弱オピオイドによる乱用

方法:無作為振り分け、二重盲検、完全クロスオーバー研究が、ニューデリーのNationalDrug Dependence Treatment Centre で行われた。全員で10人であり、120回の観察 (各人ベースライン, 5, 45, および240分で評価). detoxificationとインフォームドコンセントの後に、物質乱用の既往のある者を含んだ。modified single doseopiate questionnaire, morphine benzedrine group (MBG), pentobarbitalchlorpromazine alcohol group (PCAG), およびtwobipolar visual analogue scales (VAS)を用いて、三つの薬-Tramadol(100 mg), Buprenorphine (0.6 mg), およびPlacebo(生食)5日間隔での筋注後に評価を行った。結果:群内の解析で、 Tramadolおよび Buprenorphine投薬後にベースラインから3時点すべてまでで、4つすべての尺度の点数が有意に増加. 群間での解析で、MBG尺度は545、および240分の時点でBuprenorphineTramadolと比較して有意に点数が高かった;快適な効果のVASat45分と240分でBuprenorphineの方が有意に高かったが、ベースラインと5分ではそうではななかった。PCAG scale およ鎮静/覚醒効果のVASにおいて、Tramadol Buprenorphine間にはどの時点でも有意差はなかった. Placeboの場合には点数は非有意であった. Buprenorphineを好む患者が最も多く、それにTramadolが続き、そしてPlaceboが続く.まとめ:Tramadol (たとえ治療量であっても)Placeboよりも乱用の可能性が高いが、Buprenorphineよりは少ないか同程度。

J Opioid Manag. 2016Nov/Dec;12(6):421-430. doi: 10.5055/jom.2016.0361.

Assessment of abuse liability of Tramadolamong experienced drug users: Double-blind crossover randomized controlledtrial.

Das M1, Jain R2, Dhawan A3, Kaur A4.

  • 1Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences (AIIMS), New Delhi, India; now with Department of Psychiatry, Government Medical College, Uttarakhand, India.
  • 2CChem FRSC (UK), Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences (AIIMS), New Delhi, India.
  • 3Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences (AIIMS), New Delhi, India.
  • 4Assistant Professor, Department of Community Medicine, Government Medical College, Uttarakhand, India.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-09 15:21 | オピオイド

線維筋痛症の有病率:総説


2005年から2014年まで、MEDLINE, Web of Science, Embase, LILACS andSciELO データベースで3274の記録を同定。 5人の研究者が研究を選別し、含める基準に従った: FMの有病率を調べた研究. 疾患に関連したFMの研究は除外した。演題名と抄録で選別すると、2073の無関係の論文を除外. 210のフルテキストの論文を該当するかどうか評価しこの総説では39の研究を含み、41の論文. 選別した研究は4つのカテゴリーに分類: a) 一般人口におけるFMの有病率; B) 女性におけるFMの有病率;C)田舎地域と都会地域のFMの有病率; D) 特別な人口でのFMの有病率. 文献によると一般人口のFMの有病率は0.2%から6.6%, 女性では2.4%から6.8%, 都会地域では0.7%から11.4%, 田舎地域では0.1%から 5.2%, そして特別な人口では0.6%から15%. この論文の総説によると、世界中のFM有病率の研究は有意に増加. 新しい2010 American College of Rheumatology 基準は広くは用いられておらずthe COPCORD(Community-oriented program for control of Rheumatic Diseases)の方法論は全般的なリウマチ性疾患の有病率の研究の質を向上させた。

Rev Bras Reumatol. 2016 Dec18. pii: S0482-5004(16)30174-7. doi: 10.1016/j.rbr.2016.10.004. [Epub ahead ofprint]

Prevalence of fibromyalgia:literature review update.

[Article in English, Portuguese]

MarquesAP1, Santo AS1, BerssanetiAA1, MatsutaniLA1, Yuan SL2.

  • 1Universidade de São Paulo (USP), Faculdade de Medicina, Departamento de Fisioterapia, Fonoaudiologia e Terapia Ocupacional, São Paulo, SP, Brasil.
  • 2Universidade de São Paulo (USP), Faculdade de Medicina, Departamento de Fisioterapia, Fonoaudiologia e Terapia Ocupacional, São Paulo, SP, Brasil. Electronic address: susanlkyuan@yahoo.com.br.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-09 15:15 | FMの疫学

抗うつ薬は認知機能障害を引き起こす:系統的総説とメタ解析

抗うつ薬使用とアルツハイマー病(AD)を含む、認知機能障害又は認知症の関連の系統的総説とメタ解析。結果:最初に選んだ4,123の論文から5つの論文を選んだ。抗うつ薬の使用は認知機能障害又は認知症の何らかの様式になるオッズを有意に2倍増加させた (OR = 2.17)。抗うつ薬使用と認知機能障害又はAD/認知症の何らかの様式の関連の修飾因子として年齢が同定された. 平均年齢が65歳以上の参加者を含む研究では、抗うつ薬使用による認知機能障害の何らかの様式のオッズは増加するが(OR = 1.65), 65歳未満の参加者ではより強い関連を示した(OR = 3.25)。まとめ:抗うつ薬使用はAD/認知症と関連し、それは特に65歳未満で顕著になる。この関連は抑うつ又は抑うつの強さによる交絡によって起こるのかもしれない。しかし、生物学的な機序は抗うつ薬暴露の認知症へのリンクがあることを示しており、抗うつ薬の病因的な効果もあり得る。以下本文中の記述。TCAは認知症の危険性をむしろ減らすあるいはその危険性がなく、SNRIは中等度の危険性(SSRIの危険性は高いと推定)の様だ。つまりうつ自体が認知症の危険因子というより、抗うつ薬が認知症の危険性の様だ。ただし、強いうつは認知症の危険因子かもしれない。適用外処方は認知症の危険性を高めかも。

Depress Anxiety. 2016 Dec 28. doi:10.1002/da.22584. [Epub ahead of print]

The association of antidepressant drug usagewith cognitive impairment or dementia, including Alzheimer disease: Asystematic review and meta-analysis.

Moraros J1, Nwankwo C1, Patten SB2, MousseauDD3.

  • 1School of Public Health, University of Saskatchewan, Saskatoon, SK, Canada.
  • 2Departments of Community Health Sciences and Psychiatry, University of Calgary, Calgary, AB, Canada.
  • 3Cell Signalling Laboratory, Departments of Psychiatry and Physiology, University of Saskatchewan, Saskatoon, SK, Canada.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-04 15:27 | 抗うつ薬

過敏性腸症候群におけるむずむず脚症候群の有病率

方法:本研究は 201212月から20146月までに長崎大学病院を受診した80人の外来患者を含んだ. 全患者はRLSの存在の有効な計測であるthe international RLSstudy group rating scaleを完了。睡眠の質を thePittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)の日本語版を用いて評価し, 健康に関連したQOL the 36-item short form healthy profile (SF-36)version 2の日本語版を用いて評価。結果:炎症性腸疾患(inflammatorybowel diseaseIBD)におけるRLSの有病率は20%,潰瘍性大腸炎(ulcerative colitisUC)患者の21.7%とクローン病(CD)患者の17.6%.CD患者の中で, 女性の割合とCRPの血清レベルはRLS 群の方が非RLS群よりも高かった。UC患者の中では,RLS群と非RLS群の間に臨床的な特徴に差がなかった。RLS群の患者は非RLS群の患者よりも睡眠は有意に短かった(PSQI > 5; 62.5 vs. 34.4%, P < 0.05). QOLの指標とRLSの存在(SF-36の身体点数, 46.8 vs.50.1;精神点数, 43.8 vs.45.7; 役割/社会点数, 48.1 vs. 49.2)の間には有意な関連はなかった。まとめ:RSDIBD患者の睡眠障害の一因。

Dig DisSci. 2016 Dec 29. doi: 10.1007/s10620-016-4420-y. [Epub ahead ofprint]

Prevalence of RestlessLegs Syndrome in Patients with Inflammatory Bowel Disease.

Takahara I1, Takeshima F2, Ichikawa T3, Matsuzaki T1, Shibata H1, Miuma S1, Akazawa Y1, Miyaaki H1, Taura N1, Nakao K1.

  • 1Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, 1-7-1 Sakamoto, Nagasaki City, Nagasaki, 852-8501, Japan.
  • 2Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, 1-7-1 Sakamoto, Nagasaki City, Nagasaki, 852-8501, Japan. ftake@nagasaki-u.ac.jp.
  • 3Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki Harbor Medical Center City Hospital, Nagasaki City, Japan.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-02 14:47 | むずむず脚症候群

妊娠中のカロナール摂取は5歳時の注意機能と遂行機能障害を引き起こしやすい

母親の妊娠中のparacetamo使用が子供の5歳時の注意機能と遂行機能に影響するかどうか調べた。方法;theDanish National Birth Cohort (DNBC; 1996-2002)に登録した1491人の母親と子供を研究した. 3回の電話インタビューで出生前のparacetamol 使用を前向きに記録した。訓練を受けた心理学者(精神分析医)がthe Test ofEveryday Attention for Children at Five (TEACh-5)を用いて子供の注意機能を評価した. 両親と幼稚園の教師が遂行機能を評価するためにBehaviour Rating Inventory of ExecutiveFunction (BRIEF)を完了。複合平均結果点数、および母親のIQ, 母親の健康状態, paracetamol使用の適用およびその他の交絡因子で補正した正常以下の注意機能又は遂行機能 (平均より1SD低いと定義)のオッズ比(OR)の差を概算した。結果:第1三分期でのparacetamolの使用は子供時代の注意点数が悪いことと関連 [全般的な注意で葉平均の差-0.34, 95% 信頼区間(CI) -0.63,-0.05, そして選択的な注意-0.25, 95%CI -0.50, 0.01]. 子供の出生前のparacetamolへの暴露は were also at a higher risk for 正常以下の全般的な注意 (OR = 1.5, 95% CI 1.0,2.5), 選択的な注意の困難(OR = 1.5,95% CI 1.0, 2.4), および親が評価した正常以下の遂行機能(metacognition index, OR = 1.5, 95% CI 0.9, 2.3). 正常以下の全般的な注意又は遂行機能の危険性は妊娠中のparacetamol使用の期間が長い方が高くなった。まとめ:妊娠中の母親のparacetamol使用は、子供が5歳時の注意と遂行機能の悪化と関連。{Liew, 2016 #7408}

Int J Epidemiol. 2016 Dec28. pii: dyw296. doi: 10.1093/ije/dyw296. [Epub ahead of print]

Paracetamol use duringpregnancy and attention and executive function in offspring at age 5 years.

Liew Z1, Bach CC2, AsarnowRF3, Ritz B4,5, Olsen J4,6,7.

  • 1Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles (UCLA), CA, USA zeyanliew@ucla.edu.
  • 2Perinatal Epidemiology Research Unit, Aarhus University Hospital, Skejby, Denmark.
  • 3Departments of Psychiatry and Psychology.
  • 4Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles (UCLA), CA, USA.
  • 5Department of Neurology, Geffen School of Medicine, UCLA, Los Angeles, CA, USA.
  • 6Department of Clinical Epidemiology, Aarhus University Hospital, Skejby, Denmark.
  • 7Department of Public Health, Section for Epidemiology, University of Aarhus, Denmark.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-02 14:35 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症に対する治療の各国のガイドラインの差

FM患者の対処のための、職能団体が出版したいくつかの最近のエビデンスに基づいたガイドラインの推奨と方法論を比較した: 1.American Pain Society (APS) (2005) 2. Associationof the Scientific Medical Societies in Germany (AWMF) (2012) 3. Canadian Pain Society (CPS, 2013), - Also used in United Kingdomand 4. European League Against Rheumatism (EULAR) (2016)。各ガイドラインはエビデンスレベルが最も高い系統的総説とメタ解析を用いており, APS, CPS,および AWMFは個々の無作為振り分け臨床研究(randomized clinical trialsRCT)を含んだ.The APS, CPS, およびAWMFは、有酸素運動, CBT, amitriptyline, および組み合わせ治療の推奨を最も高いランクに割り当てた。これに対して、the 2008EULARガイドラインは薬物治療を推奨していたが、最も最近のEULARガイドラインは、訓練を最も高いレベルに割り当てた。4つのガイドラインの間には薬物治療の推奨にいくつかの一致があるが、APS, CPS, およびAWMFのガイドラインはCBTおよび組み合わせ治療により高いランクを与えた。 ガイドライン間の不一致は研究に含めるために用いた基準, 用いた結果の計測, 重み付け法および調査委員会の構成である. 矛盾を一致させるためにガイドラインのコンセンサスが必要である。

J Pain. 2016 Dec 26. pii:S1526-5900(16)30364-9. doi: 10.1016/j.jpain.2016.12.006. [Epub ahead of print]

Evidenced-Based Guidelines on the Treatment of Fibromyalgia Patients- Are They Consistent and If Not,Why Not? Have effective psychological treatments been overlooked?

Thieme K1, Mathys M2, Turk DC3.

  • 1Institute of Medical Psychology at Philipps University Marburg, Germany. Electronic address: kati.thieme@uni-marburg.de.
  • 2Institute of Medical Psychology at Philipps University Marburg, Germany.
  • 3Department of Anesthesiology and Pain Medicine, University of Washington, Seattle, USA.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-02 14:29 | FMの治療総論

Hiroshima Body Map


Hiroshima Body Map
d0223062_21070776.jpg
d0223062_21084577.jpg
d0223062_21105115.jpg

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-25 21:12 | FMの診断

線維筋痛症の灰白質の異常:メタ解析

ボクセルに基づいた形態計測(voxel-basedmorphometryVBM)研究によるFMの灰白質(GM)の異常の系統的総説とメタ解析。 結果:180人のFM患者と126人の健常対照者を含む9つの比較を報告した7つの研究をメタ解析に含めた。FM患者と健常対照者の比較では、局所のGM容積の減少は、両側の前帯状皮質/傍帯状皮質/内側前頭前皮質,両側の後帯状皮質/傍帯状皮質, 海馬傍回/fusiformcortex(紡錘状皮質), 海馬傍回/海馬で一貫していた. 局所のGM容積の増加は左小脳で一貫して見られた。メタ回帰によると、年齢はFM患者のGMの異常と関連。まとめ:現在のメタ解析は、内側疼痛, デフォルトモードネットワーク、および大脳―小脳回路内のGMの異常パターンを同定し、それはFMは慢性痛を巻き込んだ部位を超える脳の領域を犯す症状の複合であるという概念を支持する。

Semin Arthritis Rheum. 2016Dec;46(3):330-337. doi: 10.1016/j.semarthrit.2016.06.002. Epub 2016 Jun 8.

Gray matter abnormalities associated with fibromyalgia: A meta-analysis of voxel-basedmorphometric studies.

Shi H1, Yuan C2, Dai Z3, Ma H4, Sheng L5.

  • 1Department of Neurology, Affiliated Yancheng Hospital, School of Medicine, Southeast University, Yancheng, P.R. China.
  • 2Department of Anesthesia and Pain Management, Affiliated Yancheng Hospital, School of Medicine, Southeast University, Yancheng, P.R. China.
  • 3Department of Radiology, Affiliated Yancheng Hospital, School of Medicine, Southeast University, Yancheng, P.R. China.
  • 4Department of Neurology, Kunshan Hospital of Traditional Chinese Medicine, 215300, Chaoyang Rd 189#, Kunshan, P.R. China.
  • 5Department of Neurology, Kunshan Hospital of Traditional Chinese Medicine, 215300, Chaoyang Rd 189#, Kunshan, P.R. China. Electronic address: kszyyslq@sina.com.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-25 13:13

統合失調症で退院時のベンゾジアゼピン系抗不安薬処方量が多いと再入院までの期間が短くなる

方法:この後ろ向き研究では、東京医科大学病院を20091月から20122月までに退院した統合失調症患者を対象にした。退院後2年を超えて治療を継続した108人の患者を研究に含めた。臨床的な特徴、BZPsや抗精神病薬などの処方された薬の量、退院時のGlobal Assessment ofFunctioning scoresを調べた。 一次的な結果はすべての理由による再入院。結果:統合失調症患者108人中、44 (40.7%)は研究期間の2年間に再入院。コックス比例ハザードモデルを用いた多変量解析によると、教育歴が短い者(hazardratio =2.43, P=0.032), 統合失調症の発症年齢が若い者(hazardratio =2.10, P=0.021), およびdiazepam-等価投与量が高い者 (hazardratio =6.53, P=0.011) は退院後再入院までの期間が有意に短い.

Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 Dec15;12:3243-3247. doi: 10.2147/NDT.S118759. eCollection 2016.

Association between the high-dose use of benzodiazepinesand rehospitalization in patients with schizophrenia: a 2-year naturalisticstudy.

Takita Y1, Takaesu Y1, Ono K1, Futenma K1, Shimura A1, MurakoshiA1, Komada Y2, Inoue Y3, Inoue T1.

  • 1Department of Psychiatry.
  • 2Department of Somnology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan.
  • 3Department of Psychiatry; Department of Somnology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-25 13:08 | 慢性疲労症候群

消化性潰瘍の危険因子

方法:上部胃腸(gastrointestinalGI)路の内視鏡、血清抗-Helicobacter pylori IgG検査を含む健康診断を受け、その症状に関する自己報告のアンケートた人を調べた。 結果:本研究に含めた12,852人中,124 (1.0%)は症状のある消化性潰瘍疾患(Peptic ulcer diseasePUD)であり、309 (2.4%)は症状のないPUD.高齢, 現在の喫煙、およびH. pylori 感染は無症候性のPUDの独立した危険因子. NSAIDsの使用は、症状のあるPUDのみの独立した危険因子 (p=0.040). 無症候性のPUDに比べて,症状のあるPUDは、活動期の潰瘍であることが多く (p=0.002) 飲酒量がより多い(p=0.005)。まとめ:NSAIDsの使用は症状のあるPUDの危険因子であるが, 無症候性のPUDの危険因子ではない. PUD患者において、過剰なアルコール摂取および活動期の潰瘍は胃十二指腸症状の存在と関連。

ClinEndosc. 2016 Dec 23. doi: 10.5946/ce.2016.129. [Epub ahead ofprint]

Risk Factors for the Presence of Symptoms inPeptic Ulcer Disease.

Lee SP, Sung IK, Kim JH, Lee SY, Park HS, Shim CS.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-25 12:43 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line