<   2015年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


トラマドールの過量投与

方法:2000年11月から 2013年6月までに三次毒物ユニットに入院したトラマドール過量投与(> 400 mg)の後ろ向き総括に基づいた観察症例研究. 人口統計学的詳細、摂取の情報(投与量と併用投薬), 臨床的効果、合併症(発作, セロトニン毒性と心血管への影響)および ICUへの入室を臨床データベースから抽出。結果:tramadol過量投与は71例 (年齢の中央値: 41歳,範囲: 17-69歳; および摂取量の中央値: 1000 mg, 四分位範囲interquartile range [IQR]: 800-2000 mg). 発作は用量に関連し8人に起こった, そのうちの1人はBZDとの併用であり、16人の患者では発作がない。 the Hunter Serotonin Toxicity Criteriaを満たすセロトニン毒性の症例はなかった。頻脈は27人で起こり軽度の高血圧が32人で起こる. 29人ではThe Glasgow Coma Score < 15 であり、5人では< 9; 3人はTCAと併用であり2人はtramadol のみ(3000 mg and 900 mg). 呼吸抑制は13人で起こり, 投与量の中央値は: 2500 (IQR: 1600-3000) mgであり呼吸抑制の起こらなかった患者とは有意に異なった (p = 0.003), 投与量の中央値: 1000 (IQR: 750-1475) mg. 8人の患者はICUに入室, 5人は併用薬の毒性のためであり、3人は呼吸抑制のため。
Clin Toxicol (Phila). 2015 Apr 22:1-6. [Epub ahead of print]
Tramadol overdose causes seizures and respiratory depression but serotonin toxicity appears unlikely.
Ryan NM1, Isbister GK.
•1Department of Clinical Toxicology and Pharmacology, Calvary Mater Newcastle, and School of Medicine and Public Health, The University of Newcastle , Newcastle, NSW , Australia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 15:00 | その他

線維筋痛症に対するバランス訓練

ACR基準によりFMSと診断された33人の女性を無作為対照研究に集め、有酸素運動(aerobic exercise :AE)又はバランス訓練(balance exercise:BE)群に振り分けた. 訓練は週3回、6週間トレッドミル又はa Tetrax interactive balance system (TIBS)で行った. 結果の計測はmyalgic score, VAS, FIQ, exercise testing, Timed Up-Go (TUG) およびTIBS measurementsで行った. 治療前と6週時での比較をWilcoxon testにより行った. Mann-Whitney U testにより群間の差を比較した。効果の大きさも計算した。痛み、myalgic score およびFIQは両群とも改善した(p < 0.05)。群間を比較すると、myalgic score は有意にAEの方が高かった(p = 0.02, d = -1.77). 訓練の長さ、Borg scale, 休息血圧(resting blood pressures:RBP)および最大心拍数はAEで有意であった. BEでは, Borg scale, 訓練の長さが有意であった(p < 0.05). 群間を比較すると,拡張期RBP (p = 0.04, d = -0.92),訓練の長さは (p = 0.00, d = -1.64) AEで有意に高かった. TUGは群内で有意に変化した (p < 0.05, d ≥ -1.22). Stability scores, eyes open while standing on elastic pads (p = 0.00, d = -0.98) and head back (p = 0.03, d = -0.74)はBEの方が有意に高かった。本研究によると、BEはFMSに少し改善をもたらすが, AEの方が改善が大きかった。BE訓練は包括的なプログラムに含めるべき。
Rheumatol Int. 2015 May;35(5):845-54. doi: 10.1007/s00296-014-3159-z. Epub 2014 Oct 22.
Is balance exercise training as effective as aerobic exercise training in fibromyalgia syndrome?
Duruturk N1, Tuzun EH, Culhaoglu B.
•1Department of Physical Therapy and Rehabilitation, Faculty of Health Sciences, Baskent University, Ankara, Turkey,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 14:56 | FMの非薬物治療

ピロリ菌とNSAID/低用量アスピリンの消化性潰瘍出血への危険性


方法:消化性潰瘍出血(peptic ulcer bleeding:PUB)のために入院した患者の症例対照研究. 対照は、年齢、性別、および入院の月をマッチさせた。症例群、対照群の全員でH. pylori 感染は血清学的に検査。薬の使用は構造化されたアンケートにより調べた。異なる要因と関連した補正したrelative risk (RR),および NSAID/ASA使用と H. pylori感染の関連はロジスティック回帰解析により評価。結果:666人のPUBの症例と666人の対照; 74.3%の症例と54.8%の対照 (RR: 2.6; 95% confidence interval (CI): 2.0-3.3)はH. pylori感染の検査が陽性; 34.5%の症例は現在NSAID使用していたが対照では13.4% (RR: 4.0; 95% CI: 3.0-5.4).低用量ASA使用の各々の割合は 15.8%と12% (RR: 1.9; 95% CI: 1.3-2.7). NSAID使用とH. pylori感染のPUBに対するRRには 相加効果 (RR: 8.0; 95% CI: 5.0-12.8)があったが, ASA使用との間には関連はなかった (RR: 3.5; 95% CI: 2.0-6.1).
Am J Gastroenterol. 2015 Apr 21. doi: 10.1038/ajg.2015.98. [Epub ahead of print]
Peptic Ulcer Bleeding Risk. The Role of Helicobacter Pylori Infection in NSAID/Low-Dose Aspirin Users.
Sostres C1, Carrera-Lasfuentes P2, Benito R3, Roncales P4, Arruebo M4, Arroyo MT1, Bujanda L5, García-Rodríguez LA6, Lanas A7.
•1Universitary Hospital Lozano Blesa, Gastroenterology Unit, Zaragoza, Spain.
•2CIBERehd, Madrid, Spain.
•3Universitary Hospital Lozano Blesa, Microbiology Unit, Zaragoza, Spain.
•4Health Science Institute of Aragon, Zaragoza, Spain.
•5Universitary Hospital of Donostia, San Sebastian, Spain.
•6CEIFE, Madrid, Spain.
•71] Universitary Hospital Lozano Blesa, Gastroenterology Unit, Zaragoza, Spain [2] CIBERehd, Madrid, Spain [3] Health Science Institute of Aragon, Zaragoza, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 14:54 | アセトアミノフェン、NSAID

慢性疲労症候群に対する認知行動療法と段階的訓練治療


方法:171人のCFS患者が認知行動療法(Cognitive Behavioural Therapy:CBT) (n = 116) 又は段階的訓練治療(Graded Exercise Therapy:GET) (n = 55)を受け、治療前、治療後、および経過観察時に様々な自己報告の計測で評価。目的:この論文で、CBT およびGETの治療成績を、通常の臨床診療により解析し、the Metacognitions Questionnaire-30 (MCQ-30)のサブスケールの変化が疲労の程度をその他の共変量の変化とは独立して二つの治療方法にわたって予測するかどうか評価。結果: CBTおよびGETは疲労、不安、および抑うつの軽減と身体機能の増加の点では同程度に有効であった。the MCQ-30のサブスケールの変化は、その他の共変量や治療とは独立して、有意に疲労の程度に影響した。
Behav Cogn Psychother. 2015 Apr 21:1-13. [Epub ahead of print]
Treatment Outcome and Metacognitive Change in CBT and GET for Chronic Fatigue Syndrome.
Fernie BA1, Murphy G2, Wells A3, Nikčević AV4, Spada MM5.
•1King's College London,Institute of Psychiatry,Psychology and Neuroscience, and Cascaid,South London and Maudsley NHS Foundation Trust,UK.
•2Royal Free Hampstead NHS Foundation Trust,London,UK.
•3University of Manchester,UK.
•4Kingston University,Kingston upon Thames,UK.
•5London South Bank University,UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 14:47 | 慢性疲労症候群

むずむず性器感覚後のパーキンソン病


62歳女性が2010年に性器の不快な感覚を経験した。彼女の不快な感覚は安静時や夜間に悪化し、歩行で改善した。姿勢障害のために歩幅の狭い歩行を行い、2013年にパーキンソン病(Parkinson's disease:PD)と診断された。clonazepam とpramipexisoleの投薬により不快な性器の感覚は改善した。持続性器興奮障害(persistent genital arousal disorder:PGAD)/むずむず性器症候群(restless genial syndrome:RGS)では, 異常な性器感覚が性的欲望なしで生じ, それはclonazepam投薬により軽減した. PGAD/RGS はしばしばRLSと合併する. PGAD/RGS およびRLS には共通の特徴がある. PGAD/RGS後にPDが生じた最初の症例であり、これはPGAD/RGS およびPDと関連したRLSには共通の機序があることを示す。
Rinsho Shinkeigaku. 2015;55(4):266-8. doi: 10.5692/clinicalneurol.55.266.
A case of Parkinson's disease following restless genial sensation.
Sawamura M1, Toma K, Unai Y, Sekiya T, Nishinaka K, Udaka F.
•1Department of Neurology, Sumitomo Hospital.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 14:26 | むずむず脚症候群

ロチゴチンのむずむず脚症候群への効果:メタ解析


英語論文のロチゴチンのRLSに対する効果の無作為振り分け対照研究(randomized controlled trials:RCTs)のメタ解析。International RLS (IRLS) Study Group Rating Scalescoreの治療前からの統合した変化の平均 およびthe Clinical Global Impression-Improvement (CGI-I) scale scoreに基づいた反応の相対危険度(relative risk:RR) で結果を評価。副作用(adverse events:AEs)の統合した割合を評価. 6つのRCTs. メタ解析ではrotigotine は偽薬よりもRLSに有効 [mean change on IRLS score: mean difference (MD)=-4.80; 95% confidence interval (CI): -5.90 to -3.70; P<0.00001 and RR of response on CGI-I was 2.19; 95% CI: 1.86 to 2.58, P<0.00001]. 最も多いAEsは貼付部位の反応、吐き気、頭痛と疲労。全般的には、rotigotineは一次性のRLS患者には耐用性がある. メタ解析によると, rotigotineは偽薬よりも有意に有効. しかし。長期間の研究や、他のドパミン作動薬との比較研究が必要。
J Huazhong Univ Sci Technolog Med Sci. 2015 Apr;35(2):169-75. doi: 10.1007/s11596-015-1406-5. Epub 2015 Apr 16.
Rotigotine in the treatment of primary restless legs syndrome: A meta-analysis of randomized placebo-controlled trials.1請求
Ding J1, Fan W, Chen HH, Yan P, Sun SG, Zheng J.
•1Department of Neurology, Union Hospital, Tongji Medical College, Huazhong University of Science and Technology, Wuhan, 430022, China,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-21 00:00 | むずむず脚症候群

NSAIDと慢性腎疾患


方法:南イタリアの地域人口のthe general practice Arianna databaseを用いてnested case-control studyを行い, 2006年から2011年までの症例とマッチさせた対照として慢性腎疾患(chronic kidney disease:CKD)の発生率を同定した。CKDと初めて診断した日を the index date (ID)と定義. 条件付きロジスティック回帰を行い、非使用と比較したNSAIDsのCKDへの危険性を異なる時間ウィンドウの間の薬のクラスと個々の薬で評価した (1年以内、IDの3か月前と6か月前), 後者は現在の使用者と定義。現在の使用者の中で, その薬の累積暴露の影響を評価。結果:全体として, 1,989の CKD の症例と7,906のマッチさせた対照を同定。CKDの危険性の統計的に有意な増加が was found for oxicams の現在の使用者(adjusted OR: 1.68; 95% CI: 1.15-2.44) およびketorolac (adj. OR: 2.54; 95% CI: 1.45-4.44), meloxicam (adj. OR: 1.98; 95% CI: 1.01-3.87) およびpiroxicam (adj. OR: 1.95; 95% CI: 1.19-3.21)で見られた。まとめ: CKDの危険性は個々のNSAIDsで異なる. ketorolacでは危険性が増加し,それは急性腎障害を介して無症状のCKD を引き起こすかも, oxicams,特に meloxicam and piroxicamへの長期暴露も同様.
PLoS One. 2015 Apr 16;10(4):e0122899. doi: 10.1371/journal.pone.0122899.
Association of Individual Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs and Chronic Kidney Disease: A Population-Based Case Control Study.
Ingrasciotta Y1, Sultana J1, Giorgianni F1, Fontana A2, Santangelo A1, Tari DU3, Santoro D1, Arcoraci V1, Perrotta M3, Ibanez L4, Trifirò G1.
•1Department of Clinical and Experimental Medicine, University of Messina, Messina, Italy.
•2Unit of Biostatistics, IRCCS "Casa Sollievo della Sofferenza", San Giovanni Rotondo (FG), Italy.
•3Caserta Local Health Service, Caserta, Italy.
•4Fundació Institut Català de Farmacologia, WHO Collaborating Centre for Research and Training in Pharmacoepidemiology, Department of Pharmacology, Therapeutics and Toxicology, Institut Català de la Salut, Universitat Autònoma de Barcelona, Barcelona, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-20 23:55 | アセトアミノフェン、NSAID

コクラン:エクセグランの神経障害性疼痛への効果


コクラン。zonisamide(エクセグラン)の慢性神経障害性疼痛の成人患者への効果と副作用の評価。主要な結果:5人の参加者(13人は zonisamide, 12 人は偽薬)のある有痛性の糖尿病性神経障害を12週間治療した1つの研究. 1級と2級のエビデンスのある研究はない。研究の規模が小さく、zonisamideにより治療早期に脱落する者が多いという大きな偏りの可能性が結論を出すことを不可能にする. zonisamide-で治療した患者には2例の深刻な副作用(1例は死亡)があったが、それは明らかに治療とは関連せず。著者の結論:総説によるとzonisamideが神経障害性疼痛の痛みを軽減するエビデンスはない。
Cochrane Database Syst Rev. 2015 Jan 22;1:CD011241. doi: 10.1002/14651858.CD011241.pub2.
Zonisamide for neuropathic pain in adults.
Moore RA1, Wiffen PJ, Derry S, Lunn MP.
•1Pain Research and Nuffield Department of Clinical Neurosciences (Nuffield Division of Anaesthetics), University of Oxford, Oxford, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-20 23:48 | 神経障害性疼痛

身体的外傷と感染は線維筋痛症を引き起こす


目的:この研究の目的はFM患者において、身体的外傷や感染といった誘因のある患者とない患者の間で、それを引き起こす要因と臨床所見, 症状の強さ、および生活の質の差があるかどうかを評価すること。デザイン:後ろ向き横断的研究で、著者は患者の特徴とFMの症状の程度と生活の質と、FM治療プログラムの患者で見られるthe Fibromyalgia Impact Questionnaireおよびthe Short Form-36 Health Surveyを比較した。結果:939人の患者のうち, 27%の患者には誘因があり (外傷, n = 203;感染, n = 53),残りは特発性FM (n = 683)。誘因となる外傷がある患者はFibromyalgia Impact Questionnaire 身体機能が特発性のFM患者より悪かった (P = 0.03)。特発性FM患者や誘因のある外傷のあるFM患者と比較して、誘因となる感染のある患者はShort Form-36 Health Survey physical component summary (P = 0.01 およびP = 0.003)悪いが、role emotional (P = 0.04 and P = 0.005), 精神健康指標(P = 0.02 and P = 0.007), およびmental component summary (P = 0.03 and P = 0.004)がよい。まとめ:本研究のFM患者の1/4は誘因となる身体的外傷や感染があった。誘因となる感染のあるFM患者は社人口学的特徴, 臨床所見, および生活の質が特発性FMや外傷性のFM群と比較して異なっていた。誘因となる出来事とFMの間の関連を調べるためにさらなる研究が必要。
Am J Phys Med Rehabil. 2015 Apr 16. [Epub ahead of print]
Physical Trauma and Infection as Precipitating Factors in Patients with Fibromyalgia.
Jiao J1, Vincent A, Cha SS, Luedtke CA, Kim CH, Oh TH.
•1From the Department of Physical Medicine and Rehabilitation (JJ, CHK, THO), Division of General Internal Medicine (AV), Fibromyalgia and Chronic Fatigue Clinic (AV, CAL, THO), and Division of Biomedical Statistics and Informatics (SSC), Mayo Clinic, Rochester, Minnesota; and Department of Rehabilitation Medicine, Kyungpook National University Hospital, Daegu, Korea (CHK). Dr Jiao is now with the Department of Rheumatology, Guang'anmen Hospital, China Academy of Chinese Medical Sciences, Beijing, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-20 23:42 | FMの疫学

中国人の子供におけるむずむず脚症候群の有病率


8-11歳と12-17 歳の中国人の子供と青年におけるRLSの有病率および障害の程度を調べる。この人口に基づいた研究は、中国のHenan 地域で無作為に選んだ5つの小学校と7つの高校で行われた。8-17歳の6792人の生徒に、the International Restless Legs Study Groupによって提案されたRLSの成人の診断基準を含むアンケートを行う。4つの質問全てに「yes」と答えた全員を、RLS診断を確かめるために直接面談のインタビューに選んだ。RLSの症状と認知した合併症を調べるために、明白なRLSの者にはもう一つのアンケートを行った。中国人の子供と青年の明白なRLSの有病率は2.2 % (141/6437),8-11歳では 1.8 %、12-17歳では2.4%。RLSは女性(2.7 %)の方が男性 (1.7 %)より多く (P = 0.008), RLSの有病率は年齢と共に増加する。睡眠障害が子供と青年のRLSの最も多い症状。様々な因果関係がRLSに寄与しており,夕方/夜間の到来を最も多く恐れると報告しており, RLSは気分に負の影響を及ぼすと記載.
Neurol Sci. 2015 Apr 7. [Epub ahead of print]
An epidemiologic study of restless legs syndrome among Chinese children and adolescents.
Xue R1, Liu G, Ma S, Yang J, Li L.
•1Department of Urology, Institute of Clinic Medicine, The First Affiliated Hospital of Zhengzhou University, No.1 Jian She Dong Avenue, Zhengzhou, 450002, People's Republic of China, xuerui04301617@126.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-14 00:02 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line