<   2015年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


ビタミンCはCRPSを予防しない(メタ解析)


ビタミンCは橈骨遠位端骨折患者のCRPSを予防するかどうかのメタ解析。2014年9月6日まで。選択基準:vitamin Cを偽薬と比較した対照研究を含んだ。患者の年齢、性別、骨折の程度、又は骨折治療に基づいて除外はせず。χ testおよび I statisticを用いて異質性を定量化。ランダム効果モデルを用いて結果を統合。 結果:橈骨遠位端骨折患者の3つの研究(n = 890)では, vitamin CはCRPSの危険性を減らさず (risk ratio = 0.45; 95% confidence interval, 0.18-1.13; I = 70%). 異質性は診断基準で説明できるが、vitamin Cの使用方法又は骨折治療では説明できない。まとめ:橈骨遠位端骨折患者でCRPSを予防するビタミンCのエビデンスでは有意な効果を示せず。エビデンスの全般的な質は低く、これらの結果は臨床的な見解と患者の好みの絡みで解釈すべき。非治
Orthop Trauma. 2015 Aug;29(8):e235-e241.
Vitamin C to Prevent Complex Regional Pain Syndrome in Patients With Distal Radius Fractures: A Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials.
Evaniew N1, McCarthy C, Kleinlugtenbelt YV, Ghert M, Bhandari M.
•1Division of Orthopaedics, Department of Surgery, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 19:13 | 複合性局所疼痛症候群

むずむず脚症候群と片頭痛には双方向的な関連がある


方法:頭痛クリニックからRLSを合併した片頭痛患者を集めた。症候性RLS患者, RLS類似患者,毎日の頭痛患者、または毎日のRLS発作患者は除外.患者は2週間、日記に頭痛とRLSを記録。頭痛とRLS発作を4点の (0-3) Likert尺度で評価 Logit-normal, random-effects モデルを用いて頭痛とRLS発作の時間的な関連のオッズ比(odds ratios:ORs)を推定。結果:RLSを合併した片頭痛患者30人 (28 F/2 M, 平均年齢35.5 ± 9.0歳)が研究完了。420の毎日の日記記録に基づくと, 片頭痛発作は同日および翌日の続発するRLS発作に関連した(OR = 6.94, 95% confidence interval (CI) = 4.39-11.0 and OR = 3.00, CI = 1.92-4.68; both p < 0.001). RLS発作はDay 1のみで続発する片頭痛発作に関連した(OR = 1.97 (CI = 1.3-2.98; p = 0.01).全般的には,2週間以内の片頭痛とRLS 発作の頻度は相関した (Spearman's correlation = 0.56, p = 0.001).まとめ:我々の研究の結果によると、片頭痛発作とRLS発作の間には双方向的な引き金の関連があった。片頭痛がRLSを引き起こす関連はその逆の関連より、強く、長期間継続。
Cephalalgia. 2015 Jul 20. pii: 0333102415596444. [Epub ahead of print]
Bidirectional triggering association between migraine and restless legs syndrome: A diary study.
Chen PK1, Fuh JL2, Wang SJ3.
•1Department of Neurology, Lin-Shin Hospital, Taiwan Department of Neurology, China Medical University Hospital, Taiwan School of Medicine, China Medical University, Taiwan.
•2Department of Neurology, Neurological Institute, Taipei Veterans General Hospital, Taiwan Faculty of Medicine, National Yang-Ming University School of Medicine, Taiwan.
•3Department of Neurology, Neurological Institute, Taipei Veterans General Hospital, Taiwan Faculty of Medicine, National Yang-Ming University School of Medicine, Taiwan Brain Research Center, National Yang-Ming University School of Medicine, Taiwan sjwang@vghtpe.gov.tw.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 19:09 | むずむず脚症候群

アトピーは慢性疲労症候群の危険因子


アトピーとCFSの関連を人口に基づいたコホート研究を用いて調べた。the National Health Insurance Research Databaseのこの前向きの人口に基づいたコホート研究において, we identified 42,558人のアトピー患者と170,232 人のアトピーではない人を2005年から2007年までに同定し、2011年まで経過観察した。コックス比例ハザード回帰を用いてCFSの発生率と危険性を推定。全般的なCFSの発生率はアトピーコホートの方が非アトピーコホートよりも高く(1.37 versus 0.87 per 1000人―年), 補正したハザード比は1.48 (95% 信頼区間1.30-1.69).アトピーコホートにおけるCFSの危険性は、各nonexisting合併症ごとに1.47- to 1.50倍増加した. 多くのアトピー症状がある患者CFSの危険性の増加の生物学的勾配を示し, そして危険性は、年齢、性別、および合併症で補正すると有意に変化し、1.46倍から2.5倍まで増加した。本研究では、アトピーはCFSと関連し、特に多くのアトピー症状がある患者では関連した。その機序は不明。
Medicine (Baltimore). 2015 Jul;94(29):e1211.
Increased Risk of Chronic Fatigue Syndrome Following Atopy: A Population-Based Study.
Yang TY1, Kuo HT, Chen HJ, Chen CS, Lin WM, Tsai SY, Kuo CN, Kao CH.
•1From the Molecular and Genomic Epidemiology Center, China Medical University Hospital, China Medical University, Taichung (T-YY); Division of Nephrology, Department of Internal Medicine, Changhua Christian Hospital, Changhua (T-YY); Department of Developmental and Behavioral Pediatrics, China Medical University Hospital (H-TK); School of Medicine, China Medical University (H-TK); Management Office for Health Data, China Medical University Hospital (H-JC); Department of Public Health, China Medical University; Asia University (H-JC); Division of Chinese Trauma, China Medical University Hospital, China Medical University, Taichung (C-SC); Department of Diagnostic Radiology, Chang Gung Memorial Hospital, Chiayi (W-ML); Chang Gung University, Taoyuan (W-ML); Department of Laboratory Medicine (Clinical Pathology), Mackay Memorial Hospital, Taipei (S-YT); Department of Health Policy and Management, Bloomberg School of Public Health, Johns Hopkins University, Baltimore, MD (S-YT); Kau-Tang Traditional Medical Hospital (C-NK); Department of Nuclear Medicine and PET Center, China Medical University Hospital (C-HK); and Graduate Institute of Clinical Medical Science and School of Medicine, College of Medicine, China Medical University, Taichung, Taiwan (C-HK).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 19:06 | 慢性疲労症候群

アセトアミノフェンは急性膵炎の危険因子


2000年から2011年までTaiwan's National Health Insurance (NHI)プログラムの縦断的な人口に基づいたデータベースを用いて後ろ向きコホート研究を行った。 Acetaminophenコホートは新たにacetaminophen 中毒と同定された20歳以上の患者からなる (N = 2958). 比較コホートはacetaminophen中毒の既往のない無作為に選択された患者からなる. The acetaminophen および比較コホートは年齢、性別、およびindex yearをマッチさせ (N = 11,832) 1:4の比.各患者は index dateから急性膵炎の診断が下るまで、 NHIプログラムから離脱するまで又は, 2011年12月31日まで経過観察. コックス比例ハザード回帰モデルを用いて、acetaminophenの急性膵炎の危険性への影響を決めた。acetaminophen コホートは比較コホートよりも急性膵炎の危険性は3.11倍高く(11.2 vs 3.61 per 10,000 人―年), 補正したハザード比は2.40 (95% confidence interval, 1.29-4.47). 35―49歳の患者、男性、合併症のある患者、経過観察1年以内は発生率がかなり高かった。
Medicine (Baltimore). 2015 Jul;94(29):e1195. doi: 10.1097/MD.0000000000001195.
Acetaminophen Poisoning and Risk of Acute Pancreatitis: A Population-Based Cohort Study.
Chen SJ1, Lin CS, Hsu CW, Lin CL, Kao CH.
•1From the Department of Emergency Medicine (S-JC); Division of Cardiology (C-SL), Department of Internal Medicine, Tri-Service General Hospital, National Defense Medical Center; Department of Emergency Medicine (C-WH), School of Medicine; Department of Emergency and Critical Medicine (C-WH), Wan Fang Hospital, Taipei Medical University, Taipei; Management Office for Health Data (C-LL), China Medical University Hospital; College of Medicine (C-LL); Graduate Institute of Clinical Medical Science and School of Medicine (C-HK), College of Medicine, China Medical University; and Department of Nuclear Medicine and PET Center (C-HK), China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 19:03 | アセトアミノフェン、NSAID

抗うつ薬は冠動脈バイパス移植術後の出血や入院での死亡には関連しない


方法:the Premier Perspective Comparative Databaseの中で2004年から2008年まで冠動脈バイパス移植(coronary artery bypass grafting:CABG)を受けた患者を同定。ABGの前にSSRIs, その他の抗うつ薬を摂取する, 又は抗うつ薬を摂取しないかどうかを調べ、Cox比例ハザードモデルを用いて暴露群の間での出血と死亡を比較しwhile adjusting for potential confounders based on管理資料, pre-CABG charge codes, and discharge diagnosis codes.結果:132,686人の該当する患者: 7112人はSSRIsに暴露, 1905人はその他の抗鬱薬に暴露、そして123,668人は暴露されず. 非暴露群に比べると, SSRIs (hazard ratio [HR] 0.98; 95 % confidence interval [CI] 0.90-1.07)もその他の抗うつ薬も (HR 1.11; 95 % CI 0.96-1.28) 主要な出血は増加せず, SSRIs (HR 0.93; 95 % CI 0.80-1.07)もその他の抗うつ薬も (HR 0.84; 95 % CI 0.62-1.14)死亡率は増加しない。Both SSRIs (HR 1.14; 95 % CI 1.10-1.18)およびその他の抗鬱薬(HR 1.11; 95 % CI 1.03-1.19) は1つ以上のパックされた赤血球(packed red blood cell:pRBC)単位を受けることが少し増加するが, 3つ以上のpRBC 単位を受けることには関連しない(SSRIs ではHR 1.06; 95 % CI 0.96-1.17; その他の抗鬱薬ではHR 1.09; 95 % CI 0.91-1.31)。まとめ:この大規模なコホート研究では, SSRIsもその他の抗うつ薬も主要な出血や入院での死亡には関連しない。
Selective Serotonin Reuptake Inhibitor Use and Perioperative Bleeding and Mortality in Patients Undergoing Coronary Artery Bypass Grafting: A Cohort Study.
Gagne JJ1, Polinski JM, Rassen JA, Fischer MA, Seeger JD, Franklin JM, Liu J, Schneeweiss S, Choudhry NK.
•1Division of Pharmacoepidemiology and Pharmacoeconomics, Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, 1620 Tremont Street, Suite 3030, Boston, MA, USA, jgagne1@partners.org.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 18:59 | 抗うつ薬

慢性局所痛症、慢性広範痛症


局所痛(local pain:LP), regional (RP), and widespread pain (WSP)。方法:痛みの側面 (強度, 頻度, 期間および身体マネキン上への解剖学的広がり), 合併症と痛みの結果(すなわち就労状況, 身体活動, 健康ケアの消費およびサービスん経験と健康ケアの治療) を記載した郵送アンケートを南東スウェーデンに住む9000人の成人に送った。そのうち、4774人 (53 %)がアンケートを完了し返送。9週間後、経過観察のアンケートを最初のンケートを返送した人2983に送った (すなわち4774人の62 %).そのうち, 1940人がアンケートを返送(すなわち2983人の65 %). 経過観察のアンケートは最初のアンケートと同じ内容。結果:この研究によると痛みの広がりに基づいた3つのカテゴリー(LP, RPおよび WSP)において、痛みの強度、頻度、および期間、合併症、日常の機能と健康ケアを求めることには差があった。RP およびLPの者と比較すると, WSPの者は教育レベルが低く、心疾患や高血圧の頻度が多いことを含む全般的な健康が悪かった。さらに, WSPの者は痛みが強く、高頻度であり、長時間持続し、より多くの医療的な受診が必要となり、仕事への影響が多い。RPの者は痛みの頻度や強度、仕事への影響の点で中間群である。LPの者は、これらの要因の点では最も影響の少ない群である。RPへのかなりの推移は経過観察の9週までに起こった。
BMC Musculoskelet Disord. 2015 Jul 24;16(1):165.
Comorbidities, intensity, frequency and duration of pain, daily functioning and health care seeking in local, regional, and widespread pain-a descriptive population-based survey (SwePain).
Grimby-Ekman A1,2, Gerdle B3, Björk J4, Larsson B5.
•1Occupational and Environmental Medicine, University of Gothenburg, Gothenburg, Sweden. Anna.Ekman@amm.gu.se.
•2Division of Community Medicine, Department of Medical and Health Sciences, Faculty of Health Sciences, Linköping University, Pain and Rehabilitation Center, Anaesthetics, Operations and Specialty Surgery Center, County Council of Östergötland, Linköping, Sweden. Anna.Ekman@amm.gu.se.
•3Division of Community Medicine, Department of Medical and Health Sciences, Faculty of Health Sciences, Linköping University, Pain and Rehabilitation Center, Anaesthetics, Operations and Specialty Surgery Center, County Council of Östergötland, Linköping, Sweden. Bjorn.Gerdle@liu.se.
•4Division of Occupational and Environmental Medicine, AMM, Lund University, Lund, Sweden. Jonas.Bjork@med.lu.se.
•5Division of Community Medicine, Department of Medical and Health Sciences, Faculty of Health Sciences, Linköping University, Pain and Rehabilitation Center, Anaesthetics, Operations and Specialty Surgery Center, County Council of Östergötland, Linköping, Sweden. Britt.Larsson@liu.se.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 18:56 | FMの疫学

脳卒中後の抗うつ薬投与は30日間の死亡率を低下させる


方法: 2003年から2010年までthe former Aarhus Countyに入院していたthe Danish Stroke Registryからの人口に基づいた患者の経過観察研究。この期間に, 入院中の抗うつ薬の使用をthe Danish Stoke Registryに登録。この登録には脳卒中のタイプ, 脳卒中の程度および入院中の脳卒中ケアの質を含む臨床的な情報を含む。合併症と併用薬を含むバイタルサインと共変量の情報は以下の人口に基づいた医療登録から得た: the Danish Civil Registration System, Danish Medicines Agency's Medical Register およびThe Danish National Patients Registry. 情報はすべてのデンマーク住民に割り当てられた市民登録とリンク。多変量ロジスティック回帰を用いて、入院中に抗うつ薬で治療した患者の治療を受けていない患者に対する30日間の死亡率の補正したオッズ比(OR)を計算。さらに, we did stratified analyses on 性別、年齢、脳卒中の程度で階層化して解析し、傾向点数でマッチさせた解析とmultiple imputationを行った.結果:以前抗うつ薬を内服しておらず初めて脳卒中になった5,070人中、 955人 (18.8%)は入院から抗うつ薬の投薬まで中央値で5日で投薬開始 (四分位範囲2-11). 抗うつ薬を投与された患者の方が、それで治療されなかった患者よりも、脳卒中の程度が強い患者の割合が高かった。入院中に抗うつ薬で治療された患者はそれで治療されなかった患者に比べて補正した30日間の死亡率は 0.28 (95% confidence interval (CI) 0.18-0.43). 脳卒中の程度での階層化は効果改善を示し、年齢と性別による階層化はそうではない。傾向点数をマッチさせた解析には1,908人の患者を 1:1でマッチさせた. 傾向点数でマッチさせた補正した30日以内の死亡のORは0.31 (95% CI 0.19-0.49)。まとめ:抗うつ薬の早期治療は重度の脳卒中で行われやすいが、治療は有意に死亡率を低下させる。この結果は無作為振り分け研究で確かめられるべき;しかし, 脳卒中後の抗うつ薬の早期使用は安全でもっと行われるべきかもしれない。
Cerebrovasc Dis. 2015 Jul 11;40(1-2):81-90. [Epub ahead of print]
Early Antidepressant Treatment and All-Cause 30-Day Mortality in Patients with Ischemic Stroke.
Mortensen JK1, Johnsen SP, Larsson H, Andersen G.
•1Danish Stroke Centre, Department of Neurology, Aarhus University Hospital, Aarhus C, Denmark.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-20 21:42 | 抗うつ薬

慢性痛における喫煙率


方法:この人口研究にはthe Mayo Comprehensive Pain Rehabilitation Center に1998年1月から2012年12月までに入院した5350人の患者(1256は喫煙者, 4094人は非喫煙者)を含む。喫煙状態は自己報告のアナケートで調べた。結果:15年間の喫煙率は23.5 % (95 % CI 22.4 - 24.6). 2000, 2005, および2010の喫煙率は各々 24.2, 25.7, および28.3 %. FM, 腰痛症、頭痛患者における喫煙率は各々25.2 % (95 % CI 22.8 - 28.3), 22.8 % (95 % CI 21.3 - 25.9), および21.2 % (95 % CI 17.9 - 24.7)。年齢と性別で補正した多変量ロジスティックモデルによると、オピオイドの使用は現在の喫煙状態と有意に関連した。まとめ:一般人口と比較して慢性痛患者における喫煙率は低下傾向にはない。FM,腰痛症、頭痛を含む慢性痛患者における喫煙率は高いまま。
Tob Induc Dis. 2015 Jul 17;13(1):17.
Prevalence of smoking in adults with chronic pain.
Orhurhu VJ1, Pittelkow TP2, Hooten WM3.
•1Mayo Clinic College of Medicine, Rochester, MN 55905 USA.
•2Department of Anesthesiology, Division of Pain Medicine, Mayo Graduate School of Medicine, Rochester, MN 55902 USA.
•3Department of Anesthesiology, Division of Pain Medicine, Mayo Clinic College of Medicine, 200 First Street SW, Rochester, MN 55905 USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-20 21:39 | その他の疼痛

リリカは人工膝関節置換術後の痛みには無効


前向き、無作為振り分け、盲検、偽薬対照研究、pregabalin はTKR後2週の痛みを軽減するが眠気や困惑を増加させるという仮説を調べた。方法:患者(各群30人)は pregabalinの入ったカプセルを飲んだ (0, 50, 100, or 150 mg); 2カプセルは術前に, 1日2回の1カプセルは術後(POD) 14日まで, one on POD15, and one on POD16.大腿神経ブロック、硬膜外麻酔、oxycodone-paracetamol, and meloxicamを含む組み合わせ鎮痛法。一次的な結果は屈曲時の痛み(POD14).結果:Pregabalinは2週時での安静時、歩行時、屈曲時の痛みを軽減しなかった(各々P=0.69, 0.23, および0.90). Pregabalin はPOD1での眠気を増加させた (34.5, 37.9, 55.2,および 58.6% 、各々0, 50, 100, および150 mg投与; P=0.030), しかし困惑を増加させなかった (各々0, 3.5, 0, and 3.5%; P=0.75). Pregabalinは急性痛、慢性痛、オピオイド消費、又は鎮痛の副作用には効果がなかった。 Pregabalinは POD14での患者の満足を低下させた [1-10 scale, 中央値(first quartile, third quartile): 各々9 (8, 10), 8 (7, 10), 8 (5, 9), and 8 (6, 9.3); P=0.023). プロトコール遵守はPOD14で63% (各々50.0, 70.0, 76.7, および56.7%の遵守率), 投与量による遵守には差がなかった。患者の訴えのPer-protocol解析によるとpregabalinは痛み点数には影響がなかった.
Br J Anaesth. 2015 Aug;115(2):285-93. doi: 10.1093/bja/aev217.
Pregabalin and pain after total knee arthroplasty: a double-blind, randomized, placebo-controlled, multidose trial†.
YaDeau JT1, Lin Y2, Mayman DJ3, Goytizolo EA2, Alexiades MM3, Padgett DE3, Kahn RL2, Jules-Elysee KM2, Ranawat AS3, Bhagat DD2, Fields KG4, Goon AK2, Curren J2, Westrich GH3.
•1Department of Anesthesiology, Hospital for Special Surgery, 535 East 70th Street, New York, NY 10021, USA yadeauj@hss.edu.
•2Department of Anesthesiology, Hospital for Special Surgery, 535 East 70th Street, New York, NY 10021, USA.
•3Deparment of Orthopaedic Surgery, Hospital for Special Surgery, 535 East 70th Street, New York, NY 10021, USA.
•4Healthcare Research Institute, Hospital for Special Surgery, 535 East 70th Street, New York, NY 10021, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-20 21:34 | 抗痙攣薬

SSRIによる催奇形性


人口に基づいた症例―奇形の対照研究が、生きた出産, 妊娠20週からの胎児の死亡および胎児奇形のための妊娠の終了を含む1995-2009年の210万人の出生をカバーする12のEUROCAT先天異常(congenital anomalies:CA)登録で行われた。特異的な先天性心疾患(congenital heart defects:CHD) のある赤ん坊/胎児(n = 12,876) および非―CHD 際立ったCA (n = 13,024), を奇形(その診断されたCAは文献上SSRIとは関連しない)の対照(n = 17,083)と比較した. 第一三分期でのSSRI暴露はCHDと全般的に関連し (OR adjusted for registry 1.41, 95 % CI 1.07-1.86, fluoxetine adjOR 1.43 95 % CI 0.85-2.40, paroxetine adjOR 1.53, 95 % CI 0.91-2.58) 重篤なCHD (adjOR 1.56, 95 % CI 1.02-2.39)と関連し, 特にFallot四徴症 (adjOR 3.16, 95 % CI 1.52-6.58) およびEbstein's anomaly(異常) (adjOR 8.23, 95 % CI 2.92-23.16)と関連する。 SSRI 暴露と有意な関連が肛門―直腸の閉鎖(症)/狭窄 (adjOR 2.46, 95 % CI 1.06-5.68), 腹壁破裂(adjOR 2.42, 95 % CI 1.10-5.29), 腎形成異常(adjOR 3.01, 95 % CI 1.61-5.61), および内反尖足(adjOR 2.41, 95 % CI 1.59-3.65)にもあった. これらのデータはSSRIsの特定の異常に対する催奇形効果を示が, 適用や関連する要因による交絡を除外できない。
Eur J Epidemiol. 2015 Jul 7. [Epub ahead of print]
Selective serotonin reuptake inhibitor antidepressant use in first trimester pregnancy and risk of specific congenital anomalies: a European register-based study.
Wemakor A1, Casson K, Garne E, Bakker M, Addor MC, Arriola L, Gatt M, Khoshnood B, Klungsoyr K, Nelen V, O'Mahoney M, Pierini A, Rissmann A, Tucker D, Boyle B, de Jong-van den Berg L, Dolk H.
•1WHO Collaborating Centre for the Epidemiologic Surveillance of Congenital Anomalies, Room 12L23, Centre for Maternal, Fetal and Infant Research, Institute of Nursing and Health Research, Ulster University, Shore Road, Newtownabbey, BT37 0QB, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-12 10:02 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line