<   2014年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧


アセトアミノフェンの妊婦への投与は胎児のADHD(様行動)の危険因子


方法:参加者は the Auckland Birthweight Collaborative Studyのメンバーであり,在胎期間に比べて不釣り合いに小さいEuropean 系統の871人の0歳児の縦断研究7歳時の親の報告と11歳時の親と子供の報告で測定した行動上の困難さおよびADHD 症状と関連して、使用した妊娠中の薬 (acetaminophen, aspirin, 制酸剤、および抗生物質) を解析. 解析は、出生時体重、社会経済的状態、出産前に母親が認知したストレスを含むmultiple covariates を含む。結果:Acetaminophenは研究対象の母親の49.8%が妊娠中に使用。 もしacetaminophenを妊娠中に使用すると、総困難点数は有意に高い(7歳時の親の報告と11歳時の子供の報告のStrengths and Difficulty Questionnaire)が, 他のいかなる薬とも有意な関連はない. 妊娠中にacetaminophenを使用した母親の子供も7歳時と11歳時のADHDの危険性が高まる (Conners' Parent Rating Scale-Revised).まとめ:妊娠中のacetaminophen投与はADHD様の行動の危険性を増加させる。
PLoS One. 2014 Sep 24;9(9):e108210. doi: 10.1371/journal.pone.0108210. eCollection 2014.
Associations between Acetaminophen Use during Pregnancy and ADHD Symptoms Measured at Ages 7 and 11 Years.
Thompson JM1, Waldie KE2, Wall CR3, Murphy R4, Mitchell EA1; the ABC study group.
•1Department of Paediatrics, The University of Auckland, Auckland, New Zealand.
•2School of Psychology, The University of Auckland, Auckland, New Zealand.
•3Discipline of Nutrition, The University of Auckland, Auckland, New Zealand.
•4Department of Medicine, The University of Auckland, Auckland New Zealand.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-29 22:26 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症におけるインタネット上の認知行動療法の有効性


方法:1990年のACR基準を満たし軽度から中等度までの抑うつと不安のある18歳以上のFM患者の12週間の無作為振り分け研究。56人を無作為に6週間のインターネットによるCBT群 (MoodGYM)または対照群 (標準ケア)に分ける. 両群とも1,6週および経過観察12週で評価。一次的な評価項目はFIQ composite(複合?)点数の変化. 二次的な評価項目は圧痛点の数の変化。結果:参加者の平均年齢は55歳, そして88%は女性. 平均FIQ点数はthe MoodGYM群では対照群に比べて有意に低い(6週と12週では群間の差はP<0.05). 圧痛点の数の平均はthe MoodGYM 群の方が有意に少ない(6週と12週P<0.001). MoodGYM群では3つの時点でFIQの点数に有意差を認めないが, 圧痛点の数は治療前から12週までで有意に減少する方向。
Ochsner J. 2014 Fall;14(3):343-9.
Fibromyalgia: can online cognitive behavioral therapy help?
Menga G1, Ing S2, Khan O2, Dupre B3, Dornelles AC4, Alarakhia A2, Davis W5, Zakem J5, Webb-Detiege T5, Scopelitis E5, Quinet R5.
•1Department of Rheumatology, Ochsner Health Center-Baton Rouge, Baton Rouge, LA.
•2Department of Rheumatology, Ochsner Clinic Foundation, New Orleans, LA.
•3Primary Care of Brusly, Port Allen, LA.
•4Office of Biostatistical Support, Ochsner Clinic Foundation, New Orleans, LA.
•5Department of Rheumatology, Ochsner Clinic Foundation, New Orleans, LA ; The University of Queensland School of Medicine, Ochsner Clinical School, New Orleans, LA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-29 22:16 | FMの非薬物治療

むずむず脚症候群の有病率の人種差


方法: general medicine clinicsにおいて1対1のインタビューによりRLSの有病率を調べた. John Hopkins Telephone Diagnostic Interviewを用いてインタビューを行う. すべてのインタビューは訓練を受けた医師が行う。結果:190人の患者にインタビュー: 103人は African American (AA) (58.3%は女性)であり 87人はnon-African American (NAA) (5は女性).確実なRLSの全般的な有病率は22.6%。AA の平均年齢は53 歳(standard deviation, 15)でありNAAの平均は 50 歳(standard deviation, 13). AAの中で,確実なRLSの診断は 11.65%であり, probable(多分?)は 3.88%であり、否定は83.5%, そして不明は0.97%. NAAの中で,患者は確実な RLS (35.63%) と非RLS (64.37%)に分けられ; probable(多分?) RLS又は不明はいなかった. ロジスティク回帰解析により年齢、人種、又は性別は有意にRLSの診断を予測する。他の変数で補正しても、NAAとRLSの有病率の関連は有意のまま(P = 0.002).
Hosp Pract (1995). 2014 Aug;42(3):131-137.
Racial differences in the prevalence of restless legs syndrome in a primary care setting.
Alkhazna A1, Saeed A, Rashidzada W, Romaker AM.
•1University of Missouri-Kansas City, Kansas City, MO. aalkhaznah@yahoo.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-29 22:12 | むずむず脚症候群

慢性腎疾患のRLSに対するガバペンの効果


34人の慢性腎疾患(chronic kidney disease:CKD) および末期腎疾患(end-stage kidney disease: ESKD) の患者(n=34) における掻痒又はRLSに対するガバペンチンの安全性と効果。方法:単一施設による後ろ向きコホート研究。34人の CKD/ESKD患者と同様な透析(HD)患者 (n=15)での副作用と投与量を比較.結果:継続的に治療した患者の44%はRLS and/or 掻痒を訴える; 18%は非-uremicな原因の症状であるため除外.34人の患者を最終的に解析。ガバペンチンの初回1日投与量として最も多い量は50mg (44.1%) 又は100mg (38.2%) ,1日投与量の中央値は100mg (範囲 39-455mg). 副作用は47%で生じ、17%でガバペンチンを中止。ガバペンチンは掻痒 (P<0.001) とRLS (P<0.05)を減らす.開始量 (P=0.88),中央値 (P=0.84)および最終投与量 (P=0.18)をHDと比較すると有意差はない. 継続的に治療している患者はHD患者と比較すると副作用を呈しやすい(47.1% vs. 14.3%, P=0.023). 単変量解析では投与量は副作用と関連する要因ではない。
J Pain Symptom Manage. 2014 Sep 8. pii: S0885-3924(14)00445-X. doi: 10.1016/j.jpainsymman.2014.08.010. [Epub ahead of print]
Efficacy and Safety of Gabapentin for Uremic Pruritus and Restless Legs Syndrome in Conservatively Managed Patients With Chronic Kidney Disease.
Cheikh Hassan HI1, Brennan F2, Collett G3, Josland EA3, Brown MA3.
•1Department of Renal Medicine, St. George Hospital, Sydney; University of New South Wales, Sydney, New South Wales, Australia.
•2Department of Renal Medicine, St. George Hospital, Sydney; University of New South Wales, Sydney, New South Wales, Australia. Electronic address: fpbrennan@ozemail.com.au.
•3Department of Renal Medicine, St. George Hospital, Sydney.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-22 12:12 | むずむず脚症候群

アシュトンマニュアル日本語版作成者の一人は常用量依存になり裁判を起こしたが最高裁で敗訴


アシュトンマニュアル日本語版の翻訳者の一人のニュー人ランド人。3種類のBZD内服し依存になる。日本の司法制度(調停から最高裁まで)に訴えるが無駄であった。詳細は個人のサイトへ
www.benzo-case-japan.com
Alcohol Alcohol. 2014 Sep;49 Suppl 1:i61. doi: 10.1093/alcalc/agu054.39.
P-39iatrogenic benzodiazepine drug dependency in Japan and globally - the need for more knowledge, care, and services.
Douglas W.
•Independent Individual Patient (wish to speak from patient's experience), Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-22 12:01 | 抗不安薬の常用量依存

NSAIDはアルツハイマー病を予防する


NSAIDはアルツハイマー病を予防するのかという系統的総説とメタ解析。結果:観察研究では、NSAIDの使用NSAIDs 非使用に比較して、ADの危険性を有意に減少させる (RR, 0.72; 95%CI, 0.62-0.84), 特に長期使用者において(RR, 0.36; 95%CI, 0.17-0.74); ADの危険性は aspirin (RR, 0.77; 95%CI, 0.63-0.95および非―アスピリンNSAID 使用者(RR, 0.65; 95%CI, 0.47-0.88)では非使用者に比較して; しかしcorticosteroidsの使用では有意な関連がない (RR, 0.62; 95%CI, 0.26-1.46). 一重無作為振り分け研究(randomized controlled trial:RCT)では, 認知症のない人の間ではNSAIDAD使用はADには有意な影響はない (p > 0.05).まとめ:観察研究ではNSAIDsh使用はADを予防するが、RCTではそうではない。
J Alzheimers Dis. 2014 Sep 16. [Epub ahead of print]
Anti-Inflammatory Drugs and Risk of Alzheimer's Disease: An Updated Systematic Review and Meta-Analysis.
Wang J1, Tan L2, Wang HF3, Tan CC1, Meng XF1, Wang C1, Tang SW4, Yu JT5.
•1Department of Neurology, Qingdao Municipal Hospital, School of Medicine, Qingdao University, Qingdao, China.
•2Department of Neurology, Qingdao Municipal Hospital, School of Medicine, Qingdao University, Qingdao, China Department of Neurology, Qingdao Municipal Hospital, Nanjing Medical University, Qingdao, China.
•3Department of Neurology, Qingdao Municipal Hospital, Nanjing Medical University, Qingdao, China.
•4Department of Epidemiology and Biostatistics, School of Public Health, Nanjing Medical University, Nanjing, China.
•5Department of Neurology, Qingdao Municipal Hospital, School of Medicine, Qingdao University, Qingdao, China Department of Neurology, Qingdao Municipal Hospital, Nanjing Medical University, Qingdao, China Memory and Aging Center, Department of Neurology, University of California, San Francisco, CA, USA.

 学問レベルではNSAIDにはアルツハイマー病をするようだが、現実的にアルツハイマー病予防目的でNSAIDを内服することは危険であるためしてはならない。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-22 12:00 | アセトアミノフェン、NSAID

抗不安薬はアルツハイマー病の危険因子


症例対照研究。The Quebec 健康保険プログラムデータベース。参加者。 最初に Alzheimer's病と診断された1796人の人を少なくとも6年経過観察し、性別、年齢群、経過観察の期間をマッチさせた 7184人の対照. 両群とも2000年から2009年まで地域の66歳を超える高齢者から無作為に選ぶ。主要な測定方法: multivariable conditional logistic regression によるとAlzheimer's 病とBZD使用の関連は少なくとも診断の5年前からはじまっている. かつてBZDに暴露されたことは最初に考慮され、was first considered and then categorised according to the cumulative dose expressed as 1日で処方された投与量(1-90, 91-180, >180) および薬排泄半減期で表現される累積投与量に従い分類される。結果:BZDをかつて使用したことがあることはAlzheimer's 病の危険性を高める(修正オッズ比 1.51, 95% confidence interval 1.36 to 1.69;不安、抑うつ、および不眠によるさらなる補正はこの結果著しくは変えず: 1.43, 1.28 to 1.60). 累積投与量<91既定の1日用量では関連が見られない. その関連は暴露の密度が強いと増加し、91-180既定の1日用量では(1.32 (1.01 to 1.74) そして>180既定の1日用量では1.84 (1.62 to 2.08)そして短期作用型では (1.43 (1.27 to 1.61) 、長期作用型では1.70 (1.46 to 1.98) ).まとめ:BZDの使用はAlzheimer's病の危険性を高める. 長期使用はその関連を強めることは直接の関連であることを強化する。
BMJ. 2014 Sep 9;349:g5205. doi: 10.1136/bmj.g5205.
Benzodiazepine use and risk of Alzheimer's disease: case-control study.
Billioti de Gage S1, Moride Y2, Ducruet T3, Kurth T4, Verdoux H5, Tournier M5, Pariente A6, Bégaud B6.
·1INSERM, U657-Pharmacoepidemiology, Université de Bordeaux, F-33000 Bordeaux, France sophie.billioti-de-gage@u-bordeaux.fr
·2Research Center, University of Montreal Hospital Center, Montreal, Canada Faculty of Pharmacy, University of Montreal, Montreal, Canada.
·3Research Center, University of Montreal Hospital Center, Montreal, Canada.
·4Inserm Research Center for Epidemiology and Biostatistics, U897-Team Neuroepidemiology, F-33000 Bordeaux, France University of Bordeaux, College of Health Sciences, F-33000 Bordeaux, France.
·5INSERM, U657-Pharmacoepidemiology, Université de Bordeaux, F-33000 Bordeaux, France Centre Hospitalier Charles Perrens, F-33000 Bordeaux, France.
·6INSERM, U657-Pharmacoepidemiology, Université de Bordeaux, F-33000 Bordeaux, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-16 22:47 | 抗不安薬の常用量依存

脊椎麻酔後の頭痛に対する、リリカ、ガバペン、カロナールの効果の比較


脊椎麻酔で待機的な整形外科手術を受け硬膜穿刺後頭痛(post-dural puncture headache:PDPH)に罹患する90人の患者をこの無作為研究に登録。患者を無作為に3群に分ける。. Group A, B およびC は各々Acetaminophen, Gabapentin およびPregabalin (3日間1日3回). VASを用いてPDPHの程度に対する投薬の効果を評価し比較する。結果:頭痛発生の 24, 48 および72 時間後の平均 VAS 点数はpregabalin群の方が他の群よりも有意に低い(すべてに対してP = 0.001) そして頭痛発生の 24, 48 および72 時間後ではGabapentin 群はAcetaminophen群に対して有意に低い (すべての解析P = 0.001). どの群でも副作用はない。
Saudi J Anaesth. 2014 Jul;8(3):374-7. doi: 10.4103/1658-354X.136436.
Comparing the effect of pregabalin, gabapentin, and acetaminophen on post-dural puncture headache.
Mahoori A, Noroozinia H, Hasani E, Saghaleini H.
·Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Imam Khomeini Training Hospital, Urmia University of Medical Sciences, Urmia, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-16 22:43 | その他の疼痛

慢性広範痛症はドライアイの危険因子


方法:人口に基づいた横断研究で20-87歳のTwinsUK コホートからの3824人の女性. アンケートによりドライアイ疾患(dry eye disease:DED)とその危険因子を評価。年齢で補正してBinary logistic r回帰でDEDと危険因子の関連を調べる。結果:9.6%の女性がDEDの診断を受けており人工涙液併用, そして20.8% は過去3か月でDED症状経験. DEDと有意に関連する危険因子は年齢、喘息, 湿疹、すべてのアレルギー、白内障の手術、RA,OA,片頭痛、脳卒中。最も影響が大きいのは抑鬱、骨盤痛、IBSとchronic widespread pain syndrome (all p<0.0005). 対照群と比較してDED症状のある人は 自己認識の健康が有意に低い(p=0.001).
Br J Ophthalmol. 2014 Sep 3. pii: bjophthalmol-2014-305201. doi: 10.1136/bjophthalmol-2014-305201. [Epub ahead of print]
Prevalence and risk factors of dry eye disease in a British female cohort.
Vehof J1, Kozareva D2, Hysi PG2, Hammond CJ3.
·1Department of Twin Research & Genetic Epidemiology, King's College London, St Thomas' Hospital, London, UK Department of Ophthalmology & Epidemiology, University Medical Center Groningen, Groningen, The Netherlands.
·2Department of Twin Research & Genetic Epidemiology, King's College London, St Thomas' Hospital, London, UK.
·3Department of Twin Research & Genetic Epidemiology, King's College London, St Thomas' Hospital, London, UK Department of Ophthalmology, King's College London, St Thomas' Hospital, London, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-16 22:40 | FMの疫学

線維筋痛症に対する鍼の効果:メタ解析


系統的総説:523の研究を調べ9つの研究をメタ解析に選ぶ。(a)鍼と偽鍼の比較ではVASに有意差があるが圧迫疼痛閾値には差がない。 さらに、治療4週後のFIQとthe multidisciplinary pain inventoryには差があるが,7週後では差がない。3, 8 および13週ではnumerical rating scaleに差がない. (b) 鍼と薬の比較. 鍼と灸療法はamitriptyline と比較して20日後には差があり、鍼と灸療法はfluoxetine とamitriptyline に比較して4週間で差がある。鍼をamitriptyline またはfluoxetineと比較すると圧痛点の数に差がある.鍼をamitriptylineと比較すると治療4週で全般的な効果に差はないが, 2群間には治療45日後に差がある。鍼とfluoxetineを比較すると全般的な効果に差があり,鍼を amitriptyline, oryzanol およびvitamin の併用と比較すると治療4週後で差がある. (c),鍼、薬および運動を鍼と運動と比較すると3か月と6か月で圧迫疼痛閾値(PPT )に差がある. 12か月と24か月の外来受診時では2群には差がない。まとめ:FMの治療において、偽鍼と比較すると鍼の効果には十分なエビデンスはない。FMの治療において鍼は薬より優れているというエビデンスがいくらかあるが、それには質が高くない研究や偏りの危険性が高い研究が含まれる。鍼と薬や運動の併用では短期間は疼痛閾値を増加させるがそれを確かめるためには質の高い無作為振り分け研究が必要。
J Tradit Chin Med. 2014 Aug;34(4):381-91.
Efficacy of acupuncture on fibromyalgia syndrome: a meta-analysis.
Yang B, Yi G, Hong W, Bo C, Wang Z, Liu Y, Xue Z, Li Y.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-09 00:35 | FMの非薬物治療
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line