<   2015年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧


中国におけるむずむず脚症候群の有病率と危険因子


方法:この研究は2相の調査からなる。phase 1では4項目の選別アンケートを用いて上海の田舎に住む人に直接インタビューを行う。phase 2では, 睡眠専門家がRLSと診断された人に電話インタビュー。結果:研究したコミュニティーの18歳以上の2941人のうち41人がRLと診断された。RLSの有病率は1.4% (95% confidence interval (CI) =1.0-1.9%), 女性の方が有意に (1.9% [95%CI =1.3-2.7%]) 男性より多い(0.9% [95%CI =0.5-1.5%], p=0.019). 有病率は年齢とともに増加し8-39歳の0.2% (95% CI =0.08-0.6%) から70歳以上の4.1% (95% CI =2.1-7.9%) (p<0.001). 多変量ロジスティック回帰解析によると、胃炎、貧血および高血圧はRLSの危険因子。この研究における4項目の選別アンケートの感度と特異度は各々63.4% と97.5%.
PLoS One. 2015 Mar 24;10(3):e0121215. doi: 10.1371/journal.pone.0121215.
Prevalence and Risk Factors of Restless Legs Syndrome among Chinese Adults in a Rural Community of Shanghai in China.
Shi Y1, Yu H1, Ding D1, Yu P1, Wu D1, Hong Z1.
•1Department of Neurology, Huashan Hospital, Fudan University, Shanghai, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 21:07 | むずむず脚症候群

複合性局所疼痛症候群患者における病休に関連する要因


方法:CRPS の発症12週以内の人の CRPS-患者。痛み、抑うつ、不安、ストレス、pain-catastrophizing および痛みに関連した恐怖を測定。理学検査を行いCRPSの他覚所見や自覚症状を評価し、CRPSの強度点数を計算する. 人口統計学的詳細、臨床的詳細、治療、就労のタイプと就労状態を記録した。結果:多変量解析によると, 以下の要因は大きな障害と関連する: 痛み点数が高い, 足関節と手関節の伸展制限が大きい、抑うつレベルが強い。CRPS発症前に就学あるいは就労していた49人中, 28人は評価時に就学や就労を中止ししていた。多変量解析によると、CRPSがより強い外傷によって引き起こされた患者, 肉体労働を多く要求される仕事についている者、障害点数が高い者に病休が多く、病休には抑うつが有意な影響を与え、それは障害によって介在される。
Clin J Pain. 2015 Mar 23. [Epub ahead of print]
Factors Associated with Disability and Sick Leave in Early Complex Regional Pain Syndrome Type-1.
Bean DJ1, Johnson MH, Heiss-Dunlop W, Kydd RR.
•1*The Auckland Regional Pain Service (TARPS), Auckland District Health Board, Auckland, New Zealand †Department of Psychological Medicine, The University of Auckland, Auckland, New Zealand ‡Auckland Regional Plastic Reconstructive & Hand Surgery Service, Counties Manukau District Health Board, Auckland, New Zealand.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 21:03 | 複合性局所疼痛症候群

高血圧患者にアセトアミノフェンを使用しても心筋梗塞や脳卒中は増加しない


the UK Clinical Research Practice Datalink内に含まれる情報を用いて後ろ向きにデータを解析。多変量Cox比例ハザードモデルを、10年間のacetaminophen使用に関連した心筋梗塞(一次的な評価項目primary end point), 脳卒中,およびすべての心血管合併症(二次的な評価項目)のハザード比を評価するために用いた。Acetaminophen使用は時間依存性の変数。傾向をマッチさせたデザインにより可能性のある共変量を減らした。65歳以上の24 496人の高血圧患。そのうち, 10 878人はacetaminophe使用、13 618人は使用せず。補正した解析を行うと、心筋梗、脳卒中、あるいはすべての心血管合併症とacetaminophen 使用の間には関連がない(各々hazard ratio, 0.98; 95% confidence interval, 0.76-1.27; hazard ratio, 1.09; 95% confidence interval, 0.86-1.38; and hazard ratio, 1.17; 95% confidence interval, 0.99-1.37;). 傾向をマッチさせた対象での結果 (各群n=4000)を男女別々に解析すると同程度。高頻度の使用者 (1か月のうち75%を超えて処方と定義) でも危険性は増加せず. 可能性のある共変量で補正すると、大規模な高血圧患者のコホートにおいてacetaminophenの使用は心筋梗塞や脳卒中の危険性を増加させない。
Hypertension. 2015 Mar 23. pii: HYPERTENSIONAHA.114.04945. [Epub ahead of print]
Acetaminophen Use and Risk of Myocardial Infarction and Stroke in a Hypertensive Cohort.
Fulton RL1, Walters MR1, Morton R1, Touyz RM1, Dominiczak AF1, Morrison DS1, Padmanabhan S1, Meredith PA1, McInnes GT1, Dawson J1.
•1From the Institute of Cardiovascular and Medical Sciences (R.L.F., M.R.W., R.M.T., A.F.D., S.P., G.T.M., J.D.), School of Medicine (R.M., P.A.M.), and West of Scotland Cancer Surveillance Unit (D.S.M.), College of Medical, Veterinary and Life Sciences, University of Glasgow, Glasgow, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 20:57 | アセトアミノフェン、NSAID

小児の慢性痛に対する心理療法(インターネット利用)の効果:コクラン


コクランのまとめ:主にインターネットを介して遠隔的に提供される心理療法により18歳以下の子供の慢性痛又は再発痛の痛みの程度を減らす。ただし、371人、8つの研究がこの結論に寄与するのみ。将来の研究は結論を変えるかも。
Cochrane Database Syst Rev. 2015 Mar 23;3:CD011118. [Epub ahead of print]
Psychological therapies (remotely delivered) for the management of chronic and recurrent pain in children and adolescents.
Fisher E1, Law E, Palermo TM, Eccleston C.
•1Centre for Pain Research, University of Bath, Claverton Down, Bath, UK, BA2 7AY.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 20:53 | その他の疼痛

線維筋痛症と喫煙


方法:外来痛みクリニックで1566人の患者のアンケートを利用。FMのThe 2011 Survey Criteriaを用いてFMに関連した症状の有無を評価。結果:FM患者では現在の喫煙は38.7% であり、FMではない者では24.7%. 喫煙しているFM患者は喫煙していないFM患者、喫煙している非FM、喫煙していない非FMと比較して痛みが強く、障害が大きい。喫煙とFMには関連がない。痛みの強さと障害には大きな抑うつを介して、喫煙とFMの間には有意な間接的な影響がある。まとめ:現在の喫煙とFMであることは慢性痛患者において大きな痛みや障害と関連し、抑うつの機能として関連するかも。喫煙しているFM患者は臨床症状が最も強いが (つまり強い痛み, 大きな障害) 喫煙はFM患者の痛み又は機能と特有の関連ではなく、その効果は付加的なようだ。FM患者における喫煙率The 38.7%は高く、それは喫煙しているFM患者には著しい臨床的なchallengeがあることを示す.
Pain Med. 2015 Mar 20. doi: 10.1111/pme.12747. [Epub ahead of print]
Associations between Pain, Current Tobacco Smoking, Depression, and Fibromyalgia Status Among Treatment-Seeking Chronic Pain Patients.
Goesling J1, Brummett CM, Meraj TS, Moser SE, Hassett AL, Ditre JW.
•1Department of Anesthesiology, University of Michigan, Ann Arbor MI, University of Michigan, Back & Pain Center, Burlington Building 1, Suite 310, 325 E. Eisenhower Parkway, Ann Arbor, Michigan, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 20:49 | FMの疫学

認知症に対する向精神薬の死亡率


1998年10月1日から2009年9月30日までthe Veterans Health Administrationで行われた後ろ向き症例対照研究。参加者は認知症と診断された65歳以上90 786人の患者。2014年8月に最終的な解析。抗精神病薬(haloperidol, olanzapine, quetiapine, and risperidone), バルプロ酸およびその誘導体又は抗うつ薬 (46 008人の薬使用者)の新しい処方。主要な結果と測定: 180日間の経過観察における死亡の危険性および NNHの絶対値の変化を薬使用者といくつかの危険因子をマッチさせた非使用者で比較。投薬を開始した患者の中で、年齢、性別、認知症の年数、精神錯乱の存在、その他の臨床的および人口統計的特徴で補正して、各薬と関連した死亡の危険性を抗うつ薬を参照として比較した。二次的な解析ではolanzapine, quetiapine, およびrisperidoneの死亡危険性のゼタ一の変化を用量で補正して比較。結果:各々のマッチした非使用者と比較して, haloperidol使用者は死亡の危険性が 3.8%増加し (95% CI, 1.0%-6.6%; P < .01) NNHは 26 (95% CI, 15-99); 次いで risperidone, 3.7% (95% CI, 2.2%-5.3%; P < .01) そしてNNH は27 (95% CI, 19-46); olanzapine, 2.5% (95% CI, 0.3%-4.7%; P = .02) そしてNNH は40 (95% CI, 21-312); quetiapine, 2.0% (95% CI, 0.7%-3.3%; P < .01) そしてNNH は50 (95% CI, 30-150). 抗うつ薬使用者と比較して, 死亡の危険性はhaloperidol の12.3% (95% CI, 8.6%-16.0%; P < .01) NNHは 8 (95% CI, 6-12) から、quetiapine の3.2% (95% CI, 1.6%-4.9%; P < .01) NNH は31 (95% CI, 21-62).グループとしては, 非定型精神病薬(olanzapine, quetiapine, and risperidone)は用量依存的に死亡率は増加し, 高用量群は低用量群と比較して3.5% 増加する(95% CI, 0.5%-6.5%; P = .02). quetiapineと直接比較すると, 用量で補正した死亡率の危険性はrisperidone (1.7%; 95% CI, 0.6%-2.8%; P = .003) と olanzapine (1.5%; 95% CI, 0.02%-3.0%; P = .047で増加.まとめ:認知症のある高齢者の死亡率に対する抗精神病薬の絶対的な変化は以前報告されているより高い。
JAMA Psychiatry. 2015 Mar 18. doi: 10.1001/jamapsychiatry.2014.3018. [Epub ahead of print]
Antipsychotics, Other Psychotropics, and the Risk of Death in Patients With Dementia: Number Needed to Harm.
Maust DT1, Kim HM2, Seyfried LS3, Chiang C1, Kavanagh J3, Schneider LS4, Kales HC1.
·1Department of Psychiatry, University of Michigan, Ann Arbor2Center for Clinical Management Research, Veterans Affairs Ann Arbor Healthcare System, Ann Arbor, Michigan.
·2Center for Clinical Management Research, Veterans Affairs Ann Arbor Healthcare System, Ann Arbor, Michigan3Center for Statistical Consultation and Research, University of Michigan, Ann Arbor.
·3Department of Psychiatry, University of Michigan, Ann Arbor.
·4Department of Psychiatry, University of Southern California, Los Angeles.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-24 23:36 | その他

生後1年以内の喘鳴の有病率と危険因子


目的:スペインのCantabriaで生後1年以内でwheezingになる有病率を計測し、その危険因子を調べる。方法:横断、多施設、叙述的疫学研究をCantabria で生まれた958人の新生児で行った。以前に有用であった標準化されたアンケートに新生児の両親が12か月時と15か月時にPrimary Care Centresで答えた。結果:喘鳴の有病率は32.7%.男性(OR 1.38, 95%CI [1.05-1.81]), 兄弟姉妹の存在(OR 2.43 [1.38-3.98]), nursery school への参加(OR 2.40 [1.71-3.35]), 完全母乳の育児が3か月未満 (OR 1.47 [1.12-1.93]), 生後3か月以内に感冒になる(OR 2.07 [1.56-2.74]), 兄弟姉妹の喘息(OR 2.17 [1.25-3.77]), 親のアレルギー性鼻炎(OR 1.62 [1.10-2.37]) および1週間を超えるparacetamol の使用(OR 2.49 [1.31-4.73]), および母親の妊娠中の喫煙(OR 2.18 [1.51-3.15])と関連する. 再発性の喘鳴(3回以上起こる)の有病率は14.3%. 有意な関連がSignificant associations were observed with the 男性(OR 1.79 [1.23-2.60]), nursery schoolへの参加 (OR 2.92 [1.96-4.35]), 生後3か月以下での感冒罹患 (OR 2.11 [1.46-3.04]), 湿疹(OR 1.92 [1.21-3.04]), 母親の喘息(OR 1.77 [1.00-3.14]), 完全母乳の育児が3か月未満(OR 1.53 [1.06-2.22]), および妊娠中の母親の喫煙 (OR 1.53 [1.05-2.22]).まとめ:新生児の1/3は生後1年以内にwheezingを経験する。
Allergol Immunopathol (Madr). 2015 Mar 19. pii: S0301-0546(15)00026-9. doi: 10.1016/j.aller.2014.09.001. [Epub ahead of print]
Wheezing and risk factors in the first year of life in Cantabria, Spain. The EISL study.
Bercedo-Sanz A1, Lastra-Martínez L2, Pellegrini-Belinchón J3, Vicente-Galindo E4, Lorente-Toledano F5, García-Marcos L6.
·1Primary Care Pediatrician, Centro de Salud Buelna, Los Corrales de Buelna, Spain. Electronic address: alberto.bercedo@scsalud.es.
·2Primary Care Pediatrician, Centro de Salud Cudeyo, Rubayo, Spain.
·3Primary Care Pediatrician, Centro de Salud de Pizarrales, Salamanca, Spain.
·4Department of Statistics, University of Salamanca, Spain.
·5Department of Pediatrics, University of Salamanca, Spain.
·6Unit of Pediatric Pneumology and Allergy, "Virgen de la Arrixaca" University Children's Hospital, University of Murcia, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-24 23:32 | アセトアミノフェン、NSAID

パーキンソン病におけるむずむず脚症候群


方法:43-89歳の1,447人のパーキンソン病患者にアンケートを行う。結果:回答率は59.0%であり,そのうち 68%は完全な回答 (n = 577). RLSはPDの 20.3%に起きる。RLS患者のうち, 81.9%の患者は症状が少なくとも週1回起こる. 症状の程度は中等度42.7%, 強度23.9%そして極めて強度15.4%. 日中の眠気、疲労、慢性不眠、睡眠を維持する不眠、激しい夢, および生活の質の低さはRLS患者の方が RLSではない者よりも多い. 早期発生のRLS (45歳以下での発生)は 4.2%. 投薬を受けていないRLSの晩期発生 (45歳を超える)および晩期発生のRLS (dopaminergic薬飲んでいる)は各々 5.4 and 10.4%。まとめ:PD患者において、早期発生のRLSは典型的な性分布で家族歴のある特発性RLSに似ている。晩期発生のRLSは特発性RLSより多い
Eur Neurol. 2015 Mar 11;73(3-4):212-219. [Epub ahead of print]
Parkinson's Disease and Restless Legs Syndrome.
Ylikoski A1, Martikainen K, Partinen M.
·1Vitalmed Research Center, Helsinki Sleep Clinic, Helsinki, Finland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-24 23:29 | むずむず脚症候群

線維筋痛症における子供時代の虐待


方法:71人の年齢と性別をマッチさせたUS とドイツのFMS外来患者を比較。子供時代の虐待 をthe Childhood Trauma Questionnaireで評価し可能性のある心的外傷の経験をthe Munich Composite International Diagnostic Interviewのtrauma listで評価. 可能性のあるPTSDをthe Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders IV-TRに基づき診断しthe Posttraumatic Diagnostic Scaleにより症状を評価。可能性のある抑うつ症状と不安症状はthe Patient Health Questionnaire PHQ 4により評価。結果:US とドイツの患者は自己報告の子供時代の虐待(精神的、身体的、および性的虐待又は無視)の量又は人生における心的外傷経験の頻度には有意差なし.可能性のある不安、抑うつPTSDの頻度には差がない。精神的苦悩は、精神的および性的虐待および精神的無視や身体的無視における群間の差を十分に説明する.
Clin Exp Rheumatol. 2015 Mar-Apr;33 Suppl 88(1):86-92. Epub 2015 Mar 18.
Self-reported childhood maltreatment, lifelong traumatic events and mental disorders in fibromyalgia syndrome: a comparison of US and German outpatients.
Häuser W1, Hoffmann EM2, Wolfe F3, Worthing AB4, Stahl N5, Rothenberg R6, Walitt B7.
·1Department of Internal Medicine I, Klinikum Saarbrücken; and Department of Psychosomatic Medicine, Technische Universität München, Germany.
·2Department of Psychosomatic Medicine, Technische Universität München, Germany.
·3National Data Bank for Rheumatic Diseases and University of Kansas School of Medicine, Wichita, KS, USA.
·4Georgetown University Medical Center, Washington, DC, USA.
·5Arthritis and Rheumatism Associates Group Practice, Washington, DC, USA.
·6Rheumatology Practice, Burke, VA, USA.
·7MedStar Health Washington Hospital Center, Washington, DC; and National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-24 23:24 | FMの疫学

慢性疲労症候群に対する和温治療の有効性


温治療は遠赤外線のドライサウナを用いた温熱療法。方法:10人の入院CFS患者が60°Cのサウナに15分入り、その後サウナの外で毛布を掛けてベッド上に30分間安静にする。この治療を1日1回1週間に5日、4週間行う。一次的な結果の評価である認知した疲労をnumerical rating scaleを用いて治療前、治療中 (治療開始の2週間後) 、および治療後に評価。numerical rating scaleで評価した痛みのレベル, the Profile of Mood Statesアンケートで評価した気分, およびCFS患者のために開発した尺度を用いた遂行状態も治療前後に評価。結果:治療中には有意な軽減はなかったが、認知した疲労は治療後には有意に軽減。さらに、不安、抑うつと疲労を含む負の気分や遂行状態は治療後に有意に改善。しかし、痛みや活力のレベルは有意には変化せず。治療中副作用の報告はない。まとめ:和温治療はCFSの治療に有用で安全かもしれない。
Effects of waon therapy on chronic fatigue syndrome: a pilot study.
Soejima Y1, Munemoto T, Masuda A, Uwatoko Y, Miyata M, Tei C.
•1Department of Cardiovascular, Respiratory and Metabolic Medicine, Graduate School of Medicine, Kagoshima University, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-18 00:38 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line