<   2015年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


むずむず脚症候群における神経障害性疼痛


RLSにおいて、neuropathy のタイプは診断に混乱を生じる。末梢性neuropathyのある患者を neuropathic RLSに分類. 神経障害性RLS患者での人口統計学的、臨床的、研究質的特徴および6か月と1年の時点でのドパミン作動薬への反応を一次性と二次性のRLSで比較。82 人のRLS患者のうち、22人は末梢性 neuropathyであり28人は一次性RLS. neuropathic RLSの原因は糖尿病13人、腎不全6人、甲状腺機能低下症5人、脱髄2人、栄養欠乏3人、レプラ1人、そして雑多な原因4人。The neuropathic RLS患者は高齢 (46.0±14.1 versus 35.8±15.4歳), 罹病期間が短く(1.4±1.4 versus 6.2±6.2y年) 、症状の頻度が多かった. 一次性RLSのRLS症状はneuropathic RLSに比べると非対称 (25% versus 0%). 治療反応は両群で同程度であった。
J Clin Neurosci. 2015 Jun 17. pii: S0967-5868(15)00116-2. doi: 10.1016/j.jocn.2015.01.032. [Epub ahead of print]
Neuropathy in a cohort of restless leg syndrome patients.
Bastia JK1, Bhoi SK1, Kalita J1, Misra UK2.
•1Department of Neurology, Sanjay Gandhi Post Graduate Institute of Medical Sciences, Raebareily Road, Lucknow 226014, India.
•2Department of Neurology, Sanjay Gandhi Post Graduate Institute of Medical Sciences, Raebareily Road, Lucknow 226014, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:57 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群における神経障害性疼痛


RLSにおいて、neuropathy のタイプは診断に混乱を生じる。末梢性neuropathyのある患者を neuropathic RLSに分類. 神経障害性RLS患者での人口統計学的、臨床的、研究質的特徴および6か月と1年の時点でのドパミン作動薬への反応を一次性と二次性のRLSで比較。82 人のRLS患者のうち、22人は末梢性 neuropathyであり28人は一次性RLS. neuropathic RLSの原因は糖尿病13人、腎不全6人、甲状腺機能低下症5人、脱髄2人、栄養欠乏3人、レプラ1人、そして雑多な原因4人。The neuropathic RLS患者は高齢 (46.0±14.1 versus 35.8±15.4歳), 罹病期間が短く(1.4±1.4 versus 6.2±6.2y年) 、症状の頻度が多かった. 一次性RLSのRLS症状はneuropathic RLSに比べると非対称 (25% versus 0%). 治療反応は両群で同程度であった。
J Clin Neurosci. 2015 Jun 17. pii: S0967-5868(15)00116-2. doi: 10.1016/j.jocn.2015.01.032. [Epub ahead of print]
Neuropathy in a cohort of restless leg syndrome patients.
Bastia JK1, Bhoi SK1, Kalita J1, Misra UK2.
•1Department of Neurology, Sanjay Gandhi Post Graduate Institute of Medical Sciences, Raebareily Road, Lucknow 226014, India.
•2Department of Neurology, Sanjay Gandhi Post Graduate Institute of Medical Sciences, Raebareily Road, Lucknow 226014, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:57 | むずむず脚症候群

CRPSでは本当に無視症状があるのかプリズムは有効であるのか


PubMed database を用いて、CRPSにおける無視様症状に関するpeer-reviewedの論文を探し、CRPSにおけるプリズムの使用を調べた。結果:CRPS患者は無視症状を呈するのか、そしてもしそうであれば何を無視するのかは未だに合意が得られていない。 さらに、 プリズム適応(Prism adaptation:PA)が CRPS の症状に効果があるのかどうかに関しては不十分なデータしかない。最後に, 無視はその他のタイプの片側性の痛みにおいて観察されるのか、あるいは、PAはこれらの患者に有用なのかどうかは不明である。
Eur J Pain. 2015 Jun 11. doi: 10.1002/ejp.723. [Epub ahead of print]
Prisms for pain. Can visuo-motor rehabilitation strategies alleviate chronic pain?
Torta DM1, Legrain V1, Rossetti Y2,3, Mouraux A1.
•1Institute of Neuroscience, Université catholique de Louvain, Brussels, Belgium.
•2Centre de Recherche en Neuroscience de Lyon (CRNL), ImpAct Team, Bron, France.
•3Hospices Civils de Lyon, Service de Rééducation Neurologique; Plate-forme Mouvement et Handicap, Hôpital Henry Gabrielle, Saint Genis Laval, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:52 | 複合性局所疼痛症候群

線維筋痛症患者は身体活動が低い


方法:本研究は413人のFM女性 (年齢51.9±7.4歳) と188人の対照者 (年齢50.9±7.5歳) からなる. 座位時間, 身体活動(physical activity:PA)および歩数は三軸のaccelerometryで計測.座位活動に費やした時間や異なるPAの強度に費やした時間 (軽度, 中等度および中等度から強度moderate-vigorous [MVPA]) を計算し(分/日), 1日当たりの歩数も計算した。結果:座位時間はFM女性の方が対照群よりも長い (概算した平均の差±standard error = 33±7 分/日, P<0.001). FM女性は対照群よりも軽度のPA (-13±4 min/day, P=0.001), 中等度のPA (-17±3 min/day, P<0.001) およびMVPA (-21±4 min/day, P<0.001)の時間が短い. FM女性は対照群よりも1日当たりの歩数が少ない(-1744±285 歩/日, P<0.001). FM女性のわずか20.6%および対照群の46.3%が推奨された PAの合致:少なくとも一度に10分間のMVPAを150 分/週 (χ2 =41.8, P<0.001).推奨された歩数の達成 (≥10,000 歩/日) もFM群は対照群よりも少ない(16.0 vs. 44.7%, χ2 =56.8, P<0.001). FM女性も対照女性も週末の方がウィークデイよりもより活動的 (すべてのPA強度と歩数) (すべて, P≤0.001).
Arthritis Rheumatol. 2015 Jun 24. doi: 10.1002/art.39252. [Epub ahead of print]
Differences in sedentary time and physical activity between women with fibromyalgia and healthy controls: The al-Ándalus project.
Segura-Jiménez V1, Álvarez-Gallardo IC1, Estévez-López F1,2, Soriano-Maldonado A1, Delgado-Fernández M1, Ortega FB3, Aparicio VA4,5, Carbonell-Baeza A6, Mota J7, Silva P7, Ruiz JR3.
•1Department of Physical Education and Sport, Faculty of Sport Sciences, University of Granada, Granada, Spain.
•2Department of Clinical and Health Psychology, Faculty of Social and Behavioural Sciences, Utrecht University, Utrecht, The Netherlands.
•3PROFITH "PROmoting FITness and Health through physical activity" Research Group, Faculty of Sport Sciences, Department of Physical Education and Sport, University of Granada, Granada, Spain.
•4Department of Physiology, Faculty of Pharmacy, Faculty of Sport Sciences, and Institute of Nutrition and Food Technology, University of Granada, Granada, Spain.
•5Department of Public and Occupational Health, EMGO+ Institute for Health and Care Research, VU University Medical Centre, Amsterdam, The Netherlands.
•6Department of Physical Education, Faculty of Education Sciences, University of Cádiz, Cádiz, Spain.
•7Research Centre in Physical Activity, Health and Leisure, University of Porto, Porto, Portugal.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:48 | FMの検査

身体表現性障害は脳の異常が原因


方法:分類不能の身体表現性障害の基準に合致する医学的に説明のできない症状の患者を調べ、皮質下WMHsの程度により3群に分類: grade 0, grade 1, and grade 2. 皮質下WMHsはFazekas grading.を用いて評価。症状の強さと認知機能の差を3群で比較。結果:The grade 2群が症状が最も強い。さらにthe grade 2 群はその他の群より認知機能が低い。
Nord J Psychiatry. 2015 Jun 24:1-8. [Epub ahead of print]
White matter hyperintensities are associated with the severity of late-life somatoform disorders and executive functions.
Inamura K1, Shinagawa S, Nagata T, Tagai K, Nukariya K, Nakayama K.
•1Keisuke Inamura, Department of Psychiatry, Jikei University School of Medicine, Kashiwa Hospital , Chiba , Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:45 | その他

アセトアミノフェンは新生児には鎮痛効果がない


コクラン総説。新生児 (出生30日以内)の痛みの予防又は治療のためのparacetamolの無作為振り分けおよび無作為振り分けに類似した対照研究。主要な結果:偏りの危険性が低い8つの研究で, 614人の新生児で痛みの治療に用いられたparacetamolを評価。痛みのある手段にはheel lance(かかとを針で突く),補助装置を使った普通分娩、未熟(児)網膜症(retinopathy of prematurity:ROP) の確認のための目の検査および大きな手術後の術後ケアーを含む. 各研究の結果は有痛性の状態としてメタ解析で統合はできなかった, paracetamolの使用および手段の比較および結果の計測が異なっていた.水, cherry elixir(サクランボの万能薬) 又はEMLA クリームと比較するとParacetamol はheel lance後の痛みを有意には減らさない. 針で突いた3分以内のThe Premature Infant Pain Profile score (PIPP) はparacetamol 群のほうが経口ぶどう糖群よりも高かった(mean difference (MD) 2.21, 95% confidence interval (CI) 0.72 to 3.70;一つの研究, 38人の新生児). Paracetamolは補助装置を使った普通分娩後の"modified facies scores" を減らさなかった(1つの研究, 119人の新生児). 別の研究では(n = 123), paracetamol 座薬群は偽薬の座薬群よりも生後2時間でのthe Échelle de Douleur et d'Inconfort du Nouveau-Né scoreは有意に高かった(MD 1.00, 95% CI 0.60 to 1.40). that研究では,生後2-3日で heel lanceにさらされた新生児では, Bernese Pain Scale for Neonates scoresは paracetamol群のほうが偽薬群よりも有意に高く, 新生児が泣く時間が長かった (MD 19秒, 95% CI 14 to 24). 目の検査では,目の検査の最初と最後の45秒のPIPP点数は有意には減少せず, 目の検査後5分でも同じ. 一つの研究では(n = 81), paracetamol 群のほうが24%蔗糖群よりもPIPP 点数は有意に高かった(MD 3.90, 95% CI 2.92 to 4.88).大きな胸部手術又は腹部手術の術後ケアでは, 48時間で用いられたmorphineの総量 (µg/kg)は無作為に振り分けられたparacetamol群の方が無作為に振り分けられたmorphine 群よりも有意に少なかった(MD -157 µg/kg, 95% CI -27 to -288). どの研究でも副作用は報告されず。著者の結論:Paracetamol はheel lance又は目の検査に関連した痛みを有意には減らさなかった. 補助装置を使った普通分娩後に投与されたParacetamoはのちの痛みへの暴露で反応を大きくするかも。 効果がなく、副作用の可能性があるため、痛みを伴う処置においてParacetamolを使用すべきではない。大きな手術後にはParacetamolはmorphineの総必要量を減らすかも, そしてparacetamol使用のこの面ではさらなる研究が必要。
Cochrane Database Syst Rev. 2015 Jun 25;6:CD011219. [Epub ahead of print]
Paracetamol (acetaminophen) for prevention or treatment of pain in newborns.
Ohlsson A1, Shah PS.
•1Departments of Paediatrics, Obstetrics and Gynaecology and Institute of Health Policy, Management and Evaluation, University of Toronto, 600 University Avenue, Toronto, ON, Canada, M5G 1X5.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:42 | アセトアミノフェン、NSAID

むずむず脚症候群は心血管疾患の危険因子か


臨床記録と併合したアルゴリズムを用いて、一次性RLSおよび二次性RLS Kaiser Permanente Northern California (KPNC)のメンバーを見つけた。各 RLSの症例を年齢、性別、人種/民族、郵便番号、メンバーの期間でマッチさせたRLSの臨床記録のない50人と対応させた。解析のために、研究開始時の冠動脈疾患(coronary artery disease:CAD: 狭心症, 急性心筋梗塞, 冠動脈血管再生術, CAD death), 心血管疾患(cardiovascular disease:CVD) (CADプラス脳卒中), および高血圧を除外した. 新しい心血管イベントを臨床記録から確認。出来事の発生、KPNCからの退会、死亡のどれかが起こると経過観察中止。このコホート解析では473,358人―年を平均3.91 年、6か月から12年経過観察。生存曲線および比例ハザード回帰モデルを含む生存解析の方法を用いて, RLSの状態とCVDの関連を評価。結果: 7,621人の一次性RLSと4,507人の二次性RLS。全般的には、一次性RLSは二次性RLSよりも若く、合併症が少ない。経過観察の期間, CVDが 478人の一次性RLSコホートメンバーの中で診断され, CADが 310人で診断され, 高血圧が1,466人で診断された. 経過観察中に二次性RLSコホートメンバーの中で、CVD, CAD, および高血圧が各々451, 338, および598人で診断された。多変量で解析すると、一次性RLSは CVD (hazard ratio (HR) = 0.95; 95% confidence interval (CI) 0.86-1.04) およびCAD (HR = 0.99; 95%CI 0.89-1.13)に関してはコホートの比較で同程度の発生の危険性であり、高血圧発生の危険性はわずかに増加(HR = 1.19; CI 1.12-1.25).二次性RLSに分類された人はCVD (HR = 1.33; CI 1.21-1.46), CAD (HR = 1.40; CI 1.25-1.56), および高血圧(HR = 1.28; CI 1.18-1.40)の危険性がわずかに増加。
Sleep. 2015 Jun 16. pii: sp-00438-13. [Epub ahead of print]
Risk of Cardiovascular Disease Associated With a Restless Legs Syndrome Diagnosis in a Retrospective Cohort Study from Kaiser Permanente Northern California.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-23 21:47 | むずむず脚症候群

セロトニン症候群


通常の臨床の場でのセロトニン症候群(serotonin syndrome:SS) 。方法:1985年1月1日から2013年5月27日までのフランスの医薬品安全性監視データベースに登録されたSSの後ろ向き解析. Sternbach, Radomski, 又はHunter SS診断基準を満たした臨床症状の症例のみを解析した。結果:解析した症例の125例の大部分 (84.0%) はセロトニン作動薬の最近の変化に関連した (導入、投与量の増量または過量). 抗うつ薬が最も頻繁に使用されたセロトニン作動薬であり, 大部分はセロトニン再吸収阻害薬(SRIs, 42.1%) そしてSNRI(9.1%,主に venlafaxine), TCA(8.6%, 主にclomipramine), およびいくつかのMAOI (6.2%, 主にmoclobemide). 非向精神薬では主にopioids (14.8%, 主にtramadol). 大部分の症例(59.2%)は薬力学的薬―薬関連(drug-drug interactions:DDIs)の結果であり, SRIs + opioids (大部分はparoxetine + tramadolの組み合わせが最も多い。しかし, SSは 単一のセロトニン作動薬でもかなりの症例で生じ(40.8%), 多くはSRIs (主にfluoxetine)又は venlafaxineの通常量。最後に, 主要な薬物動態的なDDI は症例の1/5 (20.8%)で重要な役割。
J Clin Psychopharmacol. 2015 Jun 16. [Epub ahead of print]
Serotonin Syndrome: Analysis of Cases Registered in the French Pharmacovigilance Database.
Abadie D1, Rousseau V, Logerot S, Cottin J, Montastruc JL, Montastruc F.
•1From the *Department of Medical and Clinical Pharmacology, Faculty of Medicine, Toulouse; †Regional Pharmacovigilance Center, Centre Hospitalier Universitaire, Grenoble; and ‡Regional Pharmacovigilance Center, Hospices Civils de Lyon, Lyon, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-23 21:39 | その他

大腸憩室出血の危険因子


方法:2009年1月から2012年12月まで, 我々の施設で26,602人の患者が大腸内視鏡(colonoscopy:CS) を受けた。急性下部胃腸出血のために、123人が緊急CSを受けた。72人の患者が大腸憩室出血と診断された。149人の年齢、性別をマッチさせた対照群を、同じ期間にCSを受けたが非出血性の憩室のある患者から選択。症例と対照の間の憩室出血の危険因子を比較。結果:単変量および多変量条件付きロジスティック回帰解析によるとNSAIDの使用 (odds ratio [OR], 14.70; 95% confidence interval [CI], 3.89 to 55.80; p<0.0001),心血管疾患の存在 (OR, 8.66; 95% CI, 2.33 to 32.10; p=0.00126), および高尿酸血症(OR, 15.5; 95% CI, 1.74 to 138.00; p=0.014) は大腸憩室出血の有意な予測因子。
Gut Liver. 2015 Jun 19. doi: 10.5009/gnl14407. [Epub ahead of print]
Analysis of Risk Factors for Colonic Diverticular Bleeding: A Matched Case-Control Study.
Sugihara Y1,2, Kudo SE1, Miyachi H1, Misawa M1, Okoshi S1, Okada H2, Yamamoto K2.
•1Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan.
•2Department of Gastroenterology and Hepatology, Okayama University Graduate School of Medicine, Okayama, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-23 21:37 | アセトアミノフェン、NSAID

筋骨格痛に対するマッサージ(系統的総説)


無作為臨床研究の系統的総説。筋骨格障害の人。単独治療としてのマッサージ治療(軟部組織の徒手治療)。一次的な結果は痛みと機能。結果:26の条件に合った無作為振り分け研究が2565人の参加者を含んだ。1研究あたりの平均の参加者は95人(16-579人の範囲); 10の研究は偏りの危険性が低いとみなされた。全体的には軽度―中等度のレベルのエビデンスでマッサージは無治療に比べると短期間肩痛や膝のOA患者の痛みを短期間軽減したが、腰痛や頸部痛ではそうではなかった。さらに、軽度から中等度のレベルのエビデンスでマッサージは無治療に比べると腰痛、膝の関節炎又は肩痛の患者の機能を短期間改善した。一つの研究の軽度から大変軽度のエビデンスによりFM、腰痛や全般的な筋骨格痛患者において、マッサージは鍼、関節モビライゼーション、徒手治療やリラクゼーションよりも明確な効果はなかった。まとめ:単独治療としてのマッサージ治療はいくつかの筋骨格疾患において無治療に比べると痛みを軽減し機能を改善した。マッサージをその他の治療と比較すると明確な優越性はなかった。
J Physiother. 2015 Jun 17. pii: S1836-9553(15)00058-2. doi: 10.1016/j.jphys.2015.05.018. [Epub ahead of print]
Massage therapy has short-term benefits for people with common musculoskeletal disorders compared to no treatment: a systematic review.
Bervoets DC1, Luijsterburg PA1, Alessie JJ2, Buijs MJ2, Verhagen AP1.
•1Department of General Practice, Erasmus MC, University Medical Center, Rotterdam.
•2Avans University of Applied Science, Breda, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-23 21:33 | FMの非薬物治療
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line