<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


NSAIDは食後内服が優れている

これは、様々な原因の痛みに対してNSAIDsのみを摂取した160人の患者の無作為振り分け、対照、試験的研究。患者を無作為にGroup I (対照群) -NSAID食後(After FoodAF), Group II-NSAID食前(Before FoodBF), GroupIII-NSAIDBF2日間行いその後クロスオーバーで次の2日間 AF (CO-1) 、およびGroup IV-NSAIDAF 2日間行いその後クロスオーバーで次の2日間 BF (C0-2 group)に振り分けた. Group III およびGroup IV は最初の2日間の後にwashout期間を48時間あけた。全員次の薬を飲まない2日間経過観察。研究を通してgastritis(胃部不快感, 心窩部痛, 吐気, 胃の膨満感, 繰り返しの逆流) の発生を調べた。消化器症状はgroup I およびIIで各々6.45%(2 /31) 36.11% (13/36) であった。gastritisの発生に関してはAF群には有意差はなかった。しかし、BF群とNSAIDAF摂取[CO-1 (AF), CO-2 (A.F), AF (対照群)]の間には統計的に有意差があった(P<0.05. まとめ:食事の開始時にNSAIDsを摂取することは gastritisの発生が低いことにより耐用性があると示された。

Rev Recent Clin Trials. 2016 Aug 1.[Epub ahead of print]

Dilemma of Timing of Administration of Non-SteroidalAnti-inflammatory Agents in Relation to Food in the Prevention ofGastritis: Debusting the Myth.

UdaykumarP1, UdaykumarK,ScandashreeK,Anurag K.

  • 1Department of Pharmacology, Fr Muller Medical College, Kankanady, Mangalore 575002, India. padmajaudaykumar@gmail.com.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-07 12:39 | アセトアミノフェン、NSAID

抗うつ薬使用者は人工股関節置換術後の成績が悪い

方法:術前および術後の患者が報告した結果の計測(patient-reportedoutcome measuresPROMs)のあるTHR症例をthe Swedish Hip Arthroplasty Register (n = 9,092;そのうち女性は:n = 5,106)から選んだ. The PROMs EQ-5D, 痛みのVAS,Charnley class, および術後の満足のVAS.これらの症例を、抗うつ薬購入の割合を調べるために処方購入の全国データベースと融合させた。回帰解析を行い、患者の報告した結果(patient-reportedoutcomesPROs) は従属変数かどうか性別、年齢、Charnley class,術前の痛み、術前の健康に関連した生活の質(health-related qualityof lifeHRQoL), 患者の報告した不安/抑うつ、および抗うつ薬使用は独立した変数かどうかを調べた。結果:症例の10%(n = 943)が抗うつ薬使用.抗うつ薬を使用していた患者は、術前と術後のHRQoLが悪く痛みの程度が高く、満足度が低い。術前の抗うつ薬使用は、患者の報告した不安/抑うつに関係なく、THR1年のPROsに独立して関連した。解釈:術前の抗うつ薬使用はTHR後のPROsが悪かった。悪い結果の危険性のある症例は患者の医療記録から同定できるかもしれない。

ActaOrthop. 2016 Aug 2:1-8. [Epub ahead of print]

Is the use of antidepressants associated withpatient-reported outcomes following total hip replacement surgery?

Greene ME1,2,3, Rolfson O1,2,3, Gordon M1,4, AnnerbrinkK5, Malchau H1,2,3, GarellickG1,3.

  • 1a The Swedish Hip Arthroplasty Register , Gothenburg , Sweden ;
  • 2b Harris Orthopaedic Laboratory , Massachusetts General Hospital , Boston , MA , USA ;
  • 3c Department of Orthopaedics , Institute of Clinical Sciences, Sahlgrenska Academy, University of Gothenburg , Gothenburg ;
  • 4d Department of Clinical Sciences at Danderyd Hospital , Karolinska Institute , Stockholm ;
  • 5e Department of Psychiatry , Sahlgrenska University Hospital , Gothenburg , Sweden.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-07 12:30 | 抗うつ薬

複合性局所疼痛症候群に対する高圧酸素療法

15回の高圧酸素療法(Hyperbaric oxygen therapyHBOT)を受けた外傷後CRPS type 2患者。左足関節骨折後に左足のCRPSになり1年経過した41歳男性が、3週間のHBOT後に下肢の痛みが軽減し、腫脹が低下し、アロジニアが軽減し、皮膚の色調と可動域が改善した。患者は1年後に復職した。HBOTは長期間のCRPSの治療に価値のある治療と見なされるかも。

Pain ResManag. 2016;2016:3458371. doi: 10.1155/2016/3458371. Epub 2016Mar 30.

Successful Treatment of Lower Limb Complex RegionalPain Syndrome following Three Weeks of Hyperbaric Oxygen Therapy.

KatznelsonR1, Segal SC2, Clarke H2.

  • 1Department of Anesthesia and Pain Management, Toronto General Hospital, University Health Network, Toronto, ON, Canada M5G 2C4; Division of Hyperbaric Medicine, Toronto General Hospital, Toronto, ON, Canada M5G 2C4.
  • 2Department of Anesthesia and Pain Management, Toronto General Hospital, University Health Network, Toronto, ON, Canada M5G 2C4.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-03 21:33 | 複合性局所疼痛症候群

むずむず脚症候群治療のガイドライン

the European Restless LegsSyndrome Study Group (EURLSSG)および the RLSFoundation (RLS-F)と連動してthe International Restless LegsSyndrome Study Group (IRLSSG) によって設立された特別委員会。特別委員会は以下の予防と治療の推奨を作った:augmentation予防の手段として, α2δ ligandsなどの投薬がRLS/WEDの最初の治療として考慮される; これらの薬は有効でありaugmentationの危険性がほとんどない.その代案として,もしドパミン作動薬を最初の治療に選択するのであれば、1日投与量を可能な限り少なくし、RLS/WED治療の推奨量を超えない。しかし、医師はたとえ少量のドパミン作動薬であってもaugmentationを引き起こすことがあることを医師は知っておくべき.鉄貯蔵が少ない患者では、適切な鉄補充をすべき。頻度と程度の点で症状が日常生活に重大な影響を与えている場合にのみ、毎日の薬物治療を開始すべき;間欠的な治療は中等度の症例で考慮すべき。既に存在するaugmentationの治療を開始すべきであり、可能であれば外因的な悪化要因(鉄のレベル、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬など)の排除/補正を行う。軽度augmentationの場合には,分割又は増量によりドパミン作動薬治療を継続可能であり,あるいは夜間の症状が急速に悪化すれば投与量を増加.その代案として,α2δligandまたはrotigotineに変更可能.強度のaugmentation患者ではα2δligand又はrotigotineに変更可能であり,高用量長期間使用ではrotigotineaugmentationを起こすかもしれない. augmentationがさらに強度の場合にはα2δligands およびrotigotineを回避してオピオイドを考慮できる。

Sleep Med. 2016May;21:1-11. doi: 10.1016/j.sleep.2016.01.017. Epub 2016 Feb 23.

Guidelines for the first-line treatment of restless legssyndrome/Willis-Ekbom disease, prevention and treatment ofdopaminergic augmentation: a combined task force of the IRLSSG, EURLSSG, andthe RLS-foundation.

Garcia-Borreguero D1,Silber MH2,Winkelman JW3,Högl B4,Bainbridge J5,Buchfuhrer M6,Hadjigeorgiou G7,Inoue Y8,Manconi M9,Oertel W10,Ondo W11,Winkelmann J12,Allen RP13.

  • 1Sleep Research Institute, Madrid, Spain. Electronic address: dgb@iis.es.
  • 2Center for Sleep Medicine and Department of Neurology, Mayo Clinic College of Medicine, Rochester, MN, USA.
  • 3Harvard Medical School, Boston, MA, USA; Departments of Psychiatry and Neurology, Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA.
  • 4Department of Neurology, Innsbruck Medical University, Innsbruck, Austria.
  • 5Departments of Clinical Pharmacy and Neurology, University of Colorado Skaggs School of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences and School of Medicine, Aurora, CO, USA.
  • 6Stanford University School of Medicine, Stanford, CA, USA; Private Practice, Downey, CA, USA.
  • 7Department of Neurology, University Hospital of Larissa, Faculty of Medicine, School of Health Sciences, University of Thessaly, Larissa, Greece.
  • 8Japan Somnology Center, Neuropsychiatric Research Institute, Tokyo, Japan; Department of Somnology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan.
  • 9Sleep and Epilepsy Center, Neurocenter of Southern Switzerland, Civic Hospital, Lugano, Switzerland.
  • 10Department of Neurology, Philipps-Universität Marburg, Marburg, Germany.
  • 11Department of Neurology, Methodist Neuroscience Institute, Houston, TX, USA.
  • 12Helmholtz Zentrum München, Institute of Neurogenomics, Munich, Germany; Department of Neurology, Klinikum rechts der Isar, Technical University, Munich, Germany; Munich Cluster for Systems Neurology (SyNergy), Munich, Germany.
  • 13Sleep Disorders Center, Johns Hopkins Bayview Medical Center, Baltimore, MD, USA; Department of Neurology, Johns Hopkins University, Baltimore, MD, USA.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-03 21:30 | むずむず脚症候群

線維筋痛症患者が帝王切開を受けると硬膜穿刺後頭痛になりやすい

症例対照研究。方法:比較対照研究において、70人のFM患者が腰椎麻酔での待機的な帝王切開分娩を計画されGroup 1. Group 2は慢性痛の既往のない待機的な帝王切開分娩を計画された70人の女性であり、対照群。術後の最初の48時間での硬膜穿刺後頭痛(post dural puncture headachePDPH)の発生率および、7日以上経過時のPDPHの持続に関して両群を比較。Assiut University Women's Health Hospitalの出産前クリニック。結果:FM (18人の患者,25.7%) は対照群(10人の患者, 14.3%)に比べてPDPHが多い, P < 0.01. PDPHFM群では8(11.4%)7日以上持続したが, 対照群では2.86%であった. PDPHFM群では2(2.86%)3か月以上継続した。まとめ:硬膜穿刺はFM患者では対照群よりも、その他の術後の副作用を増加させず、PDPHの発生率を増加させる。

Pain Physician. 2016Jul;19(6):E871-6.

Post Dural Puncture Headache in Fibromyalgiaafter Cesarean Section: A Comparative Cohort Study.

Morsy KM1, Osman AM1, ShaabanOM1, El-HammadyDH1.

  • 1Assiut University, Faculty of Medicine, Egypt.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-03 21:25 | FMの疫学

自閉症の危険因子

総説。自閉症{じへいしょう}スペクトラム障害(Autism spectrum disorderASD)すべての子供の約1%が罹患。総説。妊娠中の母親の疾患の中で、ASDと関連する物は糖尿病 (PGDM and/or GDM), anti-β2GP1 IgG抗体を持つ抗リン脂質抗体症候群(antiphospholipidsyndromeAPLS)およびanti-thyroid peroxidase (TPO)抗体を持つ甲状腺疾患のようないくつかの母親の自己免疫疾患, 子癇前症および胎児の脳の発達に影響するかもしれないIgG抗体を持つその他のいくつかの自己免疫性疾患。その他の関連する要因は母親の感染 (胎児の脳障害を伴う風疹およびCMVおよびもしかすると発熱を伴うインフルエンザ), 延長した発熱と母親の炎症,胎盤を通過し胎児の脳に影響する様々な炎症サイトカインと抗体の変化と特に関連。薬の中では、バルプロ酸、サリドマイド、misoprostol,そしてSSRIsの可能性.β2-adrenergic 受容体作動薬とparacetamolASDの最近の増加率と関連するが、データが予備的すぎ結論が出ない.エタノール、コカイン、そしてもしかすると重金属、重度の喫煙、および葉酸欠乏も関連する。最近の研究によると、妊娠中の農薬や大気汚染、特に直径< 2.5および 10 μm の粒子状物質(PM2.5 およびPM10)への重篤な暴露もASDと関連. 最後に、この総説で述べられた関連の多くは部分的に証明されたのみであり、すべてではないが異なる交絡因子では"問題なし"になることに留意すべき。

Front Neurosci. 2016 Jul6;10:316. doi: 10.3389/fnins.2016.00316. eCollection 2016.

Genetic Syndromes, Maternal Diseases andAntenatal Factors Associated with Autism Spectrum Disorders (ASD).

Ornoy A1, Weinstein-FudimL1, Ergaz Z2.

  • 1Laboratory of Teratology, Department of Medical Neurobiology, Hadassah Medical School, Hebrew University Jerusalem, Israel.
  • 2Laboratory of Teratology, Department of Medical Neurobiology, Hadassah Medical School, Hebrew UniversityJerusalem, Israel; Department of Neonatology, Hadassah-Hebrew University Medical CenterJerusalem, Israel.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-03 21:21 | アセトアミノフェン、NSAID

神経障害性疼痛に対するオキシコドンの効果

オキシコドンが成人の神経障害性疼痛に有効かどうかというコクラン。著者の結論。:oxycodone (放出調整oxycodone として)には糖尿病性神経障害とPHNの治療において価値があるという大変質の低いエビデンスがあるというのみ。その他の神経障害性疼痛にはエビデンスがない。オピオイドの典型的な副作用は一般的。

Cochrane Database SystRev. 2016 Jul 28;7:CD010692. [Epub ahead of print]

Oxycodone for neuropathic pain inadults.

Gaskell H1, Derry S, StannardC,Moore RA.

  • 1Pain Research and Nuffield Department of Clinical Neurosciences (Nuffield Division of Anaesthetics), University of Oxford, Oxford, Oxfordshire, UK.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-03 21:19 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line