内視鏡的腱板修復術後の複合性局所疼痛症候群

日本。方法:内視鏡的腱板修復(arthroscopic rotatorcuff repairARCR)を受けた182人の患者を本研究に登録。患者の平均年齢は62.8 ± 10.0歳であり、平均経過観察期間は 21.5 ± 38.1か月。 the Ministry of Health, Labor, and Welfarestudy team for CRPS in Japan (MHLWJ) およびInternational Association for the Study of Pain (IASP 2005)によって要点が述べられたCRPS基準が診断に用いられた。両方の基準とも、各々"臨床目的" "研究目的"2つの評価システムがある。Japanese OrthopedicAssociation (JOA) およびUniversityof California, Los Angeles scores,を含む臨床的な結果を単変量および多変量解析を用いて評価。 結果:手術をした肢の手にCRPSが手術の3か月以内に生じた。CRPSと関連した手の病変のある患者で、2つ以上の以下の症状があった: 浮腫(93.4%), 関節可動域制限(83.4%), 痛覚過敏 (30.1%),異汗症(20.4%), 及び萎縮性変化(12.2%). これらの条件下で, CRPSの発生率はMHLWJ"臨床目的;"評価システムで評価すると24.2% (44/182) HLWJ"研究目的;"評価システムで評価すると11% (22/182) theIASP 2005 "臨床目的;"で評価すると6% (11/182) 、そしてthe IASP 2005 "研究目的"で評価すると0.5%(1/182)。多変量解析の結果によると、the MHLWJ"臨床目的"

J OrthopSci. 2017 Sep 22. pii: S0949-2658(17)30238-5. doi:10.1016/j.jos.2017.09.007. [Epub ahead of print]

Hand lesion after arthroscopic rotator cuffrepair: Association with complex regional pain syndrome.

Tanesue R1, Gotoh M2, Mitsui Y3, NakamuraH1, Honda H3, Ohzono H1, ShimokobeH1, TokunagaT4, Imai T4, Okawa T3, Shiba N1.

1

Departmentof Orthopedic Surgery, Kurume University, 67 Asahi-machi, Kurume, Fukuoka,830-0011, Japan.

2

Departmentof Orthopedic Surgery, Kurume University Medical Center, 155-1 Kokubu-machi,Kurume, Fukuoka, 839-0863, Japan. Electronic address:gomasa@med.kurume-u.ac.jp.

3

Departmentof Orthopedic Surgery, Kurume University Medical Center, 155-1 Kokubu-machi,Kurume, Fukuoka, 839-0863, Japan.

4

Division ofRehabilitation Medicine, Keishinkai Hospital, 670-1 Hara-machi, Tosu, Saga,841-0024, Japan.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-10-03 12:36 | 複合性局所疼痛症候群

むずむず脚症候群と脳血管/心血管の結果の関連の系統的総説とメタ解析


RLS
と脳血管/心血管の結果の関連の系統的総説とメタ解析。結果:8つの研究が該当(644 506人の患者,平均年齢:60.2 , 36.2%男性; 3.3%RLS). RLS患者は対照群に比べると、高血圧(P = .002), 糖尿病(P = .003)および高脂血症 (P = .010)の有病率が有意に高い. 前向き観察研究の補正をしていない解析では, RLS患者は対照群よりも経過観察中には脳血管虚血{のうけっかん きょけつ}(P = .01) および全原因の死亡率 (P = .04)が有意に高いが, 可能性のある交絡因子で補正した解析では、RLS患者は全原因の死亡率の危険性のみが有意に高かった(HR adjusted=1.52, 95% CI: 1.17-1.97,P = .002).

Acta Neurol Scand. 2017 Sep25. doi: 10.1111/ane.12848. [Epub ahead of print]

Restless legs syndrome andcerebrovascular/cardiovascular events: Systematic review and meta-analysis.

KatsanosAH1,2, KosmidouM3, KonitsiotisS1, TsivgoulisG4,5, Fiolaki A1, KyritsisAP1,2, GiannopoulosS1,2.

1

Departmentof Neurology, School of Medicine, University of Ioannina, Ioannina, Greece.

2

NeurosurgicalResearch Institute, University of Ioannina, Ioannina, Greece.

3

Departmentof Internal Medicine, School of Medicine, University of Ioannina, Ioannina,Greece.

4

SecondDepartment of Neurology, School of Medicine, University of Athens, Athens,Greece.

5

Departmentof Neurology, University of Tennessee Health Science Center, Memphis, TN, USA.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-10-03 12:34 | むずむず脚症候群

線維筋痛症の妊婦や胎児に対する影響

方法:1999年から 2013年までのthe HealthcareCost and Utilization Project Nationwide Inpatient Sample を用いて、この期間に出産した女性により、人口に基づいた後ろ向きコホート研究を行った. ロジスティック回帰を用いて、FMであるおよびそうではない妊婦における母親と新生児の結果を比較した。結果:15年間の研究期間の12 584 918人の出産のうち, 7758 (0.06%)FM女性であり、研究期間にその率は増加。FM女性の方が、高齢、過体重又は肥満、アルコール摂取、喫煙、違法薬物使用の頻度が高い。FM女性の方が不安、抑うつ、及び双極性障害を経験しやすい。FM女性は妊娠糖尿帝王切開 (オッズ比(OR): 1.11,95% CI: 1.05-1.16)および静脈血栓塞栓症によって悪化した出産(OR: 2.34, 95% CI: 1.91-2.86)になりやすい. FM女性の乳児は早産児 (OR: 1.35, 95% CI:1.25-1.46) および子宮内胎児発育遅延(OR: 1.48, 95% CI:1.30-1.68)にりやすい.まとめ:妊娠におけるFMの有病率はUSで増加している. FMは、母親と新生児の悪い結果と関連する危険性の高い妊娠状態である。

J MaternFetal Neonatal Med. 2017 Sep 27:1-7. doi: 10.1080/14767058.2017.1381684.[Epub ahead of print]

Maternal and neonatal outcomes among pregnantwomen with fibromyalgia: a population-based studyof 12 million births.

MagtanongGG1, Spence AR2, Czuzoj-ShulmanN2, AbenhaimHA1,2.

1

a Departmentof Obstetrics and Gynecology , Jewish General Hospital, McGill University ,Montreal , QC , Canada.

2

b Centre forClinical Epidemiology and Community Studies , Jewish General Hospital ,Montreal , QC , Canada.

haim.abenhaim@gmail.com



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-10-03 12:29 | FMの疫学

慢性筋骨格痛に対する筋膜リリースの有効性の系統的総説(有効性のエビデンスは低い)

慢性筋骨格痛に対するmyofascialreleaseの有効性の系統的総説。結果:同定した513の記録のうち、8つが有効。2つの研究は外側上顆炎に焦点を当て ( N = 95),2つはFM ( N = 145),3つは腰痛症( N = 152), そして1つは踵痛( N = 65)。偏りの危険性は3つでは低いとみなされ、5つでは高いとみなされた。治療は30-90分間、220週間の間に424回。 治療効果の大きさは腰痛症とFMの研究において痛みと障害には臨床的に重要な最小の差に達せず。偏りの危険性の高い別の3つの研究では、臨床的に重要な最小の差のレベルは2か月の経過観察で達成された。まとめ: myofascial release治療に関する現在のエビデンスは、慢性筋骨格筋痛においてこの治療が正当化されるには、不十分。

Clin Rehabil. 2017 Sep1:269215517732820. doi: 10.1177/0269215517732820. [Epub ahead of print]

Effectiveness of myofascial release intreatment of chronic musculoskeletal pain: asystematic review.

Laimi K1, Mäkilä A1, Bärlund E2, KatajapuuN2, Oksanen A1, SeikkulaV1,3, KarppinenJ3, SaltychevM1.

1

1 Departmentof Physical and Rehabilitation Medicine, Turku University Hospital andUniversity of Turku, Turku, Finland.

2

2 TurkuUniversity of Applied Sciences, Turku, Finland.

3

3 Departmentof Expert Services, Turku University Hospital and University of Turku, Turku,Finland.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-10-03 12:25 | 筋筋膜性疼痛

慢性緊張型頭痛には線維筋痛症が合併しやすいが、片頭痛患者ではさらに線維筋痛症を合併しやすい

方法:4つの大学病院の神経科外来クリニックで初診の 136 人の慢性片頭痛(chronic migraineCM)患者および35人の慢性緊張型頭痛(chronic tension-typeheadacheCTTH)患者を選び、横断研究を行った. the 2010 AmericanCollege of Rheumatology診断基準でFMを評価した。 結果:FMの頻度はCM患者の方がCTTH患者よりも有意に高かった (91/136[66.9%] vs 9/35 [25.7%], P < .001). ロジスティック回帰解析によると、年齢、性別、不安、抑うつおよび不眠で補正すると、CM患者はCTTH患者に比べるとFMであるオッズ比(OR)が増加(OR = 3.6, 95%信頼区間 = 1.1-11.4). さらにCMを合併したFM患者はCTTHを合併したFM患者に比べるとFMImpact Questionnaireの点数が高かった(51.5 ± 16.3 vs 43.7 ± 18.7, P = .015). CMを合併した患者の間では、FMの並存症は、羞明、不安、抑うつ、および不眠の増加と関連. そのような関連はCTTH患者では見られなかった。

Headache. 2017 Sep22. doi: 10.1111/head.13191. [Epub ahead of print]

Fibromyalgia AmongPatients With Chronic Migraine and Chronic Tension-Type Headache: A MulticenterProspective Cross-Sectional Study.

Cho SJ1, Sohn JH2, Bae JS3, Chu MK4.

1

Departmentof Neurology, Dongtan Sacred Heart Hospital, Hallym University College ofMedicine, Hwaseong, South Korea.

2

Departmentof Neurology, Chuncheon Sacred Heart Hospital, Hallym University College ofMedicine, Chuncheon, South Korea.

3

Departmentof Neurology, Gangdong Sacred Heart Hospital, Hallym University College ofMedicine, Seoul, South Korea.

4

Departmentof Neurology, Gangnam Sacred Heart Hospital, Hallym University College ofMedicine, Seoul, South Korea.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-09-27 22:58 | FMの疫学

ポリオ後症候群患者におけるむずむず脚症候群

方法:この横断研究はブラジルのSão Paulo Universidade Federal de São Paulothe outpatient Neuromuscular Disorders clinic20104月から20125月までに行われた。119 人のポリオ後症候群(post-polio syndromePPS)患者を評価し,the International Restless Legs Syndrome StudyGroup (IRLSSG)によって確立された診断基準に基づきRLSを調べた. the IRLSSG severity scaleのブラジル版で患者を評価した.結果: RLSの有病率は36%(n = 43; 32人の女性と11人の男性). RLS (中央値 = 41) およびPPS(中央値 = 41)の発症年齢は一致しており, RLSの症状の発生と PPSの症状の発生の関連は陽性で大変強い (Spearmanr = 0.93, p = 0.01). RLSの強度の中央値は23 (範囲, 20-28). 教育歴が短いことと抑うつはRLS発症を予測する。

SleepMed. 2017 Sep;37:147-150. doi: 10.1016/j.sleep.2017.06.025.Epub 2017 Jul 22.

Restless legs syndrome is highlyprevalent in patients with post-polio syndrome.

Marin LF1, CarvalhoLBC2, Prado LBF1, OliveiraASB3, Prado GF1.

1

Neuro-Sono,Department of Neurology, Universidade de São Paulo, São Paulo, Brazil.

2

Neuro-Sono,Department of Neurology, Universidade de São Paulo, São Paulo, Brazil.Electronic address: lucianebizari13@gmail.com.

3

NeuromuscularDisorders Unit, Department of Neurology, Universidade Federal de São Paulo, SãoPaulo, Brazil.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-09-20 23:00 | むずむず脚症候群

成人神経障害性疼痛に対するTENSのコクラン総説

成人神経障害性疼痛に対するTENSのコクラン総説。著者の結論:この総説では、TENSと偽TENSを比較した. エビデンスの質は大変低く、TENS は神経障害性疼痛の疼痛制御に有効かどうか確信をもって述べることができないことを意味する。大変低い質のエビデンスによると、報告された効果の推定には大変限定された信頼性しかない; 真の効果はかなり異なる。

Cochrane Database SystRev. 2017 Sep 14;9:CD011976. doi: 10.1002/14651858.CD011976.pub2.[Epub ahead of print]

Transcutaneous electrical nerve stimulation(TENS) for neuropathic pain in adults.

Gibson W1, Wand BM, O'ConnellNE.

1

School ofPhysiotherapy, The University of Notre Dame Australia, 19 Mouat Street (PO Box1225), Fremantle, Western Australia, Australia, 6959.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-09-20 22:29 | 神経障害性疼痛

リリカとガバペンの慢性腰痛症における有効性と安全性の系統的総説とメタ解析


方法:クリニックの
20か月の後ろ向きの再調査でCRPS患者を調べた。 以前り患していない肢における手術又は外傷に引き続くThe incidence of CRPSの発生率を調べ、文献で報告された発生率の平均と比較。結果:93人の患者が一次性CRPSと診断された.19(20.4%)1つ以上の追加的(CRPSが発症した肢とは別の)肢にCRPSが発症し、文献上は100,000人あたり23.4(0.0234%) と比較(オッズ比1069.6, p<0.0001, 95% CI 562.0-2035.7). 20人の患者は2番目の肢において、2次的な外傷又は手術を受けていた。15(75%) は二次的なCRPSが発生し、文献の総説により決められた橈骨遠位端骨折後のCRPSの発生率である6.4%と比較(オッズ比11.7, p<0.001, 95% CI 5.9-23.2).まとめ:この結果によると、CRPS の既往がある患者は、一般人口における文献で報告された率と比較すると、二次的なCRPSが発生しやすい。

Scand J Pain. 2017Jan;14:84-88. doi: 10.1016/j.sjpain.2016.10.005. Epub 2016 Nov 22.

The risk of painsyndrome affecting a previously non-painful limb following trauma or surgery inpatients with a history of complex regional painsyndrome.

SattesonES1, Harbour PW2, Koman LA3, Smith BP4, Li Z5.

1

Departmentof Plastic & Reconstructive Surgery, Wake Forest School of Medicine, MedialCenter Boulevard, Winston-Salem, NC 27157, United States. Electronic address:estolle@wakehealth.edu.

2

Departmentof Plastic & Reconstructive Surgery, Wake Forest School of Medicine, MedialCenter Boulevard, Winston-Salem, NC 27157, United States. Electronic address:pharbour@wakehealth.edu.

3

Departmentof Orthopaedic Surgery, Wake Forest School of Medicine, Medial CenterBoulevard, Winston-Salem, NC 27157, United States. Electronic address:lakoman@wakehealth.edu.

4

Departmentof Orthopaedic Surgery, Wake Forest School of Medicine, Medial Center Boulevard,Winston-Salem, NC 27157, United States. Electronic address:bpsmith@wakehealth.edu.

5

Departmentof Orthopaedic Surgery, Wake Forest School of Medicine, Medial CenterBoulevard, Winston-Salem, NC 27157, United States. Electronic address:zli@wakehealth.edu.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-09-11 20:33 | 有痛性糖尿病性末梢神経症

プロトンポンプ阻害薬によるクロストリジウム・ディフィシレ感染症:系統的総説とメタ解析


PPIとクロストリジウム・ディフィシレ感染症(Clostridium difficileinfectionCDI) の関連。201612月までの系統的総説とメタ解析。言語の制限なし。結果:50の研究の統合した解析によると、PPI使用と CDI発症には有意な関連があり,非使用者と比べたOR 1.26,(1.12-1.39). 研究患者による階層化を行うと、病院で感染したCDIと地域で感染したCDIの相対危険度は各々1.29(1.14-1.44) 1.17(0.74-1.59).病院の部門に従った研究に限定すると、CDI in ICUsでの病院感染のCDIおよび一般病棟での病院感染のCDIの相対危険度は各々1.43(0.74-2.11) 1.29(1.13-1.45).実行累積メタ解析によると、2000s年早期までに行われたCDIの早期研究は異質性が高く、負の結果の割合が明確に高かった。2011年以降,PPI使用とCDI発症の全般的な関連は比較的安定しており、その効果の大きさはOR 1.201.26の間.

J Hosp Infect. 2017 Aug22. pii: S0195-6701(17)30461-9. doi: 10.1016/j.jhin.2017.08.017. [Epub ahead ofprint]

An updated Meta-Analysis of controlledobservational studies: proton-pump inhibitors and risk of Clostridium difficileinfection.

Cao F1, Chen C1, Wang M1, Liao H1, Wang M1, Hua S1, Huang B2, Xiong Y1, Zhang J3, Xu Y4.

1

FuzhouMedical College of Nanchang University, Fuzhou 344000, China.

2

The FifthAffiliated Hospital of Nanchang University, Fuzhou 344000, China.

3

FuzhouMedical College of Nanchang University, Fuzhou 344000, China. Electronicaddress: 1049979329@qq.com.

4

JiangxiCancer Hospital, Nanchang 330029, China. Electronic address:kongzhongchenke@126.com.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-09-11 20:24 | その他

妊娠中の抗うつ薬使用は子供の精神障害の危険性を高める

人口に基づいたコホート研究。デンマーク全国登録。9 1998-2012年にデンマークで生誕した905 383人の生誕児を出生から 20147月、死亡、移民、又は初めて精神疾患と診断された日のいずれかまで経過観察。子供は最長16.5歳まで経過観察され、8.1×106 人―年の危険性.観察研究の暴露:妊娠前後2年間の母親の抗うつ薬使用に従い子供を4群に分類。: 非暴露、抗うつ薬中止(妊娠前は使用していたが、妊娠中は使用せず)、抗うつ薬継続(妊娠前と妊娠中の両方で使用)、および新規使用者(妊娠中のみ使用)。主要な結果の計測:子供における最初の精神疾患の診断を 、精神障害のための入院又は外来治療の最初の日と定義。精神障害のハザード比をコックス回帰モデルを用いて推定。結果:全体で、精神障害は32 400人の子供で診断された。補正を行った15年間の精神障害の累積発生率は非暴露群では8.0% (95%信頼区間 7.9% to 8.2%), 抗うつ薬中止群では11.5% (10.3% to 12.9%), 抗うつ薬継続群では13.6% (11.3% to 16.3%),そして新規使用者群では 14.5% (10.5% to 19.8%). 抗うつ薬継続群は、抗うつ薬中止群に比べると、精神障害の危険性が増加(ハザード比1.27, 1.17 to 1.38).

BMJ. 2017 Sep 6;358:j3668.doi: 10.1136/bmj.j3668.

Antidepressant use duringpregnancy and psychiatric disorders in offspring:Danish nationwide register based cohort study.

Liu X1, Agerbo E2,3,4, IngstrupKG2, MuslinerK2,4, Meltzer-BrodyS5, Bergink V2,6, Munk-OlsenT2.

1

NationalCenter for Register-based Research, Aarhus University, Aarhus, Denmarklxq@econ.au.dk.

2

NationalCenter for Register-based Research, Aarhus University, Aarhus, Denmark.

3

CIRRAU-Centrefor Integrated Register-based Research, Aarhus University, Aarhus, Denmark.

4

LundbeckFoundation Initiative for Integrative Psychiatric Research, iPSYCH, Denmark.

5

Departmentof Psychiatry, University of North Carolina at Chapel Hill School of Medicine,Chapel Hill, NC, USA.

6

Departmentof Psychiatry, Erasmus Medical Centre, Rotterdam, Netherlands.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-09-11 20:15 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line