Clostridium difficile感染症の危険因子

方法:1990年から201610月までに出版されたClostridium difficile infection(CDI) および再発性CDIrecurrent CDIrCDI)の危険性の要因の系統的総説とメタ解析の総説。結果:22の系統的総説がCDI (n = 19)および rCDI (n = 6)の危険性の要因を評価。17の系統的総説でメタ解析。40以上の危険因子がCDIおよびrCDIと関連し、3つのカテゴリーと関連: 薬物の危険因子、宿主に関連した危険因子、および臨床的特徴又は治療。大部分の系統的総説又はメタ解析は抗生物質使用 (n = 8 forCDI, 3 for rCDI),PPI (n = 8 for CDI, 4 for rCDI), およびhistamine 2 受容体拮抗薬(n = 4for CDI)および慢性腎疾患 (n = 4 forrCDI)に焦点を当てる. しかし、その他の危険因子を評価.エビデンスの状態、方法、およびデータ解析の課題を議論。まとめ。メタ解析のエビデンスによると、抗生物質、胃酸抑制薬、非選択的NSAID, およびいくつかの併存症などの危険因子を報告

J Glob Health. 2017Jun;7(1):010417. doi: 10.7189/jogh.07.010417.

Risk factors for Clostridium difficileinfections - an overview of the evidence base and challenges in data synthesis.

Eze P1,2, BalsellsE1,2, Kyaw MH3, Nair H1.

1

Centre forGlobal Health Research, Usher Institute of Population Health Sciences andInformatics, University of Edinburgh, Edinburgh, Scotland, UK.

2

Joint firstauthorship.

3

SanofiPasteur, Swiftwater, Pennsylvania, USA.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-19 21:35 | その他

慢性腰痛症に対するサインバルタの有効性

方法:慢性腰痛症(chronic lowback painCLBP)に対してduloxetine 又は偽薬を摂取した患者の、3つの無作為振り分け、二重盲検、臨床研究のPost hocパス解析を行った。一次的な痛みの結果の計測はthe Brief PainInventory, 平均の疼痛点数. 二次的な結果の計測であるthe Beck DepressionInventory-II, は抑うつ症状の計測に用いた。ベースラインから終点までの点数の変化を各指標で調べた。パス解析を行い、duloxetineの痛みへの直接効果の寄与の割合を計算した。結果:85人の患者 (400人はduloxetineそして 451人は偽薬)をこの解析に含めた。Duloxetineは偽薬に比べると有意に疼痛点数を改善した(p<0.001).それは偽薬に比べると抑うつ点数を有意に改善した(p=0.015).パス解析によると、duloxetineの鎮痛効果の91.1%は直接の鎮痛効果であり、 8.9%はその抗うつ効果による。4週および7週で評価されたデータ、およびベースラインの疼痛点数、ベースラインの抑うつ症状点数および性別に基づき無作為にサブグループに分けた患者から得られたデータを評価しても同様の結果が得られた。{Enomoto,2017 #8184}

J Pain Res. 2017 Jun1;10:1357-1368. doi: 10.2147/JPR.S133396. eCollection 2017.

Assessment of direct analgesic effect ofduloxetine for chronic low back pain: post hoc path analysis of double-blind,placebo-controlled studies.

Enomoto H1, FujikoshiS2, Funai J3, Sasaki N4, OssipovMH5, Tsuji T6, Alev L7, Ushida T8.

1

MedicalScience, Eli Lilly Japan K.K., Tokyo.

2

StatisticalScience.

3

ScienceCommunications.

4

MedicalScience, Eli Lilly Japan K.K., Kobe, Japan.

5

ClinicalDivision, inVentiv Health, LLC, Blue Bell, PA, USA.

6

MedicalAffairs Department, Shionogi & Co., Ltd., Osaka, Japan.

7

MedicalDepartment, Lilly Turkey, Istanbul, Turkey.

8

MultidisciplinaryPain Center, Aichi Medical University, Nagakute, Aichi, Japan.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-19 21:29 | 抗うつ薬

慢性痛と死亡率の関連

方法:研究人口は50歳以上の成人の2つの大規模な成人コホートからぴっぱる; the EnglishLongitudinal Study of Ageing (ELSA) (n=6324)および the North Staffordshire Osteoarthritis Project (NorStOP) (n=10985).生存解析 (コックス比例ハザードモデル) が、"何らかの痛み" およびそれから痛みの範囲に従った各々(痛みの部位の総数; ACR基準によるwidespread pain; Manchester基準によるwidespread pain) および痛みの生活の質への影響(痛みによる障害; および痛みによるしばしばのトラブル)を報告した参加者の死亡の危険性を推定した. 年齢、生別、教育、および収入による富/適切性によりモデルを累積的に補正した。結果:補正後、何らかの痛み (MRR 1.06, 95% CI (0.95, 1.19)) 又はwidespread pain (ACR1.07 (0.92, 1.23) 又はManchester 1.16 (0.99, 1.36))を報告した者は死亡の危険性の増加とは関連せず。痛みによりしばしばトラブルになる者 (1.29 (1.12, 1.49))および"わずか" (1.38 (1.20,1.59)) および"極度の" (1.88 (1.54, 2.29)) 痛みの障害を報告する者はすべての原因の死亡の危険性が増加。まとめ:日常生活を障害する痛みは痛みその物よりも死亡の危険性を増加させる。

Arthritis Care Res (Hoboken). 2017 Jun 7.doi: 10.1002/acr.23268. [Epub ahead of print]

Pain andmortality in older adults: The influence of painphenotype.

Smith D1, Wilkie R1, Croft P1, McBeth J2.

1

ArthritisResearch UK Primary Care Centre, Research Institute for Primary Care &Health Sciences, Keele University, Staffordshire, United Kingdom.

2

ArthritisResearch UK Centre for Epidemiology, Centre for Musculoskeletal Research,Institute of Inflammation and Repair, Faculty of Medical and Human Sciences,Manchester Academic Health Sciences Centre, The University of Manchester,United Kingdom.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-11 21:26 | その他の疼痛

妊娠中の抗うつ薬使用による新生児への副作用

方法:20051月から201012月までイタリアの Lombardy地域で、最後の月経日前9カ月から出産までの間に抗うつ薬に暴露された9825の出産を含む人口に基づいたコホート研究を行った。log-binomial回帰解析を用いて、妊娠中に抗うつ薬に暴露された母親から生まれた新生児の中で、低いApgar score、妊娠期間の短さ、子宮内低酸素症および出生時仮死、新生児痙攣、およびその他の呼吸器疾患の有病率の割合(prevalenceratioPR)を評価した。すべての可能性のある交絡因子を説明する傾向点数で細かい階層化を行った。抗うつ薬のタイプ、暴露の期間、経腟出産と満期出産の特異的なタイプに限定した感度解析およびサブグループ解析を行った。結果:女性の33.4%は妊娠中に少なくとも1つの処方。妊娠前にのみ抗うつ薬に暴露された母親から生まれた新生児に比べると、妊娠中に抗うつ薬に暴露された母親から生まれた新生児は低いApgar score(PR, 1.63, 95% CI, 1.01-2.61), 子宮内低酸素症および出生時仮死(aPR, 1.37,1.08-1.73), 新生児けいれん (aPR, 2.81,1.07-7.36), およびその他の呼吸器疾患 (aPR, 1.24,1.00-1.52)の有病率が高い。感度解析とサブグループ解析で結果は同様。

Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2017 Jun 8.doi: 10.1002/pds.4242. [Epub ahead of print]

Use of antidepressantmedication in pregnancy and adverse neonatal outcomes: A population-basedinvestigation.

CantaruttiA1, Merlino L2, GiaquintoC3, Corrao G1.

1

Departmentof Statistics and Quantitative Methods, Division of Biostatistics, Epidemiologyand Public Health, Laboratory of Healthcare Research and Pharmacoepidemiology,University of Milano-Bicocca, Milan, Italy.

2

OperativeUnit of Territorial Health Services, Region of Lombardy, Milan, Italy.

3

Departmentof Women's and Children's Health, University of Padova, Padova, Italy.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-11 21:22 | 抗うつ薬

手外傷後CRPSになりやすい要因

方法:この前向きコホートでは、手の外傷の291人の患者を手術の3日後およびCRPSの発生後3か月で評価した。CRPSの発生を評価する要因は、年齢、性別、手仕事, Pain Numerical Rating Scale (0-10)で計測した術後3日以内の疼痛,および受傷のタイプ (挫滅外傷、鈍的外傷、および切創裂創)。結果:CRPS68人の患者(26.2 %)で診断され、手術からCRPSの診断までの期間は40.10 ±17.01. CRPS患者の方がCRPSではない患者よりも術後の平均疼痛点数が高い(P < .001). 疼痛点数≥5の患者は疼痛点数 <5の患者よりもCRPSの発症の危険性が高い (オッズ比: 3.61, 信頼区間= 1.94-6.70). 挫滅外傷の患者はCRPSが発症しやすい(オッズ比: 4.74, 信頼区間=2.29-9.80)。まとめ:術後の最初の3日間の疼痛点数≥5の患者および圧座外傷の患者は、手の外傷後の術後にCRPSが発症する危険性が高い。エビデンスレベルII b.

J HandTher. 2017 May 10. pii: S0894-1130(16)30196-X. doi:10.1016/j.jht.2017.03.007. [Epub ahead of print]

Risk factors for complexregional pain syndrome in patients with surgically treated traumaticinjuries attending hand therapy.

Savaş S1, İnal EE2, Yavuz DD3, Uslusoy F3, AltuntaşSH3, Aydın MA3.

1

Departmentof Physical Medicine and Rehabilitation, Süleyman Demirel University MedicalSchool, Isparta, Turkey. Electronic address: serpilsavas@yahoo.com.

2

Departmentof Physical Medicine and Rehabilitation, Süleyman Demirel University MedicalSchool, Isparta, Turkey.

3

Departmentof Plastic and Reconstructive Surgery, Süleyman Demirel University MedicalSchool, Isparta, Turkey.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-04 18:47 | 複合性局所疼痛症候群

NSAID潰瘍は無症状のことが多い

臨床診療で上部胃腸(GI)出血により入院した患者の特徴を調べるため、胃十二指腸消化性病変による重篤な上部GI出血が内視鏡的に証明された患者と対照者の間で症例対照研究を行った. ロジスティック回帰モデルを用いて出血の危険性を推定。データ解析はSPSS 22.0を用いた。結果:我々の解析は、高用量のアセチルサリチル酸(acetylsalicylicacidASA)を含むNSAIDsの最近の使用(<30)を報告する1,270例の症例(33.55%)および834例の対照 (12.75%)を含む、3,785例の症例と6,540例の対照を含んだ。NSAID使用は上部胃腸(GI)出血の危険性を高め, 補正した相対危険度は4.86 (95%CI, 4.32-5.46). 急性筋骨格痛 (36.1%), 慢性OA (13.5%), および頭痛(13.6%)NSAIDを使用する最も多い理由.症例の中で, NSAIDs 摂取の17.31%のみおよび高用量ASA摂取の6.38%が慢性OAによる.慢性vs.急性筋骨格痛の間には人口統計的な特徴に有意差あり.慢性OAによるNSAIDs使用者は急性筋骨格痛によるNSAIDs使用者に比べてPPI使用が有意に多い。上部GI出血に先行するNSAID (65.15%)又は高用量ASA使用 (65.83%) の多くは短期間の使用。症例の半数以上(63.62%)において, 上部GI出血の出来事は消化不良の警告症状が先行せず。

Curr Med Res Opin. 2017 Jun1:1-13. doi: 10.1080/03007995.2017.1338178. [Epub ahead of print]

NSAID-relatedupper gastrointestinal bleeding: Types of drug use and patient profiles in realclinical practice.

Sostres C1,2,3,4, Carrera P3, Lanas A1,2,3,4.

1

a Service ofDigestive Diseases, University Clinic Hospital Lozano Blesa , Zaragoza , Spain.

2

b AragónHealth Research Institute (IIS Aragón) , Spain.

3

c CIBERehd ,Madrid , Spain.

4

d Universityof Zaragoza , Zaragoza , Spain.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-04 18:40 | アセトアミノフェン、NSAID

SSRIによる白内障

症例対照研究。この研究対象はT ClinicalPractice Research Datalink (CPRD)に基づく。1995年から2015年までに初めて白内障と診断された40歳以上の患者と、年齢、性別、general practice,白内障記録の日付(つまりindex date),およびindex date前のCPRDの年数をマッチさせた、同数の白内障のない患者を含んだ。方法: BMI、喫煙、高血圧、糖尿病、および全身性ステロイド使用で補正して条件付きロジスティック回帰解析を行った.関心は SSRI処方およびその他の抗うつ薬処方の数.単一のSSRI物質の相互の排他的使用を調べた.感度解析において, index date2年過去にずらし,以前緑内障の診断のない症例と対照の解析に限定。 主要な結果の計測。相対的な危険性を95% 信頼区間(CIs)を伴ったオッズ比(ORs)で推定。結果: 206 931例の白内障患者と同数のマッチさせた対照例を同定。 現在の長期間のSSRI処方(≥20処方)は白内障の危険性の増加とは関連せず (補正したOR,0.99; 95% CI, 0.94-1.03). しかし、4064歳の患者においては、長期間のSSRI使用者は非使用者に比べると白内障の危険性は有意に増加(補正したOR,1.24; 95% CI, 1.15-1.34).

Ophthalmology. 2017 May29. pii: S0161-6420(17)30289-0. doi: 10.1016/j.ophtha.2017.05.002. [Epub aheadof print]

Selective Serotonin Reuptake Inhibitors andCataract Risk: A Case-Control Analysis.

Becker C1, Jick SS2, Meier CR3.

1

BaselPharmacoepidemiology Unit, Division of Clinical Pharmacy and Epidemiology,Department of Pharmaceutical Sciences, University of Basel, Basel, Switzerland.

2

BostonCollaborative Drug Surveillance Program, Boston University School of PublicHealth, Lexington, Massachusetts.

3

BaselPharmacoepidemiology Unit, Division of Clinical Pharmacy and Epidemiology,Department of Pharmaceutical Sciences, University of Basel, Basel, Switzerland;Boston Collaborative Drug Surveillance Program, Boston University School ofPublic Health, Lexington, Massachusetts; Hospital Pharmacy, University HospitalBasel, Basel, Switzerland. Electronic address: christoph.meier@usb.ch.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-04 18:22 | 抗うつ薬

線維筋痛症に対する補完代替医療の系統的総説

FMに対する補完代替医療(complementaryand alternative medicineCAM)の系統的総説.結果:含める基準に合致した15の総説を同定。鍼は無治療又は標準的な治療に比べると疼痛を軽減するという質の低いエビデンスがあるが、偽鍼と比較すると優れてはいないという良好なエビデンスがある。ホメオパチー、脊椎マニピュレーションとherbalmedicineのエビデンスは限定されている。まとめ:FMにおいて脊椎マニピュレーションおよびホメオパティーの効果には確固たる結論が出せない。局所カプサイシンには限定されたエビデンスがあり、さらなる研究が必要。鍼の効果を支持するいくらかのエビデンスがあるがさらなる質の高い研究でその効果と副作用、作用機序を無治療又は標準治療と比較して調べる必要がある。{Perry, 2017#7191}

Syst Rev. 2017 May15;6(1):97. doi: 10.1186/s13643-017-0487-6.

An overview of systematic reviews ofcomplementary and alternative therapies for fibromyalgiausing both AMSTAR and ROBIS as quality assessment tools.

Perry R1, Leach V2, Davies P2, Penfold C2, Ness A2, ChurchillR3.

1

Universityof Bristol, Bristol, England. Rachel.Perry@bristol.ac.uk.

2

Universityof Bristol, Bristol, England.

3

Universityof York, York, England.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-05-22 18:07 | FMの非薬物治療

手の手術患者において複合性局所疼痛症候群になりやすい危険因子


方法:この前向きコホートでは、手の外傷の
291人の患者を手術の3日後およびCRPSの発生後3か月で評価した。CRPSの発生を評価する要因は、年齢、性別、手仕事, Pain Numerical Rating Scale (0-10)で計測した術後3日以内の疼痛,および受傷のタイプ (挫滅外傷、鈍的外傷、および切創裂創)。結果:CRPS68人の患者(26.2 %)で診断され、手術からCRPSの診断までの期間は40.10 ±17.01. CRPS患者の方がCRPSではない患者よりも術後の平均疼痛点数が高い(P < .001). 疼痛点数≥5の患者は疼痛点数 <5の患者よりもCRPSの発症の危険性が高い (オッズ比: 3.61, 信頼区間= 1.94-6.70). 挫滅外傷の患者はCRPSが発症しやすい(オッズ比: 4.74, 信頼区間=2.29-9.80)。まとめ:術後の最初の3日間の疼痛点数≥5の患者および圧座外傷の患者は、手の外傷後の術後にCRPSが発症する危険性が高い。エビデンスレベルII b.

J HandTher. 2017 May 10. pii: S0894-1130(16)30196-X. doi:10.1016/j.jht.2017.03.007. [Epub ahead of print]

Risk factors for complexregional pain syndrome in patients with surgically treated traumaticinjuries attending hand therapy.

Savaş S1, İnal EE2, Yavuz DD3, Uslusoy F3, AltuntaşSH3, Aydın MA3.

1

Departmentof Physical Medicine and Rehabilitation, Süleyman Demirel University MedicalSchool, Isparta, Turkey. Electronic address: serpilsavas@yahoo.com.

2

Departmentof Physical Medicine and Rehabilitation, Süleyman Demirel University MedicalSchool, Isparta, Turkey.

3

Departmentof Plastic and Reconstructive Surgery, Süleyman Demirel University MedicalSchool, Isparta, Turkey.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-05-22 18:05 | 複合性局所疼痛症候群

抗うつ薬は静脈血栓塞栓症の危険因子

The Million Women StudyEngland およびScotland. the National Health Service Breast ScreeningProgrammeから130万人の女性を集めた。集めてから3年後、 女性に抑うつと過去4週間での薬の定期使用に関する2番目のアンケートを送付。アンケートに反応し以前の静脈血栓塞栓症(venousthromboembolismVTE), , 又は最近の手術のない人を解析に含んだ。VTEの経過観察は日常的に集めたNational Health Service統計とリンクした. コックス回帰解析により、補正したハザード比と95%信頼区間を調べた. 734 092人の女性 (平均年齢59.9 )を解析した;6.9%が抗うつ薬の使用 を報告, 2.7%がその他の向精神薬の使用を報告, そして1.8%は抑うつ又は不安の治療を受けているが向精神薬を使用しないと報告.平均7.3年の経過観察で, 3922人の女性がVTEにより入院and/or死亡.抗うつ薬を使用したと報告した女性は抑うつがなく向精神薬も使用していない女性よりも有意にVTEの危険性が高い(ハザード比,1.39; 95% CI, 1.23-1.56).抑うつ又は不安の治療を受けているが抗うつ薬やその他の向精神薬を使用していない女性ではVTEの危険性は有意には増加せず (ハザード比, 1.19; 95% CI, 0.95-1.49).

J Am Heart Assoc. 2017 May17;6(5). pii: e005316. doi: 10.1161/JAHA.116.005316.

Antidepressants, Depression, and VenousThromboembolism Risk: Large Prospective Study of UK Women.

Parkin L1,2, BalkwillA3, SweetlandS3, Reeves GK3, Green J3, Beral V3; MillionWomen Study Collaborators.

Collaborators(48)

Abbiss H, Abbott S, Alison R, ArmstrongM,Baker K, Barnes I, Black J, Blanks R, BradburyK,Brown A, Cairns B, Canoy D, ChadwickA,Ewart D, Ewart S, FletcherL,Floud S, Gathani T, Gerrard L, Goodill A, Guiver L, Heath A, Hogg D, Hozak M, Lingard I, Kan SW, LangstonN,Moser K, Pirie K, Price A, Reeves G, Shaw K, Sherman E, Simpson R, Strange H, Tipper S, Travis R, TrickettL,Webster A, Wotton C, Wright L, Yang O, Young H, CarpenterL,DezateuxC,Patnick J, Peto R, Sudlow C.

1

CancerEpidemiology Unit, University of Oxford, United Kingdomlianne.parkin@otago.ac.nz.

2

Department ofPreventive and Social Medicine, Dunedin School of Medicine, University ofOtago, Dunedin, New Zealand.

3

CancerEpidemiology Unit, University of Oxford, United Kingdom.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-05-22 18:02 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line