内臓痛は線維筋痛症を引き起こす

この前向き研究は、併存患者において、内臓痛をFMS pain/hyperalgesiaの可能性のある引き金要因として評価。a) FMS+irritable bowel syndrome (IBS); b) FMS+一次性月経困難症(primary dysmenorrheaDys); c) FMS+子宮内膜症に続発する月経困難症(dysmenorrhea secondary to endometriosisEndo); d) FMS+結腸憩室症(colondiverticulosisDiv)の女性をFMSのみの女性の間で、同等の期間のFMの痛み (エピソードの数/強度、鎮痛薬の消費量) および身体の痛覚過敏(電気/圧迫疼痛閾値)痛い部位 (圧痛点TenderPoints, TePs) および対照領域 (僧帽筋、三角筋、大腿四頭筋および覆っている皮下組織と皮膚)の身体の痛覚過敏(電気/圧迫疼痛閾値)に関して比較した。併存のサブグループにおいて、FMS 症状を内臓疾患の治療後又は無治療で再評価。FMSのみと比べると全合併群は、FMSの痛み (エピソードの数/強度、鎮痛薬の消費量) およびすべての部位での深部内臓組織の痛覚過敏 (皮下組織と筋肉)(0.05<P<0.0001)が有意に高かった。内臓痛(IBSの日数, 有痛性の月経周期, 憩室炎による腹痛のエピソード) FMSの痛みのすべての指標と正比例しすべての部位の筋肉痛の閾値と逆相関 (0.03<P<0.0001)FMSの痛みとすべての組織とすべての部位の痛覚過敏は内臓合併症の治療後には有意に低下[6 か月の食事療法(IBS), 6か月のホルモン治療(月経困難症), レーザー治療(子宮内膜症),手術(憩室炎)](0.05<P<0.0001)、一方無治療の患者では変化せず。内臓痛はFMS症状を悪化させ,症候群のcentralsensitizationのレベルを恐らく強くする。内臓痛合併症の系統的な評価と治療はFMS対処の一部にすべきである。

Pain. 2017 Jul 3. doi:10.1097/j.pain.0000000000000992. [Epub ahead ofprint]

Visceral pain asa triggering factor for fibromyalgia symptoms incomorbid patients.

CostantiniR1, AffaitatiG,WesselmannU,CzakanskiP,GiamberardinoMA.

1

1Instituteof Surgical Pathology, "G D'Annunzio" University of Chieti, Italy2Fibromyalgia Center, Department of Medicine and Science of Aging, "GD'Annunzio" University of Chieti and Center of Sciences of Aging andTranslational Medicine, CeSI-MeT, Chieti, Italy; 3University of Alabama atBirmingham, Departments of Anesthesiology and Perioperative Medicine (Divisionof Pain Medicine) and Neurology, Birmingham, AL,USA 4University of Alabama at Birmingham, Departments of Anesthesiology andPerioperative Medicine (Division of PainMedicine) and Obstetrics & Gynecology, Birmingham, AL, USA.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-07-09 15:30 | FMの疫学

妊婦への抗うつ薬投薬は新生児の適応不良をもたらす

研究デザイン:この研究はthe MercyPregnancy and Emotional Wellbeing Studyおよび出産時の42人の女性/幼児のペアの報告を利用. 31人の女性が出産まで抗うつ薬を摂取し、11人は妊娠早期に中止した。新生児の適応不良はNeonatal Abstinence ScoringSystem (NASS)を用いて6日まで毎日2回評価した。出産時に得られた臍帯血および母親の血液の薬のレベルを解析した。結果:抗うつ薬に暴露された生後28日未満の新生児の76% (32 of 42) NASSで観察された症状があった。これらの症状は分娩後5日後までに起こり、25%は症状が3日以上継続した。大部分の頻繁な症状は、抗うつ薬の薬物レベルと密接な関連。NASS点数の増加は生後6か月の時点の微細運動の発達不良と関連する。

PediatrRes. 2017 Jun 30. doi: 10.1038/pr.2017.156. [Epub ahead ofprint]

Neonatal adaptation following intrauterine antidepressant exposure: Assessment, drug assay levelsand infant development outcomes.

GalballyM1,2,3, Spigset O4,5, JohnsonAR6, Kohan R7, Lappas M7,8, Lewis AJ1.

1

School ofPsychology and Exercise Science, Murdoch University, Perth, WA, Australia.

2

School ofMedicine, University of Notre Dame, Perth, WA, Australia.

3

FionaStanley Hospital, Perth, WA, Australia.

4

Departmentof Clinical Pharmacology, St Olav University Hospital, Trondheim, Norway.

5

Departmentof Laboratory Medicine, Children's and Women's Health, Norwegian University ofScience and Technology, Trondheim, Norway.

6

School ofPsychology and Speech Pathology, Curtin University, Perth, WA, Australia.

7

School ofWomen and Infant Health, School of Paediatrics and Child Health, University ofWestern Australia, Perth, WA, Australia.

8

Obstetrics,Nutrition and Endocrinology Group, Department of Obstetrics and Gynaecology,University of Melbourne, Melbourne, Victoria, Australia.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-07-02 10:18 | 抗うつ薬

妊婦へのデパケン使用は胎児に有害

方法:妊娠の第1三分期にバルプロ酸(Valproic acidVPA)に暴露された47人の子供の醜形的顔面の特徴を主観的および測定で評価した。各VPA-暴露の子供の自閉症スペクトラム障害autismspectrum disorderASD)the SocialCommunication Questionnaire, Autism Diagnostic Interview-Revised, およびAutismDiagnostic Observation Scheduleを用いて評価した. 同じ身体的診察を暴露されていない126人の子供で行った。暴露されていない子供をthe WechslerIntelligence Scale for Childrenにより認知能力を検査した。結果:眼角隔離症, 人中鼻の下にあるくぼみ)が広い、上口唇の長さの増加を含む、いくつかの醜形的頭蓋顔面の特徴が主観的に同定された。身体計測的計測は、眼角間の距離の増加および、頭長幅指数(頭の最大幅と最大長の比に100を乗じたもの)の増加と頭周囲経/身長指数の低下を含む追加的な所見を確認した. ASD とそうではないVPA-暴露の子供の頭蓋顔面的特徴には差がなかった.

Birth Defects Res. 2017 Jun 21. doi:10.1002/bdr2.1052. [Epub ahead of print]

Exposure to Sodium Valproate during Pregnancy:Facial Features and Signs of Autism.

StadelmaierR1,2, Nasri H2,3, DeutschCK4, Bauman M5, Hunt A6, StodgellCJ7, Adams J8, Holmes LB2,3.

1

AlbertEinstein College of Medicine, Bronx, New York.

2

The MedicalGenetics Unit, MassGeneral Hospital for Children, Boston, Massachusetts.

3

Departmentof Pediatrics, Harvard Medical School, Boston, Massachusetts.

4

ThePsychobiology Program at the Eunice Kennedy Shriver Center and Departments ofPsychiatry and Pediatrics, University of Massachusetts Medical School,Worcester, Massachusetts.

5

Departmentof Anatomy and Neurobiology, Boston University School of Medicine, Boston,Massachusetts.

6

HuntConsulting Associates, Chapel Hill, North Carolina.

7

Departmentof OB/GYN, University of Rochester School of Medicine & Dentistry,Rochester, New York.

8

Departmentof Psychology, UMass-Boston, Boston, Massachusetts.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-25 22:21 | 抗痙攣薬

妊婦におけるむずむず脚症候群

方法:20073月から201012月までの出産前クリニックから、妊娠の第3三分期の1,563人の女性を集めた。人口統計的、妊娠、および出産のデータを医療記録から抽出し、睡眠の情報をアンケートで集めた。RLSと診断するために, International RestlessLegs Study Group が開発したRLS症状と頻度の標準化された基準を用いた. ロジスティック回帰モデルを用いて、t RLSおよびその頻度と、睡眠―覚醒障害(poor sleep quality,daytime sleepiness, poor daytime function)および出産の結果の関連を調べた。結果:妊娠女性の36% RLSであり, 半数は中等度から強度の症状. RLSのない女性に比べると, RLSのある女性は、睡眠の質の悪さ (オッズ比[OR] 2.2, 95% 信頼区間[CI]1.7-2.9), 日中の機能の悪さ (OR 1.9,95% CI 1.4-2.4), および過剰な日中の眠気 (OR 1.6,95% CI 1.3-2.0)が起こりやすい。RLSの頻度と睡眠―覚醒障害の各々との間で用量―反応関連が明確。RLSと出産の結果の関連にはエビデンスがない。

J ClinSleep Med. 2017 Jun 16. pii: jc-17-00162. [Epub ahead ofprint]

Restless Legs Syndrome andSleep-Wake Disturbances in Pregnancy.

DunietzGL,LisabethLD,Shedden K, Shamim-UzzamanQA,BulloughAS,Chames MC, Bowden MF, O'BrienLM.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-25 22:18

慢性疲労症候群における認知症状、睡眠症状の危険因子

方法:これは、同様の標準化されたプロトコールを用いて、年齢、性別、および地理的地域マッチさせてプライマリケアと地域から集められた、395人のUK ME/CFS Biobank参加者の横断研究。クリニック受診時に標準化されたアンケートを用いて参加者からデータが集められた。認知症錠は短期記憶、注意および遂行機能の障害を含む。睡眠症状は、リフレッシュされない睡眠および質の悪い又は不十分な時間の睡眠を含んだ。全参加者は順序強度尺度に基づいて症状を報告。ME/CFS群において、多変量ロジスティック回帰を行い、社会―人口統計的要因と強度の症状の関連を調べた。結果:すべての認知および睡眠症状はME/CFS群の方が多く, '集中力の障害'(98.3%) が最も多い症状。強度の症状もME/CFS群で多く報告され、55%'強度のリフレッシュされない睡眠'が報告. 同様に、MS群では, 最も多く報告された重度の症状は睡眠関連. ロジスティック回帰解析によると、50歳を超えるME/CFS患者は30歳以下の患者に比べると3倍以上強度の症状がある (OR 3.23,p = 0.031). 現在の喫煙は強度の症状と関連し,危険性は約3倍であり(OR 2.93, p = 0.003)、世帯収入が年間£15,000を超える者はそれ以下の者に比べると強度の症状が少ない (OR 0.31,p = 0.017)。まとめ:認知および睡眠症状はME/CFS患者の方がMS患者や健常対照者よりも多く、それはME/CFSにおける中枢神経系の異常のエビデンスの存在を支持.

BMCNeurol. 2017 Jun 20;17(1):117. doi: 10.1186/s12883-017-0896-0.

Prevalence of and risk factors for severecognitive and sleep symptoms in ME/CFS and MS.

Jain V1, ArunkumarA2, Kingdon C3, Lacerda E3, Nacul L3.

akuryoku 1

Guy'sCampus, King's College London School of Medicine, London, SE1 1UL, UK.vageesh.jain@kcl.ac.uk.

2

Universityof California, San Francisco, School of Medicine, San Francisco, CA, 94143,USA.

3

Faculty ofInfectious and Tropical Diseases, CURE-ME Team, London School of Hygiene &Tropical Medicine Disability and Eye Health Group, International Centre forEvidence in Disability (ICED, K/490, Keppel St, London, WC1E 7HT, UK.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-25 22:16 | 慢性疲労症候群

複合性局所疼痛症候群に対する後根神経節刺激

方法:以前従来の脊髄刺激(traditionalspinal cord stimulationt-SCS)システムを埋め込んだ、下肢のCRPSである2人の患者が徹底的な再プログラムにもかかわらず、痛みの再発を経験した。救済治療として2人の患者は後根神経節(dorsal root ganglionDRG) 刺激を受けた。結果:DRG刺激トライアルの間に、Patient 1は疼痛の90%減および有意な歩行の改善を報告した。その患者はインプラントを継続しt-SCS 埋め込み可能なパルス発生器を移植した. 健康保険の制約のために、Patient 2DRG-SCSのトライアルを受けることができず、そのため彼女は彼女の存在するシステムの手術的な置換を選択し、それにより2つの埋め込み可能なパルス発生器付きのハイブリッドシステムを作るためにDRG-SCSシステムを存在するt-SCSに追加した。DRG-SCSの導入のために、患者は痛みの改善を即座に報告した。さらに、彼女は各システムで各々痛み点数を記録するように指示され, 彼女の疼痛点数はDRG-SCSにより最も低かった。経過観察8か月後、両方の患者は持続した疼痛の改善を報告し機能的な獲得を持ち続けている。まとめCRPS患者に対して他のSCS治療が失敗した場合には、DRG-SCSは次の段階の治療として合理的.

Neuromodulation. 2017 Jun16. doi: 10.1111/ner.12622. [Epub ahead of print]

Dorsal Root Ganglion Stimulation as a SalvageTreatment for Complex Regional Pain SyndromeRefractory to Dorsal Column Spinal Cord Stimulation: A Case Series.

Yang A1, Hunter CW1,2.

1

Icahn Schoolof Medicine at Mount Sinai, Rehabilitation Medicine, New York, NY, USA.

2

AinsworthInstitute of Pain Management, New York, NY, USA.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-25 22:12 | 複合性局所疼痛症候群

Clostridium difficile感染症の危険因子

方法:1990年から201610月までに出版されたClostridium difficile infection(CDI) および再発性CDIrecurrent CDIrCDI)の危険性の要因の系統的総説とメタ解析の総説。結果:22の系統的総説がCDI (n = 19)および rCDI (n = 6)の危険性の要因を評価。17の系統的総説でメタ解析。40以上の危険因子がCDIおよびrCDIと関連し、3つのカテゴリーと関連: 薬物の危険因子、宿主に関連した危険因子、および臨床的特徴又は治療。大部分の系統的総説又はメタ解析は抗生物質使用 (n = 8 forCDI, 3 for rCDI),PPI (n = 8 for CDI, 4 for rCDI), およびhistamine 2 受容体拮抗薬(n = 4for CDI)および慢性腎疾患 (n = 4 forrCDI)に焦点を当てる. しかし、その他の危険因子を評価.エビデンスの状態、方法、およびデータ解析の課題を議論。まとめ。メタ解析のエビデンスによると、抗生物質、胃酸抑制薬、非選択的NSAID, およびいくつかの併存症などの危険因子を報告。

J Glob Health. 2017Jun;7(1):010417. doi: 10.7189/jogh.07.010417.

Risk factors for Clostridium difficileinfections - an overview of the evidence base and challenges in data synthesis.

Eze P1,2, BalsellsE1,2, Kyaw MH3, Nair H1.

1

Centre forGlobal Health Research, Usher Institute of Population Health Sciences and Informatics,University of Edinburgh, Edinburgh, Scotland, UK.

2

Joint firstauthorship.

3

SanofiPasteur, Swiftwater, Pennsylvania, USA.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-25 22:08 | その他

SSRIによる性機能障害は薬を中止しても改善しないことがある

リビドー(性的衝動)の変化、勃起不全、膣の乾燥、射精障害、およびオーガズム障害がSSRIsで治療された患者で頻繁に報告される。SSRI 使用後性的機能不全(PSSD)に関する総説。SSRs誘発性の性機能障害は薬を中止した後も必ずしも解決せず、いくらかの患者ではindefinitely継続。SSRIsの使用により始まったいくつか又はすべての性的な副作用は薬の中止後も継続するかもしれないが, その他の性的な訴えが起きるかも。性的快感を経験する能力低下がこの症候群の最も頻繁な特徴。

Sex Med Rev. 2017 Jun19. pii: S2050-0521(17)30046-X. doi: 10.1016/j.sxmr.2017.05.002. [Epub ahead ofprint]

Sexual Consequences of Post-SSRI Syndrome.

Reisman Y1.

1

AmstellandHospital, Amstelveen, The Netherlands. Electronic address:uro.amsterdam@gmail.com.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-25 22:03 | 抗うつ薬

線維筋痛症における中脳水道周囲灰白質の機能的連結と臨床症状の関連

23人のFM女性と16人の年齢、性別をマッチさせた健常対照者(healthy controlsHC)の安静状態のresting state 3T functional MRI (rsfMRI)のデータを得て、そしてthe Brief Pain Inventory (BPI), FibromyalgiaImpact Questionnaire (FIQ), Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS) およびPainCatastrophizing Scale (PCS)を用いてFM症状を評価した. FM患者は中脳水道周囲灰白質(periaqueductalgrayPAG)の機能的結合(functional connectivityFC)に統計的に有意な途絶を示し、特に、否定的な感情、自己認識および突出にかかわる脳の部位. 特に、HCsと比較して、FM患者の方が舌状回や海馬とのPAG FCが強かったが、運動/遂行機能と関連する部位, 突出ネットワークsalience (SN)および default mode networks (DMN)とのPAG FCが弱かった。低下したPAG FCFIQ点数と負の相関であり, PCSの倍率のサブスケールと正の相関. これらの変化はFMの感情と行動症状と相関。我々の研究により、PAG FMの臨床症状と痛みに寄与する機能不全として示された。

Front Neuroanat. 2017 Jun8;11:47. doi: 10.3389/fnana.2017.00047. eCollection 2017.

Lower Functional Connectivity of thePeriaqueductal Gray Is Related to Negative Affect and Clinical Manifestationsof Fibromyalgia.

CoulombeMA1, LawrenceKS2,3, Moulin DE4, Morley-ForsterP5, ShokouhiM2,3, NielsonWR2,6, Davis KD1,7.

1

Division ofBrain, Imaging and Behaviour-Systems Neuroscience, Krembil Research Institute,Toronto Western Hospital, University Health NetworkToronto, ON, Canada.

2

LawsonHealth Research InstituteLondon, ON, Canada.

3

Departmentof Medical Biophysics, University of Western OntarioLondon, ON, Canada.

4

Departmentsof Clinical Neurosciences and Oncology, University of Western OntarioLondon,ON, Canada.

5

Departmentof Anesthesia and Perioperative Medicine, University of Western OntarioLondon,ON, Canada.

6

Departmentof Psychology, University of Western OntarioLondon, ON, Canada.

7

Departmentof Surgery and Institute of Medical Science, University of TorontoLondon, ON,Canada.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-25 22:00 | FMの検査

慢性疲労症候群に対する認知行動療法の長期成績

方法:CFSに対するCBTの効果を調べた以前出版した研究の参加者(n=583) に、長期間の経過観察の評価をするために接触した。疲労の強度 (CIS) および身体機能(SF-36)の主要な結果に関するアンケートを完了した。治療後の評価以来の結果の経過を mixed モデル解析を用いて評価した。結果: CBT終了後21か月と125か月の間で, 511(反応率88%)が経過観察の評価を完了。経過観察時は治療後の評価と比べると、平均疲労強度は有意に増加し37.60 (SD=12.76)になり、平均の身体機能は有意に低下し73.16 (SD=23.56)になった。経過観察時、参加者の37%は疲労点数が正常範囲内であり、70%は身体機能は障害されていなかった。まとめ: CFSにおけるCBTの疲労や身体機能への正の効果は長期間の経過観察時に部分的に維持されていた。

J Psychosom Res. 2017Jun;97:45-51. doi: 10.1016/j.jpsychores.2017.03.016. Epub 2017 Mar 27.

Long-term follow-up after cognitive behaviourtherapy for chronic fatiguesyndrome.

Janse A1, NikolausS2, Wiborg JF2, Heins M2, van derMeer JWM3, BleijenbergG4, Tummers M5, Twisk J6, Knoop H7.

1

Expert Centerfor Chronic Fatigue,Department of Medical Psychology, Amsterdam Public Health research institute,Vrije Universiteit Amsterdam, The Netherlands; Academic Medical Center (AMC),University of Amsterdam, Department of Medical Psychology, Amsterdam PublicHealth research institute, Amsterdam, The Netherlands.

2

ExpertCenter for Chronic Fatigue,Department of Medical Psychology, Amsterdam Public Health research institute,Vrije Universiteit Amsterdam, The Netherlands.

3

Departmentof Internal Medicine, Radboud university medical center, Nijmegen, TheNetherlands.

4

Radbouduniversity medical center, Nijmegen, The Netherlands.

5

RadboudInstitute for Health Sciences, Radboud university medical center, Nijmegen, TheNetherlands.

6

Departmentof Methodology and Applied Biostatistics, Vrije Universiteit, Amsterdam, TheNetherlands.

7

ExpertCenter for Chronic Fatigue,Department of Medical Psychology, Amsterdam Public Health research institute,Vrije Universiteit Amsterdam, The Netherlands; Academic Medical Center (AMC),University of Amsterdam, Department of Medical Psychology, Amsterdam PublicHealth research institute, Amsterdam, The Netherlands. Electronic address:hans.knoop@amc.uva.nl.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-06-19 21:51 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line