<   2014年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


NSAID内服者における潰瘍や出血と臨床症状の関連


方法前向き、多施設、非盲検研究で2群に分かれた1231人の患者を評価: group I - NSAID でありgroup II - non-NSAID.全員が臨床的な訴えの発生、タイプ、消化管出血に関連した薬の使用や合併症 を評価するためのアンケートに答えた。結果:1213人の患者を評価。そのうち65%は女性、13.1%は喫煙者; 15.6%はアルコール飲料を摂取.主要な他覚所見と自覚症状は心窩部痛と胸焼け (各々67% および62%). 上部胃腸(The upper gastrointestinal:UGI)内視鏡はgroup Iでは3.9%が正常であり、group IIでは 10.7%が正常(p < 0.001). Patient who do not use NSAIDを使用していない患者は2.5倍正常のUGI内視鏡所見になりやすい (p = 0.001).胃と十二指腸の糜爛や潰瘍の病変はgroup Iに多い. 胃の病変の発生率と十二指腸の病変の発生率(びらん: 49.12% vs. 13.60%, p = 0.001;潰瘍: 14.04% vs. 11.84%, p = 0.05)。消化管出血の危険性はNSAIDs使用者では12倍高く(6.14% vs. 0.51%), 胃は出血がより頻繁に起こりやすい場所。まとめ: NSAIDs使用者においては胃潰瘍、十二指腸潰瘍、および消化管出血の頻度が高い。内視鏡所見と消化不良症状の間には関連がない.
Scand J Gastroenterol. 2014 Jun 18:1-5. [Epub ahead of print]
Ulcer and bleeding complications and their relationship with dyspeptic symptoms in NSAIDs users: a transversal multicenter study.
Dib RA1, Chinzon D, de Souza Fontes LH, de Sá Teixeira AC, Navarro-Rodriguez T.
•1Department of Gastroenterology, University of São Paulo, School of Medicine , São Paulo , Brazil.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-23 23:53 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症と多発性硬化症の比較


方法. Control point scores (CPS), total myalgic scores (TMS; algometer使用), tender point (TP) counts, およびCWPをFM女性患者と多発性硬化症(MS)女性患者と健常な年齢をマッチさせた女性で評価。FIQ,および the Nottingham Health Profileを計測。The Kurtzke Expanded Disability Status Scale (EDSS)を用いてMS患者の障害の状態を評価。結果・FM患者はMS患者や対照者よりも有意にCPSやTMSが低い。MS患者は対照者と比べると同程度のCPSであるがTMSは有意に低い。FM患者はMS患者や対照者よりも有意に圧痛点の数が多い。MS患者は対照者よりも圧痛点の数が有意に多い。 MS患者では3人のみでCWPが報告されたが、圧痛点の点でFMの基準を満たさず。FM患者はMS患者よりもFIQの最初の項目の点数が有意に低い。FM患者はMS患者と比べて、NHP section点数の痛み、社会的孤立、感情的な反応、睡眠とenergyが高いが、身体的な可動性は同程度。MS 患者におけるNHPの energy and physical mobility dimension とFIQ-first item scores はEDSSと相関する (各々r=0.42, P=0.047, r=0.83, P=0.001, and r=0.62, P=0.001).
Int J Psychiatry Clin Pract. 2006;10(3):160-5. doi: 10.1080/13651500600633147.
Comparison of pain threshold, health and functional status of females with fibromyalgia and multiple sclerosis: a pilot study.
Ozgocmen S1, Kaya A, Gulkesen A, Bulut S, Ardicoglu O.
•1Division of Rheumatology, Department of Physical Medicine & Rehabilitation, , Elazig, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-23 23:36 | FMの症状

妊婦への抗うつ薬投与は胎児の心臓欠陥を増加させない


方法: 2000年から2007年までの期間国家レベルのMedicaid Analytic eXtractを用いてコホート研究.最後の月経の3か月前から出産後1か月までの間にMedicaid に登録し生産児を生んだ949,504人の妊婦。最初の三分期に抗うつ薬を内服した女性から生まれた新生児における主要な心臓の欠損の危険性を抗うつ薬を内服していない女性から生まれた新生児のそれと比較し、補正していない解析と抑うつのある女性と交絡因子のコホートに限定した解析. 結果: 64,389人の女性 (6.8%)が最初の三分期に抗うつ薬を使用。抗うつ薬にさらされていない6403人の新生児が心臓の欠陥あり(1万人の新生児あたり72.3人に心臓の欠陥あり), 一方抗うつ薬にさらされた580人の新生児に心臓の欠陥あり (1万人の新生児あたり90.1人). 抗うつ薬使用と心臓の欠陥の関連は交絡因子で補正すると弱まる. SSRIs使用によるあらゆる心臓の欠陥の相対的危険性は補正のない解析で 1.25 (95% confidence interval [CI], 1.13 to 1.38), 抑うつのある女性に限定すると1.12 (95% CI, 1.00 to 1.26, そして抑うつのある女性に限定してすべての交絡因子で補正すると1.06 (95% CI, 0.93 to 1.22). paroxetine と右心室流出路の閉塞 (relative risk, 1.07; 95% CI, 0.59 to 1.93)あるいは sertraline と心室中隔欠損 (relative risk, 1.04; 95% CI, 0.76 to 1.41)の間には有意な関連はなかった.
N Engl J Med. 2014 Jun 19;370(25):2397-2407.
Antidepressant Use in Pregnancy and the Risk of Cardiac Defects.
Huybrechts KF1, Palmsten K, Avorn J, Cohen LS, Holmes LB, Franklin JM, Mogun H, Levin R, Kowal M, Setoguchi S, Hernández-Díaz S.
•1From the Division of Pharmacoepidemiology and Pharmacoeconomics, Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School (K.F.H., J.A., J.M.F., H.M., R.L., M.K., S.S.), the Department of Epidemiology, Harvard School of Public Health (K.P., S.H.-D.), the Center for Women's Mental Health, Massachusetts General Hospital (L.S.C.), and the Medical Genetics Unit, MassGeneral Hospital for Children (L.B.H.) - all in Boston; and Duke University School of Medicine, Durham, NC (S.S.).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-23 23:27 | 抗うつ薬

複合性局所疼痛症候群に対する5%リドカインパッチの有効性


著しいアロジニアや痛覚過敏のあるCRPS-1ではしばしば理学療法(PT)が困難。足関節捻挫に対する関節鏡手術の後10歳の女性がCRPS-1に罹患。様々な治療でも十分な鎮痛が得られずPTの試みは成功せず。5%リドカインパッチが試みられ著しい鎮痛が得られ、患者の態度が改善し、PTが進展した。
Curr Ther Res Clin Exp. 2003 Sep;64(8):626-9. doi: 10.1016/j.curtheres.2003.09.010.
Treatment of complex regional pain syndrome type 1 in a pediatric patient using the lidocaine patch 5%: a case report.
Frost SG.
•Regional Pain Management Center, Rapid City, South Dakota USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-23 23:18 | 複合性局所疼痛症候群

抗不安薬による股関節骨折の増加


方法. 後ろ向きデータべース解析。2000年から200年までのLongitudinal Health Insurance Database (LHID)から外来患者の請求データを集め, それは台湾の約2300万人の入院患者と外来患者の医療請求を含む。股関節骨折(ICD codes)の診断を受けた全患者をデータベースから同定した。2003年版の Beers' criteriaに基づいて短期作用型および長期作用型BZDの投与量の処方を高齢者の不適切使用と定義。多重ロジスティック回帰により不適切な可能性のあるBZD使用(potentially inappropriate benzodiazepine use:PIBU)と骨折の関連を調べた。結果: データベースから65歳以上の患者62,023人のデータを集めた。2000年から2003年にかけて、短期作用型BZDと長期作用型BZDを使用する高齢者の割合は, 各々28.1 から25%、および 19.5から14.5%に減少(P<0.001)。年齢、性別、合併症、その他の投薬やすべての共変量で補正すると、台湾でBZDを内服する高齢者が股関節骨折を引き起こす危険性 (∼50%)は有意である (4年間の補正OR: 1.57, 1.38, 1.68, 1.45).
Int J Psychiatry Clin Pract. 2010 Mar;14(1):47-52. doi: 10.3109/13651500903434461.
Trends of benzodiazepine prescribing and the risk of hip fracture in elderly patients in Taiwan: A population-based study.
Chan AL1, Lin SJ.
•1Department of Pharmacy, Chi Mei Medical Center, Tainan, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-15 17:18 | 抗不安薬の常用量依存

マクロファージ性筋膜炎患者の約半数は慢性疲労症候群


2000年1月から2013年7月までに我々の Neuropathology Laboratoryで見られたマクロファージ性筋膜炎Macrophagic myofasciitis (MMF)患者16人の後ろ向き研究。16人の平均年齢は48.8 ± 18.0 歳; 80.0 %は女性。16人中8人はCFS. 患者の半数でクレアチニンキナーゼが上昇し25.0 %はミオパチーの筋電図。13人は症状が起こる前にアルミニウムの含まれているワクチンの筋注を受けている。MMF は炎症性myopathyの特有のパターンを映し出しているのかも ワクチンに含まれるadjuvantが幾人かの患者ではMMFを引き起こすのかも.
Rheumatol Int. 2014 Jun 13. [Epub ahead of print]
Macrophagic myofasciitis and vaccination: Consequence or coincidence?1請求
Santiago T1, Rebelo O, Negrão L, Matos A.
•1Rheumatology Unit, Centro Hospitalar e Universitário de Coimbra, Praceta Prof. Mota Pinto, 3000-075, Coimbra, Portugal
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-15 17:14 | 慢性疲労症候群

系統的総説:慢性広範痛症は死亡率が高い


慢性痛又はwidespread pain (FMを含む) と死亡率の関連のメタ解析。結果: 10の研究を解析。補正をしない結果では、3つの報告では慢性痛又はwidespread painには有意な関連があると報告。補正された解析では, 4つの研究が有意な関連. 残りの研究では有意な関連はない. メタ解析では、比較した結果の計測を用いて研究の結果には有意な異質性があり (n = 7)(I2 = 78.8%) and a慢性痛とすべての原因の死亡率の関連には中等度ではあるが有意ではない統合された概算 (MRR1.14,95%CI 0.95-1.37). 解析をwidespread pain の研究に限定するとこの関連は強くなる(n = 5,I2 = 82.3%) MRR1.22(95%CI 0.93-1.60).癌や心血管疾患による死亡でも同じパターンが観察された。異質性は研究対象の人口、経過観察期間、痛みのタイプ、解析方法と、交絡因子の利用に差による。
PLoS One. 2014 Jun 5;9(6):e99048. doi: 10.1371/journal.pone.0099048. eCollection 2014.
Chronic pain and mortality: a systematic review.
Smith D1, Wilkie R1, Uthman O2, Jordan JL1, McBeth J1.
•1Arthritis Research UK Primary Care Centre, Research Institute for Primary Care and Health Sciences, Keele University, Staffordshire, United Kingdom.
•2Warwick Centre for Applied Health Research and Delivery (WCAHRD), Division of Health Sciences, Warwick Medical School, University of Warwick, Coventry, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-09 22:55 | FMの疫学

CRPSにおける三相性骨シンチの有用性


方法: 三相性骨シンチ(three-phase bone scan:TBPS)を受けたCRPS-1を疑われた140人 (CRPS-1, n = 79; 非-CRPS, n = 61; 平均年齢39 ± 15歳). 確定診断のためにはthe Budapest consensus groupによって改訂された CRPS-1の臨床診断基準を用いた。flow/pool および遅延取り込み(delayed uptake:DU) イメージパターン, および最初の出来事からTPBS (TIevent-scan)までの期間に基づき患者は分類された. 病変部位と反対側の比(lesion-to-contralateral ratio:LCR)の定量解析を行った.改訂したTPBS 画像基準を作り、最適の診断性能を評価。結果:関節周辺のDUの増加と減少の両方はCRPS-1の有意な画像所見 (DU 増加群ではCRPS-1 陽性率 = 73%, DU低下群では75%). TIevent-scanは異なる画像パターン群の間で有意には違わない. 定量的な解析ではLCR 1.43 がCRPS-1 の診断には最適のカットオフ値であり、診断性能はDU増加群では有意に改善 (area under the curve = 0.732). 改訂された画像基準では, TPBSによるCRPS-1診断の 感度は80% であり、特異度は72%.
Nucl Med Mol Imaging. 2011 Dec;45(4):261-7. doi: 10.1007/s13139-011-0104-x. Epub 2011 Sep 17.
Diagnostic performance of three-phase bone scan for complex regional pain syndrome type 1 with optimally modified image criteria.
Kwon HW1, Paeng JC2, Nahm FS3, Kim SG4, Zehra T5, Oh SW4, Lee HS4, Kang KW2, Chung JK2, Lee MC2, Lee DS2.
•1Department of Nuclear Medicine, Seoul National University College of Medicine, 101 Daehak-ro, Jongno-gu, Seoul, 110-744 Korea ; Department of Molecular Medicine and Biopharmaceutical Sciences, Graduate School of Convergence Science and Technology and College of Medicine/College of Pharmacy, Seoul National University, Seoul, Korea.
•2Department of Nuclear Medicine, Seoul National University College of Medicine, 101 Daehak-ro, Jongno-gu, Seoul, 110-744 Korea ; Institute of Radiation Medicine, Seoul National University College of Medicine, Seoul, Korea.
•3Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Seoul National University Bundang Hospital, 166 Gumi-Ro, Bundang-Gu, Seongnam, 463-707 Korea.
•4Department of Nuclear Medicine, Seoul National University College of Medicine, 101 Daehak-ro, Jongno-gu, Seoul, 110-744 Korea.
•5Nuclear Medicine, Oncology and Radiotheraphy Institute, Pakistan Atomic Energy Commission, Islamabad, Pakistan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-09 22:51 | 複合性局所疼痛症候群

むずむず脚症候群の睡眠障害に対するプレガバリンとプラミペキソールの効果の比較


無作為振り分け、二重盲検、クロスオーバー研究。23のUS の睡眠センター。85人の中等度から強度の特発性RLSおよび関連した睡眠障害患者。参加者を3つの4週間のpregabalin 300 mg/day (n = 75), pramipexole 0.5 mg/day (n = 76), 又は偽薬(n = 73)の6つの治療に無作為に振り分ける。結果:各治療終了時にPolysomnographyを2夜行う。一次的な(入眠後の覚醒wake after sleep onset [WASO], pregabalin vs placebo)およびキーになる二次的な評価項目を統計解析し, 他の評価項目は記述的な統計を行う。Pregabalinは WASO (-27.1 min vs placebo [P < 0.0001]; -26.9 vs pramipexole)の低下で示された睡眠維持と、polysomnographyで示された入眠後の覚醒の数 -2.7 vs placebo; -7.9 vs pramipexole [P < 0.0001])を改善し, 主観的な全睡眠時間を増加させる(30.8 min vs placebo [P < 0.0001]; 26.8 vs pramipexole). Pregabalin は徐波睡眠時間も増加させる(20.9 min vs placebo; 32.1 vs pramipexole [P < 0.0001]). pregabalinによる周期性肢運動覚醒指数(periodic limb movement arousal index:PLMAI)はpramipexoleと同程度であり偽薬、 (-3.7 PLMA/h [P < 0.0001])より大きいが、睡眠中の全PLMの減少はpramipexoleよりも少ない。
Sleep. 2014 Apr 1;37(4):635-43. doi: 10.5665/sleep.3558.
Pregabalin versus pramipexole: effects on sleep disturbance in restless legs syndrome.
Garcia-Borreguero D1, Patrick J2, DuBrava S2, Becker PM3, Lankford A4, Chen C2, Miceli J2, Knapp L2, Allen RP5.
•1Sleep Research Institute, Madrid, Spain.
•2Pfizer Global Research and Development, Groton, CT.
•3University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas, TX.
•4Sleep Disorders Center of Georgia, Atlanta, GA.
•5Johns Hopkins University, Department of Neurology, Baltimore, MD.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-09 22:47 | むずむず脚症候群

変形性膝関節症の治療方法


変形性膝関節症の診断と治療の現在のエビデンスと臨床ガイドラインのまとめ。2002年1月1日から2012年8月26日まで。 結果:変形性膝関節症の診断で最も正確なものは、痛みの存在と5つ以上の臨床的あるいは検査的な基準に骨棘を加えたもの。臨床ガイドラインや系統的総説にはいくつかの不一致が見られる。全般的には, paracetamol, 経口または局所のNSAIDs, opioids, corticosteroid注射と、治療的訓練、関節徒手治療、TENSなどの理学療法が痛みを軽減し機能を改善する。患者教育と肥満患者に対する減量は重要。
Int J Health Sci (Qassim). 2014 Jan;8(1):85-104.
Knee osteoarthritis related pain: a narrative review of diagnosis and treatment.
Alshami AM.
•Assistant Professor, Department of Physical Therapy, College of Applied Medical Sciences, University of Dammam.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-09 22:44 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line