<   2014年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


末期腎疾患におけるむずむず脚症候群の影響


方法:2009年から2010年まで、1093人の末期腎疾患 (end-stage renal disease:ESRD)患者を集める。RLSの診断および症状の強さは直接インタビューで評価。心血管/脳血管イベントおよび死亡は医療記録で確認。RLS およびthe outcomes of interesの関連はan adjusted multivariate Cox regression modelを用いて調べた。結果:平均3.7 ± 0.8年の経過観察の後, RLSを合併したESRD患者はRLSを合併しないESRD患者と比較して、有意に心血管イベントや脳卒中 [adjusted hazard ratio (aHR) 2.82, 95% confidence interval (CI) 2.02-4.11, and aHR 2.41, 95% CI 1.55-3.75, respectively]に罹患しやすい. RLSの症状の程度が強くなると心血管イベント [軽度のRLS , aHR 1.71 (95% CI 1.02-2.87); 中等度, 2.79 (1.64-4.66); 強度, 2.85 (1.99-4.46)] および脳卒中[軽度, 1.89 (0.87-4.16); 中等度, 2.42 (1.50-3.90); 強度, 2.64 (1.49-4.91)] に罹患する危険性が用量依存的に高くなる. RLSはESRD患者の全死亡率を増加させる [aHR 1.53 (95% CI 1.07-2.18), P = 0.02]; 各RLSの強度のカテゴリーで階層化するとこの関連は少し強くなる [軽度のRLS, aHR 1.44 (95% CI 0.78-2.67);中等度, 1.49 (0.98-2.55);強度, 2.03 (0.93-4.45)].
Eur J Neurol. 2014 Aug 21. doi: 10.1111/ene.12545. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome is associated with cardio/cerebrovascular events and mortality in end-stage renal disease.
Lin CH1, Sy HN, Chang HW, Liou HH, Lin CY, Wu VC, Wu SL, Chang CC, Chiu PF, Li WY, Lin SY, Wu KD, Chen YM, Wu RM.
•1Department of Neurology, College of Medicine, National Taiwan University Hospital, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-24 12:01 | むずむず脚症候群

急性痛と慢性痛の症状


デザイン:急性痛患者(acute pain patients:APPs)と慢性痛患者(chronic pain patients:CPPs)と地域の痛みのない非患者(community nonpatients without pain:CNPWPs)で以下の15の症状を比較:疲労, しびれ/tingling, めまい, 開口/閉口の困難さ, 筋力低下, 睡眠維持の困難, 抑うつ,筋肉の緊張, 神経質, 易刺激性, 記憶, 転倒, 吐き気,集中力および頭痛。結果:年齢、性別、痛みのレベルで補正すると, 急性痛患者(acute pain patients:APPs)と慢性痛患者(chronic pain patients:CPPs)は地域の痛みのない非患者(community nonpatients without pain:CNPWPs)と比較して13の症状のうち11の症状の有病率は各々大きい(P < 0.01のレベル). 年齢、性別、痛みのレベルで補正すると,CPPsはAPPsに比較すると8つの症状の有病率が有意に高い(at a P < 0.01 level). 症状はAPPsおよび CPPsと強く関連する.
Pain Med. 2014 Aug 19. doi: 10.1111/pme.12527. [Epub ahead of print]
Prevalence Comparisons of Somatic and Psychiatric Symptoms Between Community Nonpatients Without Pain, Acute Pain Patients, and Chronic Pain Patients.
Fishbain DA1, Gao J, Lewis JE, Bruns D, Meyer LJ, Disorbio JM.
•1Department of Psychiatry, University of Miami Miller School of Medicine, Miami, Florida, USA; Department of Neurological Surgery, University of Miami Miller School of Medicine, Miami, Florida, USA; Department of Anesthesiology, University of Miami Miller School of Medicine, Miami, Florida, USA; Department of Psychiatry, Miami Veterans Administration Hospital, Miami, Florida, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-24 11:50 | その他の疼痛

線維筋痛症における症状軽減の領域の問題


6つの主要なFM症状の領域のうちの少なくとも2つを評価した論文 – 痛み、睡眠障害、疲労、情動症状(抑うつ/不安)、機能障害と認知障害―を解析のため選択。s薬物治療の研究 (n = 21)は主に少数の領域のみを取扱い、大部分は痛み。研究の質は良好であるが、多くの主要なFM 症状を同時に前向きに研究していない。Amitriptylineのみが3つの主要なFMの症状に有意な効果があるが, 多くの副作用があり早期に速成耐性になりやすい。非薬物療法の研究(n = 64)は研究の質が悪いが、しばしば多次元の目標。プール治療は5つの領域で有意な効果を示し,反復経頭蓋磁気刺激は4つの領域, 温泉治療は3つの領域、運動訓練、認知行動療法、およびマッサージは2つの領域。
Eur J Pain. 2014 Sep;18(8):1067-80. doi: 10.1002/ejp.564.
More ubiquitous effects from non-pharmacologic than from pharmacologic treatments for fibromyalgia syndrome: A meta-analysis examining six core symptoms.
Perrot S1, Russell IJ.
•1Service de Médecine Interne et Thérapeutique, Hôtel Dieu, Paris Descartes University, INSERM U 987, France. serge.perrot@htd.aphp.fr
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-24 11:46 | FMの治療総論

妊婦へのアセトアミノフェン投与は白血病を予防する


この国立病院を基にした症例対照研究はブラジルの13の州の癌病院又は総合病院で集められた0-23か月の子供を対象. 鎮痛薬を含む妊娠中の母親の薬摂取は白血病の子供の母親231人と対照の411人から直接インタビュー。妊娠中の鎮痛薬使用と子供の早期の白血病の関連の非補正と補正したオッズ比(ORs)と95% confidence intervals (CIs)を無条件ロジスティック回帰で計算。急性リンパ性白血病においては、妊娠の最初の三分期のAcetaminophen使用はOR=0.39 (95% CI 0.17-0.93) 妊娠の2番目の三分期での使用OR=0.37 (95% CI 0.16-0.88). 急性骨髄性白血病においては二番目の使用はOR=0.11 (95% CI 0.02-0.97)。急性リンパ性白血病において、受胎前のdipyrone(ジピロン:日本で使用不能の鎮痛薬)の使用ではOR=1.63 (95% CI 1.06-2.53) 授乳期のdipyrone使用では OR=2.00 (95% CI 1.18-3.39).
Eur J Cancer Prev. 2014 Aug 13. [Epub ahead of print]
Pregnancy, maternal exposure to analgesic medicines, and leukemia in Brazilian children below 2 years of age.
Couto AC1, Ferreira JD, Pombo-de-Oliveira MS, Koifman S; Brazilian Collaborative Study Group of Infant Acute Leukemia.

•1aNational School of Public Health/FIOCRUZ bPediatric Hematology-Oncology Program/INCA, Rio de Janeiro, Brazil.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-18 23:35 | アセトアミノフェン、NSAID

慢性広範痛症は不眠になりやすい


方法:研究開始時と経過観察3年後のアンケートに答えた50歳以上の6676人 による前向きコホート研究。参加者はACR基準に基づいて無痛、いくらかの痛み、widespread painに分類。.ロジスティッ回帰を用いて当初の痛みと3年時の不眠の発生の関連を調べた。Path解析を用いて身体的制限と社会参加が介在する役割を調べた。結果:研究開始時の年齢、性別、社会経済的階層、教育、不安、抑うつ、睡眠と合併症で補正すると、いくらかの痛み [adjusted odds ratio (AOR) 1.57 (95% CI 1.15, 2.13)] およびwidespread pain [2.13 (1.66, 3.20)]は3年時の不眠発生の危険性が高くなる。身体的制限と社会参加の減少の組み合わせによりいくらかの痛みでの不眠の発生の68%を説明し、widespread pain での不眠発生の66%を説明する。
Rheumatology (Oxford). 2014 Aug 14. pii: keu283. [Epub ahead of print]
Impact of musculoskeletal pain on insomnia onset: a prospective cohort study.
Tang NK1, McBeth J2, Jordan KP2, Blagojevic-Bucknall M2, Croft P2, Wilkie R2.
•1Department of Psychology, University of Warwick, Coventry and Arthritis Research UK Primary Care Centre, Primary Care Sciences, Keele University, Staffordshire, UK.Department of Psychology, University of Warwick, Coventry and Arthritis Research UK Primary Care Centre, Primary Care Sciences, Keele University, Staffordshire, UK. n.tang@warwick.ac.uk.
•2Department of Psychology, University of Warwick, Coventry and Arthritis Research UK Primary Care Centre, Primary Care Sciences, Keele University, Staffordshire, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-18 23:25 | FMの疫学

外陰部痛の有病率と危険因子


方法:横断研究で、emailによってオンライン調査を行い、ウェブサイトとソーシャルネットワークで郵送。ポルトガル在住の18歳以上の女性を対象にして2013年6月1日と11月30日に間に調査を行う。参加者は少なくとも6か月外陰部痛と思われる症状がある。結果:1229のアンケートを解析。80人 (6.5%)の女性が調査時に外陰部痛があり, 117人 (9.5%) には以前外陰部痛あり; 人生における有病率16.0%. 妊娠や出産のタイプは外陰部痛とは関連せず. 過去において経口避妊薬を飲んでいた女性は有意にかつて外陰部痛に罹患(P<0.010).カンジダ、性器ヘルペス、尿路感染症、抑うつおよび月経前症候群は以前の外陰部痛罹患に関連 (P<0.01). 痛み症候群、特にFMや膀胱痛症候群は以前の外陰部痛罹患に関連 (P<0.001). 側弯症と子宮摘出術は有意に関連する (P<0.01).
Int J Gynaecol Obstet. 2014 Jul 17. pii: S0020-7292(14)00354-3. doi: 10.1016/j.ijgo.2014.05.020. [Epub ahead of print]
Prevalence of vulvodynia and risk factors for the condition in Portugal.
Vieira-Baptista P1, Lima-Silva J2, Cavaco-Gomes J2, Beires J2.
• 1Department of Gynecology and Obstetrics, São João Hospital, Porto, Portugal. Electronic address: pedrovieirabaptista@gmail.com.
•2Department of Gynecology and Obstetrics, São João Hospital, Porto, Portugal.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-10 11:41 | 外陰部痛

高用量のH2ブロッカーは低用量のH2ブロッカーよりもNSAID潰瘍予防能が高い


方法:香港でthe Clinical Data Analysis and Reporting System (CDARS)を用いて後ろ向きコホート研究。経口NSAIDと経口ヒスタミン2受容体拮抗薬(histamine-2 receptor antagonist:H2RA)を1回処方された18歳以上の患者を研究期間(2009年1月1日と2012年12月31日)で見つける。index date (最初のNSAID処方)の前の2年間で消化性潰瘍(peptic ulcers:PUs)の既往または危険因子を持つ患者は除外. Log binomial regression解析を用いて高用量 H2RA versus低用量 H2RA併用のNSAID使用者におけるPUの相対危険度を計算.結果: NSAIDコホートの中で (n = 102,042), 77,50人 (76 %)は低用量H2RAであり24,53人 (24 %)は高用量 H2RA. 薬に暴露された期間で69人の PUの症例が同定されたが, 64人 (0.08 %)は低用量H2RAをそして5人 (0.02 %)は高用量H2RAを内服. NSAID使用者のPUsの絶対的な危険性は H2RA併用では1,479患者で1人。高用量H2RA versus 低用量H2RAを内服しているNSAID使用者の補正した相対危険度は 0.32 (95 % confidence interval [CI] 0.13-0.79). 65歳以上の患者, 長期間の治療を受けている, または抗血小板薬併用はPUの危険性が高い。まとめ:短期間の新規使用ではNSAID-関連PUsの一次的な予防として、高用量H2Rは低用量H2RAよりも効果が大きい。
Drug Saf. 2014 Aug 6. [Epub ahead of print]
Dosage Effects of Histamine-2 Receptor Antagonist on the Primary Prophylaxis of Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug (NSAID)-Associated Peptic Ulcers: A Retrospective Cohort Study.
He Y1, Chan EW, Man KK, Lau WC, Leung WK, Ho LM, Wong IC.
•1Centre for Safe Medication Practice and Research, Department of Pharmacology and Pharmacy, Li Ka Shing Faculty of Medicine, The University of Hong Kong, Hong Kong, SAR, China,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-10 11:39 | アセトアミノフェン、NSAID

テレビドラマを見ると症状が悪化する舌痛症の一例


テレビドラマを見ると症状が悪化したBMSの一例
Burning Mouth Syndrome due to Television Moans, an Enigma for Oral Physician: Treatment with Counseling.ダウンロード可能
Gupta D, Sheikh S, Pallagatti S, Kasariya K, Buttan A, Gupta M.
J Dent Res Dent Clin Dent Prospects. 2014 Spring;8(2):118-22. doi: 10.5681/joddd.2014.022. Epub 2014 Jun 11.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-10 11:32 | 口腔顔面痛、舌痛症

片頭痛患者はむずむず脚症候群になりやすい


方法:イタリアの南チロルで行われた成人の人口に基づいた研究の予備調査の1567人の参加者の現在の診断基準に基づいてコンピューター支援の個人的なインタビューと自己報告のアンケート介して片頭痛とRLSを調べる。結果:年齢、性別、大うつ病、不安、睡眠の質などの交絡因子で補正した後も、片頭痛者はRLSである危険性が高い (odds ratio 1.79; confidence interval 1.00-3.19; P = 0.049). この関連は前兆の状態や二次性のRLSの可能性のある原因によっても変化しないRLSは緊張型頭痛とは有意には関連しない。
Eur J Neurol. 2014 Sep;21(9):1205-10. doi: 10.1111/ene.12462. Epub 2014 May 20.
Association between restless legs syndrome and migraine: a population-based study.
Zanigni S1, Giannini G, Melotti R, Pattaro C, Provini F, Cevoli S, Facheris MF, Cortelli P, Pramstaller PP.
•1Center for Biomedicine, European Academy Bozen/Bolzano (EURAC) (Affiliated Institute of the University of Lübeck), Bozen/Bolzano, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-10 11:28 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群における症状悪化


方法:少なくとも6ヶ月治療を受けた94人の1次性RLS患者. 30人はドパミン作動薬のみで治療を受け, 64はドパミン作動薬と alpha two delta ligandsで治療を受ける. RLS患者の臨床的な特徴を評価し 症状悪化の率を評価. 二人のRLSの専門家が独立して症状悪化のNIH基準を用いて症状悪化を評価。結果:11人(11.7 %)が確実なあるいは臨床的に強く症状悪化が疑われると分類。症状悪化群と比較すると、非―症状悪化群は研究開始時の臨床的な特徴には有意差はない。4人(13.3 %)はドパミン作動薬単独治療群であり、7人 (10.9 %) は混合治療群。両郡の症状悪化の率には有意差はない。まとめ:症状悪化はドパミン作動薬の使用量と関連するのかも。
Sleep Breath. 2014 Aug 1. [Epub ahead of print]
Augmentation in restless legs syndrome patients in Korea.
Jeon JY1, Moon HJ, Song ML, Lee HB, Cho YW.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-04 01:05 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line