<   2015年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧


同じ診断基準を用いても、むずむず脚症候群とWillis-Ekbom Diseaseでは有病率が異なる


ブラジル。方法:新たに卒業した医師が自分自身にRLS/WEDが存在するかどうか自己評価するように依頼された. 参加者は無作為に2群に分けられた。一群はRLSの自己評価を求められ, 他の群はWEDの自己評価を求められた。一群の人は'あなたはRestless Legs Syndromeですか?'と尋ねられ、 他の群の人は'あなたはWillis-Ekbom Diseaseですか?'と尋ねられた. 両方のフォームにはthe International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG)によって提案されたRLS診断のための4つの基準およびその基準に基づく自己診断のinstructionsが含まれていた.結果:研究対象は1413人の新たに卒業した医師. RLSという用語のフォームを渡された708人のうち, 87人 (12.28%)が自分自身をRLSと診断した. 逆にWED という用語のフォームを渡された705人のうち, 13人 (1.84%) が自分自身をWEDと診断した (p <0.0001).まとめ:これはRestless Legs Syndromeという用語は、この疾病分類を表示するために最も適切ではないかもしれないことを示す。
Sleep Med. 2015 Sep;16(9):1156-9. doi: 10.1016/j.sleep.2015.05.022. Epub 2015 Jul 2.
Willis-Ekbom Disease or Restless Legs Syndrome?
Carlos K1, Prado LB2, Carvalho LB2, Prado GF2.
•1Department of Neurology, Neuro-Sono Sleep Center, Universidade Federal de São Paulo, São Paulo, SP, Brazil. Electronic address: ka.carlos1@hotmail.com.
•2Department of Neurology, Neuro-Sono Sleep Center, Universidade Federal de São Paulo, São Paulo, SP, Brazil.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:24 | むずむず脚症候群

複合性局所疼痛症候群と神経障害性疼痛の筋肉エコー所見の違い


神経障害性疼痛に罹患した7人の患者の肢の筋肉とCRPS-1の7人の患者の罹患した肢の筋肉のエコーの比較。2つの状態の区別の所見。CRPSの筋肉の筋骨格超音波検査の特徴は変化するor/and全体的な筋肉内の構造的な崩壊と筋肉量の喪失. お互いに癒着した隣接した筋肉は均一なエコー輝度の高い組織の塊を示す。筋肉の浮腫は数人で見られた.これに対して, 神経障害性疼痛に罹患した筋肉の筋骨格超音波検査(Musculoskeletal ultrasonography:MSK USG) は構造的な正常を示すが筋肉量はかなり減少. 筋骨格超音波検査は、臨床的診断基準のみが診断の手助けになるこの2つの状態を区別する診断方法として有望。
Pain Pract. 2015 Aug 26. doi: 10.1111/papr.12338. [Epub ahead of print]
Musculoskeletal Ultrasonography to Distinguish Muscle Changes in Complex Regional Pain Syndrome Type 1 from Those of Neuropathic Pain: An Observational Study.
Vas L1, Pai R1.
•1Interventional Pain Medicine, Ashirvad Institute for Pain Management and Research, Mumbai, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:20 | 複合性局所疼痛症候群

線維筋痛症患者においては肥満者は症状が重篤

方法:FM患者を3つのBMI 分類に分けた: 正常体重、過体重、および肥満。BMIの増加の to core process FM 変数と症状と障害,および 医学的合併症と人口統計学的データ、社会経済的データ、精神的データ、および治療データへの関連を求めた。結果:224人の患者中, 0.4%は低体重; 25.9%は正常体重; 29.9%は過体重; 43.8%は肥満. グループ内には、年齢、性別、人口統計学データ、FM症状, FIQ点数, およびACR 1990基準とFM疫学基準の合致の点で差がなかった. 肥満のFM患者は, 正常体重の患者に比べると, h Patient Health Questionnaire 9で計測した抑うつ点数が高く (13.2 [6.6] vs 10.5 [6], P = 0.03), Health Assessment Questionnaire Disability Index scoresによる障害の増加の報告 (1.3 [0.6] vs 0.9 [0.6], P < 0.001), 運動が少なく(8.4% vs 25.4%, P = 0.003), 医学的な合併症が多く (1.5 [1.3] vs 0.7 [0.9], P < 0.001), FMのための薬が多く (3.5 [2.2] vs 2.1 [1.8], P < 0.001), 虐待の有病率の報告が高く(48% vs 33.9%, P = 0.016) そして性的虐待が多い(17.3% vs 6.8%, P = 0.01)。まとめ:正常体重の患者に比べると, 肥満FM患者は障害が強く、医学的合併症の報告が多く、運動が少なく、虐待の発生率が高く, 抑うつ症状の報告が増加し、FMの薬の摂取が多い. 二変量解析は、BMIの増加とthe Health Assessment Questionnaire Disability Index (FIQではない)および抑うつの関連を示した.
J Clin Rheumatol. 2015 Sep;21(6):289-295.
Fibromyalgia and Obesity: The Association Between Body Mass Index and Disability, Depression, History of Abuse, Medications, and Comorbidities.
Gota CE1, Kaouk S, Wilke WS.
•1From the *Orthopedic and Rheumatologic Institute, Cleveland Clinic, Cleveland; and †Ohio State University, Columbus, OH.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:17 | FMの疫学

気分障害がない方が糖尿病性性神経障害にサインバルタが有効


方法:COMBO-DN研究のデータに基づき, DPNPの多国家研究を行い, the potential impact of baseline characteristics on pain relief after 8-week monotherapy with 60 mg/day duloxetine 又は300 mg/day pregabalinの8週間の単独治療の鎮痛に影響する治療前の特徴を、共変量の解析を用いて評価。 治療前の特徴と効果によりサブグループ化。結果:804人を評価。治療は気分症状と有意な関連があり、duloxetineで治療した患者で大きく痛みが軽減した患者は気分症状がなかった[Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS) 抑うつ又は不安サブスケール点数<11; -2.33 (duloxetine); -1.52 (pregabalin); p = 0.024].年齢(<65 or ≥65 歳), 性別, 治療開始時の痛みの強さ[Brief Pain Inventory Modified Short Form (BPI-MSF) average pain <6 or ≥6], 糖尿病性神経障害の期間(≤2 or >2 年), 治療開始時のHbA1c(<8% or ≥8%), 合併症の存在と併用薬の使用のサブグループと治療には有意な関連はなかった。
Eur J Pain. 2015 Aug 27. doi: 10.1002/ejp.763. [Epub ahead of print]
Are there different predictors of analgesic response between antidepressants and anticonvulsants in painful diabetic neuropathy?
Marchettini P1,2, Wilhelm S3, Petto H4, Tesfaye S5, Tölle T6, Bouhassira D7, Freynhagen R8,9, Cruccu G10, Lledó A11, Choy E12, Kosek E13, Micó JA14, Späth M15, Skljarevski V16, Lenox-Smith A17, Perrot S18.
•1Pain Medicine Center, Department of Neurology, Hospital San Raffaele, Milano, Italy.
•2Pain Pathophysiology and Therapy, University of Southern Switzerland, Manno, Switzerland.
•3Regional Medical Affairs, Lilly Deutschland GmbH, Bad Homburg, Germany.
•4Global Statistical Sciences, Lilly Austria, Vienna, Austria.
•5Diabetes Research Unit, Royal Hallamshire Hospital, Sheffield, UK.
•6Neurologische Klinik und Poliklinik, Technische Universität, München, Germany.
•7INSERM U987 Centre d'Evaluation et de Traitement de la Douleur, Hôpital Ambroise Paré, Boulogne Billancourt, France.
•8Zentrum für Anästhesiologie, Intensivmedizin, Schmerztherapie & Palliativmedizin, Benedictus Krankenhaus, Tutzing.
•9Klinik für Anästhesiologie, Technische Universität München, Germany.
•10Department of Neurology & Psychiatry, Sapienza University, Roma, Italy.
•11Departamento de Neurología, Clínica Creu Blanca, Barcelona, Spain.
•12Section of Rheumatology, Institute of Infection & Immunity, Cardiff University, UK.
•13Department of Clinical Neuroscience, Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden.
•14Department of Neuroscience, CIBER of Mental Health, CIBERSAM, University of Cádiz, Spain.
•15Spital Linth, Rheumatologie, Uznach, Switzerland.
•16Lilly Research Laboratories, Indianapolis, USA.
•17Medical Affairs, Eli Lilly & Company, Basingstoke, UK.
•18INSERM U-987 Centre de la Douleur, Hôpital Hotel Dieu, Université Paris Descartes, Paris, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:13 | 抗うつ薬

NSAIDは勃起機能不全の原因ではないようだ


方法:当初勃起機能不全(ED)のないthe Prostate Cancer Prevention Trial (PCPT)の偽薬群の4,726 人の男性からのデータ。EDの発生は軽度/中等度(正常機能の低下)および強度(機能の消失)と定義. 比例ハザードモデルを用いてNSAID-関連の医学状態および時間依存性のNSAID使用とEDの危険性の関連で補正した共変量を概算.結果:関節炎(HR: 1.56), 慢性筋骨格痛 (HR: 1.35), 全体的な筋骨格の訴え(HR:1.36), 頭痛(HR:1.44), 坐骨神経痛(HR:1.50), およびアテローム性動脈硬化疾患(HR:1.60) はすべて軽度/中等度の EDの危険性の増加と有意に関連するが,全体的な筋骨格の訴え (HR:1.22), 頭痛(HR:1.47) およびアテローム性動脈硬化疾患(HR:1.60) のみが強度のEDの危険性の増加と関連する. 非アスピリンNSAID 使用は軽度/中等度の EDの危険性の増加と関連し (HR: 1.16, p=0.02)、 Aspirin使用は強度の EDの危険性の増加と関連 (HR:各々 1.16, p=0.03). NSAID使用とEDの危険性の関連はNSAID使用の補正を行うと減弱した。まとめ:このコホートにおけるNSAID使用とEDの危険性の中等度の関連はNSAID使用の適用によるものらしかった. NSAID使用はEDと関連しなかった。
BJU Int. 2015 Aug 25. doi: 10.1111/bju.13264. [Epub ahead of print]
Non-steroidal Anti-inflammatory Drug use Not Associated with Erectile Dysfunction Risk: Results from the Prostate Cancer Prevention Trial.
Patel DP1, Schenk JM2, Darke A3, Myers JB1, Brant WO1, Hotaling JM1.
•1Division of Urology, University of Utah, Salt Lake City, UT, USA.
•2The Cancer Prevention Program, Fred Hutchinson Cancer Research Center, Seattle, WA, USA.
•3SWOG Statistical Center, Fred Hutchinson Cancer Research Center, Seattle, WA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:09 | アセトアミノフェン、NSAID

抗うつ薬は認知症を発生させやすい


primary care クリニックのう抑うつ選別研究において、登録時に認知症がない60歳以上の3688人の患者による後ろ向きコホート研究。抗うつ薬使用と経過観察中の認知症の発生の情報は電子医療記録から検索した。Cox比例ハザードモデルを用いて5 つの参加者の群の間の認知症発生の危険性を比較した: SSRIのみ, 非-SSRIのみ (non-SSRI), SSRI および非-SSRIの混合群,抑うつがあるが抗うつ薬を内服しない群, 抑うつがなく抗うつ薬を内服しない群. SSRI およびnon-SSRI 使用者は抑うつがなく抗うつ薬を飲んでいない者と比べて認知症の危険性が有意に高い(SSRI 使用者ではhazard ratio [HR]=1.83, P=0.0025 、non-SSRI 使用者ではHR=1.50, P=0.004).さらに, SSRIs使用者は強度の抑うつがあり抗うつ薬を使用しない者よりも認知症の危険性が有意に高い (HR=2.26, P=0.0005).
Alzheimer Dis Assoc Disord. 2015 Aug 19. [Epub ahead of print]
Antidepressant Use in the Elderly Is Associated With an Increased Risk of Dementia.
Wang C1, Gao S, Hendrie HC, Kesterson J, Campbell NL, Shekhar A, Callahan CM.
•1Departments of *Biostatistics §Psychiatry #Medicine, Indiana University School of Medicine †Richard M. Fairbank School of Public Health, Indiana University ∥Regenstrief Institute Inc. ‡Indiana University Center for Aging Research, Indianapolis ¶Department of Pharmacy Practice, Purdue University School of Pharmacy, West Lafayette, IN.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-23 11:32 | 抗うつ薬

オピオイドは認知症を発症させるか

前向きコホート研究。当初Group Health登録を少なくとも10年している65歳以上の地域に基づいた人(N = 3,434; 年齢の中央値74).計測:The Cognitive Abilities Screening Instrument (CASI) を2年後ごとに行った. 点数が低くなれば詳細な評価を行い,学際的な委員会が認知症の診断を行った。コンピューター化された薬のデータから, 累積opioid 暴露は10 年間で調剤された全標準量(total standardized doses:TSDs) で定義された(前駆症状の可能性のために最も最近の年は除外)。比較のために, NSAIDsの使用, 特徴の類似性を調べた。結果:平均7.3年の経過観察で797人の参加者 (23%) が認知症になった; 637 人(19%) はAlzheimer's病の可能性又はそうかも.累積のopioid使用では, 認知症のハザード比(hazard ratios:HRs) は0―10のTSDsに対して、11―30 TSDs 1.06 (95% confidence interval (CI) = 0.88-1.26), 31―90 TSDsでは 0.88 (95% CI = 0.70-1.09), そして91以上のTSDs では1.29 (95% CI = 1.02-1.62). 同様のパターンがNSAID使用にも見られる. Opioidの重度使用はより急速は認知機能の低下には関連せず。まとめ:opioid またはNSAIDの最も重度の使用はほとんど使用していない又はまったく使用していない人に比べると少し認知症の危険性が高い。これらの結果は慢性痛の認知又は残留交絡への影響を示すのかも. opioidsにはその他の危険性もあるが, オピオイドの長期間使用の認知への特異的な有害性のエビデンスはほとんどない.
J Am Geriatr Soc. 2015 Aug;63(8):1519-26. doi: 10.1111/jgs.13562.
Prescription Opioids and Risk of Dementia or Cognitive Decline: A Prospective Cohort Study.
Dublin S1,2, Walker RL1, Gray SL3, Hubbard RA4, Anderson ML1, Yu O1, Crane PK5, Larson EB1,5.
•1Group Health Research Institute, Seattle, Washington.
•2Department of Epidemiology, University of Washington, Seattle, Washington.
•3School of Pharmacy, University of Washington, Seattle, Washington.
•4Center for Clinical Epidemiology and Biostatistics, Department of Biostatistics and Epidemiology, Perelman School of Medicine, University of Pennsylvania, Philadelphia, Pennsylvania.
•5Division of General Internal Medicine, Department of Medicine, University of Washington, Seattle, Washington.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-23 11:29 | オピオイド

腎移植のむずむず脚症候群への影響

方法:腎移植が成功した後の75人の患者 (39人の男性, 36人の女性) を評価。RLS 腎移植後6か月で全患者は、選択された検査指標の調査と共に、RLSに焦点を当てた自己報告のアンケートを完了。アンケートは RLS診断のためのthe International Restless Legs Syndrome Study Group基準に合致。結果:75人の患者のうち30 人(40.54 %) はRLSの診断基準に合致. RLS陽性群から,腎移植後 8人 (26.7 %) は症状の完な軽減, 13人 (43.3 %) は症状の改善, 6人 (20.0 %) は不変で3人 (10.0 %)は症状悪化。RLS陽性群の中で, 患者の大部分(26-86.7 %)は夕方症状が発症しそしてRLS 陽性患者の21人 (70.0 %) は腎疾患の発生後に症状が生じた。
Impact of kidney transplantation on restless legs syndrome.
Chrastina M, Martinková J, Minar M, Zilinska Z, Valkovic P, Breza J.
Bratisl Lek Listy. 2015;116(7):404-7.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-23 11:24 | むずむず脚症候群

線維筋痛症外来をパンクさせないために、トラブルを起こさないために

 現在土曜日の午前午後は廣島クリニックで、火曜日と木曜日の午前中は福山リハビリテーション病院で診察をしている。
 廣島クリニックは整形外科のクリニックでフジグランという広島市の中心部の巨大モール(中規模モール?)の4階にある整形外科のクリニック。本院が別にあり、ここは分院。本院の医師が手分けして診療を担当している。土曜日は私のみが勤務している。特に土曜日の午後、診療をしている整形外科は少ないため、土曜日の午後に広島市およびその周辺で発生した整形外科的外傷患者がしばしば受診する。リハビリを中心にした整形外科のクリニックでありそこに私が専門にしている線維筋痛症およびその不完全型の患者さんが来院されている。多い日には全体で75人程度の外来患者さんが受診されている。線維筋痛症およびその不完全型の患者さんは多い日には20人強受診されている。線維筋痛症およびその不完全型の患者さんの中で広島市民は恐らく半数強。線維筋痛症およびその不完全型の患者さん以外の患者さんが多数を占めるため予約制ではない。待ち時間は10-20分程度。再診患者の診察時間は10-20分。予約制ではないため待ち期間は0(土曜日診察という待ち期間は除く)
 再診患者の場合、どのように早く診察しても平均すると1時間に8人が限度である。また使用する薬が確定するまではどのように遠方でも4週間に1回の診察が必要である。状態が悪い場合には2週間に1回の受診が必要であり、状態がさらに悪い場合には1週間に1回の受診が必要である。これを守らないと診察が荒くなり、その結果治療成績が悪くなる。
 福山リハビリテーション病院は官庁街の隣にある。病院の方針として外来を極力縮小しているが、特別に外来をしている。全員線維筋痛症およびその不完全型の患者さんであり、少ない日には2人程度、多い日でも6人程度。福山市民は1/3程度。予約制。待ち時間は10-20分程度。再診患者の診察時間は10-30分。待ち期間は1週間以内。
 私が最も恐れていることは外来がパンクすることと、トラブルが起きること。
 まずは外来がパンクしないための努力。東京や大阪の有名医師の外来はパンクしている。初診患者の待ち期間は3,4か月は当たり前。原則的に初診患者は診察せずコネがある患者のみを診察している医師もいる。予約制でも2時間待ちは当たり前。診察時間は10分以下。新患患者全員を引き受けると外来がパンクしてしまう。本当に治療を必要とする人に限定して治療をしている。そのために日々努力している。
 新患患者では、線維筋痛症ではない患者の方が線維筋痛症患者の約2倍いるが、全く同一の治療をしている。その由を書類に記載して、その書類を必ず読んでもらっている。線維筋痛症ではない患者さんの中には「線維筋痛症ではなければ治療を希望しない」という人が少なくない。私はその価値観を全く理解できないが、私の価値観を押し付けてはいない。また、線維筋痛症でもその不完全型でも治療の負の側面をすべて説明している。1:ほとんどの副作用は薬を中止すればなくなるが、眠気の副作用で転倒し骨折や脊髄損傷が起これば薬を中止しても副作用がなくなることはない。2:薬を使用すればごくわずかに死亡する確率が増える。3:適用外処方をすることが多く、その場合重篤な副作用が起きても本来もらえるはずの補償金はもらえない。4:2割程度の人は全く症状が軽減しない。特に死亡の危険性の説明により受診者が減っている。日本では治療の結果が悪ければ、逃亡や証拠隠滅の危険性がなくても逮捕されてしまう(大野病院事件)。私が逮捕されると、私自身、家族、線維筋痛症やその不完全型患者さんは非常につらい状況に追い込まれる。高血圧の場合、降圧剤を飲めば副作用で死亡する人よりも、降圧剤により寿命が延びる人の方が恐らく多いため、差し引きすると、「薬を使用すればごくわずかに死亡する確率が増える」と説明する必要はないと思う。しかし痛みの治療においては、寿命が延びることは少ないため、「薬を使用すればごくわずかに死亡する確率が増える」と説明する必要がある。実は多くの薬には死亡の可能性がある。ビタミン剤でさえ、不純物(重量比では不純物の方が多い)に対してアレルギーがあれば死亡の可能性は完全には否定できない。長期間大量摂取すると発癌性の危険性が増えるビタミン剤も存在する。「薬を使用すればごくわずかに死亡する確率が増える」を受け入れられなければ、多くの薬を飲むことができず、結果的には現在の医療を受けられなくなる。「薬を使用すればごくわずかに死亡する確率が増える」を受け入れられない価値観を私は理解できないが、私の価値観を他人には押しつけてはいない。死亡の危険性がある抗不安薬、睡眠薬、抗うつ薬、通常の鎮痛薬(NSAID)をすでに飲んでいながら、「薬を使用すればごくわずかに死亡する確率が増える」を受け入れられない価値観は全く理解できない。抗不安薬、睡眠薬を内服すると死亡率が増加することが統計学的に示されている。抗うつ薬、NSAIDでは時々死亡を引き起こすことが報告されている。「薬を使用すればごくわずかに死亡する確率が増える」を受け入れられない人が自動車にのる価値観も理解できない。自動車に乗ると交通事故死する危険性がごくわずかに増加する。それでも私の価値観を他人には押しつけてはいない。
 治療を希望しないが、「私はどこで治療を受けたらよいのでしょうか」という質問を私にする患者さんがいる。これには答えようがない。私は治療をすると言っている以上、その後の治療をどこで受けるのかは自分自身で判断していただきたい。
 意図したわけではないが、これらの説明により患者数は確実に減っている。それにより私を受診する人の待ち時間の短縮、診察時間の確保、新患患者の待ち期間の短縮に役立っている。
 また、意図したわけではないが、これらの説明によりトラブルを起こす患者の割合が減った。私の経験では複合性局所疼痛症候群患者より線維筋痛症およびその不完全型患者の方がトラブルを起こしやすい。整形外科医の間では複合性局所疼痛症候群患者はトラブルを起こしやすいとみなされている状況である。その上を行くのである。トラブルが医師以外の病院職員や病院そのものに向かうこともある。トラブルが頻発すると線維筋痛症の治療をやめるように病院から通告される危険性がある。それは何としても避けなければならない。
 初診時には問診は一切行っていない。病歴や現在の症状を紙に書いてもらっている。口頭で説明したい人がいるが、断っている。時間がかかり他の患者さんの診察時間を奪ってしまうからである。それに対して怒り帰ってしまう人もいるがやむを得ない。診察時間の確保が最優先。
 喫煙者には禁煙を厳しく指導している。喫煙のままでも治療はするが、現時点では喫煙を継続すると治療成績は極めて悪いためそれを説明している。喫煙者が受診した場合には最初の治療は禁煙である。「禁煙を完了して1か月して再診してください。喫煙のままでも治療はしますが現時点では治療成績は極めて悪い」と説明している。禁煙して再診する人はいるが、喫煙のまま再診する人はほとんどいない。この説明も結果的には患者数を減らしている。
 世の中にはモンスターと言われる人が一定の割合で必ずいる。自分の理論通り世の中が動いていると勘違いしており、いくら説明をしても聞き入れない。結局医師と患者が言いたいことを言いあっている状況になる。そのような人はいくら時間をかけても自説を引っ込めない。線維筋痛症患者さんにはモンスターの割合が一般人口におけるモンスターの割合よりも多いと感じている。正確にいえば、線維筋痛症患者さんが合併しやすい精神疾患にモンスターが多いと私は推定している。実際、線維筋痛症患者には様々な精神疾患が合併しやすいと報告されている。しかし、線維筋痛症という病名が目立つため「線維筋痛症にはモンスターが多い」ということになってしまう。私の経験をここで詳細に書くと個人批判になってしまうため詳細を書くことはできない。モンスターに対して譲歩するとその後の外来が大混乱する。できないことはできないと説明し、それを受け入れる患者さんのみが再診すればよいと考えている。患者さんとのトラブルは起きない方がよいが、回避できない人の場合には「その希望はかなえられない。あくまでその望みを主張するなら他の医療機関を受診していただきたい」と通告した方がよい。トラブル回避ができない場合には、早めにトラブルが起きた方がよいという考え方。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-22 23:27 | FMの雑感

Q熱疲労症候群と慢性疲労症候群の差


方法:Q熱疲労症候群(Q fever fatigue syndrome:QFS) (n=117) およびCFS (n=173)の二つの独立した前向き研究のデータを各々統合し解析。結果:QFSは女性が少なく、BMIが高く, 症状発生前に抑うつの治療を受けることが少ない。症状の期間で調整し、機能障害のレベルと追加的な症状の存在に関するQFS およびCFSの診断基準の差を是正した後, 女性の割合とBMIの差は有意なまま.修正後, QFS患者は有意に高齢. すべての解析で、QFS 患者はCFS患者と同程度に疲労しており苦悩していたが, 追加的な症状は少なかった. QFS患者はより強い身体的な特性を持っており, 身体活動のレベルが高い。炎症マーカーやその他の疲労に関連した認知行動の変数に関しては差がなかった。以前 CFSで確立された, 認知行動の変数と疲労の関係はQFS患者では、身体活動と疲労の逆関連を除けば、確かめられなかった。
J Psychosom Res. 2015 Jul 17. pii: S0022-3999(15)00492-4. doi: 10.1016/j.jpsychores.2015.07.005. [Epub ahead of print]
A comparison of patients with Q fever fatigue syndrome and patients with chronic fatigue syndrome with a focus on inflammatory markers and possible fatigue perpetuating cognitions and behaviour.
Keijmel SP1, Saxe J2, van der Meer JW3, Nikolaus S4, Netea MG5, Bleijenberg G6, Bleeker-Rovers CP7, Knoop H8.
•1Radboud Expertise Centre for Q fever, Department of Internal Medicine, Division of Infectious Diseases, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands; Department of Internal Medicine, Division of Infectious Diseases, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands; Expert Centre for Chronic Fatigue, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands. Electronic address: Stephan.Keijmel@radboudumc.nl.
•2Radboud Expertise Centre for Q fever, Department of Internal Medicine, Division of Infectious Diseases, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands; Department of Internal Medicine, Division of Infectious Diseases, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands. Electronic address: j_saxe@gmx.de.
•3Department of Internal Medicine, Division of Infectious Diseases, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands. Electronic address: Jos.vanderMeer@radboudumc.nl.
•4Expert Centre for Chronic Fatigue, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands. Electronic address: Stephanie.Nikolaus@radboudumc.nl.
•5Department of Internal Medicine, Division of Infectious Diseases, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands. Electronic address: Mihai.Netea@radboudumc.nl.
•6Expert Centre for Chronic Fatigue, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands. Electronic address: Gijs.Bleijenberg@radboudumc.nl.
•7Radboud Expertise Centre for Q fever, Department of Internal Medicine, Division of Infectious Diseases, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands; Department of Internal Medicine, Division of Infectious Diseases, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands. Electronic address: Chantal.Bleeker-Rovers@radboudumc.nl.
•8Expert Centre for Chronic Fatigue, Radboud university medical center, Nijmegen, The Netherlands. Electronic address: Hans.Knoop@radboudumc.nl.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-17 19:12 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line