<   2015年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


aspirin又は非アスピリンNSAIDsは子宮内膜癌の危険性をわずかに減らす


aspirin 又は非アスピリン(non-aspirin:NA-) NSAIDsの子宮内膜癌への効果の系統的総説とメタ解析。結果:6つの症例対照研究と7つのコホート研究をメタ解析。非使用に比べると、aspirin (症例対照研究: 11%,コホート研究: 8%)およびNA-NSAIDs (症例対照研究: 9%,コホート研究: 6%)の定期使用により子宮内膜癌の危険性は減少する. しかし、統合した危険比には有意差はない.とりわけaspirin使用の頻度が高いと危険性の低下が強い (症例対照研究: 37%,コホート研究: 20%).定期的なaspirin使用と子宮内膜癌の危険性の逆相関はBMIが30を超える女性で最も強い(症例対照研究: 44%, コホート研究: 20%).まとめ:aspirin又は非アスピリンNSAIDsは子宮内膜癌の危険性をわずかに減らす。NSAIDの頻回の使用と高いBMIでは危険性の低下が大きい。
Gynecol Oncol. 2015 Dec 14. pii: S0090-8258(15)30213-4. doi: 10.1016/j.ygyno.2015.12.009. [Epub ahead of print]
Non-steroidal anti-inflammatory drugs and risk of endometrial cancer: A systematic review and meta-analysis of observational studies.
Verdoodt F1, Friis S2, Dehlendorff C3, Albieri V3, Kjaer SK4.
•1Unit of Virus, Lifestyle and Genes, Danish Cancer Society Research Center, Copenhagen, Denmark.
•2Unit of Statistics, Bioinformatics and Registry, Danish Cancer Society Research Center, Copenhagen, Denmark; Department of Public Health, University of Copenhagen, Copenhagen, and Department of Clinical Epidemiology, Faculty of Health, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark.
•3Unit of Statistics, Bioinformatics and Registry, Danish Cancer Society Research Center, Copenhagen, Denmark.
•4Unit of Virus, Lifestyle and Genes, Danish Cancer Society Research Center, Copenhagen, Denmark; Department of Gynecology, Rigshospitalet, University of Copenhagen, Denmark. Electronic address: susanne@cancer.dk.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-31 23:32 | アセトアミノフェン、NSAID

抑うつ患者において、術前の抗うつ薬による治療は、痛みおよび機能障害を有意に改善


以前の研究では、術後の痛みと機能は術前の情動障害特に抑うつにより影響されることが示されている。後ろ向き研究。方法:Duke University Medical Centerで前方からの頸部椎間板切除と癒合を受けた140 人の成人患者(術前に治療を受けた患者: 25,対照患者: 115) が本研究に含まれた. 140人の患者中, 25人の患者は抑うつ診断の既往を知られており有資格の精神科医により術前に少なくとも6か月間抗うつ薬を用いて治療を受けていた。登録の基準にはEnrollment criteria included available 利用できる人口統計的なデータ、手術データ、投薬データ、および臨床的な結果のデータを含む。患者は術前、術後3,6,12,24か月でhe Neck Disability Index (NDI), Short-Form 12 (SF-12) およびVASを完了。両間者コホートの臨床的な結果を比較。 結果:ベースラインの特徴は両群で同程度。Table 1.ベースラインの NDI (p=0.11), SF-12 PCS (p=0.63), およびVAS-頸部痛 (p=0.80)には有意差なし, Table 2.治療と対照コホートの間で神経根損傷(p=0.00)又は硬膜切開 (p=0.31) の発生には有意差なし, Table 3. 術後1年で両方のコホートはVAS-頸部痛 (p=0.92), NDI (p=0.32), SF-12 PCS (p=0.15) およびSF-12 MCS (p=0.38)は同程度の改善, Table 4. これらの結果は2年間長持ちする。2年時, 両群のベースラインからのVAS-頸部痛 (p=0.88), NDI (p=0.43), SF-12 PCS (p=0.28)および SF-12 MCS (p=0.40)の改善は同程度, Figure 1.まとめ: 我々の研究では、抑うつ患者において、術前の抗うつ薬による治療は、痛みおよび機能障害を有意に改善。
World Neurosurg. 2015 Dec 16. pii: S1878-8750(15)01668-X. doi: 10.1016/j.wneu.2015.11.067. [Epub ahead of print]
Pre-Treatment of Depression Prior to Cervical Spine Surgery Improves Patients' Perception of Post-operative Health Status: A retrospective Single Institutional Experience.
Elsamadicy AA1, Adogwa O2, Cheng J3, Bagley C1.
•1Division of Neurosurgery, Duke University Medical Center, Durham, NC.
•2Division of Neurosurgery, Duke University Medical Center, Durham, NC. Electronic address: owoicho.adogwa@gmail.com.
•3Department of Neurosurgery, Vanderbilt University Medical Center, Nashville, TN, (3)Department of Neurosurgery, University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas, TX.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-31 23:29 | 抗うつ薬

中等度から強度の痛みの線維筋痛症におけるプレガバリンの効果と安全性


研究方法:データは、FM治療のためのpregabalin (300-450 mg/day) の5つの無作為振り分け、二重盲検、偽薬対照Phase III 臨床研究からの統合。18歳以上の対象者は中等度 (≥4-<7)又は強度(≥7-10) の平均ベースライン痛み点数. 解析はmixed effects repeated measures (MMRM), baseline observation carried forward (for parameters without enough data points for MMRM), 又はロジスティック回帰を含む。臨床研究登録:Study number/ClinicalTrials.gov: 1008105/no ClinicalTrials.gov number, A0081056/NCT00645398, A0081077/NCT00230776, A0081100/NCT00333866, A0081208/NCT00830167.主要な結果の計測:評価項目には痛みと睡眠の質の点数の変化の平均を含む(8, 12週), 患者が報告した結果, および副作用(adverse events:AEs).結果:両方のベースラインの痛みの強さ群において、ベースラインの人口統計的特徴はpregabalin又は偽薬の間で同程度。中等度の痛み(5.8±0.8)又は強度の痛み(7.9±0.7) のサブグループ内で、Mean±SD ベースライン痛み強度点数はpregabalinと偽薬の間で同程度. 8週から12週まで、すべての対象者は痛みが軽減し睡眠の質が改善し、偽薬に比べてpregabalinは、そしてベースラインの中等度の痛みに比べて強度の痛みは効果が大きかった (すべてp<0.01). Pregabalinは全般的に耐用性が良好であり、AEの所見は過去に出版された研究と一致しており, AEはベースラインの中等度の痛みと強度の痛みのサブグループで同様。この統合した解析の欠点には個々の研究のデザインの差 (つまり、投薬のスケジュール, 人種の分布,軽度の強さの患を含まない除外基準)を含む。まとめ:ベースラインの痛みが中等度又は強度のであるFM患者において痛みを軽減し睡眠の質を改善するためにPregabalinは12週間有効であり, ベースラインの痛みが強度のサブグループの方が効果が大きい。AEsは pregabalin'sの知られた安全性の特徴と一致しており、中等度の痛みと強度の痛みのサブグループで差がない。
Curr Med Res Opin. 2015 Dec 22:1-30. [Epub ahead of print]
The safety and efficacy of pregabalin for treating subjects with fibromyalgia and moderate or severe baseline widespread pain.
Clair A1, Emir B1.
•1a Pfizer Inc , New York, NY , USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-31 23:19 | FMの薬物治療各論

妊娠中のアセトアミノフェンの使用は子供の自閉症の危険因子:デンマーク全国出生コホート研究


妊娠中のacetaminophen使用は子供の自閉症スペクトラム障害(autism spectrum disorders:ASD)の危険性を高めるのかどうか調べるために平均12.7年のthe Danish National Birth Cohort (DNBC; 1996-2002)に登録された64,322人の子供と母親を追跡調査。acetaminophen使用の情報は3つのコンピューター支援電話インタビューにより前向きで集めた。ASDの診断を確認するために、デンマークの病院および精神科の登録の記録を用いた。経過観察の終わりで、1,027人 (1.6%) の子供がASDと診断され, 345人 (0.5%) が幼児自閉症と診断された. ASD の31% (幼児自閉症の26%)は多動性障害とも診断された. 50%以上の女性が妊娠中に acetaminophen使用と報告.コックスハザードモデルを用いてハザード比 (HR) と95% 信頼区間(CI)を推定.出生前のacetaminophen使用は多動症状を伴うASDの危険性を増加させる (HR = 1.51 95% CI 1.19-1.92), しかしその他のASDではそうではない (HR = 1.06 95% CI 0.92-1.24). 長期間の使用(すなわち妊娠中20週を超える)はASD又は多動障害を伴った幼児自閉症の危険性はほぼ2倍に増加. 妊娠中の母親のacetaminophen使用は多動症状を伴ったASDのみと関連し, それは胎児期の早期にacetaminophenに暴露されることは過活動行動の表現型に明確に影響するかもしれないことを示す。
Autism Res. 2015 Dec 21. doi: 10.1002/aur.1591. [Epub ahead of print]
Maternal use of acetaminophen during pregnancy and risk of autism spectrum disorders in childhood: A Danish national birth cohort study.
Liew Z1, Ritz B1,2, Virk J1, Olsen J1,3.
•1Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles (UCLA), California.
•2Department of Neurology, School of Medicine, UCLA, California.
•3Section of Epidemiology, The Institute of Public Health, University of Aarhus, Aarhus, Denmark.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-22 23:08 | アセトアミノフェン、NSAID

慢性疲労症候群における運動後の腸管と血液の微生物叢の変化


ME/CFS 症状の労作後の悪化は腸から全身循環へのバクテリアルトランスロケーション(腸管内細菌が体内に移行しないように普段働いている粘膜のバリアーが、長期の絶食による腸粘膜の萎縮やいろいろな病態に伴う免疫能低下などにより、弱まったために細菌が体内に移行する状態のこと)によると仮説を立てた。この仮説を調べるために, 最大運動の前、15分後、48時間後、72時間後に10人の臨床的な特徴のあるME/CFS患者と10人のマッチさせた健常な対照群の臨床的な報告、血液、便を集めた。血液と便の微生物叢を調べた。便の微生物叢は、ME/CFS患者と健常対照者でいくつかの主要な細菌門が異なる. 最大運動後, ME/CFS 患者ではベースラインから運動後72時間までで9つの主要な細菌門/属のうち6つが比較的増加し、対照群では9つの門/属のうち2つのみが増加(p = 0.005). ME/CFS患者では運動後の血液からの特異的な細菌門の消失と細菌の配列の高いレベルの維持が運動後72時間維持されversus 対照群での消失には有意な差があった.これらの結果は、対照群に対するME/CFS患者における変化した腸内微生物叢の全身的な効果を示す。 運動を行うとME/CFS患者では腸管内の主要な微生物叢の豊富さが有意に変化したが、健常対照者では見られなかった。さらに, 対照群に比べて、血液からの細菌の消失は ME/CFS患者では運動後には遅れる。これらの所見は、ME/CFS患者における運動後の変化した腸管微生物叢および増加したバクテリアルトランスロケーションの役割を示し、それはME/CFS患者が経験する運動後の深刻な不快感不快感.を説明するかも。
Changes in Gut and Plasma Microbiome following Exercise Challenge in Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS).
Shukla SK1, Cook D2,3, Meyer J2, Vernon SD4, Le T1, Clevidence D3, Robertson CE5, Schrodi SJ1, Yale S6, Frank DN5.
•1Marshfield Clinic Research Foundation, Marshfield, WI, United States of America.
•2William S. Middleton Memorial Veterans Hospital, Madison, WI, United States of America.
•3University of Wisconsin, Madison, WI, United States of America.
•4Bateman Horne Center of Excellence, Salt Lake City, UT, United States of America.
•5University of Colorado Denver Anschutz Medical Campus, Aurora, CO, United States of America.
•6Marshfield Clinic, Marshfield, WI, United States of America.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-22 00:06 | 慢性疲労症候群

骨折は慢性広範痛症の危険因子


40-69歳の502,656人からなるthe UK Biobankコホートのベースラインのデータ。方法:現在のchronic widespread bodily pain (CWBP)の定義は' all over the bodyに痛みがありますか' という質問に対する答えがイエスでありand 'yes' to 3か月を超えてall over the bodyに痛みを感じますか'という質問に対する答えがイエスであることに基ずく。確固たる標準誤差を用いた多変数ポアソン回帰を用いて脊椎、股関節、上肢、下肢の骨折(ベースラインのインタビューから5年以内の発生、自己報告で記録)と CWBPの関連を交絡因子で補正して調べた。 結果: 501,733 人の参加者(平均年齢56.5歳)のうち, 7130人がCWBPを報告し23,177 人が上肢、下肢、脊椎and/or股関節の骨折に罹患していた. 以前骨折を報告した者はそうでない者よりも有意にCWBPを報告しやすい。可能性のある危険因子(年齢、性別、人口統計的要因、生活スタイルおよび社会経済的要因および精神的要因)で補正すると,リスク比は弱まるが統計的に有意のままであり、脊椎骨折の男性 (risk ratio (RR) 2.67, 95 % confidence interval (CI) 1.66-4.31; p < 0.001) 脊椎骨折の女性(RR 2.13, 95 % CI 1.35-3.37, p = 0.001)および股関節骨折の女性(RR 2.19, 95 % CI 1.33-3.59; p = 0.002)ではCWBPの危険性は2倍を超える.
Arch Osteoporos. 2016 Dec;11(1):1. doi: 10.1007/s11657-015-0252-1. Epub 2015 Dec 17.
Chronic widespread bodily pain is increased among individuals with history of fracture: findings from UK Biobank.
Walker-Bone K1, Harvey NC1,2, Ntani G1, Tinati T1, Jones GT3, Smith BH4, Macfarlane GJ3, Cooper C5,6,7.
•1MRC Lifecourse Epidemiology Unit, University of Southampton, Southampton, SO16 6YD, UK.
•2NIHR Southampton Biomedical Research Centre, University of Southampton and University Hospital Southampton NHS Foundation Trust, Southampton, UK.
•3Musculoskeletal Research Collaboration (Epidemiology Group), University of Aberdeen, Aberdeen, UK.
•4Division of Population Health Sciences, University of Dundee, Dundee, UK.
•5MRC Lifecourse Epidemiology Unit, University of Southampton, Southampton, SO16 6YD, UK. cc@mrc.soton.ac.uk.
•6NIHR Southampton Biomedical Research Centre, University of Southampton and University Hospital Southampton NHS Foundation Trust, Southampton, UK. cc@mrc.soton.ac.uk.
•7NIHR Musculoskeletal Biomedical Research Unit, University of Oxford, Oxford, UK. cc@mrc.soton.ac.uk.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-21 23:59 | FMの疫学

妊娠中のAcetaminophen使用は子供の喘息の危険性を少し高めるが、それはコーヒーで変化せず


方法:the Danish National Birth Cohortの中で登録され63 652人の生誕したsingletons。登録時のアンケートと3つのコンピューターアシストの電話インタビューにより、妊娠中の母親のacetaminophen使用とコーヒー摂取を後ろ向きに評価。A the Danish National Patient Register およびthe Danish National Prescription Registryを用いて喘息例を同定.コックス比例ハザード回帰モデルを用いて、出生前のacetaminophenとコーヒーへの暴露による喘息のハザード比(HRs)を推定。結果:可能性のある交絡因子で補正すると, 妊娠中のacetaminophen使用は子供の喘息の危険性を高くする(HR = 1.16, 95% confidence interval (CI): 1.11-1.22). 妊娠中のコーヒー摂取はわずかにその危険性を減らす (HR = 0.94, 95%CI: 0.90-0.99). しかし、acetaminophen使用による子供の喘息をコーヒー摂取が変えることに関しては強いエビデンスはない。まとめ:妊娠中のAcetaminophen使用は子供の喘息の危険性を少し高めるが、それはコーヒーを飲むことにより変化しない。
Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2015 Dec 16. doi: 10.1002/pds.3940. [Epub ahead of print]
Association of prenatal exposure to acetaminophen and coffee with childhood asthma.
Liu X1, Liew Z2, Olsen J1,2, Pedersen LH3, Bech BH1, Agerbo E4,5, Yuan W6, Li J7.
•1Section for Epidemiology, Department of Public Health, Aarhus University, Aarhus, Denmark.
•2Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles, CA, USA.
•3Department of Obstetrics and Gynecology, Institute of Clinical Medicine, Aarhus University, Aarhus, Denmark.
•4National Centre for Register-based Research, Aarhus University, Aarhus, Denmark.
•5CIRRAU-Centre for Integrated Register-based Research, Aarhus University, Aarhus, Denmark.
•6Department of Epidemiology and Social Science on Reproductive Health, Shanghai Institute of Planned Parenthood Research, WHO Collaborating Center for Research in Human Reproduction, National Population and Family Planning Key Laboratory of Contraceptive Drugs and Devices, Shanghai, China.
•7Department of Clinical Epidemiology, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-21 23:56 | アセトアミノフェン、NSAID

ベンゾジアゼピン系抗不安薬を減らすと日常生活活動が増加する


地域在住のケアを新たに開始した認知症患者の薬を減らした3か月後と6か月後のQOLとADLの変化を調べた。方法: 介入群では処方薬を減らし、非介入群は投薬計画を継続するか薬を追加した。QOLおよび ADLを各々 EQ-5D およびthe Barthel Indexの日本語版を用いて評価した. 結果: 2014年3月から7月までに地域に住んだ65歳以上の32人が長期間の介護保険の承認を得た。介入群(n = 19)は平均2.6の処方薬を中止した. 6か月後, 介入群のQOL およびADL点数の差は各々 -0.03 ± 0.29 と6.32 ± 18.6であり, 非介入群(n = 13)でのQOL およびADL点数の差は各々-0.13 ± 0.29 と-2.69 ± 23.7. 介入群では、BZD減量後6か月後には、ADL点数は 14.0 ± 11.1ほど有意に増加。まとめ:薬を減らしてもQOLは維持されているがADL点数は少し増加.さらに, BZDを減らすとADLは有意に増加.地域にする高齢者の複数投薬を減らすために薬剤師は処方を再確認する機会を作ることが必要。
J Pharm Pharm Sci. 2015 Dec;18(5):705-712.
Effects of Prescription Drug Reduction on Quality of Life in Community-Dwelling Patients with Dementia.
Sakakibara M1, Igarashi A, Takase Y, Kamei H, Nabeshima T.
•1NPO Japanese Drug Organization of Appropriate Use and Research. Sugi Pharmacy Co., Ltd. Office of Clinical Pharmacy Practice and Health Care Management, Faculty of Pharmacy, Meijo University.. sakakibara606@gmail.com.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-21 23:53 | 抗不安薬の常用量依存

ビタミンB摂取により抑うつになりにくい


に関連するかどうか調べた。 方法:ベースラインでは抑うつのない(つまり30-item Geriatric Depression Scale (GDS) <11) the Québec Longitudinal Study on Nutrition and Aging (NuAge)の参加者 (N=1368; 74±4歳; 50.5%が女性)で抑うつ発生(GDS ⩾11)または抗うつ薬治療があるか毎年調べた。摂取の三分位(食事のみおよび食事+栄養補助食品) were obtained from the mean of three non-consecutive 24-h recalls at baseline. 性別層別多変量ロジスティック回帰モデルを年齢、身体活動、身体機能、ストレスのある人生の出来事、および全エネルギー摂取で補正した。結果: 3年間で, 170人の参加者が抑うつと同定された。人口統計的要因および健康要因で補正すると、食事からB6摂取の最も高い三分位の女性は43%抑うつになりにくいが(多変量odds ratio (OR) 0.57, 95% confidence interval (CI) 0.39-0.96), エネルギー摂取で補正するとその影響は減弱。食事のB12摂取が最も高い三分位の男性では、抑うつの危険性が減少する (エネルギー補正多変量OR 0.42, 95% CI 0.20-0.90). その他の関連は見られず。
Eur J Clin Nutr. 2015 Dec 9. doi: 10.1038/ejcn.2015.202. [Epub ahead of print]
Intakes of folate, vitamin B6 and B12 and risk of depression in community-dwelling older adults: the Quebec Longitudinal Study on Nutrition and Aging.
Gougeon L1,2, Payette H3,4, Morais JA5, Gaudreau P6,7, Shatenstein B8,9, Gray-Donald K2.
•1Department of Human Nutrition, St Francis Xavier University, Antigonish, Nova Scotia, Canada.
•2School of Dietetics and Human Nutrition, McGill University, Ste-Anne-de-Bellevue, Quebec, Canada.
•3Research Center on Aging, CIUSSS de l'Estrie-CHUS, Sherbrooke, Quebec, Canada.
•4Department of Science and Community Health, Faculty of Medicine and Health Sciences, University of Sherbrooke, Sherbrooke, Quebec, Canada.
•5Department of Experimental Medicine, Division of Geriatric Medicine, Faculty of Medicine, McGill University, Montreal, Quebec, Canada.
•6Centre Hospitalier de l'Université de Montréal Research Center, Montreal, Quebec, Canada.
•7Département de Médecine, Université de Montréal, Montréal, Quebec, Canada.
•8Département de Nutrition, Université de Montréal, Montréal, Quebec, Canada.
•9Centre de Recherche, Institut Universitaire de Gériatrie de Montréal, CIUSSS du Centre-est-de-l'Île-de-Montréal, Montreal, Quebec, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-15 20:42 | その他の疼痛

線維筋痛症に対するSSRIの効果


SSRIsがFMに有効かどうかの系統的総説とメタ解析。主要な結果:各結果のエビデンスの質は非常に低い。偏りの危険性と参加者が少ない研究によりエビデンスの質を大変低いに落とした. 7つの偽薬対照研究を含み2つはcitalopram, 3つはfluoxetineそして2つはparoxetine,研究期間の中央値は8週 (4 ―16週) で383人の参加者であり, これらを統合した. すべての研究は大きな偏りの可能性が1つ以上ある。SSRIs (56/172 (32.6%))および偽薬 (39/171 (22.8%))の間で30%痛みが軽減した患者の差は小さく(10%)、risk difference (RD) 0.10, 95%信頼区間 (CI) 0.01 to 0.20; 追加的な恩恵の結果が必要になるために必要な患者数(number needed to treat for an additional beneficial outcome:NNTB) は10, 95% CI 5―100; そして全般的な改善(much 又はvery much改善したと報告した患者の割合: SSRIs患者では50/168 (29.8%)、偽薬患者では26/162 (16.0%) of patients with placebo) RD 0.14, 95% CI 0.06―0.23; NNTB 7, 95% CI 4―17. SSRIsは統計的にはあるいは臨床的には有意に疲労を軽減させない: standard mean difference (SMD) -0.26, 95% CI -0.55―0.03; 0―10尺度での絶対的な改善は7.0%, 95% CI 14.6% relative improvement to 0.8% relative deterioration; 睡眠の問題はない: SMD 0.03, 95 % CI -0.26 to 0.31; 0.8 % absolute deterioration on a 0 to 100 scale, 95% CI 8.3% relative deterioration to 6.9% relative improvement. 抑うつの改善の点でSSRIsは偽薬より優れていた: SMD -0.39, 95% CI -0.65 to -0.14; 0-10の尺度で7.6%の絶対的な改善, 95% CI 2.7% to 13.8% relative improvement; NNTB 13, 95% CI 7 to 37. 副作用による脱落率の点では、SSRIは偽薬より高くはなく、SSRIs 患者では(23/146 (15.8%)、偽薬患者では14/138 (10.1%) RD 0.04, 95% CI -0.06 to 0.14. SSRIと偽薬の間に、重篤な副作用の点では統計的又は臨床的には有意な差はなく、SSRIs では(3/84 (3.6%) 、偽薬では4/84 (4.8%) RD -0.01, 95% CI -0.07 to 0.05。著者の結論:FMのカギとなる症状、つまり痛み、疲労、睡眠障害の治療において、SSRIsは偽薬より優れているという偏りのないエビデンスはない。SSRIsはFM患者の抑うつを治療するとみなすべきかもしれない。大うつ病障害がありSSRIs を摂取する18―2歳の若年者では自殺傾向が増加すると言う黒色の枠で囲まれた[枠組み(の)・枠付き(の)]警告文[欄]は考慮すべき。
Sao Paulo Med J. 2015 Oct;133(5):454. doi: 10.1590/1516-3180.20151335T1.
Selective serotonin reuptake inhibitors for fibromyalgia syndrome.
Walitt B, Urrútia G, Nishishinya MB, Cantrell SE, Häuser W.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-15 20:39 | FMの薬物治療各論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line