<   2015年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧


炎症性関節炎は認知症を引き起こしやすい


方法:研究にはUKのデータベースまたはプライマリケアの記録であるthe Clinical Practice Research Datalinkからの炎症性疾患と診断された患者とマッチした対照(1:2の比)のコホートを含む。 炎症患者と対照社は年齢、性別、および地域医療をマッチさせた。研究の結果の計測はすべての原因の認知症。慢性炎症の診断と抗炎症薬represented the exposure variables of interest. 競合リスク解析を用いて暴露された変数に関連した認知症の危険性を推定。結果:1,378人 (1% ) および2,805人 (1% )の認知症が各々慢性炎症患者とマッチさせた対照群で記録された. 全身性血管炎は認知症のハザード比の増加と関連(1.75, 95% confidence interval (CI) 1.35-2.27, p <  0.001). 解析によると、治療を受けた患者の中では、全身性血管炎(1.64, 95% CI 1.24-2.18), クローン病(2.08, 95% CI 1.16-3.74), 水疱性皮膚疾患(1.55, 95% CI 1.11-2.18), および炎症性関節炎(1.33, 95% CI1.06-1.63)では認知症の危険性が高い. glucocorticoids およびNSAIDの併用療法は大部分の条件で認知症の危険性を減らし, 特に全身性自己免疫疾患では(0.41, 95% CI 0.18-0.95).
J Alzheimers Dis. 2015 Jun 26;46(4):1039-47. doi: 10.3233/JAD-150171.
Are Inflammation and Related Therapy Associated with All-Cause Dementia in a Primary Care Population?
Dregan A1, Chowienczyk P2, Gulliford MC1.
•1King's College London, Department of Primary Care and Public Health Sciences, London, UK and NIHR Biomedical Research Centre at Guy's and St Thomas' NHS Foundation Trust, London, UK.
•2King's College London, British Heart Foundation Centre, London, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-29 08:44 | その他

抗うつ薬のメタ解析には製薬会社の利益が影響する


MEDLINEを用いて, 1/2007-3/2014の間に出版された抑うつに対する抗うつ薬を評価したメタ解析を同定。著者の所属, 利益相反および、抗うつ薬が有効かどうか安全かどうかに関する負の声明をアブストラクトのまとめが含むかどうかに関するデータを抽出。結果:185の的確なメタ解析を同定。 54 (29%)のメタ解析は、著者が評価された薬の製薬会社の従業員であり147 (79%)は製薬会社と何らかの関係あり (財政支援又は著者が製薬会社の従業員and/or利益相反あり)。58のメタ解析のみ (31%)アブストラクトのまとめの声明で負の声明.評価された薬の製薬会社の従業員を著者に含むメタ解析はその他のメタ解析よりも22倍負の声明をしにくい (1/54 [2%] vs. 57/131 [44%], p<0.001).
J Clin Epidemiol. 2015 Sep 20. pii: S0895-4356(15)00429-1. doi: 10.1016/j.jclinepi.2015.08.021. [Epub ahead of print]
Meta-analyses with industry involvement are massively published and report no caveats for antidepressants.
Ebrahim S1, Bance S2, Athale A3, Malachowski C4, Ioannidis JP5.
•1Stanford Prevention Research Center, Department of Medicine, 1265 Welch Road, 3rd floor, Stanford University, Stanford, CA 94305, USA; Meta-Research Innovation Center at Stanford (METRICS), Stanford University, 1265 Welch Rd, Stanford, CA 94305, USA; Department of Clinical Epidemiology & Biostatistics, 1200 Main Street West, Room 2C, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada, L8S 4K1; Department of Anesthesia, 1200 Main Street West, HSC 2U1, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada, L8S 4K1; Department of Anaesthesia and Pain Medicine, 555 University Ave, Hospital for Sick Children, Toronto, Ontario, Canada, M5G 1X8.
•2Department of Applied Psychology and Human Development, Ontario Institute for Studies in Education, 252 Bloor Street West, University of Toronto, Toronto, Ontario, Canada, M5S 1V6.
•3Department of Rehabilitation Science, 500 University Ave, University of Toronto, Toronto, Ontario Canada, M5G 1V7.
•4Department of Health Research and Policy, Redwood Building T152, 150 Governor's Lane, Stanford University School of Medicine, Stanford, California, United States of America, 94305.
•5Stanford Prevention Research Center, Department of Medicine, 1265 Welch Road, 3rd floor, Stanford University, Stanford, CA 94305, USA; Meta-Research Innovation Center at Stanford (METRICS), Stanford University, 1265 Welch Rd, Stanford, CA 94305, USA; Department of Health Research and Policy, Redwood Building T152, 150 Governor's Lane, Stanford University School of Medicine, Stanford, California, United States of America, 94305; Department of Statistics, 390 Serra Mall, Stanford University School of Humanities and Sciences, Stanford, CA 94305, USA. Electronic address: jioannid@stanford.edu.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-29 08:41 | 抗うつ薬

線維筋痛症患者におけるサイトカイン、症状、BMIの関係


本研究では、女性FMS 患者(n= 60)と対照群(n= 60)においてサイトカイン(TNF-α and IL-6)を評価し、それとBMIやFIQRとの関連を調べた.両群患者から 4 mlを採血し、IL-6 およびTNF-αを計測。FMSの症状はFIQRで評価. BMIは通常の計測法。FMS患者群と対照群はBMIレベルに有意差あり。しかし、両群でBMI とTNF-αレベル, およびBMI とIL-6レベルには有意な関連はなかった。 しかし、患者群ではFIQR とBMIの間には有意な関連があった。 この結果によると、FMS患者群ではIL-6 およびTNF-alphaレベルはBMIには関連せず。さらにBMIの高い患者はFMSになりやすいかもしれない.そのため、体重の管理はFMSの治療に重要かも。
J Back Musculoskelet Rehabil. 2015 Jul 6. [Epub ahead of print]
Evaluating relationship in cytokines level, fibromyalgia impact questionnaire and body mass index in women with fibromyalgia syndrome.
Fatima G1, Das SK1, Verma NS2, Mahdi AA3.
•1Department of Rheumatology, King George's Medical University, Lucknow, India.
•2Department of Physiology, King George's Medical University, Lucknow, India.
•3Department of Biochemistry, King George's Medical University, Lucknow, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-29 08:36 | FMの検査

むずむず脚症候群による疾病発生の危険性


当初のe-GFR≥60 mL min-1 1.73 m-2 の百万人以上のUS 退役軍人の全国的に典型的な目向きコホート[93%が男性, 経過観察期間の中央値は8.1年 (四分位範囲: 7.0-8.5年)]から、傾向をマッチさせた7372人の患者のコホートを作り, RLSの発生と以下の項目の関連を調べた: (1) すべての原因の死亡率; (2)冠動脈疾患の発生; (3) 脳卒中の発生; および(4) e-GFR<60 mL min-1 1.73 m-2 で定義される慢性腎疾患の発生. Coxモデルを用いて関連を調べた当初の傾向でマッチさせたコホートの平均 ± SD年齢は59 ± 12 歳; 89%は白人で 8%は黒人; 31%の患者は糖尿病;当初のe-GFRの平均は83.9 ± 15.1 mL min-1 1.73 m-2 . RLSではない患者と比べると, RLSの発生は死亡の危険性を88%増加させる [hazard ratio and 95% confidence interval: 1.88 (1.70-2.08)], そして、ほぼ4倍冠心疾患と脳卒中の危険性が高くなる [各々hazard ratio: 3.97 (3.26-4.84) and 3.89 (3.07-4.94)]。慢性腎疾患発生の危険性は、RLSではない患者に比べて発生したRLS患者で、有意に高い[hazard ratio: 3.17 (2.74-3.66)]. I US退役軍人の大規模な現代のコホートでは, RLSの発生は死亡率、冠心疾患の発生、脳卒中の発生、慢性腎疾患の発生の増加と関連する。
J Sleep Res. 2015 Sep 17. doi: 10.1111/jsr.12335. [Epub ahead of print]
Association of incident restless legs syndrome with outcomes in a large cohort of US veterans.
Molnar MZ1, Lu JL1, Kalantar-Zadeh K2, Kovesdy CP1,3.
•1Division of Nephrology, Department of Medicine, University of Tennessee Health Science Center, Memphis, TN, USA.
•2Division of Nephrology, University of California, Irvine, CA, USA.
•3Nephrology Section, Memphis Veterans Affairs Medical Center, Memphis, TN, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:28 | むずむず脚症候群

慢性疲労症候群に対する訓練治療(コクラン?)


CFSはmyalgic encephalomyelitis (ME)として知られており、 1000人あたり2人から100人あたり2人と推定されており、それは度の診断基準を用いるかによる。この総説は、訓練治療が CFSの成人の治療に有効であることを示した過去のCochrane 総説(200)4の最新版。系統的総説。外来での訓練治療に参加可能な18歳以上のCFS患者。1518人の参加者のデータを含む8つの無作為振り分け臨床研究. 7つの研究は、歩行、水泳、又はサイクリングのような有酸素訓練を研究し、一つの研究は非有酸素訓練を研究した。訓練治療は12-26週間持続した。適切であれば、メタ解析を行った. 訓練治療は"受動的" 治療又は無治療よりも、治療終了時には疲労の軽減により有効。訓練治療は、 患者の日々の身体機能、睡眠の質、および自己評価の全般的な健康に正の効果。訓練後には (40%) 標準的な治療 (22%)と比較してほぼ2倍の患者が自己評価の全般的な健康が改善した. Tもし訓練治療が痛み、生活の質、不安、抑うつに効果があるとしても、結論を出すにはエビデンスはあまりにも少なくand/or質があまりにも低い。訓練治療はCFS患者の症状を悪化させず, 深刻な副作用はすべての訓練と対照群でまれである。
Eur J Phys Rehabil Med. 2015 Sep 16. [Epub ahead of print]
An abridged version of the Cochrane review of exercise therapy for chronic fatigue syndrome.
Larun L1, Odgaard-Jensen J, Price JR, Brurberg KG.

•1Primary Health Care Unit, Norwegian Knowledge Centre for the Health Services, Oslo, Norway.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:25 | 慢性疲労症候群

小児の複合性局所疼痛症候群の治療成績


方法:2004年から2012年までCRPS Iと診断された患者の医療記録を解析. the PEDS Quality of Life 4-0アンケートを含む電話インタビューを患者とその親に行った. 結果を年齢、性別、社会経済的状態をマッチさせた対照群と比較。結果:73人の患者を含む(64人の少女, 9 人の少年). 診断時の平均年齢は11.歳であり、診断までの平均期間は14.2か月。症例の89%は下肢の罹患. Allodynia, coldness およびチアノーゼは各々症例の95%, 81% および74%で見られた. 49%の患者は身体的外傷を報告。多変量解析によると、不安であること (OR = 44.9, 95% CI [7.4-273]),アトピーの背景があること(OR = 25.0, 95% CI: [4.6-135]), 良好―素晴らしい学業成績であること(OR = 8.4 95% CI [1.3-52.1]), および入眠障害があること(OR = 5.3, 95% CI [1.6-17.0])と強い関連がある. 平均37か月の経過観察時 (12-102), PEDS QL 4-0点数はCRPS患者の方が対照群よりも有意に低い. 患者の57%は治癒を認識しており、55%は再発。まとめ:子供時代のCRPS Iの発症は主に思春期直前の少女、足関節に起こる。この結果は比較的悪い結果を強調し、特にその身体的および精神側面および心理の大きな役割を強調。
Orthop Traumatol Surg Res. 2015 Sep 7. pii: S1877-0568(15)00167-X. doi: 10.1016/j.otsr.2015.06.013. [Epub ahead of print]
Complex regional pain syndrome type I in children. Clinical description and quality of life.
Bayle-Iniguez X1, Audouin-Pajot C1, Sales de Gauzy J1, Munzer C1, Murgier J1, Accadbled F2.
•1Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France.
•2Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France. Electronic address: faccadbled@wanadoo.fr.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:23 | 複合性局所疼痛症候群

抗うつ薬による性機能障害


セロトニン作動活性のあるすべての抗うつ薬は、性的衝動の減少および絶頂感の遅延は頻繁に(>60%) 又は無オーガズム[オルガスム]症および性的興奮困難は時々(30%)のような軽度から強度の性機能不全を引き起こすかも.これに対し, ノルアドレナリン作動性の, ドパミン作動性の, またはメラトニン作動性の抗うつ薬は性機能障害を引き起こさないが、多分これらの薬を摂取する患者の臨床的な側面が異なる。プロラクチンレベルを高度に高めドパミンン受容体を強くブロックする抗精神病薬は性機能不全と関連するかも。不幸なことに、抗精神病薬が症状を引き起こした後、これらの機能不全は長期間継続する。精神疾患を罹患し性機能不全(勃起困難and/orオーガズム困難)を合併する若い患者は治療成績に影響する慢性治療のコンプライアンスが悪い傾向。臨床の場面での抗精神病薬に関連した性機能障害は、主に以前性生活に満足していた患者に関連する。
Curr Opin Psychiatry. 2015 Sep 17. [Epub ahead of print]
Sexual side-effects of antidepressant and antipsychotic drugs.
Montejo AL1, Montejo L, Navarro-Cremades F.
•1aDepartment of Nursing bPsychiatry Department, University Hospital of Salamanca cIBSAL Neurosciences Area, University of Salamanca, Salamanca dDepartment of Clinical Medicine, Miguel Hernández University, San Juan de Alicante, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:20 | 抗うつ薬

低用量アスピリンによる上部消化管合併症の疫学


総説。低用量aspirin, 通常1日75-325と定義、は心血管(cardiovascular:CV)予防のために広く使用. それはCVイベントの危険性と冠疾患や心血管疾患患者の死亡を減らし、費用が安いことと長期間の抗血小板作用の長所がある。しかし、低用量アスピリンは上部胃腸(gastrointestinal:GI)の副作用と関連があり、その範囲はdyspepsia (時点有病率: 31%), 胃十二指腸糜爛(時点有病率: 60%), 内視鏡的消化性潰瘍(3か月の発生率: 7%) から症候性又は complicated(複雑?)潰瘍(上部 GI出血の年間の発生率: 0.6%;上部 GI出血の相対危険度: 2.6)まで様々. 低用量アスピリンに関連した潰瘍合併症の危険性を増加させる重要な要因は出血性消化性潰瘍の既往, 以前の消化性潰瘍, 年齢が70歳を超える, H pylori感染, およびNSAIDsとの併用, その他の抗血小板薬(例えばclopidogrel) 又は抗凝固薬との併用. 腸溶性製剤又は緩衝化製剤の使用は上部GI合併症の危険性を減らさない. 患者のGIの危険性の評価は抗血小板薬の合併症を防ぐための重大な段階. GIの危険性の高い患者では、抗分泌薬、特にPPIの併用により、消化性潰瘍又は潰瘍合併症を防ぐべきである。以前消化性潰瘍又はGI出血の既往のある長期間の低用量アスピリンが必要な患者ではH pyloriの除菌が推奨される。
Curr Pharm Des. 2015 Sep 14. [Epub ahead of print]
Epidemiology of upper gastrointestinal damage associated with low-dose aspirin.
Hsu PI, Hsu JT, Tsai TJ1.
•1Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Kaohsiung Veterans General Hospital, 386 Ta Chung 1st Road, Kaohsiung 813, Taiwan. tjtsai@vghks.gov.tw.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:18 | アセトアミノフェン、NSAID

アメリカの線維筋痛症の有病率、すでに27%の人は線維筋痛症と診断されている


方法:US National Health Interview Survey (NHIS) の変数および he 2010 ACRの予備的なFM基準の(疫学調査用の)修正を用いて、ウマチ診療におけるFMの特異的な代理研究基準を開発した。代理基準をthe 2012 NHISに適用し、症状データ基準を満たす人を同定した。 NHISが重みづけをした8446人は 225.7 百万人のUS成人を代表する。結果:FMは1.75% (95% CI 1.42, 2.07)で同定され, これは3.94百万人の患者がいることを意味する。しかし, 同定された症例の73% は患者の自己報告では医師の診断はFM以外。同定された症例は高いレベルの、自己報告の痛み、非痛み症状、合併症、精神的苦悩、医療費、〔社会保障制度による〕給付金、就労不能がある。事例性は性別、教育、民族、市民権および不健康な行動と関連。人口統計的データ、行動、および合併症は症例の状態を予測する。2010 ACR 基準の代理polysymptomatic distress scale (PSD)の検査は、FMの症状は 尺度いっぱいに広がることを示す。まとめ:基準に基づいたFM患者は症状が強いが、大部分(73%)はFMの診断を受けていない。
PLoS One. 2015 Sep 17;10(9):e0138024. doi: 10.1371/journal.pone.0138024. eCollection 2015.
The Prevalence and Characteristics of Fibromyalgia in the 2012 National Health Interview Survey.
Walitt B1, Nahin RL1, Katz RS2, Bergman MJ3, Wolfe F4.
•1National Center for Complementary and Integrative Health, National Institutes of Health, Bethesda, Maryland, United States of America.
•2Rush University Medical Center, Chicago, IL, United States of America.
•3Drexel University College of Medicine, Philadelphia, PA, United States of America.
•4National Data Bank for Rheumatic Diseases, Wichita, KS, United States of America.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:13 | FMの疫学

小児の複合性局所疼痛症候群


方法:2004年から2012年までCRPS Iと診断された患者の医療記録を解析. the PEDS Quality of Life 4-0アンケートを含む電話インタビューを患者とその親に行った. 結果を年齢、性別、社会経済的状態をマッチさせた対照群と比較。結果:73人の患者を含む(64人の少女, 9 人の少年). 診断時の平均年齢は11.歳であり、診断までの平均期間は14.2か月。症例の89%は下肢の罹患. Allodynia, coldness およびチアノーゼは各々症例の95%, 81% および74%で見られた. 49%の患者は身体的外傷を報告。多変量解析によると、不安であること (OR = 44.9, 95% CI [7.4-273]),アトピーの背景があること(OR = 25.0, 95% CI: [4.6-135]), 良好―素晴らしい学業成績であること(OR = 8.4 95% CI [1.3-52.1]), および入眠障害があること(OR = 5.3, 95% CI [1.6-17.0])と強い関連がある. 平均37か月の経過観察時 (12-102), PEDS QL 4-0点数はCRPS患者の方が対照群よりも有意に低い. 患者の57%は治癒を認識しており、55%は再発。まとめ:子供時代のCRPS Iの発症は主に思春期直前の少女、足関節に起こる。この結果は比較的悪い結果を強調し、特にその身体的および精神側面および心理の大きな役割を強調。
Orthop Traumatol Surg Res. 2015 Sep 7. pii: S1877-0568(15)00167-X. doi: 10.1016/j.otsr.2015.06.013. [Epub ahead of print]
Complex regional pain syndrome type I in children. Clinical description and quality of life.
Bayle-Iniguez X1, Audouin-Pajot C1, Sales de Gauzy J1, Munzer C1, Murgier J1, Accadbled F2.
•1Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France.
•2Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France. Electronic address: faccadbled@wanadoo.fr.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-14 17:07 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line