<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


抗うつ薬による自殺


コホート研究。the QResearch databaseのUK general practices contributing dataに登録された患者。2000年1月1日から2011年7月31日までに初めて抑うつと診断され2012年8月1日まで経過を観察した20-64歳の238 963人。 暴露:抗うつ薬の種類(TCAおよびそれに関連した抗うつ薬, SSRI,その他の抗うつ薬), 投与量, 使用期間, および一般的に個人の処方されている抗うつ薬。Cox proportional ハザードモデルを用いて、可能性のある交絡因子で補正して、ハザード比を計算。経過観察中の自殺、自殺企図、又は自傷。結果:経過観察中、コホートの 87.7% (n=209 476)は一つ以上の抗うつ薬を処方。治療期間の中央値は221 日(四分位範囲79-590日). 最初の5年間の経過観察の間で、198例が自殺し、5243例が自殺企図又は自傷。TCAおよびその関連抗うつ薬の治療期間の自殺率をSSRIと比較すると有意差はない (補正ハザード比0.84, 95%信頼区間0.47―1.50), しかし治療期間中のその他の抗うつ薬の自殺率は有意に高い(2.64, 1.74 to 3.99). mirtazapineの自殺率のハザード比はcitalopramより有意に高い (3.70, 2.00 to 6.84). 1年間の自殺率の絶対的な危険性はamitriptyline の0.02%からmirtazapineの0.19%。TCAの自殺企図又は自傷の率 (0.96, 0.87 to 1.08)はSSRIに比べると有意差はないが, その他の抗うつ薬の自殺企図又は自傷の率は有意に高い (1.80, 1.61 to 2.00). 最も多く処方されている3つの薬の自殺企図又は自傷の補正したハザード比はcitalopramに比べて有意に高い: venlafaxine (1.85, 1.61 to 2.13), trazodone (1.73, 1.26 to 2.37), およびmirtazapine (1.70, 1.44 to 2.02),そして amitriptylineは有意に低い (0.71, 0.59 to 0.85). 1年間の自殺企図又は自傷の絶対的な危険性はamitriptyline の1.02%からvenlafaxineの2.96%. 率は処方開始後最初の28日が最も高く、治療終了後の最初の28日まで増加が維持。まとめ: Mirtazapine, venlafaxine, およびtrazodoneは自殺、自殺企図、自傷の率が最も高いが、自殺はまれであるため不適切な評価の可能性。適用の偏りの可能性。
BMJ. 2015 Feb 18;350:h517. doi: 10.1136/bmj.h517.
Antidepressant use and risk of suicide and attempted suicide or self harm in people aged 20 to 64: cohort study using a primary care database.
Coupland C1, Hill T2, Morriss R3, Arthur A4, Moore M5, Hippisley-Cox J2.
•1Division of Primary Care, School of Medicine, University of Nottingham, University Park, Nottingham NG7 2RD, UK carol.coupland@nottingham.ac.uk.
•2Division of Primary Care, School of Medicine, University of Nottingham, University Park, Nottingham NG7 2RD, UK.
•3Institute of Mental Health, Jubilee Campus, Nottingham, UK.
•4School of Health Sciences, Faculty of Medicine and Health Sciences, University of East Anglia, Norwich, UK.
•5University of Southampton Medical School, Primary Care and Population Sciences, Aldermoor Health Centre, Southampton, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-26 22:46 | 抗うつ薬

NSAIDは乳癌診断後の生存を延長するというメタ解析


2014年9月まで。メタ解析を行いハザード比(hazard ratios:HRs) と95 % 信頼区間(confidence intervals:CIs) を計測. NSAID 使用の時期(診断の前後), 薬のタイプ (aspirinおよびその他の非アスピリンNSAIDs), および研究デザイン(コホート研究と症例対照研究)に基づきサブグループ解析を行う.結果:16の有用な研究。乳がん診断後のNSAID使用は有意に再発/転移と逆相関 (HR 0.69, 95 % CI 0.59-0.80) そして有意ではないがすべての原因の死亡率を予防する傾向(HR 0.79, 95 % CI 0.61-1.02). コホート研究においては,診断後のNSAIDs使用と乳癌生存の関連はwas stronger with reduced heterogeneity (乳癌特異的死亡: HR 0.65, 95 % CI 0.48-0.89, I 2 = 65.3 %; 全原因の死亡: HR 0.73, 95 % CI 0.57-0.92, I 2 = 83.2 %; 再発/転移: HR 0.73, 95 % CI 0.61-0.86, I 2 = 48.3 %). 診断後のAspirin使用は有意に乳癌特異的な死亡(HR 0.69, 95 % CI 0.50-0.96) および再発/転移(HR 0.75, 95 % CI 0.56-1.00)を減らし, 有意ではないが全原因の死亡を予防する傾向 (HR 0.79, 95 % CI 0.60-1.03). コホート研究のみを含めると,同様の結果であり、診断後のaspirin 使用は有意に全原因の死亡率を減少させる(HR 0.72, 95 % CI 0.56-0.93).
Cancer Causes Control. 2015 Feb 21. [Epub ahead of print]
Aspirin and nonsteroidal anti-inflammatory drugs after but not before diagnosis are associated with improved breast cancer survival: a meta-analysis.
Huang XZ1, Gao P, Sun JX, Song YX, Tsai CC, Liu J, Chen XW, Chen P, Xu HM, Wang ZN.
•1Department of Surgical Oncology and General Surgery, First Hospital of China Medical University, 155 North Nanjing Street, Heping District, Shenyang City, 110001, People's Republic of China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-26 22:43 | アセトアミノフェン、NSAID

透析患者のむずむず脚症候群


末期腎疾患(end stage renal disease:ESRD)。方法:データを慢性維持の透析(haemodialysis:HD)をしている250人から集めた。RLSの有病率を評価するため, the International RLS Study Groupによって確立されたRLSの診断基準を用いて臨床診断。結果: 250人を含めた. 153人 (61.2%)が男性で 97人 (38.8%) は女性。平均年齢は45.27歳. HD の平均期間は26.10か月. 162人 (64.8%) がRLSに罹患. 153 人の男性中, 87人(56%)がRLS、97人の女性中, 75人(77.3%)がRLS. 我々の研究では, 性別は有意にRLS と関連する(p-value 0.001). I 159人(63.6%) の患者は51歳より若く; そのうち102人(64.1%) はRLS; 一方91人(36.4%) は51歳以上であり、そのうち60人(65.9%) はRLS. RLS と年齢群に間には有意な差はなかった (p-value 0.776).
Pak J Med Sci. 2014 Nov-Dec;30(6):1209-12. doi: 10.12669/pjms.306.5691.
Restless legs syndrome in end stage renal disease patients on haemodialysis.
Haider I1, Anees M2, Shahid SA3.
·1Dr. Irfan Haider FCPS (General Medicine), Senior Registrar Department of Medicine, Fatima Memorial Hospital, Lahore, Pakistan. Postgraduate Trainee FCPS Nephrology, Mayo Hospital, Lahore, Pakistan.
·2Dr. Muhammad Anees, FCPS (Nephrology), Assistant Professor Nephrology, Head of the Nephrology Department, King Edward Medical University and Affiliated Hospitals Lahore, Pakistan.
·3Dr. Syed Adnan Hussain Shahid FCPS (General Medicine), Assistant Professor Medicine, Department of Medicine, Fatima Memorial Hospital, Lahore, Pakistan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-17 20:28 | むずむず脚症候群

術中のアセトアミノフェン静注は人工関節置換術後のオピオイド消費量を減らす


方法:この後ろ向きコホート研究は、Duke University Hospital (DUH)で股関節置換術又は膝関節置換術を受けた無作為に選択された176人の成人における術後のオピオイド消費を評価. 88人は術中に1回1 gの量のIV acetaminophenを受ける. その他の者IV acetaminophenを受けず。この研究は2群において術後24時間の間のオピオイド消費の平均を評価(経口morphine等量). その他の評価項目は、麻酔後ケアユニット(postanesthesia care unit:PACU)滞在時間, 過鎮静の発生率, 急性のopioid reversalの必要性, およぼ追加的な鎮痛の利用。結果:1回の術中acetaminophen を受けた者では術後24時間で経口モルヒネ当量で平均149.3 mgを受け、IV acetaminophenを受けていない者では147.2 mg (P = .904). IV acetaminophen 暴露群(163 minutes) とIV acetaminophen非暴露群 (169 minutes)の間のPACU滞在時間の平均の差 には有意差なし (P = .588). 過鎮静又は急性のオピオイドreversalが必要であった人は1人もいなかった.
Hosp Pharm. 2014 Dec;49(11):1022-32. doi: 10.1310/hpj4911-1022.
Impact of intraoperative acetaminophen administration on postoperative opioid consumption in patients undergoing hip or knee replacement.
Raiff D1, Vaughan C1, McGee A2.
·1Clinical Pharmacists, Department of Pharmacy, Duke University Health System , Durham, North Carolina.
·2Clinical Pharmacists, Department of Pharmacy, Duke University Health System , Durham, North Carolina. ; Director, Center for Medication Policy, Department of Pharmacy, Duke University Health System , Durham, North Carolina.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-17 20:26 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症患者の大動脈の弾力性


方法:112人のFM女性と50人の健常者。大動脈の弾性の指標 (aortic distensibility, aortic stiffness index) をpredetermined formulasを用いて計算。そしてFM患者を症状の強い群 (group A)と症状の弱い群 (group B)の2群に分類。結果:大動脈の伸張性は group Aの方がgroup Bや対照群よりも有意に低い(各々3.18±1.35 vs 4.00±0.99 および4.03±0.6, p= 0.03 および0.007). Aortic stiffness indexは はA の方がgroup B や対照群よりも有意に高い(各々5.85±1.48 vs 3.97±1.23 および3.79±0.72, p=0.001 およびp<0.001 respectively).まとめ:症状の強いFM患者では大動脈の弾性は障害されている。
Int Angiol. 2015 Feb 12. [Epub ahead of print]
Evaluation of aortic elastic properties in patients with fibromyalgia.
Ozcan OU1, Ozcan DS, Candemir B, Aras M, Koseoglu BF, Erol C.
·1Ankara University School of Medicine, Department of Cardiology, Ankara, Turkey - ozgurulasozcan@yahoo.com.tr
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-17 20:23 | FMの検査

ベンゾジアゼピン系抗不安薬による発癌性


Taiwan National Health Insurance databaseからの12年間のデータにより縦断の人口に基づいた症例対照研究を行い、20歳以上の人でBZDs使用と癌の危険性の関連
を調べた。 研究期間中, 癌と診断された42,500 の症例が同定され、BZDs使用が調べられた. 各症例ごとに, 傾向点数を用いて年齢、性別およびthe index date (例えば、症例が診断を受けた日に癌がない)をマッチさせた6例の対照が割り当てられた。適切な危険性の評価のために,暴露期間(length of exposure:LOE)と 規定された1日量(defined daily dose:DDD)に基づき結果を観察.偏りを再現するため,研究期間中に癌に影響するかもしれない投薬や合併疾患などの可能性のある交絡因子を用いて補正を行った. Cox proportional ハザード回帰と条件付きロジスティック回帰を用いてデータを解析。所見はBZD使用を発がん性の観点で安全群と非安全群に分けた. diazepam (HR, 0.96; 95%CI, 0.92-1.00), chlorodizepoxide (HR, 0.98; 95%CI, 0.92-1.04), medazepam (HR, 1.01; 95%CI, 0.84-1.21), nitrazepam (HR, 1.06; 95%CI, 0.98-1.14), oxazepam (HR, 1.05; 95%CI, 0.94-1.17) の使用はBZDsの中では安全. しかし, clonazepam (HR, 1.15; 95%CI, 1.09-1.22) は癌の危険性が高い. さらに、BZDsの非使用者と比べると、BZDs使用の中で特異的な癌の危険性が有意にあり脳では98%増加, 大腸直腸で葉25% 、肺では10% 増加。Diazepam, chlordiazepoxide, medazepam, nitrazepam,および oxazepam は癌の危険性の点ではBZDの中では安全.
Medicine (Baltimore). 2015 Feb;94(6):e483.
Is Long-term Use of Benzodiazepine a Risk for Cancer?
Iqbal U1, Nguyen PA, Syed-Abdul S, Yang HC, Huang CW, Jian WS, Hsu MH, Yen Y, Li YC.
·1From the Graduate Institute of Biomedical Informatics, College of Medical Science and Technology, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan (UI, P-AN, SS-A, H-CY, CWH, M-HH, YY, YC(J)L); Institute of Biomedical Informatics, National Yang Ming University, Taipei, Taiwan (H-CY); School of Health Care Administration, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan (W-SJ); Department of Health, Taipei Hospital, Taiwan (M-HH); City of Hope, Duarte, CA, USA (YY); Department of Dermatology, Wan Fang Hospital, Taipei, Taiwan (Y-C(J)L).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-17 20:19 | 抗不安薬の常用量依存

線維筋痛症に対する星状神経節近傍へのキセノン照射


対象者:2013年7月から8月までの間に修正2010ACR基準によりFMと診断された5人の男性と22人の女性 (年齢, 56.4 ± 16.3 years [range, 25-84 years])。[方法] 仰臥位の患者に両側の星状神経節付近にキセノン光照射 (0.38-1.1 μm) をPTが仰臥位でxenon phototherapy deviceを用いて行う. VASを用いて照射前後に痛みを評価。[結果] VASの変化とFMの期間には関連を認めず。しかしthe Cochran-Armitage test for trendを用いると、VASの変化とJ-FIQの点数の間には関連を認めた。[まとめ]星状神経節へのキセノン光照射はFIQの点数が高いFM患者のVAS点数を有意に減らし、これは症状の強いFM患者において強い効果が得られることを示す。
J Phys Ther Sci. 2015 Jan;27(1):209-12. doi: 10.1589/jpts.27.209. Epub 2015 Jan 9.
Effects of xenon irradiation of the stellate ganglion region on fibromyalgia.
Nakajima F1, Komoda A2, Aratani S3, Fujita H3, Kawate M4, Nakatani K5, Akiyama M6, Makita K7, Nakajima T8.
•1Daiichi Rehabilitation Hospital, Japan ; Department of Anesthesiology, Graduate School of Medical and Dental Science, Tokyo Medical and Dental University, Japan ; Department of Locomotor Science, Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Nishiogi Pain Clinic, Japan.
•2Daiichi Rehabilitation Hospital, Japan.
•3Department of Locomotor Science, Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Future Medical Science Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Integrated Genome Editing Section (iGES) Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan.
•4Nishiogi Pain Clinic, Japan.
•5Bayside Misato Medical Center, Japan.
•6University Research Administration Office, Tokyo Medical and Dental University, Japan.
•7Department of Anesthesiology, Graduate School of Medical and Dental Science, Tokyo Medical and Dental University, Japan.
•8Daiichi Rehabilitation Hospital, Japan ; Department of Locomotor Science, Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Bayside Misato Medical Center, Japan ; Future Medical Science Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan ; Integrated Genome Editing Section (iGES) Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-08 22:24 | FMの非薬物治療

マイスリーはパーキンソン病の危険因子


長期間のzolpidem使用のParkinson's病発症への影響を調べる。方法:1998 年から2000年まで3か月以上初めてzolpidemを使用した2,961人を台湾の the National Health Insurance systemで同定。年齢、性別およびindex dateに基づいた zolpidem使用者にマッチさせたzolpidem使用の既往のない人を無作為に対照コホートとして選別した。パーキンソン病の診断はClinical ModificationのICD-9の規準に基づいた。2009年末までの発生率を計算し、コックス比例ハザード回帰モデルおよびKaplan-Meier解析を用いてそのハザード比(hazard ratios:HRs) と95% Cisを評価する。結果:zolpide使用者におけるパーキンソン病発生率は比較コホートよりも大きい(HR = 1.88; 95% CI, 1.45-2.45).しかし, この2つのコホートには5年間の観察ではパーキンソン病発生率に差はなかった。パーキンソン病の危険性はzolpidem使用量が増えるにつれて増加した,低用量使用者(< 400 mg/年間)ではHRは 0.70であり高用量使用者 (≥ 1,600 mg/年間)ではHRは2.94。zolpidem のみの使用者(HR = 2.35; 95% CI, 1.66-3.33)の方がBZDのみの使用者 (HR = 1.31; 95% CI, 0.91-1.90)よりもパーキンソンン病の発生率が高い。層別解析によると, 抑うつのあるzolpidem使用者 (HR = 4.79)は抑うつのないzolpidem 使用者と比較してパーキンソン病の危険性が増加する。まとめ:Zolpidem使用は前臨床的なパーキンソン病、特に抑うつを合併した患者の仮面をはぎ取るのかもしれない。
J Clin Psychiatry. 2015 Jan;76(1):e104-e110.
Risk of Parkinson's disease following zolpidem use: a retrospective, population-based cohort study.
Huang HC1, Tsai CH, Muo CH, Lin KH, Lu MK, Sung FC, Kao CH.
•1Graduate Institute of Clinical Medical Science, China Medical University, Taichung, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-08 22:21 | 抗不安薬の常用量依存

ビタミンCの術後痛とCRPS予防効果:系統的総説とメタ解析


方法:2014年4月までに出版された文献の系統的総説. 関連性のある研究の参考文献を調べた. 結果の妥当性を独立して検査し, and full-text 研究の適格性を評価. a modified Newcastle-Ottawa Scaleを用いて報告の質を評価.結果: 710の研究を調べ, そのうち13 の研究を対象にした: 7つは術後痛の研究であり、6つはCRPS Iの研究。最終的な解析では, 一つの関連のある研究では、術前vitamin C摂取後は術後モルヒネ使用量が減少し, vitamin C群と対照群で術後痛の結果には有意差がない. 3つの適切な CRPS I 研究のメタ解析によると、周術期のvitamin C 補給後は術後CRPS I の発生は減少した(relative risk (RR)=2.25; tau=0)。考察:中等度のレベルのエビデンスは術後モルヒネ消費を減らすための補助としての術前の2 g のvitamin C の使用を支持し, 高いレベルのエビデンスは、周術期の1日1gの50日間のvitamin C 補給は四肢手術後の CRPS I を予防することを支持する。
Clin J Pain. 2015 Feb 4. [Epub ahead of print]
Effect of Perioperative Vitamin C Supplementation on Postoperative Pain and the Incidence of Chronic Regional Pain Syndrome: A Systematic Review and Meta-analysis.
Chen S1, Roffey DM, Dion CA, Arab A, Wai EK.
•1*University of Ottawa Spine Program, The Ottawa Hospital, Ottawa, ON, Canada †Division of Neurosurgery, The Ottawa Hospital, Ottawa, ON, Canada ‡Clinical Epidemiology Program, Ottawa Hospital Research Institute, Ottawa, ON, Canada §Faculty of Medicine, University of Ottawa, Ottawa, ON, Canada ∥Division of Orthopaedic Surgery, The Ottawa Hospital, Ottawa, ON, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-08 22:18 | 複合性局所疼痛症候群

NAIDによる結腸憩室出血


方法:A cohort of結腸憩室出血(colonic diverticular bleeding:CDB)のために入院し結腸内視鏡検査で前向きに検査した132人の患者のコホート。合併症、ライフスタイル、そして投薬(NSAIDs, low-dose aspirin, 抗血小板薬, 抗凝固薬, acetaminophen, and corticosteroids)を評価。退院後, 患者は経過観察の期間に定められた日に受診するように要請された。The Kaplan-Meierの方法で再発を計算。結果:経過観察の中央値は15か月. 1, 6, 12, および24か月での再発の可能性は 各々3.1%, 19%, 27%, および38%。入院時の41人の NSAID 使用者の中で, 26人(63%)は退院時にはNSAIDを中断. NSAIDsを中断できた患者の多くは 間欠的な使用者であり, acetaminophen 又は抗炎症鎮痛湿布などの別の治療に変更可能であった. 12か月時点での再発の可能性は、NSAIDを中止できた者では9.4%であり、継続使用者では77% (P < 0.01, log-rank test). NSAIDs中断者での再発のハザード比は、0歳を超える年齢, 右側の憩室、高血圧の既往、および透析で補正すると、0.06. 経過観察中には大脳心血管の副作用は起こらなかった。
World J Gastroenterol. 2015 Jan 28;21(4):1292-8. doi: 10.3748/wjg.v21.i4.1292.
Impact of discontinuing non-steroidal antiinflammatory drugs on long-term recurrence in colonic diverticular bleeding.
Nagata N1, Niikura R1, Aoki T1, Shimbo T1, Sekine K1, Okubo H1, Watanabe K1, Sakurai T1, Yokoi C1, Akiyama J1, Yanase M1, Mizokami M1, Uemura N1.
•1Naoyoshi Nagata, Ryota Niikura, Tomonori Aoki, Katsunori Sekine, Hidetaka Okubo, Kazuhiro Watanabe, Toshiyuki Sakurai, Chizu Yokoi, Junichi Akiyama, Mikio Yanase, Department of Gastroenterology and Hepatology, National Center for Global Health and Medicine, Tokyo 162-8655, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-01 15:42 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line