<   2016年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


変形性関節症に対する局所NSAODの効果:治療ガイドライン

The European Society for Clinical and EconomicAspects of Osteoporosis and Osteoarthritis (ESCEO) の治療アルゴリズムは、もし患者に症状が継続すれば、膝OAに対して、骨祖鬆症の症候性遅発性薬(symptomaticslow-acting drugs for osteoarthritisSYSADOAs)の薬物的バックグランドとparacetamolを用いた救急薬および非薬物治療に加えて、局所NSAIDsを勧めている。局所的なNSAIDsは鎮痛には中等度の効果があり、経口NSAIDsと同程度の効果があり、危険性:利益の比が優れている。実生活における研究では、局所および経口NSAIDsは治療1年間で膝痛に同等の効果を示し,局所NSAIDsは経口NSAIDsよりも全身的な吸収が少ないため副作用が少ない.その結果,局所NSAIDsは、特に75歳以上, 合併症がある又は心血管、胃腸、腎副作用の危険性が高いOA患者において、推奨される治療の選択肢になるかも。さらに, 炎症性リウマチ疾患において局所NSAIDsを使用すると経口NSAIDsの併用が40%減少する。局所NSAIDを選択する場合には、局所薬の剤型の中での不均質のために、吸収とバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)が重要。

Efficacy and safety of topical NSAIDs in the managementof osteoarthritis: Evidence from real-life setting trials and surveys.

Rannou F1, Pelletier JP2, Martel-Pelletier J2.

  • 1Rehabilitation Unit, Rheumatology Department, Hôpital Cochin, AP-HP, INSERM UMR-S 1124, Université Paris Descartes, 27 rue de faubourg saint Jacques, 75014 Paris, France. Electronic address: francois.rannou@cch.aphp.fr.
  • 2Osteoarthritis Research Unit, University of Montreal Hospital Research Centre (CRCHUM), Montreal, Quebec, Canada.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-31 12:48 | アセトアミノフェン、NSAID

睡眠薬のマイスリーにより自殺が増加



法:台湾の全国レベル野症例対照研究で、対照群は200211日から20111231日までに自殺した又は自殺企図のために入院した2199人。対照群を作るために、年齢、性別、都市化,および職業に基づきマッチさせた症例1人に対して10人を無作為に選択した。補正したオッズ比(ORs)を用いて自殺/自殺企図とzolpidem 暴露の危険性を計測し、a zolpidemの用量反応効果を評価した。結果:統合失調症、大うつ病、双極性障害、不安、不眠、物質使用、およびその他の精神疾患の合併、theCharlson comorbidity指数,およびBZD又は抗うつ薬の使用などの可能性のある交絡因子で補正した後でも,zolpidem暴露は自殺/自殺企図の危険性を有意に増加させOR2.08 (95%CIs, 1.83-2.36). この危険性はzolpidem使用のレベルで増加した.累積1日服用量が90未満, 90179, および180 mg以上のORs (95%CIs)は各々1.90 (1.65-2.18), 2.07 (1.59-2.67), および2.81 (2.33-3.38), (for trend,P<.001). サブグループ解析によると、異なる年齢、性別、都市化レベル,職業、精神疾患、およびCharlsoncomorbidity指数レベ、および不眠のある人やない人において、zolpidemへの暴露は一貫してORを増加させた。まとめ:本研究によると、合併した精神疾患があってもなくてもzolpidem使用と自殺又は自殺企図に間には有意な関連があった(全てP<.05)


Mayo Clin Proc. 2016 Jan 6.pii: S0025-6196(15)00880-0. doi: 10.1016/j.mayocp.2015.10.022. [Epub ahead ofprint]


Association Between Zolpidem and Suicide: ANationwide Population-Based Case-Control Study.


Sun Y1, Lin CC2, Lu CJ1, Hsu CY3, Kao CH4.


  • 1Department of Neurology, En Chu Kong Hospital, New Taipei, Taiwan.
  • 2Management Office for Health Data, China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan; College of Medicine, China Medical University, Taichung, Taiwan.
  • 3Graduate Institute of Clinical Medical Science, China Medical University, Taichung, Taiwan.
  • 4Graduate Institute of Clinical Medical Science and School of Medicine, College of Medicine, China Medical University, Taichung, Taiwan; Department of Nuclear Medicine and PET Center, China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan. Electronic address: d10040@mail.cmuh.org.tw.





[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-25 22:47 | 抗不安薬の常用量依存

慢性疲労症候群における睡眠の質と腸内微生物叢の関連

21人のCFS参加者が22日間の非盲検研究を完了。糞便微生物相の解析をベースラインと研究終了時に行ったerythromycin 400 mg126日間投与。Actigraphyおよびアンケートを用いて、睡眠、症状、および気分をモニター。治療後の糞便のStreptococcusの臨床的に有意に変化を来した患者の変化 (反応者;治療後の分布<6%と定義) を治療に反応しなかった者と比較. 7人の反応者では非反応者と比較して, actigraphicの前睡眠時間がベースラインから経過観察まで有意に増加(p=0.028)。活力点数の改善は少ないStreptococcusの数と相関した(ρ=-0.90, p=0.037). 反応者と全群の両方において, 悪い気分はLactobacillusの多さと相関した. 短期間の抗生物質治療は大部分のCFS患者の腸内生態系の持続可能な変化に不十分な影響があるようだ。客観的な睡眠の指標と気分のいくつかの改善が抗生物質治療後のグラム陽性の腸内微生物叢のレベルの低下した者で見られた。

SleepSci. 2015 Nov;8(3):124-33. doi: 10.1016/j.slsci.2015.10.001. Epub2015 Oct 23.

Sleep quality and the treatment of intestinalmicrobiota imbalance in ChronicFatigueSyndrome: A pilot study.

Jackson ML1, Butt H2, Ball M1, Lewis DP3, Bruck D1.

  • 1College of Arts, Victoria University, Victoria, Australia.
  • 2Bioscreen (Aust) Pty Ltd., Victoria, Australia.
  • 3CFS Discovery, Victoria, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-25 22:34 | 慢性疲労症候群

線維筋痛症の予測因子

の研究では、FM症状の一群の人を前向きに調べた。方法:高齢の FinnishTwin Cohort の人口に基づいた8343人が1975, 1981,および1990年に健康アンケートに答えた.1990年のFM症状の質問に対する答えを3つのlatentclasses (LC)に分類:LC1は全く又はほとんど症状がない,LC2はいくらか症状がある,そしてLC3は多くのFM症状がある。年齢、性別、教育で補正して、ベースラインの(1975and 1981)局所の痛み、頭痛、片頭痛、睡眠、BMI、身体活動、喫煙、および接合性のデータを用いてこれらの症状のクラスの推定される予測因子を解析。ベースラインで高度にFMになりやすい人はこの解析から除外。最終的な多変量回帰モデルでは、局所痛、睡眠障害。および過体重はすべて多くのFM症状のクラスの人の予測因子.結果:最も強い非遺伝性予測因子は頻回の頭痛(OR 8.6, CI 95 % 3.8-19.2),次いで持続する腰痛 (OR 4.7, CI 95 % 3.3-6.7)および持続する頸部痛 (OR 3.3, CI 95 % 1.8-6.0)。まとめ:局所の痛み、頻回の頭痛、持続する腰痛と頸部痛、睡眠障害および過体重はFMと一致する症状の一群を持つ予測因子。

BMC Musculoskelet Disord. 2016 Jan15;17(1):29.

Predictors of fibromyalgia: apopulation-based twin cohort study.

MarkkulaRA1, Kalso EA2,3, Kaprio JA4,5,6.

  • 1Anaesthesiology, Intensive Care and Pain Medicine, University of Helsinki and Helsinki University Hospital, Helsinki, Finland. ritva.markkula@kolumbus.fi.
  • 2Anaesthesiology, Intensive Care and Pain Medicine, University of Helsinki and Helsinki University Hospital, Helsinki, Finland. eija.kalso@hus.fi.
  • 3Faculty of Medicine, University of Helsinki, Helsinki, Finland. eija.kalso@hus.fi.
  • 4Department of Public Health, Hjelt Institute, University of Helsinki, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.
  • 5Institute for Molecular Medicine, University of Helsinki, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.
  • 6Department of Mental Health and Alcohol Abuse Services, National Institute for Health and Welfare, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-20 16:47 | FMの疫学

むずむず脚症候群における症状悪化の発生率:系統的総説とメタ解析


RLS
治療におけるaugmentationの発生率を系統的総説とメタ解析で調べた。RLS治療中のaugmentationを報告した無作為対照研究と観察研究。18歳以上の一次性RLS患者。Fixed-effectsor random-effectsモデルを用いて解析を統合。11,543人の参加者を含む60の研究によるとaugmentatiの率は5.6%(95% confidence intervals (CI), 4.0-7.7). augmentationの発生率は長期間の治療では6.1%(95% CI, 4.1-9.1) であり、短期間の治療では3.3% (95% CI, 1.4-7.3). さらにlevodopaで治療した患者の27.1%(95% CI, 12.3-49.5) , dopamine 作動薬で治療した患者の6.0% (95% CI, 4.1-8.8),そしてpregabalinまたはgabapentinで治療した患者の 0.9% (95% CI, 0.2-3.3) augmentation発生.Augmentationは短期作用型薬の7.2% (95% CI, 5.0-10.3)で発生し、経皮薬の1.7%(95% CI, 0.6-5.0) で発生。本研究の問題点は、augmentationの発生率が薬の投与量、性別、年齢および症状の強さに基づいて評価されていないこと。治療中に100人のRLS患者の中で56人の患者でaugmentationが発生。

Medicine (Baltimore).2016 Jan;95(2):e2504. doi: 10.1097/MD.0000000000002504.

Incidence of Augmentation in Primary Restless LegsSyndrome Patients May Not Be That High: Evidence From ASystematic Review and Meta-Analysis.

Liu GJ1,Wu L, Wang SL, Ding L, Xu LL, Wang YF, Chang LY.

  • 1From the Department of Neurology, Taihe Hospital Affiliated to Hubei University of Medicine, Shiyan City, Hubei Province, China (GJL, SLW, LD, LLX, YFW); Division of Epidemiology, Department of Medicine, Vanderbilt Epidemiology Center, Vanderbilt University School of Medicine, Nashville, TN (LW); Center for Clinical and Translational Science, Mayo Clinic, Rochester, MN (LW); and Department of Neurology, Xiangyang Center Hospital Affiliated to Hubei University of Arts and Science, Xiangyang City, Hubei Province, China (LYC).


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-19 21:08 | むずむず脚症候群

天候は腰痛症に影響するのか

急性腰痛症(LBP)の治療においてparacetamol (acetaminophen)を評価するPACE研究のデータを用いて二次解析. 1604 人のLBP患者のデータを解析。天気の指標 (降水量、気温、相対湿度、気圧) をオーストラリア気象局から得た。痛みの強さは、2週間の0-10 numerical pain rating scaleで毎日評価。A generalised estimating equation解析を用いて、毎日の痛みの強さと天気の関係を異なる時期で解析 (当日、前日、前日と当日の変化). 二次モデルを重要な腰痛の予後因子で補正した. 解析によると、天気と急性LBP患者の各時期の痛みの強さの間には関連がなかった。モデルを予後因子で補正しても、関連の強さに変化はなかった。一般的に信じられているのとは異なり、結果によると、降水量、気温、相対湿度、気圧の天気の指標はどの時期でも、急性LBPの患者が報告した痛みの強さには影響せず。

Rheumatol Int. 2016 Jan12. [Epub ahead of print]

Does weather affect daily pain intensity levelsin patients with acute low back pain? A prospective cohort study.

Duong V1, Maher CG2, SteffensD3, Li Q2, HancockMJ1.

  • 1Department of Health Professions, Faculty of Medicine and Health Sciences, Macquarie University, Sydney, NSW, Australia.
  • 2Musculoskeletal Division, The George Institute for Global Health, The University of Sydney, PO Box M201, Missenden Rd, Sydney, NSW, 2050, Australia.
  • 3Musculoskeletal Division, The George Institute for Global Health, The University of Sydney, PO Box M201, Missenden Rd, Sydney, NSW, 2050, Australia. dsteffens@georgeinstitute.org.au.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-19 21:02 | その他の疼痛

脊髄損傷による痛み

the International Spinal Cord Injury Pain(ISCIP)分類に基づく脊髄損傷(SCI)患者の痛みの種類の疫学研究.後ろ向き研究。multidisciplinary pain centerで行われた。SCIである66 (51±13)に痛みがあり, 5年以上の病変が患者の67%5年以上の痛み歴が患者の54%. ISCIP分類に基づくと, 侵害受容性疼痛が患者の58% (筋骨格痛) 3% (内臓痛).受傷レベルの神経障害性疼痛が患者の53%、受傷レベルより末梢の神経障害性疼痛が患者の42%、その他の神経障害性疼痛が患者の5. 不明の痛みのタイプが患者の8. 完全麻痺の患者は不完全麻痺の患者より有意に神経障害性疼痛の頻度が高く (P=0.021)受傷レベルのSCI疼痛(P=0.00)が多い. 対麻痺患者は受傷レベルの痛みの頻度が多いが (P=0.00), 四肢麻痺の患者は受傷レベルより下の痛みが多い(P=0.00). 患者は強い痛みであり(mean intensity: 8.2 (±1.6) on a 0 to 10numerical scale)痛みの慢性化が高い段階。軽度から中等度の抑うつと不安が各々患者の53%56%. 健康に関連した生活の質は低い。

Pain assessment according to the InternationalSpinal Cord Injury Pain classification in patients with spinal cord injuryreferred to a multidisciplinary pain center.

Mahnig S1, LandmannG2, StockingerL2, Opsommer E1.

  • 1University of Health Sciences (HESAV), University of Applied Sciences and Arts Western Switzerland (HES-SO), Lausanne, Switzerland.
  • 2Centre for Pain Medicine, Swiss Paraplegic Centre, Nottwil, Switzerland.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-19 20:57 | その他の疼痛

NSAIDとアスピリンによる胃腸合併症

南イタリアの自発的な薬の副作用(adverse drugreactionsADRs) 報告システムを解析することにより、実際の生活の状況でのNSAIDs およびアセチルサリチル酸(acetylsalicylicacidLDA)の単独治療またはその併用治療としての胃腸(GastrointestinalGI)安全性のプロフィールを調べる。イタリアの医薬品の副作用調査ネットワーク(PharmacovigilanceNetworkRNF)の症例/非症例法を用いた.症例は20071月からDecember201112までにRNFGIの出来事の報告。年齢および抗癌剤又は心血管疾患の薬の併用使用で補正して非比例の計測として、非症例は同じ期間のその他のすべての症例。報告されたオッズ比(reportingodds ratioROR) 95%信頼区間を用いて、NSAIDと推定されたGI ADRsの関連を計算した。NSAIDクラスの中でサブ解析を行った.薬の副作用を報告した 2,816例の中で,374 (13.3%)GI合併症. 上部GI合併症は最も頻度が多い合併症. NSAIDs and/or LDAの併用使用で最も関連が高いが,各単独両方では関連が最も低い。各NSAIDsを調べると、GIの出来事が最も高い薬はketorolac 次いでnimesulide,diclofenac, aspirin, ketoprofen, およびibuprofen.

Pharmacol Res.2015 Dec 28. pii: S1043-6618(15)30072-4. doi: 10.1016/j.phrs.2015.12.026. [Epubahead of print]

Risk of gastrointestinal complicationsassociated to NSAIDs, low-dose aspirin and their combinations: results of aregional spontaneous reporting system.

Rafaniello C1, Ferrajolo C2, Sullo MG3, Sessa M4, Sportiello L5, Balzano A6, Manguso F7, Aiezza ML8, Rossi F9, Scarpignato C10, Capuano A9.

  • 1Department of Experimental Medicine, Section of Pharmacology "L. Donatelli", Second University of Naples, via de Crecchio 7, 80138 Naples, Italy. Electronic address: concita.rafaniello@gmail.com.
  • 2Department of Experimental Medicine, Section of Pharmacology "L. Donatelli", Second University of Naples, via de Crecchio 7, 80138 Naples, Italy. Electronic address: carmen.ferrajolo@unina2.it.
  • 3Department of Experimental Medicine, Section of Pharmacology "L. Donatelli", Second University of Naples, via de Crecchio 7, 80138 Naples, Italy. Electronic address: pina.sullo@libero.it.
  • 4Department of Experimental Medicine, Section of Pharmacology "L. Donatelli", Second University of Naples, via de Crecchio 7, 80138 Naples, Italy. Electronic address: maurizio_sessa@hotmail.it.
  • 5Department of Experimental Medicine, Section of Pharmacology "L. Donatelli", Second University of Naples, via de Crecchio 7, 80138 Naples, Italy. Electronic address: liberata.sportiello@unina2.it.
  • 6Gastroenterology Dept Cardarelli Hospital Naples, Via Antonio Cardarelli 9, 80131 Naples, Italy. Electronic address: balzano.antonio@hotmail.com.
  • 7Gastroenterology Unit, Cardarelli Hospital, Via Antonio Cardarelli 9, 80131 Naples, Italy. Electronic address: manguso@alice.it.
  • 8Complex Operating Unit of Pharmacy, AORN A Cardarelli, Via Antonio Cardarelli, 9, 80131 Naples Italy. Electronic address: marialuisa.aiezza@aocardarelli.it.
  • 9Department of Experimental Medicine, Section of Pharmacology "L. Donatelli", Second University of Naples, via de Crecchio 7, 80138 Naples, Italy.
  • 10Clinical Pharmacology & Digestive Pathophysiology Unit, Department of Clinical & Experimental Medicine, University of Parma, Via Volturno 39, 43100 Parma, Italy. Electronic address: scarpi@tin.it.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-11 19:37 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症患者における子供時代の虐待と症状の関連

方法:FM患者が詳細な虐待のインタビュー、 dolorimetry, およびアンケートに基づいた疲労、認知の自己評価および抑うつの評価を受けた。Student's t-およびchi-square testsを用いて子供時代の虐待のある者とない者の間のFM症状の差を解析した。直線回帰を用いて、可能な交絡因子で補正して虐待と症状の程度の関連を評価した。結果:111人の FM女性の中で,子供時代の身体的虐待は痛み圧迫閾値で計測された圧痛(β=-0.25,p=0.011) と圧痛点の数 (β=0.23,p=.022)の増加と臨床的に軽度ではあるが統計学的に有意に関連した. 身体的な子供時代の虐待は抑うつで補正した後の認知言語障害と関連した(β=0.27,p=0.001).精神的な子供時代の虐待は疲労と関連したが、その関連は抑うつ症状で補正すると持続せず。

Clin Exp Rheumatol. 2016 Jan 8.[Epub ahead of print]

Quantifying the influence of child abusehistory on the cardinal symptoms of fibromyalgia.

Ortiz R1, BallardED1, Machado-VieiraR1, Saligan LN2, Walitt B3.

  • 1National Institute of Mental Health, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
  • 2National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
  • 3National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD; and Medstar Research Institute, Washington Hospital Center, Washington, DC, USA. brian.walitt@nih.gov.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-11 19:32 | FMの疫学

抗不安薬と睡眠薬により死亡率が増加:系統的総説とメタ解析

睡眠薬又は抗不安薬と死亡率の系統的総説とメタ解析。睡眠薬又は抗不安薬と死亡率の関連に関するエビデンスを統合する。主要なデータベースが2014年4月までの睡眠薬と抗不安薬の使用と死亡率との関連を報告した。random-effectsモデルを用いて、統合したハザード比と95%信頼区間を推定。結果:2188の論文をスクリーニング後, 25 の研究(24のコホート研究, 1つの症例対照研究)、2,350,093人の患者、 59%が女性 (年齢18-102 歳)をメタ解析。睡眠薬または抗不安薬使用者は非使用者に比べて、死亡率の危険性が43%高くなる(hazard ratio, 1.43; 95% confidence interval, [1.12, 1.84]). 8つの研究は各性別の危険性を報告し、これらの研究の統合した結果によると男性(hazard ratio = 1.60, 95% confidence interval = [1.29,1.99])および女性(hazard ratio = 1.68, 95% confidence interval = [1.38, 2.04]) で死亡の危険性が増加した. 10の研究を統合した結果によると、BZD使用者は非使用者よりも死亡率が高かった (hazard ratio = 1.60, 95% confidence interval = [1.03, 2.49]), 一方5つの研究の統合された結果によるとZ-drugsの使用により死亡率が増加するが、その影響は統計的に有意には至らなかった(hazard ratio = 1.73, 95% confidence interval = [0.95, 3.16]). 解析では有意な異質性が観察され、含まれた研究の質は良好。まとめ:このメタ解析によると、睡眠薬と抗不安薬の使用により死亡率が増加したため注意して使用すべきである。
Aust N Z J Psychiatry. 2015 Nov 20. pii: 0004867415616695. [Epub ahead of print]
Mortality associated with anxiolytic and hypnotic drugs-A systematic review and meta-analysis.
Parsaik AK1, Mascarenhas SS2, Khosh-Chashm D3, Hashmi A4, John V3, Okusaga O3, Singh B5.
•1Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, The University of Texas Medical School at Houston, Houston, TX, USA drajayparsaik@gmail.com.
•2Health Care Management, London Training College, London, UK.
•3Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, The University of Texas Medical School at Houston, Houston, TX, USA.
•4Westpark Springs Hospital, Richmond, TX, USA.
•5Department of Psychiatry and Behavioral Science, School of Medicine & Health Sciences, University of North Dakota, Fargo, ND, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-11 19:25 | 抗不安薬の常用量依存
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line