人気ブログランキング |

新幹線内での喫煙禁止要望へのJR西日本の回答

戸田 克広 様

いつもJR西日本をご利用いただきまして、ありがとうございます。
また、回答が遅くなりましたことをお詫びいたします。
お客様からいただきました貴重なご意見に対し、回答させていただきます。

新幹線のご利用において、ご不快な思いをおかけいたしまして、申し訳ございません。

弊社では、健康増進法に基づく受動喫煙防止に取り組んでおり、
N700系の喫煙ルームには強制排煙装置、光触媒脱臭装置、
またはタッチ式自動ドアを整備することで、さらなる分煙化を進めております。 

また、必ずしも全面禁煙を望む声ばかりではないと認識しており、
現在のところ喫煙ルームを撤去する計画はございませんが、
このたび戸田様よりいただきました貴重なご意見を参考にさせていただきます。

今後もハード・ソフト両面からさらに取り組みを進めてまいりますので、
何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

このたびは、貴重なご意見をお寄せいただきまして、ありがとうございました。

今後ともJR西日本をご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

西日本旅客鉄道株式会社
CS推進部 JR西日本お客様センター


【お客様からのお問い合わせ】
私は医師をしています。元整形外科医ですが現在は痛みの治療を専門にしています。私の名前を調べればすぐにわかります。
 新幹線内での喫煙を禁止していただけないでしょうか。飛行機、在来線の特急(すべての列車かどうかはわかりませんが)もトイレを含めた完全禁煙です。喫煙ルームで喫煙直後の者が隣に座ると、その者から飛散する汚染物質で頭痛がします。間接受動喫煙です。喫煙の権利というのであれば、なぜ在来線の特急は完全禁煙なのでしょうか。
 大阪、兵庫から多数の患者さんが受診されます。東京からも2人受診されます。慢性痛の人は間接受動喫煙で痛みが悪化します。慢性痛の人はしばしば化学物質過敏症を合併していることがあるのですが、化学物質過敏症患者にとって受動喫煙は危険です。ひどい時には入院になります。私は健康なため避難が可能ですが、慢性痛の人はぐったりしている人が多く、席を移動して汚染源から非難することが困難です。車両は世界に誇る新幹線ですが、運用の点で問題があると思います。


# by fibromyalgia11 | 2019-05-19 10:29 | その他

腰椎のMRIは腰痛の強さとは相関しない

2162歳で50%が男性の非特異的な慢性腰痛症(chronic low back painCLBP)患者52人を腰椎のMRI。痛みの特徴を評価して2群に分けた: DN4-インタビューの結果に基づき神経障害性疼痛(24人)と非NP28人). MRI上の変性と痛みの間には関連なし。多変量ロジスティック回帰によると、神経障害性疼痛(NP)の2つの独立した予測因子は女性(odds ratio [OR] = 11.9)と過去4週間の痛みの強さが≥4.5 (OR = 13.1). MRI上の腰椎の変性は痛みの強さとは相関せず, NPを予測せず.

Medicine (Baltimore).2019 Apr;98(17):e15377. doi: 10.1097/MD.0000000000015377.

Do lumbar magnetic resonance imagingchanges predict neuropathic pain in patients withchronic non-specific low back pain?

Vagaska E1,2, Litavcova A3, Srotova I1,2,4, Vlckova E1,2,4, Kerkovsky M3, Jarkovsky J5, Bednarik J1,2,4, Adamova B1,2,4.

1

Departmentof Neurology, University Hospital Brno, Jihlavska 20.

2

Facultyof Medicine, Masaryk University, Kamenice 5.

3

Departmentof Radiology, University Hospital Brno and Faculty of Medicine, MasarykUniversity, Jihlavska 20.

4

CEITEC- Central European Institute of Technology, Masaryk University, Kamenice 753/5.

5

Instituteof Biostatistics and Analyses, Faculty of Medicine, Masaryk University,Kamenice 5, Brno, Czech Republic.




# by fibromyalgia11 | 2019-04-29 10:18 | その他の疼痛

交通事故による頸部外傷後には頸部痛が持続しやすい:系統的総説

MVCにより頸部外傷を経験しない人と比べて、交通事故(motorvehicle collisionMVC)に関連した頸部外傷 とその後の頸部痛(neck painNP)の関連 の系統的総説。結果:8つの論文を同定し、そのうち7つは偏りの危険性が低い。6つの研究では、MVCにおける頸椎の外傷がない人に比べると、MVCにおける頸部外傷と その後のNPのには正の関連あった. 6つの研究の統合した解析によると、頸部外傷があるMVCに暴露された人におけるその後のNPの補正されていない相対的な危険性は2.3(95% CI [1.8, 3.1])であり,それは暴露の寄与危険度の57%と同等。暴露された人が外傷を受けていない又は外傷状態ではない2つの研究では、その後のNPの危険性は増加せず。まとめ:MVC-関連の頸部外傷とその後のNPの関連を調べた研究においては一貫した正の関連があった.

PM R. 2019Apr 25. doi: 10.1002/pmrj.12173. [Epub ahead of print]

Exposure toa motor vehicle collision and the risk of future neck pain: a systematic review and meta-analysis.

Nolet PS1,2,3, Emary PC4,5, Kristman VL6,7,8, Murnaghan K9, Zeegers MP1, Freeman MD1.




# by fibromyalgia11 | 2019-04-28 16:47 | FMの疫学

PPIは結核の危険因子

方法:the National Health InsuranceService-National Sample Cohort (NHIS-NSC) データベース(2002-2013)を用いて新たに結核と診断された25 672人で症例対照研究. 年齢、性別、暦年、保険のタイプ、収入レベルをマッチさせた結核ではない対照群を1:1の割合で抽出。暦年の前2年間でPPI に暴露された人を、非使用者、持続使用者、最近の使用者、以前の使用者に分類。結果: 51 344 人の症例と対照を解析。最近のPPI 使用(adjusted odds ratio [aOR], 1.28; 95% CI, 1.18-1.39) および持続的なPPI使用 (aOR, 1.13; 95% CI 1.10-1.28)は、PPIs非使用者に比べると結核の発症に有意に関連。非使用者に比べて、以前の使用者では結核の増加は見られず(aOR 1.05, 95% CI 0.95-1.17). {Song, 2019 #9817}

PharmacoepidemiolDrug Saf. 2019 Mar28. doi: 10.1002/pds.4773. [Epub ahead of print]

The association between protonpumpinhibitor use and the risk of tuberculosis: A case-control study.

Song HJ1,2, Park H2, Park S3, Kwon JW3.

1

School of Pharmacy, Sungkyunkwan University, Suwon, South Korea.

2

College of Pharmacy, University of Florida, Gainesville, FL, USA.

3

College of Pharmacy and Research Institute of PharmaceuticalSciences, Kyungpook National University, Daegu, South Korea.




# by fibromyalgia11 | 2019-03-31 11:11 | その他

60歳以上の変形性関節症患者において、トラマドールはNSAIDよりも全原因の死亡率が高い

UKで一般診療での傾向点数をマッチさせたコホート研究。20001月から201512月までにtheHealth Improvement NetworkデータベースでOAと診断された50歳以上の個人を201612月まで経過観察。tramadol (n = 44 451), naproxen (n = 12 397), diclofenac (n = 6512), celecoxib(n = 5674), etoricoxib (n = 2946), 又はcodeine (n = 16 922)の処方開始。5つの他の鎮痛薬とtramadol 処方開始1年以内の全原因の死亡率。結果:傾向点数をマッチさせた後, 88 902人の患者を含む (mean [SD] age, 70.1 [9.5] years; 61.2% were women). 1年間の経過観察の間, tramadol コホートで278 人が死亡(23.5/1000person-years)naproxenコホートでは164人が死亡 (13.8/1000 person-years) (rate difference, 9.7 deaths/1000 person-years[95% CI, 6.3-13.2]; hazard ratio [HR], 1.71 [95% CI, 1.41-2.07]), そして死亡率はtramadolの方がdiclofenacよりも高い (36.2/1000 vs 19.2/1000 person-years; HR, 1.88 [95% CI, 1.51-2.35]). Tramadolcelecoxib(31.2/1000 vs 18.4/1000 person-years; HR, 1.70 [95% CI, 1.33-2.17]) およびetoricoxib(25.7/1000 vs 12.8/1000 person-years; HR, 2.04 [95% CI, 1.37-3.03]) と比べるとすべての原因の死亡率の比が高い. tramadol codeine (32.2/1000 vs 34.6/1000person-years; HR, 0.94 [95% CI, 0.83-1.05])の間には全ての原因の死亡率に有意差はない。適用による交絡因子が原因かも

JAMA.2019 Mar 12;321(10):969-982. doi: 10.1001/jama.2019.1347.

Association of TramadolWith All-Cause Mortality Among Patients With Osteoarthritis.

Zeng C1,2, Dubreuil M3,4, LaRochelle MR5, Lu N2, Wei J2, Choi HK2, Lei G1, Zhang Y2,3.

1

Departmentof Orthopaedics, Xiangya Hospital, Central South University, Changsha, Hunan,China.

2

Divisionof Rheumatology, Allergy, and Immunology, Department of Medicine, MassachusettsGeneral Hospital, Harvard Medical School, Boston.

3

BostonUniversity School of Medicine, Boston, Massachusetts.

4

VABoston Healthcare System, Boston, Massachusetts.

5

ClinicalAddiction Research and Education Unit, Boston University School of Medicine,Boston Medical Center, Boston, Massachusetts.




# by fibromyalgia11 | 2019-03-14 20:27 | オピオイド

出生前の母親のアセトアミノフェン使用と子供のADHDの関連のメタ解析

出生前の母親のアセトアミノフェン使用と子供のADHDの関連のメタ解析。結果:8つのコホート研究、244,940人の参加者。母親の妊娠中の acetaminophen暴露は子供のattentiondeficit/hyperactivity disorderの危険性を増加させ、統合した補正した危険比は 1.25 (95% confidence interval = [1.17, 1.34]). 3三分期の出生前の子供のacetaminophenへの暴露はattention deficit/hyperactivity disorderの危険性が最も高くなる (risk ratio: 1.26; 95% confidence interval = [1.08,1.47]). さらに、母親の長期間のacetaminophen使用は危険比がより高くなる. 妊娠中にacetaminophen28日以上使用された子供はattentiondeficit/hyperactivity disorder の危険性が高い(riskratio: 1.63; 95% confidence interval = [1.23, 2.16]).

Aust N Z J Psychiatry. 2019 Jan 17:4867418823276. doi:10.1177/0004867418823276. [Epub ahead of print]

Associationof maternal prenatal acetaminophen use with therisk of attention deficit/hyperactivity disorder in offspring: A meta-analysis.

Gou X1,2, Wang Y1,2, Tang Y1,2, Qu Y1,2, Tang J1,2, Shi J1,2, Xiao D1,2, Mu D1,2.

1

1 Department of Pediatrics, West China Second UniversityHospital, Sichuan University, Chengdu, China.

2

2 Key Laboratory of Obstetric & Gynecologic and PediatricDiseases and Birth Defects, Ministry of Education, Sichuan University, Chengdu,China.




# by fibromyalgia11 | 2019-01-22 00:47 | アセトアミノフェン、NSAID

ワクチンを受けた者がインフルエンザに罹患すると、ワクチンを受けていない者がインフルエンザに罹患した場合の6.3倍のインフルエンザウイルス量が呼気から検出される。

ワクチンを受けた者がインフルエンザに罹患すると、ワクチンを受けていない者がインフルエンザに罹患した場合の6.3倍のインフルエンザウイルス量が呼気から検出される。

ワクチンによりインフルエンザに罹患する確率が1/6以下になれば全体としては有用ですが、そこまでの効果があるかどうかは不明です。いずれにせよインフルエンザワクチンには不都合な論文。

Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Jan30;115(5):1081-1086. doi: 10.1073/pnas.1716561115. Epub 2018 Jan 18.

Infectious virus in exhaled breathof symptomatic seasonal influenza cases from a college community.

Yan J1,2, Grantham M1, Pantelic J1, Bueno de Mesquita PJ1, Albert B1, Liu F1, Ehrman S2, Milton DK3; EMIT Consortium.




# by fibromyalgia11 | 2019-01-21 23:27 | その他

ワクチンを受けた者がインフルエンザに罹患すると、ワクチンを受けていない者がインフルエンザに罹患した場合の6.3倍のインフルエンザウイルス量が呼気から検出される。

ワクチンを受けた者がインフルエンザに罹患すると、ワクチンを受けていない者がインフルエンザに罹患した場合の6.3倍のインフルエンザウイルス量が呼気から検出される。

ワクチンによりインフルエンザに罹患する確率が1/6以下になれば全体としては有用ですが、そこまでの効果があるかどうかは不明です。いずれにせよインフルエンザワクチンには不都合な論文。

Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Jan30;115(5):1081-1086. doi: 10.1073/pnas.1716561115. Epub 2018 Jan 18.

Infectious virus in exhaled breathof symptomatic seasonal influenza cases from a college community.

Yan J1,2, Grantham M1, Pantelic J1, Bueno de Mesquita PJ1, Albert B1, Liu F1, Ehrman S2, Milton DK3; EMIT Consortium.




# by fibromyalgia11 | 2019-01-21 23:26 | その他

医療用Cannabisに対するカナダリウマチ協会の声明

the Canadian Rheumatology Associationのリウマチ疾患に対する、医療用Cannabisに対する声明。リウマチ疾患患者に対する医療用cannabisの臨床研究はない。 FM,RA,腰痛に対する薬物としてのcannabinoidsのエビデンスは不十分であるが、高い危険性や有害性のエビデンスはある。他の疾患を基に推定すると、医療用 cannabisは幾人かの患者ではいくらかの症状を緩和するかもしれない。精神運動への短期間の影響が予測され、長期間の危険性がわかっておらず心配されている。

J Rheumatol. 2019 Jan 15. pii: jrheum.181120. doi: 10.3899/jrheum.181120. [Epub aheadof print]

Position Statement: A PragmaticApproach for Medical Cannabis and Patients with Rheumatic Diseases.

Fitzcharles MA1, Zahedi Niaki O1, Hauser W1, Hazlewood G1; the Canadian Rheumatology Association.

1

Fromthe Alan Edwards Pain Management Unit, and theDivision of Rheumatology, McGill University Health Centre, Montreal, Quebec;Division of Rheumatology, University of Alberta, Calgary, Alberta, Canada;Department Internal Medicine I, Klinikum Saarbrücken, Saarbrücken; Departmentof Psychosomatic Medicine and Psychotherapy, Technische Universität München,Munich, Germany. M.A. Fitzcharles, MB ChB, Alan Edwards PainManagement Unit, and Division of Rheumatology, McGill University Health Centre;O. Zahedi Niaki, MD, Division of Rheumatology, McGill University Health Centre;W. Hauser, Dr. med., Department Internal Medicine I, Klinikum Saarbrücken, andDepartment of Psychosomatic Medicine and Psychotherapy, Technische UniversitätMünchen; G. Hazlewood, MD, Division of Rheumatology, University of Alberta.Address correspondence to Dr. M.A. Fitzcharles, Montreal General Hospital,McGill University Health Centre, 1650 Cedar Ave., Montreal, Quebec H3G 1A4,Canada. E-mail: mary-ann.fitzcharles@muhc.mcgill.ca. Accepted for publicationNovember 27, 2018.




# by fibromyalgia11 | 2019-01-20 10:09 | FMの薬物治療各論

プロトンポンプ阻害薬は心血管イベントを増加させる

イタリアの一般人口におけるPPI使用による虚血性イベントの危険性。症例対照研究。脳血管イベントの危険性は現在(OR 1.61; 95%CI 1.55-1.68) および最近の使用者(OR 1.15; 95%CI 1.06-1.26)では過去の使用者に比べると有意に高い 。心血管イベント(ORcurrent 1.71;95%CI 1.63-1.81)および脳血管イベント(ORcurrent1.43; 95%CI 1.34-1.54)で階層化しても同様の結果. 抗血栓薬とスタチン使用、又は暴露期間のサブグループでも危険性増加.同様の解析ではH2-antagonists使用では有意な結果にはならず.

Atherosclerosis. 2018Aug 27;277:123-129. doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2018.08.035. [Epub ahead ofprint]

Use of proton pump inhibitors and risk of ischemic events inthe general population.

Casula M1,Scotti L2,Galimberti F3,Mozzanica F3,Tragni E3,Corrao G2,Catapano AL4.

1

Epidemiologyand Preventive Pharmacology Centre (SEFAP), Department of Pharmacological andBiomolecular Sciences, University of Milan, Via Balzaretti 9, 20133, Milan,Italy. Electronic address: manuela.casula@unimi.it.

2

Departmentof Statistics and Quantitative Methods, Division of Biostatistics, Epidemiologyand Public Health, University of Milano-Bicocca, Via Bicocca degli Arcimboldi8, 20126, Milan, Italy.

3

Epidemiologyand Preventive Pharmacology Centre (SEFAP), Department of Pharmacological andBiomolecular Sciences, University of Milan, Via Balzaretti 9, 20133, Milan,Italy.

4

Epidemiologyand Preventive Pharmacology Centre (SEFAP), Department of Pharmacological andBiomolecular Sciences, University of Milan, Via Balzaretti 9, 20133, Milan,Italy; IRCCS MultiMedica, Via Milanese 300, 20099, Sesto S. Giovanni (MI),Italy.




# by fibromyalgia11 | 2018-09-18 19:44 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line