<   2016年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


イギリスにおける慢性痛の有病率:系統的総説とメタ解析

結果:737の論文中で、19の研究が含める基準に合致し、UK139 933人の成人居住者のデータを示す。7つの研究から導かれる慢性痛(3か月を超える)の有病率は35.0%から 51.3% (統合された推定は43.5%, 95% CIs 38.4% to 48.6%). 4つの研究に基づく、中等度から強度の無力にする慢性痛の有病率は(Von Korffgrades III/IV) 10.4%から14.3%. 12の研究は 慢性痛の有病率を年齢群により階層化すると, 年齢と共に有病率は増加し18-25 歳では14.3%75歳以上では62%に増加し,若年者(18-39 )における慢性痛の有病率は30%ではある. 報告された有病率の推定のまとめとしては、CWP (統合された推定値14.2%, 95% CI 12.3% to 16.1%; 5つの研究), 慢性神経障害性疼痛(8.2% to 8.9%; 2 studies) およびFM(5.4%;1つの研究). 全ての計測された表現型において、慢性痛は男性より女性に多い。まとめ:出版された利用可能なデータに基づくと、慢性痛はUKの人口の1/3から1/2が罹患し、それは2800万人の成人に相当。

BMJ Open. 2016 Jun20;6(6):e010364. doi: 10.1136/bmjopen-2015-010364.

Prevalence of chronic pain in the UK: asystematic review and meta-analysis of population studies.

Fayaz A1, Croft P2, LangfordRM3, DonaldsonLJ4, Jones GT5.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-26 16:14 | 神経障害性疼痛

一過性緊張型頭痛へのカロナールの効果:コクラン

コクラン。緊張型頭痛(Tension-typeheadacheTTH)は世界中で5人に1人が罹患。それは非頻回一過性TTH (1か月に1回以下の頭痛),頻回の一過性TTH (1か月に1回から14回の頭痛), および慢性TTH(1か月に15回以上の頭痛)に分類される. Paracetamol (acetaminophen)は頻回の一過性TTHの急性期の治療に用いられる鎮痛薬の一つ。成人の頻回一過性TTHの急性治療としてparacetamolの効果と安全性を評価.主要な結果:23の研究を含み、全部成人の頻回一過性TTH. 12の研究はIHS診断基準または同様の基準を使用し,6つはtheAd Hoc Committeeの古い分類を使用し, 5つは特異的な診断基準を記載していないが全般的には片頭痛は除外。参加者は治療開始時には、中等度から強度の痛み。これらの研究には8079人のTTH患者が含まれるが、結果が不一致であり多くの参加者がactive comparatorsを使用しているため、解析に使用できる数はこれよりも少ない。大部分の研究は方法が悪いというより不適切な方法ではあるが、偏りの危険性が低い研究はない。5つの研究は不完全な結果の報告の偏りの危険性が高く、7つの研究は患者数が少ないため偏りの危険性が高いと判断。IHSの推奨する2時間での痛みがない結果の、偽薬に対するparacetamol 1000 mg NNT8つの研究(5890人の参加者;質の高いエビデンス)では22 (95% confidence interval (CI) 15 to 40), 1時間の時点では偽薬と差がない. 5つの研究(5238人の参加者;質の高いエビデンス)において、2時間の時点での痛みがない又は軽度の痛みのNNT 10(7.9 to 14). 救急薬の使用はparacetamol 1000 mg の方が偽薬より少なく, 6つの研究(1856人の参加者; 中等度の質のエビデンス)における出来事の予防のNNTp7.8 (6.0 to 11). 限られたデータでは, paracetamol500 mg650 mgの効果は偽薬よりも優れてはおらず, paracetamol1000 mgketoprofen25 mg 又はibuprofen400 mgと差がない (低い質のエビデンス). paracetamol 1000 mg および偽薬の間には副作用に差はなかった (RR 1.1 (0.94 to 1.3);5605人の参加者; 11の研究; 質の高いエビデンス). 重篤な副作用はなかった. paracetamol1000 mg と偽薬を比較したGRADEを用いたエビデンスの質は中等度から強度. Where evidence was downgraded it was because a minority ofstudies reported the outcome. paracetamol 500 mg650 mgと偽薬の比較およびparacetamol 1000 mg active comparatorsの比較では,研究と出来事の数が少ないためエビデンスの質を低いまたは大変低いに下げざるを得ない。著者のまとめ:中等度から強度の強さの頭痛の頻回の一過性TTH患者においてParacetamol 1000 mgは、2時間の時点で痛みがない点では軽度の恩恵がある。

Cochrane Database SystRev. 2016 Jun 16;6:CD011889. [Epub ahead of print]

Paracetamol (acetaminophen)for acute treatment of episodic tension-type headache in adults.

StephensG1, Derry S, Moore RA.

  • 1Pain Research and Nuffield Department of Clinical Neurosciences (Nuffield Division of Anaesthetics), University of Oxford, Churchill Hospital, Oxford, Oxfordshire, UK, OX3 7LE.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-26 16:08 | 頭痛

腰痛症に対する筋弛緩薬の効果:系統的総説とメタ解析

腰痛症(low backpainLBP)に筋弛緩薬が有効かどうかの系統的総説とメタ解析。15の研究 (3362人の参加者)をこの総説では評価。5つの研究 (496人の参加者)は、筋弛緩薬は急性LBPに短期間臨床的に有意な鎮痛を与える、という質の高いエビデンスを提供; MD -21.3, [-29.0,-13.5]. 長期間の情報はない。筋弛緩薬の臨床研究における副作用発生率の中央値は14.1% IQR(7.0-28.7%) であり偽薬では16.0%(4.1-31.2%)であり同程度;p = 0.5BZDLBPにおける有効性にはエビデンスがない.急性LBPの人には, 筋弛緩薬は臨床的に有意な短期間の鎮痛を提供する。慢性LBPにおいては,筋弛緩薬の効果は不明瞭。LBPにおけるBZDの効果を支持するふさわしいRCTのエビデンスはない. LBPにおいてこれらの薬を延長使用することは研究のエビデンスでは勧められない。この総説で新たにわかったこと:筋弛緩薬は急性腰痛症に臨床的に有意な鎮痛を与える。

Eur J Pain. 2016 Jun22. doi: 10.1002/ejp.907. [Epub ahead of print]

Efficacy and tolerability of muscle relaxantsfor low back pain: Systematic review and meta-analysis.

AbdelShaheed C1, Maher CG2,3, WilliamsKA4, McLachlanAJ1,5.

  • 1Faculty of Pharmacy, University of Sydney, NSW, Australia.
  • 2Musculoskeletal Division, The George Institute for Global Health, Sydney, NSW, Australia.
  • 3Sydney Medical School, University of Sydney, NSW, Australia.
  • 4Discipline of Pharmacy, Graduate School of Health, University of Technology Sydney, NSW, Australia.
  • 5Centre for Education and Research on Ageing, Concord Repatriation General Hospital, Sydney, NSW, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-26 16:01 | その他の疼痛

むずむず脚症候群には性機能障害が多い

トルコ。方法:50人のRLS患者と50人の対照群。The International Restless Legs Syndrome Study Group rating scale, thefive-item International Index of Erectile Function and the PrematureEjaculation Diagnostic Tool を用いてRLSを定義し両群の勃起機能を調べた。ストップウォッチ法を用いて膣内射精潜時を評価した。結果:RLS患者と対照群の平均年齢は各々53.5 ± 9.9 歳と53.2 ± 8.8(p = 0.527). 糖尿病患者はいなかった。高血圧の既往、BMI、総testosteroneレベルには群間に有意差はなかった. RLS群では27(54%)が対照群では17 (34%)が早漏(prematureejaculationPE)(p = 0.008). RLS 群では26 (52%) EDであり、対照群では17(34%) が勃起不全(erectiledysfunctionED)(p = 0.069)。中等度から強度のEDの有病率はRLS群で有意に高かった (p = 0.045).

Scand JUrol. 2016 Jun 22:1-4. [Epub ahead of print]

Is it only a sleeping disorder or more? Restless legs syndrome and erectile function.

Kurt O1, Yazici CM1, Alp R2, Sancak EB3, Topcu B4.

  • 1a School of Medicine, Department of Urology , Namık Kemal University , Tekirdag , Turkey ;
  • 2b School of Medicine, Department of Neurology , Namık Kemal University , Tekirdag , Turkey ;
  • 3c School of Medicine, Department of Urology , Canakkale Onsekiz Mart University , Canakkale , Turkey ;
  • 4d School of Medicine, Department of Biostatistics , Namık Kemal University , Tekirdag , Turkey.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-26 15:57 | むずむず脚症候群

慢性疲労症候群は健常人と比較すると腸内細菌叢が変化している

myalgic encephalomyelitis/chronicfatiguesyndrome (ME/CFS)患者では胃腸障害は頻繁に報告されている症状.しかし, ME/CFSは変化した微生物叢と関連するかどうかは不明瞭。患者 (n = 48) と対照者(n = 39)の便からの16Sribosomal ribonucleic acid (rRNA) 遺伝子の配列を決定し血清の炎症バイオマーカーを調べることにより、腸の微生物多様性を調べた。以下の血液中の炎症バイオマーカーも調べた: C-reactiveprotein (CRP), intestinal fatty acid-binding protein (I-FABP),lipopolysaccharide (LPS), LPS-binding protein (LBP), and soluble CD14 (sCD14)。結果:ME/CFS患者における微生物の転座の血液マーカーのいくつかが増加しており; ME/CFS患者のLPS, LBP, およびsCD14レベルは増加. LBPレベルはLPSおよびsCD14 と関連しており、LPSレベルは sCD14と関連。細菌のrRNAマーカーの配列決定を通して、健常者とME/CFS患者の腸の微生物叢には差があった.細菌の多様性はME/CFSの方が対照群より低下しており、特に, Firmicutes phylumに属するメンバーの相対的多数と多様性は低下.患者コホートでは、多様性の低下および炎症性の種としばしば報告される特異的な種の増加と抗炎症性としばしば記載される種の低下が見られる。16S rRNA および炎症性マーカーから得たデータに向けられた機械学習法を用いて,個人はME/CFSに正確に分類され、相互検証の正確性は82.93 %.まとめ:我々の結果によると、ME/CFSにおける腸内細菌叢の腸内毒素症、さらに微生物の転座の発生率の増加を示し、これらはME/CFSの炎症性症状に役割を示のかも。

Microbiome. 2016 Jun 23;4(1):30. doi:10.1186/s40168-016-0171-4.

Reduced diversity and altered composition ofthe gut microbiome in individuals with myalgic encephalomyelitis/chronicfatiguesyndrome.

Giloteaux L1, Goodrich JK1,2, Walters WA1,2, Levine SM3, Ley RE1,2, Hanson MR4.

  • 1Department of Molecular Biology and Genetics, Cornell University, Ithaca, NY, USA.
  • 2Department of Microbiology, Cornell University, Ithaca, NY, USA.
  • 3Private Practice, New York, NY, USA.
  • 4Department of Molecular Biology and Genetics, Cornell University, Ithaca, NY, USA. mrh5@cornell.edu.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-26 15:53 | 慢性疲労症候群

オーストラリアの慢性疲労症候群の疫学

方法:20134月から20154月までに、オーストラリアの CFS/ME研究データベースに登録した患者の医療記録の横断研究. 参加者はFukuda 基準およびInternationalConsensus Criteriaにより分類された。結果:primary carephysicianによってCFS/MEと診断された535人を同定。全患者の平均年齢は46.4(standard deviation 12.0); 大部分は女性(78.61%), 白人,および高学歴.そのうち, 30.28%Fukuda基準を満たす. さらに31.96%Fukuda基準とInternationalConsensus Criteriaの両方を満たす. 慢性疲労を報告する14.58%CFS/MEの基準を満たさず、23.18%は除外条件のために非該当. CFS/ME基準を満たす者の中で, 疾患の前に起こる最も多い出来事は風邪又はインフルエンザ、胃腸疾患および過度のストレスの期間。調査を行った60の症状のうち、疲労、認知症状、短期間の記憶症状、頭痛、筋痛と関節痛、爽快感のない睡眠、感覚障害、筋力低下、温度への極端な不耐性が最も多い症状(患者の2/3以上で報告).Fukuda基準で定義した患者とInternationalConsensus Criteriaで定義した患者の症状には有意差あり。

Clin Epidemiol.2016 May 17;8:97-107. doi: 10.2147/CLEP.S96797. eCollection 2016.

Epidemiological characteristics of chronicfatiguesyndrome/myalgic encephalomyelitis in Australian patients.

Johnston SC1, Staines DR2, Marshall-Gradisnik SM1.

  • 1National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Menzies Health Institute Queensland, Parklands, QLD, Australia; School of Medical Sciences, Griffith University, Parklands, QLD, Australia.
  • 2National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Menzies Health Institute Queensland, Parklands, QLD, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-13 20:48 | 慢性疲労症候群

妊娠中のむずむず脚症候群は出産後うつ病の危険因子

方法:妊娠の最後の三分期の293人の女性が、restless legsの症状, いびきと荷中の眠気に関するアンケートに答えた. Epworth SleepinessScale (ESS)を完了. 同じ女性が出産後410週でEdinburgh Postnatal Depression Scale(EPDS)を用いて抑うつ症状を調べられた。社会的なデータ、妊娠および出産に関する追加的な情報を医療記録から得た。結果:出産後抑うつ症状のある女性は、社会―人口統計的要因や産科的な危険因子で補正すると妊娠の最後の三分期でのESS score ≥10で定義された日中の過度の眠気 (OR 3.84, CI1.57-9.39), およびRLS(OR 2.837 CI 1.18-6.84)の有病率が高い.出産後の抑うつ症状といびきには関連がなかった.

BMC PregnancyChildbirth. 2016 Jun 6;16(1):137.

Postpartum depressive symptoms and itsassociation to daytime sleepiness and restless legsduring pregnancy.

Sarberg M1,2, Bladh M3,4, Svanborg E5, Josefsson A3,4.

  • 1Department of Obstetrics and Gynaecology, University Hospital and Linköping University, SE-581 85, Linköping, Sweden. maria.sarberg@regionostergotland.se.
  • 2Department of Clinical and Experimental Medicine, Linköping University, Linköping, Sweden. maria.sarberg@regionostergotland.se.
  • 3Department of Obstetrics and Gynaecology, University Hospital and Linköping University, SE-581 85, Linköping, Sweden.
  • 4Department of Clinical and Experimental Medicine, Linköping University, Linköping, Sweden.
  • 5Department of Clinical Neurophysiology, Linköping University, Linköping, Sweden.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-13 20:43 | むずむず脚症候群

慢性痛や線維筋痛症患者の脳の容積は減少

MRIでの機能と構造と慢性筋骨格痛患者の痛との関連の系統的総説。20の研究が含める基準に合致。中等度のエビデンスによると、強い痛みと強い圧迫疼痛感度は帯状皮質,島、上前頭回、側頭回の局所の灰白質(GM)の容積減少と関連. さらに、FMの罹病期間が長いことはGMの全容積の減少と関連するといういくつかのエビデンスがある。その上、決定的ではないエビデンスによると、その他のMSKP状態において、長期の罹病期間はGMの低下又は増加と関連する。決定的ではないエビデンスは、痛みの強さや圧迫疼痛感度と微細構造の白質と機能的連結の変化の関連を示した。まとめとして、予備的から中等度のエビデンスは、慢性MSKPにおいて、臨床的な痛みの計測と、痛みの体性感覚、情動、認識処理をつかさどる脳の部位の構造的および機能的連結の関連を示した。にもかかわらず、これらの関連にはその傾向がある。

J Pain. 2016 Jun 2.pii: S1526-5900(16)30071-2. doi: 10.1016/j.jpain.2016.04.005. [Epub ahead ofprint]

Relations between brain alterations andclinical painmeasures in chronic musculoskeletal pain: A systematic review.

CoppietersI1, Meeus M2, Kregel J3, CaeyenberghsK4, De Pauw R5, Goubert D6, Cagnie B5.

  • 1Department of Rehabilitation Sciences and Physiotherapy, Faculty of Medicine and Health Sciences, Ghent University, Belgium; Pain in Motion international research group, www.paininmotion.be. Electronic address: iris.coppieters@ugent.be.
  • 2Department of Rehabilitation Sciences and Physiotherapy, Faculty of Medicine and Health Sciences, Ghent University, Belgium; Pain in Motion international research group, www.paininmotion.be; Department of Rehabilitation Sciences and Physiotherapy, Faculty of Medicine and Health Sciences, University of Antwerp, Belgium.
  • 3Department of Rehabilitation Sciences and Physiotherapy, Faculty of Medicine and Health Sciences, Ghent University, Belgium; Pain in Motion international research group, www.paininmotion.be; Departments of Human Physiology and Physiotherapy, Vrije Universiteit Brussel, Faculty of Physical Education & Physiotherapy, Medical Campus Jette, Building F-Kine, Laarbeeklaan 103, Brussels 1090, Belgium.
  • 4Department of Rehabilitation Sciences and Physiotherapy, Faculty of Medicine and Health Sciences, Ghent University, Belgium; School of Psychology, Faculty of Health Sciences, Australian Catholic University, Australia.
  • 5Department of Rehabilitation Sciences and Physiotherapy, Faculty of Medicine and Health Sciences, Ghent University, Belgium.
  • 6Department of Rehabilitation Sciences and Physiotherapy, Faculty of Medicine and Health Sciences, Ghent University, Belgium; Pain in Motion international research group, www.paininmotion.be.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-13 20:38 | FMの検査

腰痛症にはカロナールは有効かどうか不明(コクラン)

コクラン。非特異的な腰痛症(LBP)に対するparacetamol (acetaminophen)の効果と安全性の系統的総説とメタ解析。主要な結果: 4449の記録を見つけて 、そのうち3つの研究を総説に含め(n = 1825人の参加者),2つの研究をメタ解析に含めた。急性LBPでは, 高い質のエビデンスによると、paracetamol (14 g) と偽薬の間には1(即時),2, 4,および12 (短期間)では一次的な結果に有意差なし. 質の高いエビデンスによると、paracetamolには生活の質、機能、全般的な回復の印象、および睡眠の質に関して全期間で効果がない。paracetamol と偽薬には、副作用、患者の遵守、救急薬の使用に関しては有意差がない。慢性LBPに関しては,非常に質の低いエビデンスによると(撤回され1つの研究に基づく) paracetamol (1 g1回静注投薬)には即時の痛み軽減の効果はない.最後に,亜急性LBP患者を評価した研究はない。著者の結論:paracetamol急性LBP患者には偽薬よりも良好な結果を出さず,慢性LBPに効果があるかどうかは不明。

Cochrane Database SystRev. 2016 Jun 7;6:CD012230. [Epub ahead of prit]

Paracetamol for lowback pain.

SaragiottoBT1, MachadoGC,FerreiraML,PinheiroMB,AbdelShaheed C, Maher CG.

  • 1Musculoskeletal Division, The George Institute for Global Health, Sydney Medical School, The University of Sydney, Sydney, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-13 20:35 | アセトアミノフェン、NSAID

慢性痛患者では脳の構造が変化している

群馬大学と福島県立医大。最初に、12人の慢性痛患者においてpainDETECTアンケートを用いて神経障害性疼痛の特徴を評価。2目に、voxelに基づいた形態計測によって灰白質の容積を評価するために,脳のMRIを行った。2つの評価手段の多変量回帰解析を行った。結果:painDETECTアンケート点数と、両側の前帯状皮質および右後帯状皮質xの灰白質の容積の間には有意の正の相関があった。

Mol Pain. 2016 Jun8;12. pii: 1744806916652408. doi: 10.1177/1744806916652408. Print 2016.

Brain morphological alternation in chronic painpatients with neuropathiccharacteristics.

SugimineS1, Ogino Y2, KawamichiH3, Obata H4, Saito S1.

  • 1Department of Anesthesiology, Gunma University, Graduate School of Medicine, Japan.
  • 2Department of Anesthesiology, Gunma University, Graduate School of Medicine, Japan oginoyuichi@mac.com s-satomi@umin.ac.jp.
  • 3School of Medicine, Faculty of Medicine, Gunma University, Japan.
  • 4Center for Pain Management, Fukushima Medical University Hospital, Japan Department of Anesthesiology, Fukushima Medical University, Japan.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-13 20:31 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line