<   2014年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


腰部脊柱管狭窄症に対するリリカの効果


方法:2009年1月から6月まで我々の病院で腰部脊柱管狭窄症と診断された 患者をNSAID単独で治療し対照群を作った (n = 47; 22人の男性, 25人の女性). 我々の病院で2010年8月から2011年10月までNSAIDとpregabalinの併用で治療し pregabalin 群を作る(n = 49; 27人の男性, 22人の女性). 治療の最初の年に脊椎手術を受けた患者の割合を評価し、the Mann-Whitney U testを用いて両群を比較。さらに,患者が脊椎手術を受けた時期をthe Kaplan-Meier法を用いて比較.結果pregabalin群では6人の患者(12.2 %)が、対照群では22 人の患者(46.8 %)が治療の最初の年に脊椎手術を受けた(P = 0.0035). 脊椎手術を受けた人の中で、脊椎手術を受けた時期はpregabalin群の方が対照群よりも有意に遅い(P = 0.0128).
J Orthop Sci. 2014 Oct 22. [Epub ahead of print]
One-year follow-up for the therapeutic efficacy of pregabalin in patients with leg symptoms caused by lumbar spinal stenosis.
Takahashi N1, Arai I, Kayama S, Ichiji K, Fukuda H, Konno SI.
•1Department of Orthopaedic Surgery, Southern Tohoku General Hospital, Fukushima, Japan, naotot211@aol.com.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-26 22:22 | 抗痙攣薬

繊維筋痛症患者の性差



方法:組み合わせ治療プログラムに参加した747 人の女性FMS患者と48人の男性FMS患者が本研究に参加。共分散分析を用いて本研究の計測値の男女差を調べ, P-value が≤0.01であり 少なくとも中等度の効果のサイズ (Cohen's d≥0.5) があれば有意差ありと見なした。結果:男性と女性には年齢(本研究では男性は女性よりも有意に若い)を除いて人口統計学的な測定値には有意差はない。本研究の仮説と一致して、痛みや機能には性差がない。痛みに関連した信条として, 男性は痛みを損害を反映していると見なしやすく,男性は女性よりも活動忌避を痛み対処の方針として使いやすい。まとめ:本研究の所見によると、FMSの男女は痛みに対する考えや対処が少し異なるため、異なる精神社会的な痛み治療が有効かも。
Clin J Pain. 2014 Oct 17. [Epub ahead of print]
Sex Differences in Psychological Response to Pain in Patients with Fibromyalgia Syndrome.
Racine M1, Castarlenas E, de la Vega R, Tomé-Pires C, Solé E, Miró J, Jensen MP, Moulin DE, Nielson WR.
•1*Lawson Health Research Institute, London (Ontario), Canada †Beryl & Richard Ivey Rheumatology Day Programs, St. Joseph's Health Care, London (Ontario), Canada ‡Department of Clinical and Neurological Sciences, Schulich School of Medicine & Dentistry, University of Western Ontario, London (Ontario), Canada §Unit for the Study and Treatment of Pain - ALGOS ∥Research Center for Behavior Assessment (CRAMC), Department of Psychology ¶Institut d'Investigació Sanitària Pere Virgili; Universitat Rovira i Virgili, Catalonia (Spain) #Department of Rehabilitation Medicine, University of Washington, Seattle, WA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-26 22:18 | FMの症状

繊維筋痛症患者の性差



方法:組み合わせ治療プログラムに参加した747 人の女性FMS患者と48人の男性FMS患者が本研究に参加。共分散分析を用いて本研究の計測値の男女差を調べ, P-value が≤0.01であり 少なくとも中等度の効果のサイズ (Cohen's d≥0.5) があれば有意差ありと見なした。結果:男性と女性には年齢(本研究では男性は女性よりも有意に若い)を除いて人口統計学的な測定値には有意差はない。本研究の仮説と一致して、痛みや機能には性差がない。痛みに関連した信条として, 男性は痛みを損害を反映していると見なしやすく,男性は女性よりも活動忌避を痛み対処の方針として使いやすい。まとめ:本研究の所見によると、FMSの男女は痛みに対する考えや対処が少し異なるため、異なる精神社会的な痛み治療が有効かも。
Clin J Pain. 2014 Oct 17. [Epub ahead of print]
Sex Differences in Psychological Response to Pain in Patients with Fibromyalgia Syndrome.
Racine M1, Castarlenas E, de la Vega R, Tomé-Pires C, Solé E, Miró J, Jensen MP, Moulin DE, Nielson WR.
•1*Lawson Health Research Institute, London (Ontario), Canada †Beryl & Richard Ivey Rheumatology Day Programs, St. Joseph's Health Care, London (Ontario), Canada ‡Department of Clinical and Neurological Sciences, Schulich School of Medicine & Dentistry, University of Western Ontario, London (Ontario), Canada §Unit for the Study and Treatment of Pain - ALGOS ∥Research Center for Behavior Assessment (CRAMC), Department of Psychology ¶Institut d'Investigació Sanitària Pere Virgili; Universitat Rovira i Virgili, Catalonia (Spain) #Department of Rehabilitation Medicine, University of Washington, Seattle, WA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-26 22:17 | FMの症状

診断基準の差による線維筋痛症の有病率の差


方法:横断研究。痛み、症状およびリウマチ的な診断を含むアンケートを北東スコットランドの4600人の成人に郵送。CWPのある人又はthe modified 2010基準を満たす人,それに加えてその差の参加者を研究施設に招く。追加的なアンケートを終了しリウマチ的な検査を受けた人をthe ACR 1990, 2010 およびmodified 2010基準により分類. 年齢、性別、居住地により重みづけしたした目標人口での各基準での有病率を計算。結果:アンケートを返送した1604人中269人を招いて104人(39%)が研究施設にやってきて、そのうち32人(31%)はFMの一つ以上の基準を満たした。the 1990, 2010および modified 2010基準を用いたFMの有病率は各々1.7% (95%CI: 0.7-2.8%); 1.2% (0.3-2.1%); および5.4% (4.7-6.1%)。女性/男性の日は各々13.7 to 4.8 and 2.3. まとめ:FMの有病率は基準により異なり、特にthe modified 2010基準は有病率が高く、男性の割合が多くなる。
Arthritis Rheumatol. 2014 Oct 16. doi: 10.1002/art.38905. [Epub ahead of print]
The prevalence of fibromyalgia in the general population - a comparison of the American College of Rheumatology 1990, 2010 and modified 2010 classification criteria.
Jones GT1, Atzeni F, Beasley M, Flüß E, Sarzi-Puttini P, Macfarlane GJ.
•1Musculoskeletal Research Collaboration (Epidemiology Group), Institute of Applied Health Sciences, University of Aberdeen, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-19 17:13 | FMの疫学

CRPSにおける皮膚温の左右差と症状の関連


方法:一側の肢を罹患したCRPS患者を本研究に含めた。Budapest基準に基づいてCRPSを診断した後, the CRPS severity score (CSS) と患肢と非患肢の間の皮膚温の差(ΔT)を各患者で計測。最後に,患者のCSS, ΔTおよびVAS点数の間の相関分析を行う。結果:42人の患者。ΔT とVAS 点数の間には有意な相関はない(Spearman's rho = 0.066, P = 0.677). 同様に、CSS とVAS点数の間には有意な相関はない(Spearman's rho = 0.163, P = 0.303)。まとめ:ΔT およびCSSはCRPS患者における主観的な痛みを反映しないようである.
Korean J Pain. 2014 Oct;27(4):339-44. doi: 10.3344/kjp.2014.27.4.339. Epub 2014 Oct 1.
Do severity score and skin temperature asymmetry correlate with the subjective pain score in the patients with complex regional pain syndrome?
Jeon SG1, Choi EJ2, Lee PB2, Lee YJ3, Kim MS2, Seo JH4, Nahm FS2.
•1Department of Anesthesiology and Pain Medicine, KEPCO Medical Center, Seoul, Korea.
•2Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Seoul National University Bundang Hospital, Seongnam, Korea.
•3Kirin Pain Clinic, Seoul, Korea.
•4Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Seoul National University Hospital, Seoul, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-19 17:10 | 複合性局所疼痛症候群

NSAIDの高山病(高度障害)に対する有効性:系統的総説とメタ解析

NSAIDsの急性高度障害(Acute mountain sickness:AMS)に対する予防効果。系統的総説とメタ解析。NSAIDsの急性高度障害(Acute mountain sickness:AMS)に対する予防効果。系統的総説とメタ解析。少なくとも3800m。結果:3つの臨床研究で349人、the Lake Louise Scoring System (LLSS)によるAMSはNSAIDs使用者の26.92%に起こり、偽薬使用の 43.71%に起こる(OR 0.43; CI [confidence interval] 0.27-0.69, I (2)=0%, p=0.0005), NNT=6.評価項目 Spo2のMinor outcomeは両群で有意ではない (IV=0.74; 95% CI -0.20-1.69, I (2)=81%, p=0.12).同様に,治療前からのSpo2の変化は両群とも有意ではない (IV=0.05; 95% CI -0.28-0.37, I (2)=44%, p=0.78).
J Community Hosp Intern Med Perspect. 2014 Sep 29;4(4). doi: 10.3402/jchimp.v4.24927. eCollection 2014.
Efficacy of NSAIDs for the prevention of acute mountain sickness: a systematic review and meta-analysis.
Pandit A1, Karmacharya P2, Pathak R2, Giri S3, Aryal MR2.
•1Division of Cardiovascular Diseases, Mayo Clinic, Scottsdale, AZ, USA.
•2Department of Internal Medicine, Reading Health System, West Reading, PA, USA.
•3Mountain Medicine Society, Kathmandu, Nepal.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-19 17:03 | その他の疼痛

アセトアミノフェンは胎児の発達障害や注意欠陥・多動性障害の危険因子


自閉症、コミュニケーション能力
 方法:出生前のparacetamol(acetaminophen) 暴露と ASDの関連を調べるために、人口で重み付けをした自閉症の平均有病率とparacetamolの使用率を比較した。早期新生児のparacetamol暴露とautism/ASDの関連を調べるために, 人口で重み付けをした利用可能な全ての国とアメリカの州の男性の自閉症の平均有病率を男性の割礼率と比較した--1990年代半ばからは割礼中にはparacetamolが広く用いられるようになった.アメリカのCenters for Disease Control and Prevention のAutism/ASD有病率研究のまとめのデータベースから有病率を抽出。母親のMaternal paracetamol 使用率と割礼率はPubMedにより調べた。結果:1984年から2005年までの国レベルのデータ(n = 8)を用いると, 出生前のparacetamol使用は 自閉症/自閉症スペクトラム障害(autism/ASD)の有病率に関連する (r = 0.80)。国レベルの (n = 9)男性の autism/ASDの有病率と国の割礼の割合には強い関連がある (r = 0.98)。同様の強いパターンがアメリカの州の間やアメリカの3つの主な人種/民族群を比較した際にも見られる。男性におけるautism/ASDの有病率とparacetamolの国レベルの関連は割礼中に薬が広く用いられるようになった 1995年以前はかなり弱くなる。
Bauer AZ, Kriebel D: Prenatal and perinatal analgesic exposure and autism: an ecological link. Environ Health. 12: 41, 2013.

 方法:1999年と2008年の間のノルウェーの全妊娠女性を前向きNorwegian Mother and Child Cohort Studyに含める。母親はparacetamol を使用したかどうかを妊娠17週と30週および分娩後6か月で報告するように依頼された。2011年5月までに3年間の経過観察をした母親の子供48 631人のデータを用いた。家族や遺伝的な要因で補正した2919人の同性の兄弟のペアのデータを用いた。熱性疾患, 感染症および妊娠中の併用薬を含む多くの要因で補正して一般化線形回帰を用いて、胎児期にparacetamolに暴露されたことに基づいて精神運動発達(コミュニケーション, 微細なおよび粗大な運動発達),外面化および内面化行動問題, および気質 (情動性, 活動性, 社交性および内気)のモデルを作る。結果:兄弟を対象にした解析によると28日を超えて胎児期に paracetamol に暴露された子供は3歳時での粗大運動の発達 [β 0.24, 95% confidence interval (CI) 0.12-0.51], コミニュケーション (β 0.20, 95% CI 0.01-0.39), 外面化行動 (β 0.28, 95% CI 0.15-0.42), 内面化行動(β 0.14, 95% CI 0.01-0.28), および高い活動レベル (β 0.24, 95% CI 0.11-0.38)が悪い。胎児期に短期間(1-27日)paracetamolにさらされた子供も粗大運動の結果が悪いが(β 0.10, 95% CI 0.02-0.19), その影響は長期使用よりも少ない。Ibuprofenへの暴露は神経発達の結果には関連せず。まとめ:妊娠中にparacetamolの長期間暴露された子供は3歳時での発達がかなり悪い。
Brandlistuen RE, Ystrom E, Nulman I, Koren G, Nordeng H: Prenatal paracetamol exposure and child neurodevelopment: a sibling-controlled cohort study. Int J Epidemiol. 42: 1702-1713, 2013.
 ビタミンD欠乏の妊婦や幼児において酸化ストレスが自閉症スペクトラム障害を引き起こし、アセトアミノフェンが酸化ストレスを引き起こすという説。
Cannell JJ: Paracetamol, oxidative stress, vitamin D and autism spectrum disorders.
Int J Epidemiol. 2014 Jun;43(3):974-5.
注意欠陥/多動性障害(ADHD)
 1996年から2002年までthe Danish National Birth Cohortに登録された64 322人の生誕した子供と母親. 妊娠中のAcetaminophen使用は前向きで3つのコンピューター支援インタビューで妊娠中と出生後6か月で評価。以下の情報を用いた(1) the Strengths and Difficulties Questionnaireを用いて7歳時での問題行動に関する親の報告; (2)2011年以前のthe Danish National Hospital Registry 又はthe Danish Psychiatric Central Registryからの多動障害(hyperkinetic disorders:HKDs)の診断を検索する; そして(3) the Danish Prescription Registryからの子供のADHD処方(主にリタリン)を確認する. 親がacetaminophen に暴露された子供におけるHKDの診断を受けるあるいは ADHDの投薬を受けるhazard ratiosを計算。結果:妊娠中に半数以上の母親がacetaminophenを使用と報告。妊娠中に母親がacetaminophenを使用していた子供は病院でHKDの診断を受ける危険性が高く (hazard ratio = 1.37; 95% CI, 1.19-1.59), ADHDの投薬を受ける危険性が高く (hazard ratio = 1.29; 95% CI, 1.15-1.44), または7歳時にADHD様の行動をとる危険性が高い(risk ratio = 1.13; 95% CI, 1.01-1.27).妊娠中の一つのtrimesterを超える使用では強い関連が認められ,そして妊娠中のacetaminophen使用の頻度が増えるにつれ暴露への反応が見られる (例えばHKDの診断, ADHDの薬の使用, およびADHD様の行動; P trend < .001)。結果は母親の炎症, 妊娠中の感染, 母親の精神的な健康障害あるいは我々が評価した可能性のある交絡因子には影響されないようだ。
Liew Z, Ritz B, Rebordosa C, Lee PC, Olsen J: Acetaminophen Use During Pregnancy, Behavioral Problems, and Hyperkinetic Disorders. JAMA Pediatr. 168: 313-320, 2014.

方法:参加者は the Auckland Birthweight Collaborative Studyのメンバーであり,在胎期間に比べて不釣り合いに小さいEuropean 系統の871人の0歳児の縦断研究7歳時の親の報告と11歳時の親と子供の報告で測定した行動上の困難さおよびADHD 症状と関連して、使用した妊娠中の薬 (acetaminophen, aspirin, 制酸剤、および抗生物質) を解析. 解析は、出生時体重、社会経済的状態、出産前に母親が認知したストレスを含むmultiple covariates を含む。結果:Acetaminophenは研究対象の母親の49.8%が妊娠中に使用。 もしacetaminophenを妊娠中に使用すると、総困難点数は有意に高い(7歳時の親の報告と11歳時の子供の報告のStrengths and Difficulty Questionnaire)が, 他のいかなる薬とも有意な関連はない. 妊娠中にacetaminophenを使用した母親の子供も7歳時と11歳時のADHDの危険性が高まる (Conners' Parent Rating Scale-Revised).まとめ:妊娠中のacetaminophen投与はADHD様の行動の危険性を増加させる。
PLoS One. 2014 Sep 24;9(9):e108210. doi: 10.1371/journal.pone.0108210. eCollection 2014.
Associations between Acetaminophen Use during Pregnancy and ADHD Symptoms Measured at Ages 7 and 11 Years.
Thompson JM1, Waldie KE2, Wall CR3, Murphy R4, Mitchell EA1; the ABC study group.
•1Department of Paediatrics, The University of Auckland, Auckland, New Zealand.
•2School of Psychology, The University of Auckland, Auckland, New Zealand.
•3Discipline of Nutrition, The University of Auckland, Auckland, New Zealand.
•4Department of Medicine, The University of Auckland, Auckland New Zealand.

 妊娠中にアセトアミノフェンを飲む妊婦はそうでない妊婦よりも不健康なのであることが原因で胎児が発達障害やADHDになりやすいという考えは正しくありません。そのような要因は排除された論文です。特にBrandlistuenらの報告は同一の母親から生まれた兄弟間での比較です。アセトアミノフェンの妊婦への危険性を認めざるを得ません。
代替薬がないため深刻な問題です。アセトアミノフェン(カロナール)は解熱薬と使用される場合と鎮痛薬として使用される場合があります。私は痛みを専門にしています。後者の使用の場合について話をします。アセトアミノフェン(カロナール)は侵害受容性疼痛の治療薬です。通常神経障害性疼痛には無効です。神経障害性疼痛の場合には、私であればノイロトロピンをまず使用します。ノイロトロピンには妊婦に対する安全性は確認されていません。もしかしたら将来、妊婦に有害であることは判明するかもしれません。しかし、妊娠中にもかかわらず痛みが強く薬が必要であり、その痛みが神経障害性疼痛と推定される場合には、やむを得ません、ノイロトロピンを使用します。他に安全な薬がないからです。もちろん胎児に対する安全性が確立していないことを説明する必要があります。
 神経障害性疼痛あるいは侵害受容性疼痛かどうか不明な場合もあります。その場合には数日投与したら必ず効果判定をしてください。有効か無効か不明なまま漫然と使用することは危険です。数日投与しても痛みが軽減しない場合には必ず中止してください。妊婦に安全な薬なので安心して飲んでもよいとはならない薬です。
 2014年10月の時点では日本の産婦人科医の多くはこの問題を知らないあるいは知らない振りをしています。個人的に集めた情報では、妊婦にアセトアミノフェンの危険性を説明している産婦人科医はほとんどいません。妊婦は自分の身は自分で守る必要があります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-19 16:59 | アセトアミノフェン、NSAID

むずむず脚症候群の治療戦略


単純な10-item RLS severity rating scale (IRLS)を用いたRLSの程度を確立すべき. 二次的な原因を除外すべき、特に鉄のレベルが正常であることを確認すべき。軽症例は生活スタイルの変更で対処可能だが、IRLS点数が15を超える患者では薬物治療が必要になる. Dopaminergic治療は薬物治療の中心であり, 最近のエビデンスによるとオピオイドは特に有効かも。この論文はRLSにおける異なる治療方針に焦点をあて、それに関連した合併症と対処方法を述べる。
Clin Med. 2014 Oct;14(5):520-4. doi: 10.7861/clinmedicine.14-5-520.
A review of current treatment strategies for restless legs syndrome (Willis-Ekbom disease).
Klingelhoefer L1, Cova I2, Gupta S2, Chaudhuri KR2.
•1National Parkinson Foundation International Centre of Excellence, King's College Hospital and King's College, London, UK and resident, Department of Neurology, Technical University Dresden, Dresden, Germany lisa.klingelhoefer@nhs.net
•2National Parkinson Foundation International Centre of Excellence, King's College Hospital and King's College, London, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-13 11:24 | むずむず脚症候群

リリカによる自殺念慮


クリニックでプレガバリンを開始した最初の約50人の患者の中で気分や抑うつの変化、自殺念慮を抱いた5人の患者の症例をまとめる。これらの患者は抑うつの既往があったが、プレガバリン開始前は気分は安定していた。気分の変化、抑うつand/or 自殺念慮の発生の報告を聞いた直後、それらの症状はプレガバリンの減量又は中止により改善。最終的には, 5人全員でプレガバリンを中止。自殺念慮はプレガバリンの認知された副作用。患者は気分の悪化を警告されモニターされるべき。
Aust Fam Physician. 2014 Oct;43(10):705-708.
Changes in mood, depression and suicidal ideation after commencing pregabalin for neuropathic pain.
Hall TD1, Shah S, Ng B, Feberwee HM, Dotchin L, Vandermost M, King MA.
•1BPharm (Hons), Adv Dipl Clin Pharm Teaching, Postgrad DipMedSci (Palliative Care), Pharmacist Advanced, GCIPPC, Gold Coast Hospital and Health Service, Robina, QLD, and Senior Lecturer, School of Pharmacy, Griffith University, Southport, QLD.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-13 11:09 | 抗痙攣薬

線維筋痛症に対するトレドミンの有効性と脳への影響


92人のFM患者がミルナシプランの12週間の二重盲検、偽薬対照、臨床試験に参加。治療前後で、fMRIを用いて脳の痛み処理を計測。圧迫疼痛の刺激に対する反応の評価、毎週の痛みの評価、およびFMの程度も測定。治療後ミルナシプラン反応者は偽薬反応者に比べて、後帯状束に有意に高い活性。milnacipran反応者はmilnacipran非反応者に比べて活性が増加しているため、milnacipranへの暴露のみでは我々の所見を説明できない。刺激に対する反応の評価はmilnacipran-反応者の特異的な抗痛覚過敏効果を説明する, 抗痛覚過敏効果は臨床的な痛みの軽減の後帯状束の活性の増加に関連する.痛みの期間が短いことはミルナシプランの反応がよいことを予測する。後帯状束に反映されたmilnacipranと偽薬治療に対する良好な反応の神経の分離された機序を報告する。後帯状束における痛みに誘発された活性の増加は 変化したデフォルトモードネットワーク処理の正常化を反映しているのかもしれない; そして 変化はFMの病因を暗示しているのかも。
J Pain. 2014 Oct 2. pii: S1526-5900(14)00938-9. doi: 10.1016/j.jpain.2014.09.011. [Epub ahead of print]
Segregating the cerebral mechanisms of antidepressants and placebo in fibromyalgia.
Jensen KB1, Petzke F2, Carville S3, Choy E4, Fransson P5, Gracely RH6, Vitton O7, Marcus H8, Williams SC9, Ingvar M10, Kosek E10.
•1Dpt of Psychiatry, Massachusetts General Hospital, Harvard Medical School, Boston, USA; Athinoula A. Martinos Center for Biomedical Imaging, Boston, USA. Electronic address: karinj@nmr.mgh.harvard.edu
•2Center for Anesthesiology, Emergency and Intensive Care Medicine, University Hospital, Göttingen, Germany.
•3National Clinical Guideline Centre, Royal College of Physicians, London, UK.
•4Cardiff University, School of Medicine, Cardiff, UK.
•5Dpt Clinical Neuroscience, Karolinska Institutet, Stockholm Sweden.
•6Center for Neurosensory Disorders, University of North Carolina, Chapel Hill, USA.
•7Pierre Fabre, Boulogne, France.
•8Dpt of Anesthesiology and Postop. Intensive Care Medicine, University of Cologne, Germany.
•9Centre for Neuroimaging Science, Institute of Psychiatry, King's College, London, UK.
•10Dpt Clinical Neuroscience, Karolinska Institutet, Stockholm Sweden; Osher Center for Integrative Medicine, Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-13 11:06 | FMの薬物治療各論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line