<   2016年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


Hiroshima Body Map


Hiroshima Body Map
d0223062_21070776.jpg
d0223062_21084577.jpg
d0223062_21105115.jpg

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 21:12 | FMの診断

線維筋痛症の灰白質の異常:メタ解析

ボクセルに基づいた形態計測(voxel-basedmorphometryVBM)研究によるFMの灰白質(GM)の異常の系統的総説とメタ解析。 結果:180人のFM患者と126人の健常対照者を含む9つの比較を報告した7つの研究をメタ解析に含めた。FM患者と健常対照者の比較では、局所のGM容積の減少は、両側の前帯状皮質/傍帯状皮質/内側前頭前皮質,両側の後帯状皮質/傍帯状皮質, 海馬傍回/fusiformcortex(紡錘状皮質), 海馬傍回/海馬で一貫していた. 局所のGM容積の増加は左小脳で一貫して見られた。メタ回帰によると、年齢はFM患者のGMの異常と関連。まとめ:現在のメタ解析は、内側疼痛, デフォルトモードネットワーク、および大脳―小脳回路内のGMの異常パターンを同定し、それはFMは慢性痛を巻き込んだ部位を超える脳の領域を犯す症状の複合であるという概念を支持する。

Semin Arthritis Rheum. 2016Dec;46(3):330-337. doi: 10.1016/j.semarthrit.2016.06.002. Epub 2016 Jun 8.

Gray matter abnormalities associated with fibromyalgia: A meta-analysis of voxel-basedmorphometric studies.

Shi H1, Yuan C2, Dai Z3, Ma H4, Sheng L5.

  • 1Department of Neurology, Affiliated Yancheng Hospital, School of Medicine, Southeast University, Yancheng, P.R. China.
  • 2Department of Anesthesia and Pain Management, Affiliated Yancheng Hospital, School of Medicine, Southeast University, Yancheng, P.R. China.
  • 3Department of Radiology, Affiliated Yancheng Hospital, School of Medicine, Southeast University, Yancheng, P.R. China.
  • 4Department of Neurology, Kunshan Hospital of Traditional Chinese Medicine, 215300, Chaoyang Rd 189#, Kunshan, P.R. China.
  • 5Department of Neurology, Kunshan Hospital of Traditional Chinese Medicine, 215300, Chaoyang Rd 189#, Kunshan, P.R. China. Electronic address: kszyyslq@sina.com.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 13:13

統合失調症で退院時のベンゾジアゼピン系抗不安薬処方量が多いと再入院までの期間が短くなる

方法:この後ろ向き研究では、東京医科大学病院を20091月から20122月までに退院した統合失調症患者を対象にした。退院後2年を超えて治療を継続した108人の患者を研究に含めた。臨床的な特徴、BZPsや抗精神病薬などの処方された薬の量、退院時のGlobal Assessment ofFunctioning scoresを調べた。 一次的な結果はすべての理由による再入院。結果:統合失調症患者108人中、44 (40.7%)は研究期間の2年間に再入院。コックス比例ハザードモデルを用いた多変量解析によると、教育歴が短い者(hazardratio =2.43, P=0.032), 統合失調症の発症年齢が若い者(hazardratio =2.10, P=0.021), およびdiazepam-等価投与量が高い者 (hazardratio =6.53, P=0.011) は退院後再入院までの期間が有意に短い.

Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 Dec15;12:3243-3247. doi: 10.2147/NDT.S118759. eCollection 2016.

Association between the high-dose use of benzodiazepinesand rehospitalization in patients with schizophrenia: a 2-year naturalisticstudy.

Takita Y1, Takaesu Y1, Ono K1, Futenma K1, Shimura A1, MurakoshiA1, Komada Y2, Inoue Y3, Inoue T1.

  • 1Department of Psychiatry.
  • 2Department of Somnology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan.
  • 3Department of Psychiatry; Department of Somnology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 13:08 | 慢性疲労症候群

消化性潰瘍の危険因子

方法:上部胃腸(gastrointestinalGI)路の内視鏡、血清抗-Helicobacter pylori IgG検査を含む健康診断を受け、その症状に関する自己報告のアンケートた人を調べた。 結果:本研究に含めた12,852人中,124 (1.0%)は症状のある消化性潰瘍疾患(Peptic ulcer diseasePUD)であり、309 (2.4%)は症状のないPUD.高齢, 現在の喫煙、およびH. pylori 感染は無症候性のPUDの独立した危険因子. NSAIDsの使用は、症状のあるPUDのみの独立した危険因子 (p=0.040). 無症候性のPUDに比べて,症状のあるPUDは、活動期の潰瘍であることが多く (p=0.002) 飲酒量がより多い(p=0.005)。まとめ:NSAIDsの使用は症状のあるPUDの危険因子であるが, 無症候性のPUDの危険因子ではない. PUD患者において、過剰なアルコール摂取および活動期の潰瘍は胃十二指腸症状の存在と関連。

ClinEndosc. 2016 Dec 23. doi: 10.5946/ce.2016.129. [Epub ahead ofprint]

Risk Factors for the Presence of Symptoms inPeptic Ulcer Disease.

Lee SP, Sung IK, Kim JH, Lee SY, Park HS, Shim CS.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 12:43 | アセトアミノフェン、NSAID

むずむず脚症候群に対するropinirole 治療はbupropion および鉄―葉酸治療の効果

方法:RLSと診断された患者を無作為に、各群30人の3群に振り分けた(Group A: Bupropion [300 mg/day], Group B: Ropinirole [0.25-0.5 mg/day], およびGroup C: Oral iron [150 mg 元素鉄] と葉酸[500μg]併用). 各参加者は、各々、the International Restless LegsScale (IRLS) severity rating scale およびRestless Legs Syndrome Quality ofLife (RLSQoL) Questionnaire, に基づき、ベースラインのRLSの程度およびRLSに関連した生活の質を評価され, その後14日ごとに6週まで評価された。結果:IRLS点数はベースラインから最終時点までで有意差あり (F =4.85; P = 0.01)。時間 x 治療群の関連は有意であり(F = 10.37; P< 0.001)、全群の治療で改善。Pair-wise比較によると、IRLS scoreの点で、ropinirole群はその他の2群とは差があり(F= 7.06; P = 0.001), それらはお互いに同等. 生活の質に関しては、4回の受診すべてで、各群内で異なっていた(F =5.12; P = 0.002). IRLSとは異なり, RLSQOLscores はすべての時点で各群間には有意差はなかった (F =1.2; P = 0.28).まとめ:RLSの程度は3群すべてで経時的に低下したが、ropinirole 治療はbupropionおよび鉄―葉酸治療よりも優れていた。さらにRLSに関連した生活の質は全群で改善し, 3群の間では同等。
2016 Oct-Dec;19(4):472-477.

A double-blind, randomized, controlled trial tocompare the efficacy and tolerability of fixed doses of ropinirole, bupropion,and iron in treatment of restless legs syndrome(Willis-Ekbom disease).

Vishwakarma K1, Kalra J2, Gupta R3, Sharma M4, Sharma T2.

  • 1Department of Pharmacology, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India; Department of Pharmacology, TMMC and RC, Moradabad, Uttar Pradesh, India.
  • 2Department of Pharmacology, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India.
  • 3Department of Psychiatry and Sleep Clinic, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India.
  • 4Department of Community Medicine, TMMC and RC, Moradabad, Uttar Pradesh, India.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 12:38 | むずむず脚症候群

線維筋痛症に対する繰り返し経頭蓋磁気刺激の効果:メタ解析

繰り返し経頭蓋磁気刺激(repetitivetranscranial magnetic stimulationrTMS)FMに対する効果のメタ解析。成人FM患者における無作為対照研究を含んだ。結果は疼痛の程度の変化。the Cochrane Collaboration Back ReviewGroup内のtheGuidelines for Systematic Reviewsで報告された尺度を用いて方法論の質を評価した. A random-effectsmeta-analysis was carried out with a test for heterogeneity using the I and pooledestimate as a nonstandardized mean of difference in change in pain severity measures by a numeric rating scale.調査により791の記録,8つの関連のあるおよび7つのメタ解析を同定。7つの研究では、偏りの危険性は低かった。刺激前から最後の刺激後で疼痛の程度は010numericrating scale-1.2点低下 (95%信頼区間:-1.7 to -0.8). 刺激前から、最後の刺激後1週から1か月前に、疼痛の程度は-0.7 点低下(95%信頼区間: -1.0 to -0.3). 両方の統合した結果は最小限の臨床的に重要な差の1.5点を下回っていた。FM患者の疼痛の程度を軽減することにおいて、 rTMSは偽刺激よりも有効ではないという中等度のエビデンスがあり、この治療方法をFMの治療にルーチンに使用することには疑問が生じる。

Int JRehabil Res. 2016 Dec 13. [Epub ahead of print]

Effectiveness of repetitive transcranialmagnetic stimulation in patients with fibromyalgia:a meta-analysis.

SaltychevM1, Laimi K.

  • 1Department of Physical and Rehabilitation Medicine, Turku University Hospital, University of Turku, Turku, Finland.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-20 21:01 | FMの薬物治療総論

アセトアミノフェン、NSAIDの長期使用は難聴を引き起こしやすい

the Nurses' Health Study55,850人の女性における鎮痛薬使用の期間と自己報告の難聴の関連を調べた。可能性のある交絡因子で補正して、コックス比例ハザード回帰を用いた。 873,376人ー年の経過観察中 (1990-2012), 長期間のNSAID 使用(1年未満の使用に比べて6年を超える使用, 多変量で補正した相対危険度= 1.10, 95%信頼区間: 1.06, 1.15; P for trend < 0.001)およびacetaminophen使用 (1年未満の使用に比べて6年を超える使用, 多変量で補正した相対危険度= 1.09, 95%信頼区間: 1.04, 1.14; P for trend < 0.001)は難聴の危険性の増加と関連. アスピリン使用の期間は難聴とは関連しなかった(1年未満の使用に比べて6年を超える使用,多変量で補正した相対危険度= 1.01, 95%信頼区間: 0.97, 1.05; P for trend = 0.35). 女性におけるこのコホートでは、NSAID およびacetaminophenの長期間の使用は難聴の危険性を少し増加させるが, アスピリン使用の期間は関連せず。

Am J Epidemiol. 2016 Dec14. [Epub ahead of print]

Duration of Analgesic Use and Risk of HearingLoss in Women.

Lin BM, Curhan SG, Wang M, Eavey R, StankovicKM,Curhan GC.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-20 20:56 | アセトアミノフェン、NSAID

人工膝関節置換術後の持続痛の危険因子

方法:膝OAによりTKAを受けた患者を2群に分けた:持続的な術後痛(persistent postsurgical painPPSP)がないか軽度の者(Numerical Rating Scale[NRS] ≤ 3) (group 1, n = 91) および中等度から強度のPPSPの者(NRS > 3) (group 2, n = 183). 患者の特徴の情報, 並存症および術前のNRS点数を後ろ向きに病院のカルテから得た。経過観察期間; 術前および最後の受診時の歩行距離; およびthe NRS, Pain DETECT Questionnaire (PDQ)での評価や患者の満足尺度を電話インタビューで患者が出した標準的なアンケートから記録。結果:経過観察の平均は22.8 ± 12.3か月。TKA後中等度から強度のPPSPの割合は66.7%Group 1では神経障害性疼痛の者はいなかった. In Group 2では,患者の22.9%が神経障害性疼痛を経験し、18%は不明確であり, 59%は神経障害性疼痛を経験せず. Group 2Group 1に比べると、最後の受診時の後の患者満足度尺度の点数が悪かった。寡婦、教育レベルが低いこと、主婦、身体的努力の必要な就労、術前の安静時の疼痛強度および術前の制限された歩行距離がGroup 2の危険因子。

J Natl Med Assoc. 2016Winter;108(4):236-243. doi: 10.1016/j.jnma.2016.08.008. Epub 2016 Sep 30.

Total Knee Arthroplasty due to KneeOsteoarthritis: Risk Factors for Persistent Postsurgical Pain.

AlbayrakI1, ApiliogullariS2, ErkocakOF3, Kavalci H4, OzerbilOM4, LevendogluF4.

  • 1Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Selcuk University Medical Faculty, Konya, Turkey. Electronic address: ilknurftr@gmail.com.
  • 2Department of Anesthesia and Intensive Care, Selcuk University Medical Faculty, Konya, Turkey.
  • 3Department of Orthopaedic Surgery and Traumatology, Selcuk University Medical Faculty, Konya, Turkey.
  • 4Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Selcuk University Medical Faculty, Konya, Turkey.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-20 20:51 | その他の疼痛

むずむず脚症候群患者はパーキンソン病になりやすい

方法:ほぼ3.5百万人 US 退役軍人(年齢: 60±14,93%が男性, 経過観察の中央値は7.8 (IQR:6.4-8.4))の全国を代表する前向きコホートから, 100,882人のPDのない患者の傾向でマッチさせたコホートを作り、RLSの有病率とパーキンソン病(PD)の発生率の関連を調べた. この関連を全コホートで評価した。Coxモデルを用いて関連を調べた。結果:傾向でマッチさせたコホート内で、RLS陰性群では68例のPDが発生し(0.13%, 発生率1.87[1.48-2.37]/10,000患者―年), RLS陽性群では185 例のPDが発生(0.37%,発生率4.72[4.09-5.45]/10,000 患者―年). 一般的なRLSRLS陰性患者に比べると、2倍以上PDの発生率が高い (hazard ratio (HR): 2.57, 95% 信頼区間 (CI): 1.95-3.39). 3.5百万人のコホート全体を調べると定性的に類似の結果が得られた: 一般的なRLSPDの発生率が2倍以上高い(補正した多変量のHR: 2.81, 95%CI:2.41-3.27)。まとめ:RLS および PDは共通の危険因子を持つ。この大規模な米国の退役軍人のコホートでは、8年間の経過観察で、一般的なRLS PDの発生の危険性を高くし、 RLSPD発生の早期の臨床的特徴なのかもしれないことを示す。

Sleep. 2016 Nov 28. pii: sp-00400-16. [Epubahead of print]

Association of RestlessLegs Syndrome with Incident Parkinson Disease.

Bro D, O'Hara R, Primeau M, Hanson-Kahn A, Hallmayer J, Bernstein JA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:34 | むずむず脚症候群

ブプロピオンパッチの安全性:系統的総説とメタ解析

方法:16の偽薬対照および活性偽薬対照および非対照研究 (N=6566)のこの後ろ向き解析は、ブプレノルフィン経皮システム(buprenorphinetransdermal system (BTDS; Butrans®) iに暴露された患者における安全性と耐用性を評価し、≥ 65 歳の高齢者(6598)および < 65歳の若年者(1864)におけるBTDS治療に関連する安全性を比較した. 安全性の解析には副作用(adverse eventsAEs),検査結果、および心電図を含んだ。結果:全般的には、AEsの発生率は ≥ 65歳のコホート(N = 1715) および< 65歳のコホート (N = 4843) で類似(各々63.8%and 61.0%)。高齢患者のコホートは、便秘、末梢の浮腫、および尿路感染症が多かったが貼付部位のAEs (つまり、紅斑、過敏、瘙痒、発疹)および頭痛が少なかった。転倒、関節痛、および局所と貼付部位ではない場所に関連した発疹は年齢に有意に関連しており, BTDSで治療を受けた高齢者における年齢又は治療のみでは説明のできないこれらの出来事の危険性の増加の差を示す. BTDSおよび活性対照 (oxycodone/acetaminophen [OXY/APAP]and hydrocodone/acetaminophen[HCD/APAP])の両方で治療した患者において、自己や外傷および転倒には同様の傾向が見られ, それはオピオイドの種類の効果を示す。しかし、活性対照群の患者数が少ないため、活性対照群では治療と年齢の関連は見られなかった。重篤なAEsの発生、AST, ALT のような肝臓の酵素やビリルビンの臨床的に有意な増加は年齢にかかわらず小さかった。

Postgrad Med. 2016 Dec 8. [Epubahead of print]

Safety of Buprenorphine Transdermal System inthe Management of Pain in Older Adults.

PergolizziJV1,2, Raffa RB3,4, Marcum Z5, Colucci S6, Ripa SR6.

  • 1a Naples Anesthesia and Pain Associates , Naples , FL.
  • 2b NEMA Research Inc. Naples , FL.
  • 3c Emeritus Professor, Department of Pharmaceutical Sciences , Temple University School of Pharmacy , Philadelphia , PA.
  • 4d Adjunct Professor, Department of Pharmacology and Toxicology , University of Arizona College of Pharmacy , Tucson , AZ.
  • 5e School of Pharmacy , University of Washington , Seattle , WA.
  • 6f Purdue Pharma, L.P ., Stamford , CT.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:32 | オピオイド
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line