<   2016年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


むずむず脚症候群の治療ガイドライン

the American Academy ofNeurologyによる成人RLS患者の治療ガイドライン。結果と推奨。中等度から強度の一次性RLSでは、RLS症状を軽減するために医師は薬の処方を考慮すべき。強いエビデンスはpramipexole, rotigotine, cabergoline, およびgabapentinenacarbil 使用を支持する(Level A); 中等度のエビデンスはropinirole, pregabalin, およびIV ferriccarboxymaltose 使用を支持する(Level B). 医師はlevodopaの処方を考慮できるか (Level C). 薬のpreferentiallyを示す直接の比較はほとんど存在しない.Cabergolineはまれに使用される(心臓のvalvulopathyの危険性). ドパミン作動性薬によるAugmentationを考慮すべき. 睡眠時の周期性四肢運動の治療時には、医師はropinirole (Level A) 又はpramipexole, rotigotine, cabergoline, or pregabalin (Level B)の処方を考慮すべき. 主観的な睡眠の問題には医師は cabergoline or gabapentin enacarbil (Level A), 又はropinirole, pramipexole, rotigotine, or pregabalin (Level B)の処方を考慮すべき. その他の治療でRLS症状が改善しない患者では,処方可能であれば oxycodone/naloxoneの徐放製剤の処方を考慮できるかも(Level C). ferritin ≤75 μg/LRLS患者では,vitamin Cを伴った硫酸鉄の処方を考慮すべき (Level B). 非薬物治療が望まれる場合には, 医師は空気圧迫法を考慮すべき (Level B) そして近赤外分光法{きん せきがい ぶんこう ほう}又は経頭蓋磁気刺激を考慮できるかも(LevelC).主観的睡眠を改善するためにvibrating pads を処方できるかも(Level C).二次的RLSの透析患者では、vitamin C and E 補給を考慮すべき(Level B) であり、ropinirole, levodopa, 又は訓練を考慮できるかも (LevelC).

Neurology. 2016 Nov 16. pii:10.1212/WNL.0000000000003388. [Epub ahead of print]

Practice guideline summary: Treatment of restless legs syndrome in adults: Report of theGuideline Development, Dissemination, and Implementation Subcommittee of theAmerican Academy of Neurology.

Winkelman JW1, Armstrong MJ1, Allen RP1, Chaudhuri KR1, Ondo W1, Trenkwalder C1, Zee PC1, Gronseth GS1, Gloss D1, Zesiewicz T1.

  • 1From Harvard Medical School and Massachusetts General Hospital (J.W.W.), Boston; Department of Neurology (M.J.A.), University of Florida College of Medicine, Gainesville; Department of Neurology (R.P.A.), Johns Hopkins University, Baltimore, MD; King's College and King's College Hospital (K.R.C.), London; Methodist Neurological Institute (W.O.), Houston, TX; Department of Neurology (C.T.), University Medical Center, Göttingen, Germany; Northwestern University Feinberg School of Medicine (P.C.Z.), Chicago, IL; University of Kansas Medical Center (G.S.G.), Kansas City; CAMC Neurology Section (D.G.), Charleston, WV; and Department of Neurology (T.Z.), University of South Florida, James A Haley Veterans Administration Hospital, Tampa.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:38 | むずむず脚症候群

慢性疲労症候群に対する鍼と灸の効果

54人のCFS患者を集めて、無作為に3群に分けた.対照群(control groupCG, n = 15) および鍼群(acupuncturegrouAG, n = 15)manipulation(用手的な)鍼治療を受け、灸群moxibustion groupMG, n = 15)は間接的な灸治療を受けた. 一次的な結果はthe FatigueAssessment Instrument (FAI)の点数。二次的な結果は、自律神経系の活動を反映することのできる心拍変動(heart ratevariabilityHRV)変数。この研究は瞬間的な変化と長期間の効果の両方と見なされる. 3つの群において、FAI点数は4回目と10回目の治療の後に低下。MG群におけるFAIの低下はAG群のそれよりも大きかった. 鍼はHRVの瞬間的な変化により効果があり、灸は長期効果の面でより効果があった。鍼と灸の両方はCFS患者の疲労をより改善したが, 灸の方がより効果的であった. 治療の機序のは迷走神経の活性化かもしれない。灸の方が鍼よりもCFSの長期治療としてはより効果的であった。

Sci Rep. 2016 Nov 25;6:37846. doi:10.1038/srep37846.

Acupuncture and Moxibustion have DifferentEffects on Fatigueby Regulating the Autonomic Nervous System: A Pilot Controlled Clinical Trial.

Shu Q1,2, Wang H1,2, Litscher D3, Wu S1,2, Chen L1,2, Gaischek I3, Wang L3, He W1,2, Zhou H1,2, Litscher G1,2,3, Liang F1,2.

  • 1Acupuncture &Moxibustion Institute, Hubei University of Chinese Medicine, Wuhan (430061), China.
  • 2Hubei Provincial Collaborative Innovation Center of Preventive Treatment by Acupuncture &Moxibustion, Wuhan (430061), China.
  • 3TCM Research Center Graz, Research Unit for Complementary and Integrative Laser Medicine, Research Unit of Biomedical Engineering in Anesthesia and Intensive Care Medicine, Medical University of Graz, Graz (8036), Austria.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:33 | 慢性疲労症候群

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は認知症を引き起こす

方法:2004年の第一四半期から2013年の終わりまでのthe US Food and Drug Administration Adverse Event ReportingSystem (FAERS)からのデータおよび1965年の第一四半期から 2013年の末までのtheCanada Vigilance Adverse Reaction Online Databaseのデータを解析に用いた。報告されたオッズ比(reporting odds ratioROR) およびinformation component (IC)を計算した.さらに, prescription sequencesymmetry analysis (PSSA)を行い、20061月から20145月までのBZD系抗不安薬の使用後の認知症の危険性を同定:結果:the FAERSデータベース(ROR: 1.63, 95% CI: 1.61-1.64; IC: 0.66, 95% CI: 0.65-0.67) およびthe Canada Vigilance Adverse Reaction Onlineデータベース (ROR: 1.88, 95% CI: 1.83-1.94; IC:0.85, 95% CI: 0.80-0.89)を用いた解析ではBZD使用は認知症と関連. ROR およびICの値はBZDの作用の期間と共に増加。PSSAにおいては, 有意な関連が認められ, 補正されたsequenc(順序?)比率は3612243648か月の期間で各々 1.24 (1.05-1.45), 1.20 (1.06-1.37), 1.23 (1.11-1.37), 1.34(1.23-1.47), 1.41 (1.29-1.53),および 1.44(1.33-1.56).さらに, BZDと抗認知症薬を12か月および24か月以内に新規に開始した患者を解析から除外した追加的なPSSAは、BZD使用と認知症の危険性の間に有意な関連を示した。まとめ:異なる方法、アルゴリズムおよびデータベースを用いたMulti-methodologicalapproaches によると、BZDの長期間の使用および長期作用型BZDは認知症の危険性の増加と強く関連。

Int J Med Sci. 2016 Oct18;13(11):825-834. eCollection 2016.

Association between Benzodiazepine Use andDementia: Data Mining of Different Medical Databases.

Takada M1, FujimotoM1, Hosomi K1.

  • 1Division of Clinical Drug Informatics, School of Pharmacy, Kinkai University, Higashi-osaka, Osaka, 577-8502, Japan.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:28 | 抗不安薬の常用量依存

NSAIDによる胃腸障害の予防方法

NSAIDによる胃腸合併症の予防方法。方法:横断的、観察的、薬剤に基づいた研究を一次的および二次的健康管理部門の両方を持つ大きなアジアの施設で行った. この研究は定期的なNSAIDsの処方のふるい分けを含み, 含める基準の患者を集めてアンケートによりインタビューした。結果:集めた409 人の参加者のうち、83.1%は少なくとも1つの胃腸(gastrointestinalGI)危険因子を持っており, そのうち70.3%は適切な胃保護薬を使用せず.最も多いGI危険因子は高用量のNSAIDs (69.2%), 次いで65歳以上の参加者(22%)および低用量のアスピリン併用 (11.7%). 適切な胃保護方法は、中等度の危険性の群では、COX-2 阻害薬単独の使用又は非選択的NSAIDプラスPPIの使用であり、高い危険性の群ではCOX-2阻害薬プラスPPIの使用である.胃保護策は危険性のある患者の67.1%では十分活用されておらず、危険因子のない者の59.4%で過剰使用されている. 推奨量よりも少ないhistamine-2 receptor antagonistの併用は、不適切な胃保護薬の59%を占めた. ロジスティック回帰解析によると、65歳以上の患者(oddsratio, 1.89; 95% CI =1.15-3.09)は医師による胃保護薬の処方の予測因子。まとめ:危険性のあるNSAID使用者の約70%(主に高用量のNSAIDs使用)は適切な胃腸保護薬を処方されていない。定期NSAIDsの安全な処方を改善するためにさらなる研究が必要.

Ther Clin Risk Manag. 2016 Nov10;12:1649-1657. eCollection 2016.

Utilization of gastroprotective strategies fornonsteroidal anti-inflammatorydrug-induced gastrointestinal events in a major teaching hospital.

Lee HL1, Chua SS1, MahadevaS2.

  • 1Department of Pharmacy.
  • 2Department of Medicine, Faculty of Medicine, University of Malaya, Kuala Lumpur, Malaysia.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:21 | アセトアミノフェン、NSAID

ポリフェノールの多い食品が線維筋痛症にはよい

方法:38人のFM女性患者と35人の女性対照者 (平均年齢は各々= 48.6 ± 8.1 および47.6 ± 10.0)評価. 圧痛点の数、疼痛閾値、生活の質、身体活動、社会経済的状態、栄養状態、抗酸化微小栄養素と高い全抗酸化力の食物の摂取, および全唾液グルタチオンを評価。結果:圧痛点の数、疼痛閾値、および生活の質はFM群では悪化。野菜ジュースの消費はFM女性の方が多く、赤ワインとビールの消費は健常女性の方が多かった。補正を行った抗酸化ビタミンとセレンの平均摂取量は対照群の方が多かった (p ≤ 0.01). グルタチオンの唾液レベルには群間で差がなく、FM女性の間では抗酸化微小栄養素の摂取と、疼痛又は生活の質との間には関連がなかった。しかし、FM群において、ポリフェノールの豊富な食物の摂取と圧痛点の数の少なさ(コーヒー, r = - 0.346; 西洋梨, r = - 0.331)および 良好な生活の質 (red fruits, r = -0.342; dark chocolate, r = - 0.404) には関連があった。FM女性では、グルタチオンレベルと食物摂取、疼痛、生活の質には関連がなかった。まとめ:果物や野菜に含まれる生物活性化合物からの抗酸化保護物はFM治療に補助的役割があるかもしれないことを本研究は示した。

Int J Vitam Nutr Res. 2016 Nov 21:1-10. [Epub aheadof print]

Polyphenol-Rich Foods Alleviate Pain and Ameliorate Qualityof Life in Fibromyalgic Women.

Costa de MirandaR1, Paivca ES2, Suter CorreiaCadena SM3, Brandt AP3, Vilela RM1.

  • 11 Department of Nutrition,Federal University of Paraná, Curitiba, Brazil.

  • 22 Department of Rheumatology ofthe Hospital de Clínicas, Federal University of Paraná, Curitiba, Brazil.

  • 33 Department of Biochemistryand Molecular Biology, Federal University of Paraná, Curitiba, Brazil.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:15 | FMの非薬物治療

2型糖尿病を合併した脳卒中患者においてHbA1cが高いとCRPSが発症しやすい


2
型糖尿病(type2 diabetes mellitusT2DM)を合併した脳卒中患者における. HbA1cCRPSの関連を調べた。方法:20121月から201312月までに脳卒中患者のカルテを後ろ向きに調べた。331人の患者を調べ、200人を解析。CRPS群と非CRPS群に患者を分類し、年齢、性別、脳卒中の部位、脳卒中の原因T2DMの期間, HbA1c (%), National Institutes of HealthStroke Scale score, 罹患した肩の屈曲筋力, Fugl-MeyerAssessment score, 運動力指数, FunctionalIndependence Measure, Modified Barthel Indexの韓国語版,入院時の血糖、脳卒中発症からHbA1c検査までの期間,および脳卒中発症からCRPS診断のための三相性骨シンチまでの期間を比較した. その後、患者をHbA1c レベルで5群に分類(group 1, 5.0%-5.9%; group 2, 6.0%-6.9%; group3, 7.0%-7.9%; group 4, 8.0%-8.9%; and group 5, 9.0%-9.9%) し、2つの群間のCRPSの有病率の差を調べた。結果:200人の患者のうち, 108人はCRPS群であり92人は非CRPS. 2群間には、HbA1cに有意差があったが (p<0.05) 、その他の要因には差がなかった. 5つのHbA1c群の中で, CRPSの有病率には有意差があり (p<0.01);特にHbA1cが増加するほどそれは増加。まとめ:本研究によると、HbA1cレベルが高いことは、CRPSの有病率が高いことと関連し、血糖のコントロール不良は糖尿病を合併した脳卒中患者において、CRPSの発生に影響を与え得る。

AnnRehabil Med. 2016 Oct;40(5):779-785. Epub 2016 Oct 31.

Relationship Between HbA1c and Complex RegionalPain Syndrome in Stroke Patients With Type 2 Diabetes Mellitus.

Choi JH1, Yu KP1, Yoon YS1, Kim ES1, Jeon JH1.

  • 1Department of Rehabilitation Medicine, Presbyterian Medical Center, Seonam University College of Medicine, Jeonju, Korea.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-20 23:27 | 複合性局所疼痛症候群

妊娠中のNSAIDやアセトアミノフェン摂取は子供の肛門性器間距離を短くする


妊娠中の軽度の鎮痛薬
(paracetamoland NSAID)を含む投薬を募集時(在胎年齢gestationalage (GA) 10-27) およびGA 28週で妊婦に尋ねた. AGDおよび陰茎の幅を 出生日と推定された日から3か月後に訓練を受けた人が計測した。1027人の女性がアンケートに答えその子供が計測された。出生前の軽度の鎮痛薬への暴露とAGDおよび陰茎の幅の関連を、年齢と年齢に対する体重SD点数で補正して、多変量直線回帰により推定した。結果:女性の40%paracetamol and/orNSAIDs (4.4%)を妊娠の最初の28日間に使用したと報告。妊娠中の鎮痛薬への暴露は男児のAGDを減らすが、NSAIDsでのみ有意であった. paracetamolおよびNSAIDsの両方に暴露された20人の男児ではその関連は有意であった (AGD -4.1mm; CI 95%: -6.4; -1.7). 母親の鎮痛薬摂取は女児ではAGDに明確な関連はなかった. 陰茎の幅への影響はなかった。研究の制限:27人の男児と18人の女児のみがNSAIDsに暴露され、その大部分がparacetamolにも暴露. NSAIDsのみの暴露と混合効果を区別することは不可能. さらに、軽度の鎮痛薬の使用は自己報告で摂取から2か月経過しており、それは暴露の誤判断を引き起こすかもしれない。

Hum Reprod. 2016 Nov16. [Epub ahead of print]

Maternal use of mild analgesics duringpregnancy associated with reduced anogenital distance in sons: a cohort studyof 1027 mother-child pairs.

Lind DV1, Main KM2, Kyhl HB3,4, KristensenDM5, Toppari J6, AndersenHR1, AndersenMS7, SkakkebækNE2, Jensen TK8,3.

  • 1Department of Environmental Medicine, Institute of Public Health, University of Southern Denmark, Odense, Denmark.
  • 2Department of Growth and Reproduction, Rigshospitalet, University of Copenhagen, Blegdamsvej 9, 2100 Copenhagen, Denmark.
  • 3Odense University Hospital, Hans Christian Andersen Children's Hospital, Sdr. Boulevard 29, 5000 Odense C, Denmark.
  • 4Odense Patient data Exploratory Network (OPEN), Sdr. Boulevard 29, 5000 Odense C, Denmark.
  • 5Laboratory of Genomic and Molecular Biomedicine, Department of Biology, University of Copenhagen, Universitetsparken 13, DK-2100 Copenhagen, Denmark.
  • 6Department of Physiology, Institute of Biomedicine, University of Turku, and Department of Pediatrics, Turku University Hospital, Kiinamyllynkatu 10, FI-20520 Turku, Finland.
  • 7Odense University Hospital, Endocrinological Department, 5000 Odense C, Denmark.
  • 8Department of Environmental Medicine, Institute of Public Health, University of Southern Denmark, Odense, Denmark tkjensen@health.sdu.dk.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-20 23:22 | アセトアミノフェン、NSAID

ベンゾジアゼピン系抗不安薬による股関節骨折

後ろ向き、コホート研究。すべて地域に基づいた2005-2011年にフィンランドでアルツハイマー病(Alzheimer disease:AD)と診断された人 (n = 70,718)およびそのマッチさせたADではない対照群の人を含むMedication Use and Alzheimer's disease (MEDALZ) の登録を基にした研究。参加者:ADの診断の前年の間にベンゾジアゼピンおよび関連薬(BZDR)を使用していない人又は、対応したマッチした日に股関節骨折がない人を本研究に含めた。 計測:AD患者と非AD患者で別々に、BZDR使用に関連した股関節骨折の危険性を非使用者と比べた。さらに、股関節骨折の間のBZDR使用と、1年間の死亡率および股関節骨折後4か月以上の入院の関連を調べた。ハザード比およびオッズ比および95%信頼区間 (CI)で関連を報告。結果;AD患者と非AD患者において、BZDR使用は股関節骨折の増加と関連 (補正したハザード比は各々1.4 [95% CI 1.2-1.7] and 1.6 [95% CI 1.3-1.9]). AD患者において、股関節骨折の間のBZDR使用は、骨折後4か月以上の入院と関連したが[補正したオッズ比1.9 (95% CI 1.3-2.8)]、比較者ではそうではなかった。1年間の死亡率は股関節骨折の間のBZDR使用とは関連せず。まとめ;神経精神病学の症状に対するBZDR処方の高い閾値は、AD患者の股関節骨折率を減らし入院期間を減らすかもしれない。J Am Med Dir Assoc. 2016 Nov 12. pii: S1525-8610(16)30435-2. doi: 10.1016/j.jamda.2016.09.019. [Epub ahead of print]Risk of Hip Fracture in Benzodiazepine Users With and Without Alzheimer Disease.Saarelainen L1, Tolppanen AM2, Koponen M3, Tanskanen A4, Sund R5, Tiihonen J6, Hartikainen S7, Taipale H8.• 1Kuopio Research Center for Geriatric Care, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland; School of Pharmacy, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland. Electronic address: laura.saarelainen@uef.fi.• 2School of Pharmacy, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland; Research Center for Comparative Effectiveness and Patient Safety, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland.• 3Kuopio Research Center for Geriatric Care, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland; School of Pharmacy, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland.• 4Department of Clinical Neuroscience, Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden; Impact Assessment Unit, National Institute for Health and Welfare, Helsinki, Finland; Department of Forensic Psychiatry, Niuvanniemi Hospital, Kuopio, Finland.• 5Department of Social Research, University of Helsinki, Helsinki, Finland; Institute of Clinical Medicine, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland.• 6Department of Clinical Neuroscience, Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden; Department of Forensic Psychiatry, Niuvanniemi Hospital, Kuopio, Finland.• 7Kuopio Research Center for Geriatric Care, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland; School of Pharmacy, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland; Department of Psychiatry, Kuopio University Hospital, Kuopio, Finland.• 8Kuopio Research Center for Geriatric Care, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland; School of Pharmacy, University of Eastern Finland, Kuopio, Finland; Department of Clinical Neuroscience, Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-20 23:11 | 抗不安薬の常用量依存

線維筋痛症患者は聴力障害になりやすい

方法:本研究は聴力検査を受けFM, 様々な部位の筋骨格痛および主観的な難聴を描いた包括的なアンケートに答えたNord-Trøndelag (HUNT2) 内の2回目の健常者の調査からの44 494人を含んだ。FMではないがその他の筋骨格痛のある回答者は、局所又は広範筋骨格痛に分類した。年齢、教育、不安、抑うつ、および聴覚閾値で補正してロジスティック回帰モデルで補正してデータを解析。結果:補正した解析では, FM患者はFMではない者やその他の筋骨格痛の者に比べて、主観的な難聴の危険性が高い(女性OR 4.578, 95%CI 3.622-5.787および男性 OR 4.523, 95% CI 3.077-6.647).さらに、局所又は広範筋骨格痛であるがFMと診断されない者は筋骨格痛のない者に比べると主観的な難聴の危険性が高い. この関連は広範痛の方が局所痛よりも大きい (局所筋骨格痛の女性OR 1.915, 95% CI 1.627-2.255, 局所筋骨格痛の男性1.796, 95% CI 1.590-2.029、広範筋骨格痛の女性OR 3.073, 95% CI 2.668-3.539, 広範筋骨格痛の男性OR 3.618, 95% CI 3.225-4.058).まとめ:我々の所見は、FMは中枢神経系の全般的な機能不全であるという説に一致する、その他の局所、特に広範な筋骨格痛でも同様。

BMC Musculoskelet Disord. 2016 Nov16;17(1):477.

Are persons with fibromyalgiaor other musculoskeletal pain more likely toreport hearing loss? A HUNT study.

StrandenM1,2, Solvin H3, Fors EA3, Getz L3, Helvik AS3,4,5.

  • 1Department of Public Health and General Practice, Faculty of Medicine, Norwegian University of Science and Technology (NTNU), Trondheim, Norway. magst@stud.ntnu.no.
  • 2, Harald Haarfagres gate 2, Trondheim, NO-7041, Norway. magst@stud.ntnu.no.
  • 3Department of Public Health and General Practice, Faculty of Medicine, Norwegian University of Science and Technology (NTNU), Trondheim, Norway.
  • 4St. Olav's University Hospital, Trondheim, Norway.
  • 5Norwegian National Advisory Unit on Aging and Health, Vestfold Health Trust, Tønsberg, Norway.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-20 22:59 | FMの症状

神経障害性疼痛に対するベンラファキシン(イフェクサー)の有効性の系統的総説

神経障害性疼痛に対するベンラファキシンの有効性の系統的総説。結果: 13の研究を総括. 研究の大部分では、偽薬に比べるとvenlafaxine を使用すると神経障害性疼痛を臨床的に有意に軽減する。さらに、一つの研究は、高用量のvenlafaxine (少なくとも150 mg)を用いると有意に痛みを軽減する。しかし, その他の神経障害性疼痛の治療薬と比較すると、venlafaxineは効果の点で優れてはいなかった。まとめ:まとめとして,神経障害性疼痛の治療においてvenlafaxineは安全で耐用性のあるくすりであり,高用量のvenlafaxine (150 mg/day)は有用であるという制限されたエビデンスがある。

Pain Med. 2016 Nov11. pii: pnw261. [Epub ahead of print]

Treatment of Neuropathic Pain withVenlafaxine: A Systematic Review.

Aiyer R1, Barkin RL2, Bhatia A3.

  • 1Department of *Psychiatry, Hofstra Northwell Health, Staten Island University Hospital, Staten Island, New York, USA rohitaiyer@gmail.com.
  • 2Department of Anesthesiology, Family Medicine, and Pharmacology, Rush Medical College, North Shore University Health System Pain Centers Evanston and Skokie Hospital, Skokie, Illinois, USA.
  • 3Department of Anesthesiology, Hofstra Northwell Health, Staten Island University Hospital, Staten Island, New York, USA.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-15 08:57 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line