<   2014年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


ライ病におけるむずむず脚症候群の有病率


方法:ライ病と診断された143人。RLSの診断とその程度の評価はInternational Restless Legs Syndrome Study Groupが記載した基準を用いた. RLSと診断された人は全員The Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)で評価。結果:143人中56 (39.16%)人がRLS. Pittsburgh Sleep Quality Index global scoreの平均は高く (16.55), その値は特にType-2 lepra 反応を示す患者 (17.8) や純粋な神経炎leprosy (15.93)で高かった.
Lepr Rev. 2014 Sep;85(3):218-23.
Prevalence of restless legs syndrome among leprosy patients: a hospital based study.
Padhi T, Pradhan S.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-23 13:04 | むずむず脚症候群

慢性疲労症候群に対するヨガの効果


方法:少なくとも6か月間通常の治療をしても満足な改善のない30人のCFS患者。患者を無作為に2群に分け、約2か月間、通常薬物治療群(対照群, n = 15) 又は通常薬物治療に週2回の等尺性のヨガを併用した治療を、ヨガインストラクターによる各20分間の訓練と自宅での訓練 (ヨガ群, n = 15). 等尺性のヨガの疲労に対する短期間の効果を、インストラクターによる最後の20分間の訓練の直前と後でthe Profile of Mood Status (POMS) アンケートにより評価。両群において治療の前後に等尺性のヨガの疲労に対する長期効果をthe Chalder's Fatigue Scale (FS)アンケートにより評価。副作用と主観症状の変化をヨガ群の患者で記録。結果:全員が治療を終了. 平均POMS 疲労点数はヨガの後有意に減少(21.9 ± 7.7 から13.8 ± 6.7, P < 0.001). The Chalder's FS 点数はヨガ群では有意に減少するが(25.9 ± 6.1から 19.2 ± 7.5, P = 0.002), 対照群ではそうではない. 疲労の改善に加えて, ヨガ群のCFSとFMを合併した2人では痛みも改善。さらに,多くの人が等尺性のヨガ後に体が温かく軽くなると報告.ヨガ群には重篤な副作用はないが、2人の患者ではインストラクターによる最初のヨガの後だるさとめまいを訴える。
Biopsychosoc Med. 2014 Dec 11;8(1):27. doi: 10.1186/s13030-014-0027-8. eCollection 2014.
Isometric yoga improves the fatigue and pain of patients with chronic fatigue syndrome who are resistant to conventional therapy: a randomized, controlled trial.
Oka T1, Tanahashi T1, Chijiwa T1, Lkhagvasuren B1, Sudo N1, Oka K2.
•1Department of Psychosomatic Medicine, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, 812-8582 Japan.
•2Department of Pediatrics and Child Health, School of Medicine, Kurume University, Asahi-machi 67, Kurume, 830-0011 Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-23 13:00 | 慢性疲労症候群

非癌性慢性痛に対するオピオイドの効果:系統的総説とメタ解析


慢性非癌性疼痛(chronic noncancer pain:CNCP) に対する6か月以上の長期間のオピオイド治療(long-term opioid therapy:LtOT)は議論の的。CNCPに対するオピオイドの長期間のRCTsの系統的総説。2週間以上のRCTsの後の26週間以上の非盲検延長研究を含む。random effects modelを用いて, pooled estimates of event rates for categorical data and standardized mean differences (SMD) for continuous variables were calculated.結果:侵害受容性疼痛(腰痛, OA)および神経障害性疼痛(radicular, polyneuropathy)の2445人による11の非盲検延長研究。研究期間の中央値は26 (範囲26-108)週. 4つのテストはoxycodoneを使用, 2つの研究はtramadolを使用し、 buprenorphine; hydromorphone, morphine, oxymorphoneおよびtapentadol は1つずつの研究。当初無作為に振り分けた患者のうち, 28.5 % (95 % confidence interval, CI, 17.9-39.2 %) の患者が非盲検試験を終了; 非盲検研究に入った患者の53.5 % (95 % CI 38.1-68.2 %)が非盲検研究を終了。合計では, 最初にRCTに入った全患者の71.5 % (95 % CI 60.9-83.1 %) が脱落。脱落した全患者の4.9 % (95 % CI 2.9-8.2 %) は効果の欠如による; 非盲検期間に脱落した患者の16.8 % (95 % CI 11.0-24.8 %) は副作用(adverse events:AE)により非盲検期間に0.08 % (95 % CI 0.001-0.05 %) の患者が死亡. 一つの研究のみが系統的に患者の異常な薬物行動を評価している: 観察者の意見により5.7 % (95 % CI 3.4-9.6 %)は異常な薬物行動を示し、独立した専門家の評価により2.6 % (95 % CI 1.2-5.8 %)は異常な薬物行動を示すと評価された. 無作為振り分け機関の終了時と非盲検期間の終了時では痛みの強さには有意な変化はない (p = 0.50) (SMD 0.19 [- 0.03, 0.41]; 6つの研究1360人)。まとめ:非盲検期間でも鎮痛効果が持続することが示された。
Schmerz. 2014 Dec 13. [Epub ahead of print]
[Long-term opioid therapy in chronic noncancer pain : A systematic review and meta-analysis of efficacy, tolerability and safety in open-label extension trials with study duration of at least 26 weeks.]
[Article in German]
Häuser W1, Bernardy K, Maier C.
•1Innere Medizin I, Klinikum Saarbrücken gGmbH, Winterberg 1, 66119, Saarbrücken, Deutschland, whaeuser@klinikum-saarbruecken.de.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-23 12:56 | その他の疼痛

CRPS治療による脳の変化


23人の患者(13人は女性, 9 人は男性;平均年齢 ± SD = 13.3 ± 2.5 歳)および年齢性別をマッチさせた21人の健常対照群がMRIを受けた。対照群と比較して、患者は一次運動野、前運動皮質, 補足運動野, midcingulate皮質, 眼窩前頭皮質, 背外側前頭前皮質(dorsolateral prefrontal cortex:dlPFC), 後帯状皮質, 楔前部, 大脳基底核, 視床および海馬の灰白質(Gray matter: GM)が減少. 治療後, 患者はthe dlPFC, 視床, 大脳基底核, へんとう(体),および海馬のGMが増加し, dlPFC と中脳水道周囲灰白質の間の機能的結合(functional connectivity:FC) が増強する、二つの部位は下降性疼痛調節を含む.その結果, 我々の結果は子供のCRPSにおいて感覚、運動、情動、認知および痛み調節部位のGMに異常があるという、新しいエビデンスを提供する.さらに, これが急速な治療が誘発した、感覚、情動、および痛み調節の部位のGM とFC の変化を示した初めての研究.
Brain Struct Funct. 2014 Dec 17. [Epub ahead of print]
Rapid treatment-induced brain changes in pediatric CRPS.1請求
Erpelding N1, Simons L, Lebel A, Serrano P, Pielech M, Prabhu S, Becerra L, Borsook D.
•1P.A.I.N. Group, Boston Children's Hospital, Center for Pain and the Brain, 9 Hope Avenue, Waltham, MA, 02453, USA, nathalie.erpelding@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-23 12:45 | 複合性局所疼痛症候群

NSAIDによる小腸潰瘍


方法:我々の前向き研究で,消化性潰瘍による上部胃腸出血の高齢者60人(症例) とマッチさせた非出血性の消化性潰瘍患者60人(対照) が、大腸内視鏡で異常がないことを確認後(我々の施設でcompulsory)、小腸カプセル内視鏡を受けた. 対照は非出血性の適用を評価された。慢性炎症診断例と疑い例、および腸を障害する可能性のある薬内服者は除外。カプセル内視鏡の際, 小腸潰瘍病変を数えてGraham分類に基づき分類。その他の小腸病変も記録。消化性潰瘍出血は可能であれば内視鏡的に止血し、PPIを症例群と対照群で開始し、Helicobacter pyloriが存在すれば除菌. 症例群と対照群は1年間経過観察。出血が再発した場合には、上部胃腸内視鏡を繰り返し、それで異常が見つからなければ、大腸内視鏡やカプセル内視鏡を再度行う。結果:40人(67%)の症例と18人 (30%) の対照が小腸の糜爛であり(P = 0.0001), 一方、 22人 (37%)の症例と 4人 (8%)の対照が小腸の潰瘍 (P < 0.0001). NSAID使用者の中で, 39人 (95%) の症例と17人 (33%)の対照が小腸の糜爛 (P < 0.0001)で, 22人 (55%)の症例と4人 (10%) の対照が小腸の潰瘍 (P < 0.0001). 小腸の潰瘍病変はNSAIDs使用者でない者に少ない。小腸潰瘍病変のある症例の平均 entry hemoglobin は9.3 (SD = 1.4) g/dLであり、小腸潰瘍病変のない症例では10.5 (SD = 1.3) g/dL (P = 0.002). 小腸潰瘍のある症例では赤血球の単位をより多く必要。入院中に, 小腸潰瘍のある6 人(27%)の症例は出血の再発があり、その大部分は小腸潰瘍が寄与するが、30日間の死亡率はゼロ。ロジスティック回帰解析では、慢性閉塞性肺疾患と糖尿病が説明不能の出血の再発に関連し, 小腸潰瘍がないことが防御的 (relative risk 0.13, P = 0.05).
World J Gastrointest Endosc. 2014 Dec 16;6(12):612-9. doi: 10.4253/wjge.v6.i12.612.
Small bowel ulcerative lesions are common in elderly NSAIDs users with peptic ulcer bleeding.
Tsibouris P1, Kalantzis C1, Apostolopoulos P1, Zalonis A1, Isaacs PE1, Hendrickse M1, Alexandrakis G1.
•1Panagiotis Tsibouris, Chissostomos Kalantzis, Periklis Apostolopoulos, Antonios Zalonis, Georgios Alexandrakis, Department of Gastroenterology, NIMTS General Hospital, 11521 Athens, Greece.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-23 12:38 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDによる小腸潰瘍


方法:我々の前向き研究で,消化性潰瘍による上部胃腸出血の高齢者60人(症例) とマッチさせた非出血性の消化性潰瘍患者60人(対照) が、大腸内視鏡で異常がないことを確認後(我々の施設でcompulsory)、小腸カプセル内視鏡を受けた. 対照は非出血性の適用を評価された。慢性炎症診断例と疑い例、および腸を障害する可能性のある薬内服者は除外。カプセル内視鏡の際, 小腸潰瘍病変を数えてGraham分類に基づき分類。その他の小腸病変も記録。消化性潰瘍出血は可能であれば内視鏡的に止血し、PPIを症例群と対照群で開始し、Helicobacter pyloriが存在すれば除菌. 症例群と対照群は1年間経過観察。出血が再発した場合には、上部胃腸内視鏡を繰り返し、それで異常が見つからなければ、大腸内視鏡やカプセル内視鏡を再度行う。結果:40人(67%)の症例と18人 (30%) の対照が小腸の糜爛であり(P = 0.0001), 一方、 22人 (37%)の症例と 4人 (8%)の対照が小腸の潰瘍 (P < 0.0001). NSAID使用者の中で, 39人 (95%) の症例と17人 (33%)の対照が小腸の糜爛 (P < 0.0001)で, 22人 (55%)の症例と4人 (10%) の対照が小腸の潰瘍 (P < 0.0001). 小腸の潰瘍病変はNSAIDs使用者でない者に少ない。小腸潰瘍病変のある症例の平均 entry hemoglobin は9.3 (SD = 1.4) g/dLであり、小腸潰瘍病変のない症例では10.5 (SD = 1.3) g/dL (P = 0.002). 小腸潰瘍のある症例では赤血球の単位をより多く必要。入院中に, 小腸潰瘍のある6 人(27%)の症例は出血の再発があり、その大部分は小腸潰瘍が寄与するが、30日間の死亡率はゼロ。ロジスティック回帰解析では、慢性閉塞性肺疾患と糖尿病が説明不能の出血の再発に関連し, 小腸潰瘍がないことが防御的 (relative risk 0.13, P = 0.05).
World J Gastrointest Endosc. 2014 Dec 16;6(12):612-9. doi: 10.4253/wjge.v6.i12.612.
Small bowel ulcerative lesions are common in elderly NSAIDs users with peptic ulcer bleeding.
Tsibouris P1, Kalantzis C1, Apostolopoulos P1, Zalonis A1, Isaacs PE1, Hendrickse M1, Alexandrakis G1.
•1Panagiotis Tsibouris, Chissostomos Kalantzis, Periklis Apostolopoulos, Antonios Zalonis, Georgios Alexandrakis, Department of Gastroenterology, NIMTS General Hospital, 11521 Athens, Greece.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-23 12:38 | アセトアミノフェン、NSAID

橈骨遠位端骨折におけるCRPS発症予防におけるビタミンCの効果のメタ解析


橈骨遠位端骨折におけるCRPS発症予防におけるビタミンCの効果のメタ解析。結果:データベースから220の論文を見つける. 重なった論文、関係のない論文、letter to editor や総説を除くと4つの論文が主題に関連。CRPS発生のメタ解析によると CRPSの発生は vitamin C 群では有意に低い[RD 0.41 (0.19-0.92), P = 0.03]. 研究の異質性は中等度から強度I 2 = 63 %).
Eur J Orthop Surg Traumatol. 2014 Dec 9. [Epub ahead of print]
Role of vitamin C in prevention of complex regional pain syndrome after distal radius fractures: a meta-analysis.
Meena S1, Sharma P, Gangary SK, Chowdhury B.
•1Department of Orthopaedics, All India Institute of Medical Sciences, Ansari Nagar, New Delhi, 110029, India, sanjaymeena@hotmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-17 20:30 | 複合性局所疼痛症候群

片頭痛に対する鍼の効果


片頭痛者 (n = 60)をDelhiのGuru Tegh Bahadur Hospitalの the Psychiatry and Neurology OPDから集める。書類で同意を得た後, 片頭痛者を無作為に2群に分ける--Group Aは30日間で10回選択した鍼部位に電気鍼を行い, 同じ期間Group Dは経口flunarizine 20 mg OD とparacetamol 500 mg SOSという通常の薬物治療を行う. 患者は治療前と治療プログラム終了時(30日)の2回評価を受ける。生活の質はWHOQOL BREF (WHO Quality of Life Biomedical Research and Education Foundation) アンケートで評価を受け、障害はMIDAS (Migraine Disability Assessment) アンケートで評価を受ける. repeated measure's ANOVA with Tukey's testにより統計解析を行う。片頭痛者は生活に質が低く、障害点数が高いが、治療後には両群とも評価を行った二つの指標は改善。しかし、鍼群は薬群に比べると反応が優れており、その結果より有効(P = 0.005 to 0.000). 片頭痛者において、鍼治療は通常の薬物治療に比べて痛みを軽減するのみではなく精神症状を改善する点で優れた治療であると結論。
Indian J Physiol Pharmacol. 2014 Jan-Mar;58(1):69-76.
Comparison of effectiveness of acupuncture therapy and conventional drug therapy on psychological profile of migraine patients.
Vijayalakshmi I, Shankar N, Saxena A, Bhatia MS.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-17 20:28 | 頭痛

抗不安薬による骨折

 
事例交叉(case-crossover:CCO) デザインと自己対照症例シリーズ(self-controlled case-series:SCCS)デザインを用いて韓国の成人におけるBZDと骨折の関連を調べる。それらのデザインは個人の特徴のような交絡因子の偏りを制御できる。骨折患者は救急外来又は整形外科をICD-10の骨折の診断コードで受診した患者と定義。交通事故と脳卒中が原因の骨折は除外。CCOデザインは条件付きロジスティック回帰モデルを用いてオッズ比(odds ratio:OR)を示し、SCCSデザインは条件付きPoisson回帰モデルを用いて罹患率比(incidence rate ratio:IRR) を示す。骨折に影響する併用薬で補正。感度解析と年齢(高齢者vs. 非高齢者), 活性機序(短期作用型vs. 長期作用型), および処方期間(短期使用者vs. 長期使用者)によるサブグループ解析を行う。全BZD処方の補正したOR (AOR)は対照期間 I (症例の90日前)では 1.39 (95% CI = 1.25 - 1.54). その他の対照期間の補正したORも同様の傾向。新しいBZD使用の最初の4週間, 4 – 8週, 8 – 12週, および12 - 16 週の補正した(adjusted IRRs:AIRR) は各々1.46 (95% CI = 1.28 - 1.66), 1.23 (95% CI = 1.01 - 1.49), 1.09 (95% CI = 0.86 - 1.37), および1.38 (95% CI = 1.07 - 1.77). 年齢群、活性機序、又は処方期間にかかわらず、骨折の危険性は症例機関の方が対照期間よりも高い。高齢者でも非高齢者でも、BZDを処方された人の方がBZDを処方されていない人よりも骨折の危険性が高い。
Int J Clin Pharmacol Ther. 2014 Dec 5. [Epub ahead of print]
Association of fracture risk with benzodiazepine among adults in South Korea.
Hwang JS, Oh SH, Oh KS, Lee KU, Woo JM, Lee BC, Park E, Kwak SJ, Kwon JW.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-17 20:21 | 抗不安薬の常用量依存

透析患者のむずむず脚症候群


横断研究デザインで, イランのRasool-Akram hospitalの透析センターからの163人の慢性腎不全患者を登録。人口動態的、臨床的、および検査データを記録。4つのInternational Restless Legs Syndrome Group (IRLSSG) 診断基準と症状の程度スケールに基づきRLSの存在と程度を調べた。SPSS 統計ソフトウェア―(Version 16.0)を用いてRLSを合併した患者と合併しない患者を比較。61人の患者 (37.4 %)がRLS. RLS群の平均年齢の方が(65.2 ± 9.3 歳) RLS-陰性群(59.0 ± 14.7歳; P = 0.004)より有意に高い. 血清クレアチニンレベルはRLS群の方が有意に高い (7.6 ± 2.1 mg/dl vs. 6.7 ± 1.8 mg/dl; P = 0.009). RLS患者のGlomerular filtration rate(GFR)は他の患者よりも低い (9.2 ± 3.1 ccs/min vs. 11.6 ± 4.8 ccs/min; P = 0.0001). RLS患者は睡眠時間が短く, 不眠、日中の眠気、鎮静―睡眠薬の使用が多くなる(P < 0.05). 腎不全の原因、1週間あたりの透析の頻度、透析のdose、透析の期間、腎移植、糖尿病や高血圧の既往の点ではRLS陽性患者と陰性患者で有意差はない。透析患者はRLSの有病率が高い.
Neurol Sci. 2014 Dec 5. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in hemodialysis patients in Iran.
Rohani M1, Aghaei M, Jenabi A, Yazdanfar S, Mousavi D, Miri S.
•1Department of Neurology, Iran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-17 20:18 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line