むずむず脚症候群に対するropinirole 治療はbupropion および鉄―葉酸治療の効果

方法:RLSと診断された患者を無作為に、各群30人の3群に振り分けた(Group A: Bupropion [300 mg/day], Group B: Ropinirole [0.25-0.5 mg/day], およびGroup C: Oral iron [150 mg 元素鉄] と葉酸[500μg]併用). 各参加者は、各々、the International Restless LegsScale (IRLS) severity rating scale およびRestless Legs Syndrome Quality ofLife (RLSQoL) Questionnaire, に基づき、ベースラインのRLSの程度およびRLSに関連した生活の質を評価され, その後14日ごとに6週まで評価された。結果:IRLS点数はベースラインから最終時点までで有意差あり (F =4.85; P = 0.01)。時間 x 治療群の関連は有意であり(F = 10.37; P< 0.001)、全群の治療で改善。Pair-wise比較によると、IRLS scoreの点で、ropinirole群はその他の2群とは差があり(F= 7.06; P = 0.001), それらはお互いに同等. 生活の質に関しては、4回の受診すべてで、各群内で異なっていた(F =5.12; P = 0.002). IRLSとは異なり, RLSQOLscores はすべての時点で各群間には有意差はなかった (F =1.2; P = 0.28).まとめ:RLSの程度は3群すべてで経時的に低下したが、ropinirole 治療はbupropionおよび鉄―葉酸治療よりも優れていた。さらにRLSに関連した生活の質は全群で改善し, 3群の間では同等。
2016 Oct-Dec;19(4):472-477.

A double-blind, randomized, controlled trial tocompare the efficacy and tolerability of fixed doses of ropinirole, bupropion,and iron in treatment of restless legs syndrome(Willis-Ekbom disease).

Vishwakarma K1, Kalra J2, Gupta R3, Sharma M4, Sharma T2.

  • 1Department of Pharmacology, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India; Department of Pharmacology, TMMC and RC, Moradabad, Uttar Pradesh, India.
  • 2Department of Pharmacology, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India.
  • 3Department of Psychiatry and Sleep Clinic, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India.
  • 4Department of Community Medicine, TMMC and RC, Moradabad, Uttar Pradesh, India.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-25 12:38 | むずむず脚症候群

線維筋痛症に対する繰り返し経頭蓋磁気刺激の効果:メタ解析

繰り返し経頭蓋磁気刺激(repetitivetranscranial magnetic stimulationrTMS)FMに対する効果のメタ解析。成人FM患者における無作為対照研究を含んだ。結果は疼痛の程度の変化。the Cochrane Collaboration Back ReviewGroup内のtheGuidelines for Systematic Reviewsで報告された尺度を用いて方法論の質を評価した. A random-effectsmeta-analysis was carried out with a test for heterogeneity using the I and pooledestimate as a nonstandardized mean of difference in change in pain severity measures by a numeric rating scale.調査により791の記録,8つの関連のあるおよび7つのメタ解析を同定。7つの研究では、偏りの危険性は低かった。刺激前から最後の刺激後で疼痛の程度は010numericrating scale-1.2点低下 (95%信頼区間:-1.7 to -0.8). 刺激前から、最後の刺激後1週から1か月前に、疼痛の程度は-0.7 点低下(95%信頼区間: -1.0 to -0.3). 両方の統合した結果は最小限の臨床的に重要な差の1.5点を下回っていた。FM患者の疼痛の程度を軽減することにおいて、 rTMSは偽刺激よりも有効ではないという中等度のエビデンスがあり、この治療方法をFMの治療にルーチンに使用することには疑問が生じる。

Int JRehabil Res. 2016 Dec 13. [Epub ahead of print]

Effectiveness of repetitive transcranialmagnetic stimulation in patients with fibromyalgia:a meta-analysis.

SaltychevM1, Laimi K.

  • 1Department of Physical and Rehabilitation Medicine, Turku University Hospital, University of Turku, Turku, Finland.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-20 21:01 | FMの薬物治療総論

アセトアミノフェン、NSAIDの長期使用は難聴を引き起こしやすい

the Nurses' Health Study55,850人の女性における鎮痛薬使用の期間と自己報告の難聴の関連を調べた。可能性のある交絡因子で補正して、コックス比例ハザード回帰を用いた。 873,376人ー年の経過観察中 (1990-2012), 長期間のNSAID 使用(1年未満の使用に比べて6年を超える使用, 多変量で補正した相対危険度= 1.10, 95%信頼区間: 1.06, 1.15; P for trend < 0.001)およびacetaminophen使用 (1年未満の使用に比べて6年を超える使用, 多変量で補正した相対危険度= 1.09, 95%信頼区間: 1.04, 1.14; P for trend < 0.001)は難聴の危険性の増加と関連. アスピリン使用の期間は難聴とは関連しなかった(1年未満の使用に比べて6年を超える使用,多変量で補正した相対危険度= 1.01, 95%信頼区間: 0.97, 1.05; P for trend = 0.35). 女性におけるこのコホートでは、NSAID およびacetaminophenの長期間の使用は難聴の危険性を少し増加させるが, アスピリン使用の期間は関連せず。

Am J Epidemiol. 2016 Dec14. [Epub ahead of print]

Duration of Analgesic Use and Risk of HearingLoss in Women.

Lin BM, Curhan SG, Wang M, Eavey R, StankovicKM,Curhan GC.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-20 20:56 | アセトアミノフェン、NSAID

人工膝関節置換術後の持続痛の危険因子

方法:膝OAによりTKAを受けた患者を2群に分けた:持続的な術後痛(persistent postsurgical painPPSP)がないか軽度の者(Numerical Rating Scale[NRS] ≤ 3) (group 1, n = 91) および中等度から強度のPPSPの者(NRS > 3) (group 2, n = 183). 患者の特徴の情報, 並存症および術前のNRS点数を後ろ向きに病院のカルテから得た。経過観察期間; 術前および最後の受診時の歩行距離; およびthe NRS, Pain DETECT Questionnaire (PDQ)での評価や患者の満足尺度を電話インタビューで患者が出した標準的なアンケートから記録。結果:経過観察の平均は22.8 ± 12.3か月。TKA後中等度から強度のPPSPの割合は66.7%Group 1では神経障害性疼痛の者はいなかった. In Group 2では,患者の22.9%が神経障害性疼痛を経験し、18%は不明確であり, 59%は神経障害性疼痛を経験せず. Group 2Group 1に比べると、最後の受診時の後の患者満足度尺度の点数が悪かった。寡婦、教育レベルが低いこと、主婦、身体的努力の必要な就労、術前の安静時の疼痛強度および術前の制限された歩行距離がGroup 2の危険因子。

J Natl Med Assoc. 2016Winter;108(4):236-243. doi: 10.1016/j.jnma.2016.08.008. Epub 2016 Sep 30.

Total Knee Arthroplasty due to KneeOsteoarthritis: Risk Factors for Persistent Postsurgical Pain.

AlbayrakI1, ApiliogullariS2, ErkocakOF3, Kavalci H4, OzerbilOM4, LevendogluF4.

  • 1Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Selcuk University Medical Faculty, Konya, Turkey. Electronic address: ilknurftr@gmail.com.
  • 2Department of Anesthesia and Intensive Care, Selcuk University Medical Faculty, Konya, Turkey.
  • 3Department of Orthopaedic Surgery and Traumatology, Selcuk University Medical Faculty, Konya, Turkey.
  • 4Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Selcuk University Medical Faculty, Konya, Turkey.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-20 20:51 | その他の疼痛

むずむず脚症候群患者はパーキンソン病になりやすい

方法:ほぼ3.5百万人 US 退役軍人(年齢: 60±14,93%が男性, 経過観察の中央値は7.8 (IQR:6.4-8.4))の全国を代表する前向きコホートから, 100,882人のPDのない患者の傾向でマッチさせたコホートを作り、RLSの有病率とパーキンソン病(PD)の発生率の関連を調べた. この関連を全コホートで評価した。Coxモデルを用いて関連を調べた。結果:傾向でマッチさせたコホート内で、RLS陰性群では68例のPDが発生し(0.13%, 発生率1.87[1.48-2.37]/10,000患者―年), RLS陽性群では185 例のPDが発生(0.37%,発生率4.72[4.09-5.45]/10,000 患者―年). 一般的なRLSRLS陰性患者に比べると、2倍以上PDの発生率が高い (hazard ratio (HR): 2.57, 95% 信頼区間 (CI): 1.95-3.39). 3.5百万人のコホート全体を調べると定性的に類似の結果が得られた: 一般的なRLSPDの発生率が2倍以上高い(補正した多変量のHR: 2.81, 95%CI:2.41-3.27)。まとめ:RLS および PDは共通の危険因子を持つ。この大規模な米国の退役軍人のコホートでは、8年間の経過観察で、一般的なRLS PDの発生の危険性を高くし、 RLSPD発生の早期の臨床的特徴なのかもしれないことを示す。

Sleep. 2016 Nov 28. pii: sp-00400-16. [Epubahead of print]

Association of RestlessLegs Syndrome with Incident Parkinson Disease.

Bro D, O'Hara R, Primeau M, Hanson-Kahn A, Hallmayer J, Bernstein JA.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:34 | むずむず脚症候群

ブプロピオンパッチの安全性:系統的総説とメタ解析

方法:16の偽薬対照および活性偽薬対照および非対照研究 (N=6566)のこの後ろ向き解析は、ブプレノルフィン経皮システム(buprenorphinetransdermal system (BTDS; Butrans®) iに暴露された患者における安全性と耐用性を評価し、≥ 65 歳の高齢者(6598)および < 65歳の若年者(1864)におけるBTDS治療に関連する安全性を比較した. 安全性の解析には副作用(adverse eventsAEs),検査結果、および心電図を含んだ。結果:全般的には、AEsの発生率は ≥ 65歳のコホート(N = 1715) および< 65歳のコホート (N = 4843) で類似(各々63.8%and 61.0%)。高齢患者のコホートは、便秘、末梢の浮腫、および尿路感染症が多かったが貼付部位のAEs (つまり、紅斑、過敏、瘙痒、発疹)および頭痛が少なかった。転倒、関節痛、および局所と貼付部位ではない場所に関連した発疹は年齢に有意に関連しており, BTDSで治療を受けた高齢者における年齢又は治療のみでは説明のできないこれらの出来事の危険性の増加の差を示す. BTDSおよび活性対照 (oxycodone/acetaminophen [OXY/APAP]and hydrocodone/acetaminophen[HCD/APAP])の両方で治療した患者において、自己や外傷および転倒には同様の傾向が見られ, それはオピオイドの種類の効果を示す。しかし、活性対照群の患者数が少ないため、活性対照群では治療と年齢の関連は見られなかった。重篤なAEsの発生、AST, ALT のような肝臓の酵素やビリルビンの臨床的に有意な増加は年齢にかかわらず小さかった。

Postgrad Med. 2016 Dec 8. [Epubahead of print]

Safety of Buprenorphine Transdermal System inthe Management of Pain in Older Adults.

PergolizziJV1,2, Raffa RB3,4, Marcum Z5, Colucci S6, Ripa SR6.

  • 1a Naples Anesthesia and Pain Associates , Naples , FL.
  • 2b NEMA Research Inc. Naples , FL.
  • 3c Emeritus Professor, Department of Pharmaceutical Sciences , Temple University School of Pharmacy , Philadelphia , PA.
  • 4d Adjunct Professor, Department of Pharmacology and Toxicology , University of Arizona College of Pharmacy , Tucson , AZ.
  • 5e School of Pharmacy , University of Washington , Seattle , WA.
  • 6f Purdue Pharma, L.P ., Stamford , CT.


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:32 | オピオイド

トラマドールの乱用

方法:本研究は、エジプトのZagazigUniversity Hospital から集めた100人のトラマドール乱用患者と100人の対照者(年齢、性別、教育をマッチさせる)。患者は2群に分けられた: tramadol のみを用いた患者(tramadol-alone group) およびtramadolとその他の物質を使用する患者 (polysubstance group). 参加者はMontreal Cognitive Assessment 検査を用いたインタビューを受け、薬物スクリーニングの尿検査を受けた。結果:症例の24%tramadolのみを用い, 残りはtramadolおよびその他の物質、主にcannabis(66%)BZD (27%)を使用。Tramadol-乱用患者は対照群よりも約3倍認知機能障害になりやすい(81% vs 28%). Tramadol-のみの患者は対処群よりも2倍以上認知機能障害になりやすい (67% vs 28%)。認知機能障害は多種類物質乱用に有意に関連する。認知機能障害と社会人口統計学的要因又は臨床的要因には関連がなかった。まとめ:認知機能障害は、トラマドール乱用患者によく起こる。記憶障害が最も犯されやすい認知の領域。認知機能障害と多種類物質乱用には有意な関連あり。See commentin PubMed Commons below

J Clin Psychopharmacol. 2016 Dec 1.[Epub ahead of print]

Cognitive Impairment and TramadolDependence.

BassionyMM1, YoussefUM,Hassan MS, SalahEl-Deen GM, El-GohariH,AbdelghaniM,Abdalla A, IbrahimDH.

  • 1From the Psychiatry Department, Faculty of Medicine, Zagazig University, Zagazig, Egypt.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:27 | オピオイド

線維筋痛症の2016年の診断基準

 この中で「戸田が誤解した」という主旨の記載あり。私自身の名誉のために今後letter to the editorを出し、彼こそが誤解していることを指摘する予定。



Semin Arthritis Rheum. 2016 Aug30. pii: S0049-0172(16)30208-6. doi: 10.1016/j.semarthrit.2016.08.012. [Epubahead of print]


2016 Revisions to the 2010/2011 fibromyalgia diagnostic criteria.


Wolfe F1, Clauw DJ2, FitzcharlesMA3, GoldenbergDL4, Häuser W5, Katz RL6, Mease PJ7, RussellAS8, RussellIJ9, Walitt B10.


  • 1National Data Bank for Rheumatic Diseases, 1035 N Emporia, Ste 288, Wichita, KS 67214; University of Kansas School of Medicine, Wichita, KS. Electronic address: fwolfe@arthritis-research.org.
  • 2Chronic Pain and Fatigue Research Center, University of Michigan Medical School, Ann Arbor, MI.
  • 3Division of Rheumatology, McGill University Health Center, Montreal, Quebec, Canada.
  • 4Oregon Health Science University, Portland, OR; Tufts University School of Medicine, Boston, MA.
  • 5Department Internal Medicine 1, Saarbrücken, Germany; Department Psychosomatic Medicine and Psychotherapy, Technische Universität München, München, Germany.
  • 6Rheumatology, Rush Medical College, Chicago, IL.
  • 7Swedish Medical Center, Seattle, WA; University of Washington, Seattle, WA.
  • 8Department of Medicine, University of Alberta, Edmonton, Alberta, Canada.
  • 9Fibromyalgia Research and Consulting, San Antonio, TX.
  • 10National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD.




[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:24 | FMの診断

慢性疲労症候群に対する繰り返し経頭蓋磁気刺激

7人のCFS患者へ背外側前頭前皮質(dorsolateralprefrontal cortexDLPFC)への3日間の促進、高周波、繰り返し経頭蓋磁気刺激(repetitive transcranial magnetic stimulationrTMS)を行った。5人の患者は3日間のプロトコールを副作用なく終了。その他の2人では、軽度の副反応のために刺激強度を弱める必要があった。大部分の患者では、治療により疲労症状が改善した。DLPFCへの高周波rTMS CFSへの有用な治療になり得る。

InternMed. 2016;55(23):3515-3519. Epub 2016 Dec 1.

High-frequency rTMS for the Treatment of ChronicFatigueSyndrome: A Case Series.

Kakuda W1, Momosaki R, Yamada N, Abo M.

  • 1Department of Rehabilitation Medicine, The Jikei University School of Medicine, Japan.

[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-06 22:08 | 慢性疲労症候群

むずむず脚症候群は高血圧が多い


方法:RLS又は不眠で睡眠センターに入院した患者のPolysomnographicの記録を解析。人口統計的データ、臨床的データー、客観的睡眠指標および夜間血圧(BP)を比較。結果:35人のRLS患者と33人の不眠患者の記録を解析。人口統計的特徴又はその他の並存症の有病率には群間の差はなかった。RLS患者は夜間と (122.4 ± 13.8 vs116.3 ± 13.4; p = 0.03)睡眠中の(121.4 ± 13.3 vs 115.7 ± 13.3; p = 0.04)収縮期BPが有意に高かった.睡眠構造の唯一の有意差は、RLS群の睡眠中の周期性肢運動(periodic limb movementsin sleepPLMS) および覚醒を伴ったPLMS の数の増加(25.5 ± 24.6 vs 13.9 ± 22.7; p = 0.02 and4.7 ± 5.4 vs 2.1 ± 3.4; p = 0.01)。まとめ:我々の結果によると、RLS患者は不眠患者よりも夜間BPが高く、増加したPLMS は血圧の増加に関連。
See comment in PubMed Commons below


Sleep Med. 2016 Nov 1. pii:S1389-9457(16)30204-0. doi: 10.1016/j.sleep.2016.07.025. [Epub ahead of print]


Higher nocturnal systolic blood pressure inpatients with restless legs syndrome comparedwith patients with insomnia.


Sieminski M1, Chwojnicki K2, Partinenen M3.


  • 1Medical University of Gdansk, Department of Adults' Neurology, Gdansk, Poland. Electronic address: msiem@wp.pl.
  • 2Medical University of Gdansk, Department of Adults' Neurology, Gdansk, Poland.
  • 3VitalMed Helsinki Sleep Center, Helsinki, Finland.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2016-12-06 21:41 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line