<   2016年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


PPI(プロトンポンプ阻害薬)は認知症の危険性を高める

高齢者におけるPPIs使用と認知症発生の危険性の関連を調べる。デザイン:ドイツで最も大きい公的健康保険制度であるAllgemeine Ortskrankenkassen (AOK)2004年から2011年までの観察データを用いた前向きコホート研究。入院患者と外来患者の診断 (the International StatisticalClassification of Diseases and Related Health Problemsのドイツ語版でコード化, Tenth Revision)および薬の処方 (the Anatomical Therapeutic ChemicalClassification Systemに基づく分類)のデータを四半期ごとに利用できる.データ解析は20158月から11月まで行った。omeprazole, pantoprazole, lansoprazole,esomeprazole, 又はrabeprazoleの処方.主要な結果の計測。主要な結果はthe International Statistical Classification ofDiseases and Related Health Problems, Tenth Revisionのドイツ語版でコード化された認知症発生の診断. PPI使用と認知症発生の関連を時間依存性コックス回帰を用いて解析。このモデルを年齢、性別、合併症、および多剤投薬を含む可能性のある交絡因子で補正。結果:ベースラインで75以上であり認知症のない73 679人を解析。PPI を定期的に内服している患者medication (n = 2950; 平均[SD]年齢, 83.8 [5.4]; 77.9%が女性)PPIを内服していない患者 (n = 70 729; 平均[SD]年齢,83.0 [5.6];73.6%が女性)に比べて認知症発生の危険性が有意に増加 (hazard ratio, 1.44 [95% CI, 1.36-1.52];P < .001).まとめ:PPIを避けると認知症の発生を予防できるかも。この所見は、最近の一次データの薬物疫学的な解析およびPPIs使用はマウスの脳においてβ-amyloidのレベルを増加させるというマウスのモデルによって支持される。この関連をさらに詳細に調べるために、無作為振り分け前向き臨床研究が必要である。

JAMA Neurol.2016 Feb 15. doi: 10.1001/jamaneurol.2015.4791. [Epub ahead of print]

Association of Proton PumpInhibitorsWith Riskof Dementia: A PharmacoepidemiologicalClaimsDataAnalysis.

Gomm W1, von Holt K1, Thomé F1, Broich K2, Maier W3, Fink A4, Doblhammer G5, Haenisch B1.

1GermanCenter for Neurodegenerative Diseases, Bonn, Germany.

2FederalInstitute for Drugs and Medical Devices, Bonn, Germany.

3GermanCenter for Neurodegenerative Diseases, Bonn, Germany3Department of Psychiatry,University of Bonn, Bonn, Germany.

4GermanCenter for Neurodegenerative Diseases, Bonn, Germany4Rostock Center for theStudy of Demographic Change, Rostock, Germany.

5GermanCenter for Neurodegenerative Diseases, Bonn, Germany4Rostock Center for theStudy of Demographic Change, Rostock, Germany5Max-Planck-Institute forDemographic Research, Rostock, Germany6Institute for Sociology and Demography,University of Rostock.

PPIは骨折の頻度を高める、腎機能障害を引き起こすという報告がすでにあります。レバミピド(ムコスタ)などの代替薬があるため、レバミピドに変更可能であれば変更したほうがよいと思います。



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 20:06 | その他

術後鎮痛における、ロキソニン、セレコックス、カロナールの比較

日本。方法:ACL再建術後の内固定除去の際のセカンドルック手技又は鏡視下半月板修復/半月板切除を受けた患者で、単一施設、無作為振り分け、対照研究を行った. Celecoxib(初回投与量は400 mgでその後 200 mg), loxoprofen (60 mg), 又はacetaminophen(600 mg)を術後3時間から経口投与。100-mm VAS尺度での痛みの強さおよび治療による鎮痛の主観的評価を術後2日まで3つの治療間で比較。the per-protocol analysis principleにより得られたデータを解析。結果:432人の患者を選別し、160人を登録.前群でVAS点数は継時的に減る傾向。術後2日時点でcelecoxib治療群はacetaminophen群に比べて、安静時と運動時の痛み点数および主観的印象は有意に改善した。一方、loxoprofenacetaminophenに比べて安静時の痛み点数のみで優れていた. celecoxibおよびloxoprofenの間にはすべての比較で非有意の差のみ。各群副作用はなかった。

J Orthop Sci. 2016 Feb 14. pii:S0949-2658(15)00107-4. doi: 10.1016/j.jos.2015.11.005. [Epub ahead of print]

Comparison of the effects of treatment withcelecoxib, loxoprofen, and acetaminophen on postoperative acute painafter arthroscopic knee surgery: A randomized, parallel-group trial.

Onda A1, Ogoshi A2, Itoh M2, Nakagawa T2, Kimura M2.

  • .1Department of Orthopaedic Surgery, Zenshukai Hospital, Maebashi City, Gunma, Japan. Electronic address: aonda777@air.ocn.ne.jp.
  • 2Department of Orthopaedic Surgery, Zenshukai Hospital, Maebashi City, Gunma, Japan.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:30 | アセトアミノフェン、NSAID

アメリカにおけるベンゾジアゼピンによる死亡

アメリカ。方法:the MedicalExpenditure Panel Surveyのデータ およびthe Centers for Disease Control and Preventionからの多くの原因による死亡のデータを調べた。結果:1996年から2013年まで,成人でBZDを処方される割合は4.1% (95% confidence interval [CI] = 3.8%, 4.5%) から5.6% (95% CI = 5.2%, 6.1%)に増加し, 年間2.5%の増加 (95% CI = 2.1%, 3.0%). BZD投与量は100 000 人の成人あたり1.1(95% CI = 0.9, 1.2) から3.6 (95%CI = 3.0, 4.2) kilogram lorazepam 等量に増加(annualpercent change = 9.0%; 95% CI = 7.6%, 10.3%). 過量投与による死亡率は100 000 人の成人当たり0.58 (95%CI = 0.55, 0.62) から3.07 (95%CI = 2.99, 3.14)に増加し, 2010以後はプラトー.

Am J Public Health. 2016 Feb18:e1-e3. [Epub ahead of print]

Increasing BenzodiazepinePrescriptions and Overdose Mortality in the United States, 1996-2013.

BachhuberMA1, HennessyS1, CunninghamCO1, StarrelsJL1.

  • 1Marcus A. Bachhuber, Chinazo O. Cunningham, and Joanna L. Starrels are with Division of General Internal Medicine, Montefiore Medical Center/Albert Einstein College of Medicine, Bronx, NY. Sean Hennessy is with Center for Clinical Epidemiology and Biostatistics and Center for Pharmacoepidemiology Research and Training, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania, Philadelphia.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:27 | 抗不安薬の常用量依存

線維筋痛症患者の中でも肥満の人は症状が強い

プエルトリコのヒスパニック。方法: 144 人のFMS 患者(ACR分類基準)の横断研究.社会人口統計学的特徴, FMS-関連症状, 圧痛点(ACR基準), 合併症, およびFMS治療を調べた. BMIを計算し、患者を2群に分類: BMI ≤24.9 kg/m(2) (非過体重/肥満) and BMI ≥ 25 kg/m(2) (過体重/肥満).二変量解析と多変量解析を用いて研究グループ間の差を評価. 結果:平均 (SD) 年齢は50.2(9.9); 95.1%は女性で75.7%は過体重/肥満. 二変量解析では,過体重/肥満患者は非過体重/肥満患者よりも、自己報告の記憶障害, 不安, 息切れ,および頻尿でありやすい。さらに、圧痛点の数は過体重/肥満群の方が多い。ロジスティック回帰解析によると, 交絡変数で補正しても自己報告の記憶障害と頻尿の差は有意のまま。まとめ:PuertoRicansFMS患者において, 過体重/肥満患者は非過体重/肥満患者よりもFMS-関連兆候を経験しやすい。しかし、減量がFMSの症状の程度を改善するかどうかを解明するためにこの関連を前向き研究で確かめる必要がある。

J Obes.2016;2016:1379289. doi: 10.1155/2016/1379289. Epub 2016 Jan 18.

Clinical Manifestations Associated withOverweight/Obesity in Puerto Ricans with Fibromyalgia Syndrome.

Fred-JiménezRM1, Arroyo-ÁvilaM1, Mayor ÁM2, Ríos G1, Vilá LM1.

  • 1Division of Rheumatology, Department of Medicine, University of Puerto Rico, Medical Sciences Campus, San Juan, PR 00936, USA.
  • 2Division of Rheumatology, Department of Medicine, University of Puerto Rico, Medical Sciences Campus, San Juan, PR 00936, USA; Retrovirus Research Center, Department of Internal Medicine, Universidad Central del Caribe School of Medicine, Bayamón, PR 00960, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:23 | FMの疫学

難治性むずむず脚症候群の治療

総説:軽度のRLS/WEDは主にドパミン作動薬 dopamineagonistsDA) 治療 (pramipexole and ropiniroleを含む)およびα-2-δcalcium-channel ligandで治療をする. しかし、時間経過と共に、症状は漸増しついには薬物抵抗性になる傾向。さらに、ドパミン作動薬による長期治療は、適切な治療にもかかわらずRLS/WED症状の程度と頻度が悪化すると定義されるaugmentationを引き起こすかもしれない。RLS/WEDが難治性になった場合の治療方法を、その有用性と副作用に焦点を当てて論じる。予防方法には生活スタイルの改善と睡眠環境の改善を含む。異なる薬の選択肢がある。患者がDA治療に耐えられるのであれば、長期作用型ドパミン作動薬への変更。α-2-δcalcium-channel ligandの併用はもう一つの第一選択。難治性のRLS/WEDの場合, oxycodone-naloxoneのようなオピオイドは良好な効果を示す。鉄IV, clonazepamのようなBZDおよび抗痙攣薬には異なるレベルの効果のエビデンスがある。最終的には強度のRLS/WED症状の患者の治療は、症状、合併症、既往などにより個別の対処が必要。

CurrTreat Options Neurol. 2016 Feb;18(2):7.

Treatment Options in Intractable Restless Legs Syndrome/Willis-Ekbom Disease (RLS/WED).

Rinaldi F1,2, Galbiati A1,3, Marelli S1,3, Ferini Strambi L1,3, Zucconi M4.

  • 1Department of Clinical Neurosciences, Sleep Disorders Centre, San Raffaele Scientific Institute, Milan, Italy.
  • 2Neurology Clinic, Spedali Civili di Brescia Hospital, University of Brescia, Brescia, Italy.
  • 3Faculty of Psychology, Vita-Salute San Raffaele University, Milan, Italy.
  • 4Department of Clinical Neurosciences, Sleep Disorders Centre, San Raffaele Scientific Institute, Milan, Italy. zucconi.marco@hsr.it.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:17 | むずむず脚症候群

イギリスにおいて慢性疲労症候群患者は自殺率は高いが死亡率全体は高くはない

イングランドおよびウェールズの年齢特異的および性別特異的死亡率統計と比較して、the SouthLondon and Maudsley NHS Foundation Trust Biomedical Research Centre (SLaM BRC)の記録で観察された死亡数を用いて7年間での全原因、自殺特異的および癌特異的死亡率の標準化された死亡率の(standardisedmortality ratiosSMRs)を計算した。chronic fatigue サービスと接触があり(紹介、退院又はcase note entry) ,CFSと診断されれば研究に含めた。所見:Clinical Record Interactive Search (CRIS)から2147人のCFS症例を同定し、200711日から20131231日までに17人が死亡した.女性が1533人で11人が死亡し、614人の男性中6人が死亡した。CFS患者はイングランドおよびウェールズの一般人口と比較して、年齢でー標準化され性別で―標準化された死亡率の比(sex-standardisedmortality ratiosSMRs)は、全原因の死亡率(SMR 1·14, 95% CI 0·65-1·85; p=0·67)又は癌特異的死亡率 (1·39, 0·60-2·73; p=0·45)には有意差はなかった.解析から自殺を除外した死亡に限定してもこれは維持された.自殺に特異的な死亡率は有意に増加(SMR 6·85, 95% CI 2·22-15·98; p=0·002).解釈:CFS患者は全原因の死亡率は増加しないが自殺による死亡率はかなり増加する。

Lancet.2016 Feb 9. pii: S0140-6736(15)01223-4. doi: 10.1016/S0140-6736(15)01223-4.[Epub ahead of print]

Mortality of people with chronic fatiguesyndrome: a retrospective cohort study in England and Wales from the SouthLondon and Maudsley NHS Foundation Trust Biomedical Research Centre (SLaM BRC)Clinical Record Interactive Search (CRIS) Register.

Roberts E1, Wessely S2, Chalder T2, Chang CK3, Hotopf M2.

  • 1Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Weston Education Centre, London, UK. Electronic address: emmert.roberts@kcl.ac.uk.
  • 2Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Weston Education Centre, London, UK.
  • 3Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Denmark Hill, London, UK. Electronic address: chin-kuo.chang@kcl.ac.uk.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:12 | 慢性疲労症候群

線維筋痛症の脳の異常:メタ解析

定量的なcoordinate-based"活性化可能性推定activationlikelihood estimation" (ALE)メタ解析を用いて、神経的な脳活動又はFMS患者における痛み処理に関連した構造の変化を評価するメタ解析。37FMSの論文が ALE 解析の基準に合致(1,264, 274活性化の部位)。神経画像の異なる撮影手段の統合したALE解析および機能と構造の変化に基づいた付加解析によると、島、へんとう、前/中帯状皮質, 上側頭回,一次および二次体性感覚皮質、および舌状回において、FMS患者と対照群には差があった。我々の解析によると、 特に痛みに関連した脳の部位にFMS 研究を通しての一貫した異常の結果を示した。その他の慢性痛状態の患者で同様の変化がすでに報告されており、大部分のFMS研究において慢性痛のある人の適切な対照群を欠いており,これらの所見は慢性痛一般に関連するのか、FMS患者に特徴的であるのかは不明瞭。

Hum BrainMapp. 2016 Feb 11. doi: 10.1002/hbm.23132. [Epub ahead of print]

Coordinate-based (ALE) meta-analysis of brainactivation in patients with fibromyalgia.

Dehghan M1, Schmidt-WilckeT2, PfleidererB3, EickhoffSB4,5, Petzke F6, Harris RE7, Montoya P8, Burgmer M1.

  • 1Department of Psychosomatics and Psychotherapy, University Hospital Münster, Münster, Germany.
  • 2Department of Neurology, Berufsgenossenschaftliches Universitätsklinikum Bergmannsheil, Ruhr Universität Bochum, Bochum, Germany.
  • 3Department of Clinical Radiology, University Hospital Münster, Münster, Germany.
  • 4Institute of Neuroscience and Medicine (INM-1), Research Center Jülich, Germany.
  • 5Institute of Clinical Neuroscience and Medical Psychology, Heinrich-Heine University, Düsseldorf, Germany.
  • 6Department of Anesthesiology, Pain Medicine, University Hospital Göttingen, Göttingen, Germany.
  • 7Department of Anesthesiology, Chronic Pain and Fatigue Research, University of Michigan, Michigan.
  • 8Research Institute of Health Sciences, University of Balearic Islands, Palma, Spain.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-16 12:41 | FMの検査

出生前および生後半年までのアセトアミノフェン(カロナール)摂取は喘息の危険因子

適用による交絡因子を絡めて、出生前および乳児(最初の6か月) paracetamol暴露と喘息発症の関連を調べた。方法:3歳時の喘息の状態を評価した53169人の子供, 7歳時の喘息を評価した25394人の子供、theNorwegian Prescription Database7歳時の喘息の薬を調剤した45607人の子供の情報を利用. log-binomial回帰を用いて、補正した相対危険度(adjusted relative risksadj. RR) および95%信頼区間 (CI) を計算。結果:3歳時の喘息と出生前paracetamol暴露 (adj. RR 1.13; 95%CI: 1.02-1.25) および乳児の間のparacetamol使用(adj. RR 1.29; 95% CI: 1.16-1.45)の間には独立したささやかな関連がある. この結果は7歳時の喘息でも一貫していた。出生前paracetamol暴露との関連は異なる適用でも見られた (痛み、呼吸路感染症/インフルエンザおよび発熱). 母親の妊娠外のparacetamol使用と出生前paracetamol 使用は喘息の発症とは関連せず。二次的な解析では、出生前ibuprofen 暴露は3歳時の喘息と正の相関があるが7歳時の喘息とは相関せず。まとめ:この研究は、出生前および乳児paracetamol 暴露は独立した喘息発症と独立しているというエビデンスを提供。我々の所見によると、適用による交絡因子ではこの関連を十分に説明できない。

Int J Epidemiol 2016

Prenatal and infant paracetamol exposure anddevelopment of asthma: the Norwegian Mother and Child Cohort Study.

Magnus MC1, Karlstad Ø2, Håberg SE2, Nafstad P3, Davey Smith G4, Nystad W2.

  • 1Division of Mental and Physical Health, Norwegian Institute of Public Health, Oslo, Norway Maria.Christine.Magnus@fhi.no.
  • 2Division of Mental and Physical Health, Norwegian Institute of Public Health, Oslo, Norway.
  • 3Division of Mental and Physical Health, Norwegian Institute of Public Health, Oslo, Norway Department of Community Medicine, University of Oslo, Oslo, Norway and.
  • 4MRC Integrative Epidemiology Unit at the University of Bristol, School of Social and Community Medicine, Bristol, UK.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-16 08:56 | アセトアミノフェン、NSAID

ビタミンD補給は慢性非特異的筋骨格痛に無効:系統的総説とメタ解析

ビタミンD補給は慢性非特異的筋骨格痛(Chronic nonspecificmusculoskeletal painCNMP)に有効かどうかの系統的総説とメタ解析。まず107の研究を同定し、そのうち10の研究は 関連性の可能性があったが、7つの研究は選択基準に該当せず、除外。3つの研究をメタ解析。vitamin D補給(standardisedmean difference (SMD) 0.004; 95 % confidence interval (CI) -0.248 to0.256)CNMP患者の痛みには影響がなかった. Forest plot を用いてメタ解析の結果を示した。臨床の場面でで広範に使用されているが、D補給はCNMP患者の治療には有用ではないという、中等度のレベルのエビデンスがある。

Clin Rheumatol. 2016 Feb 9. [Epubahead of print]

Does vitamin D supplementation alleviatechronic nonspecific musculoskeletal pain? A systematic reviewand meta-analysis.

Gaikwad M1, Vanlint S2, MittinityM3, MoseleyGL4, Stocks N2.

  • 1Discipline of General Practice, School of Medicine, University of Adelaide, Level 11, Terrace Towers, 178 North Terrace, Adelaide, 5005, Australia. manasi.gaikwad@adelaide.edu.au.
  • 2Discipline of General Practice, School of Medicine, University of Adelaide, Level 11, Terrace Towers, 178 North Terrace, Adelaide, 5005, Australia.
  • 3School of Public Health, University of Adelaide, Level 7, Terrace Towers, 178 North Terrace, Adelaide, 5005, Australia.
  • 4Sansom Institute for Health Research, University of South Australia, Centenary Building C5-7, City East Campus, Adelaide, 5000, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-16 08:53 | その他の疼痛

複合尾性局所疼痛症候群に対するビスフォスフォネートの効果

方法:CRPS type Iを伴った21人の片麻痺脳卒中患者. 患者には無作為に静注pamidronate(n = 11; 累積総投与量 180 mg)又は経口 prednisolone (n = 10)を投与. 主観的な痛みおよび手のむくみ (中指,CMF, および手関節, CWの周囲径)を治療前、および治療終了後1,2、4週で計測。結果:両群とも主観的な痛みのVAS点数が1週間経過観察時に有意に改善し、それは4週間まで維持された。Time-by-group 関連は経過観察4週の時点では有意ではなかった。両群で経過観察1週でCMFは低下し、ステロイド群では経過観察4週間まで維持されていたが、 pamidronate群では2週間まで維持されていた. pamidronate 群では、4週の時点でCWは有意に変化していた. 両群で経過観察中は著しい副作用はなかった。まとめ:脳卒中後のCRPSの痛み制御において、静注pamidronate治療は安全であり、耐用性がありステロイドと同程度に有効なようである. しかし、患者数が少ないため、この解釈には注意が必要である。

Neth JMed. 2016 Jan;74(1):30-5.

Pamidronate effect compared with a steroid on complex regionalpain syndrome type I: Pilot randomised trial.

Eun Young H1, Hyeyun K, Sang Hee I.

  • 1Department of Rehabilitation Medicine, Jeju National University School of Medicine, Jeju, Korea.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-09 20:50 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line