線維筋痛症に対する泥入浴の効果

入院し約1か月間10分間の40 °Cの泥入浴に毎日入った7人のFM患者を登録。彼らの主観的な疼痛は平均で1/4減少。泥入浴治療を受けない症例と比較して、血清triglycerideおよびCRPが低下し、AST(GOT)およびCPKは維持され、RBC数、血清アルブミンレベル、および血清LDL-cholesterol レベルは増加し、FM患者においては泥入浴は炎症と筋力萎縮を予防し栄養状態を改善することをそれを示した。さらに、末梢白血球のtelomereの長さの解析によるとtelomere 短縮化とヘモグロビンと血清アルブミンの変化の間には負の相関の傾向がある. このテロメアの変化は循環白血球の寿命を延長する泥入浴の効果により仮定で説明されうる.

Mol Cell Biochem. 2017 Dec 6.doi: 10.1007/s11010-017-3233-4. [Epub ahead of print]

Clinical and anti-aging effect of mud-bathingtherapy for patients with fibromyalgia.

Maeda T1, Kudo Y2, HoriuchiT3, Makino N3.

1

TheDepartment of Internal Medicine, Kyushu University Beppu Hospital, 4546Tsurumihara, Beppu, Oita, 874-0838, Japan. maedat@beppu.kyushu-u.ac.jp.

2

TheDepartment of Rehabilitation, Kyushu University Beppu Hospital, 4546Tsurumihara, Beppu, Oita, 874-0838, Japan.

3

TheDepartment of Internal Medicine, Kyushu University Beppu Hospital, 4546Tsurumihara, Beppu, Oita, 874-0838, Japan.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-10 17:19 | FMの非薬物治療

線維筋痛症と長期瞑想者の脳の容積の比較

方法:年齢と性別をマッチさせた12人のFM患者,11人の長期間のZen(禅)瞑想者および10人の健常対照者を集めた. 高解像度のT1-3Dsequenceを獲得しhigh-dimensionalDARTEL normalization strategyを用いた. 不安、抑うつ、および認知機能障害に関するアンケートを行った。結果:対照者に比べると、FM患者では the Brodmann area 20 (右および左下側頭回) の灰白質の容積は有意に増加 し、瞑想者では有意に低下. 一方, 対照者および瞑想者に比べるとFM患者では灰白質の容積は有意に増加,側頭回(p=0.03,t=6.85) および左側頭回(p=0.04, t=6.31). 瞑想群において、瞑想の月数は灰白質の容積に変化には関連せず。まとめ:FMおよび瞑想はthe Brodmann area 20 (両側の下側頭回)の解剖学的構造の変化に関連するようであり, その変化は不安や抑うつのレベルと関連。{Fayed, 2017 #7438}

Actas Esp Psiquiatr. 2017Nov;45(6):268-76. Epub 2017 Nov 1.

Difference in Regional Brain Volume between Fibromyalgia Patients and Long-Term Meditators.

Fayed N1, García-MartíG2, Sanz-RequenaR3, Marti-BonmatíL4, Garcia-CampayoJ5.

1

RadiologyDepartment, Quirónsalud Hospital, Zaragoza, Spain.

2

BiomedicalEngineering, Quirónsalud Hospital, Valencia, Spain CIBERSAM, Instituto de SaludCarlos III, Madrid, Spain.

3

BiomedicalEngineering, Quirónsalud Hospital, Valencia, Spain.

4

RadiologyDepartment, Quirónsalud Hospital, Valencia, Spain.

5

Deparment ofPsychiatry. Miguel Servet Hospital, Zaragoza, Spain.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-08 12:32 | FMの検査

PPI中止後の胃酸過剰分泌のリバウンド:叙述的総説

PPI中断後の胃酸過剰分泌のリバウンドの叙述的総説。結果:同定された131の出版の中で、10を選択した。研究のデザインには異質性が大変高い。5つの研究ではリバウンド効果があった。4週間未満の治療期間の研究ではリバウンドを示さず。Helicobacterpylori のコロニー形成はリバウンドの発生を隠す。まとめ。4週間を超える毎日のPPI使用は、中断後約15日間の酸過剰分泌を引き起こしやすく、使用期間に応じて数日から数週間継続する。

Therapie. 2017 Oct 26. pii:S0040-5957(17)30159-2. doi: 10.1016/j.therap.2017.08.005. [Epub ahead of print]

[Gastric acid reboundafter a proton pump inhibitor: Narrative reviewof literature].

[Article in French]

Rochoy M1,Dubois S2,Glantenet R2,Gautier S3,Lambert M2.

1

Centred'infection et d'immunité de Lille, institut Pasteur de Lille, 1, rue duPr-Calmette, BP 245, 59019 Lille, France; Centre régional de pharmacovigilance,faculté de médecine, 59045 Lille cedex, France. Electronic address:michael.rochoy@gmail.com.

2

Centred'infection et d'immunité de Lille, institut Pasteur de Lille, 1, rue duPr-Calmette, BP 245, 59019 Lille, France.

3

Centrerégional de pharmacovigilance, faculté de médecine, 59045 Lille cedex, France.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-08 12:29 | その他

神経障害性疼痛に対する鍼の効果のコクラン総説

成人神経障害性疼痛に対する鍼の効果のコクラン総説。著者の結論:利用できるデータが制限されているため、偽鍼又はその他の活動的な治療と比較した際に、神経障害性疼痛一般又は何らかの特異的な神経障害性疼痛に鍼を使用することを支持又は否定するためには不十分なエビデンスしかない。5つの研究が実施されており、7つの研究が不明瞭な治療期間のために分類を待っている状態であり、それらの研究の結果が現在の所見に影響するかも。

Cochrane Database SystRev. 2017 Dec 2;12:CD012057. doi:10.1002/14651858.CD012057.pub2. [Epub ahead of print]

Acupuncture for neuropathicpain in adults.

Ju ZY1, Wang K, Cui HS, Yao Y, Liu SM, Zhou J, Chen TY, Xia J.

1

College ofAcumox and Tuina, Shanghai University of Traditional Chinese Medicine,Shanghai, China.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-05 12:43 | 神経障害性疼痛

線維筋痛症に対する抵抗運動、ストレッチの比較

無作為対照研究。理学療法service, FM外来患者クリニック。44人のFM女性(79人をふるいにかけた)。方法:患者を無作為にストレッチ群 (n=14), 抵抗運動群(n=16), および対照群(n=14)に振り分けた. VAS, Fischer dolorimeterを用いた疼痛閾値により痛みを評価し, FM症状を FIQで評価し,生活の質をthe Medical OutcomesStudy 36-item Short- Form Health Survey (SF-36)で評価した.3つの治療群では通常の治療を継続した。さらに、ストレッチ群と抵抗運動群は12週間週2回異なる訓練をした。結果:治療後、ストレッチ群はSF-36身体機能点数が最も高く (p=0.01) 身体疼痛点数が最も低い (p=0.01). 抵抗運動群はFIQ抑うつ点数が最も低い (p=0.02). 対照群はFIQ 朝の疲労とこわばりの点数が最も高く, SF-36の活力の点数が最も低い. 臨床的解析では, ストレッチ群は全てのSF-36領域の生活の質は有意に改善し, 抵抗運動群はFM 症状およびSF-36領域の身体機能,活力, 社会的機能,感情的役割、および精神的健康の生活の質が有意に改善した。まとめ:筋ストレッチ訓練は特に身体機能と疼痛の面で生活の質を改善する最も有効な治療であり, 抵抗訓練は抑うつを軽減する最も有効な治療。

Eur JPhys Rehabil Med. 2017 Nov 29. doi:10.23736/S1973-9087.17.04876-6. [Epub ahead of print]

Muscle stretching exercises and resistancetraining in fibromyalgia: which is better? Athree-arm randomized controlled trial.

AssumpçãoA1, MatsutaniLA1,2, Yuan SL1, Santo AS1, Sauer J1, Mango P1, MarquesAP3.

1

Departmentof Physical Therapy, Speech Therapy and Occupational Therapy, Faculty ofMedicine, University of Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil.

2

Departmentof Biological and Health Sciences, Institute of Education for OsascoFoundation, Osasco, Brazil.

3

Departmentof Physical Therapy, Speech Therapy and Occupational Therapy, Faculty ofMedicine, University of Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil - anassumpcao@gmail.com.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-03 16:51 | FMの非薬物治療

PPIの長期使用は小腸細菌異常[過]増殖を引き起こす

67人のPPI治療患者(PPIT)および62人のPPI 非使用患者(C,比較)を含む前向きコホート研究。小腸細菌{さいきん}異常{いじょう}[過]増殖(smallbowel bacterial overgrowthSBBO)の存在を調べるために、PPITおよびCはグルコース呼気中水素(breathhydrogenH2) /メタン(methaneCH4)呼気検査breathtest (HMBT)を受けた。結果:H2 およびCH4排泄で決定したSBBOの存在はPPITの方がCよりも有意に高かった(44.8% vs 21%, p=0.005, OR = 3.06, 95% CI 1.40-6.66) . PPITCに比べると、全てのH2検査の指標(ベースラインのH2レベル,全検査の間のH2の最大ピークおよび平均H2)は有意に高かった。たとえ呼気検査陽性の基準を満たさないPPITであっても、呼気のH2レベルはCと比べると有意に高かった.群間にCH4排泄には有意差はなかったが,PPIT 19.4%C12.9% HMBTが偽陰性 results had CH4 not been taken into account.まとめ:長期間の PPIの使用は呼気H2 およびCH4排泄で定められたSBBOの発生に有意に関連した.CH4 の計測により偽陰性の検査の結果の数は減る。

J Breath Res.2017 Nov 28. doi: 10.1088/1752-7163/aa9dcf. [Epub ahead of print]

Long-term proton pump inhibitor therapy leads to small bowelbacterial overgrowth as determined by breath hydrogen and methane excretion.

Sieczkowska A1,Landowski P1,Gibas A2,Kaminska B1,Lifschitz C3.

1

Departmentof Pediatrics, Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition, MedicalUniversity of Gdansk, Gdansk, POLAND.

2

Departmentof Urology, Medical Univeristy of Gdansk, Gdansk, POLAND.

3

Sectionof Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Transplantation, HospitalItaliano de Buenos Aires, Buenos Aires, Federal District, ARGENTINA.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-11-30 12:28 | その他

NSAIDによる心筋梗塞

方法:Quebec administrative health cohortNestedcase-control解析を行った.NSAIDの投与量、交絡因子、および結果の状態を経過観察の各日で調べた。投与量と過去の暴露の時期をよりよく説明するために,可変量の重みづけをした累積暴露モデルを適用した。結果:コホートは、21256の急性心筋梗塞(MI)例を含む、233 816人の高齢成人からなる.用量に関連したMIの危険性の増加は全てのNSAIDsの現在の使用で見られた.使用期間を考慮しないモデルでは,最も一般的な毎日の使用量vs. 現在使用していないのORs(95%CI):celecoxib 200 mg: 1.16 (1.10, 1.22), diclofenac 150 mg: 1.59 (1.38,1.84), ibuprofen 1200 mg: 1.42 (1.17, 1.74), naproxen 750 mg: 1.38(1.21, 1.58), およびrofecoxib25 mg: 1.54 (1.43, 1.66). naproxenを含むすべてのNSAIDs MIの危険性の増加と関連しrofecoxib,ibuprofen, およびnaproxen3週間前の摂取量とdiclofenaccelecoxib75日前の摂取量は現在のMIの危険性に寄与することを示す、ことを重み付けをした累積暴露モデルは確認.しかし、celecoxibの危険性は30 日以上の継続使用を必要とするようであるが,その他のNSAIDsではMIの危険性は7日以内に起こる。

PharmacoepidemiolDrug Saf. 2017 Nov 24. doi: 10.1002/pds.4358. [Epubahead of print]

Risk of acutemyocardial infarction with real-world NSAIDs depends on dose and timing ofexposure.

Bally M1,2,Beauchamp ME2,Abrahamowicz M2,3,Nadeau L2,Brophy JM2,3,4.

1

Departmentof Pharmacy and Research Center, University of Montreal Hospital, Montreal,Canada.

2

Centrefor Outcomes Research and Evaluation, Research Institute of the McGillUniversity Health Centre, Montreal, Canada.

3

Departmentof Epidemiology, Biostatistics, and Occupational Health, McGill University,Montreal, Canada.

4

Departmentof Medicine, McGill University Health Centre, Montreal, Canada.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-11-28 20:26 | アセトアミノフェン、NSAID

急性痛治療におけるプレガバリンの有用性と有害性の系統的総説とメタ解析

急性痛治療におけるプレガバリンの有用性と有害性の系統的総説とメタ解析。まとめは偏りの危険性が低い研究に主に基づく。7201人の患者を含む97の無作為振り分け臨床研究を含んだ. 24時間のモルヒネ静注消費量は全般的な偏りの少ない11の研究において5.8 mg減少 (3.2, 8.5; trial sequential analyses (TSAs)補正した信頼区間: 3.2, 8.5). International Conference ofHarmonisation Good Clinical Practice guidelinesにより定義された深刻な副作用(serious adverse eventsSAEs)の発生は21の研究で報告され, 12の研究で55 SAEsが報告され,全般的な偏りの少ない10の研究で22 SAEsが報告。全般的な偏りの少ない研究では, Peto'sオッズ比は 2.9 (1.2, 6.8; TSA 補正した信頼区間: 0.1, 97.1). 偏りの危険性の低い研究に基づくと, pregabalinにはオピオイドを軽度減らす効果があるかもしれないが、SAEsの危険性が増加するようだ。しかし、Grading ofRecommendations Assessment, Development, and Evaluation (GRADE)に関連した評価は中等度から大変低い質のエビデンスを示した。術後痛に対するプレガバリンの一律の使用は推奨できない。

Br J Anaesth. 2017 Oct1;119(4):775-791. doi: 10.1093/bja/aex227.

Benefit and harm of pregabalinin acute pain treatment: a systematic review with meta-analyses and trialsequential analyses.

FabritiusML1, Strøm C1,2, Koyuncu S3, Jæger P1, PetersenPL1, Geisler A3, WetterslevJ4, Dahl JB5, MathiesenO3.

1

Departmentof Anaesthesiology, Centre of Head and Orthopaedics, Copenhagen UniversityHospital Rigshospitalet, Blegdamsvej 9, 2100 Copenhagen, Denmark.

2

Departmentof Anaesthesia, Holbæk Hospital, Holbæk, Denmark.

3

Departmentof Anaesthesiology, Zealand University Hospital, Køge, Denmark.

4

Departmentof Clinical research, Copenhagen Trial Unit, Centre for Clinical InterventionResearch, Copenhagen University Hospital, Rigshospitalet, Copenhagen, Denmark.

5

Departmentof Anaesthesiology and Intensive Care Medicine, Bispebjerg and FrederiksbergHospitals, Copenhagen, Denmark.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-11-26 16:44 | その他

PPIによる鉄欠乏性貧血

52歳男性がPPIであるomeprazole25年使用し鉄欠乏貧血になった。PPI使用による胃酸分泌の低下と関連した胃腸の鉄の吸収低下が原因と考えられた.

Intern Med.2017 Nov 20. doi: 10.2169/internalmedicine.9554-17. [Epub ahead of print]

Iron Deficiency AnemiaDue to the Long-term Use of a Proton Pump Inhibitor.

Imai R1,Higuchi T2,Morimoto M2,Koyamada R2,Okada S2.

1

InternalMedicine, St. Luke's International Hospital, Japan.

2

Division of Hematology, St. Luke'sInternational Hospital, Japan.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-11-26 16:39 | その他

腰痛症における脳の変化


fMRIおよびPETで慢性腰痛症の脳を調べた。慢性腰痛症患者は前帯状皮質, 前頭前野皮質, および側坐核の活性化が低下。前帯状皮質と前頭前野皮質の両方は下降性疼痛抑制系に属し、側坐核は痛みを軽減するμ-opioidsを遊離するドパミン系に属し、これらの3つの脳の部位の活性化の低下は、下降性疼痛抑制系の機能低下に関連するかも.

J Orthop Sci. 2017 Nov 19. pii: S0949-2658(17)30302-0. doi:10.1016/j.jos.2017.11.007. [Epub ahead of print]

Association between brain and low backpain.

Konno SI1, Sekiguchi M2.

1

Department of Orthopaedic Surgery, FukushimaMedical University School of Medicine, Japan. Electronic address: sfortho@fmu.ac.jp.

2

Department of Orthopaedic Surgery, FukushimaMedical University School of Medicine, Japan.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-11-26 16:34 | その他の疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line