線維筋痛症の経時的変化

方法:前向き観察研究。登録時 (Baseline) および経過観察時(2年後), 同意を得た患者でCWPを調べ、FMの状態を調べるために医師を受診し、疼痛、睡眠、機能、健康状態、生産性、投薬、医療財源の利用を評価するオンラインのアンケートを完了。結果:76人のFM患者が両時点で参加(ベースライン時: 86.8%が白人, 89.5%が女性,平均年齢50.9,そしてFMの平均罹病期間4.1). 医師を受診した際の圧痛点の平均は各々、14.1および13.5; 11人の患者は経過観察時に CWPではなかった. 大部分の患者は痛みのために薬を使用(ベースライン時59.2%,経過観察時62.0%). 経過観察時の最も多い薬の種類はopioids (32.4%), SSRIs(16.9%), およびtramadol(14.1%). FMの症状(modifiedAmerican College of Rheumatology 2010基準:18.4から16.9へ変化; P=0.004), 痛みによる機能障害(Brief PainInventory-Short Form: 5.9 to 5.3; P=0.013), および睡眠(Medical Outcomes Study-Sleep Scale: 58.3 to52.7; P=0.004) は継時的に有意に変化した. 痛みが2点以上改善した患者 (14.5%)は痛みによる機能障害(6.8 to 3.4;P=0.001) および睡眠(62.4 to51.0; P=0.061)が大きく変化した。まとめ:FM患者は両方の時点で負担のレベルが高く、継時的に有意な変化は少ない。結果は患者により異なり、痛みの改善が大きい患者で良好。

Open Rheumatol J. 2016 Nov30;10:109-121. doi: 10.2174/1874312901610010109. eCollection 2016.

Fibromyalgia OutcomesOver Time: Results from a Prospective Observational Study in the United States.

SchaeferCP1, Adams EH1, Udall M2, MastersET2, Mann RM3, Daniel SR4, McElroyHJ5, CappelleriJC6, Clair AG2, Hopps M2, Staud R7, Mease P8, SilvermanSL9.

  • 1Covance Market Access Services Inc., Gaithersburg, MD, USA.
  • 2Pfizer Inc., New York, NY, USA.
  • 3Covance Market Access Services Inc., San Diego, CA, USA.
  • 4Covance Market Access Services Inc., Conshohocken, PA, USA.
  • 5Covance (Asia) Pte Ltd., Singapore.
  • 6Pfizer Inc., Groton, CT, USA.
  • 7University of Florida, Gainesville, FL, USA.
  • 8Swedish Medical Center and University of Washington, Seattle, WA, USA.
  • 9Cedars-Sinai Medical Center, Los Angeles, CA, USA.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-18 18:49 | FMの治療総論

抗うつ薬摂取による先天異常

データはthe QuebecPregnancy Cohort (QPC)から得た。抑うつ又は不安と診断され、妊娠前の12か月で抗うつ薬に暴露され生産単胎で終了の全妊娠を含めた。結果の計測:抗うつ薬のclasses(SSRI, SNRI, TCAおよびその他の抗うつ薬) typesを個別で第1三分期の間に非暴露(抑うつであるが無治療)と比較。出生の最初の年での大きな先天異常全体および臓器特異的な先天異常を同定。結果:18 487人の妊婦。第1三分期の間に使用した抗うつ薬の特異的なタイプを調べると, citalopramのみが大きな先天異常の危険性が増加したが(補正したOR, (aOR) 1.36, 95% CI 1.08 to 1.73; 88の暴露例),最も頻繁に使用された抗うつ薬で危険性が増加する傾向.セロトニン再吸収阻害効果のある抗うつ薬 (SSRI, SNRI, amitriptyline (最も使用されたTCA)) では限定した特異的欠陥の危険性が増加: paroxetine では心臓の欠陥(aOR 1.45, 95%CI 1.12 to 1.88), および心室/心房中隔欠陥(aOR 1.39, 95% CI 1.00 to 1.93) の危険性が増加; citalopramでは筋骨格欠陥 (aOR 1.92, 95% CI 1.40 to 2.62),および頭蓋骨癒合症(aOR 3.95, 95% CI 2.08 to 7.52) の危険性が増加; TCAでは目、耳、顔および頸の欠陥(aOR 2.45, 95%CI 1.05 to 5.72), および消化器の欠陥 (aOR 2.55,95% CI 1.40 to 4.66)と関連; およびvenlafaxineは呼吸器欠陥 (aOR 2.17, 95% CI 1.07 to 4.38)と関連.

BMJ Open. 2017 Jan12;7(1):e013372. doi: 10.1136/bmjopen-2016-013372.

Antidepressant use duringpregnancy and the risk of major congenital malformations in a cohort ofdepressed pregnant women: an updated analysis of the Quebec Pregnancy Cohort.

Bérard A1,2, Zhao JP1,2, Sheehy O1.

  • 1Research Center, CHU Sainte-Justine, Montreal, Quebec, Canada.
  • 2Faculty of Pharmacy, University of Montreal, Montreal, Quebec, Canada.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-18 18:46 | 抗うつ薬

慢性疲労症候群では睡眠の質の悪さはサイトカインと関連

方法: CFS/MEと診断された60人の女性をthePittsburgh Sleep Quality Index (PSQI), Fatigue Symptom Inventory(FSI)およびCenter forDisease Control and Prevention (CDC)-に基づいたCFS/ME症状のアンケートを用いて評価した. 循環している血漿炎症性サイトカインレベルをELISAを用いて計測. 多変量回帰解析により、年齢、教育、およびBMIで補正して、睡眠、サイトカインおよび症状の関連を調べた。結果:睡眠の質の悪さ(PSQI の全般的な点数) は炎症性サイトカインレベルが高いことと相関: interleukin-1β (IL-1β) (β=0.258, p=0.043),IL-6 (β=0.281, p=0.033), およびtumornecrosis factor-alpha (TNF-α) (β=0.263, p=0.044). 睡眠の質の悪さは疲労強度が強いこと (β=0.395, p=0.003)、および疲労に関連した日常活動の障害(β=0.464, p<0.001)、およびCDC-が定義したCFS/ME症状の中核の程度や頻度が強いことと関連(各々β=0.499, p<0.001,およびβ=0.556, p<0.001).

J Neuroimmunol.2016 Dec 14. pii: S0165-5728(16)30449-0. doi: 10.1016/j.jneuroim.2016.12.008.[Epub ahead of print]

Poor sleep quality is associated with greatercirculating pro-inflammatory cytokines and severity and frequency of chronicfatiguesyndrome/myalgic encephalomyelitis (CFS/ME) symptoms in women.

Milrad SF1, Hall DL2, Jutagir DR1, Lattie EG3, Ironson GH1, Wohlgemuth W4, Nunez MV5, Garcia L6, Czaja SJ6, Perdomo DM6, Fletcher MA5, Klimas N5, Antoni MH7.

  • 1Department of Psychology, University of Miami, 5665 Ponce de Leon Blvd., Miami, FL 33133, USA.
  • 2Department of Psychiatry, Massachusetts General Hospital/Harvard Medical School, 55 Fruit St., Boston, MA 02114, USA.
  • 3Department of Preventive Medicine, Northwestern University Feinberg School of Medicine, 680 N Lake Shore Dr. Suite 1400, Chicago, IL 60611, USA.
  • 4Department of Sleep Medicine, Miami Veteran Affairs Hospital, 1201 NW 16th St, Miami, FL 33125, USA.
  • 5Institute for Neuro Immune Medicine, Nova Southeastern University, 8501 SW 124th Ave #111, Miami, FL 33183, USA.
  • 6Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, University of Miami, 1120 NW 14th St., Miami, FL 33136, USA.
  • 7Department of Psychology, University of Miami, 5665 Ponce de Leon Blvd., Miami, FL 33133, USA. Electronic address: mantoni@miami.edu.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-09 15:27 | 慢性疲労症候群

弱オピオイドによる乱用

方法:無作為振り分け、二重盲検、完全クロスオーバー研究が、ニューデリーのNationalDrug Dependence Treatment Centre で行われた。全員で10人であり、120回の観察 (各人ベースライン, 5, 45, および240分で評価). detoxificationとインフォームドコンセントの後に、物質乱用の既往のある者を含んだ。modified single doseopiate questionnaire, morphine benzedrine group (MBG), pentobarbitalchlorpromazine alcohol group (PCAG), およびtwobipolar visual analogue scales (VAS)を用いて、三つの薬-Tramadol(100 mg), Buprenorphine (0.6 mg), およびPlacebo(生食)5日間隔での筋注後に評価を行った。結果:群内の解析で、 Tramadolおよび Buprenorphine投薬後にベースラインから3時点すべてまでで、4つすべての尺度の点数が有意に増加. 群間での解析で、MBG尺度は545、および240分の時点でBuprenorphineTramadolと比較して有意に点数が高かった;快適な効果のVASat45分と240分でBuprenorphineの方が有意に高かったが、ベースラインと5分ではそうではななかった。PCAG scale およ鎮静/覚醒効果のVASにおいて、Tramadol Buprenorphine間にはどの時点でも有意差はなかった. Placeboの場合には点数は非有意であった. Buprenorphineを好む患者が最も多く、それにTramadolが続き、そしてPlaceboが続く.まとめ:Tramadol (たとえ治療量であっても)Placeboよりも乱用の可能性が高いが、Buprenorphineよりは少ないか同程度。

J Opioid Manag. 2016Nov/Dec;12(6):421-430. doi: 10.5055/jom.2016.0361.

Assessment of abuse liability of Tramadolamong experienced drug users: Double-blind crossover randomized controlledtrial.

Das M1, Jain R2, Dhawan A3, Kaur A4.

  • 1Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences (AIIMS), New Delhi, India; now with Department of Psychiatry, Government Medical College, Uttarakhand, India.
  • 2CChem FRSC (UK), Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences (AIIMS), New Delhi, India.
  • 3Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences (AIIMS), New Delhi, India.
  • 4Assistant Professor, Department of Community Medicine, Government Medical College, Uttarakhand, India.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-09 15:21 | オピオイド

線維筋痛症の有病率:総説


2005年から2014年まで、MEDLINE, Web of Science, Embase, LILACS andSciELO データベースで3274の記録を同定。 5人の研究者が研究を選別し、含める基準に従った: FMの有病率を調べた研究. 疾患に関連したFMの研究は除外した。演題名と抄録で選別すると、2073の無関係の論文を除外. 210のフルテキストの論文を該当するかどうか評価しこの総説では39の研究を含み、41の論文. 選別した研究は4つのカテゴリーに分類: a) 一般人口におけるFMの有病率; B) 女性におけるFMの有病率;C)田舎地域と都会地域のFMの有病率; D) 特別な人口でのFMの有病率. 文献によると一般人口のFMの有病率は0.2%から6.6%, 女性では2.4%から6.8%, 都会地域では0.7%から11.4%, 田舎地域では0.1%から 5.2%, そして特別な人口では0.6%から15%. この論文の総説によると、世界中のFM有病率の研究は有意に増加. 新しい2010 American College of Rheumatology 基準は広くは用いられておらずthe COPCORD(Community-oriented program for control of Rheumatic Diseases)の方法論は全般的なリウマチ性疾患の有病率の研究の質を向上させた。

Rev Bras Reumatol. 2016 Dec18. pii: S0482-5004(16)30174-7. doi: 10.1016/j.rbr.2016.10.004. [Epub ahead ofprint]

Prevalence of fibromyalgia:literature review update.

[Article in English, Portuguese]

MarquesAP1, Santo AS1, BerssanetiAA1, MatsutaniLA1, Yuan SL2.

  • 1Universidade de São Paulo (USP), Faculdade de Medicina, Departamento de Fisioterapia, Fonoaudiologia e Terapia Ocupacional, São Paulo, SP, Brasil.
  • 2Universidade de São Paulo (USP), Faculdade de Medicina, Departamento de Fisioterapia, Fonoaudiologia e Terapia Ocupacional, São Paulo, SP, Brasil. Electronic address: susanlkyuan@yahoo.com.br.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-09 15:15 | FMの疫学

抗うつ薬は認知機能障害を引き起こす:系統的総説とメタ解析

抗うつ薬使用とアルツハイマー病(AD)を含む、認知機能障害又は認知症の関連の系統的総説とメタ解析。結果:最初に選んだ4,123の論文から5つの論文を選んだ。抗うつ薬の使用は認知機能障害又は認知症の何らかの様式になるオッズを有意に2倍増加させた (OR = 2.17)。抗うつ薬使用と認知機能障害又はAD/認知症の何らかの様式の関連の修飾因子として年齢が同定された. 平均年齢が65歳以上の参加者を含む研究では、抗うつ薬使用による認知機能障害の何らかの様式のオッズは増加するが(OR = 1.65), 65歳未満の参加者ではより強い関連を示した(OR = 3.25)。まとめ:抗うつ薬使用はAD/認知症と関連し、それは特に65歳未満で顕著になる。この関連は抑うつ又は抑うつの強さによる交絡によって起こるのかもしれない。しかし、生物学的な機序は抗うつ薬暴露の認知症へのリンクがあることを示しており、抗うつ薬の病因的な効果もあり得る。以下本文中の記述。TCAは認知症の危険性をむしろ減らすあるいはその危険性がなく、SNRIは中等度の危険性(SSRIの危険性は高いと推定)の様だ。つまりうつ自体が認知症の危険因子というより、抗うつ薬が認知症の危険性の様だ。ただし、強いうつは認知症の危険因子かもしれない。適用外処方は認知症の危険性を高めかも。

Depress Anxiety. 2016 Dec 28. doi:10.1002/da.22584. [Epub ahead of print]

The association of antidepressant drug usagewith cognitive impairment or dementia, including Alzheimer disease: Asystematic review and meta-analysis.

Moraros J1, Nwankwo C1, Patten SB2, MousseauDD3.

  • 1School of Public Health, University of Saskatchewan, Saskatoon, SK, Canada.
  • 2Departments of Community Health Sciences and Psychiatry, University of Calgary, Calgary, AB, Canada.
  • 3Cell Signalling Laboratory, Departments of Psychiatry and Physiology, University of Saskatchewan, Saskatoon, SK, Canada.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-04 15:27 | 抗うつ薬

過敏性腸症候群におけるむずむず脚症候群の有病率

方法:本研究は 201212月から20146月までに長崎大学病院を受診した80人の外来患者を含んだ. 全患者はRLSの存在の有効な計測であるthe international RLSstudy group rating scaleを完了。睡眠の質を thePittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)の日本語版を用いて評価し, 健康に関連したQOL the 36-item short form healthy profile (SF-36)version 2の日本語版を用いて評価。結果:炎症性腸疾患(inflammatorybowel diseaseIBD)におけるRLSの有病率は20%,潰瘍性大腸炎(ulcerative colitisUC)患者の21.7%とクローン病(CD)患者の17.6%.CD患者の中で, 女性の割合とCRPの血清レベルはRLS 群の方が非RLS群よりも高かった。UC患者の中では,RLS群と非RLS群の間に臨床的な特徴に差がなかった。RLS群の患者は非RLS群の患者よりも睡眠は有意に短かった(PSQI > 5; 62.5 vs. 34.4%, P < 0.05). QOLの指標とRLSの存在(SF-36の身体点数, 46.8 vs.50.1;精神点数, 43.8 vs.45.7; 役割/社会点数, 48.1 vs. 49.2)の間には有意な関連はなかった。まとめ:RSDIBD患者の睡眠障害の一因。

Dig DisSci. 2016 Dec 29. doi: 10.1007/s10620-016-4420-y. [Epub ahead ofprint]

Prevalence of RestlessLegs Syndrome in Patients with Inflammatory Bowel Disease.

Takahara I1, Takeshima F2, Ichikawa T3, Matsuzaki T1, Shibata H1, Miuma S1, Akazawa Y1, Miyaaki H1, Taura N1, Nakao K1.

  • 1Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, 1-7-1 Sakamoto, Nagasaki City, Nagasaki, 852-8501, Japan.
  • 2Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, 1-7-1 Sakamoto, Nagasaki City, Nagasaki, 852-8501, Japan. ftake@nagasaki-u.ac.jp.
  • 3Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki Harbor Medical Center City Hospital, Nagasaki City, Japan.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-02 14:47 | むずむず脚症候群

妊娠中のカロナール摂取は5歳時の注意機能と遂行機能障害を引き起こしやすい

母親の妊娠中のparacetamo使用が子供の5歳時の注意機能と遂行機能に影響するかどうか調べた。方法;theDanish National Birth Cohort (DNBC; 1996-2002)に登録した1491人の母親と子供を研究した. 3回の電話インタビューで出生前のparacetamol 使用を前向きに記録した。訓練を受けた心理学者(精神分析医)がthe Test ofEveryday Attention for Children at Five (TEACh-5)を用いて子供の注意機能を評価した. 両親と幼稚園の教師が遂行機能を評価するためにBehaviour Rating Inventory of ExecutiveFunction (BRIEF)を完了。複合平均結果点数、および母親のIQ, 母親の健康状態, paracetamol使用の適用およびその他の交絡因子で補正した正常以下の注意機能又は遂行機能 (平均より1SD低いと定義)のオッズ比(OR)の差を概算した。結果:第1三分期でのparacetamolの使用は子供時代の注意点数が悪いことと関連 [全般的な注意で葉平均の差-0.34, 95% 信頼区間(CI) -0.63,-0.05, そして選択的な注意-0.25, 95%CI -0.50, 0.01]. 子供の出生前のparacetamolへの暴露は were also at a higher risk for 正常以下の全般的な注意 (OR = 1.5, 95% CI 1.0,2.5), 選択的な注意の困難(OR = 1.5,95% CI 1.0, 2.4), および親が評価した正常以下の遂行機能(metacognition index, OR = 1.5, 95% CI 0.9, 2.3). 正常以下の全般的な注意又は遂行機能の危険性は妊娠中のparacetamol使用の期間が長い方が高くなった。まとめ:妊娠中の母親のparacetamol使用は、子供が5歳時の注意と遂行機能の悪化と関連。{Liew, 2016 #7408}

Int J Epidemiol. 2016 Dec28. pii: dyw296. doi: 10.1093/ije/dyw296. [Epub ahead of print]

Paracetamol use duringpregnancy and attention and executive function in offspring at age 5 years.

Liew Z1, Bach CC2, AsarnowRF3, Ritz B4,5, Olsen J4,6,7.

  • 1Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles (UCLA), CA, USA zeyanliew@ucla.edu.
  • 2Perinatal Epidemiology Research Unit, Aarhus University Hospital, Skejby, Denmark.
  • 3Departments of Psychiatry and Psychology.
  • 4Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles (UCLA), CA, USA.
  • 5Department of Neurology, Geffen School of Medicine, UCLA, Los Angeles, CA, USA.
  • 6Department of Clinical Epidemiology, Aarhus University Hospital, Skejby, Denmark.
  • 7Department of Public Health, Section for Epidemiology, University of Aarhus, Denmark.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-02 14:35 | アセトアミノフェン、NSAID

線維筋痛症に対する治療の各国のガイドラインの差

FM患者の対処のための、職能団体が出版したいくつかの最近のエビデンスに基づいたガイドラインの推奨と方法論を比較した: 1.American Pain Society (APS) (2005) 2. Associationof the Scientific Medical Societies in Germany (AWMF) (2012) 3. Canadian Pain Society (CPS, 2013), - Also used in United Kingdomand 4. European League Against Rheumatism (EULAR) (2016)。各ガイドラインはエビデンスレベルが最も高い系統的総説とメタ解析を用いており, APS, CPS,および AWMFは個々の無作為振り分け臨床研究(randomized clinical trialsRCT)を含んだ.The APS, CPS, およびAWMFは、有酸素運動, CBT, amitriptyline, および組み合わせ治療の推奨を最も高いランクに割り当てた。これに対して、the 2008EULARガイドラインは薬物治療を推奨していたが、最も最近のEULARガイドラインは、訓練を最も高いレベルに割り当てた。4つのガイドラインの間には薬物治療の推奨にいくつかの一致があるが、APS, CPS, およびAWMFのガイドラインはCBTおよび組み合わせ治療により高いランクを与えた。 ガイドライン間の不一致は研究に含めるために用いた基準, 用いた結果の計測, 重み付け法および調査委員会の構成である. 矛盾を一致させるためにガイドラインのコンセンサスが必要である。

J Pain. 2016 Dec 26. pii:S1526-5900(16)30364-9. doi: 10.1016/j.jpain.2016.12.006. [Epub ahead of print]

Evidenced-Based Guidelines on the Treatment of Fibromyalgia Patients- Are They Consistent and If Not,Why Not? Have effective psychological treatments been overlooked?

Thieme K1, Mathys M2, Turk DC3.

  • 1Institute of Medical Psychology at Philipps University Marburg, Germany. Electronic address: kati.thieme@uni-marburg.de.
  • 2Institute of Medical Psychology at Philipps University Marburg, Germany.
  • 3Department of Anesthesiology and Pain Medicine, University of Washington, Seattle, USA.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-01-02 14:29 | FMの治療総論

Hiroshima Body Map


Hiroshima Body Map
d0223062_21070776.jpg
d0223062_21084577.jpg
d0223062_21105115.jpg

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-25 21:12 | FMの診断
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line