. CRPS I 患者の皮膚は色白の(きれいな)(57.7%), まだらの(しみだらけの) (57.7%), または敏感な (80.8%)と表現されている. CRPS I患者の中で, 78人(67.8%) にはアレルギーの棋王がありそれは対照群の患者39人 (33.9%)より有意に多い (P<.0001). 1回の交感神経ブロックの後少なくとも1か月完全に痛みがなくなったCRPS I 患者はアンケートを尋ねられ(n=35), 皮膚穿刺試験を用いた即時型アレルギーテストを26人が受けた.皮膚科過敏テストは83.3%の陽性予測値であり76.9%の正確性. この結果に基づくと, アレルギー/過敏正反応の既往は整形外科の患者においてCRPS I の要因。
Orthopedics. 2014 Mar 1;37(3):e286-91. doi: 10.3928/01477447-20140225-62.
Allergy/Hypersensitivity reactions as a predisposing factor to complex regional pain syndrome I in orthopedic patients.
Li X, Kenter K, Newman A, O'Brien S.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-27 14:32 | 複合性局所疼痛症候群

双極性障害に対するベンゾジアゼピンの影響(効果)


方法:双極性障害 I 又はII の患者482人の6か月の無作為振り分けmulti-site でのlithium- およびquetiapine-による治療の比較. 臨床的評価 (BISS totalおよび subscales, CGI-BP, and CGI-Efficacy Index) の変化をBZDを当初又は経過観察中に内服した者と内服していない者で比較。当初BZDを使用していた又は使用していない患者を経過観察中に比較。結果:各BZD使用群ではすべての結果で有意に改善した。BZD使用群(研究開始時又は経過観察時)は BISS全得点, BISS irritability, CGI-BP点数の改善はBZD非使用者よりも少ない改善.加重分析を行うと、BZDを当初使用又は非使用の患者の間では、経過観察中これらの指標には有意な差はない。不安障害や物質使用障害を合併した患者においてBZD使用は有意な影響(効果)はない。 制限:この研究は、BZD使用による治療反応性の差を調べるようなデザインではない無作為振り分けの効果(影響)からのデータの二次的な解析である。まとめ:可能性のある交絡因子で補正すると、lithium- 又は quetiapine-で治療している双極性障害I 又は IIの患者において付加的なBZDの使用は臨床の結果に有意な効果(影響)はないかもしれない。
J Affect Disord. 2014 Jun;161:30-5. doi: 10.1016/j.jad.2014.02.046. Epub 2014 Mar 13.
Effect of adjunctive benzodiazepines on clinical outcomes in lithium- or quetiapine-treated outpatients with bipolar I or II disorder: Results from the Bipolar CHOICE trial.
Bobo WV1, Reilly-Harrington NA2, Ketter TA3, Brody BD4, Kinrys G2, Kemp DE5, Shelton RC6, McElroy SL7, Sylvia LG2, Kocsis JH4, McInnis MG8, Friedman ES9, Singh V10, Tohen M11, Bowden CL10, Deckersbach T2, Calabrese JR5, Thase ME12, Nierenberg AA2, Rabideau DJ2, Schoenfeld DA2, Faraone SV13, Kamali M8.
•1Department of Psychiatry and Psychology, Mayo Clinic, Rochester, MN, USA. Electronic address: bobo.william@mayo.edu
•2The Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA.
•3Stanford University School of Medicine, Stanford, CA, USA.
•4Weill Cornell Medical College of Cornell University, New York, NY, USA.
•5Case Western Reserve University School of Medicine, Cleveland, OH, USA.
•6University of Alabama-Birmingham School of Medicine, Birmingham, AL, USA.
•7Lindner Center for HOPE, University of Cincinnati College of Medicine, Cincinnati, OH, USA.
•8University of Michigan School of Medicine, Ann Arbor, MI, USA.
•9University of Pittsburgh School of Medicine, Pittsburgh, PA, USA.
•10University of Texas Health Science Center at San Antonio, San Antonio, TX, USA.
•11University of New Mexico Health Sciences Center, Albuquerque, NM, USA.
•12Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania, Philadelphia, PA, USA.
•13Upstate Medical University, State University of New York, Syracuse, NY, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-27 14:25 | 抗不安薬の常用量依存

神経障害性疼痛、心因性疼痛の治療


方法: 2011年に行われた疫学調査で見られた持続的な慢性痛の660人に再びアンケートを送る。588人 (反応率90 %)から反応あり。結果:588人の反応者のうち, 365人 (62 %)が持続性慢性痛を訴える。そのうち, 128人 (35 %)は今だに治療を受けており19人 (53 %) は治療中止. 治療の満足の程度は低く, 患者の66 %は治療を受ける医療機関を変えた. 治療機関を変えたり中断した理由は"治療に効果がない," "十分な時間がない," "自分自身で治療できる," そして"治療の必要がないようだ". 慢性痛患者の20%で神経障害性疼痛があることが示唆された。PainDETECT Scoreが増加すると, VASの点数は増加し医療機関を変える事が多くなる。The Pain Catastrophizing Scale点数はVASの点数と正の相関。The Hospital Anxiety and Depression Scale 点数はVAの点数と痛みの期間に有意に相関。考察:この研究の結果は、筋骨格痛の慢性の経過は以下の要因に起因するかもしれないことを示す: (1)神経障害性疼痛やpsychogenic painの治療の適切な治療の不足, そして(2)慢性筋骨格筋痛の患者の間の不十分な認知度/知識.
J Orthop Sci. 2014 Apr 16. [Epub ahead of print]
Investigation of chronic musculoskeletal pain (third report): with special reference to the importance of neuropathic pain and psychogenic pain.
Nakamura M1, Nishiwaki Y, Sumitani M, Ushida T, Yamashita T, Konno S, Taguchi T, Toyama Y.
•1Department of Orthopaedic Surgery, School of Medicine, Keio University, 35 Shinanomachi, Shinjuku, Tokyo, 160-8582, Japan,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-20 12:58 | 神経障害性疼痛

静脈血栓塞栓症患者におけるNSAIDやアセトアミノフェンの出血の危険性


静脈血栓塞栓症患者において、抗凝固療法(rivaroxaban 又はenoxaparin-vitamin K antagonist [VKA]) とNSAID又は aspirin治療の併用の出血の危険性を評価。EINSTEIN 深部静脈血栓症および肺塞栓(症)臨床研究からの観察データの前向き解析でcomparing rivaroxabanと enoxaparin-VKA治療を比較した, 2007年から2009年まで病院又はクリニックで登録された8246人の患者で行われた研究。NSAIDおよびアスピリン内服中の出血率を非内服時と比較。 主要な測定方法: NSAIDおよびアスピリンを使用した日と使用しなかった日で臨床的に意味のある出血の率と重大出血の率をハザード比で患者―年で示す。結果: NSAID-抗凝固治療の併用中は、臨床的に意味のある出血は100人―年当たり37.5発生し vs 抗凝固療法のみでは16.6発症する (hazard ratio [HR], 1.77 [95% CI, 1.46-2.14]). NSAID-抗凝固療法併用中の重大出血は100人―年あたり6.5発生し、非使用では2.0 (HR, 2.37 [95% CI, 1.51-3.75]). aspirin-抗凝固療法の併用では臨床的に意味のある出血は100人―年当たり36.6であり、アスピリン非使用では 16.9 (HR, 1.70 [95% CI, 1.38-2.11]). aspirin-抗凝固療法の併用では重大出血は100人―年あたり4.8でありアスピリン非使用では 2.2 (HR, 1.50 [95% CI, 0.86-2.62]).臨床的に意味のある出血や重大出血の危険性の増加はrivaroxabanおよび enoxaparin-ビタミンK拮抗薬抗凝固でも同様. まとめ:抗凝固治療を受けている静脈血栓塞栓症患者の中で、NSAID又はaspirinの併用使用は臨床的に意味のある出血や重大な出血の危険性の増加と関連する。
JAMA Intern Med. 2014 Apr 14. doi: 10.1001/jamainternmed.2014.946. [Epub ahead of print]
Bleeding Risk of Patients With Acute Venous Thromboembolism Taking Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drugs or Aspirin.
Davidson BL1, Verheijen S2, Lensing AW3, Gebel M4, Brighton TA5, Lyons RM6, Rehm J7, Prins MH8.
•1Division of Pulmonary and Critical Care Medicine,University of Washington School of Medicine, Seattle, Washington.
•2University of Amsterdam, the Netherlands.
•3Bayer Healthcare, Wuppertal, Germany4Academic Medical Centre, Amsterdam, the Netherlands.
•4Bayer Healthcare, Wuppertal, Germany.
•5Haematology Division, Prince of Wales Hospital, Sydney, Australia.
•6Cancer Care Centers of South Texas/US Oncology, San Antonio, Texas.
•7Pulmonary Associates of Fredericksburg, Fredericksburg, Virginia.
•8Maastricht University Medical Centre, Maastricht, the Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-20 12:49 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症患者の心機能


方法: 60人の一次性FM女性と30人の健常人.安静時の心電図、心エコー検査、訓練用トレッドミル検査で両群を比較。経僧帽弁拡張期流入と左心室側壁組織のDopplerイメージングを得た。左心室駆出率をmodified Simpson's methodで測定。訓練期間, 最大運動能力, 最大心拍(heart rate) (HR) (bpm), 最大HR (%),最大HRでのrate-pressure product (bpm × mmHg)心拍の改善1 (bpm), 心拍の改善2 (bpm)およびchronotropic reserve (%) valuesを計算。結果:安静時のHRおよびQTc は両群で同様。両群の心エコーの測定では、左心室の拡張期終末の直径と左心房の直径を除き、有意差はなかった。左心室の拡張機能に関連した指標は両群で有意差なし。E/E' 比およびchronotropic reserveには両群で有意差はなかった.訓練トレッドミルテストでは両群に有意差はない。まとめ:FM患者は訓練に対する心拍の反応は正常であり、拡張機能は健常な対照群と同程度。
J Clin Med Res. 2014 Jun;6(3):184-9. doi: 10.14740/jocmr1799w. Epub 2014 Mar 31.
Exercise Profile and Diastolic Functions Measured via Tissue Doppler Imaging of Fibromyalgia Patients.
Balbaloglu O1, Ede H2, Yolcu S3, Ak H4, Tanik N5, Tekin G2.
•1Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Faculty of Medicine, Bozok University, Yozgat, Turkey.
•2Department of Cardiology, Faculty of Medicine, Bozok University, Yozgat, Turkey.
•3Department of Emergency Medicine, Faculty of Medicine, Bozok University, Yozgat, Turkey.
•4Department of Neurosurgery, Faculty of Medicine, Bozok University, Yozgat, Turkey.
•5Department of Neurology, Faculty of Medicine, Bozok University, Yozgat, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-20 12:42 | FMの検査

筋痛性脳脊髄炎の心機能


筋痛性脳脊髄炎(Myalgic encephalomyelitis:ME)は最近CFSの原因と主張されている。 40人のME患者で、起立不耐症(Orthostatic intolerance:OI)の有無を臨床症状と10-分の起立テスにより調べた。心エコー検査により左心室(Left ventricular:LV)の直径と機能をME 患者と4人の対照者で比較した。急速に起立可能な 36人の ME患者の中で35人 (97 %) OIあり。心胸比, 全身の収縮期血圧と拡張期血圧, LV 拡張期終末径(end-diastolic diameter:EDD), LV 収縮期終末径, 一回拍出量係数,心係数およびLV mass indexの平均はすべてME群の方が対照群より有意に小さい。小さい LVEDD (<40 mm, 45 vs. 3 %)と少ない心係数(<2 l/min/mm2, 53 vs. 8 %)は ME 群の方が対照群よりも多い。心拍とLV駆出率は両群で同程度.まとめとして、心拍出量の少ない小さいLの容積は MEでは普通であり, OIはさらに普通. 小さい心臓の心機能不全はMEの症状と関連があるようだ.
Heart Vessels. 2014 Apr 16. [Epub ahead of print]
Cardiac dysfunction and orthostatic intolerance in patients with myalgic encephalomyelitis and a small left ventricle.
Miwa K.
Department of Internal Medicine, Miwa Naika Clinic, 1-4-3 Shintomicho, Toyama, 930-0002, Japan
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-20 12:04 | 慢性疲労症候群

ヘルペス感染は慢性疲労症候群の危険因子


台湾のthe National Health Insurance Research Database (NHIRD)を用いて, herpes zoster (HZ)感染とCFSの危険性の関連を調べ,他の説明不能の慢性疲労を含む患者ウイルス感染後の疲労の可能性を調べた。NHIRDを用いた前向きコホート研究で, 2005 年から2007年までの9,205人のHZ感染患者[ICD-9 (International Classification of Disease, Ninth Revision), code 053] および36,820人のHZ感染ではではない患者(non-HZ),を2010年の末まで経過観察。CFSの発生率はHZコホートの方が非-HZコホートより高く(1,000人―年あたり4.56 vs. 3.44),修正ハザード比は 1.29 [95 % confidence interval (CI) = 1.09-1.53]。併存症のない CFSの危険性はCFSコホートと非-CFSコホートの間で 1.25倍から1.36倍へ増加し; 長期の経過観察で, HZコホートは非-HZ患者よりもCFS発症の累積発生率は有意に高い.
Eur J Clin Microbiol Infect Dis. 2014 Apr 9. [Epub ahead of print]
Increased risk of chronic fatigue syndrome following herpes zoster: a population-based study.
Tsai SY1, Yang TY, Chen HJ, Chen CS, Lin WM, Shen WC, Kuo CN, Kao CH.
•1Department of Laboratory Medicine, Mackay Memorial Hospital, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-13 17:50 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line