抗不安薬による注意障害/作業記憶障害

方法:地域に基づいた407人の安定した統合失調症(schizophreniaSZ)患者をtheFondaMental Academic Centers of Expertise for Schizophrenia Cohort (FACE-SZ)に含めた。the Expert Centerによる診察が臨床的に安定しており少なくとも3か月治療の投薬量が安定しており、毎日BZDを摂取する患者をベンゾジアゼピンの長期間の投薬(benzodiazepine long-termadministrationBLTA)と定義。各患者は1日かけて包括的な認知検査を受けた(The National Adult Reading Test, the WechslerAdult Intelligence Scale, the Trail Making Test, the California Verbal LearningTest, the Doors test, and The Continuous Performance Test-Identical Pairsを含む).結果:多変量解析を行うと、BLTAは注意障害/作業記憶障害と関連し(OR 0.60, 95%信頼区間0.42-0.86; p = 0.005) 社会人口統計的変数や疾患の特徴とは独立。同一の交絡変数を含む多変量モデルで、現在の言語および作業IQ-[各々, OR 0.98, 95% CI (0.96;0.99),p = 0.016 および0.98, 95%CI(0.97;0.99), p = 0.034]BLTAと相関するが発病前の IQ-(p > 0.05) BLTAと相関と相関しない。

Eur ArchPsychiatry Clin Neurosci. 2017 Mar 27. doi:10.1007/s00406-017-0787-9. [Epub ahead of print]

Benzodiazepine long-termadministration is associated with impaired attention/working memory inschizophrenia: results from the national multicentre FACE-SZ data set.

Fond G1,2,3,4, Berna F5,6, Boyer L5,7, Godin O5,8, Brunel L5,9, AndrianarisoaM5,9, AouizerateB5,10,11, CapdevielleD5,12, Chereau I5,13, Danion JM5,6, DubertretC5,14, DubreucqJ5,15, Faget C5,16, Gabayet F5,15, LeGloahec T5,9, Llorca PM5,13, Mallet J5,14, MisdrahiD5,10,17, Rey R5,18, Richieri R5,16, PasserieuxC5,19, PortalierC5,14, Roux P5,19, Vehier A5,18, Yazbek H5,12, SchürhoffF5,9, BulzackaE5,9; FACE-SZ(FondaMental Academic Centers of Expertise for Schizophrenia) group.

Collaborators(53)

AndrianarisoaM,AouizerateB,Berna F, Blanc O, Brunel L, Bulzacka E, CapdevielleD,Chéreau-BoudetI,Chesnoy-ServaninG,Danion JM, D'Amato T, Deloge A, Delorme C, Denizot H, Dorey JM, DubertretC,DubreucqJ,Faget C, Fluttaz C, Fond G, FonteneauS,Gabayet F, Giraud-BaroE,Hardy-BayléMC,Lacelle D, Lançon C, LaouamriH,Leboyer M, LeGloahec T, Le StratY,Llorca PM, Mallet J, MetairieE,MisdrahiD,Offerlin-MeyerI,PasserieuxC,Peri P, Pires S, PortalierC,Rey R, Roman C, SebilleauM,SchandrinA,SchurhoffF,Tessier A, TroncheAM,Urbach M, VaillantF,Vehier A, VidailhetP,Vilà E, Yazbek H, Zinetti-BertschyA.

1

FondationFondaMental, Créteil, France. guillaume.fond@gmail.com.

2

INSERM U955,Translational Psychiatry Team, DHU Pe-PSY, Centre Expert Schizophrénie, Pôle dePsychiatrie et d'Addictologie des Hôpitaux Universitaires Henri Mondor,, ParisEst University, 40 rue de Mesly, 94000, Créteil, France.guillaume.fond@gmail.com.

3

CliniqueJeanne d'arc-Hôpital Privé Parisien, 55 rue du commandant Mouchotte, 94160,Saint-Mandé, France. guillaume.fond@gmail.com.

4

CHUCarémeau, 30000, Nîmes, France. guillaume.fond@gmail.com.

5

FondationFondaMental, Créteil, France.

6

HôpitauxUniversitaires de Strasbourg, INSERM U1114, Fédération de MédecineTranslationnelle de Strasbourg, Université de Strasbourg, Strasbourg, France.

7

PôlePsychiatrie Universitaire, CHU Sainte-Marguerite, 13274, Marseille cedex 09,France.

8

SorbonneUniversités, UPMC Univ Paris 06, INSERM, UMR_S 1136, Institut Pierre Louisd'Epidémiologie et de Santé Publique, Institut Pierre Louis d'Epidémiologie etde Santé Publique, 75013, Paris, France.

9

INSERM U955,Translational Psychiatry Team, DHU Pe-PSY, Centre Expert Schizophrénie, Pôle dePsychiatrie et d'Addictologie des Hôpitaux Universitaires Henri Mondor,, ParisEst University, 40 rue de Mesly, 94000, Créteil, France.

10

CentreHospitalier Charles Perrens, Université de Bordeaux, 33076, Bordeaux, France.

11

Inserm,Neurocentre Magendie, Physiopathologie de la Plasticité Neuronale, U862, 33000,Bordeaux, France.

12

ServiceUniversitaire de Psychiatrie Adulte, Hôpital la Colombière, CHRU Montpellier,Université Montpellier 1, Inserm 1061, Montpellier, France.

13

CMP B, CHU,EA 7280 Faculté de Médecine, Université d'Auvergne, BP 69 63003,Clermont-Ferrand Cedex 1, France.

14

AP-HP,Department of Psychiatry, Inserm U894, Sorbonne Paris Cité, Faculté demédecine, Louis Mourier Hospital, Université Paris Diderot, Colombes, France.

15

CentreRéférent de Réhabilitation Psychosociale, CH Alpes Isère, Grenoble, France.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-04-02 23:23 | 抗不安薬の常用量依存

急性骨格筋損傷からの回復に対するNSAIDsの効果の系統的総説とメタ解析


急性骨格筋損傷からの回復に対する
NSAIDsの効果の系統的総説とメタ解析。
結果:すべての研究において, time points after injury, and injury markers combined, NSAID使用は軽度から中等度外傷の標識を有意に減らす (全般的な効果の大きさ(effect sizeES) =+0.34; P = .0001).研究のES異質性は明白なため(ie, Q- df =52.4, P = .000005; I2 = 57%), サブグループメタ解析およびメタ回帰が異質性をを説明するために行われた。ヒトの研究では, 下半身の筋肉が障害された時に研究のESsが高かった ( P =.045). 動物の研究では,長期間のNSAID投薬期間が長く( P = .023) 受傷後の経過観察期間が長い ( P = .010)と研究のESsは低かった。まとめ:全般的には、我々の解析によると、NSAID 使用は急性筋損傷後の筋力低下, soreness, および血液のcreatinekinaseレベルを減らすことを支持する, 少なくとも人の研究で短期間では。

Am J Sports Med. 2017 Mar1:363546517697957. doi: 10.1177/0363546517697957. [Epub ahead of print]

Effect of NSAIDs on Recovery From AcuteSkeletal Muscle Injury: A Systematic Review and Meta-analysis.

MorelliKM1, Brown LB1, Warren GL1.

1

Departmentof Physical Therapy, Georgia State University, Atlanta, Georgia, USA.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-04-02 23:14 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症と慢性疲労症候群の発生率の動向

デザイン:電子的な健康記録のコホート研究。背景:UKNHS primary care 診療.参加者:20011月から201312月までthe Clinical Practice Research Datalink (CPRD)primary careデータベースにリンクしたgeneralpracticesに登録した患者. 主要な結果はCFS/ME, FM, ウイルス感染後の疲労症候群(post-viralfatigue syndromePVFS), および無力症/衰弱の発生率の計測.結果:CFS/MEの記録された症例の全般的な年間の発生率は10万人あたり14.8 (95% CI 14.5, 15.1). FMの全般的な年間の発生率は人口10万人あたり33.3(32.8-33.8), PVFS 12.2 (11.9,12.5), そして無力症/衰弱は 7.0 (6.8, 7.2). CFS/ME診断の年間の発生率は2001年の 17.5 (16.1, 18.9)から2013年の12.6 (11.5, 13.8)に減少(年間のパーセントの変化-2.8% (-3.6%,-2.0%)). FM診断の年間の発生率は人口10万人当たり32.3 (30.4, 34.3) から2007年には27.1 (25.5, 28.6)に低下し、その後2013年に 38.2 (36.3,40.1)に増加. 記録された疲労症状の全般的な年間発生率は人口10万人あたり2246 (2242,2250). 最も貧困ではないIMD五分位と比較して, 最も貧しい五分位でのCFS/ME の発生率は39%低く(incidencerate ratio (IRR) 0.61 (0.50, 0.75)), FMの発生率は 40%高い (IRR 1.40 (0.95, 2.06)). まとめ:これらの解析によるとCFS/MEの記録された診断は2001年以降漸減し、FMの診断は増加した, CFS/MEの診断は最も貧しい地域で低い率であるがFMの診断は高率であるという社会経済的パターンが逆である。

J R Soc Med. 2017 Jan1:141076817702530. doi: 10.1177/0141076817702530. [Epub ahead of print]

Trends in the incidence of chronic fatiguesyndrome and fibromyalgia in the UK, 2001-2013: aClinical Practice Research Datalink study.

Collin SM1, Bakken IJ2, NazarethI3, Crawley E1, White PD4.

1

1 School ofSocial and Community Medicine, University of Bristol, Bristol BS8 2BN, UK.

2

2 NorwegianInstitute of Public Health, 0403 Oslo, Norway.

3

3 UCLDepartment of Primary Care and Population Health, UCL Royal Free Campus, LondonNW3 2PF, UK.

4

4 WolfsonInstitute of Preventive Medicine, Barts and the London School of Medicine andDentistry, Queen Mary University of London, London EC1M 6BQ, UK.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-04-02 23:10 | FMの疫学

むずむず脚症候群と睡眠時周期性肢運動のによる心血管イベントと死亡の危険性

RLSPLMSにおける心血管イベント(cardiovascular eventsCVE) の発生率と死亡率の系統的総説。結果: 18のコホート(13の論文で報告)の中で, 15RLSCVEの発生率and/or全原因の死亡率の関連を評価し、3つはPLMSCVEと死亡率の関連を評価。経過観察期間は2年から20年。4つのコホートは、長期間の強度のRLSおよび二次性のRLSを示す大きな危険性でRLSCVEの間には有意な関連を報告した。3つのコホートでRLSと全原因の死亡率には有意な関連があるが, 質が最も高い4つの研究で我々が行ったメタ解析によると関連はなかった (統合したHR = 1.09, 95%CI: 0.80-1.78)。覚醒のPLMSに寄与する危険性が高いすべての研究において、PLMS CVE and/or 死亡率の間の正の相関が示された。まとめ: CVE発生と全原因の死亡の予測因子としてのRLSに関する利用可能なエビデンスは限られており結論が出ない; RLSの期間, 強度と二次的な症状は関連を理解する上で重要かも。非常に限定されてはいるが、現在のエビデンスによると、PLMSCVEの発生と死亡の予後予測因子かもしれないことを示す。

Sleep. 2017 Feb 9.doi: 10.1093/sleep/zsx013. [Epub ahead of print]

Incident Cardiovascular Events and Death in Individualswith Restless Legs Syndrome or Periodic LimbMovements in Sleep: A Systematic Review.

KendzerskaT1,2, Kamra M3, Murray BJ1,3, Boulos MI1,3.

1

Departmentof Medicine, University of Toronto, Canada.

2

Institutefor Clinical Evaluative Sciences, Toronto, Canada.

3

SunnybrookResearch Institute, Division of Neurology, Sunnybrook Health Sciences Centre,Toronto, Canada.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-03-27 21:12 | むずむず脚症候群

アジュバント暴露により慢性疲労になりやすい

92人の分類不能の結合組織疾患(undifferentiatedconnective tissue diseaseUCTD)患者と 悪性新生物、慢性感染症、自己免疫性疾患、および自己免疫性疾患の家族歴のない92人の年齢、性別をマッチさせた対照群のアジュバント暴露を調べた。UCTD患者は対照者と比べると、 HBV (p = 0.018)および破傷風トキソイド(p < 0.001)ワクチン接種,金属インプラント(p < 0.001), 喫煙(p = 0.006)冶金工場および鋳物工場による汚染(p = 0.048)への暴露が多かった。主要なアジュバント誘発性自己免疫/炎症症候群(autoimmune/inflammatorysyndrome induced by adjuvantsASIA) のきっかけ(ワクチン接種、シリコンインプラント)にさらされた分類不能の結合組織疾患(undifferentiatedconnective tissue diseaseUCTD)患者(n = 49)は暴露されていないUCTDs患者に比べると、慢性疲労 (p < 0.001), 全身の脱力感 (p = 0.011),IBS(p = 0.033) および自己免疫の家族歴(p = 0.018)の頻度が多かった。

Immunol Res. 2017 Mar 22. doi:10.1007/s12026-017-8912-4. [Epub ahead of print]

Are the autoimmune/inflammatory syndromeinduced by adjuvants (ASIA) and the undifferentiated connective tissue disease(UCTD) related to each other? A case-control study of environmental exposures.

Scanzi F1, AndreoliL1, MartinelliM1, TaraborelliM1, CavazzanaI1, CarabelleseN1, OttavianiR1, Allegri F1, FranceschiniF1, Agmon-LevinN2, ShoenfeldY2,3, Tincani A4.

1

Departmentof Clinical and Experimental Sciences, University of Brescia, Rheumatology andClinical Immunology, A.O. Spedali Civili, Piazzale Spedali Civili,1, 25123,Brescia, Italy.

2

ZabludowiczCenter for Autoimmune Diseases, Sheba Medical Center, Tel Hashomer, SacklerFaculty of Medicine, Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel.

3

Incumbent ofthe Laura Schwarz-Kip Chair for Research of Autoimmune Diseases, SacklerFaculty of Medicine, Tel-Aviv University, Tel Aviv, Israel.

4

Departmentof Clinical and Experimental Sciences, University of Brescia, Rheumatology andClinical Immunology, A.O. Spedali Civili, Piazzale Spedali Civili,1, 25123,Brescia, Italy. angela.tincani@unibs.it.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-03-27 21:08 | 慢性疲労症候群

慢性広範痛症の脳脊髄液中のタンパク質の異常

方法:この研究はthe AmericanCollege of Rheumatology 基準によりCWPと診断された12人の女性患者と13人の健常な年齢と性別をマッチさせた痛みのない者を含んだ. 全員が臨床検査を受け、社会人口統計的および人体測定データ、疼痛の特徴、精神状態、および生活の質の評価を登録した、健康に関連したアンケートに答えた。各人の脳脊髄液(CerebrospinalfluidCSF)を腰椎穿刺により集めた。CSFプロテオーム(遺伝子によって発現したタンパクの構造と機能に関する研究)を解析するために、2次元のゲル電気泳動と質量分析を併用した。本研究は、多変量データ解析(multivariatedata analysis:MVDA) (つまり直交部分最小二乗法判別分析orthogonalpartial least squares discriminant analysis [OPLS-DA])を用いて、2群間を有意に区別するタンパク質を同定した。結果:CWP 患者では精神的苦悩とcatastrophizationは臨床的に有意なレベルではなかった。MVDAによると、CSFからの48のタンパク質は変異の91% (R2)を説明し、90% (Q2)の予測である、OPLS-DA モデルが有意に高かった。最も識別力が高いタンパク質は代謝、輸送、ストレス、および炎症。まとめ:論文に従うと、最も判別力が高いタンパク質 (11のタンパク質)アポトーシス調節、抗炎症、抗酸化過程、免疫系、および内因性の修復に含まれた。この予備的な研究の結果はCWP患者の中枢神経系に神経炎症の存在を示すのかも。

J Pain Res. 2017 Mar13;10:575-590. doi: 10.2147/JPR.S125667. eCollection 2017.

Clear differences in cerebrospinal fluidproteome between women with chronic widespread pain and healthy women - a multivariate explorativecross-sectional study.

OlaussonP1, GhafouriB1, Bäckryd E1, Gerdle B1.

1

Pain andRehabilitation Centre, Department of Medical and Health Sciences, LinköpingUniversity, Linköping, Sweden.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-03-27 20:59 | その他の疼痛

坐骨神経痛に対するリリカの無効性

方法:坐骨神経痛患者において、pregabalinの無作為振り分け、二重盲検、偽薬対象研究を行った。患者を無作為にpregabalin1日量150 mg(最大600mgまで増量)又は偽薬に8週間振り分けた。一時的な結果は8週の時点での10-点の尺度(0点は無痛、10点は可能な限りの最大の痛み)での下肢痛の強さ; 下肢痛の強さは52週でも評価した(一時的な結果の2番目の評価時期). 二次的な結果は1年間の中で前もって指定した時期での障害の程度, 腰痛、および生活の質の計測。結果:209人の患者が無作為振り分けを受け, 108人がpregabalinを受け101人が偽薬を受けた; 無作為振り分け後、pregabalin群の2人にはこの研究に入る資格がないと判断され、解析から除外された。8週の時点で, pregabalin 群の補正していない下肢痛の強さの平均は3.7であり偽薬では3.1(補正した平均の差, 0.5; 95%信頼区間 [CI], -0.2 to 1.2; P=0.19). 52週では, pregabalin 群の補正していない下肢痛の強さの平均は3.4であり偽薬では3.0(補正した平均の差, 0.3; 95% CI, -0.5 to1.0; P=0.46). 8週又は52週では、どの2次的な結果にも群間の差は有意ではなかった. pregabalin 群では227の副作用が報告され、偽薬群では124. pregabalin群では偽薬群よりもめまいが多かった. まとめ:8週間ではpregabalinによる治療は坐骨神経痛に関連した下肢痛の強さを有意には減らさず、その他の結果を有意には改善せず。副作用の発生率はpregabalin群のほうが偽薬群よりも有意に高かった。

N Engl J Med. 2017 Mar23;376(12):1111-1120. doi: 10.1056/NEJMoa1614292.

Trial of Pregabalin for Acute and ChronicSciatica.

MathiesonS1, Maher CG1, McLachlanAJ1, Latimer J1, Koes BW1, HancockMJ1, Harris I1, Day RO1, Billot L1, Pik J1, Jan S1, Lin CC1.

1

From theGeorge Institute for Global Health and Sydney Medical School (S.M., C.G.M.,J.L., L.B., S.J., C.-W.C.L.) and Faculty of Pharmacy and Centre for Educationand Research on Ageing (A.J.M.), University of Sydney, Faculty of Medicine andHealth Science, Macquarie University (M.J.H.), the Ingham Institute for AppliedMedical Research, South Western Sydney Clinical School (I.H.), and St.Vincent's Clinical School (R.O.D.), Faculty of Medicine, University of NewSouth Wales, Sydney, and Australian Capital Territory NeuroSpine Clinic,Deakin, ACT (J.P.) - all in Australia; and the Department of General Practice,Erasmus University Medical Center, Rotterdam, the Netherlands (B.W.K.).



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-03-27 20:54 | その他の疼痛

妊娠中の鎮痛薬による停留睾丸の危険性の系統的総説とメタ解析

妊娠中の鎮痛薬の使用による停留睾丸の危険性の系統的総説とメタ解析。出版された10の研究の系統的総説とメタ解析によると、妊娠中の鎮痛薬の使用と男児の停留睾丸の関連には弱いエビデンスがあるのみである(pooledcrude OR: 1.11, 95% CI: 1.00-1.23)。症例対照研究では (1.23, 95% CI: 0.85-1.78)コホート研究(1.09, 95% CI: 0.97-1.22)よりもわずかに強い関連. 鎮痛薬暴露の週数の増加および停留睾丸の間には用量反応関係の弱いエビデンスがあり、鎮痛薬暴露のタイミングと停留睾丸の危険性の間にも弱いエビデンスがある。

Hum Reprod. 2017 Mar8:1-12. doi: 10.1093/humrep/dex047. [Epub ahead of print]

Analgesia use during pregnancy and risk ofcryptorchidism: a systematic review and meta-analysis.

Gurney J1, RichiardiL2, McGlynnKA3, Signal V1, Sarfati D1.

1

Departmentof Public Health, University of Otago, 23a Mein St, Newtown, Wellington, NewZealand.

2

CancerEpidemiology Unit, University of Turin, Turin, Italy.

3

Division ofCancer Epidemiology & Genetics, National Cancer Institute, MS, USA.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-03-27 20:47 | アセトアミノフェン、NSAID

慢性疲労症候群の病因

最近の所見の総説。最近の所見:過去数年で出版されたいくつかの研究は、多くのME/CFS患者において、慢性酸化およびニトロソ化ストレス(oxidative andnitrosative stressO&NS), 炎症、ミトコンドリア機能の障害、およびの存在を強調。これらの研究は、訓練中の筋肉疲労までの時間の短縮や筋肉の収縮性の障害などの、慢性的に増加したO&NSの筋作用への有害作用を強調した。慢性O&NS andor heat shock 産生の障害によって明らかになった機序が、訓練後の筋肉の回復および身体活動の急性又は慢性の増加への横紋筋の適応反応を障害するのかも。 慢性O&NS,軽度の炎症、およびheat shock protein産生障害の存在は多くのME/CFS患者における筋肉疲労の増加、収縮性の障害、訓練不耐性の多様な側面の客観的な所見を説明するかも。

Curr Rheumatol Rep. 2017Jan;19(1):1. doi: 10.1007/s11926-017-0628-x.

Mechanisms Explaining Muscle Fatigue and Muscle Pain in Patients with MyalgicEncephalomyelitis/Chronic FatigueSyndrome (ME/CFS): a Review of Recent Findings.

Gerwyn M1, Maes M2.

  • 1Tir Na Nog, Bryn Road seaside 87, Llanelli, SA15 2LW, Wales, UK.
  • 2IMPACT Strategic Research Centre, Deakin University, School of Medicine and Barwon Health, Geelong, VIC, Australia. dr.michaelmaes@hotmail.com.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-03-19 19:51 | 慢性疲労症候群

むずむず脚症候群の薬物治療の新しい考え方

総説。最近まで、RLS/WEDの第一選択の治療は低用量のドパミン作動薬であり、 the US Food and Drug Administration およびthe European Medicines Agency3つの薬が認可されていた。しかし、dopaminergic augmentationの発生とドパミン作動薬による長期間の治療中の症状の程度の全般的な増加により、非ドパミン作動薬、特にα2δリガンドの選択肢が最初の治療として使用されつつある。最近の国際的なガイドラインは、可能であれば最初からaugmentationを避けるためにこれらの薬(α2δリガンド)で治療を開始することを勧めている. その他の(例えばグルタミン酸作動性又はアデノシン) 神経伝達物質はRLS/WEDを引き起こすことに重要な役割を果たしているかもしれず、そのため新しい治療を導くかも。

BMJ.2017 Feb 27;356:j104. doi: 10.1136/bmj.j104.

New concepts in the management of restlesslegs syndrome.

Garcia-Borreguero D1, Cano-Pumarega I2.

  • 1Sleep Research Institute, Madrid 28036, Spain dgb@iis.es.
  • 2Sleep Research Institute, Madrid 28036, Spain.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-03-19 19:46 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line